黒井戸殺し のネタバレと感想、原作「アクロイド殺し」についても紹介します!

黒井戸殺し はアガサ・クリスティーの推理小説“名探偵ポワロ”の中で起きる事件の一つ「アクロイド殺し」が元ネタです。

三谷幸喜が脚本を担当して、日本を舞台としてアレンジされています。

「アクロイド殺し」の犯人もネタバレします!

⇒無料で「黒井戸殺し」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です

黒井戸殺し とは?

#黒井戸殺し #放送日決定! #大泉洋 #野村萬斎 #三谷幸喜 はやく観たい!

まれさん(@001234xoxo)がシェアした投稿 –


アガサ・クリスティーの推理小説
“名探偵ポワロ”
の中で起きる事件の一つ
「アクロイド殺し」
が元ネタです。

⇒無料で小説「アクロイド殺し」を読むならコチラ♪
※公式サイトなので安心です


三谷幸喜が脚本を担当して、日本を舞台としてアレンジされています。


以下はフジテレビの公式サイトのあらすじです。

昭和27年3月、片田舎・殿里村で、富豪の未亡人・唐津佐奈子(吉田羊)が寝室で死亡しているのが見つかった。

村で唯一の医師である柴 平祐(大泉洋)は、その検死のため朝から唐津邸を訪れた。

死因は睡眠薬の過剰摂取。

佐奈子は昨年、夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したのでは、と推測する。

柴の親友で村一番の富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでいたため、彼女の死に大変なショックを受ける。

黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴と二人になると、佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた、と明かした。

そこへ、佐奈子から遺書が届く。

黒井戸は一人でそれを読みたいと言ったため、柴は屋敷を後にした。

屋敷を出たところで、柴は、復員服を着た見知らぬ男(和田正人)とすれ違い、不審に思いながら帰宅する。

すると、黒井戸が何者かに殺害された、と黒井戸の執事・袴田(藤井隆)から電話が来た。

柴が屋敷に駆け付け袴田に聞くと、そんな電話をした覚えはないと言う。

嫌な予感がした柴は、黒井戸の部屋の鍵を壊し中に入ると、黒井戸が短剣で背中を刺されて死んでいた。

その後、屋敷に刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査が始まった。

聴取を受けた女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけた、と証言したことから、春夫に疑いがかかる。

春夫の婚約者・花子は、春夫の疑惑を晴らそうと考えを巡らす。

半年前に柴家の隣に引っ越してきた職業不定の不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だと思い出した花子は、ぜひ勝呂に捜査を依頼したいと、柴に相談に来る。

あまり気乗りしない柴だったが、花子の必死の願いを受けて勝呂に捜査を依頼。

勝呂は花子の依頼を快諾。

柴に、ホームズのワトソンの様に相棒としての協力をお願いする。

渋々勝呂と行動を共にすることにした柴。

コンビとなった二人は、捜査を開始、警察や黒井戸邸を訪れる。

袖丈警部から、失踪した春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞いた勝呂は、黒井戸家の女中・明日香(秋元才加)を始め、関係者全員から証言を得る。

すると、次々と不可解な事実が浮かび上がる。

そんな中、黒井戸の弁護士・鱧瀬(浅野和之)は、黒井戸親族や関係者を集め遺産相続について話し始めた。

すると、衝撃的な事実が明らかとなり…。




⇒無料で「黒井戸殺し」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



原作「アクロイド殺し」とは?



アガサ・クリスティの6作目の長編推理小説です。


“ポワロ”という探偵が活躍するシリーズの中の、1つの事件となっています。


“探偵を引退したポワロの隣人の手記”
という形で描かれていきます。


この描き方が、作品の発表直後に大論争となったそうです…


⇒無料で小説「アクロイド殺し」を読むならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



斬新なトリックとは?


“語り部が犯人”
というのがポイントです。


読者の先入観から、まず除外される人が犯人だったという意外性がこの作品を有名にした要因となります。


ポワロの推理を聞くと、確かに語り部のジェームズ以外に犯行を犯せる人はいません。


なので読者はポワロの推理を聞いているうちに
“もしかしたらまさかの…”
と徐々に察していく面白さがあります。


“騙されたこと”
を楽しめるタイプの人は面白いと感じるかもしれません。


そうでないタイプの人は
“そりゃないだろ!”
と不快に感じるかもです。


⇒無料で小説「アクロイド殺し」を読むならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



フェア・アンフェア論争とは?


ロナルド・ノックスという人が提唱する
“ノックスの十戒(探偵小説十戒)”
というものがあります。


推理小説を書く際に、守らなければならないルール10個です。


「アクロイド殺し」はコレの⑨に違反していると主張する人が沢山いて、“読者に対してアンフェアだ!”と論争が起きました。


作品が発表された当時は、この作品の肯定派と否定派に別れて激しく論争がされたそうです。


“ノックスの十戒”の内容は以下の通りです


犯人は物語の当初に登場していなければならない


探偵方法に超自然能力を用いてはならない


犯行現場に秘密の抜け穴・通路が二つ以上あってはならない(一つ以上、とするのは誤訳)


未発見の毒薬、難解な科学的説明を要する機械を犯行に用いてはならない


中国人を登場させてはならない


探偵は、偶然や第六感によって事件を解決してはならない


変装して登場人物を騙す場合を除き、探偵自身が犯人であってはならない


探偵は読者に提示していない手がかりによって解決してはならない


“ワトスン役”は自分の判断を全て読者に知らせねばならない


双子・一人二役は予め読者に知らされなければならない






似ている話の進め方として、シャーロックホームズのシリーズがあります。


コチラはホームズの助手のワトソンの主観によって描かれています。


ワトソンの思ったことや見たことが、そのまま自動的に文章になっている感じです。


「アクロイド殺し」との違いは、「アクロイド殺し」は犯人のジェームズの“手記”という点です。


犯人であるジェームズが“手記”として事件を記録していたことを認識すれば、「アクロイド殺し」はこの“ノックスの十戒を破っているワケではない”ととらえることもできます。





初めて殺人を犯したジェームズが、気が動転して(懺悔の気持ちもあるかもしれません)それを“手記”として記録に残していたとしても不自然ではありません。


“手記”として記録する中で、自分に不都合な箇所から目をそらして記述しないのも頷けます。


また、“もしかしたら自分以外に犯人がいるのでは?”と変な自己暗示にかかり、白々しく犯人を知らないフリをして記述してしまっているとも捉えられます。


しかし、最終的にはポワロに
“あなたが犯人です”
ときっちり指摘され、観念して最後はちゃんと犯行を認めて手記をまとめたのかもしれません。


その辺の
“人間とは矛盾した思考を持っており、自分にとって都合のいい解釈をする生き物である”
という認識をもって読み進めることができれば楽しめる作品です。


⇒無料で小説「アクロイド殺し」を読むならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



原作小説「アクロイド殺し」を読んでみた感想は?


非常にボリュームがあり、動画と比べて登場人物の背景が丁寧に描かれています。


また、ポワロの話の本筋とは関係ない面白い発言が多いので、キャラの魅力を感じることができます。





“映像化不可能”
というキャッチフレーズの通り、この作品をちゃんと楽しむには小説をまずはじめに読む必要があります。


wikiでネタバレしたり、動画を観てしまうと魅力は半減どころかほぼ皆無です。





本編とは関係ないのですが、作中の記述で面白かった点を紹介します。


作者のアガサクリスティはイギリス人の女性です。


ラルフという男性の登場人物について以下のように書いています。

“イギリス人にしては珍しいほど美しい少年”


フローラという女性の登場人物について以下のように書いています。

“抜けるように白い肌と見事な金髪。目はブルー、ノルウェーのフィヨルドの海を思わせる深い青色。肌はクリームのようになめらかで、頬にほんのりとバラ色がさしている…”
とベタ褒めして最後に
“まぎれもない本物のイギリス娘”
と締めくくっていました。


アガサクリスティは作中でイギリス人について、男性をバカにして女性をべた褒めしています。


読者目線からは
“アガサクリスティは若いころにイギリス人男性に酷い目に遭わされたのかな?”
と想像してしまいました。


こうした小ネタは、小説を読むことでしか楽しむことができません。


機会があったら是非とも原作小説を読んでみることをおすすめします。


⇒無料で小説「アクロイド殺し」を読むならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



「アクロイド殺し」の動画を観た感想は?


名探偵ポワロ「アクロイド殺し」の動画は、残念ながら“普通の殺人事件”です。


この作品のキモは
“語り部が犯人”
というところです。


殺人のトリック自体は非常に幼稚で雑ですが、キモはソコではありません。


“語り部が犯人で読者(視聴者)を欺く”
というのを全く表現できていませんでした。


まず最初に、ポワロが手記のようなものを読み始めます。


ソレが犯人が書いた事件の記録で、回想シーンのように本編が始まります。


キモの部分の表現は本当にソコだけです。


ラストシーンでポワロは手記を読み終えて保管して終了です。


小説を読んだりwikiを読んだ後に動画を観ると
“ソレでキモの部分を表現しているの?”
という拍子抜けの印象を受けます。


動画から入った人は
“どういうこと?”
とそもそも理解ができないかもしれません。


“映像化不可能”
なものを映像化してしまったので仕方が無いと思いますが…


⇒無料で「アクロイド殺し」の動画を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



犯人は?

※ネタバレ注意

犯人はポワロの助手を務める医師のジェームズです。


原作「アクロイド殺し」の犯人がわかれば、それに該当する“黒井戸殺し”の登場人物が犯人だと判明します。


“黒井戸殺し”
でそのポジションに該当するのは
大泉洋さんが演じる柴平祐です!


原作を知らない人がコレを知ったらビックリでしょう。


“黒井戸殺し”
の公式サイトのトップページで、探偵役の隣にいる男が犯人だなんて誰も思わないですよね…






これは三谷幸喜の腕の見せ所だと思います。


描き方次第では、とんでもない炎上に発展する可能性もあります。


もしかしたらソレを狙って「アクロイド殺し」をチョイスした可能性もありますね…


どんな感じになるか、放送が楽しみです!


⇒無料で「黒井戸殺し」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



黒井戸殺し のネタバレ


疑問点や気になる箇所をまとめました。


全体の流れは?


唐津佐奈子(吉田羊)が夫を毒殺



検死をした柴平祐(大泉洋)は唐津佐奈子(吉田羊)が毒殺したと気づく



柴平祐(大泉洋)が唐津佐奈子(吉田羊)を恐喝する



唐津佐奈子(吉田羊)が自殺



唐津佐奈子(吉田羊)は全てを明かした遺書を黒井戸(遠藤憲一)に送る



黒井戸(遠藤憲一)が柴平祐(大泉洋)を呼び出して、唐津佐奈子(吉田羊)の相談中に遺書が届く



黒井戸(遠藤憲一)が遺書を読んですべてを知り、目の前にいる柴平祐(大泉洋)が唐津佐奈子(吉田羊)を恐喝していた犯人だと知る



黒井戸(遠藤憲一)はヤバいと思い、柴平祐(大泉洋)を強引に帰そうとする



柴平祐(大泉洋)が黒井戸(遠藤憲一)を殺害してイロイロ偽装工作をする



柴平祐(大泉洋)は何食わぬ顔をして勝呂武尊(野村萬斎)のワトソン役をする



屋敷にいる人全員が何かしらの秘密があり、怪しいが勝呂武尊(野村萬斎)は柴平祐(大泉洋)が犯人だと推理する



勝呂武尊(野村萬斎)はすぐに犯人を打ち明けずに、後日、柴平祐(大泉洋)を呼び出す



柴平祐(大泉洋)は犯人だと指摘されると観念する



柴カナ(斎藤由貴)が偶然を装いやってきて、柴平祐(大泉洋)に銃を渡す



柴平祐(大泉洋)は大暴れして銃をぶっ放すが、最後の一発で自殺する



勝呂武尊(野村萬斎)は柴平祐(大泉洋)がまとめた手記を推理小説として出版社に持っていく。




⇒無料で「黒井戸殺し」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



黒井戸殺し の感想

※放送後追記予定です


⇒無料で「黒井戸殺し」を観るならコチラ♪
※公式サイトなので安心です



無料で「黒井戸殺し」を観る方法

 
無料で「黒井戸殺し」の動画を観る裏ワザ!
 

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「黒井戸殺し」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「黒井戸殺し」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


FODプレミアムなら1カ月で合計1200ポイント貰えて、ポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!