オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 3話とは?

~追跡者の陰~

沙羅(知英)は自分と同じ顔をした主婦・リカ(知英)と大学院生の泉(知英)から「自分たちはクローンで、誰かに命を狙われている」と告げられる。

にわかに信じられず笑ってしまう沙羅。

翌朝、県警の捜査一課に出勤する沙羅。

何としても金城(岡田浩暉)に奪われた750万円を取り戻し、娘の萌絵(庄野凛)と義弟の薫(西銘駿)と三人で暮らす!婚約者の槙雄(山崎育三郎)にばれる前にお金を返してと金城に頼む沙羅。

しかし金城は、真緒子[沙羅]が刑事に復帰してからだ、と取り合わない。

そんな中、沙羅は突然、課長の香川(冨家規政)から復帰を認められる。

事態は好転したかと思いきや、そうではなかった。

沙羅が埋めたオク(知英)の死体が掘り起こされてしまったのだ。

死体は重機で掘り起こされたため、バラバラになっており、顔も損傷が激しく身元を判別できない状態だった。

しかし、指紋で身元確認はできるという。

実は過去に逮捕歴のある沙羅。

指紋を調べられれば「青山沙羅」が浮上してしまう。

どうすれば良いか分からず、思わず泉に相談する。

一方、泉やリカは本気で追跡者の陰に怯えていた。

二人を守る役目を、自殺した真緒子(知英)が担っていたのだ。

真緒子の代わりを求められる沙羅。

だが、沙羅は自分には関係ないと突っぱねる。

そんな中、オクを射殺した犯人から県警に電話がかかってくる。

ボイスチェンジャーを使った異質な声。

発言は意味不明ながら、殺人がまだ終わらないことを匂わせていた。

さらに、犯行現場の場所まで明らかにする犯人。

廃工場周辺を捜索した金城は、木の枝に串刺しにされた赤毛の人形の頭部を発見する。

犯人の目的は何なのか……

一方、犯人が乗っていたと思われる盗難バイクの発見現場に向かった沙羅は、突然、何者かに発砲される。





⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 3話のあらすじとネタバレ!


沙羅は自分たちがクローンと言われて失笑する。


沙羅は信じることができない様子だった。


理華の娘が寝ぼけて部屋にやってくるので、泉と沙羅は慌てて姿を隠し理華は娘をトイレに連れていく。


泉は沙羅に
“沙羅と理華が羨ましい”
という。


泉は理華みたいに勝ち組の主婦や、人目を気にしない沙羅に憧れると胸の内を明かす。


理華の家の外では薫がウロウロして沙羅を待っていた。


パトロール中の主婦に変質者扱いされるので、仕方なく家の中にはいる。


薫は理華と出くわし
“姉ちゃん?”
と呟くと、理華は叫び声を上げて銃を構える。


薫と理華は叫び声をあげるので、沙羅と泉は慌てて駆けつける。


沙羅は薫は自分の弟だと説明してゆっくりと理華に銃を下ろさせる。


沙羅は理華を殴って
“今度弟に手を出したらこんなんじゃすまない”
という。


薫は
“何で姉ちゃんがいっぱいいるんだよ”
と困惑していた。






沙羅は真緒子として仕事場に行く。


金城から金を返してもらうためには仕方なかった。


沙羅は挙動不審だったが、誰にも気づかれなかった。


沙羅は金城に
“彼氏と別れるかもしれないので金が必要”
という。


二人で上司の元に行くと、その日から真緒子(沙羅)は復帰だというので沙羅はほくそ笑む。


沙羅はそのまま現場に急行となるので、金城に金のことを話す暇がなかった。


金城と沙羅は車の中で無線のやり取りをする。


沙羅はぎこちなく無線にこたえるので金城は怪訝な表情をする。


行った先の現場は、沙羅がヨンエを埋めた場所だった。


沙羅は死体が発見されると自分とソックリの顔の女が出てくるので冷や汗をかく。


ヨンエの顔は粉々だったためそれを聞いて安心する。


しかし、指紋は採取できるというのを聞いて泉に電話で聞いてみる。


沙羅たちはクローンのため泉は
“指紋は限りなく似てる、大丈夫、みんなに犯罪歴無ければマッチしない”
というので沙羅はマズイと思う。


沙羅は過去に警察の勘違いで捕まって指紋をとられていた。


沙羅は金城から金を受け取って早々に姿をくらまそうと考えるが、金城は真緒子(沙羅)銃をちゃんと撃てるようになるまでは金を返せないという。


沙羅が食い下がろうとすると
金城は
“今度金の話をしたら全額シュレッダーにかける”
という。






沙羅は薫との棲家に泉を招待する。


薫は改めて二人を見て
“すっごいにてる”
と面白そうにしている。


沙羅は未だに
“クローンなんて信じない”
といっていた。


沙羅はヨンエのブリーフケースを泉に渡す。


中身を確認してもピンと来た様子はないが、調べれば何かわかるかもしれないと泉はいう。


沙羅はヨンエの体調不良を説明する。


泉はブリーフケースの中身の血液を調べればそれも判明するかもしれないという。


泉はヨンエとのいきさつを沙羅に教える。


半年前にヨンエが真緒子のSNSにコンタクトをしてきたのだという。


韓国でも同じ顔の人間が狩にあっている様子だった。


真緒子はヨンエのことを知り
“日本にも自分と同じ顔の人がいるのでは?”
と思い顔認証ソフトに自分の顔をかけて免許証のデータと照合したのだという。


沙羅は免許を取ったことが無いのでヒットしなかった。


沙羅は誤解によって逮捕されたことを泉に伝える。


真緒子は犯罪者のデータとは照合していなかった様子だった。


泉は沙羅に真緒子のフリをして欲しいと懇願する。


警察に内通者の沙羅がいればみんなの安全性が増すからだった。


沙羅は
“勝手なことを言わないで”
というと
泉は
“ごめん、そうだよね”
と謝る。






翌日
沙羅は出勤すると、金城に明日は射撃訓練をする事を言われる。


沙羅は銃を使ったことが無いので狼狽する。


電話がくるので金城が出る。


金城の様子がおかしかったため、電話はスピーカーモードになりフロアの全員が注目する。


電話の主はヨンエの死体の情報を知っているという。


声はボイスチェンジャーを使用しているため奇妙なモノだった。


電話の主が
“相棒は聞いているのか?”
というので沙羅は冷や汗をかくが、
金城が
“スピーカーにしてある”
とたいして意味がない言葉だと受け止めて返す。


電話の主はそれ以上は真緒子(沙羅)のことを言わなかった。


金城は死体の主のことを尋ねると、電話の主は笑い出す。


電話の主は
“実態のないものを絵に描いただけで誰でもない”
という。


金城は意味を理解できないため質問すると
電話の主は
“名前は沢山あり、あの時の名前は最初でもないし最後でもない”
というので、金城は電話の主が以前にも殺人を犯してこれからもそうするのだと察する。


電話の主は
“削除されたのは土の中ではなく「カナハマ」”
といって電話を切る。


金城たちはカナハマ地区を調べることにする。


金城は沙羅には近辺での聞き込みを命じる。


沙羅はヨンエの指紋のことを金城に尋ねると、鑑識が忙しくてまだ出ないといわれる。


沙羅は真緒子のパソコンにログインできなくて辺りを見渡す。


ちょうど通りかかった社員を色仕掛けでパスワードの突破を頼んでやってもらう。


鑑識に行くと、男が忙しそうに働いていた。


一人で業務をこなしており、まだメールチェックができていないと忙しそうに愚痴っていた。


沙羅はヨンエの情報をまだ鑑識が確認していないのを確認する。


忙しそうにしているうちに隙を見てパソコンのメールをチェックする。


指紋の照合結果が届いており、沙羅のモノと一致するという内容だった。


沙羅はそのメールを削除する。


勝手にパソコンを弄られた鑑識の男は怪訝な表情をするが、沙羅が微笑んで肩を叩くとすぐに笑顔になっていた。


沙羅は泉に
“指紋は何とかした”
と電話で報告する。


泉は安心して感心する。


沙羅は犯人から電話が来たことと、明日までに銃を撃てるようにする必要性を伝える。






金城は河川敷のヨンエが殺された廃工場に来ていた。


車のガラスなどからヨンエが撃たれたのがその場所だと予想する。


ライフルだと思い弾道を予測して撃った場所に行ってみる。


川の反対側には誰かが潜伏していたような跡があった。


バイクのタイヤの跡があり、ライフルで撃った後にバイクで逃走したのだと考えられる。






沙羅は理華に銃の撃ち方を教えてもらうことにする。


急な頼みだったのでベビーシッターが用意できず、子供の相手は薫にしてもらうことにする。


薫が家を訪れると子供たちははしゃいで走り回っていた。


理華は
“ちゃんとごあいさつして”
というが子供達はお構いなしだった。


理華が大きい声を出すと子供達はすぐに静かになる。


理華が
“ちゃんということ聞くのよ”
と子供たちにいうと子供達は頷く。


薫は失笑していた。


理華はそのまま沙羅の射撃練習につき合うことにする。


理華は
“射撃は遊びでもスポーツでもなく命がげ”
といって真剣に教える。


理華は真緒子に銃を教わったのだという。


理華は
“自分たちを造った誰かが本気で私たちを殺そうとしたらきっと簡単…”
という。


沙羅は真緒子について理華に聞いてみる。


“真緒子はいつも冷静で誰よりも大人だった”と理華はこたえる。


理華は母親のことを話しだす。


母親は卵子提供で理華を産んでいた。


お腹を痛めたが本当の子供ではなかった。


そのことから親子関係には溝を感じていた。


初めて理華が心から信頼できた人間は真緒子だった。


沙羅は
“母親と娘の関係は難しい”
という。


理華は
“ありがとう、私はあなたのことを信用できるかもって思ってる”
というので沙羅は
“なんで?”
と尋ねる。


理華は真緒子の750万円は理華が提供したモノで、その金を沙羅が持ち逃げしなかったことを指摘する。


沙羅は金を持ち逃げする気マンマンなので気まずそうな表情をする。


泉は科学者で真緒子は刑事だった。


あの金はただの主婦で何の役に立たない理華がせめてできる事だった。


理華の祖母が残した全財産なのだという。






沙羅は冴子の家を訪れる。


冴子は
“あなたが母親らしい落ち着きを見せてくれたら萌絵を返してもいい”
というので沙羅は
“本当?”
と食いつく。


冴子は
“どんな子供も母親と一緒がいい”
という。


沙羅は自分を引き取ったことを後悔してるか冴子に聞いてみる。


冴子はそれにはこたえずに、萌絵の心配の話をする。


冴子は
“明日から萌絵が眠る少し前なら来ていい、あなたの方が本を読むのが上手いって萌絵がいう。ただし、約束したら必ず来ること、待ちぼうけ食らわせたらそれで終わり”
というので沙羅は約束する。


萌絵は家の中でその話を聞いており、沙羅に会えるのを楽しみにしている様子だった。






沙羅は真緒子の家で薫と飲んでいた。


薫は金のことを聞いて
“どうすんの?”
と尋ねると
沙羅は
“モチロン持ち逃げして、自分たちのために使う”
とほくそ笑む。


薫も同意見の様子だった。


玄関で音が鳴り、岩城が帰ってくる。


沙羅と薫は慌てる。


沙羅は薫を二階の部屋に隠して、何気ない表情で岩城を出迎える。


岩城は
“着替えを取りに来ただけ”
といって二階の薫の隠れている部屋に向かう。


沙羅は慌てて
“ちょっと話しない、私復帰したの”
と話題を振る。


岩城は軽く相槌をうって部屋に入る。


薫はベランダに隠れていたため見つからずにすんだ。


岩城はクローゼットから服を取り出している。


沙羅は岩城の気を逸らすため
“本当にゴメン、今までずっと”
と真緒子のフリをして話し出す。


岩城に適当に話を合わせていると、
岩城は
“もう疲れたんだよ…”
とうんざりした様子だった。


岩城は悲しそうに
“ストレスをぶつけて受け止めて欲しい時だってあった…”
というので
沙羅は
“今ぶつけてみる”
という。


岩城が沙羅にキスをするので、薫は窓から面白そうに見ていた。


沙羅は岩城の服を脱がせようとするが、岩城は車を待たせていると言って着替えを持って出ていく。


沙羅が一安心していると、ベランダから薫が出てきて楽しそうに沙羅をからかう。


沙羅は
“あれは演技”
と説明するが
薫は
“どうだかね~”
とニヤけている。






翌日
沙羅は金城と射撃訓練場に行って見事な射撃の腕を披露する。


金城は納得した様子だった。


金城はヨンエの事件は3人いたと調査結果を伝える。


被害者と加害者ともう一人(沙羅)の存在に気付いている様子だった。


沙羅はマズイとおもい視線が泳ぐ。


金城に電話が来て犯人が使っていると思われる盗難バイクの在り処が判明したのだという。


金城と沙羅は現場に向かう。


現場は山奥の廃墟だった。


出入り口には例のバイクが置いてあった。


金城と沙羅は銃をもって建物の中に入る。


沙羅は見様見真似で金城の後をついていく。


奥の部屋に行くと机があり、妙な書置きがあった。


ヨンエの写真を沙羅が見つけたため、慌ててポケットに隠す。


金城が
“何が見つかった”
というので
沙羅は書置きを読んでみる。


金城は部屋の壁にも同じ言葉が書いてあるのに気づく。


聖書の一節だった。


金城は
“犯人は完全にイかれてる、危険だ…”
と呟くと、窓の外から狙撃される。


沙羅が金城を押し倒したためかすり傷だったが、沙羅は狼狽していた。


金城は悶絶しながらも
“犯人を逃すな、行け”
というので、沙羅は怯えながら犯人を追い駆ける。


沙羅は犯人を追い駆けるが部屋の奥に行くと見失ってしまう。


沙羅が部屋を探していると、天井に張り付いていた犯人が降ってきて沙羅を殴り倒す。


沙羅は銃を手放してしまい、犯人は沙羅に馬乗りになる。


犯人は
“真緒子…真緒子…”
と呟いていた。


犯人はポケットからナイフを取り出して振り下ろす。


沙羅が
“私は真緒子じゃない…”
というと、ギリギリで犯人はナイフを止める。


沙羅はゆっくりと犯人の顔を見ると、犯人は被っていたフードを脱いで自分の顔を沙羅に見せつける。


犯人は沙羅と同じ顔をした銀髪の女だった。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 3話の感想!


泉の“理華は勝ち組主婦”というのは皮肉なのでしょうか…


理華の旦那はフットボールアワーの岩尾さんでした。


岩尾さんは子供の世話を見るよりもゴルフに夢中なようで、理華はそんな旦那に逆らえないようです。


立派な一戸建てに住んでいることから、稼ぎのいいと思われる岩尾さんを尊重しているのが伺えます。


アレはアレでうまくバランスの取れた幸せな家庭なのかもしれません…


理華目線だと微妙ですが、岩尾さん目線だと超勝ち組なのは間違いないですね。


一戸建てがあり超美人の奥さんと二人の子供がいるとか、絵にかいたような幸せな人生だと思います。






薫が良い感じでギャグパートで出てきて和みますね。


薫がいることでシリアスな中にも笑いが生まれます。


薫と紅葉さんとの絡みもまた是非とも見てみたいです。


薫は沙羅と岩城のキスシーンを目の当たりにしても嫉妬している様子はなく、面白そうにからかっていました。


薫と沙羅が“本当の姉弟”の関係に近いのが伺えます。


750万円の正体を知っても持ち逃げしようとする沙羅に同調する辺りとか、沙羅とは運命共同体なようです。






沙羅は一応は金城との金を返す約束条件を果たしました。


今回はタイミング悪く電話がきたためその話にはなりませんでした。


沙羅が真緒子のフリをするのは金を受け取るまでだと思うので、金城の動きに大注目になりそうです。


もしも金城が大怪我をしてしばらくの間話すらできなくなったら、沙羅はこのまま刑事を続けるのでしょうか…?


金城が金を返すのを渋っているのは、もしかしたら借金返済などで使い込んでしまったという可能性もあります。


銀髪女の目的と、金城が持っている金の行方に注目となますね!


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽


無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観るならこちら♪