コンフィデンスマンJP 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 3話のあらすじ

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。

だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。

ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。

するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。

画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。

美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。

独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。

しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。

さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 3話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「芸術は、盗作であるか革命であるか…そのいずかだ。ポール・ゴーギャン」
という。





ボクちゃんは、カフェで仕事探しの雑誌を読んでいる。


カフェの壁に飾ってある絵を見ているボクちゃんに、カフェの女性店員が
「絵、お好きですか?」
というとボクちゃんは
「可愛い絵だなって思って」
というと店員が
「もし良かったら」
といって飾ってある絵は自分が描いた絵だといって、今度開く自分の個展の招待状をボクちゃんに渡す。


ユキというアルバイト店員は美大生で、個展のための作品を描き溜めているという。





ボクちゃんが個展に行くと、ドアには「須藤ユキ作品展は事情により中止となりました」という張り紙が貼ってある。





ボクちゃんは、ユキの家まで行って
「ユキさん、大丈夫ですか?」
というとユキはドア越しに
「ちょっと、風邪ひいちゃって…」
というとボクちゃんは
「マスターに全部聞いたよ。もし僕で良ければ相談に…」
という。


ユキは城ヶ崎という美術評論家の男に裏切られたショックで自殺未遂をして、手首に包帯を巻いて泣いている。





ボクちゃんはリチャードに電話をして、ダー子には内緒でユキを追い詰めた敵として城ヶ崎から金を奪う協力を要請する。





ホテルでは、ダー子が取り寄せの卵にキャビアをのせたご飯を味わって食べていてダー子は
「この卵最高~。お取り寄せは違うわ。で、お魚見つかったって?」
という。


リチャードは、相手が大物なのでダー子に協力して貰おうとダー子に話してしまっている。


ボクちゃんは、リチャードがダー子に話したことでふてくされている。





城ヶ崎は、美術評論家として「あなたのお宝鑑定します」という美術品を鑑定する冠番組を持っている。


シャガールの絵の鑑定をして贋作だと酷評する城ヶ崎は
「本物を知ることこそが、教養です」
という。


城ケ崎善三は、古今東西の芸術に精通した美術評論家でありアートビジネス界の権威である。


ユキが城ヶ崎に出会ったのは、半年前で特別講師として美大にやってきた時だ。


城ヶ崎はユキの絵を見て酷評しながらユキに
「だが、可能性は感じる。他にも作品があるのなら、私のところに持ってきなさい」
というとユキは舞い上がるような気持ちで、城ヶ崎の元に通うようになる。


城ヶ崎と付き合いだして3ヶ月、ユキが個展を開くのでコメントだけでも欲しいというと城ヶ崎は
「作品そのものは、ゴミだ。何の可能性もない。今のうちにスケベなパトロンを見つけて売りつけなさい」
というとその後は連絡が途絶えてしまう。


そしてユキは追い詰められて、自殺未遂に至る。





ホテルの部屋でその話を聞いていたダー子は
「悪いけど、その女も女じゃん。売り出して欲しくて、ピロービジネスしていたんだから」
というとボクちゃんは
「ピロービジネスじゃない!もて遊ばれたんだよ」
というとダー子は
「どうかしらね~」
というとリチャードは
「ダー子さん。汚れた窓から景色を見れば、美しい山々も汚れて見えるもんだよ」
というとボクちゃんが
「そう。君の心の窓が汚れているってことだ」
という。


リチャードは城ヶ崎が女癖が悪いのは有名だが、城ヶ崎をどう釣り上げていいのか検討がつかないという。


ダー子は巨乳美大生の格好をしてみたが、2人に
「却下!」
といわれる。


ボクちゃんは
「目に見えることが真実とは限らない。コンフィデンスマンの世界へようこそ!」
という。





リチャードによると城ヶ崎は貧しい家庭で生まれ育ち、父は画家だったが才能がないくせに気位だけは高かったという。


故に城ヶ崎は、才能のない画家を嫌っているという。


独学で美術を修得した目は本物で、行方不明になっていた名画を見出したことで一躍名を馳せる。


持ち込まれた絵の真贋を疑って安く買い取り、裏社会の顧客に売って脱税資産やマネーロンダリングの手段として売却して大儲けをしている。


ボクちゃんが
「芸術の本当の価値は、心を豊かにするものだ」
と熱弁をふるっているとダー子は
「小劇団終わった?お勉強の邪魔しないでね~」
という。





城ヶ崎のオークションでは、ダー子が中国人バイヤーのワンショウフウと名乗り次々と絵を落札していく。


城ヶ崎は、ダー子が演じるワンを信頼して夕食に誘う。


城ヶ崎は夕食を食べながら、ワンに
「絵は、知識と情報で見るものです」
という。


城ヶ崎が子供の絵が無価値で喜ぶのは親だけだと主張すると、ダー子は城ヶ崎に共感し2人は盛り上がる。





ホテルの部屋ではダー子にリチャードが
「随分、初期費用かけたね~」
というとダー子は
「大きく回収したるわ!」
というとボクちゃんが
「で、君は何をしているんだ」
というとダー子は
「勿論、エサ作り」
という。


ダー子は絵を描きながらボクちゃんに
「ボクちゃん、美術評論家に最大の喜びは何だと思う?有名アーティストのまだ見ぬ作品を発掘することよ」
というとリチャードが
「つまり、贋作で釣り上げようというんだね」
というとダー子が描いていたフェルメールの絵を見せると、ボクちゃんは
「ダー子、はっきり言う。君に絵の才能はない」
という。





ダー子は2人を連れて、表の顔は絵画修復士・裏の顔は贋作家である知り合いの伴ちゃんの工房へ行く。


伴ちゃんは、あらゆる時代の絵の制作方法や有名画家のタッチを知り尽くしているという。


ダー子は、伴ちゃんと組んで今まで贋作を売りつけてきたという。


伴ちゃんは贋作はピカソに限るといい、古いキャンバスを再利用するためにボクちゃんとリチャードにキャンバスの絵を削ぎ落とすようにいう。


1ヶ月後に伴ちゃんは、ピカソの「バラ色の時代」の作品を仕上げる。





ボクちゃんが田舎の古美術商として城ヶ崎の元に行き、伴ちゃんが仕上げた作品を売りつけようとする。


中国人バイヤーに扮したダー子が助け船としてやってきてその作品を買いたいというが、城ヶ崎は
「すまないがワンさん。これは犯罪の証拠品だ。警察に提供しましょう」
というと伴ちゃんは警察に捕まってしまう。


城ヶ崎は、贋作の癖も精通していてダー子たちに
「欺されるやつが、馬鹿なんだよ」
という。


城ヶ崎は、伴ちゃんの贋作を暴いたことで更に名声が上がる。





ホテルの部屋では、ダー子は伴ちゃんに自分のせいで悪いことをしてしまったと反省している。


リチャードがダー子に
「今回は引き下がるかい?」
というとダー子は
「あほ抜かせ。伴ちゃんの敵を取らないで、どないすんねん!1人にして…」
という。


その時取り寄せの卵が部屋に届くと、オムレツにして2人と一緒に食べようとダー子は飛び跳ねる。


ダー子は落ち込んだ気分を引きずらずないが、同時に敵を取ることを忘れていない。


ダー子はオムレツを食べながら
「こういう卵を作る人もまた芸術家よね。私、今なんて言った?」
といい卵生産者の写真を見て何かを思い付く。





3ヶ月後、ボクちゃんは古美術商として再び城ヶ崎の画廊に行ってある絵を見せる。


山本巌という1923年の「初恋」という絵で、ボクちゃんは価値がないだろうと絵を持って帰っていく。


城ヶ崎は絵が1923年の作品ということで、何か思いついたようにボクちゃんを追いかけて声をかける。





城ヶ崎のオークションで、この「初恋」の絵を日本のフィービズムが始まった頃の絵で掘り出し物の作品として紹介する。


オークションは150万からスタートするが、ワンを扮するダー子が
「1,000万!」
と手を上げると周りがざわめく。


ワンは城ヶ崎に素晴らしいアーティストを見つけたと褒め、山本巌の作品が他にあれば買いたいという。





無名画家の山本巌の絵が1,000万で売れたことがニュースになり、城ヶ崎の画廊に山本巌の絵を持っているという男が現れる。


男はこの絵は高校に受かった時に、茨城の親戚から貰ったという。





城ヶ崎が茨城の山本家を探しに行くと、リチャード扮する農家をやっている山本が山本巌の甥だという。


リチャードは城ヶ崎に、山本巌の架空のストーリーを聞かせる。


リチャードは城ヶ崎に、山本巌の写真が1枚だけあるといい城ヶ崎に見せる。





3ヶ月前、ダー子はリチャードたちを連れて伴ちゃんの工房で絵を制作するという。


ボクちゃんたちは、伴ちゃんがいないのに絵の制作だけは出来ないという。


更に、城ヶ崎の目には贋作が通用しないという。


ダー子は2人に
「今度は、本物を作るの」
というと2人は
「本物?!」
というとダー子はボクちゃんに
「ボクちゃん。美術評論家にとって、最大の喜びは何だと思う?」
というとボクちゃんは
「有名アーティストのまだ見ぬ作品を発掘する…」
というとダー子は
「違う!有名アーティストそのものを発掘することよ」
という。


城ヶ崎の「絵の価値は知識と情報だ」という言葉は、確かに1つの真実だという。


ゴッホを例に挙げて、まだ見ぬ天才…日本の新たなるゴッホの絵を作りだそうという。


ダー子は、リチャードはデッサンでボクちゃんが着色するようにいう。


五十嵐がやってきて、茨城の農家に行っていて農村の写真を撮ってきてゴッホ風にエフェクトをかけて加工したという。


五十嵐は、これをそっくりそのまま真似て描けばいいという。


ダー子は自分をモチーフに16歳の農家の娘として写真に撮って、タイトルは「初恋」で巌の代表作にするようにいう。


ダー子は50点は作成するといい、ボクちゃんたちに仕事を急がせる。





山本巌の写真はダー子お気に入りの取り寄せ卵生産者の写真を加工したもので、ダー子が山本巌の架空のストーリーを作る。


山本巌は、生まれつき病弱で独学で絵を学び日本のフォービズムの先駆者で28歳で早世するというストーリーだった。





山本巌の絵は農家の離れに絵が置いてあり、リチャードは城ヶ崎をそこへ案内する。


城ヶ崎は、山本巌の絵を見て
「生きることへの情念を感じる。これぞ本当のフォービズムだ!これなどキュービズムの影響が早くも見られる。
早すぎた天才だな…」
というとリチャードは
「そうですかね…」
という。


城ヶ崎は、リチャード扮する山本にこの絵を全部で1千万円で買い取りたいという。


その時にダー子が扮するワンとボクちゃん扮する古美術商がやってきて、この絵を3億円で買うという。


鑑定士として無名のワンではなく、城ヶ崎は自分が認定するから絵が売れると主張し
「片田舎の素人画家をゴッホにすることが出来るのは、この私なんだ!」
といい城ヶ崎は、3・5億円で全部の絵を買い取りたいと山本にいう。





城ヶ崎は絵を車に乗せ、山本に
「ありがとうございました」
といい満足な顔で車に乗り込む。


リチャードは山本という表札を剥がして、電話して
「撤収、お願いします」
という。





城ヶ崎のオークションで、無名画家である山本巌の作品のみを出品する。


城ヶ崎は山本巌をフォービズム・キュービズムの先駆者として紹介するが、会場はざわつく。


最初に巌の「自画像」の作品を紹介していると、卵生産者の山本巌が会場の後ろに座っているを見て城ヶ崎は凍り付く。





山本巌は速達でオークションの招待状を貰っていて、招待状には「あなたの卵にメロメロ」と書かれている。


自画像の「山本巌」にそっくりな青年に城ヶ崎は
「君は?」
というと山本巌は
「俺…山本巌です。卵作ってます。絵なんて俺…カリメロしか描けません」
というと城ヶ崎は欺されたことを悟り…苦笑する。





ホテルの部屋では、リチャードが新聞で「城ヶ崎善三…信頼失墜」という記事を読んでいる。


ダー子はご馳走を食べながら
「ま、可愛そう」
というとボクちゃんは
「あいつが自分が言ったんだから。欺されるやつが馬鹿なんだって」
というとダー子は中国人風に
「私、そう思わないですね。欺されるの馬鹿じゃない。可愛いだけ」
といって笑う。


ダー子は、伴ちゃんに敵をとって城ヶ崎を欺したことを報告したという。


伴ちゃんは、出所したらダー子に耳かきを一杯して欲しいという。


ダー子はボクちゃんに、美大生に報告しなくていいのかという。





ボクちゃんは、ユキの個展に花を持って
「おめでとう。君なら立ち直れると思っていたよ」
というとユキは
「立ち直るって?」
という。


社長が来るとユキはボクちゃんが贈った花をぞんざいに置き、社長に絵を買って貰おうとすり寄っていく。


社長が買ってあげるというと、ユキは社長に甘える。





落ち込んだボクちゃんは、ダー子のホテルの部屋に戻るとダー子は
「だから言ったじゃん。ピロービジネスだって。たくましいわね」
というとボクちゃんは
「芸術ってなんなんだろう?」
というとダー子は
「所詮、金儲けの手段よ」
というとボクちゃんは
「そうなのかな。心で見るものなんじゃないのかな」
という。





公園で男の子が絵を描いていて、お母さんが絵を褒めていると通りかかった城ヶ崎が
「いいね。いい絵だね」
という。





ホテルの部屋では、五十嵐がネットオークションにダー子のフェルメールの絵を出品していた。


パソコンでダー子の絵の値段が釣り上がっていて、みんなは盛り上がっている。


ダー子は
「私ったらまだ見ぬ天才。やっぱ城ヶ崎さんって見る目あるわ~」
という。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 3話の感想


今週もコメディ要素も満載でリラックスして、楽しめました。


コメディ要素でいうと、ダー子画伯のフェルメールの絵には笑いました。


何度見ても、衝撃的で笑える絵です。


ダー子は頭の回転は抜群ですが、出来ないことも沢山あるんですね。


最後にその絵がネットオークションに出品して、値段が釣り上がっていくシーンも面白かったです。





ダー子お気に入りの卵生産者の山本巌をモチーフにした自画像も、ダー子のアイディアですね。


自画像がオークションで出品された時に、本物の山本さんがオークション会場にいて絶妙なタイミングでした。


「ドラマだから」と言えば全部その通りですが、ストーリーの組み立てやスピード感がとても良い感じです。


伴ちゃんが刑務所に入ってしまったのは、ちょっと可哀想でしたがコメディなのでよしとしましょう。





ダー子の振り切った演技もいいですね!


馬鹿笑いしたり、卵だけで飛び跳ねて喜んだり…とても可愛いダー子さんです。


今回のダー子は、中国人役もやりましたが上手くはないですが、「わざとらしさ」が出ていて良かったです。


画家の山本巌の絵の「初恋」のモチーフになった「16歳」のタミちゃんも可愛かったですね。


このドラマは、どんな風に欺していくのかという過程を見るだけでなく3人の変装を楽しめます。


リチャードは、何をやらせても安定の変装と演技ではまっています。


ボクちゃんは、何をやってもボクちゃんに見えますが可愛いです!





コンフィデンスマンたちは、先週に続き美術評論家の城ヶ崎の心も入れ替えましたね。


子供の絵には親以外には全く価値がないと言い切っていた城ヶ崎が、公園で子供の絵を見て
「いい絵だね」
というシーンはとても良かったと思います。


お金は沢山取られてしまったけど、心は取り戻せました。





信用詐欺師の話ですが、心が寒くなるようなドラマではなくむしろ温かいドラマだと思います。


日本のドラマで「コン・ゲーム(信用詐欺)」を題材にしたドラマはあまりなかったと記憶しています。


ハードルの高い題材だと思いますが、3人の掛け合いもあってきてコメディとのバランスも絶妙です。


難しく紐を解いていくストーリーではないですが、軽い気持ちで見られるので月曜日にピッタリです。





今回もボクちゃんが美大生を助けようと敵を討つ話ですが、毎回ボクちゃんが浮かばれないのが可哀想だけど可愛いですね。


それがボクちゃんらしいというか、ボクちゃんがいてこそ3人のバランスが取れているとも言えます。


天才的な頭脳を持つダー子と何でもそつなくこなすリチャードにはない、人間らしい感情があるのがボクちゃんだと思います。


ボクちゃんは最後まで「芸術は心で見る物なんじゃないのかな」と言っています。


自分にはないものをダー子はちゃんと知っていて、ボクちゃんを仲間に引き入れているのかと思います。


ダー子も話が進めば進むほど、情がある子なのではないかと感じます。





「このドラマ、癖になってきませんか?」
と最後に紹介されますが、段々癖になるドラマです。


1話で話が完結するので、まだ見たことがない人でも途中から楽しめるドラマだと思います。


痛快なドラマで笑って、ブルーマンデーを乗り切りましょう!


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で3話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪