西郷どん 11話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

西郷どん 11話のあらすじ

「斉彬暗殺」

篤姫(北川景子)を将軍家に嫁がせ、一橋慶喜(松田翔太)を将軍に擁立しようとする斉彬(渡辺謙)に彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)は嫌悪感をあらわにする。

そんなとき斉彬の世継ぎである虎寿丸が突然亡くなり、さらに斉彬まで病に倒れる。

吉之助(鈴木亮平)は、その陰に由羅(小柳ルミ子)と斉興(鹿賀丈史)の存在を疑い探索を始める。




⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 11話のネタバレ


家定との対面を果たした斉彬。


その席で老中阿部正弘が、家定に新しい御台所を薩摩から迎える話を覚えているかどうかと問う。


家定は菓子を食べながら視線の定まらない様子で返事をする。


”薩摩の姫とのご婚儀、進めてもよろしゅうございますか”
と老中に聞かれても返事もせずに立ち上がり、庭のカラスと会話を始める。


江戸幕府の13代将軍のありさまを見た斉彬は、一国の猶予も許されない状態にあることを確信する。


廊下で彦根藩主井伊直弼とすれ違う斉彬。


井伊直弼は斉彬に、“其方様の姫君を,
御台様にと働きかけているのだとか”
と聞く。

斉彬は
“薩摩の丈夫な娘を、という公方様のご意向をお受けしたまでのこと”
と静かに答える。


家定に判断能力がないことを知っている井伊直弼は、“分家の娘を御台所に押し立て、舅面をして公方様に近づく腹づもりであろう”


一ツ橋派の島津斉彬と、南紀派の井伊直弼は次の将軍を巡って対立していた。


井伊直弼は血筋として最も正当な紀州藩主徳川慶福を推そうとしていた。


島津斉彬は幕政を根本から改革しようと養女篤姫を御台所とし、次の将軍には英邁の誉れ高い徳川慶喜を将軍に推そうとしていた。


井伊直弼は外様大名である斉彬に
“薩摩の上様が公方様の舅になろうとは恐ろしいのは異国の船ばかりではありませんな”
と痛烈な嫌味を言う。


国を救おうという志の為に心血を注ぐ斉彬は
“どちらの思いが強いのか、天命を待つのみかと存じます”と
毅然と跳ねのけ踵を返す。


井伊直弼は斉彬の背中に
“薩摩の上殿、くれぐれも御身大切になされませ”
と不敵な笑みを浮かべて去っていく。





吉之助は虎寿丸の相撲の相手をしていた。
見守る篤姫と喜久。


虎寿丸に手加減しない吉之助に、気が利かないといらだつ幾島。


篤姫は
“あきらめてはいけません、思いの強いほうが勝つのです”
と励ます。


しかし突然、虎寿丸は倒れてしまう。


数日後、虎寿丸はなくなり、斉彬はこれで五人の子を失なったことになる。


悲しみを堪え、虎寿丸の亡骸をあとにする斉彬。


側近に、水戸と越前との宴を進めるように指示する。
“このような時に、日を改められては”
と心配される。


斉彬は
“何も言うな。時がない”
と断腸の思いで仕事に邁進する。


斉彬は日々迫りくる列強の脅威に立ち向かうため働き続けた。


そんな斉彬を側で見守り続ける吉之助。


篤姫も虎寿丸の死から立ち直れずにいた。


身が入らない篤姫をたしなめる幾島。


斉彬の胸中がわからない篤姫は
“虎寿丸様がお亡くなりなったのにお父上は悲しくないのだろうか”
と幾島に聞く。


幾島は篤姫に
“姫様もお殿様のように気お持ちを切り替えあそばせ”
と促す。


“そなたには心がなかとか!?”

怒る篤姫に
“姫様が何をおいても考えることは、恥じることない御台所となって将軍様のお世継ぎを産むことです”
と諭す幾島。





夜、吉之助の部屋に薩摩の武士が集まっていた。


虎寿丸の死についてみな疑問を抱いていた。
“こげん突然みまかられるちおかしか”
“またお由羅? 呪いか?”


その時、障子の向こうに気配を感じた吉之助が、そっと確かめてみると、人影が見える。


“誰が聞いてるかわからんど気つけんと”


その場から翁の面をつけた不審な男が闇に消えていく。





島津斎興とお由羅が茶をたてているところに、側近が虎寿丸の死を知らせにくる。
“また私が呪い殺したなどと噂されるのでしょうね”
と忌々そうなお由羅と何も言わない斎興。





薩摩にも虎寿丸の死が伝わっていた。


薩摩藩士が大久保正助の家に集まり
“お由羅様久光様を藩主にしようちまだあきらめちょらんでごわそうか”


逆上し立ち上がろうとする藩士たちに、正助が
“今はまだ待つ時でごわす”
と静かに止める。


“待ってなどおれっか!”
“お由羅の方のせいで赤山先生は切腹、正助さのお父上も遠島処分のままじゃ”
“仇を討つ時じゃ正助!”





鶴丸城記録書で記録所書役として働く正の助のところへ、島津久光が訪ねてくる。


久光は、文政七年に起きた、宝島事件の記録を読みたいと言う。


本来なら久光と口を利ける身分ではない正助だが、めったにない機会なので思い切って聞いてみる。


“仰せつかった記録は初めて西洋と戦った記録でございもんそ。ないごって今お調べになっとでございますか”
“イギリス人がどげな風に戦ったか知りたか。今後異国との戦になるやも知れん。少しでも多く知識を蓄えておかんにゃならん”


正助は久光に、虎寿丸が亡くなり藩が騒動となっているのを鎮められるのは久光だけだと訴え、藩のために立ち上がってくれるよう懇願する。





江戸の薩摩藩邸では、斉彬がかねてより謀っていた諸侯との密談が始まろうとしていた。


斉彬と越前福井藩主の松平慶永と左慶内が待つ中、徳川斉昭と慶喜親子が到着する。


左内の顔見て驚く慶喜。


慶喜は左内と吉之助に近くに来て酌をするよう命じる。


斉昭は斉彬に
“篤姫の輿入れは公方様との間に世継ぎを設け、薩摩が幕府を思い通りにするなどという目論見は微塵もないということじゃな”
と念を押す。

笑いながら
“めっそうもないことにござりまする“
と答える斉彬。

もし篤姫に子が生まれたらどうするのかと斉昭が聞くと、慶永が家定には子を作る能力がないと教える。


子を作れない家定になぜ篤姫が輿入れしなくてはならないのかと
思わず声を上げる吉之助。


家定に、世継ぎは慶喜にするよう働きかけるのが篤姫の役目だと知り吉之助は愕然とする。


慶永が
“これはめでたい。改めて、祝いと固めの盃を”
と酌をしようとする。


慶喜は声を荒げる
“俺は将軍になどなりたくない。そう申したはずだぞ西郷!”

斉彬は
“日本国の為、一ツ橋様には将軍の座に御付きいただかねばならんのです”
と引き下がらない。

慶喜は
“悪いが私はそなたらが思うておるような人間ではない。異国と互角にわたりあうなど、考えただけでも逃げ出したくなる”
と本音を言う。


斉彬は
“それでようございます。面子や見栄にこだわっていたら何も変わりません。そう考えられる一ツ橋様にしかこの難局は乗り切れません”


松平慶永と斉彬に懇願され、斉昭にも命令され、あきれる慶喜。


慶喜は斉彬のことを
“幼子が死んだというのに岩井の盃を交わしておる、篤姫とかいう娘の行く末も思いやられぬ。何が日本国じゃ俺は付き合いきれぬ”
と言い捨て、その場から出て行ってしまう。





慶喜は飲み直すため、船で品川宿に着く。
磯田屋に消えていく慶喜を尾行しているは彦根藩士の長野主膳だった。




廊下で篤姫を案じて斉彬に問い詰める吉之助。
しかし、突然斉彬が倒れてしまう。
必死に人呼ぶ吉之助。


床に就き苦しむ斉彬に泣き崩れる篤姫。
“父上に預けたこの命使ってたもうせ”


斉彬の回復を祈願して滝に打たれ、不動明王に祈祷する吉之助。


斉彬は回復し、まだ安静にという医者のいうことにも耳を貸さず、時を惜しんで働き始めた。


吉之助は相次ぐ斉彬と虎寿丸の急な容態の変化にお由羅を疑い始める。


吉之助は斉彬の食事に毒が盛られているか調べるため、斉彬の膳の一部を持ち出して品川宿に駆け込んだ。


吉之助は左内に
斉彬が三日間眠り続けていたことを説明し毒が盛られているのではないかと相談する。
そこへ盗み聞きしていた慶喜が入ってくる。
“俺も危うく毒を食うところだったのか!”


慶喜は
“だから嫌だと言ったのだ。うかつに目立てばこのように毒を盛られて寿命を縮める。政なんて命知らずの物好きに任せておけば良いのだ”
と怒りをあらわにする。


左内に膳から持ち出した焼き魚を調べてもらうと、ヒ素が検出された。
居合わせた慶喜も驚く。


身内のものが日々の食事のヒ素を盛っていたのだろうという結論に、吉之助はもしや虎寿丸もヒ素を盛られたのではないかと疑う吉之助。


その時、また襖の向こうに気配を感じた吉之助が確かめると。
翁のお面を被った男が立っていた。
酔って部屋を間違えただけだというが、左内は酒の匂いがしないと見破る。

面の男は左内の喉に刀を突き立て逃げようとする。
“その言葉薩摩のもんじゃな? 何者じゃ!……まさか大殿様とお由羅の方様の?”


追いかける吉之助。
階段から落ちた際に面の男は左内に顔を見られ、左内を切りつけ逃げる。

面の男を取り逃がす吉之助。


翁の面の男が薩摩言葉だったことから、吉之助は毒を盛る企てをしたのはお由羅だと思い込み、斎興に会うため高輪の薩摩下屋敷の前で居座る。


意外にも目通りを許される吉之助。
“其方がいつくるかいつくるかと大殿様と話しておったところじゃ”
と機嫌よく答えるお由羅。


吉之助が
“恐れながら、お聞きしたかこつがございもす”
と言うのを制し、吉之助の前に菓子が運ばせる。


菓子をじっと見つめる吉之助に
“食え”
と豹変したように斎興とお由羅は詰め寄る。

“食えぬ理由でもあるのか”
“おまん、わしらがその菓子に毒を盛ったちたがっちょうか”
“毒! 毒ですと? 恐ろしいこと”
わざとらしく声をあげるお由羅。


“お前が何やら俺らを疑ってかぎまわっちょることは筒抜けでわかっちょう”
“それを確かめたくて嬉しそうにきたんでしょう?”


吉之助が
“恐れながら、斉彬様の召し上がるものから毒が見つかりもした。だいの仕業でございもすか”
と疑いと怒りをぶつける吉之助。


お由羅は吉之助の前で菓子を食べて見せる。
“証拠などあるはずがない、我らは毒など盛っておらぬ故な”
と言われる。


証拠もなく疑ってしまった吉之助は何も答えることは出来なかった。


斎興は吉之助に教える。
“あいつを憎んでるやつは山ほどおっど”


さらに斎興は
“癒しき身の分際で、何の証拠もなく、こい以上わしらを疑うならば、こちらとて容赦はせん! 二度とそん顔を見せんな!”
何も応えられない吉之助。


“そうなれば斉彬様とて無事では済みますまい。よく覚えておきなされ”
吉之助を見透かして高笑いするお由羅。





吉之助が藩邸に戻ると、激高した斉彬は吉之助を蹴り倒す。


“西郷、お前をなぜわしのそばに置くか分かるか? わしも、お前も同じ大バカ者だからな。民の為に命を捨てられるそうだろう?”
斉彬の覚悟に圧倒される吉之助。


井伊直弼に彦根藩主長野主膳が報告していた
“薩摩の上殿は持ち直したか”
“しかしながら薩摩の上殿には敵が多い。多くから命を狙われております”


さらに続ける主膳。
“一ツ橋公は品川宿にいりびたり、日がな一日女の絵を描いておりまする。政を嫌い将軍になる気はなさそうにございます”
斉彬の計画がうまくいっていないことにほくそ笑む井伊直弼。

廊下では左内を襲った翁の面の男が座っていた。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



西郷どん 11話の感想


薩摩の朴訥なキャラだった西郷どんでしたが、色々なことが起きて人を疑うことを学び始めましたね。


冒頭に井伊直弼が不吉なことを言ってたので、真犯人は井伊直弼かと思いましたが、違っていたように見えました。


さらに真犯人がいるのでしょうか?


瑛太が演じる正助がひどく緊張して久光に話しかけていましたが、それに比べて西郷どんは、結構口を挟みまくってますね。


毎回のように西郷さんが
“わきまえよ”“控えよ”
と言われてますが、このまま空気読めない人のままみんなが受け入れる路線を進むのかなと
ちょっと違和感があったので嫌な言い方ですが斎興が怒ってくれてバランスとれた感じがします。


でも斉彬が
“面子や見栄にこだわっていては何も変わりません”
と慶喜に言ってるんですね。


だから西郷さんの、自分のプライドや立場より周り人のことを考えている人柄にほれ込んでいるんだなとは思います。


今回のツボはは小柳ルミ子のお由羅の怪演です。


何もかも見透かしておきながらとぼけた物言いが戦慄します。


逆光を浴びる姿はまるでホラーのようでした。


お由羅といい南野陽子の幾島といい、お目目がくりっとして可愛い声をだしながら、おっかない女優さんの演技が面白いですね。


それがまた、北川景子の篤姫の天真爛漫さを引き立たせて相乗効果があります。


渡辺兼の島津斉彬が日本が強くなるためにと命をかけて働いている姿と、もめごとや危険なことを嫌がる松田翔太の徳川慶喜は世代を表しているようにも感じます。


慶喜の気持ちのほうがよくわかるんですが、勝手なもので、斉彬のように社会のために働いてくれる人が一人でも多くいてくれたらと願ってしまいますね・。


他にも、現代を意識したテーマが盛り込まれています。


一部の有力な大名だけが中心となって政治をし、地方は無視をされている構図ですが、現代と変わりませんね。


視聴者が日々抱えているだろうストレスをうまく掬い取ってドラマにはめ込んでいて面白いです。


そしてそれぞれの役の長所を計算して、見せ場を作っていて飽きさせません。


策士の大名もチャーミングに描かれてる部分もありつつ、クライマックスの場面ではさすがの貫録を見せつけています。


シリアス過ぎると日曜日の夜見るには気が重くなりますから。


暗いところにも何か希望があるんじゃないかと期待したいですし。


そんなわけで、今のところ家定が目も当てられない風に描かれてますが、輿入れしてから何か面白い場面もあるかな?と期待しています。


⇒無料で「西郷どん」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で11話の動画を観る方法

無料で「西郷どん」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はビデオマーケットなら
無料で「西郷どん」の動画を観ることができます!


プレミアム&見放題コースを選択した場合は、見放題対象作品はポイント消費なしの無料で観れます。


今なら入会時に540ポイント貰えて、ポイントを使用して「西郷どん」を実質無料で観ることができます!


初月無料でお試し登録を実施中で、無料期間中に解約すれば月額利用料は発生しません。


初月無料でお試し登録はいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒ビデオマーケットで無料で「西郷どん」の動画を観るならこちら♪