正義のセ 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

正義のセ 3話のあらすじ

凜々子(吉高由里子)は同期の検事で親友でもある順子と朋美に、久しぶりに再会する。

しかし、なぜかその場は婚活パーティー。

優希(大野拓朗)という恋人がいるのに…と戸惑う凜々子だったが、順子と朋美に「新しい出会いを見つけておいて損はない」と言われる。

そこへ優希から呼び出しの電話が。

凜々子は彼のもとへ駆け付け、順調な関係を築いていると思われたが――。

そんな中、凜々子は結婚詐欺事件を担当することになる。

被害者の沢井七美(磯山さやか)は、婚活パーティーでIT企業社長の藤堂と出会い、結婚の約束をして式場の予約までしていた。

だがその後、藤堂から「事業のトラブルで金が必要になった」と言われ、資金援助のつもりで1000万円を渡したところ、藤堂はその日から音信不通になってしまったという。

しかも、藤堂から聞いていた住所は嘘で、経営しているはずの会社は存在せず、結婚式場もキャンセルされていた。

「女性の弱みに付け込んでお金をだまし取るなんて絶対許せない」と怒りをあらわにする凜々子。

藤堂と名乗っていた男の本名は、鈴木正夫(三浦貴大)。

鈴木は容疑を否認しており、1000万円は受け取っていないと主張する。

警察も決定的な決め手となる証拠がつかめていないため、鈴木は逮捕されず、在宅のまま横浜地検に送致されてきていた。

鈴木は七美に嘘をついたことは認めるものの、凜々子の質問をのらりくらりとかわし、七美を心から愛していたのだと涙ながらに訴える。

そんな鈴木に、翻弄される凜々子。

凜々子は相原(安田顕)とともに、鈴木が七美から金を騙し取った証拠を探すが、鈴木を決定的に追い込むまでには至らない―。

そんな中、凜々子は優希から結婚を申し込まれ…。

捜査が難航する結婚詐欺事件と、突然のプロポーズ!

凜々子は人生の大きな決断に迫られる!?



⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 3話のネタバレ


”乾杯!”


凜々子は4ヵ月ぶりに会う友人2人と再会し、賑やかにお酒を飲む。


順子と朋美、2人とも同期の検事仲間。


だがその場所は婚活パーティーの会場だった。


凜々子はぼやくが、友人達は本当のことを言うと来ないからとごまかして誘った様子。


続けざまに凜々子は”彼氏がいるのに”と言うが仕事が忙しくすれ違いが多いことを理由に半ば無理矢理参加させられる。


早速、男性3人程に声をかけられる。


仕事を聞かれた際凜々子は”検事”ということを正直に言おうとするが友人に蹴られ、検事は男受けが良くないことを耳打ちされる。


凜々子は女検事の結婚の大変さについて1人呟く。


そんな中、凜々子に優希からの着信が入る。





婚活パーティーを抜け出し、優希とデートをする凜々子。


”私には婚活なんて必要ない”と呟く。


口笛を吹き、鉄道関係のグッズを持った相原事務官が偶然にも凜々子のデート現場を目撃。


咄嗟に隠れて2人を見続けるが仲睦まじい様子に少し微笑ましい笑顔で見守る。





食事を楽しむ凜々子に優希は”今日、家に泊まらないか”と誘う。


凜々子は少しびっくりするが笑顔で”行く”と返事をした。


ふと凜々子は遠距離恋愛中のことを次々と尋問のように聞いていく。


女を連れ込んでいた可能性があることについて険しく問う凜々子に”取り調べみたいだ”と苦笑する優希。


友人2人が言っていたことに納得した様子の凜々子。


だが優希は何を調べても構わない、と寛容な態度を見せる。





翌日遅刻ギリギリになってしまった凜々子は急いで職場に向かう。


徳永検事には雰囲気がいつもと違く、柔らかいと言われる。


事務官達にも何かあったか聞かれるが焦りながらごまかす凜々子。


大塚検事には”休み明けで遊んでいたから仕事モードに切り替わっていない”とハッキリ言われる。


凜々子は言い返そうとするがほぼ図星だという顔を見せる。


相原事務官が入り、竹村検事へ業務連絡をする。


結婚詐欺事件の被害者と被疑者の取り調べ。


”結婚詐欺だけは許せない””結婚したい女性の弱みにつけこむなど最低だ”と興奮した様子で意気込む凜々子。


その様子に相原事務官はお洒落しようが外泊しようが”昨日と同じ服で出勤しようが”構わないが、検事として冷静にと言う。


凜々子は”何で知ってるの~!?”と驚く。





女性被害者の沢井の取り調べ。


凜々子は優しく被害者に状況説明を問う。


沢井は藤堂との出会いから語ろうとするがその名前は被疑者の偽名であり本名は鈴木であった。


婚活パーティーで出会い、目を輝かせ夢を語る被疑者に惹かれ付き合うことになったとのこと。


頼もしく優しい人で、デート代もいつも被疑者が出してくれていたと。


そして1ヵ月記念日には”アデリーナ”という素敵なレストランでバラの花束をプレゼントしてくれたと言う。


3ヵ月程して自然と結婚話が出てくるようになり、式場を予約した。


だがその後、被疑者の事業でトラブルが起きたと告げられる沢井。


”2人で幸せになるため”のお金だからと1000万円の資金援助を渡した被害者。


その直後、電話も通じず住んでいたと聞かされていたはずのマンションにも住んでおらず会社も存在していなかったことを知る。


結婚式場も翌日にはキャンセルされていたと語る沢井。


凜々子は自分のことのようにショックを受けた様子で聞いていた。


相原事務官から被疑者の部屋に行ったことがなかったのか聞かれるが被疑者に”恥ずかしいから”とマンションの前までしか連れて来られなかったと語る沢井。


続けて会社経営の肩書きを疑わなかったことについて問われるが、会社のホームページを見せられて信じてしまったという。


”事業を成功させ、たくさんの人の役に立ちたい”という彼の夢を応援したかったと。


”結婚することは相手の夢を一緒に見ることだ”と信じていたと涙ながらに言う沢井。


ギュッと拳を握りしめる凜々子。





”あんなに純粋な想いを踏みにじるなんて許せない”と憤怒する凜々子。


相原事務官は”鈴木の犯行は典型的な詐欺の手口だ”と言う。


続けてこの結婚詐欺事件のやっかいなところは、被疑者が”1000万円を受け取っていない”と主張しているところだと。


家宅捜査や貸金庫、預金残高にも多額の金は発見されておらず使ってしまったのかと凜々子は言う。


相原事務官は”ギャンブルなど金の行方が残らないものに使っていた場合は難しい”と答える。


凜々子は被害者のためにも証拠を徹底的に調べて被疑者の”しっぽ”を掴んでやろう、と刑事のように意気込む。


相原事務官は呆れたかのような顔を見せた。





鈴木被疑者の取り調べ。


意外にも一見普通の人と見える被疑者に一瞬凜々子は戸惑うが最初から金目当てで被害者と接触したことを問う。


名前を偽ったことについてはありきたりな名前だと覚えてもらえない、職業についても正直に無職だなどと言えば誰も相手にしてくれないという被疑者。


住んでいるマンションについても”本当は狭いアパートだからつい見栄を張った”と言う被疑者。


プロフィールについても見栄を張ったばかりのことを書いており、アクティブな趣味を記入していたが本当は運動はからっきし駄目とのこと。


嘘の会社のホームページを見せて手の込んだやり口で被害者を騙そうとしていたことを問い詰めるが鈴木は否定する。


被害者が1000万円を渡す直前の携帯電話のメッセージのやり取りについてもただのデート前の会話だと主張する鈴木。


凜々子が何故突然被害者の前から姿を消したのか尋ねると”急に不安になった”と鈴木は言う。


被害者のことは本当に愛していた、と。





取り調べ後、凜々子は被疑者の演技が手強く”人間不信になりそう”とうなだれる。


相原事務官は竹村検事の癖について念を押して注意をする。


しばし検事や事務官達の間で結婚詐欺師の掴みどころのなさについての話題が繰り広げられる。


大塚検事は”殺人犯や窃盗犯は自分が悪いことをしたという自覚があるが詐欺犯は嘘をつくことの罪悪感がない”と言う。


罪悪感がある被疑者と、そうでない者の取り調べの違いについて納得する凜々子。


そして大塚検事から追い打ちをかけ煽られるように挑発された凜々子は感情を剥き出しにし、再度意気込む。


相原事務官はそんな凜々子にもう諦めつつある様子を見せた。





凜々子の自宅で家族団らんの中、結婚詐欺についての話題が出される。


温子や父が凜々子に同感し、被疑者に対し最低だと言う。


母は、”口では何とでも言えるけどそれが本当かどうか知っているのは本人だけ”だと言う。


客観的事実の証明について父に飛び火しながらの会話の中、悩む凜々子。


ふいに母から昨晩も徹夜で大変だったことに対し労りの言葉をかけられる。


凜々子は優希の家に泊まったことを言い出せずにごまかすが、温子だけは察しているかの様子。





事件について調べる凜々子の部屋に同室の温子が入ってくる。


しばらく優希の話題について和やかに恋愛話をする凜々子達。


恋愛について温子から心配されるが言い返す凜々子。


そして温子に対し出会いがないと心配するが意味ありげな感じの振る舞いを見せられる。





1000万円を受け取ったという現場に出向く凜々子と相原事務官。


詳しく調べていこうとする凜々子に相原事務官は刑事と検事の違いを説こうとするが凜々子はわかっていると遮る。


相原事務官は”竹村検事があまりにも自由な行動をするからお忘れなのかと”と言い現場を早く立ち去るよう促す。


相原事務官に被害者である沢井からの新情報が入った。


結婚式場の予約をした際、沢井が手付金の20万円を支払ったというものだった。


手付金のことを思い出した沢井は式場に問い合わせたが、キャンセルと共に被疑者に返却したとのこと。





凜々子と相原事務官は式場に向かい、スタッフに不自然な点がなかったか尋ねるが被害者が希望していた他の式場が見つかったからと申し訳なさそうな様子だったという。





被疑者が予約をした式場から新郎新婦の姿が見え”こんなに素敵なところをすんなり予約されたら女性は舞い上がってしまう”と夢見がちな目で言う。


相原事務官は幸せな結婚を夢見る女性の気持ちに同感する凜々子に対し”あんなハンサムな彼がいたら尚更ですね”と言う。


凜々子は再び何故知っているのかと相原事務官を追いかけながら問う。





結婚式場の手付金について鈴木被疑者の取り調べを行う凜々子達。


騙し取ったことを認めさせようとするが鈴木はしばらくもたつき、ようやく思い出したかのような態度を見せた。


早く返さないといけないが、失業中で全くお金がないという。


凜々子は1000万円のことを口にするが鈴木は再度否定する。


そして被害届についても突然姿を消した自分を被害者が恨んで困らせようとしている、と。


あまりにいい加減だと感じる被疑者の言葉に凜々子は怒鳴りつけようとするが相原事務官に諭される。


度々、あくまでも犯罪は犯していないが自分のせいで事件になったことを低姿勢で謝る鈴木。


だが取り調べ室から出て歩いていくときの表情は犯罪者そのものだった。





結婚式場の手付金について、おそらく被害者が金を出せる人物かどうか見定めるためだと言う相原事務官。


1000万円を受け取ったという証拠が出ないことに苦悩する凜々子に”このままでは起訴は難しい”と告げる。


被害者が言っていたことを思い出し、心を痛める凜々子。





自宅に帰ってもどこか元気のない様子を見せる。


家族皆から心配される中、いつも通りに振る舞おうとする。


ふいに、優希から着信が入る。


”明日、夜ご飯でも行かないか”と誘われ了承する凜々子。





翌日、被害者沢井の取り調べ。


難しい状況であることを伝え、他に情報がないか問う凜々子。


沢井はもう何も情報はなく、1000万円は両親に半分出してもらったと言った。


お金を貰う際何度も心配されたが”あの人は大丈夫、安心して”と言ったと。


自分だけのお金なら諦められるが、自分を信じて大切なお金を出してくれた両親に申し訳ないと語る。





恋愛のやり取りに見える沢井と鈴木のメッセージを見ながら”許せない”と凜々子は言う。


相原事務官は詐欺師にとっては仕事の1つに過ぎないというが凜々子は自分が許せないという。


最低な被疑者1人起訴できず、検事失格だと。


大塚検事に”検事の仕事は結果が全てだ”と言われる。


どれだけ時間をかけたか、どれだけ頑張ったかなどは関係ないと。


言い返そうとするが、正論だと落ち込む凜々子。





夜、凜々子と優希のお洒落なレストランでの食事。


一方相原事務官は事務官達とくつろぎながらビールを飲む。


大塚検事の竹村検事に対する態度についての会話が交わされる。


榎戸事務官は嫌いだからかと言うが相原事務官は嫌いだったらわざわざ口を出さないと言った。


口は悪いが大塚検事なりに、気にかけていると。





凜々子はお洒落なレストランで少し動揺した様子を見せながらも食事を美味しそうに楽しむ。


優希に”今日は特別だから”と言われ何か記念日を忘れているかなど焦る凜々子。


”結婚しないか”とプロポーズされる。


忙しくても同じ家なら会えないことはない、と。


非常に驚きながらも最高に幸せそうな表情の凜々子。


そんな中、同じレストラン内に被疑者の鈴木が沢井とは違う女性を連れて現れる。


プロポーズされる中、被疑者のことをどうしても気にしてしまう凜々子。


凜々子のいたレストランは被害者が言っていた”アデリーナ”という場所だった。


お金がないと言っていたはずの被疑者の財布の中には充分満たされており、連れの女性にも被害者にしてきたこととと同じ振る舞いをしていく。


被疑者が出ていくと同時に凜々子も立ち、”大事なことなの”と謝りながらも被疑者を追う凜々子。


優希は”こっちも結構大事な話だったんだけどな”と1人呟く。





タクシーに乗り込む被疑者を追い、女性といる現場の写真を撮る。





相原事務官は事務官達と竹村検事に付く大変さを語る中、凜々子から着信が入る。


”しっぽ”を捕まえたと。





翌日、凜々子は相原事務官から被疑者と一緒にいた女性は警察が尾行し1人になったところで話を聞いていると知らされる。


尾行するなど検事のすることではないと言われる凜々子。


写真も証拠になるようなものではないが、女性の証言が得られれば詐欺を立証するきっかけになると。


凜々子は今までの証拠をもう1度最初から調べなおし始める。


ため息交じりに渋々付き合おうとするがプロポーズ中だったことにも関わらず事件のことで頑張る凜々子を見てしっかりと協力する姿勢を見せる。


ふと、凜々子はランニングステーションのレシートを見つける。


運動が苦手だと言っていた被疑者が何故、と疑問に思った凜々子がホームページを調べる。


ふとロッカールームが目に留まり、隠し場所ではないかと感じる。





ロッカールームから見事に、被害者が被疑者に渡した1000万円が見つかった。





凜々子は鈴木に自分の撮った写真を見せ認めさせようとするが鈴木はまたも否認する。


とぼけ続ける鈴木に対し相原事務官は一緒にいた女性から確認は取れていると伝える。


鈴木は沢井以外の女性にも偽名を使い、結婚詐欺を企んでいたことを指摘される。


そしてロッカールームから出てきたお金に対し問い詰められるが自分の隠し財産だと苦し紛れに言う。


鈴木は証拠を求めると、お金の入った紙袋から沢井からのメッセージカードが出てきた。


”2人の未来のためのお金だから””あなたならきっと夢を叶えられる”と。


それでも尚食い下がる鈴木に対し凜々子は紙袋に被害者の指紋が至る所に着いている点や沢井の鈴木への想いを語り、事実を認めさせる。


”あなたのしたことは幸せな結婚をしたいと願う女性の心を深く傷つけた”と言う凜々子。


そのことを決して忘れないでください、と。





晴れやかに凜々子にお礼を言う沢井。


凜々子に対し”かっこいい””自分も仕事に誇りを持ちたい”と言う。


そして結婚についてもめげることなく頑張ろうとする決意を見せ、去る。





夜、優希に謝る凜々子。


”別れよう”と告げる優希。


結婚すれば、凜々子は少し仕事をセーブしてくれると思っていたと。


でも検事の仕事を必死で頑張る凜々子を見て気持ちを抑えた。


”ずっと応援してる”と優希は言う。





少し涙した後、相原事務官達の飲み場に突然現れる凜々子。


木村さんから飲み場の場所を聞いたと言いながらお酒を飲む。


相原事務官に何かあったか問われ、彼氏と別れたとケロッと言う凜々子。


検事の仕事をますます頑張りますからよろしくお願いします、と。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 3話の感想


結婚がテーマのお話でした。


凜々子さんの結婚話と、結婚詐欺のお話。


凜々子さんのほうは自分の中では結末を知る前から、別れ話なのかな…とは思っていました。


本来、事実上結婚を考える女性ならば急がざるを得ないのはやっぱり女性だと思います。


子供のこと、出産が大きいかなと。


ですが最近働く女性が増えてきて、結婚して子供を産んで・・という女性の生き方は当たり前じゃないんだと最近ふんわりと知りました。


凜々子さんも、お仕事に生きる女性なのだろうなと感じました。


プロポーズをされて嬉しそうに本当に幸せそうに凜々子さんは可愛かったです。


でも別れ話を切り出されて、優希さんに対して何も言わなかったのはお仕事が大切だからなのだろうなと思いました。


凜々子さんの家庭は、本当に家族団らんという感じです。


その中でふと、お母さんが言うことは心に残るな…と思いました。


結婚詐欺のお話は全く知らない世界なのですが、現実でもああいうことは起こるのでしょうか…。


嘘をつくことに何も罪悪感を感じない、というのは悲しいものを感じます。


最終的に、被害者さんはめげずにしっかり前向きになっていてすごくたくましく強いなと感じました。


でも少し、今回の被疑者さんはうっかり者だなとも思いました。


検事さんも。


大分最初に言っていた運動とロッカールームがあんなに困難な状態になってやっと気づくんだな・・と。


でも意外とそういうものなのかもしれませんね。


特に凜々子さんは目の前のことにまっしぐらな女性で、少しずれているときも感じますので。


そこがまた魅力の1つでもあると思います。


相原事務官さんも、いわゆる鉄道オタクと呼ばれる人だったのですね。


何となく自宅で1人几帳面に鉄道グッズを並べてにやにやと笑う相原事務官さんの姿が想像できてしまい、可愛く思います。


今回相原事務官さんと凜々子さんの距離もお仕事上とは思いますが近づいたように感じました。


というより、凜々子さんにつられていっているのかな…?


温子さんの恋愛関係で少しふわっとした疑問を感じたので後々お話に出てくるのでしょうか…。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で3話の動画を観る方法

無料で「正義のセ」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「正義のセ」の動画を観ることができます!


「正義のセ」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「正義のセ」の動画を観るならこちら♪