▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



蚤とり侍 について
ネタバレとあらすじと感想、映画と小説の相違点も紹介します!

⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪

蚤とり侍 とは?



2002年に出版された
小松重男さんの短編小説に収録されている話です。


映画版は収録されている
・蚤とり侍
・唐傘一本
・代金百枚
をつなぎ合わせたものとなっています。


映画の本筋は
“蚤とり侍”
で、他の短編に出てくる主人公が脇役として登場します。


以下は映画の公式サイトからの引用したあらすじです。

2016年公開の映画『後妻業の女』は、結婚相談所を舞台に保険金詐欺を画策する女とその女に騙される男たちが、刹那的かつ喜劇的に表現され、大ヒットを記録しました。

メガホンをとったのは映像の魔術師・鶴橋康夫。

彼が約40年間、映画化を熱望したのが本作『のみとり侍』。

生真面目すぎるその性格が災いし、上司の逆鱗に触れ、“蚤とり業”に左遷されてしまったエリート藩士・小林寛之進。

演じるのは、映画『テルマエ・ロマエ』で古代ローマ人に扮し、日本中を笑いの渦に巻き込んだ阿部寛。

“蚤とり侍”寛之進にとって最初のお客は、おみね。

その容姿は、寛之進の亡き妻に瓜二つ!!

一人二役でこの難役に挑むのは、寺島しのぶ。

寛之進の窮地を救う江戸No.1の伊達男・清兵衛を演じるのは、豊川悦司。

このほか、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝といった個性豊かな豪華俳優陣が集結しました。

左遷されてもなお、生真面目に生きる男の姿は、滑稽であり、ただただ愛おしい。

彼が江戸の浮世で出会い、そして手に入れたものとは・・・?

前代未聞!侍が巻き起こす“床の間”の戦いの火蓋が切られる!!



⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

阿部寛さん

: 萌え❤️ 萌え❤️ キュ~ン❤️ ひろしご主人様🐰 #阿部寛 #メイド喫茶 #モニタリング

hotjpdrama_officialさん(@hotjpdrama_official)がシェアした投稿 –



主人公の小林寛之進の役です。


寺島しのぶさん

ダーリンは外国人的なコメディタッチの明るいラブストーリーかと思って観たらびっくりするくらい違った。笑 まぁ重たい内容なのに軽く描いている感じが観やすかったけれど、登場人物中々の強者ばかり。やな奴。 寺島しのぶ演じるルーシーこと節子みたいな人間世の中沢山いると思う。平凡な毎日に飽き飽きしながら、新しい何かを期待している独身女性。いい味出してました。役所広司は笑わせてくれて、南果歩は女の怖い部分を上手に演じていて、素晴らしかった🙆‍♀️ ジョシュ・ハートネット、カッコ良すぎだけど最低な役でがっかり。それでもやっぱりカッコ良く見えてしまった。はぁ、英会話の先生があんなカッコ良かったらみんなレッスン楽しいだろうね、、❤️ 求めていた内容じゃなかったけど、これはこれですごく面白かったです。 #movie #movies #映画 #映画館 #映画鑑賞 #映画記録 #映画はしご #邦画 #オールーシー #寺島しのぶ #ジョシュハートネット #南果歩 #役所広司 #映画好き

maimaiさん(@maimain1010)がシェアした投稿 –



主人公の最初の客で亡き妻に似ている おみね の役です。


豊川悦司さん



主人公が教えを乞う清兵衛の役です。


斎藤工さん



佐伯友之介の役です。


松重豊さん



主人公の藩主だった牧野備前守忠精の役です。


風間杜夫さん



主人公が世話になる蚤取り屋の店主の甚兵衛の役です。



前田敦子さん

#前田敦子 #あっちゃん #atsukomaeda #akb48 #akb

atsuko_maeda_chさん(@atsuko_maeda_ch)がシェアした投稿 –



清兵衛の妻の おちえ の役です。


大竹しのぶさん

#明石家紅白 #明石家さんま #大竹しのぶ #2018 #さんまとしのぶ #nhk #歴史 #デュエット漫才

tora tomoさん(@tora_tomo_)がシェアした投稿 –



甚兵衛の妻の お鈴 の役です。


株文枝さん



田沼意次の役です。


⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



小説と映画の相違点


映画は小説の短編をつなぎ合わせたものなので、相違点がいくつかあります。


物語の流れ


映画でスポットされるはずの、“寛之進が上達していく様子”は小説ではほぼ描かれていないのが特徴です。


寛之進に技術を仕込んだのは初めての客である“おみね”です。


そこから寛之進は自分で努力を積み上達していくのですが、小説では“4年が経過した”とアッサリと記述されています。


映画の予告動画や本編を見てから小説を読むと、肩透かしを食らったように感じるかもしれません。



清兵衛(豊川悦司)のキャラ



映画で寛之進の師匠となっている清兵衛は、短編の“唐傘一本”の主人公です。


映画では
“伊達男”
という扱いですが、小説だと清兵衛は肩身の狭い婿養子です。


小説の清兵衛は恐妻に怯えながら一大決心をして女を買ってみますが、すぐにバレて“唐傘一本”だけ持たされて家を追い出されます。


すぐに行き倒れますが、お忍びで遊んでいた器の広い殿様に拾われて丁重に扱われて暮らしています。


映画との共通点は
・恐妻家
・唐傘がトレードマーク
だけとなっております。


ちなみに、その唐傘はバイトで佐伯友之介(斎藤工)が作っていると思われます。


⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



蚤とり侍(小説) のネタバレと結末



原作小説の蚤とり侍についてネタバレと結末を詳しく紹介します。

【起】


寛之進は真面目なエリート侍だった。


殿様の趣味は、宴会の時に自作の短歌を部下たちの前で披露することだった。


殿様の短歌はわかりやすく、部下たちは楽しみにしていた。


寛之進も殿様の短歌が微笑ましく好きだった。


ある日の宴会の時、いつも通り殿様は自信満々で自作の短歌を披露する。


しかし、ソレは地元に住む人ならみんな知っている良寛という人が作った短歌だった。


殿様は偶然か無意識か、自作の短歌として披露する。


部下たちの空気がおかしくなったことに殿様は気づく。


殿様はちょうど目が合った寛之進に聞いてみると、寛之進は
“恐れながら、良寛の作にござります”
と正直に答える。


殿様は部下の前で恥をかいたことを寛之進のせいにして
“明朝より猫の蚤とりになって無様に暮らせ”
と命じて寛之進を追い出す。



【承】


真面目な寛之進は殿様の命令通り、蚤とりになることにする。


蚤とり屋の旦那は侍の寛之進が蚤とりになるのに驚いて、最初は真に受けなかった。


旦那は
“寛之進は潜入捜査をして仇討をするために蚤とり屋になりきる必要がある”
と勘違いをして協力する。


寛之進は着替えさせられて、犬の皮を携帯させられる。


犬の皮は“本来の蚤とり”をするにあたって必須のアイテムだった。


温めた犬の皮で猫をくるむと、蚤は温かい犬の皮に移動してくる。


蚤が移動したら素早く猫を放して、捕まえた蚤を囲炉裏に捨てるのが“本来の蚤とり”の仕事だった。


寛之進は本気で蚤とりをする気だったが、旦那が勘違いしたままなのに戸惑いつつも商売を始める。


寛之進は旦那に教わった通り
“猫の蚤とりましょう~”
と声を張り上げながら歩きだす。



【転】


寛之進の初めての客は、死んでしまった妻にそっくりのおみねという女だった。


寛之進が
“飼い猫の姿が見えぬようだが…”
と戸惑っていたため、おみねは呆れて寛之進を罵りながらもリードする。


行為中も戸惑う寛之進に、おみねは秘戯の数々を教える。


おみねは寛之進を罵りつつも謙虚な態度と侍言葉を気に入ったようで
“ほんとうならこっちが貰いたい”
と言いながらも破格の報酬を渡す。


寛之進はおみねとの行為で精魂尽き果てて、蚤とり屋に帰っていく。


寛之進は旦那に改めて自分の境遇を説明すると、旦那はようやく寛之進が本気で蚤とりをしたいのだと気づく。


しかし、元侍の寛之進を雇うとなると
“武士たる者を唆して売淫させるとは不届至極”
とお上に怒られるのを恐れて寛之進を追い出す。


寛之進は自営業で蚤とりをしようとするが、うまくいかずに一文無しになり乞食になってしまう。


汚い乞食になり果てた姿で、もう一度蚤とり屋の旦那を頼ることにする。


旦那は寛之進の話を改めて聞き
“青臭い殿様の根性を、身をもってお諫めするわけですね?”
と寛之進の心中を勝手に拡大解釈して受け入れる。


寛之進は
“そこまで気負ってはいない…”
と戸惑うが、旦那は寛之進を一流の蚤とりに育てると意気込んでいた。


もともと真面目な寛之進は評判が良く
“蚤とり侍”
の異名で名物となる。


竹光(刃の部分が竹の刀)を腰に差した姿で客引きをしていた。


ずいぶん遠くからもお呼びがかかるようになり、一軒家を借りて毎日うまい食事をとれるようになる。


また、“蚤とり”という職業があるおかげで、江戸時代の女房達は辛い浮世を楽しく過ごせた。


女房達は横柄な夫たちに
“いつでも別れてやる、男が欲しくなったら「猫の蚤とり」を買えばいいんだ。さっさと三行半でも書きやがれ”
と強気に出ると、夫たちは女房を大切にしてみるみる品行方正になっていった。


寛之進は“猫の蚤とり”を有用で崇高な職業だと確信する。


寛之進は
“小さい時から学んできた孔子や孟子の教えなぞ糞くらえ。食と色の快楽を忌み嫌う学問など、真実うまい飯と味とまぐのわい喜びを知らないか、知っているくせに他人に隠すケチな奴らの戯言だ”
という気持ちになる。



【結末】


寛之進が“猫の蚤とり”になって4年の歳月が過ぎる。


商売は順調だったが、老中が変わり“猫の蚤とり”は禁止になってしまう。


寛之進は真っ向から反対して、わざわざ月番奉行所の門前へ出向いて
“猫の蚤、とりましょう”
と大声を張り上げて抗議する。


元侍の寛之進なら捕まった後に士分として扱われると思っていたが、問答無用で牢へ入れられてしまう。


刑は即日執行で
「晒の上鋸引き」
というものだった。


橋の近くに連れていかれて2日間晒されて、傍らには竹で作った鋸が置かれ
“通行人の誰でも勝手に咎人の首を引くべし”
と札が立ててある。


寛之進は
“竹の鋸で引かれたら痛いだろうな…”
と思っていたが、鋸を引く見物人は一人もいないので拍子抜けする。


店の旦那は妻と一緒に寛之進を心配して、何度も見に来て励ましていた。


二日間の刑が無事に終了すると旦那は寛之進を迎えに行くが、藩が寛之進の身柄を確保して“科人(罪を犯した人)”として連れて行ってしまう。


1年後
“寛之進の一周忌”に、寛之進が世話になった蚤とり屋の旦那に招待状と金が届く。


旦那と妻が出向くと、寛之進は立派な屋敷に住んでおり二人を出迎える。


寛之進は藩校の長に就任していた。


江戸では姿を消した“猫の蚤とり”が寛之進の住む町では現れて、男どもの身勝手を抑えて女たちの幸せを護っていた。



⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



蚤とり侍(小説) の感想


“憎むべき悪役はいない”ので、気持ちよく最後まで読むことができ楽しめました。


寛之進に理不尽な仕置きをした殿様も、最終的には自分の言いつけを真面目に守り通した寛之進を迎え入れています。


おそらくは寛之進は真面目で正直過ぎて、空気が読めなかったのだと思います。


寛之進が殿様に言ったことは事実ですが、たくさんの部下がいる前で殿様に恥をかかせたのも事実です。


もしも寛之進がアドリブで笑いを取ってあの場を乗り切り、後でさりげなく殿様に“あの短歌は良寛の作”と伝えることができたら殿様は
“寛之進が機転を利かせてうまく自分の面目を守ってくれた”
と感じていたかもしれません。


その“クソ真面目さ”は殿様の言った通り“猫の蚤とり”になったあとも継続していました。


そんな愚直な寛之進の姿を見た殿様は、おそらく自分の軽い気持ちの捨て台詞を恥じたのだと思います。





小説では“おみねとのその後”は全く描かれていません。


また、藩に連れていかれた後の寛之進もほぼ描かれていません。


読者としては
“寛之進はどんな生活をしているの?おみねとはどうなったの?”
というのが非常に気になります。


映画ではその辺を描いてくれていると思うので、映画が公開されるのが楽しみです!


⇒無料で「蚤とり侍」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

▽▼▽無料で「蚤とり侍」を観る▽▼▽



無料で「蚤とり侍」の動画を観る方法

 
無料で「蚤とり侍」の動画を観る裏ワザ!
 

「気になってたけど見逃した…」
「映画館行けなかった…」
「名シーンを観直したい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「蚤とり侍」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「蚤とり侍」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※蚤とり侍は、2019年5月6日までの配信です。
※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。