オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 1話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 1話とは?
~入れ替わった人生~

施設育ちのシングルマザー・青山沙羅(知英)は協調性もなく、こらえることも苦手な性分。

仕事も長続きせず、一人娘の萌絵(庄野凜)を養母の冴子(麻生祐未)に半ば取り上げられ、孤独な日々を送っていた。

「お金さえあれば、一緒に暮らせるのに…」

そんなある日、駅のホームでひとりの女性に出会う。

女性は沙羅と同じ顔をしていた。

衝撃を受ける沙羅。

が、次の瞬間、女性は疲れた顔でホームに飛び込んでしまう。

周囲にいた人々が騒がしくなる中、沙羅は衝動的に自殺した女性が残したバッグをつかみ、その場を立ち去る。

バッグの中にあった運転免許証を見る沙羅。

自殺した女の名前は椎名真緒子(知英)。

そして、バッグには携帯と、鍵が入っていた……

沙羅は養護施設から一緒に引き取られた弟・薫(西銘駿)に、自分の身に起こった不思議な出来事を話し、薫の制止を無視して真緒子の家に向かった。

真緒子の家は、横浜の高級住宅街にあった。

同じ顔なのに、自分と違い幸せそのものの真緒子の生活に悔しさが募る沙羅。

部屋にあった真緒子の写真には、恋人らしき男性と写ったものが。

なぜ自殺を?沙羅はそんな疑問を抱く。

やがて沙羅は、部屋の中から預金額750万円と記された通帳を発見。

この金を自分のものにすれば、萌絵や薫と新しい生活を始められる!

そんな時ネットニュースで自殺した真緒子の身元が不明のままであることが判明。

「…薫。私、いいこと考えちゃった」…真緒子と入れ替わることを思いついたのだ。

真緒子になりすまし銀行に向かう沙羅。

しかし、そこで不意に強面の男に車に連れ込まれる。

何が何だか分からず逃げようとする沙羅に男がいい加減にしろと叫ぶ。

男の名は金城(岡田浩暉)。

真緒子の同僚で刑事だった。

刑事の振りなんて出来るわけがない。

作戦を中止しようと薫に電話する沙羅だったが、その頃、薫はすでに沙羅の死亡届を受け取ってしまっていた。

真緒子の振りを続けざるを得なくなる沙羅。

とにかく、銀行で750万円を下ろすまで。

下ろしたらすぐに萌絵と薫と三人でこの町から逃げ出す。

薫とそう約束する沙羅。

ところが、その晩。

海外出張に行っているはずの真緒子の婚約者・岩城槙雄(山崎育三郎)が突然帰って来る。

「何か、いつもと違う……」槙雄が不審げに沙羅を見る。

追い詰められた沙羅は……!?





⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 1話のあらすじとネタバレ!

沙羅は工場で働いている。


同僚女性の嫌がらせで、
荷物を運んでいるあいだに転んでしまう。


嘲る同僚たち3人に近寄ると、同僚の一人が沙羅を突き押す。


沙羅は3人相手に殴り合い、
主犯格の一人をボコボコにしているのが責任者に止められてクビになる。


帰りの駅のホームで、
娘の萌絵を預かっている冴子に電話をする。


沙羅は萌絵と話したがるが、
冴子は沙羅の親としての無責任さを指摘する。


沙羅が仕事をまたクビになったため、
冴子は
“どうやって萌絵を育てていくの?”
と呆れていた。


沙羅は
“仕事なんて沢山ある”
というが
冴子は
“萌絵といる時間は?”
という。


沙羅は
“じゃあどうすればいい?”
と逆ギレ気味だった。


沙羅は言い訳しながら
“萌絵を迎えに行く”
というが
冴子は
“一歩でも近づいたら児童相談所に通報する”
といって電話を切る。


沙羅が電車を待っていると
ホームに一人だけ女がやってくる。


女は泣きながら駅のホームに荷物を置き靴を脱ぎ出す。


不審に思った沙羅は女に近寄る。


女が沙羅の方を見ると
女は沙羅と全く同じ顔をしていた。


沙羅は女の顔を見て驚くが、
女は興味なさそうにフラフラと歩いて行きホームから飛び降りる。


女が電車に轢かれて鈍い音が鳴る。


駅員たちが大慌てでやってきて、ベルが鳴り響いていた。


沙羅は呆然と周りを見渡すと、女のバッグが目に入る。


沙羅は女のバッグを拾って走って逃げる。


駅のホームには誰もいなかったが、監視カメラは沙羅を捉えていた。






沙羅は駅から走って遠くまで行きバッグの中身を漁る。


免許証があり
“椎名真緒子”
という名前だった。


沙羅は薫の店に訪れる。


沙羅と薫は一緒に酒を飲む。


薫は沙羅の彼氏のナガセとの仕事の話を聞くと、
ブランド物のバッグをさばこうとしたが沙羅は全部燃やしたという。


薫はダメ男が好きだと指摘して呆れると、
沙羅は
“ただの腐れ縁”
という。


沙羅と薫は義兄弟だった。


薫はナガセとは縁を切って地道に頑張るように言うと、
沙羅は得意げに先ほど奪ったバッグを見せつける。


バッグには
免許証、スマホ二つ、鍵などがあった。


沙羅は部屋に行ってみようというが、
薫は危険性を指摘する。


薫が
“自殺するような人だからどんな危険があるかわからない、そんなだから冴子さんに萌絵と会わせてもらえない”
と指摘すると
沙羅は何も言い返せなかった。


沙羅は
“家族3人で暮らす約束をした”
というが
薫は
“いいよ・・・覚えてない”
という。


スマホに
“金城”
という名前で着信があり二人とも緊張する。


着信が切れると
薫の警告を無視して沙羅は真緒子の家に行く。






沙羅は免許証の住所を頼りに家を探していた。


住所通りの場所に行くと立派な一軒家だった。


鍵を使って中に入ると、部屋は綺麗に整頓されていた。


沙羅は部屋を回り服を物色する。


冷蔵庫にあるビールを飲みながら
“韓国出張、土曜日戻ります”
というメモを見つける。


恋人らしき男との写真が沢山壁に貼られていた。


沙羅は
“何で死ぬかな…こんな暮らししてるのに…”
と呟く。







薫の元に逆上したナガセがやってくる。


ナガセは薫に掴みかかり居場所を吐かせようとする。


ナガセは
“沙羅が組のバッグ燃やしちまった、ソープにでも売り払わないと元が取れない”
と喚き散らす。


薫は
“知らないって…”
というが
ナガセはすぐに嘘だと見抜いていた。


ナガセは
“沙羅は自分のことしか考えられない、思いつきの行動でみんなを振り回すヤツ”
という。


しかし
“沙羅は俺の女だ絶対に手放さない”
といって帰っていく。


薫が沙羅に電話をすると
沙羅はビールを飲みながらパソコンを調べていた。


薫は心配して早く出るように言うが、沙羅は銀行とのメールを発見する。


部屋を調べると通帳を発見して、
750万円の預金があるのに気づく。


薫にそのことを興奮気味に話
“どうしよう、いいよね”
と呟く。


沙羅は
“このお金もって逃げよう”
というが薫は大反対して説得する。


薫はネットニュースを見るように指示すると、椎名真緒子が死亡したニュースが載っていた。


“警察が身元情報求める”
ということが書いてあり、
沙羅が身分証を持ち去ったためまだ誰の死体か判明していない様子だった。


沙羅は椎名真緒子の写真を見て
“いいこと考えちゃった…”
という。


沙羅は家にあるホームビデオを探し、椎名真緒子の特徴を把握してなりきることにする。


筆跡も椎名真緒子に似せるため練習する。


沙羅は椎名真緒子の服を着て銀行に向かう。


薫は
“絶対に自分を出すな”
と短気な沙羅の性格を注意する。


沙羅は銀行に向かう途中に妙な女と目が合う。


気にせずに銀行に行くと、鈴木という男に
“椎名さん”
と話しかけられる。


鈴木は
“いつもと少し違う”
というので
沙羅は慌てて椎名真緒子の特徴を思い出し対応する。


何とか誤魔化して預金の解約の話をする。


その頃
薫は沙羅の
“作戦”
を実行していた。


警察に
“姉が帰っていない”
と電話して、
死んだ椎名真緒子を沙羅と思い込ませる作戦だった。


薫は
“事故に遭っていなければいいんですが…”
と警察に伝える。


沙羅は鈴木に別室に案内される。


部屋に行く途中に
鈴木が部下の女性と不倫関係にある様子を発見する。


鈴木は慌てて取り繕い沙羅との話を進める。


沙羅が
“すぐに全額下ろしたい”
というが
鈴木は
“500万円以上は最短でも週明けになる”
という。


沙羅は
“どうにかならないか”
と食い下がる。


鈴木のスマホに着信があるので沙羅は取り上げる。


鈴木は慌てると沙羅は奥さんだと気付く。


沙羅は
“不倫をバラす”
と脅しをかける。


鈴木は仕方なく対応する。


沙羅は判子を探そうとバッグを漁ると、鍵を発見する。


鈴木はそれを見て
“貸金庫も解約しますか?”
という。


沙羅は貸金庫を開けてみる。


中には出生証明書が数枚あっただけだった。






沙羅は椎名真緒子の家に帰ると
男が車でやってきて
“早く乗れ”
といって沙羅を強引に連れていく。


男は金城という名前だった。


金城は
“いい加減にしろよ…”
と殺気立っていた。


“今日は何の日だ、わかってんのか”
と怒鳴って
沙羅を警察署に連れていく。


沙羅は会話の流れから
椎名真緒子が警官だったと知り狼狽する。


沙羅は案内された部屋には
沢山の男たちが険しい表情で待っていた。


沙羅は怖気づきトイレ避難する。


沙羅はトイレから薫に電話するが留守電だった。


沙羅は
“刑事になり済ますなんて無理だから!”
と自分の作戦に文句を言っていた。


薫はその頃
警察に呼ばれて椎名真緒子の遺体と対面していた。


薫は
“姉の遺体”
と対面しているため、
悲しんでいるフリをする。


椎名真緒子を沙羅と認識させることに成功した様子だった。


女医が薫を心配して奥の部屋に連れていく。


薫はボディタッチが多い女医に怯えていた。


女医は薫に
“死体検案書”
を渡して事務的な質問をする。


女医は薫に同情しながら近寄り資料にサインを求める。


女医は
“よかったらここにもお願いします、あなたの携帯番号を”
といってスカートをたくし上げて太ももを露わにする。


薫は怯えながら
“番号が思い出せなくて…”
という。







沙羅はトイレで
“どうすんのよ”
と苛立っていた。


手洗い用の石鹸が目に入ると、
容器を強引に外してピンク色の液体を一気飲みする。


沙羅は会議室に入ると
椎名真緒子が業務中に強盗を銃で撃ち殺した案件についての尋問会だと知る。


“所属と指名を述べて下さい”
と言われるので
沙羅は具合が悪そうにして嘔吐する。







薫は自宅で絵を描いていた。


ナガセがやってくるので
薫は“沙羅の死亡証明書”を叩きつける。


薫は
“アンタのせいで姉ちゃんが死んだ”
と悲しんだ演技をする。


ナガセは
“ふざけんな、こんなの俺は信じない”
というが
実際に薫と一緒に
“沙羅の遺体”
を見に行くと
“ふざけんな…”
と言いながら泣き崩れる。


薫はナガセを上手く騙せたためほくそ笑む。







沙羅のことを同僚たちは心配していた。


同僚は聴聞会のリハーサルをしてあげる。


そこで沙羅はより詳しい状況を知ることができる。


椎名真緒子は強盗が取り出したスマホを銃と勘違いして発砲して死なせてしまったのだった。






沙羅は椎名真緒子の家に帰り風呂上がりに髪を乾かしていると、
婚約者の岩城が帰ってくる。


沙羅はしどろもどろしながら会話を合わせる。


岩城は会話を交わすうちに
“なんか違う…”
と気付く。


岩城は
“髪が長い…”
といって沙羅を見つめる。


沙羅は岩城に強引にキスをしてソファに押し倒す。


沙羅はシャツを脱ぎ捨てて誘惑し、
岩城を強引に黙らせることに成功する。







翌日
沙羅は岩城の隣で目を覚ます。


岩城が寝ているうちに沙羅は身支度をする。


岩城が起きてくると沙羅は
“急いでる”
と家を出る。


岩城はぎこちない沙羅の様子を見て
“出会った頃もこんな感じだった”
と初々しさを感じていた。


沙羅は車の鍵を岩城に貰って車に乗り込む。


沙羅の後を金城が尾行していた。


沙羅は銀行に行き750万円の受け取りに成功する。


沙羅は薫の元に向かう。


薫は留守だった。


机には
“沙羅のお別れ会”
のチラシがあった。


ナガセの発案で沙羅のお別れ会が身内で行われていた。


海辺に仲間が集まり
司会進行役のナガセの話を聞いてみんな悲しそうにしていた。


薫だけは真実を知っていた。


薫のスマホに着信があったため、
薫はその場から離れて電話にでる。


着信は沙羅からですぐ近くに降り手を振って見せる。


薫は
“姉ちゃんが死んだの知ってるのはここにいる施設の人だけ”
と娘には言っていないことを告げて安心させる。


薫は
“ナガセが姉ちゃんの事好きなのは本当だった”
とニヤけていた。


沙羅はどうでもよさそうだった。


沙羅は婚約者にあったが何とか騙せたことを告げる。


沙羅が望遠鏡で葬式の様子を眺めていると、
タクシーで萌絵たちがやってくる。


沙羅は
“萌絵がどうして…”
と狼狽する。


沙羅は
“私が死んだなんて思わせないで”
と薫に懇願するので
薫は慌てて萌絵たちに駆け寄る。







沙羅は車に戻ると
見知らぬ女が車の中にいた。


沙羅は驚いていると、
女は韓国語で話しかけてくる。


女がサングラスを外すと
沙羅とそっくりな顔をしていた。


女は沙羅を椎名真緒子だと思って話している。


女はカタコトの日本語で
“科学者、病気…”
という。


韓国語で話してくるが
沙羅は何を言っているのか理解できなかった。


女は沙羅の様子を見て
“あなた…真緒子じゃないですね、あなた誰?”
という。


突然
女は車の外から射撃されて頭を撃ち抜かれる。


沙羅も狙われるので
沙羅は頭を伏せながら車を出してその場から離れる。


スマホに非通知で着信が来る。


沙羅は恐る恐るスマホを手に取る。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 1話の感想!

知英さんがめっちゃ日本語上手い!


私は知英さんを見るのは
“地獄先生ぬ~べ~”
以来だったので驚きました。


あの頃はカタコトで酷かったのですが、
今回はほぼ完ぺきなイントネーションでした。


知英さんを知らない人は韓国人だと気付かないと思います。


演技や役作りもかなり上手くなっており、
沙羅というスレて年齢の割に疲れた感じの女を見事に表現していました。


ぬ~べ~の時は正直あまり好きではありませんでしたが、
かなりの成長が伺えたためかなり努力をしているのだと思い好感が持てました。


ぬ~べ~の時のキャスティングはウケ狙いの一発屋かと思っていましたが、
これからの成長がとても楽しみな女優さんとなりそうです。






女医の山村紅葉さんのインパクトが半端なかったです!


演技力と存在感が尋常ではありませんでした。


薫を心配する素振りをしながら大胆に連絡先を探ろうとする様子はトラウマものでした。


“こういうおばちゃんいるわ~”
という見事なポイントをついていて、
シリアスな作風の中でひときわ際立っていました。


これからも要所要所で登場して、若い男をビビらせまくってほしいです!






ストーリーは大きな謎が1話で提示されて、
物凄く先が気になる良い感じでした。


最初は
“7人も同じ顔の人がいるなんて無理があるんじゃ…”
と思っていましたが
偶然ではなくちゃんとした理由があるようです。


もしかしたら沙羅と沙羅と同じ顔をした女性たちは、何かの実験の被験者なのかもしれません。


その実験が途中で破綻になったとかで、
その時の記憶を消されたか上書きされたかでそれぞれ散り散りになったのだと思います。


今は2人死亡したので残りは沙羅を含めて5人となります。


一人暗殺されたということは、あの顔をした女性たちには何かしらの秘密があるということですよね。


捕獲して何か情報を吐かせるのではなく、
問答無用で殺していたということは存在自体が誰かにとって不都合だということになります。


これからは
“謎の組織との対決”
になるのでしょうか…?


そうなると今の沙羅は明らかに戦力不足であっけなく殺されてしまう気がします。


沙羅の味方は弟くらいしかいません。


弟の薫は全く頼りにならなそうです。


そのうち沙羅の秘めた力が覚醒する覚醒イベントがあり、
超人的なスパイ技術や暗殺術を発揮して謎の組織と戦ったりするのかもしれません。


または、
他の生き残ってる同じ顔の女性を味方にしていき力を合わせるのも面白そうです。


沙羅が求めるのは娘との安全な暮らしと金だと思います。


最後は大金をゲットして娘を迎えに行くというハッピーエンドな感じでしょうか…


沙羅の過去はまだハッキリと明かされていないので楽しみです。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽


無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観るならこちら♪