コンフィデンスマンJP 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

コンフィデンスマンJP 2話のあらすじ

信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人は、ロシアンマフィアを騙そうとして失敗。

彼らに追われた3人は、命からがら何とか逃げ切る。

この一件で危険な目に遭ったボクちゃんは、ダー子たちとは縁を切ると宣言。

真っ当な人間になるために職探しを始めたボクちゃんは、やがてひなびた温泉町にある老舗旅館『すずや』にたどり着き、住み込みで働く機会を得る。

ところがそのすずやは、2年前、隣町に桜田しず子社長(吉瀬美智子)が率いる大手ホテルチェーン・桜田リゾートが出来てから経営不振が続いていた。

追い詰められたすずやの女将・操(本仮屋ユイカ)は、旅館を桜田リゾートに売却することを決意する。

桜田しず子は、短大卒業後、『桜田ホテル』の跡取りと結婚して若女将となった。

潰れかけていたホテルを再生させた彼女は、ホテルをチェーン展開し、それ以降、経営難の旅館やリゾート施設を買い取っては見事に蘇らせ、業界の救世主とも呼ばれていた。

だがその裏では、収賄や談合、地上げと手段を選ばないやり口で、日本の観光を牛耳ろうとしていた。

すずやも5年ほど前に桜田リゾートから買い取り話を持ち掛けられていたが、それを断った途端、口コミサイトには悪意ある書き込みが溢れたという。

すずやが経営難に陥ったのもそれがきっかけだった。

しかもしず子たちは、すずやの資産価値を0円と査定し、約束していた従業員の再雇用も反故にしようとしていた。

そのやり方に怒ったボクちゃんは、すずやを救うためにダー子たちに協力を依頼し、しず子から金をせしめようと決意する。

そのころしず子は、カジノを中心にした国の統合型リゾート開発を狙い、政界に食い込もうと躍起になっていた。

それを知ったダー子は、猛勉強の末桜田リゾートのインターンになり、しず子に接触するが……。



⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 2話のネタバレ


ダー子は、白い部屋で1人で本を読み
「欲望は、無限だ。トーマス・セドラチェク」
という。





ダー子は、ウラジミールというロシア人を東京のガイドブックに載っていないレストランに案内する。


ダー子はウラジミールに
「本物の名店に、大きな看板は必要ありません」
といって寿司屋に連れて行く。


寿司屋ではリチャードが大将をして、ボクちゃんも弟子として働いている。


ダー子はウラジミールに
「これが、本物の寿司です」
といって寿司を食べながら説明する。


板前のリチャードは、華麗に寿司を出していく。


ボクちゃんは、偽の覆面調査員をわざと帰らせてこの店は名店だというアピールをする。


ロシア人は
「3つ星を断っているんですか?」
と聞くとリチャードは
「寿司職人が欲しいのは、お客さんの笑顔だけですから」
という。





ウラジミールは、興奮しながらロシア語で何かを話している。


通訳では、ウラジミールはこの店をモスクワで出店したいという。


板前であるリチャードは
「せっかくですが…」
と最初は断る。


ウラジミールは、鞄の中にある2億円を見せる。


ボクちゃんは、この店は自分が引き継ぐから親方であるリチャードがモスクワに出店するようにいう。


親方であるリチャードがやると言ったその時、おじさんが入ってきて
「あんた方、ここでなにしてんの?立ち入り禁止だよ。このビル明日取り壊しになるんだから」
といい、ウラジミール達に全ての嘘がばれてしまう。


ダー子とリチャードが先に逃げ、後からボクちゃんが逃げてウラジミール達は追う。


つまり、ダー子達の作戦は失敗した。


ダー子達は上手く隠れていて、ダー子は
「目に見えるものが真実とは限らない。コンフィデンスマンの世界へようこそ!」
といって笑う。





ホテルの部屋でダー子達はチーズ・フォンデュを食べているが、ボクちゃんは食べない。


ボクちゃんは怒って
「乾杯じゃなくて反省する場面だろ。ロシアのマフィアに殺されるところだったんだぞ!」
というがダー子やリチャードはあっけらかんとしている。


ボクちゃんは
「君たちは僕を置いてさっさと逃げたよね」
というとダー子は
「敵を引きつけてくれているのかなっと思って」
というとリチャードは
「ボクちゃん。ああいう時は、とにかく自分が助かることを考えるべきだ。仲間の事は忘れろ」
というとダー子はボクちゃんに
「失敗した時に大事なことは?」
と聞くとボクちゃんは
「助け合わないこと」
というとダー子は
「そう。私たちは家族でも友達でもないんだから」
という。


リチャードが引退をする気がないとわかりボクちゃんは
「金輪際、君たちとは縁を切る。今度こそ終わりだ!」
といって去ろうとするとダー子は
「待って。寂しいよ」
というとボクちゃんは
「家族でも友達でもないんだろ?」
というとダー子は
「でも恋人同士じゃん」
というとボクちゃんは
「一番違う!」
といって部屋を去る。





ダー子は、リチャードにどれくらいでボクちゃんが帰ってくるか賭けないかと持ちかける。


ダー子は2ヶ月、リチャードは半年と賭けたがダー子が勝つ。


ボクちゃんはこの2ヶ月間で、真人間になろうと1枚の求人広告を見て温泉で住み込みの仕事をしていたという。


小さな老舗旅館は「すずや」という旅館で、ボクちゃんはすっかり癒やされずっとここにいたいと思ったという。


でもすずやの女将は桜田リゾートに売却しようと従業員に伝え、突然慎ましくも穏やかな日々は終わろうとしていたという。





桜田リゾートはすずやに5年前にも買収話を持ちかけたが、女将が断るとその後ネットですずやの悪評を書かれるようになる。


桜田リゾートの策略ですずやは経営難に陥り、女将はすずやを売却しようと決意をする。


桜田リゾートのすずやの評定額は、ゼロ円だという。


更に桜田しず子は女将にすずやを
「典型的な…ゴミ旅館」
という。


女将が「すずや」という看板だけは守ってくれるという約束だっというと、しず子は考えるといっただけで考えて…名前を変えようかという。


女将が従業員のことを心配するとしず子は
「スキルがうちの水準に達していればの話です。ま、ざっと見た限り絶望的だけど…」
という。


女将はショックで部屋を出ると、従業員のタミちゃんは女将さんの元でずっと働きたいと泣く。





女将は廊下のベンチに座っていて、ボクちゃんが来ると女将は
「夫が生きていたらこんなことにはならなかったのかなって思ったら…悔しいやら、申し訳ないやら」
というとボクちゃんは
「いくらあれば売らずに済むんですか?僕に操さんの力にならせてください」
という。





ホテルの部屋で、ボクちゃんはダー子達に
「1億5千万、桜田しず子から取りたい」
というとダー子が
「はーい。桜田しず子さん、1本釣り!」
というとリチャードに子猫ちゃんたち(バイト)に情報収集して貰うようにいう。





桜田しず子は短大卒業後「桜田ホテル」に嫁ぐと、見事にホテルを再生させてチェーン展開する。


桜田リゾートの社長になったしず子は、旅館を買い取っては蘇らせ業界の救世主と呼ばれている。


彼女の目標は、この国の観光を牛耳ることで実際にそうなる勢いである。


裏の顔では政界とも繋がっていて、更に賄賂や談合・地上げと手段を選ばず彼女に業界を追われた人は数知れない。


彼女の旦那とは関係は冷え切っていて、旦那は毎日スナック通いをしている。


しず子は欲しいものは、何でも手に入れようとする。


ある日もしず子は服屋で1着しか残っていなかった服を他の客が持っていたのに、店員に圧力をかけて自分のものにしてしまう。





ホテルの部屋では、ダー子たちがしず子に関する情報交換…更にしず子をどう釣り上げようかと話し合っている。


ダー子は、第二のマカオといわれる国営のカジノ付き統合型リゾート開発に目をつけている。


桜田リゾートにとって統合型リゾート開発の国内の最強のライバルは、歴史あるホテル「大山ホテル」であるという。


しず子はライバルに勝つために国土交通省の大臣に取り入っていたが、大臣は女性問題で失脚してしまう。


新しく大臣になった若手のホープ水内は、堅い人物でしず子が付けいる隙がない。





しず子は諦めず、統合型リゾートを作る場所を知りたがっている。


ダー子は沢山の本を読んで、桜田しず子の側近になるというとボクちゃんは
「側近なんてそんな簡単になれんの?」
というとダー子は
「私を誰だと思ってんの?ダー子さんよ!」
といい猛勉強をし始めるダー子を見て、ボクちゃんは
「そんだけ努力できるならどんな仕事しても…まあいいや」
という。





しず子の部下によると、今年のインターンは1人だけ優秀な人材がいるが典型的なガリ勉タイプだという。


しず子はそのインターンと面接をするが、そのインターンはダー子で地味な変装をしている。


しず子はダー子の志望動機を聞くと
「レポート同様、優秀すぎてつまんない」
というとダー子は
「では本心を申し上げます。私が御社を志望する理由は、簡単です。更なる成功が目に見えてるからです。
新しい感覚を持っているのは、桜田社長だけ。まさに一人勝ち。私も一緒に頂上を目指したいと考えました」
というと、しず子はダー子の履歴書に目を通すと職歴に注目しながら
「あなたみたいなタイプ、すっごく嫌い」
といって部屋を去る。





ダー子は仲居の研修をしていて、疲れてホテルで横になっている。


ボクちゃんはダー子に
「そのまま定年を迎えないことを祈るよ」
というとダー子は
「ご心配なく。もうすぐしずちゃんからお呼びがかかるから。ボクちゃんこそエサの用意は出来てるの?」
というとボクちゃんは
「エサ、大きすぎないか?」
というとダー子は
「大きいのは…いいことよ」
という。





ボクちゃんは真鶴の無人島で釣りをしながら、携帯に写っている操を見ている。


ボクちゃんは、島の唯一の旅館「八五郎の宿」に行って食事をしようと若いオーナーと話している。


オーナーはオフシーズンはほとんど人が来ないので経営は大変だけど、じいちゃんの遺言だから仕方がないという。


オーナーはじいちゃんとこの旅館を続ける約束で、この島を譲って貰ったという。





しず子は「水内 大臣 情報」というネット検索をしている。


部下が会食の約束をドタキャンした会社があるというと、しず子がどこの会社なのか聞くと部下は
「真鶴建業です」
というとしず子は
「もう使うのよしなさい」
という。


しず子が検索していると、水内大臣の地元である真鶴にカジノを作るという情報を得る。





しず子は、バーで部下の調査員に真鶴について調べさせていて部下の話を聞いている。


真鶴のゼネコン業者は、連日何者かが接待をして会合を開き盛り上がっているという。





リチャードは、ホテルの部屋で横になり
「連日の接待きつい。建設業者酒が強え~」
という。


ボクちゃんはパソコンを見ながら
「この書き込み、もう読んだかな?早く消さないと大臣に悪いよ」
というと携帯が鳴り、ダー子が
「消していいわよ」
という。





ダー子はしず子にバーに呼ばれて、しず子は
「私の側近になる?仕事が出来ることを証明してくれたらね」
という。


ダー子を中途採用した理由は、真鶴の松山建設の娘だからだという。


ダー子はしず子の部下に付けられていることを知り、わざと
「ただいま~麦茶ちょうだい」
といって松山建設に入っていく。


ダー子にパイプ役になれというしず子は
「建設予定地だけでも聞き出しなさいよ。使えるものは、なんでも使うのよ。女の武器でもね。男を知らないわけでもないでしょ。ったく」
というとダー子は息苦しそうにする。





しず子とダー子は、ホテルで待ち伏せをしている。


水内大臣の秘書のふりをするリチャードをダー子は
「彼です。水内の懐刀はあの私設秘書…」
という。


秘書役であるリチャードと側近役のダー子は、ホテルでお茶をする。


ダー子は統合型リゾート開発の場所を秘書役のリチャードから聞き出そうとすると、しず子はリチャードにお金を渡す。


リチャードは水内大臣は潔癖だから受け取れないというと、しず子が昔の話を持ち出す。


ダー子は、秘書であるリチャードに選挙カーの中でセクハラを受けたことがトラウマだといいながら演技で泣き出す。


しず子はリチャードに脅しをかけると、リチャードは建設予定地を
「真鶴だ!」
という。


リチャードは金を受け取ってから立ち去り
「酷いアドリブだな…」
という。


しず子はダー子に
「よくやったわ」
と褒めるとダー子は
「では早速、地元の有力者達を根こそぎ買収していきますか?」
というとしず子は
「そうね~」
という。





しず子はオフィスに戻って、ネットで真鶴に個人所有の無人島「八五郎島」があることを確認する。





しず子とダー子と部下は船で八五郎島に行って、しず子はこの島を買い取ろうとする。


しず子の部下は島の評価額は2・5億だというが、しず子は2億で買い上げるという。





しず子は民宿をしている島の若者であるオーナー・ボクちゃんに島を2億で買い取るというと、ボクちゃんは困っている。


しず子がボクちゃんの洗い物を手伝っていると、しず子の手際の良さにボクちゃんは
「上手いっすね」
というとしず子は
「そりゃそうよ。所詮旅館の女将なんだから。ここまで来るのに苦労したわ」
という。


しず子は、買収の話を前向きに考えておいてとボクちゃんにいう。


しず子は、ダー子が用意していた「大山ホテル」の名刺を民宿で見つける。





会社に戻り大山ホテルが既に来ていることをダー子たち部下に話すと、しず子は
「実弾用意して。5箱よ」
といい部下が動揺すると、しず子は
「何度も言わせるな。カジノ・リゾートが手に入るなら安いもんよ。相手は所詮ガキ。その場で覚え書きにサインさせる」
という。





ホテルではダー子が
「はい!食いつきました~」
というとリチャードが
「収穫5億か~流石ダー子さんだ」
というとダー子がボクちゃんに
「あとは上手に釣り上げて頂戴ね。タケオ君」
という。


ボクちゃんはしず子のことが気になり、しず子に関する情報のメモ1枚を持ち帰る。





ボクちゃんは、雨の中歩きながら
「外資の開発の波から日本旅館を守らないと。それが出来るのは私だけだと思ってる。誰よりもその宿を魅力的に出来ると信じている」
としず子の言ったことを思い出している。





計画の当日しず子は、部下を島を連れて5億用意して島のオーナーであるボクちゃんにサインを要求する。


ボクちゃんはしず子に
「そんなに統合型リゾートがやりたいんですか?あの時の気持ち…忘れたんですか?」
といい、しず子が育った瀬戸内・民宿「道草荘」の写真を見せる。


しず子がボクちゃんに
「あなた何者?」
と聞くと、ボクちゃんはしず子に
「自分が何者だったのか思い出すべきはあなたです。あなたは本当の自分をどこかで見失ってしまったんじゃありませんか?
欲望が欲望を呼び本当は何がしたかったのか…忘れてしまったんじゃありませんか?思い出してください。
あなたが本当に欲しかったものは…たった一軒の小さな…」
とその時、部下の五十嵐が来ているという。


しず子はボクちゃんが本当のオーナーかどうか疑っていて、部下の五十嵐は本物の島のオーナーを連れてきているという。


しず子は本物のオーナーとおじいちゃんとの写真を見せて、どういうことかとダー子に聞くと
「それは…それは、この男は偽物。詐欺師だったということです。まんまと5億も騙し取られるところでした」
という。


五十嵐は、綺麗さっぱりボクちゃんを処理するという。


ボクちゃんは叫びながら
「ごめんなさい。ごめんなさい」
といって逃げていく。





本物に見える若者のオーナーはサインをして、しず子に
「本当に5億も貰っちゃっていいんですか?」
という。


ボクちゃんが五十嵐に縄で縛られているところを、ダー子は見かけるが見捨てて帰ってしまう。


ボクちゃんは五十嵐に拳銃を向けられていて
「バーン!」
という音が島に響いている。





しず子が会社に行くと、社内がシーンとしていてテレビでは水内大臣が
「(統合型リゾートの)建設予定地は沖縄県に決定致しました」
と発表すると、しず子は唖然とする。


部下は、リチャードが演じていた鶴田という水内大臣のスタッフはいないという。


しず子は慌てて
「松山は?松山は?松山は来てないのか?」
と叫ぶ。


しず子は急いで舞鶴の島の民宿に行くと、見たことのない「コマツタケオ」という若者のオーナーがいる。


彼は正真正銘の島のオーナーで、ボクちゃんとその後に五十嵐が連れてきたオーナーも偽物だった。





ホテルでは、ダー子が仕込んだ若者オーナー役の若者・五十嵐と一緒に祝っている。


ボクちゃんは五十嵐に
「何者だって聞いてるの?」
というと五十嵐は
「同業者だよ」
という。


ダー子は、五十嵐たちは保険だと説明する。


ダー子はボクちゃんに
「自分で持ち込んだお魚なのに、結局相手に同情しちゃう…そのぬるい性格のせいで台無しにされたらたまんないもん!」
という。


ボクちゃんはダー子に
「ってことは…僕が話を持ってくる前に、もうこの二人を仕込んでたってことになる。だったら始めから僕は必要なかったんじゃないか」
というとダー子は
「そんなことは…ホントだ!」
というと一同は笑う。


ボクちゃんは、更にダー子が求人票を貼り温泉旅館「すずや」で働くことも仕掛けたと疑う。


ダー子はボクちゃんに
「でも恋人同士じゃ…」
というとボクちゃんは
「一番違う!」
という。


女将は、正真正銘のエロ女将で本物だという。


リチャードがボクちゃんに
「とにかくボクちゃん。操さんに1・5億持っていってあげるといい。私はね…ボクちゃんが足を洗いたいなら、そうすればいいと思ってる。
旅館も主人もボクちゃんにはお似合いだと思うよ」
といい1・5億円の入ったバッグを持たせて、ボクちゃんは
「ああ、そうするよ。今度こそ終わりだ。金輪際、君たちに会うことはない」
といって出て行く。





ボクちゃんは1・5億円の入った鞄を持って、旅館すずやの女将の操に会いに行く。


女将の操は、料理長と二人で乗り越えようと抱き合っている。


その様子を見たボクちゃんは、1・5億円の入った鞄を玄関に置いて
「お幸せに」
といって去る。





1年後、ダー子・リチャード・ボクちゃんは改装されたすずやに泊まりに行く。


昔一緒に働いた仲間で、今は桜田リゾート「鈴の音」の若女将であるタミちゃんを見つけて声を掛ける。


でもタミちゃんは、ボクちゃんを覚えていない。


ボクちゃんは、温泉の部屋でリチャードと話している。


ボクちゃんは操さんとその後会って、あの1・5億で都内にマイホーム建てて料理長と再婚して割烹料理店を持たせたという。 。


ボクちゃんが操さんは、
「主婦になれて良かったって…接客は苦手だったって…田舎は嫌いだったって…重圧からやっと解放されたって…ハワイに2回行ったって。
どう思う?」
と不満そうにいう。


リチャードによると、桜田しず子は引き留められたが会社を辞めたという。


今は噂によると、海辺の街で旦那さんと二人で外人相手の宿を始めたという。


しず子は掃除をしながら
「ここからよ。見てなさい」
という。





ダー子は部屋の温泉に入っていて
「ボクちゃん、リチャード一緒に入ろうよ。桜田リゾート最高だわ。世界中に出来ればいいのに」
という。


ボクちゃんは
「断る」
リチャードは
「遠慮しておくよ」
という。


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



コンフィデンスマンJP 2話の感想


今回も誰が欺しているのか、最後までわからない仕掛けになっていました。


五十嵐や若いオーナーもダー子の仕掛けだったとは、思いもしませんでした。


話が2転3転するので、ボーッと見ているとどういうこと?となるドラマです。





ボクちゃんのキャラクターが目立っていました。


完全にダー子になめられていて…ちょっと可愛そうで、そして可愛いですね。


東出さんに、とても合っている役だと思います。


欺しているはずなのに、仲間であるボクちゃんも欺されているなんて切ない設定ですね。


しかも、最後に女将さんと上手くいけばこの世界とも本当に離れられるのに…。


それも叶わなかったボクちゃんがとても可愛いです。


加えて女将である操さんは、あの1・5億円で旅館再建ではなく都内にマイホームに割烹料理店を開くというオチもついています。


操さんが、田舎も接客も本当は嫌だったというのは吹き出してしまいました。





それにしても、これだけ一緒にいるのに家族でも友達でもないというのは詐欺師同士はどんな関係なんだろうって思います。


信用詐欺師というのは、それだけシビアな職業なんだと思いますが逃げるときには仲間を助けないんですね。


でも3人の絆は良い感じで結ばれている気もしますが…ボクちゃんはそうは思っていないようですね。





初回はセットも舞台も大がかりで豪華でしたが、話のスケール大きかったので2話くらいの詐欺の話の方がすんなり入り込めました。


桜田リゾート開発の社長は本当は根は純情で、目標も高くて素敵ですね。


最後の旦那さんと二人でやり直すというエンディングは、とても真っ当な感じです。


しず子の本性を見抜いたボクちゃんは途中までは、かっこよかったです!


でもそこから2転して、しず子よりボクちゃん方が欺されたイメージが強かったです。


先週もでしたが、欺されるべき悪党役の人は子供の時にトラウマを抱えていますね。


ダー子達に欺されたことが起点になって、更生していくといいですね。


ダー子達の本当の狙いは、目的を忘れてしまった成功者たちを真っ当な生き方に戻すことではないかとも思います。


それこそ、信用詐欺師の仕事ではないでしょうか。





ダー子は、本当に頭がいい。天才詐欺師です!


前回のダー子は着物やキャビン・アテンダントでしたが、今回のダー子の衣装は地味目でしたね。


地味目でも可愛いところは、毎回ながら流石です。


リチャード役の秘書にアドリブでセクハラをされたという話まで話が飛んだところは、笑ってしまいました。


リチャードも困ったでしょうね。


ノリもテンポも良く月曜日の夜にピッタリのドラマなので、来週も楽しみです!


⇒無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で2話の動画を観る方法

無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「コンフィデンスマンJP」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「コンフィデンスマンJP」の動画を観るならこちら♪