リピート ~運命を変える10か月~ 最終回について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「リピート」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



リピート 最終回のあらすじ

篠崎鮎美(貫地谷しほり)は、トラックの事故に巻き込まれて死ぬ運命だった。

その運命の時間まであと40分もない。

風間からそれを聞かされた毛利圭介(本郷奏多)は必死で鮎美に連絡を取ろうとする。

ようやく鮎美と電話がつながったのは事故の15分前だった。

事情を話して「外に出るな」と言う圭介に、「事故に遭う子どもたちを放っておけない」と鮎美は外に出ていく。

鮎美は慎重に道路にいた幼稚園児たちを安全な場所に誘導した。

事故まであと1分。

「間に合った」と鮎美が安堵していると、園児の一人がボールを追いかけていき、その向かいからトラックが来た。

そこに圭介も慌てて駆けてくるが、圭介の目前で、鮎美は園児をかばうようにトラックの前に飛び出した。

「鮎美!」と圭介は叫ぶ。

鮎美と園児は無事だった。

だが鮎美は気を失ってしまう。

鮎美は病院に運ばれた。

事故によるケガはなかったが流産してしまう。

ショックで泣き出し、自分を責める鮎美。

それを傍で支える圭介。

その圭介のもとに天童太郎(ゴリ)から電話がある。

圭介は天童を怪しんでいたことを謝り、二人は和解した。

そして、天童と圭介は、鮎美に「もう一度リピートしないか」と声をかける。

「もう一度リピートすれば、死んでしまった町田由子(島崎遥香)やほかの仲間たちを救えるかもしれない。

そして次でリピートを最後にするんだ。

俺たちでリピートを終わらせる」と天童。

「私も、もう誰も死なせたくない。

だから、最後にもう一度だけリピートします」と鮎美。

リピートを決意した鮎美に圭介がプロポーズする。

「今度リピートしたら俺たち結婚しよう。

そうすれば、お腹にいた赤ちゃんもきっと戻ってきてくれるんじゃないかな」と圭介。

「そうだね」と頷く鮎美。

12月10日、圭介の部屋に集まる鮎美、圭介、天童。

知恵は、人生を全うすると言ってリピートには参加しないことになった。

その日は地震の起きる日だった。

そしてその日からちょうど1か月後がリピートの日となる。

「とにかく風間を出し抜く方法を考えないと」と天童。

天童、圭介、鮎美は、風間に会い、直接「もう一度リピートさせてほしい」と頼み込む。

だが風間に断られる。

「生き残れば教えるという約束だったろ」と天童。

だが「約束した覚えはない、考えておくといっただけ」と風間は悠々と去っていく。

「そんな……どうすれば」と鮎美は言うが、「これでいいんだ」と何か作戦がある様子の天童。

リピート前日の1月10日になった。

その夜、風間は町田由子殺害容疑で刑事に捕らえられた。

天童が、風間が疑われるよう偽の証拠と目撃証拠を仕組んだためだった。

「警察で調べれば偽装はすぐにばれるだろう。だが、せいぜい明日一日だけでも警察が風間を拘束してくれれば、風間はリピートできない」と天童。

そして天童は、知恵からもらったメモを手掛かりとして、時空の裂け目の現れる洞窟の場所を見つけ出していた。

そして翌朝、リピート当日の1月11日。

圭介は鮎美に「リピートした後、すぐに鮎美のところへ向かうから、待っていてくれないか」と言う。

「分かった」と頷く鮎美。

そして天童と落ち合い、洞窟へ向かう圭介と鮎美。

だがそこには、「いけませんねえ。抜け駆けとは」と風間が立っていた。

風間は刑事を銃殺し、逃げてきたのだった。

「刑事を殺すことになりましたが、今日リピートすればなかったことになります」と風間。

「ひどい……」と言う鮎美に、「ひどいのはあなたたちの方でしょう?私を出し抜くなんて。

天に唾を吐くようなものですよ。

人間は欲望の塊だ。

リピートを繰り返せば、すべての欲望が叶えられる。

人殺しさえも罪に問われない。

この世界の中心は私。

私は神だ」と風間。

「お前は神なんかじゃない!10か月という狭い世界に閉じこもってる臆病者だ」と天童。

「リピートし続けるからおかしくなったんだ!俺たちが終わらせてやる!」と圭介。

「そんなことは許さない、絶対に!」と風間。

その風間に鮎美は「かわいそうな人、心から信じられる人がいれば、こんな孤独なことを続けなくても幸せなのに……」と言う。

その言葉に風間は動揺し「黙れ!」と鮎美に銃を向けた。

間一髪で圭介が鮎美をかばったが、圭介は足に銃弾を受ける。

天童が風間に立ち向かい、腹部に銃弾を受けながらも風間から銃を奪う。

そして風間を撃つ天童。

風間は動かなくなった。

「急ごう、時間がない。リピートさえすれば体だって撃たれる前の体に戻れる」と天童。

しかし、「先に行ってくれ、必ず行くから」と天童が出遅れる。

鮎美は必死に圭介に肩を貸して歩くが、圭介も意識を失ってしまう。

「圭介君!しっかりして」と鮎美。

その時、時空の裂け目が現れ、鮎美と圭介を飲み込んだ。

鮎美が目を覚ますと10か月前の2月24日に戻っていた。

「あとは圭介君が現れるのを待てばいい」と鮎美。

だが圭介はいつまでたっても現れない。

しびれを切らした鮎美は圭介のアパートに行く。

するとそこに圭介はいた。

「圭介君!」と抱き着く鮎美に「誰だよ、あんた?」と迷惑そうな圭介。

圭介はリピートできなかったのだった。

「あの時の圭介君はもういない」とショックを受けて圭介のアパートを後にする鮎美。

その目前に風間が現れた。

風間は死なずにリピートできたのだった。

「篠崎さん、私と同じことをしようとしてますね?」と風間。

「同じじゃありません。私はみんなを助けたいんです」と鮎美。

「私と同じ地獄を味わうことになりますよ。いずれ分かる。運命を変えることの恐ろしさが」と風間。

「それでも私はみんなを救いたい。運命を変えたい」と言う鮎美だった。




⇒無料で「リピート」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



リピート 最終回のネタバレ


圭介は鮎美を助けるために、電話をかけながら現場に向かう。


圭介は電話で“運命”によって自分たちが死ぬことを説明して、鮎美が死ぬはずの時間がくるまで外に出ないように告げる。


鮎美が死ぬのはトラック事故なので、室内にいれば大丈夫なはずだった。


しかし、鮎美は自分とともに沢山の子供が犠牲になったというのを知り助けようとする。


事故の時間は13時30分だった。


圭介は何とかするというが、鮎美は子供たちを助けるため外に出る。


事故の時間まで15分ほどだった。


鮎美が図書館の外に出ると、園児を率いた保育士が道端で花を見ていた。


鮎美は
“ここは危ないので移動してください”
と保育士に懇願する。


保育士は鮎美の必死な様子に気づき、おとなしく従うことにする。


鮎美と保育士は園児たちを図書館に率いていく。


信号の向こうにトラックが待機していたが、このままなら大丈夫そうだった。


しかし、子供の一人が持っていたサッカーボールを落としてしまう。


ボールは道路に転がっていき、園児は追いかける。


気付いた鮎美は園児を庇おうと道路に飛び出す。


トラックは鮎美と園児をかわしていた。


圭介は心配して駆け寄るが、二人は無傷なようだった。


鮎美は安心して気を失ってしまう。






鮎美は病院のベッドで目を覚ますと、すぐ近くに圭介がいた。


鮎美は
“私の赤ちゃんは…?”
というと、圭介は黙って首を横に振る。


事故の衝撃でお腹の子供は亡くなってしまったようだった。


鮎美は
“私が悪い…”
と自分を責めると、圭介は
“鮎美のせいじゃない”
と抱き寄せる。






鮎美が眠ったので、圭介は病室から出て休憩所に行く。


天童から電話があったのであいにく。


圭介の部屋で二人は会い、報告をしあう。


圭介は天童を疑っていたことを謝罪する。


天童も大森の件で感情的になったことを謝罪する。


天童は
“これで恨みっこなしだ”
という。


二人は風間の
“生き残りゲーム”
に腹を立てていた。





鮎美は仕事に復帰するが、子供を失ったショックは大きい様子だった。


天童と圭介は仕事中の鮎美の元を訪れる。


天童は鮎美に
“もう一度リピートしよう”
と持ち掛ける。


圭介も
“自分たちでみんなの命を救おう”
と説得する。


また、天童は
“リピートはそれで最後、俺たちでリピートを終わらせる”
という。


鮎美は子供を失った心境を話し出す。


由子を死なせてしまったことにも心を痛めていた


鮎美は
“みんなを救いたい”
とリピートすることを決意する。





圭介は鮎美と一緒の帰り道に
“お腹の赤ちゃんのこと忘れない、今度リピートしたら結婚しよう”
とプロポーズする。


鮎美は泣きながら頷く。






天童が圭介と鮎美の部屋に訪れる。


大森はもうリピートしないためいなかった。


3人は時計を見ていた。


リピートする前に地震が起きた時間だった。


リピート前のように地震がくる。


3人は風間を出し抜く方法を考えてから、風間を呼び出す。


いつものレストランに3人は風間と会う。


天童は
“生き残れば教える約束だった”
とリピートしたいという。


しかし、風間は
“あの時とは条件が違う”
と3人が
“ルール違反”
をしたことを指摘する。


天童は
“約束が違う”
と激怒する。


風間は
“約束した覚えはない、考えておくと言っただけ”
といって帰っていく。


天童は
“これでいい”
とほくそ笑む。


天童は風間を罠にかける準備をしていた。


レストランにあった風間が使ったコップから指紋を取っていた。


その指紋を由子のスマホに付着させて、警察に
“風間が由子を殺した。埋めるところを見た”
と匿名で通報していた。


天童の作戦通り、風間は警察に連れていかれる。


ちゃんと調べれば偽装だとすぐにバレるが、リピートする日に風間の動きを封じることはできる。


その隙に、天童、圭介、鮎美の3人は大森が天童に教えたリピート場所に向かうことにする。





リピートの日の当日
圭介は鮎美に再び出会う手順を確認する。


圭介は
“すぐに鮎美の部屋に行く”
というので、鮎美は圭介を待つことにする。


鮎美は部屋で圭介が撮った写真を見返していた。


圭介が自分を撮った写真を見て
“この写真は持っていけないんだよね…”
と寂しそうにしていた。


圭介は
“また撮るよ”
という。


鮎美は新人賞を取った写真を見直して
“すごい…”
というと、圭介は
“大げさだ…”
と照れていた。


鮎美は
“写真は消えるけど記憶は残る。絶対に忘れない”
という。


天童が二人に合流して、3人でリピートの洞窟に向かう。





3人は車から降りて奥に進んでいく。


すると陰から風間が出てきて
“いけませんね、抜け駆けは”
とほくそ笑んでいた。


風間は警察官二人を銃で殺害していた。


風間は
“リピートすればなかったことになる”
と悪びれていなかった。


おどけて見せる風間に、天童は
“神にでもなったつもりか”
と嘲る。


風間は自分が3人を助けたことを指摘する。


リピートし続けるつもりの風間に、鮎美は
“私は成長したい、いつか年を取って死ぬ時もそれまで過ごした時間は巻き戻せないからかけがえがない…”
というが、風間は
“くだらない”
と失笑する。


風間はイロイロまくしたてて
“私は神だ”
と自己陶酔していた。


圭介は
“リピートし続けたからおかしくなった”
という。


鮎美は
“可哀そうな人…”
というと、風間は激怒して銃を構える。


圭介はとっさに鮎美を庇い被弾する。


天童は風間にタックルしてもみ合いになる。


鮎美は泣きながら圭介にすがっていた。


銃声が鳴り響き、天童が腹部を撃たれていた。


しかし、天童は風間から銃を奪っており風間の背中を数発撃つ。


風間は倒れて動かなくなる。


鮎美は天童に駆け寄ると、天童は
“先に行ってくれ…”
と消え入りそうな声で呟く。


鮎美は瀕死状態の圭介を連れてリピートの場所に行く。


リピート場所につくと、目の前から光が出現する。





鮎美は気が付くと自室のベッドの上だった。


リピートに成功したことに気づき、手はず通り自室で圭介を待つことにする。


一樹からメッセージが届くが
“早く別れを切り出そう”
としか思わなかった。


朝まで待っても圭介は来なかった。


外で救急車の音がして、鮎美は不安になる。


圭介に電話してみるが出なかったため、圭介の部屋行くことにする。


鮎美が圭介の部屋のチャイムを鳴らすと圭介が出てくる。


鮎美は安心して圭介に抱き着くが、圭介は不審な表情をして鮎美を突き放す。


圭介が鮎美を見て
“誰?あったことないよな?”
という。


鮎美はリピート直前に圭介は死亡してしまったことを察する。


圭介は鮎美との記憶をなくしていた。


鮎美は絶望して
“そんな…”
と呟く。


鮎美が泣き出すので、圭介は戸惑う。


鮎美は
“毛利圭介さんですよね。私、あなたの写真のファンです”
と何とか会話を続けようとする。


圭介は
“悪いけど写真はもう…”
というが、鮎美は
“絶対続けてください、あなたには才能がある”
という。


圭介は訝し気な表情で
“アンタに何がわかるんだよ”
というが、鮎美には圭介の気持ちはわかっていた。


鮎美は
“絶対諦めないで。それだけ言いたかった”
といって頭を下げて帰っていく。


鮎美は項垂れながら帰っていく。


圭介は鮎美を呼び止めて、新人賞を取った写真を手渡す。


鮎美は写真を受け取りお礼を言う。


圭介は不思議そうな表情をして帰っていく。


鮎美は泣きながら帰ろうとすると、風間と遭遇して驚く。


風間はリピートに成功していた。


風間はほくそ笑み
“ギリギリリピートに間に合いました。アナタ私と同じことをしようとしていますね。私と同じように地獄を味わうことになりますよ。いずれわかるようになりますよ、運命を変えることの恐ろしさが”
といって去っていく。


風間は鮎美の邪魔をするつもりはない様子だった。


鮎美はリピート仲間全員のことを思い出す。


鮎美は一人で全員を救うことを決意する。


⇒無料で「リピート」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



リピート 最終回の感想


風間はもしかしたら、最初はみんなを助けようとしたのかもしれませんね…


風間は鮎美に最後に
“地獄を見ることになる”
と警告していました。


風間はリピートした人たちを救おうとして何回も失敗したのかもしれません。


その過程で少しずつ精神が壊れていき
“いっそゲームにしてしまおう!”
という発想に行きついたのかもしれません。


みんなを救おうと息巻いている鮎美に
“あなたもどうせ私と同じ考えに行きつくよ…”
と皮肉ったのだとしたら…


鮎美の奮闘も見てみたいと思いますが、そこは視聴者がそれぞれ想像する方が面白いのかもしれません。






鮎美が助けたいメンバーも気になります。


天童、圭介、横沢、高橋は対象になると思いますが、坪井や郷原などの悪人はどうなのでしょうか?


坪井や郷原は死んだ方がいい人間だと思います。


坪井や郷原が死んでいれば、彼らの犠牲者になるはずだった人を救うことができます。


この辺の鮎美の葛藤を観たかったです。


また、鮎美は“ただの図書館司書”にすぎません。


そんな鮎美に何ができるのでしょうか…?


もしかしたら、鮎美は何度も失敗して、そのたびにリピートを繰り返すうちに精神がおかしくなっていき…


お人よしの鮎美が壊れていく様子を見るのも楽しそうです。





いい感じで終わっていたため、是非とも鮎美の孤独な戦いも見てみたいです!


⇒無料で「リピート」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で最終回の動画を観る方法

無料で「リピート」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「リピート」の動画を観ることができます!


今なら特典で
600円分のポイントが貰えます。


ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒U-NEXTで無料で「リピート」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。