オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 4話とは?

~邪悪な天使~

沙羅(知英)はオク(知英)を殺害した犯人・エレナ(知英)と、廃墟で揉み合いになる。

その顔はまたしても、沙羅そっくりだった。

エレナは沙羅が真緒子(知英)でないことに気づき、ナイフを突きつけながらたどたどしい日本語で「お前は誰だ」と問うてくる。

沙羅はその場にあった鉄の棒をエレナの脇腹に思い切り突き刺す。

うめきながらその場から逃走するエレナ。

沙羅はエレナが残していったナイフに気付き、それを密かにポケットに回収する。

自分や真緒子と同じ顔を持つエレナに関する情報を、警察に渡すわけにいかなかったのだ。

一方、沙羅との乱闘後、エレナは一般住宅に忍び込んでいた。

裁縫用の針や、ガーゼで自ら脇腹の治療をするエレナ。

その背中はナイフでえぐられたような傷が無数についていた。

まるで邪悪な天使の羽のように……

エレナの情報はすぐに警察に入る。

金城(岡田浩暉)とともに潜伏していた家に捜査に来る沙羅。

エレナがいたと思われるバスルームは血だらけ。

しかし、膨大なDNAサンプルを残しているにも拘わらず、指紋は一切検出されなかった。

そのことを不審に思う金城。

そんな中、その家の幼い子どもが犯人を目撃していたことが分かる。

子供は震える手で沙羅を指さした。

「お姉ちゃんが来るって」

エレナが警察に捕まれば自分と同じ顔であることがばれる。

しかもその顔は自殺した真緒子とも同じ。

捕まえさせるわけにいかず、かといって自分の命を狙う暗殺者を野放しにもできない。

そんな最中、真緒子の携帯にエレナから電話が掛かってくる。

エレナは「ひとりで会いに来い」と言うが、沙羅は……

一方、捜査で出払った捜査一課に一人の女が現れる。

沙羅の扮装をしたエレナだった。

興味深そうに課内を歩き回るエレナ。

ふと、沙羅/真緒子のデスクに置いてある槙雄(山崎育三郎)との2ショット写真に気付く。

エレナはデスクを探し、槙雄の名刺を見つけると、電話をし始めて……





⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 4話のあらすじとネタバレ!


エレナは沙羅に
“お前は誰だ?”
と尋ねる。


沙羅は側にあった腐った鉄の棒をエレナの脇腹に突き刺す。


エレナは驚いて立ち上がると、金城がやってくる声が聞こえる。


エレナはその場から逃げていき、ナイフは置いて行く。


沙羅は金城が来る前にエレナのナイフをポケットにしまう。


応援がやってくると、沙羅は
“犯人の顔は見えなかった”
という。


エレナが捕まってしまうと、沙羅にも都合が悪かった。


金城は沙羅に助けてくれたお礼を言って、車から金を取り出して沙羅に渡す。


沙羅は金を持って萌絵に会いに行く。


沙羅は遠くから萌絵を見つめながら
“今のままではダメだ…”
と思い、金があればいい訳ではないと自覚する。


薫も沙羅に同意している様子だった。





エレナは民家に逃げ込み、自分で怪我の処置をしていた。


エレナの背中には生傷が沢山あった。


エレナは
“私は真緒子じゃない”
という沙羅の言葉をつぶやきながら自力で腹の傷をぬっていた。


その家に住んでいる男の子が洗面所にいるエレナに気付く。


エレナは男の事そっと洗面所に招き入れる。


男の子は恐怖にひきつったまま大人しく従う。





沙羅は理華の家に行き、泉とテレビ電話で報告をする。


理華は自分たちが命を狙われることに逆上して沙羅に八つ当たりしていた。


沙羅は750万円を理華に返し、本当は持ち逃げするつもりだったことを明かす。


沙羅は自分の子供の存在も明かす。


理華は
“養子?”
と尋ねるが、沙羅が自分が生んだとこたえると驚いていた。


沙羅は
“もし自分に何かあったら…”
と萌絵を理華に託す。


理華は萌絵に興味を持ったようだった。


理華はずっと子供ができなくて、二人の子供は養子であることを明かす。


理華が
“どうして私なの?”
と尋ねると、沙羅は
“ちゃんとした家庭を持っている、そっちも何かあったら言って”
という。





翌日
理華は旦那の両親に子供を預ける。


理華は旦那に
“一カ月くらい帰って来なくていいわよ”
という。


旦那は
“もしかして浮気?”
と疑うが、理華はそれどころではないため怒った表情をする。


理華は自宅で銃を机の上に置いて、いつでもエレナを迎撃できるように気合をいれる。





沙羅はエレナの目撃情報があった民家を金城と共に尋ねる。


金城は銃の傷は軽傷だったため、問題なさそうだった。


二人は目撃者の男の子に話しを聞く。


洗面所には大量の血液があったが、指紋は一切検出されなかった。


男の子は怯えている様子で無言で俯いていた。


金城は男の子に慎重に優しく話しかけて証言を得ようとする。


金城は
“背はどのくらい?おヒゲはあったかな?”
など、男だと思い質問していた。


男の子は沙羅を見ると指をさす。


沙羅はギクリとするが、金城は男の子が“男ではなく女”という意思表示をしただけだと認識する。


金城は沙羅に男の子の相手を引き継ぐ。


沙羅は男の子に小声で
“大丈夫だよ、私は昨日の女の人じゃない”
というと、男の子はエレナに渡されたメモを沙羅に渡す。


金城にすぐにバレて仕方なく金城に手渡す。


捜査がひと段落つくと、沙羅は冴子に電話をする。


冴子は
“まさかドタキャン?”
と指摘するので、沙羅は慌てて否定する。


沙羅は警察署に戻り、会議でエレナのプロファイリングを聞いていた。


・解離性障害の疑いあり

・極端な孤独孤立状態に置かれた過去がある可能性あり

・絶望状態の中で宗教にハマりこんだ

・幼児期における被虐の可能性あり

・頭がよく忍耐強く用心深い


それを聞いた金城は
“犯人は女で、計算高く、おふざけが大好き”
とまとめる。


エレナが男の子に渡した折り紙は、暗号になっており解読中だった。


会議が終わると、沙羅にエレナから非通知で電話がくる。


エレナは
“お前は感じなかったか?コネクション。お前が誰か知りたい、近いうちに会おう”
と沙羅に尋ねる。


エレナが
“住所はもう渡した”
といって電話を切ると、金城が暗号から住所を解読したと沙羅に告げる。


沙羅たちは暗号から割り出した住所に向かう。


沙羅たちが捜査のために使っている部屋は無人になる。


エレナは指定した住所ではなく、真緒子に変装して警察署の近くに来ていた。






エレナは事件の資料を広げている部屋に行く。


興味深そうに捜査の資料を眺めていた。


沙羅たちはその頃、暗号から割り出した住所に行くが誰もいなかった。


しかし、奇妙な絵が置いてあり誰かが潜伏していた形跡はあった。


エレナは真緒子のデスクで写真を発見する。


真緒子と岩城の写真を見て岩城に目を付ける。


エレナは真緒子のフリをして岩城に電話して
“迎えに来て、今すぐ”
という。





沙羅は薫に電話して、萌絵に今夜会いに行けないことを告げる。


エレナが沙羅を監視している可能性があるため、萌絵に会いに行くと萌絵を危険に晒してしまうためだった。


沙羅は薫にある名案を伝える。


薫は理華の元を訪れる。


理華は臨戦態勢にあったため、銃を持って出迎える。


薫だと気付くと安心して中にいれる。


薫は
“理華にしかできないことがある”
と説明する。


薫は理華に
“沙羅のフリをして冴子と萌絵に会う”
ということを頼む。


理華は呆れるが、薫は沙羅が真緒子のフリをしてリスクを犯しエレナを追っていることを指摘する。


理華は仕方なく応じることにする。





沙羅が金城と警察署に帰ると、沙羅はエレナが訪れた形跡に気付く。


真緒子のデスクには、真緒子が撃ち殺した高畑智子の写真が置いてあった。


沙羅はエレナのナイフを写メして泉に転送して調べてもらうことにする。


同僚がやってくるので沙羅は慌ててナイフを隠す。


同僚はプロファイラーから聞いた話を沙羅にする。


“女が女を殺すときは怨恨”
なのだという。


同僚は
“夫が浮気をすると、妻は浮気相手の女を恨む。妻が浮気をすると、夫は間男を恨む”
と聞かされた話をする。


同僚はエレナの心中を
“お前じゃない、自分だけが唯一の存在なんだ”
と予測すると、沙羅はおそらくはその通りなのだとエレナの心中を察する。


岩城がエレナに呼ばれたのでやってくる。


沙羅は驚くが、エレナの仕業だとすぐに気づく。


沙羅は適当な言訳をする。


岩城が大切な仕事をキャンセルしてやってきたというので、沙羅は謝る。


岩城は
“最近の真緒子は別人みたいだ、嫌いじゃない”
という。


沙羅は岩城にキスをしてご機嫌を取り帰ってもらう。


岩城が機嫌をよくして帰っていくので沙羅は安心する。





泉からナイフの調査結果の報告の電話が沙羅に来る。


泉の調べでエレナと高畑智子に関係性があったという。


真緒子は言わなかったが、高畑智子は真緒子を狙っていた。


ナイフに関してはその文様からキリスト教が関連していた。


ナイフの絵に描かれている翼は“聖戦”を意味するのだという。


沙羅と泉は
“自分たちが偽物だから殺されている”
とエレナの殺人の意図を予測する。


沙羅は一人でエレナに会うというので、泉は心配する。


泉はエレナに恐怖を感じつつも、生い立ちの凄惨さを想像して同情もしていた。


沙羅も同じ気持ちの様子だった。


沙羅は電話をきってデスクに戻ると、金城は岩城との関係を心配していた。


岩城は
“上手くいってないのか?金がバレちゃったのか?”
と親身になっていた。


沙羅は気まずそうに適当に相槌を打つ。


金城は
“やっぱ変だ。あんな至近距離にいたのに本当に女だって気付かなかったのか?”
と沙羅が何かを隠しているのではと勘ぐっていた。


沙羅は
“怖かったから…”
とそれらしい言い訳をする。


金城は死んだオクヨンエの顔の復元がもうすぐできるという。


それを聞いて沙羅はマズそうな表情をする。


エレナから電話がくるので、沙羅は“復讐のつもり”と尋ねる。


エレナは
“会って話す”
といって真緒子のアドレスに住所と動画を送る。


沙羅はすぐに確認する。


動画では真緒子のフリをしてエレナが
“高畑智子を殺した”
と証言していた。


沙羅はエレナが指定した住所に一人で行かないと、その動画を公開されると思い応じることにする。





夜になると薫は理華を冴子と萌絵の元に連れていく。


理華は沙羅らしい服装をしていた。


薫は何度も注意事項を言い聞かせる。


家に行くと、冴子の嫌味にも理華は上手く対応して演技をする。





金城は真緒子(沙羅)を怪しんでいた。


金城は真緒子のデスクの上の住所のメモ書きに気付く。


沙羅はエレナの指示通りにメールの住所に向かっていた。


沙羅は自分の死を覚悟して、スマホに金城宛のメッセージを入れる。


沙羅はメッセージで金城に対して
“私は椎名真緒子じゃない。青山沙羅。あなたなら全てを解明してくれると思っている”
と打ち明ける。


沙羅は銃を持ってエレナがいる部屋に入る。


エレナは部屋の中で何かの儀式をしていた。


エレナは丸腰で沙羅の指示通りに両手を上に上げる。


エレナの脇腹は沙羅が刺した傷で血が滲んでいた。


エレナはゆっくりと近寄ってくる。


沙羅は警戒するがエレナは
“そんな必要はない”
と戦意はないことを伝える。


それでも沙羅は近寄るエレナを警戒して軽く殴って突き放す。


沙羅は
“会って話をする”
為に来たので、エレナから話を聞こうとする。


エレナは
“私はもうすぐ死ぬ”
と話し出す。


エレナは腹の傷で苦しそうだった。


沙羅が高畑智子の名前を言うと、エレナは急に感情的になる。


エレナは
“高畑智子はお前のことを作るのを手伝った。でも、過ちに気が付いて正しい道にきた”
という。


沙羅は
“真緒子が死ななくてはいけなかった理由”
を尋ねるが、エレナは
“お前は私が救える”
といって這いながら近寄ってくる。


沙羅は気味悪がってエレナを突き飛ばす。


エレナは
“お前には真実の光がある…”
などとわけのわからないことを呟いていた。


沙羅は同僚から聞いたプロファイルを思い出して
“洗脳されてる。自分だけがオリジナルで、他を削除しなくてはいけないと思わされている”
と指摘すると、エレナはアッサリと肯定する。


エレナは
“他の奴らは人間の形をした失敗作”
というので、沙羅は
“オリジナルなんていない。みんな同じクローンなの。だから誰のことも殺す必要はない”
というと、エレナは逆上しだす。


沙羅はエレナを説得しようとする。


沙羅は
“エレナを洗脳した奴ら”
を悪者だとエレナに言い聞かせ
“私たちは姉妹”
というと、エレナは
“姉妹”
という言葉に反応を示す。


エレナは沙羅に
“お姉ちゃんはよかったねぇ…”
と絡みだし、沙羅の銃を持っている腕を掴む。


エレナは沙羅の銃を自分の眉間に突きつける。


エレナは
“どうせ私は死ぬ、お前が誰か知りたかった…シスター…”
というと、金城の
“椎名!いるのか?”
という声が聞こえてくる。


エレナは沙羅に
“撃て。それで終わりだ”
というが、沙羅はエレナを窓の外に連れていって逃がす。


金城がやってくるとエレナは逃げた後だった。


金城は沙羅に
“お前大丈夫か?この家は高畑智子。お前が撃った女の家だ”
という。






エレナは
“シスター…お姉ちゃん…”
と苦しそうに呟きながらふらついて歩いていた。


エレナは倒れて気を失ってしまう。


近くにあった車から男が下りてきて仰向けに倒れるエレナに近寄る。


男はエレナの顔に十字をきる。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 4話の感想!


エレナは無差別殺人者というワケではないようでしたね。


民家に侵入した際に、男の子に危害を加えてはいませんでした。


殺人の対象はあくまでも自分と同じ顔をした女だけのようです。


相手が大人で騒いでいたらどうなったかはわかりませんけど…


金城も殺されかけましたが…





エレナは他の姉妹と違い、一人だけ研究施設で実験を続行されたようです。


もしかしたら“この状況”自体が実験なのかもしれません。


“クローンを複数作って、一人を残して他は社会に放流して残した一人に殺させる”
という実験だったらこの状況にも説明がつきます。


だとすると“何の目的で?”ということになります。


“大きな目的”がありそのプレテストのような感じでしょうか…


いずれにしろエレナがカギを握っていますが、死にかけて回収されてしまっています。


黒幕っぽい男が出てきたので、少しずつ全容が明らかになっていくのが期待できますね。






沙羅がかなりのピンチに追い込まれています。


命の危険はとりあえず脱しましたが、同僚の金城はかなり怪しんでいます。


金城は真緒子を証言偽装で庇ったり、ちゃんと金を返してくれたり、岩城との関係を心配したりと熱い男です。


熱血男の金城に本気で追及された場合、なんちゃって刑事の沙羅はどこまで躱せるのか面白そうです。


すぐにボロが出まくると思いますが、それをどうやって誤魔化すのでしょうか…





気になったのが理華でした。


理華の子供達は養子であると明かされています。


理華と沙羅は遺伝子上は同一人物です。


となると、萌絵は“理華(シスター全員)の娘”ということになります。


理華が萌絵と交流することで、理華は萌絵を気に入るかもしれません。


理華は“自分の子供”を切望しているようで、沙羅は“自分が死んだら萌絵を頼む”と理華に萌絵を託すような発言をしています。


エレナは沙羅を殺す気は無い様子でした。


もしかしたら、理華はエレナがやったように偽装して沙羅を殺して、萌絵を自分の娘にしようと考えるかもしれません。


あからさまに理華が沙羅を殺そうとするとは思えませんが、“隙あらば…”という感じになったら面白そうですね。


エレナや黒幕らしい男にも気になりますが、理華が萌絵に対してどんな感情を抱くかも大注目になりそうです。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽


無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観るならこちら♪