オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 2話とは?
~狙われた女~

沙羅(知英)とオク・ヨンエ(知英)の乗っていた車が襲撃される。

頭を撃ち抜かれたオクは即死。

混乱の中、真緒子(知英)のピンクの携帯が鳴り響く。

電話の相手は東北弁の見知らぬ女だった。

女は沙羅を真緒子と思い込み、電話が繋がらなかったことを責め、次々に質問をしてくる。

オクからブリーフケースは受け取った?さっぱり状況が理解できない沙羅。

オクが亡くなっていることを告げると女はショックを受ける。

「私たちは誰かに狙われてるって、全部本当だったんだ……」女は慌て、オクの髪の毛と血液を“サンプル”として持って来るよう命じ電話を切ってしまう。

薫(西銘駿)の家に戻った沙羅は、オクと電話の女のことを話す。

危険な“なりすまし”は止めようと沙羅を諭す薫。

言われずとも関わるつもりは沙羅にはなかった。

真緒子の預金750万円を持って、養母・冴子(麻生祐未)に奪われた娘の萌絵(庄野凜)を引き取り一緒に暮らす。

しかし、750万円が入っているはずのバッグを開けるとそこには高畑智子(鳥居みゆき)誤射事件の書類が入っていた。

真緒子の同僚刑事・金城(岡田浩暉)の仕業だった。

金を返してもらうには真緒子として聴聞会に出るしかなく……。

聴聞会のための準備をしようと真緒子の家に戻る沙羅。

すると、真緒子の恋人・槙雄(山崎育三郎)が待っていた。

帰りが遅いことをなじる槙雄に、沙羅はつい突き放すような態度を取ってしまう。

「いい加減、俺を試すような真似はやめろ」槙雄は、家を出て行ってしまう。

槙雄へ複雑な感情を抱き始める沙羅。

沙羅は真緒子の起こした誤射事件について書かれた調書を読むうち、真緒子の身に何が起きたのか興味を抱く。

真緒子はなぜ自殺したのか……

オクはなぜ撃ち殺されたのか……

「ブリーフケースに答えがある」オクの所持品からホテルのカードキーを見つけた沙羅は、薫の制止を無視してオクになりすまし、泊まっていたホテルを訪れる。

部屋に入り、愕然とする沙羅。

部屋は何者かに荒らされていた。

テーブルには聖書と首のもげた人形が。

沙羅は、改めて自分が危険な立場にいることを認識する。

と、突然、ホテルのドアが激しくノックされる。

緊張の中、ドアを開けると……





⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 2話のあらすじとネタバレ!

電話の主は
“韓国人と会えた?”
という。


沙羅は震えた声で
“死んでるから…”
という。


沙羅は訳が分からず興奮気味に血まみれの車の中の状況を説明する。


電話の相手は
“本当だったんだ、誰かが私たちを狙ってるって…”
というので
沙羅は錯乱していた。


電話の主は
“ブリーフケース”
の在り処を気にしていた。


沙羅は夜遅くに人気のない山の中に来るまで行き死体を埋める。


沙羅が椎名真緒子になりきっていることから、警察に行くことはできない。


死んだ女のパスポートを見て
“オク・ヨンエ”
という名前だと判明する。







薫の店ではお通夜が行われていた。


みんな悲しんでいたがナガセは
“沙羅は本当は死んでないんじゃないのか?”
と疑っていた。


薫は死体を見たことを指摘するが、
ナガセは逆上して薫に殴り掛かる。


みんなが慌ててナガセを止めると、
ナガセも正気に戻り薫に謝るが薫は怒っていた。






翌日
沙羅は薫の店に行く。


朝まで飲んでいたナガセと遭遇しそうになり、慌てて建物の影に身を隠す。


店に入ると沙羅は薫に
“萌絵と話した”
と萌絵のことを心配していた。


薫は萌絵とは話せなかったことを伝える。


沙羅は萌絵に死んだと思われていると思い
“最悪…”
と呟く。


薫は沙羅の服に着いた血に気付く。


沙羅は薫に経緯を説明すると
薫は
“三つ子?外国人いるしそんなワケないか…”
と呟く。


薫は電話してきた女を気にしていた。


薫は状況を整理する。


電話の女は椎名真緒子にオク・ヨンエが会いに来ることを知っており待っていた。


沙羅は
“ブリーフケース”
という言葉を思い出す。


薫は危険性を指摘するので
沙羅は
“刑事ごっこ終わり”
といってウキウキしながらバッグを差し出す。


薫は
“750万!?”
と興奮気味にバッグを漁る。


沙羅は萌絵を返してもらえると思っていたが
薫はバッグの中身を見て
“返してもらえないと思う”
という。


薫はバッグの中身を机の上に出す。


警察関連のファイルと金城の名刺が入っていた。


それを見た沙羅は激怒して店で暴れ出す。


薫が描いた沙羅の絵を破壊しようとするので、
薫は慌てて沙羅を止める。


沙羅が暴れたせいでファイルの中身が散乱していた。


沙羅は
“読んで勉強しておけということだ”
と金城の意図を理解する。


沙羅は金を取り戻そうと思いすぐに金城に電話をする。


金城は聴聞会の後で金を返すという。


金城は金の使用用途も気にしていた。


翌日に喫茶店で会って話すことになる。






沙羅は薫と萌絵に会いに行く。


薫は止めるが沙羅は
“私は母親”
というと
ちょうど家から洗濯物を持った冴子が出てきて
“産んだからって誰でも母親になれるわけではない…”
という。


冴子も萌絵も
“沙羅が死んだ”
というのを信じていなかったようで、沙羅が生きているのを知っても驚かなかった。


冴子は沙羅と萌絵をあわせるのを許さなかった。


沙羅は
“ちゃんと考えている”
というが冴子は信じなかった。


沙羅は冴子に呆れられて帰っていくと、
萌絵は心配そうに帰る沙羅の背中を見つめていた。


萌絵は沙羅と会いたそうにしていたが、
冴子の言いつけを守っているようだった。


沙羅が遠くまで行くと萌絵は出てきて薫に
“兄ちゃん”
といって駆け寄る。


薫は沙羅からのお土産だと言って大きなクマのぬいぐるみを渡すと萌絵は喜んでいた。


萌絵は冴子に
“ママやっぱり生きてたね”
という。


萌絵は冴子を信頼しているようで、
冴子が“沙羅はもう大丈夫”というまでは会わないと納得しているようだった。


薫は冴子に
“姉ちゃんは頑張ってる”
というが
冴子は首を横に振る。






沙羅は椎名真緒子の家に帰ると、岩城が待っていた。


岩城は浮気を疑っているようだった。


沙羅は逆ギレ気味に話を合わせる。


岩城は怒って
“やはりしばらく離れていた方がいい、高橋のところにしばらくいる”
といって荷物をまとめて出ていく。


沙羅にとっては都合のいい状況のハズだが、
沙羅は苛立っていた。


沙羅は金を金城に金を返してもらうために、
ファイルを読み込んで聴聞会の勉強をする。


翌日
沙羅は金城に会いに行く。


金城は
“何を隠しているんだ、あの金はなんなんだ?”
と迫るが、
沙羅は前回とは違い強気に
“何でこんなことになったか私にもわからない”
という。


金城は
“聴聞会でしくじるな”
というので、沙羅は昨晩覚えたことを暗唱しだして聴聞会のリハーサルが始まる。


沙羅が覚えた供述は
“強盗の通報があり、女を追っていった。追いつめたら銃を取り出したと思ったので仕方なく撃った。一課長に電話をしてその後に金城に電話した”
というものだった。


しかし
そのストーリーは嘘だったと金城の言葉で判明する。


実際は追っていた女を椎名真緒子が撃ち殺していた。


椎名真緒子は金城に連絡して、金城が死んでいる女にスマホを握らせていた。


金城は相棒の椎名真緒子を庇っての行動だった。


沙羅は椎名真緒子が金城が異様に神経質になっていた理由を把握する。


金は聴聞会をクリアしてから返すということになる。








沙羅は薫の所に帰って報告する。


椎名真緒子の携帯に着信がある。


沙羅は出てみると
“真緒子?何ででないの?”
といってくる。


電話の相手は
“あいつらは必ず追ってくる勝てっこない、しばらく隠れた方がいい”
といって電話を切る。


聞いていた薫は訳が分からず狼狽する。


沙羅はオク・ヨンエの荷物を漁りホテルのキーを発見する。


薫は心配するが、沙羅はオク・ヨンエに変装して“ブリーフケース”を探しに行く。


沙羅がオク・ヨンエの借りている部屋に行くと部屋は荒らされていた。


部屋の固定電話が鳴るので、沙羅は無視をする。


沙羅が部屋の中でブリーフケースを探していると、
ドアをノックする音が聞こえて従業員がいた。


従業員は未払いの金60万円程をすぐに払わないと部屋に入れられないという。


沙羅はおそるおそるオク・ヨンエの財布からカードを差し出す。


従業員はカードを機械に通すと、
カードが無事つかえることを確認する。


沙羅はホっとしてサインをする。


従業員が奥からブリーフケースを持ってきて
“こちらはどうしましょうか?”
というので沙羅は受け取って薫の所に帰る。


ブリーフケースは鍵がかかっているため、沙羅はハンマーで強引に開ける。


中には試験管に入った血液と出生証明書が入っていた。


“RIKA YOSIKAWA”
という名前の書いたメモ書きがあり、電話の主がその人物だと予想する。


薫は
“もうやめよう”
と心配するが、沙羅は電話をする。


“吉川理華”
と思われる女が電話に出る。


沙羅は
“ブリーフケース捨てる”
というと吉川理華は慌てて
“どうしちゃったの?”
という。


沙羅は自分の名前を明かして
“あなたは誰?吉川理華?”
というと電話は切れてしまう。


翌朝
沙羅はメモに書いてあった吉川理華の住所に行ってみると、
立派な一軒家が建っていた。


家の中から自分にそっくりな顔をした主婦が出てきて、
子供二人の面倒を見ながら自転車でどこかに出かけていく。


沙羅は物陰に隠れながら呆然と眺めていた。


吉川理華が行った先では子供たちのサッカークラブが行われていた。


吉川理華は慣れた様子で子供たちにサッカーを教えていた。


他の主婦とも仲良さそうに話している。


吉川理華は電話があったようで、スマホを持って建物の中に入って行く。


沙羅は吉川理華が人目につかない所に行ったため、接触してみることにする。


吉川理華は建物の中のトイレの一室で誰かと話していた。


聞こえてくる電話の会話から緊張感が伝わってくる。


吉川理華が電話を切り振り返ると沙羅と目が合う。


吉川理華は慌ててドアを閉めようとするため、
沙羅は抵抗して吉川理華を壁に押付け
“聞きたいことがある”
と話し出す。


吉川理華は
“こんなとこにこないでよ、子供たちに見られたらどうするの?”
と逆ギレしだすので、沙羅は驚く。


沙羅は椎名真緒子は自殺したことを説明するが、
吉川理華は信じなかった。


沙羅が
“椎名真緒子のフリをしている”
と打ち明けると
吉川理華は
“アンタが嫉妬して殺したんでしょ”
と沙羅を嘲る。


吉川理華は喧嘩腰だった。


沙羅も喧嘩腰になりつつも
“なんで同じ顔が三人もいるの?”
と聞きたかった質問をする。


吉川理華は
“三人だっておもってるの?説明は私の分担ではない。家に帰って電話を待って”
といってその場は行ってしまう。


沙羅は苛立ちつつもそうすることにする。


沙羅が帰ろうとすると金城から着信がある。


沙羅は
“家のバスルームにいる”
と嘘をつくが
金城は椎名真緒子の家の前にいてすぐに嘘を見破られる。


沙羅は観念して要件を聞くと
金城はカウンセリングの結果で
“聴聞会のプレッシャーは無理”
ということになったと告げる。


沙羅は聴聞会をクリアできないと金を受け取ることができない。


沙羅は椎名真緒子の部屋に会った大量の薬を持ってカウンセラーの元に行く。


沙羅はカウンセラーに
“先生が出した薬のせいで妄想に悩まされたといったら先生の評価はどうなるかな~”
といって脅しをかける。


沙羅は翌日に聴聞会を受けることができて、リハーサル通りに問題なくクリアする。


沙羅は金城にお礼を言う。


沙羅はお金を受け取れると思っていたが、金城は
“復職してからだ”
という。


沙羅は
“ズルい”
というが、
金城が椎名真緒子のためにリスクを犯したことを指摘するとそれ以上追及できなかった。


金城が
“お前は俺の相棒だ、最後まで面倒を見るから安心しろ”
というので沙羅は金城が金を返すと信じることにする。


椎名真緒子のスマホに着信があるため沙羅は出る。


電話で吉川理華から
“今日の夜の9時過ぎに家に来て、くれぐれも子供たちが寝てるから注意して”
と言われる。


沙羅は薫に送ってもらい吉川理華の家に行く。


沙羅は同じ顔がいっぱいいる理由を知りたかった。


薫は心配していたが
沙羅は
“自分が本当は誰なのか知りたい”
という。


吉川理華が沙羅を待ち受けており家の奥に案内する。


奥にはもう一人同じ顔をした女がいた。


女は小田切泉と名乗る。


小田切泉は
“電話では名乗らなくてゴメンね”
といって吉川理華と違い物腰が柔らかかった。


沙羅はさらに同じ顔の女が出てきて呆然とする。


沙羅は自分の経緯を説明する。


沙羅は8歳から9歳からの記憶しかないことを告げる。


吉川理華は椎名真緒子の自殺をまだ受け入れられない様子で酒を煽っていた。


沙羅は吉川理華に絡まれるが、
“巻き込まれただけ”
という。


吉川理華は椎名真緒子について
“刑事だった、私たちを守る術もあった”
といって途方に暮れていた。


沙羅は吉川理華では話にならないと思い、泉に自分たちの正体について尋ねる。


吉川理華はいちいち突っかかるので、泉は呆れながら注意する。


泉は自分のことを説明するため、
科学者で大学で遺伝子学を教えているのだという。


泉の学問の話が長くなりそうだったので、
理華は
“さっさとブリーフケースを頂戴”
という。


沙羅は
“全部教えてくれたら渡す。私は自分が誰なのか知りたい”
という。


理華と泉は真実を言うべきか少し戸惑う。


理華は
“自分たちはクローン。本当は誰かなんてない、偽物。誰かのコピーにしか過ぎない”
と打ち明ける。


また
同じ顔をした全員が何者かに命を狙われているのだという。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 2話の感想!

沙羅がダメ親すぎる…


すぐブチ切れて暴れ出したり、
死んだことになっているのに萌絵を育てられるとか言ったり酷いですね。


ナガセの言う通り、
その場その場のノリで一瞬を生きている女のようです。


冴子が頑なに沙羅を萌絵と面会させようとしないのも充分すぎるほど頷けます。


薫はそのことをわかって沙羅にちゃんと指摘しているのに、
一番身近で自分のことを心配してくれる薫の言葉すら沙羅は耳を貸しません。


目の前で自殺した人間の戸籍を強奪したり、
その人の預金を盗んで逃亡を図ろうとしたり、
見ず知らずの人の死体を山中に埋めたりと、
沙羅のしたことを書き出していくと超極悪人です…


このままだと永遠に萌絵との面会は叶わないと思います。


もしかしたら、
金を手に入れたら沙羅は萌絵を無理やり連れていくかもしれません。


萌絵は冴子の言葉に聞き分けのいい子のようですが、
冴子と実の母親の沙羅の言葉だったら沙羅の言葉を尊重するかもしれません。


冴子は
“警察と児童相談所に通報する”
と警告していましたが、一線を越えまくった沙羅にその言葉がどこまで有効かは疑問です。


沙羅は750万円を使って、
萌絵と薫を連れて田舎でひっそりと暮らすつもりなのでしょうか…






理華と泉が登場して、沙羅たちの正体が明かされました。


沙羅は理華とは結構似ていますね。


喧嘩腰なところや、子供には優しい顔をするところがソックリです。


泉は全く違い温厚そうでした。


“クローン”
ということは
“同一人物”
ということになります。


理華が遮った泉の話は実は結構重要なコトだったのかもしれません。


泉の話を全部聞けていれば
“同一人物でも育った環境が違えば全くの別人になる”
という理由が説明されていたかもです。


残りの2人がどんなキャラなのか全員が出そろうのが楽しみです。







沙羅の目的を整理すると


ナガセから逃げて萌絵と暮らすため金が必要(750万円が一番近道)


同じ顔をした沙羅たちはなぜか命を狙われているので何とかしたい(追われ続けるよりは返り討ちにしたい?)

となります。


①と②を両方クリアするために真緒子として刑事に復職して、刑事として自分たちを追う敵を探すのでしょうか…


敵の規模が単独なのか組織なのかはまだ不明です。


“なぜクローンが作られたのか?”

“命を狙われる理由は何か?”

が明かされるのが楽しみです。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽


無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観るならこちら♪