パシフィックリム について
無料で動画を観る方法、世界観、ネタバレと感想を紹介します!

⇒無料で「パシフィックリム」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です!

パシフィックリム とは?



監督:ギレルモ・デル・トロ
公開:2013年
ジャンル:SF怪獣

太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、兵士2人がペアとなって操縦する巨大ロボットで立ち向かう姿を描く。

英語の作品だが、怪獣は日本語由来の「Kaiju」(カイジュー)と呼ばれる。

ラストには「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」と献辞が表示される。

デル・トロは、「日本の怪獣モノの単なるパスティーシュやオマージュではなく、新しいことができると感じた」と語ったうえで、「日本の漫画、ロボット、怪獣映画の伝統を尊重している」とも答えている。

また、今作は「巨大怪物への美しい詩である」と語っている。



タイトルの意味は?


パシフィック・リムは英語で
【Pacific Rim】
という綴りです。


PacificとRimは別の単語ですが、
この場合は
“太平洋を囲む、極東・東南アジア・オセアニア・アメリカ大陸西岸の諸国”
という一つの言葉となっています。



作品の特徴や世界観は?


SFチックな
“時間旅行”
“瞬間移動装置”
“ロボットの特殊な動力源”
などはありません。


世界観はシンプルで
“突然できた「裂け目」からやってくる怪獣を倒す。新たに怪獣がやってこないように「裂け目」を破壊する”
というわかりやすいモノです。


あえてだと思いますが、怪獣を送り込んでくる異星人のことをあまり描かないのは正解だったと思います。


余計なことを考えずに、迫力のあるイェーガーと怪獣のバトルを楽しめました。





怪獣との戦いはイェーガーの肉弾戦がメインです。


ガンダムやゲッターロボのようなビーム攻撃はありません。


その分、怪獣の躍動感やそれに対するイェーガーが応戦する様子は迫力があります。


怪獣の動きはモンハンで登場するモンスターみたいに非常に緻密です。


戦闘の様子は
“超大規模なプロレス”
という表現がシックリ来るかもしれません。


プロレスだと悪役がやる“凶器攻撃”を、イェーガーがコンテナやタンカーを使って行います。


エヴァのようにアクロバディックな動きはしない(できない)あたりからもリアルさを感じられます。


また、イェーガーはガンダムのように空を飛べません。


その辺の設定も
“空飛べなかったり、ジャンプもできなかったりショボくない?”
という印象はまったくなく、逆にリアルで迫力のある戦闘シーンとして上手く描かれています。


怪獣の正体は?


異次元世界「アンティヴァース」に住む知的生命体である、プリカーサー(先駆者)が送り込んでくるクローンです。


怪獣の見た目や戦い方は個体ごとに違いますが、クローンのため細胞はみんな同じです。


プリカーサーは気に入った星を見つけると植民地として星が枯れるまで搾取しています。


地球を植民地とするため、地球人を全滅させるために「裂け目」から怪獣を送り出しています。


この設定は
『ウルトラマンA』
に登場する
“ヤプール人”
のオマージュだといわれています。


「裂け目」とは?


プリカーサーが地球に作った怪獣を転送するためのモノで海中深くにあります。


地球人に簡単に破壊されないようにするため
“通るには怪獣の遺伝情報”
が必要です。


当初の作戦では、核爆弾を投げ込む予定でした。


ですが、それだと「裂け目」は反応せずに意味はありません。


そのため、怪獣を抱えたままイェーガーで突っ込んでいき「裂け目」の先で核爆弾のタイマーを起動させて、脱出ポッドでパイロットのみ戻る作戦に修正されます。


作中のラストでは核爆弾ではなく、原子力で動いているジプシー・デンジャーの自爆で破壊されます。


イェーガーとは?


イェーガーは怪獣に対抗するために作られたロボットです。


襲撃してきた怪獣は市街地で暴れるため、核爆弾などは使えません。


市街地の被害を最小限に抑えつつ、怪獣を倒す兵器としてイェーガーが開発されました。


作中に登場するイェーガーと、パイロットを紹介します。


ジプシー・デンジャー



主人公のローリーとマコが乗るイェーガーです。


設定上は“旧式”と言われていましたが、汎用性の高い設計のため扱える武器が豊富で作中最強のイェーガーです。


作中序盤だと怪獣は世界中のイェーガーにガンガン倒されています。


しかし、倒されるごとに学習して強くなって違う個体としてやってきます。


強くてもファイトスタイルの幅が狭いイェーガーは対応されてやられていました。


このイェーガーは“汎用性が高く怪獣によって適切な武器を選択できる”ため、活躍できたのだと思います。


ラストは原子力で動いているのを利用して、「裂け目」の先で自爆して破壊に成功します。


主人公機らしく、一番活躍したイェーガーです。


ストライカー・エウレカ

#パシフィックリム#ストライカーエウレカ#pacificrim#strikereureka#loveit

Mega Omegaさん(@mega.mega.omega)がシェアした投稿 –



ハンセン親子のイェーガーです。


「裂け目」破壊の作戦の時は、負傷した父に代わり司令官のスタッカーが搭乗します。


作中だと設定上は最新で最高性能のイェーガーです。


しかし怪獣の電磁波攻撃で機能を停止して、肝心なところで動けませんでした。


装備も豊富で汎用型なのですが、作中だと見せ場をジプシー・デンジャーに奪われてしまいあまり披露できませんでした。


ただし、怪獣の討伐数はダントツの12体です。


最後は「裂け目」付近で道を切り開くため、怪獣2体を道連れに核爆弾で自爆します。


クリムゾン・タイフーン



中国人のタン3兄弟のイェーガーです。


右腕が2本あり、合計3本の腕があるのが特徴です。


戦い方は、左腕で怪獣を捕まえて右腕2本が丸ノコに変形して攻撃します。


機動性に優れており、ジャンプができたり柔軟な可動域を持っています。


ただし、攻撃パターンは丸ノコのみのワンパターンで、怪獣に対応されてアッサリ壊されてしまいます。


怪獣にコクピットを破壊されますが、脱出が間に合ったようで3人とも無傷で生きています。


チェルノ・アルファ



ロシア人夫婦
・アレクシス・カイダノフスキー
・サーシャ・カイダノフスキー
が搭乗しています。


二人は作中でほぼセリフはありませんが、サーシャはかなりの恐妻だそうです。


最も旧型ですが、パワー自慢のイェーガーです。


格闘ゲームに例えると、打たれ強く機動力の低いパワーキャラであるザンギエフみたいな感じです。


パワーのごり押しというワンパターンなファイトスタイルのため、怪獣に対応されて壊されてしまいます。


また、脱出ポッドを備えていないため、パイロットは二人とも死亡してしまいます。


命の壁とは?


“完成は永遠に無理”とされている、怪獣を人間の居住区に入れさせないための壁です。


怪獣が強くなり、イェーガーが倒されるようになった人類の苦肉の策でした。


人類は巨額の富をかけて壁を作っているようですが、かなりアッサリ破られてしまってます。


“現実逃避した幼稚な策”という印象を受けました。


芦田愛菜さんはどんな役?



芦田愛菜さんの登場でも話題になっていましたね!


芦田愛菜さんは、マコの幼少期の役でした。


マコはローリーと初めてイェーガーに乗る際に、“ブレインシェイクハンド”により自分のトラウマを直視していまいます。


そのシーンで芦田愛菜さんが登場しました。


幼少期のマコは怪獣に破壊された町に一人でいます。


怪獣がやってきてマコは泣きながら逃げて狭い路地に逃げ込み震えています。


マコは恐怖から錯乱して“プラズマキャノン”を使おうとしてしまいます。


作中では芦田愛菜さんが怪獣に向けて左手をかざして
“まさか芦田愛菜さんのシャイニングフィンガーを観れる?”
かと一瞬期待してしまいました。


ですが、いいところでイェーガーに乗ったパイロット時代の司令官のスタッカーがやってきて怪獣を倒します。


ちなみに、芦田愛菜さんにセリフはありませんでした。



⇒無料で「パシフィックリム」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



パシフィックリム のネタバレ


物語の大まかな流れを紹介します。


【起】


海中に「裂け目」ができて、怪獣がやってきて人類は恐怖に震えていた。


沢山の犠牲を出しつつも既存の兵器で何とか撃退をしていた。


怪獣に対する兵器として、人型巨大ロボットのイェーガーが開発される。


イェーガーの戦果は目覚ましく、人類に楽勝ムードが漂う。


いつしか怪獣の来襲は“イェーガーの活躍するイベント”をして人類は楽しむようになっていた。


【承】


怪獣“ナイフヘッド”がやってきて、当時のエースだったベケット兄弟はいつも通り応戦する。


しかし、ナイフヘッドは強くて兄を失ってしまう。


それを機にイェーガーと怪獣の戦いはイェーガー側の劣勢となる。


世界の要人たちはイェーガーの開発よりも、無謀な計画である“命の壁”に資金を援助するようになる。


ベケット兄弟の生き残りの弟であるローリーも命の壁の作成に参加する。


【転】


司令官であるスタッカーが「裂け目」を破壊するための作戦のためローリーを迎えに来る。


ローリーのパートナーはスタッカーの養子であるマコとなる。


ローリーとマコは試運転の際に、マコがトラウマをフラッシュバックして暴走して基地を破壊しかける。


怪獣がやってくるが、ローリーとマコは待機を命じられる。


やってきた怪獣は強くて、「裂け目」破壊のために召集された精鋭が立て続けに2体も破壊される。


エース格のストライカー・エウレカも、怪獣の電磁攻撃で機能停止状態となる。


動けるイェーガーはデジタルではなく、アナログで動くジプシー・デンジャーだけだった。


ローリーとマコはジプシー・デンジャーで出撃して、見事に怪獣を撃退する。


ジプシー・デンジャーとストライカー・エウレカで「裂け目」の破壊作戦を実行することになる。


【結末】


「裂け目」の破壊作戦実行中に強力な怪獣が3体もやってくる。


本来の作戦だとストライカー・エウレカが持っている核爆弾で「裂け目」を破壊するはずだった。


しかし、「裂け目」を通るには怪獣の遺伝子情報が必要だと判明する。


怪獣を倒してその死体を持って「裂け目」に入る必要があるため、ストライカー・エウレカは核爆弾で自爆して怪獣を2体倒す。


ジプシー・デンジャーは怪獣の死体を持って「裂け目」に入ろうとする。


しかし、一番強い怪獣は生きており襲い掛かられる。


ジプシー・デンジャーは怪獣ともみ合いながら「裂け目」を通る。


ローリーは一足先にマコを脱出させる。


ローリーは原子力で動いているジプシー・デンジャーの自爆装置を起動させて、「裂け目」が閉じてしまうギリギリに脱出する。


ジプシー・デンジャーは自爆して、「裂け目」の破壊を破壊しつつ「裂け目」の向こう側の世界に甚大なダメージを与える。


ローリーとマコは生還する。


⇒無料で「パシフィックリム」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



パシフィックリム の感想


シンプルな対立図とイェーガーの肉弾戦がとてもよかったです。


スターウォーズのように複雑な世界情勢もそれはそれで魅力ですが、この作品のようにひたすらシンプルなのも気楽に楽しめます。


作り手側の
“シンプルに楽しんでください”
という割り切った意図が伝わってくるものでした。


“アメリカンプロレスを怪獣と巨大ロボットでやってやろう!”
というノリが根底にあるのかもしれません。


ジプシー・デンジャーは強力でカッコいい武器を搭載しているにもかかわらず、海岸にあるコンテナやタンカーを“凶器攻撃”として使っています。


“そんな強力な武器があるなら最初から使えや!”とツッコミたくなりましたが、その辺もおそらくは製作者たちは狙ってやっているのだと思います。


中途半端に下手に涙を誘うようなシーンがないのもいいところでした。





登場人物でよかったのは、ストライカーエウレカの搭乗者の息子の方のチャックです。


最初は主人公のローリーやマコを罵倒して“典型的な嫌な奴”として悪い目立ち方をします。


しかし、怪獣がやってきて待機を命じられた際に
「仲間を見殺しにできない」
といって、スタッカーの命令に逆らって戦闘に参加します。


ラストでも、スタッカーとともに自分を犠牲にしてでも地球を救うという選択をします。


チャックの父親の、作戦成功後のなんとも言えない表情も印象的でした。





続編の『パシフィック・リム:アップライジング』では、やはりまた怪獣がやってくるのだと思います。


「裂け目の破壊」だと同じ展開になると思うので、続編ではどのように怪獣がやってくるのか楽しみです。


また、怪獣は学習するという設定です。


この作品で活躍した武器はことごとく通用しない可能性があります。


となると、イェーガーの新しい強力な武器のお披露目があるかもしれません。


・どんなストーリーなのか?
・どんな怪獣が来るのか?
・どんな新武器が出るのか?

など、楽しめそうなポイントが多くワクワクしますね!


⇒無料で「パシフィックリム」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で動画を観る方法

無料で「パシフィックリム」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくて観れなかった…」
「レンタルショップ行くの面倒くさい…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「パシフィックリム」の動画を観ることができます!


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため、それを使って「パシフィックリム」を観れます。


「パシフィックリム」はポイントが必要ですが、ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒U-NEXTで無料で「パシフィックリム」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018/04時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。