スニッファー スペシャル について
ネタバレと感想、過去作の動画を無料で観る方法を紹介します!

⇒無料で「スニッファー」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



スニッファー スペシャル のあらすじ

死体が花びらで彩られた謎の連続殺人事件。

嗅覚捜査官・華岡信一郎(阿部寛)は細菌を培養したような謎の匂いを遺体から嗅ぐ。

一方、小向達郎(香川照之)は捜査チームから外され、代わりにFBIで学んだプロファイラー七条香奈(波瑠)がチームに加わることになる。

達郎は独自に捜査をすすめていくが、謎の男に拉致、監禁されてしまう。

華岡は遺体から嗅ぎ取った匂いの正体を突き止めようと、かつての同僚の研究者・岩渕幸雄(松尾スズキ)を訪ねていく。

そこで細菌兵器によるバイオテロの可能性が浮上。

薬害で家族を失った男・佐伯誠二や、かつての厚生労働大臣(西村まさ彦)ら裏で糸引く男たちの思惑が絡み合うなか、華岡はバイオテロを防ぐことが出来るのか!




⇒無料で「スニッファー」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



スニッファー スペシャル のネタバレ


華岡は藤森大臣から依頼を受けて仕事に向かう。


藤森大臣は何者かから浮気現場の写真を突きつけられて脅されていた。


その日はパーティが行われており、藤森大臣の関係者が沢山訪れていた。


華岡は鼻栓を外して、送られてきた写真の匂いを嗅ぐ。


パーティ会場に行き、客たちの匂いを嗅いで回る。


華岡に匂いを嗅がれた客たちは怪訝な表情をしていた。


華岡は写真に付着した匂いがする人を特定させる。


犯人は藤森大臣の奥さんだった。


華岡は報酬を受け取り帰っていく。





ある連続殺人事件が起きていた。


小向は華岡の協力を仰ぐため、華岡の元を訪れる。


華岡は小向に防護服を着せて家にいれる。


引っ越したばかりで小向の匂いが部屋に付着するのが嫌なのだという。


小向は
“異動事例が出た”
と嘆いていた。


華岡は興味がなさそうににやけていた。


小向は
“アンタには友情がないのか?”
と聞くと、華岡は
“どんな匂いだ?”
と首をかしげる。


小向は呆れながらも華岡を現場に連れていく。





被害者の胸の上にはバラの花びらが乗せられていた。


死因は胸部の傷からの失血死だった。


華岡は鼻栓を外して現場の匂いを嗅ぎだす。


華岡の目には匂いを通じて犯人の特徴が見えていた。


華岡が早口で言う犯人のヒントを刑事たちはメモをする。


華岡によると、被害者は別の場所から運ばれてきたのだという。


また、華岡にも判別不能の得体のしれない匂いがしていた。


小向は被害者の顔を見て
“どっかで見た顔…”
と引っかかっていた。


小向の引継ぎとして七条がやってくる。


華岡はあいさつ代わりに七条の匂いを嗅ぐことで、あらゆる個人情報を言い当てる。


七条は慌てて華岡を遮る。





一同は警察署に帰り状況を整理する。


これまでの被害者は同じ殺され方をしていた。


どの被害者も、志望する前に誘拐されて監禁されていた。


しかし、殺すときはアッサリとしていた。


小向は被害者の顔写真を見て何かを思い出しそうだった。





華岡は不明だった匂いが気にかかっており、自宅の研究室で調べていたがわからなかった。


小向は華岡に電話して
“あの被害者交番で見たことあるけどなんか思い出せない・・”
と相談する。


華岡は
“かび臭い交番の匂いでも嗅ぎに行け”
とめんどくさそうにいう。


華岡は自分の何気ない言葉から
“あの匂いはカビかもしれない”
と思い、元妻の元を訪れる。


華岡は旧友の岩淵と再開する。


岩淵はカビの研究をしているというので、華岡は匂いをかがせてもらおうとする。


華岡はいろんな微生物の匂いをかがせてもらうが、特定できなかった。


岩淵は華岡と妻の恵美に自分で淹れたモカを振舞う。


華岡はモカは嫌いな様子だった。


岩淵はバツイチなことを明かす。


華岡は久々の再会の雑談よりも、現場で嗅いだ匂いが気になっている様子だった。





小向は華岡のアドバイス通り、昔勤務していた交番の匂いを嗅ぎに行く。


小向は
“思い出した!”
と絶叫して帰っていく。





その頃、新たな被害者が出ようとしていた。


犯人は酔っているターゲットに襲い掛かっていた。





華岡は翌日も匂い探しに夢中になっていた。


華岡の元を七条が訪れる。


七条も防護服を着せられる。


七条が
“また殺された、現場にお願いします”
というので、すぐに現場に向かうことになる。


現場は漬物工場だった。


華岡は鼻栓を外すとすぐに漬物の異臭に顔をしかめる。


華岡は被害者の匂いを嗅ぐ。


また得体のしれない匂いがしていた。


匂いから、前回の被害者を殺したのが今回の被害者だと指摘する。


華岡はそれを確かめるため、他の現場も行くことにする。





小向は独自で捜査を進めていた。


すると、被害者の経歴におかしな箇所があるのが判明する。


小向は“ゼネラル製薬”の薬害事件を調べることで、冴木という男に行きついていた。





華岡は他の現場に行き匂いを嗅ぐことで、自分の仮説があっていることを確信する。


最初の被害者を殺したのは次の被害者で、その連鎖はまだ続いている。



すると、最新の被害者を殺した犯人は今頃どこかで殺されている可能性があった。





華岡は女医の由紀とデートしていた。


仕事の話を楽しそうにする華岡に由紀は引いていた。


華岡なりに由紀を楽しませようとしているようだが、逆効果だった。


華岡は小向から電話を受ける。


小向は
“薬害事件の被害者が関係者を殺している”
と事件の核心に至っており、それを華岡に伝えていた。


被害者は全員が薬害事件の関係者だった。


ゼネラル製薬の担当者と厚生労働省の当時の関係者が被害に遭っていた。


小向は
“犯行現場に冴木の匂いがないか調べてもらいたい”
と華岡に言おうとするが、華岡は匂い以外には興味がないので電話を切ってしまう。


その直後に小向は冴木に襲われていた。


華岡はデートを再開するが、それまでの会話で
・薬害
・実験
・監禁
というキーワードからある可能性を導き出す。


“被害者たちが監禁されていたのは人体実験されていたから”
と確信する。


監禁の帰還が徐々に短くなっていることから、実験が完成に近づいているのが伺えた。


華岡は七条に連絡して、遺体の血液検査を再度するという。





血液検査の結果、炭疽菌が検出される。


七条は上司に報告する。


華岡は岩淵から今回の炭疽菌について説明を受ける。


岩淵はテロの対策にも携わっており、炭疽菌の特効薬も研究していたという。


現場の警察官たちは華岡も含めて特効薬をうってもらう。


岩淵は
“炭疽菌に遺伝子操作して強力になっており、AXという名前を付けている”
という。


華岡は遺体からした匂いはソレだと確信する。


岩淵は最新のAXに対する特効薬は急いで研究中だという。


岩淵は華岡でもAXの匂いは嗅ぎ分けられないというが、華岡は
“匂わない匂いはない”
と自信満々だった。






次の被害者が発見されるので、華岡は現場に急行する。


しかし、速やかに除染作業が行われており、華岡は慌てて現場の中に入っていく。


華岡は鼻栓を外して遺体の匂いを嗅ぐ。


匂いから、前回の被害者を殺害したのは今回の被害者だと確信する。





小向は目を覚ますと、ベッドの上に拘束されていた。


防護服を着こんだ冴木が近くにいた。


小向は
“ひどい話だよな…”
と冴木の心中を察して厚生労働省やゼネラル製薬の非を指摘する。


小向は
“アンタの奥さんは残念だった…”
というと、小向は
“被害者は6人ではなく7人だ、妻は妊娠していた…”
と怒りに震えていた。


冴木はアメリカで同じような事件が起きると、膨大な額の訴訟が起きることを指摘する。


日本ならその心配はないため、実験台に使われたのだと主張する。


冴木は
“国が非を認めて罪を認めるまで続ける”
という。


また、無関係な人間も巻き込むテロ行為も辞さない様子だった。


冴木は
“散布用AXの実験”
といって部屋から出る。


冴木がボタンを押すと、小向にAXが降り注がれる。





警察は
“容疑者の確保よりもAXの対処が最優先”
という方針を取る。




華岡は由紀と一緒に図書館に来ていた。


“ペスト”について描かれた絵を見ていた。


由紀はその絵に詳しかった。


その絵が表現するのは
“善と悪は表裏一体”
というものだった。


“科学には光と闇がある”
のだと二人は認識する。





七条が警察署でパソコンを見ていると、小向を映した動画が送られてくる。


小向は現場で死を覚悟していた。


冴木はドアの外で小向の様子を監視している。


七条たちは小向の状況を察して、すぐに小向の捜索を開始する。


華岡は七条から連絡を受けてパソコンを見る。


華岡は小向の様子を見て
“なんだこれ?”
と呟く。


華岡は小向から受けて電話を思い出し、七条に告げる。


・薬害事件
・犯人は被害者の会代表の冴木
というと、七条は
“ソレ一番大事なこと”
と呆れていた。


華岡は
“犯人に興味ないし…”
と悪びれる様子はなかった。





小向は手元に携帯があるのに気づく。


壊れかけて電池も残り少ないが何とか使える状態だった。


小向は死ぬ前に由紀に想いを伝えようとするが、間違えて実家につながってしまう。


小向は気づかずに思いを伝えるが、息子の告白を聞いた母親は
“コレがアンタのやり方かい?”
と呆れていた。


母は
“オレオレ詐欺と同じ、情けない”
とダメ出ししていた。


小向は
“うるせぇよ”
といって電話を切る。


もう一度、由紀に電話をかけようとするが電池が切れてしまい、小向は絶望する。





小向の携帯の電池が切れてしまうため、七条たちは小向の携帯の電波をたどることができなくなる。


冴木のことを調査していると、潜伏場所を割り出すことに成功していた。


もぬけの殻だったが、最近まで使われている形跡は会った。


華岡は匂いを嗅いで
“例の匂いはしない”
と帰ろうとするが、七条は慌てて
“せめて小向の場所を…”
と懇願する。


華岡は匂いから
“レトルト食品の匂い”
に気づく。


その周辺の潰れたレトルト食品工場を探すことになる。


警察署には小向の動画と一緒に
“薬害事件の全貌を公開しろ”
と送られてくる。


冴木のメッセージから、藤森大臣も関係している様子だった。


七条はサットを連れてレトルト工場に行くと、冴木を発見する。


冴木が銃で応戦してくるため、仕方なく冴木を射殺する。


七条は冴木の手に握られていたUSBメモリを気づかれないように回収する。


小向が監禁されている部屋が割り出される。


危険な状態だったため、うかつには近づけなかった。


華岡は岩淵に電話して
“相棒が死にそうなんだ、頼む”
と小向を救うように懇願する。


華岡は防護服を着て小向に駆け寄り悪態をついて励ます。


岩淵が到着して特効薬を持ってくる。


小向はギリギリ間に合った様子だった。


岩淵は華岡に
“除染前に現場に入らないほうがいい”
と注意する。





一件落着したようすで、七条は藤森大臣に報告する。


藤森大臣は七条を気に入っている様子だった。


七条は
“薬害事件のことは知らなかった”
というが、藤森大臣は悪びれていない。





藤森大臣はオリンピックに向けてのテロ対策を発表する会見に臨んでいた。


岩淵も参加して表章される予定だった。


華岡は
“事件はまだ終わっていない”
と気づいており、改めて現場に向かい匂いを嗅ぐ。


しかし、除染によりすべての匂いが消えていた。


全ての部屋の匂いを嗅ぎに行くと、華岡は
“犯人わかっちゃった”
とほくそ笑む。


華岡は鍵がかかった冷蔵庫から何かを発見する。


華岡は箱の中身の検討がついている様子だった。






藤森大臣が得意げに会見を進めていた。


岩淵の表章になり、万来の拍手が送られる。


そこに華岡と岩淵たちが訪れて拍手を中断させる。


華岡は岩淵に
“お前だろ、人体実験の場所からモカの香りがした”
と指摘する。


岩淵はごまかそうとするが、すぐに無理だと察してポケットから注射器を取り出す。


岩淵は躊躇なく藤森大臣に注射する。


また、起爆装置のようなモノを見せて、ボタンを押すと最低でも3万人が死亡するという。


会場はパニック状態になって、みんな逃げ出していた。


会場には岩淵と華岡達だけになる。


岩淵は全てを話し出す。


薬害事件の薬を開発したのは岩淵だった。


岩淵は
“治験が全然足りていない”
と主張していたが、厚生労働省や薬品会社は強引に市場に流して事故が起きていた。


一研究者の岩淵はどうすることもできなかった。


その時のトップは藤森大臣だった。


冴木を中心として被害者団体が活動をしていた。


岩淵は冴木たちに深く頭を下げており、そのことで冴木は岩淵のことを知る。


岩淵はその後は藤森大臣に口封じを兼ねて飼い殺し状態だった。


そんな時に冴木が岩淵に接触していた。


“関係者全員を同じ目に遭わせる”
ということで、冴木と岩淵は協力していた。


AXは見事に完成していた。


岩淵は
“特効薬の場所を知っているのは俺だけ、今すぐ薬害事件について懺悔しろ藤森”
という。


藤森大臣は
“俺は悪くない”
と強がりながらも苦しそうだった。


岩淵は
“コイツだけは許せない”
と怒りに震えていた。


華岡は
“コレ特効薬だろ”
と現場で発見したケースを見せる。


岩淵は失笑するので、華岡は開けてみる。


中には何本か試験管があった。


岩淵によると、本物は1本しかないのだという。


他にはAXが1本あり、他のは安定剤だという。


岩淵は
“当て見ろ。お前の鼻でも嗅ぎ分けることはできない”
と自信満々だった。


華岡は鼻栓を外し、試験管の匂いを嗅ぎだす。


少しだけ封を開けて匂いを嗅ぐと、違うモノはおもむろに投げ捨てる。


小向たちは驚いていた。


華岡は
“岩淵、楽しそうだな”
と岩淵の本当の気持ちを察して指摘する。


華岡は話しながらもAXと特効薬以外の試験管を無造作に放り投げていた。


“未知のAXを開発するのが嬉しかったんじゃないのか?”
と華岡は皮肉な笑みを浮かべる。


小向はAXにビビって大騒ぎしていた。


華岡は
“原爆を作ったオッペンハイマーは、戦後に水爆を作ったソ連に反対していた。俺が思うに、原爆を作った後悔からではない。水爆に嫉妬したんだ。それが科学者だ…”
というと、岩淵は図星を突かれたようだった。


華岡は最後の2本の匂いを同時に嗅ぐ。


華岡はもう一度、片方の匂いを嗅いで
“コレだ”
といって、AXの方を投げ捨てる。


刑事がなんとかキャッチする。


岩淵は華岡の嗅覚に観念した様子で膝から崩れ落ちる。


七条が華岡から特効薬を受け取り、藤森大臣に注射する。


藤森大臣は
“これで俺はヒーローになれる”
とほくそ笑み全く反省していない。


華岡は岩淵に
“1本だけ匂ったんだ。お前の涙の匂いがな…”
という。


岩淵の妻は脳腫瘍で亡くなっていた。


岩淵は薬の開発に尽力していたが間に合わなかった。


岩淵は
“あばよ、鼻男”
といって連れていかれる。


華岡は自分の目から出る涙の匂いを嗅いでみて失笑する。






藤森大臣は得意顔で会見を受けていた。


しかし、突然会場のスクリーンに被害者たちが
“全部藤森が悪い”
と主張する動画が流れる。


動画を撮影したのは冴木で、動画を流したのは七条だった。


華岡は七条に
“やるもんだな、藤森大臣の不倫相手アンタだろ”
と指摘する。


七条は
“警察は男社会、それを変えるために上に行くには私は毒を呑む。吐き気を抑えながら”
と決意を宣言する。





華岡は妻の恵美に事件の顛末を報告していた。


恵美は
“岩淵さんはどこかでアナタに止めてほしかったのかもね”
という。


二人が歩いてると小向が二人を撮影して
“ヨリを戻したってことだね、由紀先生に報告する”
と騒いでいた。


ちょうど由紀がやってくるので、小向は報告するが由紀は無視していた。


由紀は
“さっき通りすがりの女性に頼まれた”
といって、小さい箱を華岡に渡す。


華岡が箱を開けると、AXが入っていたのと同じ見た目の試験管だった。


小向は驚いて警戒していたが、華岡は無造作に開けてしまう。


白い粉が華岡の顔に付着して、華岡はくしゃみをする。


華岡のくしゃみで飛び散った白い粉で、周りにいたみんなもくしゃみをする。


⇒無料で「スニッファー」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



スニッファー スペシャル の感想


海外ドラマの“メンタリスト”を思い出しました。


メンタリストは刑事モノで、ジェーンという主人公が警察のコンサルタントをしています。


ジェーンはタイトル通りメンタリストで、初対面の人を観察してプライベートの秘密まで簡単に暴いてしまいます。


そんなジェーンはクソ野郎ですが、とてもかっこいいです。


それに対して華岡の微妙にカッコつかない感じがいいですね。


イチローのルーティーンのように鼻栓を外すシーンがお決まりですが、かっこいいのか悪いのかものすごく微妙です。


捜査中に死体や現場の匂いを嗅ぎまわるのも異様な光景です。


そこからの現場の匂いを言い当てて、犯人の手掛かりを見事に言い当てるというギャップ効果がよかったです。





阿部寛という役者だからこそできる役だと思いました。


仮に福山雅治だとイケメン過ぎて逆に気持ち悪いかもしれません。


阿部寛の濃い顔立ちと、テルマエロマエなどで磨かれたコメディを演じるスキルがあってこそのようです。





華岡の匂いを嗅ぎまくるという異様な光景とは裏腹に、ストーリー自体は非常にシビアでした。


薬害被害者によるテロ活動で、“アメリカでは訴訟になるから日本で実験をした結果の被害者遺族の復讐”でした。


非常に上手くできているのは、複雑に見えそうな背景を作品の中で自然と視聴者に説明できていたところでした。


被害者遺族が復讐をする理由と相手には納得がいくもので、思わずテロリストサイドを応援してくなってしまいます。


また、この話は実際にあった“薬害エイズ”をオマージュしているのだと思います。


実際にあった事件を参考にしているので、リアリティもものすごくありました。





華岡のシーンで印象的でかっこよかったのは、ラストで岩淵を説得するシーンでした。


“オッペンハイマーは嫉妬したんだ”
と見事に岩淵の心中を指摘して、それは図星だったようです。


特効薬を探しあてた後の
“お前の涙の匂いがした”
というのもキザなセリフでした。


“モカの匂いがしたのかな?”
と視聴者に思わせておいて、“お前の涙の匂い”ときたのは意表を突かれてかっこよかったです。





最後までよくわからなかったのは、七条の電話の相手でした。


アレってやはり冴木でしょうか…?


冴木が撮影していた動画を七条が“ここぞ”という場面で公開していました。


七条は
“上に行くために毒も呑む”
と宣言しています。


どんないきさつかはわかりませんが、七条は冴木のことを知り自分の利害と一致して手を組んだのかもしれません。


もしくは未登場の人物しょうか…?


七条の下克上物語も面白そうですね。


⇒無料で「スニッファー」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で動画を観る方法

無料で「スニッファー」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はmusic.jpなら
無料で「スニッファー」の動画を観ることができます!


今なら入会時に合計2330ポイント貰えて、
ポイントを使用して「スニッファー」を実質無料で観ることができます!


1330ポイント分は動画だけでなく、漫画や音楽にも使うことができます。


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒music.jpで無料で「スニッファー」の動画を観るならこちら♪