正義のセ 1話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

正義のセ 1話のあらすじ

竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。

正義感が強く、明るい性格で家族思い。

東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている。

検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーが揃っていた。

そして、凜々子とバディを組む担当事務官に就いたのは、一癖ありそうなベテランの相原(安田顕)。

早速、相原と共に取調べに臨む凜々子だったが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい被疑者に怒りを表したり、同情したり、乗せられたり……

そのたびに相原から「被疑者にはあまり感情移入しないように」と小言を言われてしまう。

そんな凜々子が、ある傷害事件を担当する。被害者は建設会社に勤める向井(浅利陽介)。

向井は上司の恩田(石黒賢)から路地裏で暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったと被害届を出していた。

凜々子は「ひどいパワハラ上司」だと憤るが、取調べに現れた恩田は穏やかそうで、暴力を振るうような人間には見えない。

恩田は「暴行なんかしていません」と、容疑を全面的に否認。

「向井が嘘をついて自分を貶めようとしている」と主張する。

さらに、一緒にいた同僚の田中(六角慎司)も恩田と同じ証言をする。

被害者と被疑者の言い分が、真っ向から対立する中、凜々子は相原とともに、事件の裏に隠された真実を突き止めるために捜査を進める――。



⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 1話のネタバレ


場所は横浜。


彼氏と3ヶ月ぶりのデートにお洒落をし、ワクワクしながら待ち合わせ場所に向かう竹村凛々子。


そんな時、凛々子はひったくりにあう。


全力で追いかけるが逃げられる。





翌日、凛々子は横浜地方検察庁港南支部へ異動後初出勤する。





検察官室に入る凛々子。


昨日ひったくられた鞄が机の上に置いてあることに気づく。


凛々子は無事戻ってきた鞄に夢中で検察事務官相原への挨拶を忘れる。


相原は凛々子の担当事務官、2年目の検事である凛々子の担当になったことを少し厄介に思う。




取り調べに向けて事件記録を読み込む凛々子。


竹村は効率的に取り調べを行うことを提案する。





取り調べ室。


一人目の被疑者、容疑は恐喝。


凛々子は被疑者の雰囲気や言動に萎縮する。


被疑者からの挑発に感情的になるが相原に咎められる。


二人目の被疑者、容疑は窃盗。


凛々子は被疑者の話に同情し、涙を浮かべる。


相原はそんな凛々子に呆れた表情を浮かべる。


三人目の被疑者、容疑は商標法違反。


凛々子は被疑者におだてられて調子にのる。


相原そんな凛々子をまたしても呆れた表情で見つめる。





凛々子は相原に自分の取り調べがどうかを聞く。


”喜怒哀楽がはっきりしすぎている”と注意を受ける。





四人目の被疑者、容疑は傷害。


被疑者の名前は恩田。


被害者の名前は向井。


調書内容

”向井は会社の上司である恩田から日常的にパワハラを受けていた。

居酒屋の店内で向井は恩田から激しく叱責を受け、グラスを投げつけられ頭部を負傷。

向井が病院へ行こうとした所、恩田と同僚の田中が後を追ってきた。

そして近くの路地裏へ連れて行かれ殴る蹴るの暴行を受け、その勢いで階段から転落。

頭部に7針、全治2ヶ月の怪我を負った。

1週間後被害届が出された。

恩田は容疑を否定。

同僚の田中も暴力の事実は一切なかったと証言。”


恩田は容疑もパワハラも全てなかったと否定し、むしろ向井が感情的になると手に負えないことがあったという。


凛々子はこの話を聞き、パワハラをする上司に見えないと相原に言う。


事件に関してもう少し調べようとするが、他にも仕事があると相原に止められる。





凛々子の実家は豆腐屋を営んでる。


凛々子のプリンを父が食べたことで揉める。


凛々子の”融通きかんちん”の性格で検事の仕事をしているのだろうと家族から言われる。


凛々子は相原に何個もダメ出しされたことを家族に愚痴る。





一方相原も事務官の仲間たちに”貧乏くじ引かされた”と凛々子のことを話す。





凛々子は家族が寝入った後、優希(彼氏)と連絡をとる。


仕事の話を話す。


翌日デートの約束をする。





春子(妹)から今の彼氏と別れたら一生結婚出来ないと言われる。


凛々子は
”検事としても女としても両方きっちりやってやる”
と決意を固める。





向井の病院へ取り調べへ行う凛々子と相原。


”なんで勝手に被害届なんか出したんだ”


と会社の上司から叱責を受ける向井。


逆に恩田から名誉毀損で訴えらると会社に居場所がなくなるぞと脅される。


そこへ凛々子が話を止めに入る。


相原が横浜地検の者ですと自己紹介をすると会社の人々は声色を変える。


相原が事務官で検事は凛々子だと伝えると会社の人々は”えっ”と意外そうな顔をし、病室を後にする。


向井へ取り調べを行う。


向井が恩田からパワハラを受けるようになったきっかけを話す。


恩田が突然、建築資材の大口発注先を変更した。


変更したことに対して向井が問いただすと、恩田が椅子を力任せに倒し


”お前は俺のやり方に口答えするのか。


生意気なんだ、下っ端のくせに。”


と舌打ちをしながら言う。


この日をきっかけに恩田から向井へのイジメが始まった。


向井は何度も社内告発を試みたが、社内での恩田は理想の上司だったので自分は信じてもらえないと諦めていた。





事件当日の夜のことを回想する向井。


接待後に居酒屋で恩田から叱責される向井。


恩田は向井に日本酒をかけ、お猪口を投げつけた。


向井の頭からは血が出た。


”このことを告発する”


と店を出る向井。


恩田は追いかけて暴行する。


部下の田中は恩田を止めるが、一向に暴行を辞めない恩田。


次第に暴行はエスカレートし、恩田は向井を階段から突き落とす。


突き落とされた向井は、階段の下にうずくまる。


その場を後にする恩田と田中。





話を聞いた凛々子は
”酷すぎます”
と動揺を隠せない。


相原は冷静になぜ被害届を1週間後に出したの向井に問いかける。


向井は大事にしたくなかったが、妻が背中を押してくれたおかげで被害届を出すことにしたと言う。


田中はその場にいたにも関わらず暴行はなかったと言っている。


田中は恩田の飼い犬状態で、この件に関しても口裏を合わせていると向井は言う。


それを聞いた凛々子は知ってて見て見ぬ振りをしていたこと腹立ち、拳を握り締める。


向井の妻は会社の人は信じてくれない、検事も信じてくれないのかと凛々子に問いかける。


凛々子は目を潤ませながら
”信じます。私は信じます。”
と断言する。


それを制止し、凛々子を連れて出る相原。


”検事としての自覚が無さすぎる。”


と相原にお説教される。






向井の会社へ行き、田中に事情を聞きに行く凛々子と相原。


暴行していたことを知っていて、話していないのであれば犯人隠避罪にもなると凛々子は田中に詰め寄る。


そこへ恩田が話を止めに入る。


恩田は田中は何も知らないし、暴行はしていないと改めて否定する。


恩田は田中に”余計なことは言ってないな”と念押しをする。





地検に戻る凛々子と相原。


凛々子は”恩田は絶対にやっている”と断言する。


相原は”それは検事の感想だ”と咎める。


そこへ先輩検事の大塚が”証拠がないだろ”と割って入る。


客観的証拠が何もないと起訴は難しいとなだめられる凛々子。


凛々子は不起訴になれば暴行をした人が何もなかったように生活を送ることに疑問を感じる。


凛々子
”正義ってってなんなんですか”
と疑問を投げかける。


支部長の梅宮が登場。


検事とは何かを凛々子に問いかける。


検察が証拠を厳密に精査し、できる限りの真実を明らかにした上で起訴する。


被害者のことばかりでなく、被疑者のことも考えるべきである。


それも踏まえて、それだけの証拠を準備してからでないと起訴はできないと言われる。


悩みながらも納得する凛々子。





デートの待ち合わせ場所。


優希は接待で来れなくなる。


凛々子は仕事のこともあり、会わないでよかったことをほっとする。





凛々子は実家で自分が検事に向いていないのではと悩みを打ち明ける。


凛々子は幼少期正義の味方になりたかったと父に諭される。


検事になったことで夢を叶えたと言われるが、凛々子は検事は正義の味方ではないと言う。


父はお前の性格は検事に向いていると励まされる。





地検の前で向井の妻が凛々子を待っている。


妻から向井は被害届を恩田から言われて取り下げようとしていることを聞かされる。


恩田は証拠不十分で不起訴になるかもしれないと向井に告げる。


妻から向井への想いを聞いた凛々子は諦められない思いを抱く。





”今日一日時間をくだいさい”
と地検のメンバーに頭をさげる凛々子。


一から証拠を見直し、起訴できるだけの事実を見つけ出したいと凛々子は言う。


被害者もその家族も苦しんでいるので見過ごせない、助けられないなら検事ではないと凛々子は言う。


意外にも大塚は凛々子に勝手を許す。





急いで証拠を見直し始める凛々子。


仕方なく付き合う相原。


大塚は早いうちに痛い目を凛々子が見ればいいと思っている。





証拠をまとめ直し、警察署へ突然押しかける二人。


目撃情報や監視カメラはなかったのかと刑事にしつこくつきまとうが追い返される。





病院や現場の居酒屋へ行き調べる二人。





突き落とされた階段で事件当時のことを考える凛々子。


なぜ田中は同僚が突き落とされたのに恩田をかばうのか疑問に感じる。





夜まで事件現場を聞き込み調査する二人。


凛々子はタクシーのドライブレコーダーに証拠が映っているのではないかと気づく。


タクシー会社を一社ずつドライブレコーダーを確認しに回った。


そしてやっと映っているタクシー会社を見つけた。


そのドライブレコーダーには恩田が向井を追いかける様子が映っていた。





地検に戻ると大塚が凛々子に恩田と田中の関係がわかる証拠を渡す。





恩田の取り調べ。


変わらず否認する恩田。


恩田にタクシーのドライブレコーダーの映像を見せる。


そこには向井を追いかける恩田と田中の映像が映っていた。


その映像を見ても変わらず否認する恩田。


凛々子は
”恩田さん、あなたが向井さんに対してパワハラをしていた理由を教えてください。
はっきりとした理由があったからじゃないんですか。”
と核心に迫る質問をした。


恩田は昨年、発注先を突然シモジマ工業に変えた。


その件に関して向井が抗議したことからパワハラが始まった。


相川は恩田に恩田チエコ(妻)の銀行口座の入出金記録を見せる。


そこには不正な入金記録があり、それはシモジマ工業から水増し請求をしたキックバックだった。


田中の妻も同様に不正の入金記録があった。


この不正が発覚することを恐れ、恩田は向井を退職に追い込もうとしていたのだ。


田中はすぐにこの事実を認めた。


田中が恩田を止められなかったのはこれが理由であった。


恩田は向井へのパワハラより自分の人生がこれから駄目になることを恐れた。


それに対して凛々子は感情的に恩田に声をあげた。





そして無事恩田を起訴することができた。





屋上で喜びを声にする凛々子。


大塚に礼を言うが
”一つの事件を解決したからって、一人前になったと勘違いするな”
と厳しく言う。


凛々子は清々しい顔をして大塚に対して再び礼を言う。





地検内では凛々子を褒める声も。





凛々子に振り回され、心なしか生き生きする相原。


向井夫妻が地検に現れる。


向井夫妻は本件の礼を凛々子に伝えると共に
”検事さんは正義の味方です。”
と言う。


凛々子は
”とんでもない。私なんて正義のセ”も分からないひよっこですから。”
と謙遜する。


向井夫妻を見て結婚への憧れも抱く凛々子であった。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



正義のセ 1話の感想


喜怒哀楽の感情表現が豊かで、少し融通がきかない凛々子ががむしゃらに事件を解決する1話完結のお話です。



1話ではパワハラをテーマに話が進みました。


パワハラの内容が少し行き過ぎているように感じましたが、これがリアルなのかもしれません。


パワハラという名の”いじめ”であると向井が言うシーンがあるのですが本当にその通りだと思います。


”いじめ”であり”暴力”であって、決して”パワハラ”と言う言葉で済ましていけないと考えさせられる部分です。


話の展開としては、向井か恩田どちらかが嘘をついているという点でもう少し”どっちなんだろうと”とソワソワしたかったです。


起訴する為の証拠を探すシーンは、一緒に考えながら観ることができました。


タクシーのドライブレコーダーを思いついた時はその手があったかと思いました。


1台目のタクシーに実は映って無かった時は少しドキッとさせられました。



また、随所に”若い女性の検事”に対して驚く描写が見られます。


検察社会はまだまだ男性社会だということなのでしょうか。


ドラマとして伝えたい部分なのか結構気になる演出になっているように思います。


これからどの様に変化して描写されていくのか楽しみです。



感情的な凛々子と合理的な相原がこれからいいコンビになっていく所も見どころの一つだと思います。


1話で既に相原の心が動いているように感じられましたが・・・


思いの外、早かったです。


また地検の他のメンバーがこれからどのように掘り下げていくのかも楽しみです。


優希や大塚との関係性にも注目していきたいと思います!!


大塚には何か裏がありそうな気もします。


凛々ことの三角関係になったりしないのかなと勝手に期待しています。



”正義のせ”はひよっこだという風に最後にも言っています。


凛々子の仕事と恋愛の成長の両面を見守っていきたいです。


阿川佐和子さんの小説が原作ということもあり痛快でスッキリ楽しい内容になっています。


爽やかな4月にぴったりなドラマだと思いました。


⇒無料で「正義のセ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で1話の動画を観る方法

無料で「正義のセ」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「正義のセ」の動画を観ることができます!


「正義のセ」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「正義のセ」の動画を観るならこちら♪