孤独のグルメ(シーズン7) 1話について
ネタバレと感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「孤独のグルメ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

孤独のグルメ(シーズン7) 1話のあらすじ

~埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食~

◆店舗情報
店名 :キセキ食堂
所在地:埼玉県上尾市本町3-11-13
備考 :食材が無くなり次第営業終了になります。ご心配な方はお電話にてご確認してからお越しください。

その日、井之頭五郎は上尾駅に降り立った。

仕事前だというのに、五郎のお腹はトンカツモード。

昨日トンカツが食べたかったのに食べられなかったため、今日はどうしても食べたいのだ。

ご夫婦(木野花・山上賢治)で営んでいる着物の「新井屋」での仕事を終えると、五郎はトンカツを食べられる店を探すが、なかなか見つからない。

「上尾市民はどこでトンカツを摂取しているんだ・・・」などと呟きつつ、小さな路地に入っていくと、「食堂」の文字が目に入った。

キセキ食堂の方に歩いていき看板を見る。

「本店が精肉店・・・おいおいおい」とニンマリし、中に入ると、「キセキ定食(肩ロースカツ)」を注文した。

五郎は「人気ナンバーワン」「肩ロースを低温熟成」の文字にも引き込まれる。

その後、キセキ定食が前に登場すると、五郎はその厚さと大きさに驚き、思わずメジャーで測ってしまった。

そんな五郎の目の前に、いろいろなソースや調味料が並んでいる。

まずはとんかつソースをかけて豪快に頬張る。

あまりの美味しさに顔がほころぶ。

その後岩塩、辛味噌も試してみるがどれも美味しかった。

ふと、隣の客がキセキのステーキとカツを100グラムずつ注文しているのに気づき、自分もキセキのステーキ100グラム頼んだ。

店員さんに勧められるままにオニオンソースをかけて食べると、かなりイケた。

レモンを絞って岩塩でも試してみた。

最後にわさび醤油も試してみると、これが最高に美味しかった。

五郎は大満足で上尾を後にした。




⇒無料で「孤独のグルメ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



孤独のグルメ(シーズン7) 1話のネタバレ


五郎は埼玉県上尾市に出張に来ていた。


朝早くから現地入りして、仕事仲間からメールを受信して上手いラーメン屋を勧められる。


しかし、五郎は昨日からとんかつを食べるつもりだった。


五郎は
“商談なんかとっとと片付けて昼飯だ”
ととんかつのことを考えていた。





商談相手は着物屋を営む老夫婦だった。


五郎はカタログを見せると二人とも気に入った様子だった。


商談は順調に進んでいると思い、五郎はとんかつを食べに行こうとする。


すると老夫婦
“ちょっと見てもらいたいものがある…”
といって、着物の営業が始まる。


五郎は同僚から言われていた
“面倒ってこれか…”
とピンとくる。


五郎は苦笑いしながらも、客の機嫌を損ねないように早めに切り上げようとるす。


しかし、老夫婦は強引に五郎の採寸を測りだす。


ようやく解放された五郎は
“コレは経験上かなりの確率で商談不成立だ…”
とうなだれていた。


気を取り直してとんかつ屋を探して歩き回る。


すると
“キセキ食堂”
という店を発見する。


店の外のメニューから、とんかつ専門店だと判明し五郎は意気揚々として店に入る。


メニューを見ると、五郎は良心的な値段に感心する。


“キセキ定食”
が目に入る。


“初めての方にはステーキをおすすめ”
とあるので気持ちが揺れるが、
“キセキ定食を「かつ」で”
とオーダーする。


五郎はメニューを見なおすと、お子様定食の安さに驚愕する。


五郎が待っている間も、常連客らしき人たちがやってきて賑わっていた。


客をさばく女将の動きも無駄がなかった。


五郎の定食が届くと、値段の割に大きく分厚いかつに驚愕する。


五郎は思わずメジャーを取り出し計っていた。


それを見た女将はにやけている。


五郎はまずはからしととんかつ用のソースをかつにつける。


両手を合わせて
“いただきます”
といってから箸でかつを持ち上げる。


あまりの重さに
“ジェンガだな…”
と思う。


口に運ぶとあまりのうまさにニヤけていた。


五郎は入念に咀嚼してかつを楽しむ。


次はシンプルに塩にする。


“肉食ってる感”
を楽しみながらご飯も口に運ぶ。


二切れ目も大満足で平らげる。


“塩で旨いってことは肉がうまい証だ…”
と分析していた。


口直しに味噌汁を一口すする。


しじみの味噌汁も上手かった。


次はごまだれを試すことにする。


塩レモンなど、置いてあるソースを一通り楽しんでいた。


“この肉なら永遠に食べ続けられる”
と最初は驚愕していた量のかつがみるみる減っていく。


普段はキャベツはソースと決めているが、ごまだれも試していた。


“今俺がかみしめているのは肉の形をした幸せだ”
と大満足だった。


辛味噌を使ってみると、久しぶりの味噌カツはちょっと辛くて五郎はそっちの方が好みだった。


五郎は最後の一切れをどうしようか考えていると、隣の客が
“キセキのステーキとかつ100グラムずつ”
とオーダーする。


五郎はまだ食べたかったため、ステーキ100グラムを追加する。


追加のステーキを待つ間に、最後の一切れはとんかつソースにする。


最初は不安だったが、追加のステーキまで頼んだことを
“本当にうまい肉は軽い気がする”
と思っていた。


五郎は最後の一切れを食べると、ステーキの調理する様子を眺めて心待ちにしていた。


ほどなくしてステーキがやってくる。


ステーキのボリュームも100グラムとは思えないほど多かった。


五郎は女将にオニオンソースを勧められる。


まずはステーキソースを使用する。


期待通りの旨さだった。


“ご飯いらない、肉で肉が食える”
とご飯を挟まずにオニオンソースを試してみる。


“確かにイケる、生姜焼きの原理か・・・”
と豚肉とショウガの相性に気づく。


次はワサビと醤油にする。


五郎は
“このステーキはワサビ醤油がベストアンサーだ”
と気づき、次はワサビを多めにしてみる。


“まさにキセキの旨さだ”
と感動して咀嚼していた。


最後の一切れもワサビ醤油で平らげるが
“あと300グラムぐらいイケる”
と思うくらい食がすすんでいた。


五郎は食べ終わり水を一口飲み
“最高の昼飯だった”
と大満足して店を後にする。


店を出た後は、肉を大量に食った後なのに胃が持たれていなかった。


先ほど営業した老夫婦から電話が来て
“断りの電話がきたか…”
と思うが、老夫婦はカタログを見ながら商品を頼んでくれた。


五郎は
“奇跡だ!ありがとう、キセキ食堂”
と店に一礼して帰っていく。


⇒無料で「孤独のグルメ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



孤独のグルメ(シーズン7) 1話の感想


原作者の訪問で判明したのですが、本当は2日前に予約が必要だそうです。


予約なしだと3時間待ちになるほどの超人気店らしいです。


五郎も言っていましたが、値段は超良心的でボリュームがすごいようです。


店名の由来は、子供に相談してもらい決めたそうです。


女将さんと店主は本人としてドラマに出演していました。


店主は料理しているだけだったのですが、女将さんにはセリフがあります。


女将さんは素人とは思えないほどさりげないいい演技をしていました。





ただでさえ人気店なようで、孤独のグルメで取り上げられたのでとんでもないことになりそうです。


この放送を見た番組のファンが遠方から訪れると思いますが、最長で5時間待ちとかになっちゃうかもですね。


個人的に気になったのは、かつよりもステーキでした。


ステーキといえば普通は牛です。


私は
“豚のステーキ”
はどうしても
“牛のステーキ”
の下位互換だというイメージを持ってしまっています。


五郎は豊富なソースを試して、最良の味を探して楽しんでいました。


もしかしたら
“豚のステーキ”
には
“牛のステーキ”
とは違った楽しみ方があるのかもしれません。


その辺を確かめに、機会があったらゼヒともキセキ食堂に行ってみたいと思います。


⇒無料で「孤独のグルメ」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で動画を観る方法

無料で「孤独のグルメ」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「孤独のグルメ」の動画を観ることができます!


「孤独のグルメ」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒Huluで無料で「孤独のグルメ」の動画を観るならこちら♪