モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「モンテ・クリスト伯」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 2話のあらすじ

無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。

テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく答えようがなかった。

しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。

与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。

だが、暖にも限界ついに生命の限界が訪れようとしていた…。

そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。

暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者は日本語を話した。

男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。

穴は男の独房に通じていた。

暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。

投獄されている国の元大統領だった。

暖は自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)や神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。

手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアから様々な知識と教養を得る。

生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。

暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐だった。

暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後。

ついに脱獄可能な場所にたどり着く。

だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは力尽きようとしていた。

暖はファリアからあるものを託される。



⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 2話のネタバレ


2017年の春、守尾漁船の社長の息子、信一郎は銀行で頭を下げてお願いをしていた。


融資を頼んでいたのだが、返しの見込みがないとの事で却下されてしまった。


融資がもらえず信一郎はトラックで頭を抱えていた。


すると、静岡県で何者かが密入国したという知らせがラジオから流れていた。





その頃、男性が港にたどり着いた。


服はボロボロ、腰まで白髪混りの髪の毛が伸びきっていて、髭も手入れがされていない。


まるでホームレスのような姿だ。


その男性は、ラデル共和国の刑務所にいたはずの暖。


体は衰弱していてお腹も空いていた。


民家にできている果物を盗み食いしていると、丘の上から母親が、
「腹減っているなら帰っておいで!」
と言われた事を懐かしく思いながら、丘を登って行った。


背より3倍ほど高い塀が設営されていて家が見えなかった。


暖は猿のように、塀を登って見たが何もなくなっていた。


そこには母親が住んでいた家があったはずだが、家は壊されていたのだ。


唖然とした男性はそのまま高い塀から手を放し、落ちてしまった。


そこを信一郎がトラックで通りがかり、暖を起こしてくれた。


暖からは悪臭がしていて思わず、臭い!と言いながらも支えていたら、
「ここに、昔あった家に住んでいた人を教えてくれませんか?」
と聞かれた信一郎。


そこは暖の母親が住んでいたのだが、ずいぶん前に亡くなっていた。


もともと足が弱くて自由に生活ができなかったが、柴門が居なくなってから、テロリストの家族だと世間から批難されてしまい、家から全く出なくなってしまったのだ。


そしてそのまま餓死してしまい、2か月後に発見された。


その話を聞くと、暖はショックのあまり意識が無くなってしまった。





ラデル共和国の刑務所に捕まっていた暖。


死にそうになっている時に床から老人が出てきた!


暖は驚いて意識を取り戻した。


老人は、
「また間違えた。。。看守に言ったら殺す!」
と暖の首元にナイフを突き付けた。


暖がうなずくと、英語で直しておけ!とまた床に戻っていった。


その床をのぞくと、人が一人やっと通れるくらいの穴が掘られて道が出来ていた。


そして暖は穴を進んでいった。


すると先ほどの老人がいる部屋に着いた。


男性は身長の5倍くらい高いところにある鉄の柵が付いている窓にいた。


暖は何をしているか聞いてみると、太陽の動きを観察して月日の流れを見ていた。


今は2011年という事を知った暖は月日の早さにびっくりした。


そしてなぜ自分が捕まっているのか、老人を問い詰めた。


興奮して声もでかくなってしまったので老人は暖を殴って気絶させた。


目が覚めてから老人は暖が捕まった理由を話してくれた。


刑事の息子、公平が貞吉の身代わりに暖を警察に突き出した。


暖が預かっていた手紙の事を知っていたのは先輩の清しか居なかった。


清が手紙の事を誰かに話したことがきっかけで、暖は捕まった事を知った。


暖は悔しさから脱獄することを決意した。


そして毎日、とても高い場所にある窓を目標に登る練習をした。


食事もきちんと食べるようになった。


そうして体力を付けながら、老人と一緒に穴を掘った。


最初は穴掘りに参加することを断られていたが、しつこくお願いする暖。


2人で掘れば15年掛かるところを半分でできるじゃないか!そう説得した。


一緒に掘っていると、老人が偉そうだったので、王様気取りかよ!と言うと、
「王様ではない、元大統領。ラデル共和国元大統領、ファリア真海。学校で習わなかったか?」
と言われたが暖は信じなかった。


その後、穴掘りをする時は歴史の勉強を真海から教わりながら掘っていった。


ある日、いつも通り穴掘りをしていると、真海は疲れ果てて気を失いかけていた。


真海は自分が衰えている事を実感していた。


後日、暖が一人で穴掘りをしていると、波の音が聞こえた。


急いで真海が寝ている部屋に報告しに行くと、俺は置いて行けと言われた。


そして暖に暗証番号を覚えているかと聞かれた。


暖は2人で脱獄すると約束していたから、脱獄したらもう一度教えてくれと言った。


すると真海は、色々な国に言葉を使って話し出した。


必ず相続してくれ、俺の息子だろ?復讐に使うのは構わん、それよりお前がしあわせなら、光の方へ向かえと言って息を引き取った。


暖は、おやじ!おやじ!と何度も問いかけたが、返事は帰って来なかった。


そして看守も真海が死んだことに気付いた。


暖は床の下から看守の話を聞いていた。


真海の遺体は袋に入れられていて、海に流すと言っていた。


暖は真海が入っているはずの袋の中に自分が入って、真海を掘っていた穴の中に埋めた。


そして袋ごと海に放り出された。


袋の中では手に真海が作ったナイフを持って、海の底に着いた瞬間、袋を破り出た。


海の中、光が差す方へ一直線に泳いだ。





泳いでいる時の夢を見ながら、いきなり暖は目覚めた。


そこは、暖が働いていた会社だった。


信一郎が会社に暖を運んでくれたのだ。


でもまだ暖だとは気付いていない。


暖も気付かれないように話をした。


あなたは?と問いただすと、
「守尾って言います。一応ここの社長をしています。父の代理みたいなもんですけど。」
と話しながらおにぎりとみそ汁を出してくれた。


猫舌な暖が、みそ汁を熱そうに飲んでいたので、信一郎はお茶を入れる時、フーフー冷ましながら入れてくれた。


そして着替えまで渡してくれた。


今、お父さんは?と暖が聞くと、肝臓を患って入院していると教えてくれた。


今、会社が赤字になっている事も知った。


暖は、この恩はいつかお返ししますと言って去っていった。





暖はすみれの働いていた喫茶店へ向かった。


お店にはカラオケと書かれていてスナックになっていた。


暖は不安げな顔をしながら中に入った。


すると一人居の女性が居た。


暖が女性の名前を聞くと、ひなちゃん!と言われて、思わず良かった!と声が漏れた。


そしてすみれがどこで何をしているのか聞いてみた。


すると今は料理研究家をしていて東京に住んでいた。


さらに結婚までしていた。


ひなちゃんが、雑誌に載っているすみれと旦那の写真を見せてくれた。


旦那はなんと幸男だった。


幸男は俳優として世間では超有名人になっていた。


そんな話をひなちゃんと暖がしていると、店の奥から、人女にちょっかい出してんじゃねーぞ!と類が絡んできた。


でも暖とは気付かずに、そのまま帰って行った。


暖は類を追いかけた。


家を売ってさら地にしたと思って、類を海に落とした。


そしてナイフを首元に当てて、「人殺し!」と怒りをぶつけた。


類にさら地にしたのは誰だか聞くと、清だと答えた。


嘘をついていると思った暖はしつこく聞いたが、本当のようだった。


清は家を売って成り上がって、今は東京で不動産の社長をしていた。


次に暖をはめたのは誰だか聞いた。


すると清が、暖がやばい手紙を持っているから通報しよう!と類と幸男に言っていた。


それを聞いて幸男が通報したのだ。


それも嘘だと思って本当か聞くと、本当だ、すみれって女を手に入れたんだ!と言われて、暖はショックのあまり、力が抜けてしまった。


類は逃げていき、暖は海に浮かんで呆然としてしまった。





病院では入院している守尾漁業の社長に信一郎が謝っていた。


会社を経営していくのは無理かもしれないと伝え、帰って行った。


社長が涙ぐんでいると、暖が現れた。


でも社長は暖だとは気付かない。


信一郎にお世話になった者だと伝えると、社長は、これからも信一郎を宜しくと言った。





暖は真海に資産が隠されている、シンガポールの貸金庫の事を教えてもらっていた。


真海が死ぬ直前に言っていた、暗証番号はここの暗証番号の事だった。


シンガポール行きの貨物船に乗り込み、貸金庫へ向かった。


身だしなみが汚い為、入り口で怪しまれたが何とか中へ入れてもらえた。


そして暗証番号を押した。





2017年の秋、守尾漁業の社長は亡くなりお葬式が開かれていた。


東京から幸男とすみれ、清も参加した。


幸男は有名人で周りの人から写真を撮られて、葬式の邪魔になると言ってすみれを置いてサングラスを掛けて外へ出た。


すみれが一人になると清が話しかけて来た。


2回目の結婚も悪くないだろ?と言われすみれは睨みつけた。


清は、
「暖のお袋さんのことでまだ怒ってんのか?
守尾漁業つぶれたって。信一郎のやつ、1億近い借金返し続けるらしい。
来た来た!今や大出世して将来の警視総監の候補らしい。」


外に出て行った刑事の平和を追いかけ、清は話しかけた。


今回のお葬式に声を掛けたのは清だった。


今後また相談すると思うのでその時は宜しくお願いします!と頭を下げた。





信一郎は会社にお父さんのお骨を持って行った。


すると衣文掛けに洋服が掛かっていた。


クリニーングに出された洋服のズボンのポケットに、手紙が入っていた。


中を見ると、その節はありがとうございました、と書かれていた。


そしてもう一枚紙が入っていた。


見ると、なんと1億の小切手が入っていた。


信一郎は目を丸くして、窓から暖を探した。





港では清と幸男が話していた。


この町は何も変わらない、昔のまま。


芋くさかったのが今じゃなあ!なんてたわいもない話をしていた。


すると後ろから、
「怖くないですか?今日の海、やけに透き通っている。何か見透かされてしまいそうな気になるな。でも大丈夫か!海は何もしゃべらないから。」


暖は名前を、モンテ・クリスト・真海に変えていた。


名前だけではなく、見た目も変わった。


短髪の黒髪で髭もきれいに整っていた。


服装はスーツを着てサングラスを掛けていた。


地元の人か幸男が聞くと
「竜宮城から来ました。
この季節は何が釣れるんですかね?」
清は何種類もの魚の名前を言った。


すると
「お詳しいですね!もしかして漁師さんですか?」
清は違いますと答えた。


今度は幸男に話しかけた。
「私あなたの事知っています。
有名な俳優さんですよね!以前から応援していました!
あっ!失礼!時間が来てしまった。」


クルーズのお迎えが来た。


そして暖はクルーズに乗り込んで出発前に、
「お話しできてよかったです。お二人のこれからの人生が幸せであることをお祈りします。」
そう言って行ってしまった。


すみれはクルーズに乗る暖をずっと見ていた。


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 2話の感想


港に着いた暖の姿はあまりにもひどくて、とても可哀想に感じました。


せっかく家に着いたのにそこには誰もいなくて、家もなくて、さぞかし辛い想いをしただろうなと思います。


そんな暖をたまたま見つけた信一郎はとても優しい人ですね。


匂いもするくらい汚れている人を起こして会社まで連れて行ってくれる人なんてなかなか居ないですよね。


今信一郎は自分の事で精一杯なはずなのに、人を助けられるのってすごいと感じました。


すみれは暖のお母さんの面倒を見ていたと思ったのに、ほっといて東京に行ってしまった事がショックでした。


明るくて面倒見のいい人かと思っていたのですが、よっぽど世間のバッシングがきつかったのでしょうか。





真海はスーパーおじいさんですね!


とても高い塀も登ってしまうし、色んな国の言葉 も喋れるし、やはり元大統領だったのも信じられます。


最初は暴力的で怖い人だと思いましたが、知り合っていくうちに優しくなっていきましたね!


そして大量の資産があった事を今まで誰にも言わなかったのに、暖に言うとは、よほど暖の人間性を気に入ったのですね。


何も関係のない暖に、隠し金庫の暗証番号を教えるなんて、二人の関係はかなり信頼しあっ
ていたのがわかります。


親父と息子と呼ぶ仲でしたもんね。


真海が亡くなったときはさぞかし心寂しく感じたでしょうね。


でも冷静に看守の会話を聞いていた暖はすごいなと思いました。


復讐の気持ちもそうですが、真海に託された気持ちが強かったんですね。





あんなに暖が信頼していた清と幸男に裏切られるなんて思ってもみなかったです。


しかもすみれまで取られてしまって暖はかなり辛かったと思います。


でもその気持ちを脱獄へ当てる事ができて、暖は強いと思いました。


類が警察に通報して、暖のお母さんの家も売ったのかと思っていたので、犯人を知った時、本当に驚きました。


みんな、なんでもできて、幸せそうな暖が相当羨ましかったのでしょう。


本人目の前にしている時は、恨んでいる感じを一切だしていなかったので、人って恐ろしいなと思ってしまいました。





暖がいよいよシンガポールから戻って来た時は、カッコいい!というのが一番に感じました。


話し方も全く変えていて、本当に人が変わった様でした。


昔からの知り合いもあれじゃ誰1人気付かないですね。


これから暖から目が離せません!


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で2話の動画を観る方法

無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観るならこちら♪