志乃ちゃんは自分の名前が言えない についてネタバレやキャストについて紹介します!

原作の漫画についてのネタバレと無料で読む方法も紹介します。

⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます




映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 とは?

助監督として携わった映画が新たに情報解禁となりました! 映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」と言います。 10年ほど前にこの業界に入って最初に携わった映画でお世話になって以来、ずっとお世話になりっぱなしの湯浅さんが映画監督としてはデビューとなる作品です。 実はまだ観れてないのですが、才能の塊である湯浅さんの作品なので間違いないでしょう(笑) 公開は来年7月となります。 http://bitters.co.jp/shinochan/ また助監督として携わった 映画「覆面系ノイズ」が公開中。 http://fukumenkei-noise.jp/sp/ 映画「愛の病」は来年1月公開です。 http://ainoyamai-movie.com/sp/index.html 監督した映画「夢の音」ですが、先行試写が2月18日にあります。 クラウドファンディングも残り二週間となりました。 https://motion-gallery.net/projects/yumenooto クラウドファンディングは一口1000円から出資頂けます。 出資頂いた方には、先行試写のチケットを始め、映画のDVDや劇中歌CDなど特典をお返しさせて頂きます。 何卒よろしくお願い致します! 映画「夢の音」ホームページ https://music-films.amebaownd.com #志乃ちゃんは自分の名前が言えない #覆面系ノイズ #愛の病 #夢の音

Takeshi Matsuuraさん(@matsuuratakeshi)がシェアした投稿 –



公開日 :2018/7/14
原作  :押見修造
脚本  :足立紳
監督  :湯浅弘章
主演  :南沙良

以下は公式サイトのあらすじです。

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が、2018年7月14日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開することが決定。

原作は、実体験をベースに描いた漫画家・押見修造の同名タイトル「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」(太田出版)。

ファンの多い押見作品の中でも、ひと際人気が高い同作が待望の映画化となりました。

上手く言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲と馴染めずにいる高校一年生の志乃。

音楽好きだが音痴な同級生・加代。

二人は、ひょんなことから仲良くなり交流を深めていくが・・・。

思春期を迎えた少年少女たちが抱える葛藤や苦悩を描きながら、誰しもが持っているコンプレックスとの向き合い方や、自分のあるべき姿について考えさせられる、世代を超えて胸に響く新たな青春映画が誕生しました。


高校1年生の大島志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。

そんな時、ひょんなことから校舎裏で同級生の加代と出会い、一緒に過ごすようになる。

人と距離を置き卑屈になりがちな志乃だったが、加代からバンドを組まないかと誘われたことで少しずつ変わっていく。

ふたりで過ごす夏休みが平穏に過ぎていくと思っていた志乃だったが、自分をからかった同級生の男子・菊地が強引に参加することになり・・・。


キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

南沙良さん



主人公の大島志乃の役です。

以下は公式サイトのコメントです。

小学生の頃から押見先生の作品が大好きだったので、お話を頂いた日は嬉しさのあまり興奮してなかなか寝付けない反面、作品の世界観を崩してしまわないかと少し不安な気持ちになりました。

ですが、こんなに早く主演をやらせていただけるとは思っていなかったので、とても嬉しかったです。

他の人と違う部分やコンプレックス、劣等感、自分の嫌いなところなど、誰もが持っているような〈悩み〉や〈苦しみ〉。

志乃と加代、菊地それぞれが、その悩みを乗り越えようとする様子を見た時に感じられるものが必ずあると思うので、是非たくさんの方に観ていただきたいです。



蒔田彩珠さん



主人公の友人の岡崎加代の役です。

以下は公式サイトのコメントです。

志乃、加代、そして菊地。それぞれが自分の居場所を探しています。

上手に感情を表に出せない志乃と、上手に人と接することができない加代。

私は普段そんなに感情を表に出さないので、加代が感情的になるシーンは自分の奥底にあるものを表現するようで難しかったです。

撮影が進んでいくにつれて、加代の気持ちが変化していくのと同じように、二人の距離感も、自分の気持ちも、どんどん変わっていきました。

作品を通して、リアルな気持ちの揺れ動きが観てくださる方に伝わればいいなと思っています。



萩原利久さん


主人公をからかう男子生徒の菊地強の役です。

以下は公式サイトのコメントです。

思春期、誰もが通ってきた時間の中で、志乃、加代、菊地、それぞれが人との壁にあたり、もがきます。

人に興味があるからこそ、人と触れ合いたいからこそ、悩み、空回りしていく姿を演じるのは難しかったです。

これから高校生になる方、いま高校生の方、そして高校を卒業してその時間を経験した方、そんな全ての人たちに立ち止まりながらも一瞬、一瞬の選択をして前に進んでいこうとする3人を観てもらいたいです。

そして何かに悩んだ時、ふとした時にこの3人を思い出してもらえたら嬉しいです。




原作の「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」とは?


出版社:太田出版
発売日:2013/11/19
作者 :押見修造

“普通になれなくて ごめんなさい”

ヒリヒリ青春漫画のマエストロが贈る、もどかしくて、でもそれだけじゃない、疾走焦燥ガールズ・ストーリー。

“自分の名前が言えない”大島志乃。

そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。

ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。

いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。

さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?



⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です



ネタバレ


漫画のストーリーを紹介します。

【起】


志乃は自宅で自己紹介の練習をしている。


“だいじょうぶ…”
と何度も自身に言い聞かせていた。


高校の入学式が終わり、教室に移動する。


志乃は誰からも話しかけられないように、一人で教室の後ろで立っていた。


担任が軽い自己紹介をして、生徒の自己紹介となる。


志乃は緊張して冷や汗をかいていた。


緊張しすぎて過呼吸気味になり、おなかも痛くなっていた。


志乃の番になり、その場で立ち上がる。


志乃が何も言わないので、担任は自己紹介をするように促す。


志乃は
“すいません、あの…”
とはいえるが、自分の名前はなかなか口から出てこない。


担任も生徒たちも不審に思っていた。


志乃は名字の
“お”
から先が出てこずに、涙ぐみながら
“お”
と連呼する。


生徒たちは失笑するので、志乃はすかさず
“すいません!志乃・大島です”
というと
“なんで逆?”
とさらに受ける。


志乃は赤面しながら
“名前からなら発音できるんです、わざとじゃなくて…”
というが、生徒たちは笑っており聞いていない様子だった。


⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です


【承】


授業の時も志乃は上手く発言できなかった。


しかし、
“すいません”
はスムーズに出てくる。


担任は吃音に対する知識がない様子で、志乃が緊張しているのだと思っていた。


担任は
“名前くらい言えるようになろう”
と無神経はエールを送ると、志乃は諦めた表情で
“はい”
とこたえる。





志乃が自転車で帰ろうとすると、クラスメイトの菊池は志乃の自己紹介をネタにして別のクラスの友人に話していた。


志乃は自転車を乗ろうとすると、他の自転車を倒してしまう。


倒れた先には女子生徒がいた。


志乃は自転車を倒したことを謝る。


“すみません”
は問題なく言えた。


教師の言葉を思い出し、自分の名前を言おうとするが大島の
“お”
が言えずにどもってしまう。


女性生徒は舌打ちをして帰っていく。


志乃は一人になり
“おおしま…だよ…”
と呟く。


⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です


【転】


志乃はお昼ご飯は人気のない校舎裏で一人で食べていた。


昨日の女子がいて、一人で音楽を聴いていた。


女子は音楽に合わせて鼻歌を歌っていた。


志乃は弁当を落としてしまい、その拍子に二人は顔を見合わせる。


志乃は昨日の自転車の件を謝ろうとするが、上手く言葉が出てこない。


女子は加代というクラスメイトで
“それ病気なの?”
と聞くと、加代は
“わかんない”
とこたえることができる。


加代は
“喋れないなら紙に書けばいい”
といって、メモ帳とペンを渡す。


加代は
“何か面白いことを描いたらそれあげる”
と無茶ぶりするので、志乃はとっさに
“おちんちん”
と書いて見せる。


加代は失笑する。





志乃は積極的に加代に話しかけるようになる。


“加代ちゃん”
とスムーズに呼ぶことはできた。


二人での帰り道、志乃は何かを言いかけるが言葉が出てこない。


加代は
“喋れなかったら書けっていってるでしょ”
というので、志乃は
“かよちゃんちあそび行っていい?”
と照れ臭そうに書いて見せる。


志乃は加代の家に行くと、ドーナツをおやつでもらう。


志乃は
“ありがとう”
と言いかけるが途中で
“サンキューです”
と言い換える。


加代はそれに気づいて指摘すると、志乃はメモ帳に書いて説明する。


志乃は特に
“母音”
から始まる言葉が言えないのだという。


自分の名字が
“大島”
なため、自己紹介で自分の名前をいえなかったのだと打ち明ける。


言葉は
“サ行”
に言い換えるクセがついていた。


加代は志乃を自室に案内する。


ギターがあったため、志乃が指摘すると加代は照れ臭そうに多少は弾けるという。


志乃はリクエストする。


加代は嫌がるが、志乃が聞きたがるので仕方なく弾き語りをする。


加代は
“絶対笑わないでよ”
といって始める。


しかし、加代があまりにも音痴のため志乃は笑ってしまう。


加代は
“帰って”
という。


志乃はすぐに謝ろうとメモを書くが、加代は叩き落として
“早く帰れよ”
と激怒する。





加代は学校で志乃と顔を合わせても無視していた。


志乃は何とかして謝りたかった。


志乃はまっすぐ家に帰りたくないため、本やに寄り道する。


本屋にや加代がいて、中学時代の同級生に話しかけられていた。


同級生たちはカラオケに誘うが、加代は恥ずかしそうに断ろうとする。


同級生は
“そっか、加代すごい音痴だったっけ”
と嘲る。


加代は赤面して黙り込んでいた。


志乃は加代たちに近寄り
“あ…かよちゃんわ…わたしと…やくそく…が…あるです”
という。


同級生たちは志乃を気味悪がって去っていく。


同級生たちが去った後、志乃は加代に
“ごめん…加代ちゃんの歌笑って本当ごめん。加代ちゃんは私がしゃべれないの笑わないでいてくれたのに。私最低だ。喋れてもしゃべれなくても最低の人間だ”
と泣きながら謝る。


加代は流ちょうに喋る志乃の言葉を最後まで聞いていた。


加代は
“あっそう”
とそっけなく返事をして
“歌は歌えるの?”
と聞く。


加代は
“そういえば、歌うときはつっかえない”
というので、加代は
“私がギターを弾くから志乃が歌を歌う”
という。






夏休みに入り、志乃は加代の部屋に通うようになる。


加代がギターを弾いて志乃が歌っていた。


志乃は加代となら普通に喋れるようになってきていた。


加代は文化祭に二人で出るのを提案するが、志乃は
“ムリだよ”
と慌てて断る。


加代は説得するが、志乃は何かと理由をつけていた。


加代は
“じゃあ練習しよう”
といって、志乃を外に連れていき駅で路上ライブするという。


志乃は怖気づいていたが、加代は強引に本を開きギターを引き出す。


誘った加代も人前でギターを弾くのは初めてで、緊張しきっていた。


加代がギターを引き出すと、志乃はちゃんと歌うことができた。


加代は驚くが嬉しそうだった。


志乃と加代は順調に演奏していたが、菊地が偶然やってきて
“何やってんの?”
と話しかける。


志乃は菊地が自分のマネをしていたことを思い出し、その場から走り去る。


加代は志乃を追いかける。


加代は
“志乃のうた良かった”
というと、志乃もその気になりかけていた。


しかし、菊池が
“昨日すごかったな”
と話しかけてくると、志乃は不安そうな表情をする。


加代は菊池とあの後にCDの交換の約束をしていたようで、仲良さそうに話していた。


志乃は菊池と上手くしゃべれなかった。





放課後、加代は志乃を文化祭に誘っていると、菊池が
“おれも混ぜて”
と頼み込んでくる。


加代は菊池に気があるらしく、それを察した志乃は仕方なくうなずく。





教室では菊池と加代は文化祭に向けて打ち合わせをしていた。


志乃はその会話に入っていかなかった。


放課後に志乃が加代の部屋に行っても、加代は菊池の話ばかりしていた。


菊池がタンバリンをもってやってきて練習を始めようとする。


加代がギターを弾いて前奏を始めて、菊池がタンバリンを叩く。


志乃は歌うことができなかった。


志乃は泣きながら帰っていく。


加代は志乃を追いかけて捕まえて
“言ってよ?言わなきゃわかんないでしょ”
というと、志乃は地面に字を書き始める。


志乃は
“もうやめる。ずっとひとりならよかった。かよちゃんとともだちになんかならなきゃよかった”
と書いて行ってしまう。


加代はその場に呆然と膝をついていた。


空気が読めない菊池も、不穏な雰囲気を感じ取っていた。


⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です


【結末】


夏休みに、志乃は加代の部屋に通わなくなったため家でゴロゴロしていた。


母は心配して催眠療法を勧める。


志乃はいたたまれなくなり自転車で外出する。


菊池とすれ違うので、菊池は去ろうとする加代を呼び止める。


菊池はフードコートに志乃を連れていき、3段重ねのアイスを加代に奢る。


菊池は何とかして加代と志乃の関係を取り繕いたい様子だった。


志乃はアイスに手を付けず、アイスはどんどん溶けていく。


志乃の様子に気づかづに、菊池は一人で喋っていた。


菊池は
“岡崎(加代)は大島(志乃)に詞を書いて欲しい…オリジナルの曲を文化祭でやりたい”
と加代の思いを告げる。


また、菊池は加代のマネをしたことを謝罪する。


そして菊池は
“本当は大島と話がしたかったからなんだ”
と打ち明ける。


菊池は意を決して告白しようとするが、加代は
“どうして、わたわたわた…んで”
とブツブツ呟いて、溶け切ったアイスが手から零れ落ちる。


菊池は
“大島?”
というが、志乃は
“うるさい”
と言って去っていく。


菊池は真っ青な表情でその場で凍り付く。





文化祭当日
志乃が廊下を歩いていると、菊池と加代とすれ違う。


加代はとっさに目を逸らす。


加代と菊池は気まずそうだった。


志乃は体育館の裏で一人でいたが、加代たちの演奏を聞きに行ってみる。


すると、加代が一人で出てきて、観客はサワつきだす。


加代は
“二人でやる予定だったけど一人でやることになりました”

“一人で曲を作り詞を書きました、下手ですけど聞いてください”
と弾き語りを始める。


観客たちは加代が下手過ぎて失笑する。


志乃は黙って聞いていた。


加代の歌詞は志乃に向けたものだった。


演奏が終わると、菊池だけが拍手を送っていた。


観客たちは志乃の不穏な動きに気づいてザワ突き出す。


※志乃のセリフは本編でお楽しみ下さい!


観客は意味が分からず狼狽していた。





数年後
加代には娘ができていた。


加代が電話で自分の名前が言えずにいると、娘が
“たけみや・しのです”
と代わりに言ってあげる。


加代は電話を切ると娘に
“ありがとう”
といって抱きしめる。


⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です



感想


竹宮って誰!?


しかも“ありがとう”は言えるのに“たけみや”は言えないってどういうこと???


志乃はもともと
“母音から始まるセリフ”
が言えなかったハズです。


それが
“た行”
も言えなくなっています。


ラストで娘に対して
“ありがとう”
とスムーズに言えたのは、娘相手でリラックスしていたからだと頷けます。


となると志乃のラストでの症状は
・名字はそもそも言えない(母音関係なし)
・リラックスしている相手だと症状は全くでない
という感じのようです。


もしかしたら
“名字は言えない”
と脳に刷り込まれてしまい、母音関係なく名字は言えないのかもしれません。


その辺の細かい設定は、自身が吃音だったという作者の押見修造先生に聞いてみたいです。





3人の主要登場人物の微妙な関係がとてもよかったです。


菊池は空気が読めずに、加代と志乃の仲を引き裂いています。


菊池は意を決して志乃に告白しようとしますが、志乃の
“そんなことで私たちの仲を引き裂いたの!?”
という怒りがビンビンに感じられました。


志乃が菊池からもらったアイスに全く手を付けていなかったことからも怒りを感じ取れました。


場の気まずさが読者にもヒシヒシと伝わってくる素晴らしい修羅場のシーンでした…


ラストで志乃は“竹宮”という人と結婚したようですが、菊池じゃなくてよかったです。


もしも菊池だったら、この漫画は安井ラブコメとして扱われていたと思います。


“覆水盆に返らず”
という言葉がある通り、志乃は菊池が
・自分のマネをしたこと
・加代との仲を一度引き裂いたこと
を許せなかったのだと思います。


“仲直りしたようでも、やはり許せないところはある”
という人間関係は、非常にリアルでした。


背中が痒くなり、自分の黒歴史を眺めているような気分にさせてくれる良作でした!


⇒無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むならコチラ♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」で検索です



志乃ちゃんは自分の名前が言えない のネタバレ

※公開後追記予定

志乃ちゃんは自分の名前が言えない の感想

※公開後追記予定



無料で原作の漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読む方法

 
無料で「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読む裏ワザ!
 

「試し読みじゃ物足りない…」
「コミックサイトは月額料金が…」
「ブックオフに置いてない…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら無料で「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読むことができます。


FODとはフジテレビの動画配信サービスですが、漫画も沢山扱っています。


FODプレミアムなら1カ月で最大1300ポイント貰えて、ポイントを使用して「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を実質無料で読むことができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!