西郷どん 14話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 14話のあらすじ

慶喜の本気

アメリカ総領事ハリスが将軍家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。

江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)は橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。

大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)は大激怒。

吉之助と左内は八方塞がりとなる。

さらに井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた。




⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 14話のネタバレ


老中阿部正弘が急死し、慶喜を次の将軍にする計画が難しくなってきた斉彬は、吉之助に江戸に向かうよう命じる。


正助と共に熊本を訪問し、単身江戸に向かう吉之助。
正助は吉之助に、
“熊本のご助役や先生に紹介してもろうて、ほんのこてよか勉強になりもうした”
と改めてお礼を言う。
“正助どんが、わっつう勉強しとったでひったまがったど”
と吉之助は激励する。


江戸と薩摩に離れて、一時は意見がすれ違った正助と吉之助だったが、
“初めて薩摩を出て、自分がどんな小さい考えの中で生きとったと痛いほどわかりもした”
と正助は吉之助の意図を理解し、
“おいのお殿様はいかにすごかお人か他藩の人に教えられてやっとわかった気がしもす”
“お殿様の目指す国を造るため、互いにきばって働きもうそ!”
お互い薩摩と江戸に離れても、同じところを目指して頑張ることを固く誓いあう正助と吉之助。





安政4年10月21日江戸城。
アメリカ総領事のハリスが日米通商条約締結の足掛かりの為、家定に謁見する。

家定は落ち着かない様子ではあったが、
“遠方よりの書簡をうれしく思う。幾久しく友好を保ちたいと大統領に伸べるべし”
としっかりと言うことは出来た。だが、オウムのように何度も繰り返す。
その場にいた慶喜と井伊直弼は冷や汗をかく。





大奥に渡り、家定は嬉しそうに篤姫に口上をうまく言えたことを報告する。篤姫もうれしそうな家定に喜ぶ。
“御台が笑うと余もうれしく思う。御台とも幾久しく友好を保ちたいものだ”
“上様、有難き幸せにございまする”
輿入れから一年ほどが経ち、篤姫は次第に心を通わせるようになっていた。





吉之助は江戸につくと、斉彬の書状を松平慶永のもとへ届ける。
慶永は吉之助に手紙の内容を伝える。
“江戸でのことはすべて任せる、ついては西郷を存分にお使いなされて結構とある”
吉之助も、
“存分にお使い下さい”
と答えると。
慶永も、
“存分に使う”
と期待する。


しかし阿部正弘が亡くなった今、慶喜を将軍として擁立することへの壁はあまりにも高いと慶永は感じていた。


斉昭はハリスの謁見を拒めず、上様との謁見を許したことに激怒する。阿部正弘の後に老中になった堀田正睦に詰め寄り、
“異国との通商などもってのほかだと何度申せばわかる! そういう弱腰じゃからハリスをつけあがらせるんじゃ!“


“百万両くれれば、わしが浪人町人引き連れてメリケンに乗り込もうぞ”
堀田は無茶を言う斉昭に言い返すことが出来ない。斉昭の幕閣内での評判は悪くなる一方で、ついには、家定を毒殺して息子の一ツ橋を将軍にするつもりだという噂まで流れだしたという。


おそらく噂は、慶福を将軍にしたい井伊直弼が、自分の思い通りにするためにやっていることなのだろうと佐内は推測する。


慶永の
“阿部様がおらぬ今、御台様もさぞご苦労なさっておいでだろう”
という言葉が吉之助の胸に刺さる。


慶永は吉之助に、
“西郷、左内と力を合わせ、一ツ橋様擁立にむけて諸藩の大名を説く方策を考えて欲しい”
と命じる。
さらに、将軍になるのを拒んでいる一ツ橋の説得をも任される左内と吉之助。





品川宿磯田屋で左内と吉之助は、諸藩に一ツ橋がふさわしいと思わせるための作戦を練っていた。その様子をうかがっている慶喜。


左内は、慶喜がいかに英邁で次の公方にふさわしいかを書き記した「一橋公行記」を書きあげた。喜んで盛り上がる左内と吉之助。そこへ慶喜がやってくる。


左内がかき集めて書き上げた書はすべて大嘘で斉昭の作り話だった。慶喜は窓から書を破り捨ててしまう。


将軍になどならないという慶喜に、懇願する吉之助と左内。
“一ツ橋様にはこの国を守っていただかなくてはなりもはん!”
“こんな志もないどうしようもない男が、この国を異国から守れると思うか?”
と吐き捨てる。父親の斉昭と違い、慶喜は異国が脅威であることを理解していのだ。
左内は食い下がる。
“一ツ橋様は異国の脅威を知っておられる。だから逃げておられる”
一ツ橋は左内を睨みつけ、
“ここではヒー様と呼べ、もし一ツ橋と呼ぶなら、今後気安く話しかけることは許さん”
と出て行ってしまった。


バラバラになった書にがっかりする吉之助。
“じゃっとん左内殿苦労が水の泡じゃ”
嘆く吉之助にニヤリと笑い、花瓶の中から写しを出して見せる左内。
“写しはいくらでもありまする。ぬかりはございませぬ”





それからほどなく、薩摩にいる斉彬から幕府に建白書が提出された。そこには国難を乗り切る為に、将軍継嗣問題を直ちに解決すべきだと書いてあった。
高笑いする斉昭。
“さすがは薩摩守、この難局を乗り切るためには慶喜こそが次の公方様にふさわしいと言い切りおったわ”
慶福を将軍にしたい南紀派と、慶喜を将軍にしたい紀州派に別れ、幕府内は対立していた。


雷鳴の響く中、不気味に無言を貫く井伊直弼。





磯田屋で一橋公行記の写しをする吉之助。斉彬が建白書を出したことを知り、思案している吉之助。


左内と別れ、磯田屋を出た吉之助は不吉な空気を察知する。その時、不審な男が吉之助の横を通り過ぎる。吉之助が呼び止め、男が振り返る。それは以前吉之助たちを襲った翁の面の男だった。


面の男を取り押さえる吉之助。
“だいの手先じゃ!”
彦根藩・長野主膳が現れる。
“西郷吉之助、当家の主が貴殿を読んでおる”
“主?”
“井伊掃部頭様じゃ”
その名前に驚く吉之助。





彦根藩邸に連れて行かれた吉之助は、井伊から茶を立ててもらう。警戒する吉之助に井伊は、
“招いた客に毒を盛るなどという無粋な真似はせぬ”
作法を知らず片手で音を立てて飲む吉之助だったが、茶の美味さに驚く。


井伊は吉之助が篤姫の婚礼の道具を揃えたことや、慶喜に将軍になるよう働きかけていることなどをすでに調べあげていた。率直でないやり方に不快感を露にする吉之助。
さらに慶喜のことを、
“逃げてばかりの男に次の公方様が務まるとは到底思えぬがのう”
とお前たちが退けと遠まわしにチラつかせる井伊。


吉之助は屈せず、率直に言い返す。
“じゃっとん別の見方をすれば、一筋縄じゃいかんお人じゃったら、異国が相手でもそう易々といいなりにはならんとじゃごわはんか?”
身分の低いものに意見された井伊は、
“これは恐れ入った。この男、わしに講釈をたれおったぞ”
“さすがは薩摩守さまのお庭方ですな、身の程をわきまえぬ無礼なふるまいまで主君と同じですな”
と嘲る。


斉彬を愚弄されて憤慨する吉之助。
“わが殿はこん国を守るために必死で国を変えようちなさっておらるっとじゃ!”
国のため民のため命を懸けているという志の吉之助は、己のことしか考えられない井伊が歯がゆい。
“変えるじゃと? この国には変えてはいかぬものがある。戦国の世より、二百五十年この国の安泰を守ってきたのは徳川宗家である。今我らが守るものは徳川のお家そのものじゃ”
異国への対応よりも国内を守ることしかわからない井伊に言葉を失う吉之助。


井伊は吉之助の話などはなから聞く気もなく、取引を持ち出した。
“ところで西郷、お前なら薩摩守殿の動向や情報をつぶさに知っておろう”
斉彬を裏切り自分の密偵になれと言う。
“慶福さまが公方様になられたあかつきには、当家の家臣として取り立て、おお、そうじゃ身内の者もみな江戸に呼び寄せればよいではないか”
失笑する吉之助の顔が曇る。
“薩摩まで行ったとか!? 家のものに何をした!?”
“何もしておらん。まだ、何もな……”
家族に脅しをかけられ、中央の政治のやり方を目の当たりにした吉之助。
“これは驚きもした。井伊掃部頭様ともあろうお方が、こげな脅しをされるっとでごわすか。こげな腐った連中に守られっちょ、将軍家もあぶなかでごわんどなあ”
と啖呵を切る。


ただで帰れると思っているのかという家臣を制し、井伊直弼はおごそかな口調で告げる。
“世間の泥水もたっぷりと飲むが良い。ここの茶の美味さが身に染みてわかるであろう”





建白書の写しは大奥にまで出回り波紋を呼んだ。


激高し声を震わせる本寿院。
“一大事じゃ! 一ツ橋慶喜は水戸の隠居の子ではないか”
歌橋も心配をする。
“慶喜様が次の公方様におなりあそばすようなことがあれば、水戸のご隠居様が奥にまで乗り込んでくるやもしれませぬ”
“ならぬ! 水戸は大奥にとって災いにほかならぬ。次の公方様に慶喜をさせてはならぬ”
“もしや、公方様と御台所様の縁組は最初からこのようなたくらみがあったのでは?”
歌橋が気づき、本寿院も合点がいく。
“おのれ~薩摩守~ おのれ~御台所め”
騙されていたことに気付き怒りが収まらない本寿院。





篤姫のところにも建白書の件は届いており、右往左往する幾島と不安を募らせる篤姫。
“もしや私が未だ上様に慶喜様のことを話せておらぬことにしびれを切らされたのではなかろうか”
“もしそうやと致しましても、一言ご相談があってしかるべきです。こんなことされたら御台様の周りは敵ばっかりになってしまいます”
“すでにお怒りになった本寿院さまが上様のお渡りを阻んでおられるとか”
“上様にお会いできんとなったら、もう手も足も出ません”


絶望する幾島と篤姫のところへ、ひょっこりと家定が現れる。
“御台、会いに参った息災か”
家定に直訴する篤姫。
“慶喜様を次の公方様に据えられてはいかがでしょう”
“嫌じゃ、一ツ橋は好かん!聞きとうない”
へそを曲げる家定に、諭す篤姫。
“一ツ橋様はこの国を守って下さいます。この国の民も無事息災”
“息災……姫もずっと息災でいられるということか”
息災という言葉が家定の心を動かす。


家定を迎えに来た本寿院に、
“世の次は一ツ橋じゃ”
と言い切る。
大義を果たした篤姫と幾島は胸をなでおろす。





慶喜将軍継嗣のことがついに動き始めたが、当の本人はどこ吹く風のようだ。


吉之助と左内の説得に耳を貸さず品川宿に入り浸る慶喜。その夜、寝ているところを襲われるが、間一髪逃げ出す。


暗闇の中、刺客から追われる慶喜。慶喜を守るため、吉之助は短剣で刺してしまう。初めて人を殺めた吉之助は、その衝撃と恐ろしさに震えが止まらない。


死体を川に流す左内と慶喜。殺してしまった刺客と自分を重ねて手を合わせる吉之助。
“あん男にも命を懸けた主君がおらるる、帰りを待っとる親兄弟もおっとじゃ。一人の人間の命を、おいは奪ってしまいもした”
激しく自分を責める吉之助を見て慶喜は、天下国家に関わったり、はむかおうとすると多くの血が流れるから嫌だと言う。
“あなたと、あん男の命は同じじゃ。じゃっどん、あなたは国を変え、多くの民を救える。そいでも、まだ逃げるち言わるっとじゃったら、あん男も浮かばれもはん”
その言葉に慶喜は唇を噛み、
“よし行くぞ。ついて来い”
と歩き出した。





慶喜は左内と吉之助を連れ、彦根藩邸に乗り込んだ。
“そっちが資格を差し向けててきたからにはよっぽどの用があると思ってわざわざ来てやった”
井伊は悪びれもせず、紀州を差し出すと交渉しだした。
“お前はいつからそんなに偉くなった? どうしてお前に紀州に行けなどと言われなければならん? つけあがるな! 徳川はお前のものではない! 今の幕府でこのような太平が守られると本気で信じているのか? この大馬鹿者!”
珍しく表情に悔しさを滲ませる井伊。
“わかった! 俺が将軍になろう! ならなきゃしょうがないだろう”
吉之助と左内を連れて慶喜は彦根藩邸を後にする。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 14話の感想


とうとう人を殺めちゃいましたね。その苦悩の末の西郷どんの言葉が響きます


命を懸けてというセリフがギャグみたいに使われていましたが、クライマックスでは命を懸けてというセリフを使わずして体現していましたね。


西郷どんみたいに正しいと思ったことに突っ走る性格の人と、井伊直弼みたいにしれーっとしてて腹のあるタイプって、絶対喧嘩になりますね~。本人目の前にして
“ちょっとお、この人私にこんなこと言うんだけどお”
って聞こえよがしに言うって女子みたいですね!


慶喜のセールスポイントばっかり書いた本でアピールするって作戦を、結構楽しそうに遂行している左内と西郷どんも可愛かったです。


坂本龍馬役が小栗旬に決まりましたね! 中園ミホのサービス精神で、竜馬と慶喜のありえない共演シーンが作られるんじゃないかと期待しています。あんまりやりすぎると、幕末パロディドラマになっちゃいそうですが、幾島とヒー様なら、それぞれスピンオフ作品が作れそうなんでやってくれませんかね?


今回は慶喜が将軍になる方向に急展開しましたが、実際はここから何年かかかるんですよね。斉彬が亡くなってからが西郷どんの苦難の始まりのようです。


翁の面を被った刺客は最後まで台詞がありませんでした。一つも台詞がない役は逆に印象深かったです。


慶福はいつ出てきてもお菓子食べてるところしか出ないですね。もうそろそろ違うシーンがみたいです。


あの嫁め!と、泉ピン子が怒り心頭で、どんな攻撃されるのかとハラハラしましたが今回は何もなかったですね。いびられる回がまたあるんでしょうか。


次回は、主要な人物が亡くなり流れがひっくり返ってしまいますね。ほんとによく亡くなりますね。やっぱり暗殺なんでしょうか? 怖い世界です。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で14話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪