モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 1話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「モンテ・クリスト伯」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 1話のあらすじ

2003年春。

小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は同じ町で喫茶店『シンドバッド』を経営する目黒すみれ(山本美月)にプロポーズ。

想いは受け入れられ、2人は結婚式に向けて幸せの絶頂にいた。

しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。

暖の後輩、南条幸男(大倉忠義)は心配して『シンドバッド』へ。

すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っている。

『海進丸』が所属する守尾漁業でも社長の守尾英一朗(木下ほうか)、船員だが今回の航海には怪我で出られなかった神楽清(新井浩文)たちが憔悴しながらも暖たちの無事を願う。

そんな守尾の事務所を漁協の組合長、遠藤勝也(仁科貴)が訪ねて来る。

遠藤はもう2週間にも及ぶ遭難で捜索費がかさんでいることを守尾に告げた。

守尾は船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)が優秀なので、みんな生きて帰ると譲らない。

だが、遠藤はバラジを不安に思っている。

バラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていたからだ。

それでも、守尾は船員たちを信じていた。

暖の実家では、母親の恵(風吹ジュン)が地上げ屋の寺角類(渋川清彦)と対峙していた。

と、そこに『海進丸』帰港の連絡が入る。

迎えに来たすみれと港に急ぐ恵。

船員たちが上陸する中、暖も怪我はしたが生還を果たす。

亡くなったのは船長のバラジだけ。

すると、バラジの遺体を調べる男たちが…刑事の入間公平(高橋克典)の姿もあった。



⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 1話のネタバレ


2003年の春、すみれはお付き合いをしていた男性、暖にお弁当を作って届けた。


暖は防波堤で釣りをしながら寝ていた。


すみれが暖を起こそうとすると、通りかかった人に、釣竿が引いていると言われた。


すみれは慌てて釣竿を巻き上げると、そこには貝殻で作った指輪が掛かっていた!


するとすみれはすぐに、結婚指輪だと確信した。


すみれ
「これって?」

「必ず幸せにします。俺と結婚して下さい!」


すみれは嬉しそうに、ハイ!と答えた。


すると、音楽が鳴り始めた!


そして、暖の仕事場のメンバーや友人が出てきた。


すみれにサプライズを暖と仲間たちで仕掛けたのだ。


そしてその様子はビデオカメラで録画されていた。


録画した動画は結婚式で流すためのもの。


しかし見ていたのはすみれが働いている喫茶店。


しかも暖の友達、幸男とすみれの二人きり。


実はこの動画を撮った後、暖が仕事で乗っていたまぐろ漁船が行方不明になってしまったのだ。


暴風雨の影響で波が荒れた為だった。


動画を見た後、暖の事が心配なすみれは泣き崩れた。





暖がいなくなってから、かれこれ2週間が経っていた。


それでも暖の会社、守尾漁業の社長はみんな生きていると諦めなかった。


しかしその船の船長の外国人はテロ組織の「ククネット」に所属しているという噂があり、捜索費用の無駄だと苦情が出ていた。


そろそろ諦めないといけないかも知れない。。。





守尾社長には息子がいた。


お母さんに頼まれて何も食べていない社長にごはんを運んでくれた。


そして指占いをして、暖が強い!と息子は守尾社長を励ました。





暖の母親は仏壇に手を合わせた。


亡くなってしまった旦那に暖を守るよう、お願いをしていたのだ。


そこには暖の友達、地上げ屋の類がいた。


類は暖の母親に暖が死んだかもしれないから、家を売るように話をしていた。


なので母親は類が煙たくて仕方ないのだ。


そんな時、一本の電話が鳴った。


暖の乗っていた船が戻ってきたという連絡がきたのだ。


足の悪い母親は車いすで港へ向かおうとしたが、うまく操作できなかった。


類が手伝おうとしたが、嫌がって自分でなんとかしようと手こずっていた。


そこへ、連絡をもらったすみれが駆け付けた。


走って車いすの母親を押して港へ向かった。


次々と生きている船員が出て来る中、遺体も運ばれてきた。


暖かもしれない!?と遺体を確認すると、外国人の船長だった。


最後に暖が出てきた。


みんな、暖を抱きしめた。


暖はボロボロになって疲れ果てていたので病院へ行くことになった。


港にいた暖の職場の先輩、清は類に話しかけられた。



「おめでとさん!」


船長が亡くなった後は、清は船長になるのでは!?と言われていたからだ。


清は亡くなった人が出たのに、おめでとうと言える類に腹を立てた。





港へ戻ってきた船は隅から隅まで警察に調べられていた。


清も船を確かめた。


すると、壊れたエンジンを直した後があった。


社長に誰が直したのか聞くと、暖が直したと聞いて驚いた。


船長が死んだあとは、暖が指揮をとっていた。


嵐でエンジンが壊れて、GPSも通信機も壊れた中、暖が星を見て計測をした。


そして港までたどり着いたのだ。


暖のすごさに社長も清も感激していた。





入院した暖の元へ、幸男はお見舞いへ行った。


俳優希望の幸男は明日オーディションがあった。


なので暖に相手役を頼んで台本を読んでいた。


そこへ、すみれがリンゴを剥いて持ってきた。


明日は暖が退院するし、オーディションも受かるかもしれないから一緒にお祝いをしよう!と暖が提案した。


すみれに美味しい料理を作ってもらって!と暖が言うと、幸せそうなすみれ。


その姿を見て幸男は微妙な表情をして帰って行った。


帰り際に、これからお見舞いへ行く清と会った。



「相変わらずすみれのお兄ちゃん役か?行ったり来たりで大変だな。」
そう言って幸男に買ってきた飲み物をあげた。





会社に戻った清。


事務員に船員の様子を聞かれて無事を伝えた。


すると別室で社長と話していた刑事の入間が出てきた。


ククメットについて、船長室などを調べられていた。


そして社長は清にかしこまって話をした。





暖は退院して、会社へ行った。


そして乗っていた船を見に行った。


すると清が船を掃除していた。


いつもより早い時間だったので疑問に感じた暖は聞いてみた。


すると、別れを言いに来たと言われた。


清は昨日社長からの話で、暖を船長にすると言われたのだ。


次に船長は清だと暖も思っていたのでびっくりした。


清は、これから事務方になり社長の右腕になると言った。


暖は本当にいいのかと黙っていたら、清に水をかけられた。


ようやく暖に笑顔が戻って、清は自分のタオルをバトンのように濡れた暖に渡した。


これから船を頼む!と清が言うと、暖は
「死ぬ気で頑張りますから。」
と答えた。


そして暖は清に質問をした。
「渋谷って行った事ありますか?」


清は結婚前にキャバクラでも行くのか?と冗談で返した。


暖は船長が死ぬ前に、手紙を渡されていた。


その手紙を渋谷にいる人に渡してほしいと言われたので、清に聞いてみたのだ。


暖は渋谷まで手紙を届けようとしていた。





そのころ、東京でオーディションをしていた幸男。


役に入りすぎて相手の手を強く掴みすぎて、注意を受けてしまった。


今回もうまくいかなかった。


電車で帰って駅に着くと、向かいの居酒屋で清と類が飲んでいた。


清と類は幸男に気付き、一緒に飲もう!と誘い三人で飲む事になった。


居酒屋のテレビには取材に答えていた暖が映っていた。


お客さんはテレビの暖に夢中だった。


類はみんなが暖の事で盛り上がっていることが面白くなかった。


幸男はテレビを見てこの町のヒーローだと言った。


すると、類が
「何言ってんだ?女寝とられたくせに。」
と言って喧嘩を売り出した。


そこで清は心配事があると言って話を変えた。


ククメットかもしれない船長に頼まれて、暖が渋谷に手紙を渡しに行く話を二人にした。






海を見ながら暖とすみれは飲んでいた。


暖は船に乗っている時の話をした。


水もなく雨も降らず、船長は死んでどうしたらいいのかと思っていたのだ。


もうすみれと一緒にいれないと諦めていたことに謝った。


すみれは、
「愛は勝つんだよ。どこにいても暖を連れ戻すから。」
それを聞いた暖はすみれにキスをした。


退院祝いに向かった幸男はその瞬間を見てしまい帰る事にした。





類は借金取りに追われていた。


そしてボコボコに殴られた。


お金の代わりにいいネタを仕入れていると話をした。





清は止まっている自分の会社の船に乗った。


酒を飲んで船長になった気分で動かない船の操作をしていた。


そしてそのまま船の中で眠ってしまった。





次の日、出掛ける為に朝ごはんを急いで食べる暖。


お母さんとすみれに、どこへ行くのか聞かれた。


船長に頼まれた手紙を届ける為に渋谷に行く予定だった。


二人には何をするか言わずに、渋谷に行くことだけ告げた。


出かけようとしたところ、刑事の入間が家に訪れてきた。


暖に話があると言われて家にあげた。


ラデル共和国から船長が寄港先でククネットのメンバーと接触していたと連絡が来ていた。


帰国したら事情聴取しようとしていたが亡くなってしまったので、このまま終わる話だった。


しかし警察に匿名から電話が来たのだ。


暖がククメットのメンバーだという電話だった。


そこで入間は暖に話しを聞きに来た。


入間はククメットから手紙を渡されているか聞いた。


暖は、船長から手紙を預かっていることを素直に伝えた。


手紙の内容を聞かれた暖は初めて手紙を開けた。


しかし英語で書かれていた為、何も読めないと答えた。


すると入間は手紙の内容と届け先を見て手紙を回収した。


手紙の内容を暖は聞いたが、機密事項だと教えてくれなかった。


手紙を持っているだけで暖や家族に危険が及ぶかもしれない、私を信じて下さい!と入間に言われた暖。


わかりましたと答えるしかなかった。


そしてこの話は誰にも話さないように口止めされた。


暖の家を出てから、入間は部下と電話で話をした。


実はラデル共和国で外務省の人が人質として捕まっていたのだ。


外務省ルートを使ってラデル共和国から人質交渉の提案があった。


船長が手紙を渡したかった相手を差し出せば、外務省の人と交換する用意をしていると言われている。


官邸はすでに大使館で交渉が始まっていた。


そして最後に暖の事を聞かれた刑事は、急いであるところへ向かった。


そこにはククメットに多額の資金援助をしている、貞吉という金融ファンドの代表をして
いる男性が居た。


暖が預かっていた手紙の宛て先だった人だ。


貞吉は世界でも有名な投資家だ。


手紙には、500万ドルのさらなる投資をお願いする内容が書かれていた。


貞吉はククネットをテロリストだと思っていない。


そう言いながら葉巻を吸った。


入間は、ラデル共和国の人質と交換条件が出されていることを伝えた。


すると、貞吉は
「覚悟はできています。正義の名のもとに私を逮捕するか、己を守る道を切り開くか、
どちらか選べ、公平。」
入間
「俺の名前を気安く呼ぶな。あんたみたいな人間を父親に持つ俺が、今の地位まで上り詰めるのがどれだけ大変だったか。」
貞吉
「神様はお前にその手紙を見つけさせてくれたのかもしれないな。」
そう言って葉巻の火を消し、手錠をかけられるよう、両手を前に出した。





暖は結婚式の日を迎えていた。


すみれの花嫁姿をみて思わず見とれてしまった。


母親に突っ込まれると、目を覚ましたかのように
「バンザイ、バンザイ、バンザイ」
とすみれと母親と喜んだ。


いよいよ披露宴が始まり、プロポーズをしたビデオが流れた。


暖は恥ずかしいのでトイレに行くと言って席を外した。


トイレで顔を洗っていると、
「柴門暖さんですね。」
と声をかけられた。


今日結婚式に来てくれている人だと思った暖は、
「今日はありがとうございます。どちら様でしたっけ?」
と答えると、逮捕状を出された。


テロ資金提供処罰法違反の容疑で逮捕されることになってしまった。


覚えのない暖は、はっ!?と一言しかでなかった。


そして無理やり連行されることになって、暴れたが警察官にしっかり捕まられていた。


たまたまトイレに立った幸男がその姿を目撃!


急いで止めに入ったが、公務執行妨害になると警察に言われて、手を警察に抑えられた。


暖は、手錠を掛けられた。


そしてすみれを頼む!と叫んだ。


幸男はすぐにすみれに伝えに行った。


「すみれ、すみれ!暖ちゃんが、暖ちゃんが!」


すみれはウエディングドレス姿のまま暖を追いかけたが、車に乗せられて連れていかれてしまった。


披露宴にいた友達も駆け付けたが、間に合わなかった。


みんなびっくりして唖然だった。





入間は貞吉に会いに行った。


そして暖から渡された手紙をライターの火で燃やした。


貞吉
「礼を言った方がいいかな?」


入間は何も言わずにじっと睨みつけて部屋を出て行った。





入間は警察署にいる暖に会いに行った。


暖は、どうゆう事なのか、怒りをぶつけた。


すると入間は、部下が間違えた、釈放するために上に掛け合っていると謝罪した。


燃やした手紙の偽物を暖に見せた。


そして確認をして欲しいとて暖の手に渡した。


暖は英語が読めないって言っているだろ!と何も見ずに手紙を返した。


手紙は船長から渡された本物だと思っているから確認もしなかった。


実は手紙のあて名が柴門暖宛てに作り変えられていたのだ。


気づかずに手紙を触って指紋をつけてしまったのだが、これは入間の作戦だった。


入間は安心した表情に変わった。


そして暖にもう大丈夫!と嘘をついて部屋を出て行った。


暖は釈放されると思っていたが、されるどころかラデル共和国の刑務所に送られてしまった。


ラデル共和国の刑務所はヤバイと有名な場所だった。


毎日暴力と尋問が続いた。


顔や体を殴られた後は、顔にタオルを掛けられて水を掛けられた。


それでも何も知らない暖は、知らないと言い続けた。


すみれはラデル共和国へ行こうとビザを申請したが、通らなかった。


無実を証明したい為に署名活動も家族でしていた。


しかし世間からはテロリストと家族を言われるようになってしまった。


家には落書きをされたり、窓ガラスを割られたりされるようになった。


母親は怖くて外に出れずに家で怯える日々を送った。


そんな中、一人ですみれは署名活動をしていた。


でも誰も署名をしてくれず、途方に暮れる日々。


暖と昔キスをした海辺で空を見ながら泣いていた。





入間は今回、テロリストに資金援助している者を捕まえたことで表彰されていた。

まだ誰にも手紙が偽物だったことはばれていない。





時は2011年になった。


暖はネズミやゴキブリがいる、暗い牢屋に閉じ込められていた。


死にそうになって倒れていると、明るい光が床から入ってきた。


それと同時に老人が床を壊しながら入って来た!





2017年の秋、すみれや幸男、清や入間はお葬式に出ていた。


深刻そうな表情をして。。。


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 1話の感想


最初はとても幸せそうなシーンでみんなが笑顔だったので明るい話なのかな?と思って見ていました。


しかし婚約者が行方不明なんて、なんて辛いのだろうと思いました。


でも暖の友人の幸男が一緒にいてくれて心強いと感じました。


船が戻って来て暖が生きているとわかった時は、すごく嬉しかったです。


そして船長として頑張った結果、船を任されて良かったです。


でも清からしてみたら、暖が帰ってこない方が良かったのかなって感じてしまいました。


それは幸男にとってもすみれといる事が出来たので、同じような立場なのかなと思いました。


暖はみんなから羨ましがられて憎まれている感じがしてしまいました。


清が手紙を渡しに行くと幸男と類に言わなければ、暖の元へ入間が来る事がなかったの
で何でわざわざ言ってしまったのでしょう。


しかもあまり好きではない類に話すことはおかしいと思いました。


入間は本当に悪い人です。


父親をかばった結果ですが、刑事として失格ですね。


暖は幸せの絶頂期だったのに、一気に地獄の生活になってしまいました。


あんなに毎日辛い思いをするなら、諦めて自分がやったと言ってもおかしくないです。


でもきっとすみれの為に諦めなかったのでしょう。


家族もボロボロになってしまって悲惨すぎです。


そして年月が過ぎて、暖が生きていた事が奇跡に感じました。


しかも厳しい刑務所にいきなり、救世主が現れてびっくりです!


暖の人の良さを神様が見ていたのかと思ってしまいました。


後半の展開が一気に進んで、ハラハラドキドキが止まりませんでした!


来週暖はすみれに会う事が出来るのでしょうか!?


⇒無料で「モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で1話の動画を観る方法

無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」の動画を観るならこちら♪