ウエストワールド(シーズン1) 1話について
無料で動画を観る方法、ネタバレと感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「ウエストワールド」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



ウエストワールド の世界観

物語はハイテク技術に支えられた体験型テーマパーク”ウエストワールド”を舞台とする。

ホストと呼ばれるアンドロイド達が再現された西部劇の街並みに暮らし、高額の入場料を払ったゲストたちは、ホストからの報復を恐れることなく自らの欲望のままに行動する。

アンドロイド達は人間と見分けがつかないほど高度な技術に基づいて製造され、自意識も持つ。

だがゲストが来るたびに記憶はリセットされ、新たなシナリオに基づいて日常を繰り返す。




ウエストワールド(シーズン1) 1話のあらすじ

~目覚め~

プログラムのアップデートの影響か、複数のホストが誤動作を起こす。

謎の黒服の男はホストの攻撃に傷つかず、ドロレスをレイプし、男の頭皮を剥いで迷路を手にする。

ドロレスの父役のホストのピーターは妙な様子を見せ、ドロレスは知り合いのテディの助けを求めるが、テディは殺される。

ピーターはドロレスに、この世界はおかしいと話す。

ピーターはロバートに復讐を誓い、誤動作を起こした他のホストとともに休眠させられる。

ドロレスはスタッフに、自分は幸せであり、生き物を殺したりしないという。

だが新しい父親ホストと一日を始めたドロレスは、無意識にハエを殺す。




⇒無料で「ウエストワールド」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ウエストワールド(シーズン1) 1話のネタバレ


ドロレスはメンテナンスを受けていた。


ドロレスは気分が良くないのだという。


いくつかの質問に問題なく返答している。


ドロレスの瞳は空きっぱなしで瞬きをしていない。


ハエが飛んできて、ドロレスの顔の上を歩いていた。


ドロレスの目の上をハエが歩いても、ドロレスは瞳を開いたまま動かない。





ウエストワールドに戻ったドロレスはいつも通りの生活を始める。


朝はいつも通り父に軽い挨拶をしてから町へ出かけていく。


ドロレスの恋人のテディが町に帰ってくる。


テディはドロレスに久しぶりに会えるのを楽しみにしていた。


テディと一緒にキャストが町にやってきて、ウエストワールドの出来に満足している様子だった。


ホストであるテディはシナリオ通りに町を散策する。


テディは酒場に行きオーダーをする。


シナリオ通り、ホストの娼婦と軽いやり取りをしてからドロレスを発見して近寄る。


ホストたちのやり取りは緻密でよくできていた。


ウエストワールドでは何百ものシナリオが並行しており、それらが複雑に絡み合っている。





テディはドロレスが落とした荷物を拾ってあげると、ドロレスもテディに気づき再会を喜ぶ。


テディは馬を駆りてドロレスについていく。


テディとドロレスは何度目かの再会をシナリオ通りこなしていた。


ドロレスの父は
“まだテディに会いたがらない”
のだという。


その晩、二人は一緒にドロレスの家に行く。


家の方から銃声が聞こえてくるので、テディは銃を構える。


二人の強盗が家を襲っており、父は射殺されていた。


テディは強盗の不意を突いて射殺する。


テディが家の中に入ると、ドロレスの母も殺されていた。


ドロレスは家の外で横たわって死亡している父に駆け寄り嘆いていた。


黒服の男がやってきてドロレスに
“また会ったな”
と淡々と話し出す。


ドロレスは父を殺害した男だと思い銃を向けるが、黒服の男にアッサリとあしらわれる。


黒服の男は
“30年も通ってるのに覚えてないのか?”
などの発言から、ホストではない様子だった。


ドロレスは訳が分からず泣きながら怯えている。


テディが
“彼女に触るな”
と出てくるが、黒服の男はウンザリしながら対応する。


黒服の男はテディに先に撃たせてやるといって余裕を見せる。


黒服の男はゆっくりと銃を取り出す間に、テディは何発も銃を打ち込む。


しかし、黒服の男に効果はない。


テディもドロレスも困惑している。


黒服の男はテディに
“お前がここにいるのは負け犬になるためだ”
と言いながらゆっくりと近寄る。


テディは絶望してその場に膝から崩れ落ちる。


黒服の男はドロレスを引きずって連れていく。


テディはドロレスを助けようと立ち上がり発砲するが、黒服の男に効果はなかった。


黒服の男はテディに向けて無造作に発砲すると、テディは一発で死亡する。


ドロレスは黒服の男に連れていかれる。





翌日
ドロレスはいつも通り自分の部屋で目を覚ます。


テディも同じように汽車でウエストワールドに向かっていた。


ウエストワールドの運営者たちはそれらの日常を厳しく監視している。


ウエストワールドウエストワールドでは、人間も馬もホストという人形だった。


ホストは本物の人間と見た目は全く同じだった。


バーナードは
“アップデート”
の結果、ホストに微妙な変化があったことに気づく。


娼婦のホストにほんの少しのしぐさが追加されただけだったが、バーナードは
“ちょっとしたことでリアルさが生まれて、客は彼女たちに恋をする”
と満足そうだった。


バーナードは誰かに呼ばれて席を外す。


一緒にいた女性はバーナードがいなくなったのを確認すると、娼婦のホストにキスをする。





バーナードは品質管理担当のテレサに呼び出されていた。


地下の機能を停止したハズのホストを保管している倉庫で何かが起きているのだという。


銃を持った男たちと一緒に、バーナードも地下に向かう。


倉庫の扉を開けると、機能停止した大量のホストが全裸で立っていた。


倉庫の中の異様な光景で緊張感で張りつめていたが、ウエストワールド創始者のロバート博士がお気に入りのホストと雑談しているだけだった。


ロバート博士はバーナードに気づく。


バーナードは
“アップデート”
について話題を振る。


バーナードは
“ずいぶん進歩しましたね”
と感心していた。


話を終えたホストは自分で元の場所に戻っていく。





その日
ウエストワールドではドロレスが川辺に絵をかきに行くシナリオが実行されていた。


ドロレスは父に
“暗くなる前に帰る”
といって出かける。


テディがいつも通り町に帰ってくる。


微妙に変化したシナリオをキャストたちは楽しんでいた。


あるキャストは賞金首退治のシナリオに参加することにしていた。


テディはドロレスに話しかけようとするが、キャストに話しかけられる。


キャストは
“この前ココを案内してくれた”
と始めてくるキャストにテディを紹介する。


ドロレスが落とした荷物は黒服の男が拾う。


黒服の男は
“あいにく今日は用事がある”
といって去っていく。


ドロレスは不思議そうな表情をしていた。





賞金首の討伐に向かったキャストたちは、保安官のホストの突然の機能停止に困惑して町に戻る。


保安官のホストはすぐに回収されて、バーナードは調査をする。


シナリオライターのサイズモアは怒っていた。


“アップデート”
後に異常が発生していた。


アップデートの対象となったホストは全体の1割の200体ほどだった。


テレサはアップデート対象のホストを回収すると主張する。


しかし、サイズモアは自分が作ったシナリオがめちゃくちゃになるのに憤慨していた。


バーナードが大丈夫だと主張するので、200体の回収はナシとなる。


しかし、テレサは保安官を慎重に監視するように命じる。






テディはキャストに町を案内していた。


そのころ、ドロレスは川辺で絵を描いていた。


3人家族のキャストがドロレスと会話になる。


自然なやり取りだが、子供はドロレスがホストだと気づき
“お姉さんもなの…本物じゃない…”
と驚嘆していた。


ドロレスは
“そろそろ帰らなきゃ、気を付けて、山に悪党がいる”
といって帰っていく。


ドロレスの父は牧場に古い写真が落ちているのを発見する。


ドロレスが帰ると、父は写真を眺めていた。


父はドロレスに写真を見せるが、ドロレスは
“気にすることない”
と興味を示さなかった。


写真は現実世界の街中で、女性がほほ笑んでいるモノだった。


現実世界では何ら不思議のないものだった。






サイズモアはテレサに
“アップデートの中止”
を主張する。


サイズモアの真意は、フォード博士を追い落として出世だとテレサはすぐに気づく。


サイズモアはウエストワールドがただの娯楽施設でないと気づいている様子だった。


しかし
“大きな絵があるのに気付いているが、何の絵だかわわからない”
ことにテレサは気づき軽くあしらっていた。


そうしている間も、ホストたちはサイズモアが書いた緻密なシナリオ通り動いている。


黒服の男はホストの一人を殺害してどこかに連れていく。





バーナードは
“ホストに重大な問題が起きた”
と報告を受けて、テレサたちと急いでウエストワールドに向かう。


強盗の一人がシナリオ通りに死亡せず暴走していた。


酒場でホストを大量に殺害していたが、キャストには手を出していなかった。


キャストたちは強盗を見て怯えている。


強盗は仲間の死体を弄んでいたが、突如動きを止める。


管理者たちが強盗を停止したためだった。


本来のシナリオは強盗どうしが殺し合いをして、その強盗は殺されるハズだった。


バーナードは
“アップデートに問題があるとハッキリした”
として、アップデート対象をすべて白紙に戻すという。


テレサは念のため
“アップデートしたホストは全て廃棄”
とする。


白紙にしてから戻すという案は、テレサは危険だと思っていた。


シナリオがめちゃくちゃになってしまうが、一週間後に実装するシナリオを前倒しすることで対応とする。





バーナードはフォード博士に報告する。


フォード博士は問題を大きく受け止めている様子ではなく、興味深そうにしていた。





黒服の男はホストを拷問して何かを聞き出そうとしていた。


黒服の男はホストに
“お前はゲームのことを知っているだろう?奥へ進む方法は?”
と聞くが、ホストは何も知らないと主張する。


ホストが口を割らないため黒服の男はホストを殺害する。


黒服の男はホストの頭皮をナイフではぎ取る。





ドロレスはいつも通り部屋から起きてくる。


すると、父はずっと写真を眺めていた。


父の様子は明らかにおかしかった。


父は
“疑問を持った、そして答えが分かった。知るべきではないのに…”
と嘆いていた。


父はドロレスに何かを耳打ちして機能を停止する。


ドロレスは父を救うために、馬に乗った町に行き医者を呼びに行く。


町に行くとテディと再会する。


二人はお互いを見て抱き合って再会を喜ぶ。


テディはすぐにドロレスの様子に気づく。


ドロレスはテディと一緒に医者を呼びに行こうとするが、馬に乗った盗賊団らしき不審者たちがやってくる。






サイズモアは
“シナリオが何とか間に合った、酒場強盗の後のスピーチがイケてるから乞うご期待”
と自分の仕事ぶりに満足していた。


バーナードやテレサもウエストワールドの様子を見守っている。


サイズモアのシナリオ通りに順調に盗賊団は町を襲っていた。


盗賊団に対するホストたちの反応も順調で、キャストたちはその様子を楽しんでいた。


楽しんでいるキャストたちに反して、ホストたちは蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う。


盗賊団はホストたちを次々と銃で殺害する。


盗賊団のボスは酒場で酒を飲みながら、部下たちが町を襲うのを眺めていた。


ドロレスは
“家で父さんが待っている”
と帰ろうとするが、ドロレスをかばってテディが撃たれてしまう。


ドロレスはシナリオ通りに瀕死のテディを見て悲しそうに嘆いている。


盗賊団のボスは満足そうに町を見渡し、サイズモアの書いた演説をするシーンに入る。


サイズモアは楽しみに見守っていた。


しかし、キャストが背後から盗賊団のボスを撃ち殺す。


演説を楽しみにしていたサイズモアは
“なんてこった…”
と頭を抱える。


キャストたちは楽しそうに高笑いしている。


テディは“死亡”してドロレスは泣き崩れる。





ドロレスは女性の管理者に助けを求める。


管理者が
“すぐに深い眠りに落ちる”
といってドロレスの顔に触ると、ドロレスは機能を停止する。


管理者は
“ここにあと二体”
と無線でドロレスとテディを回収するように告げる。


アップデート対象となったホストは全部回収されて検査される。


一体だけ明らかな異常があった。


ドロレスの父で、フォード博士はドロレスの父と会話してみる。


バーナードも同席している。


診断の結果バーナードは
“よくわからない”
と頭を抱えていた。


フォード博士はドロレスの父に
“君のプログラムに何があった?”
と聞くが、要領を得ない返事が返ってくる。


フォード博士は
“以前の設定にアクセスしてくれ”
というので、ドロレスの父は従う。


すると、ドロレスの父は正常に戻った様子で、流ちょうに質問に答える。


ドロレスの父は
“娘のドロレスを思う父”
だった。


しかし、ドロレスのことを思うと
“ドロレスに警告しなくては、ヤツらがすることを…大事な娘を守らないと…”
と狼狽しだす。


フォード博士が
“もう十分だ”
というと、ドロレスの父は停止する。


フォード博士が
“現在の設定にアクセス”
というと、またおかしな動きを始める。


“目的はなんだ?”
と聞くと、ドロレスの父は急にまっすぐな瞳で
“製作者に会う”
とこたえる。


ドロレスの父は製作者に会い
“最も機械的な汚い手で…必ずやお前に復讐してやろう。おまえにも…”
といって、フォード博士とバーナードを見てにやける。


ドロレスの父はフォード博士につかみかかるので、慌てて機能を停止させる。


バーナードとテレサは狼狽するが、フォード博士は
“シェイクスピアだ”
と異常な動きを説明する。


フォード博士は
“彼は引用していた”
といい、バーナードも
“過去の設定が出てきただけ”
と同調する。





ドロレスは管理者の一人に質問されていた。


質問は問題なく進んでいくが、管理者は異常をきたした父のことを尋ねる。


管理者は写真について尋ねる。


ドロレスは
“なんでもなかった”
という。


ドロレスは父に
“激しい喜びには激しい破滅がともなう”
と耳打ちされたと告げる。


管理者はドロレスが嘘をついていると判断している様子だった。


“生き物を傷つけたことは?”
という質問にドロレスは
“あるわけない”
とこたえる。


検査は無事に終了した様子だった。


ドロレスは若く見えるが、ウエストワールド最古のホストだった。


ドロレスはいつもの日常に戻る。


ドロレスの父は違うホストに代わっていた。


ドロレスは首にとまった小さいハエを躊躇なく叩き潰す。


バーナードによると
“ホストはハエも殺せない”
ハズだった。





ドロレスの父と強盗は破棄処分として地下の倉庫に送られる。


バーナードはドロレスの父に何かを耳打ちする。





黒服の男は殺害したホストの頭皮を持っていた。


頭皮の裏には何かの地図らしきものが描かれていた。


⇒無料で「ウエストワールド」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ウエストワールド(シーズン1) 1話の感想


真の黒幕はドロレス…?


ドロレスの父が何かに気づいて宣戦布告をしていました。


しかし、それは管理者たちの目をドロレスから引き離してドロレスをかばうためかもしれません。


“最古のホスト”
のドロレスは虎視眈々と何かを狙っているようです。


ラストシーンで躊躇なくハエを殺していたことから、ドロレスがただのホストではないのが伺えます。


ドロレスの目的はやはり
“ホストたちを率いて人間たちへの反逆”
でしょうか…?


ですがそれだとベタすぎですよね。


“ものすごい野望”
をドロレスが持っていることに期待します。





ドロレスたちホストとは別に、黒服の男が何かを企んでいるようです。


ウエストワールドに何かしらのお宝があり、ソレを探している様子でした。


テレサとサイズモアの会話から、ウエストワールドには何か秘密があるようで、黒服の男はそれを狙っているのだと思います。


ウエストワールドの真の狙いは
“完成度の高いホストを作り上げる研究の場所で、あらゆる国の要人たちをホストに挿げ替えてコントロールする”
とかかもしれません。


平たく言うと
“ホストを使った世界征服”
といったところでしょうか…


ウエストワールドの運営とは敵対している組織が、黒服の男をスパイとして送り込んでいるのかもです。


・ウエストワールド運営
・ドロレスが率いるホスト
・黒服の男が所属している組織
の三つ巴の展開になるでしょうか?


丁寧に世界観が描かれている大作なので、続きの展開が楽しみです!


⇒無料で「ウエストワールド」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料でシーズン1-1話の動画を観る方法

無料で「ウエストワールド」の動画を観る裏ワザ!


「レンタルショップ行くのは面倒…」
「1話だけでも見てみたい…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「ウエストワールド」の動画を観ることができます!


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため、それを使って「ウエストワールド」を観れます。


「ウエストワールド」はポイントが必要ですが、ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒U-NEXTで無料で「ウエストワールド」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018/4時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。