anone(アノネ) 9話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 9話のあらすじ

印刷機から排出される大量のニセ一万円札を目の当たりにした万平(火野正平)は亜乃音(田中裕子)に自首を迫るが、理市(瑛太)が万平に襲いかかり…!!驚いたハリカ(広瀬すず)、亜乃音、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は慌てて二人を引き離す。

ニセ札を外には流していないと話し反省する亜乃音たちを見た万平は、理市に不信感を感じつつも今回のことは口外しない様子で…。

懲りずに万平をも巻き込む手段を亜乃音に探らせようとする理市を見たハリカは、自分のニセ札も両替機を通らなかったと嘘をつき、理市を諦めさせる。

亜乃音は彦星(清水尋也)のために一番お金が必要なはずのハリカの気持ちを推し量って…。

一方、理市が試し、ニセ札が返却されなかったATMでは、事件が明るみになり警察の捜査が進んでいた。

理市の家では妻の結季(鈴木杏)が、ニセ札事件のニュースで流れる防犯カメラの男が自分の夫だと確信し、警察に通報していた。

帰ってきた理市は、結季から事件のことを責められ、必死で言い訳をするが結季はそんな理市を拒絶し、家を出て行ってしまう。

そんな中、彦星と直接会う約束をし、嬉しさを隠しきれないハリカに亜乃音はいつしか渡せずに仕舞ってあったワンピースをプレゼントする。

普通の女の子らしくデートに浮かれるハリカを囲んで、亜乃音の家に束の間の幸せな時間が流れる。

そして自分の余命が短いことを隠す舵は、自分とならずっと一緒に居られる予感がすると打ち明けたるい子の気持ちに応えられないことに、一人やりきれなさを感じていた…。

ハリカが彦星に会いに出かけた直後、警察に追われている理市が印刷所の証拠を処分するようにと亜乃音のもとにやってくる。

理市とともにニセ札作りの証拠を森に埋めに行った舵は、理市がこの先もどこかでニセ札作りを続けようとしていることを聞き、自分も連れて行って欲しいと頼むのだった…。

その頃、林田印刷所にもついに警察が訪れ、ニセ札事件の手がかりになる情報はないかと亜乃音に問い質す。

その事態を察したるい子は、印刷所のワゴンに乗って戻ってきた舵と共に、すぐに印刷所から立ち去る。

そして、舵が理市と二人で逃亡するために落ち合う約束をしていると聞かされるるい子。

冷たい言葉でるい子から去ろうとする舵の態度に、舵に残された時間がわずかであることを察したるい子は、自分が舵の最期を看取りたいのだと告げ、舵を抱しめるのだった。

そして、彦星のもとへ向かう途中で茉歩(藤井武美)に会ったハリカは、彦星が茉歩の父親からの治療費の申し出を断ったと知り、ショックを受ける。

そして、ハリカはある思いを胸に彦星の病室へ。

ようやく対面の時を迎えた二人だったが、ハリカは彦星と顔を合わさずに、カーテン一枚隔てて思い出話や何気ない話に花を咲かせる。

しかし、突然ハリカは彦星に「重荷になってきた」と、心にもないことを語り始める。

驚く彦星に、ハリカは涙を流しながら彦星が傷つくような言葉を次々と投げかけ…。

そんなハリカの言葉に絶望した彦星はハリカを追い返してしまうのだが、彦星の治療を受けさせたい一心での行いとはいえ、ハリカもまた自分自身の心を深く傷つけていた。

その頃、印刷所の視察を終えた警察が帰ろうとしたその時、床に落ちている印刷ミスのニセ札の端切れを発見し、亜乃音は警察署への同行を求められ―。

彦星の病院から戻ってきたハリカは、警察に連れられ工場から出てくる亜乃音を目撃。

急いで亜乃音の元に向かうが、ハリカを一瞥した亜乃音は「知らない人です」と警察に告げ、一度も振り向かずそのままパトカーに乗り込み走り去っていく。

その姿をハリカはただ、茫然と見つめることしかできないのだった―。





⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 9話のネタバレ


中世古が、花房万太郎の首を絞める。


亜乃音たちが止めに入る。


るい子が人を殺しかけた中世古をとがめるが、中世古は平然としている。


万太郎は、咳こんでいる。


ハリカがコップに水を入れて、万太郎に渡す。


亜乃音が肩をさする中、万太郎は水を飲む。


万太郎は、温かいものを欲しがる。


亜乃音は、万太郎にこたつに入るように促す。


中世古がリモコンで暖房をつける。


万太郎は
“また誰かに見つかったら、その人も殺すんですか?”
と中世古に問いかける。


万太郎は
“嘘は嘘で隠すしかない。嘘に終わりはないんですよ”
と亜乃音たち全員に語りかける。


万太郎はニセ札づくりが犯罪であることを強調する。


亜乃音たちは神妙な顔でうつむく。


万太郎はハリカを見て、両親が心配しているんじゃないかと質問する。


ハリカは両親がすでに他界していることを明かす。


万太郎はハリカにお茶をついであげる。


万太郎は、亜乃音たちにニセ札づくりの目的を聞く。


中世古は、万太郎にニセ札づくりの仲間になる気はないか尋ねる。


万太郎はこたつを叩いて怒る。


持本は、偽造したお札はすべて回収したことを告げる。


ハリカは、自分が一部のニセ札を取り戻せなかったことを思い出す。


亜乃音は、もう二度としないので見逃してほしいと頭を下げる。


玄関のインターフォンが鳴る。


万太郎の息子、三太郎が部屋に入ってくる。


三太郎は
“ここへ来る前はベンチャー企業の社長だったでしょ?”
と中世古に質問する。


三太郎は、中世古がインサイダー取引がもとで服役していたことをバラす。


三太郎がさらに詰問しようとすると、万太郎が止める。


万太郎は、三太郎を連れて部屋を出る。


中世古は
“あの弁護士を仲間にする方法はないんですか?”
と亜乃音たちに問う。


中世古は、万太郎の弱みを亜乃音から聞き出そうとする。


るい子はニセ札が両替機を通らなかったことを明かし、もう諦めるように諭す。


中世古は
“君のはどうだった?”
とハリカに尋ねる。


ハリカはニセ札が使えなかった、と嘘をつく。





信用組合の前に、警察とテレビのリポーターとやじ馬が集まっている。


やじ馬の中に、中世古の姿がある。


リポーターは、ATMの中からニセ1万円札が見つかったことを伝えている。





ハリカや持本たちが朝食を食べながら、テレビのニュースを見ている。


ニュースは、信用組合からニセ札が見つかったことを伝えている。


ハリカが
“うちのじゃないよね?”
と聞く。


持本は、話題の信用組合は中世古のリストに入っていた銀行だという。





中世古の妻である結季が、家でテレビのニュースを見ている。


画面には、ニセ1万円札をATMに入れる男の姿が映っている。


男の姿が夫に酷似していることを知り、結季は愕然とする。





持本はテレビを消す。


るい子は、防犯画像から犯人が捕まった話など聞いたことがないと語る。


持本は、警察の手が自分たちにも及ぶのではないかと心配する。


亜乃音は
“そしたら皆で逃げますか?”
と言う。


持本は
“田舎へね。皆で家族のふりして北海道とかね”
と話を合わせる。


亜乃音は、それも楽しそうだとつぶやく。


突然、お茶が入っていたコップが割れる。


全員、一瞬言葉につまる。


亜乃音は、念を送って自分が超能力で割ったように見せる。


持本とるい子は、脱力したように笑う。





中世古が家に帰ると、電話をしている結季の姿が見える。


中世古が電話の相手を尋ねると、結季ははぐらかす。


中世古は、娘のさつきの居場所を聞く。


結季は、さつきを実家に預けたと明かす。


中世古は、娘を連れ戻すという。


結季は
“あなたには、さつきともう会わせないから”
と語気を強める。


中世古は
“さっきの電話は警察?”
と詰問する。


結季は、怒りだし荷物をバッグに詰める。


中世古は完璧なニセ札が存在するのだと強調する。


中世古は、おびえる結季の肩を抑えて床に座らせる。


結季はバッグを持って部屋を出てゆく。





ハリカが、スマホのチャットで彦星とやりとりをしている。


ハリカはぶどうパンのおいしさを彦星に伝える。


食べてみたいという彦星に、ハリカはお店の情報を伝えようとする。


彦星は、ハリカに買ってきてほしいと告げる。


ハリカは
“病院の看護師さんに預けておきましょうか?”
と尋ねる。


彦星は
“部屋に届けてほしいです”
と返信する。


ハリカは
“私が彦星君の部屋に行くってこと?”
と尋ねる。


彦星は、ぶどうパンは言い訳で本当は会いたいだけだと告げる。


ハリカは、ぶどうパンを届けることを約束する。


彦星はうれしそうにスマホの画面を見つめる。





亜乃音やハリカたちが夕飯を食べている。


ハリカは、彦星と会う約束をしたことで舞い上がっている。


るい子は、ニヤニヤしているハリカをからかう。


持本も一緒になってハリカをからかう。


ハリカは思わず
“クソ!”
ともらす。


ハリカは、持本とるい子の食事のマナーをただす。


亜乃音がハリカに紙袋に入ったプレゼントを渡す。


袋の中には、赤いカーディガンが入っていた。


ハリカは赤いカーディガンを着て、みんなに見せる。


持本やるい子は、似合っていると褒める。


るい子はハリカの髪をくしでとかしてあげる。


亜乃音は満足そうにカーディガン姿のハリカを眺めている。


ハリカたちは、みかんを芋虫やでんでんむしに見立てて遊ぶ。


持本は
“これまでの人生で起こった理不尽なこと全て忘れられるぐらい楽しい”
と話す。


持本は、受験や就職試験のたびに熱を出していた過去を明かす。


持本は
“悲しくて悲しくてやりきれない出来事もいつの間にか笑えるようになる”
と語る。


ハリカと亜乃音は話の途中で寝ている。


るい子は、死産で別れた娘の幻影を見なくなったことを告白する。


るい子は、持本が倒れたときに救急車を呼べなかったことを話す。


るい子は
“犯罪者になってしまうと大事な人を守れないかもしれない”
と話す。


るい子は、持本が大切な人になりつつあると告げる。


持本は慌ててお茶を飲む。


ハリカと亜乃音が添い寝している。


ハリカは彦星と会うことの不安を語る。


ハリカは、自分が亜乃音にしてもらったようなことを彦星にしてあげたいと話す。


亜乃音は、自分は何もしてないと謙遜する。


ハリカは
“亜乃音さんは私におかえり、って言ってくれた”
と語る。


ハリカは
“私も彦星君の居場所になりたい”
という。


ハリカは、彦星と笑顔で会うことを決意する。





マスクをした中世古がアパートの近くに戻ってくる。


警察らしき男たちが、アパートの住民に聞き込みをしている。





中世古は、間借りしているもう一つの部屋に向かう。


中世古が、部屋でニセ札づくりの証拠を隠滅しようとしている。


部屋のインターホンが鳴る。





亜乃音が、デートに出かけるハリカを見送っている。


亜乃音が部屋に戻ろうとすると、中世古がかけこんでくる。


中世古は、警察が迫っていると告げる。


中世古が印刷機をいじっている。


持本とるい子と亜乃音が、慌ててやってくる。


中世古が
“証拠を処分します!”
と声を荒らげる。


中世古がパソコンのファイルを消去している。


中世古がニセ札づくりの資料をバッグにしまっている。


亜乃音や持本が、印刷に使った紙を粗大ごみの袋に詰め込んでいる。


中世古とるい子が、バッグやスコップを車の中に入れる。


亜乃音が、車のカギを中世古に渡す。


中世古と持本が車に乗り込む。


中世古がエンジンをかけようとするが、車のカギを落としてしまう。


亜乃音がカギを拾って中世古に渡す。


亜乃音は
“はると君のことを黙ってくれたら私と死んだ夫で罪をかぶります”
と中世古に提案する。


中世古は、自分がやった犯罪だと譲らない。


中世古が車を出す。





山中で、中世古と持本が穴を掘っている。


中世古と持本は、掘った穴に資料や機材を投げ捨てる。


中世古と持本が、スコップで穴に土をかける。


中世古と持本が車に乗り込む。


2人は、印刷機だけは処分しきれなかった。


中世古は、トンネルの出口付近で車を止める。


中世古は車から降りる。


中世古は人里離れた場所に身を隠すことを告げ、持本と別れる。


持本は中世古を追いかける。


持本は
“僕もそっちに連れて行ってくれませんか?”
と頼む。





ハリカが、彦星の入院している病院の前にやってくる。


ハリカは外から、病室の窓に向かって手を振る。


ハリカは、病院の入口へと走って向かう。


ハリカは、彦星の見舞客である茉歩とバッタリ会ってしまう。





ハリカと茉歩は喫茶店にいる。


茉歩は、彦星の病気のことを知っているか尋ねる。


茉歩は、彦星の病気を治すには多額の治療費が必要であると告げる。


茉歩は、自分の親がその治療費を用立てできることを伝える。


ハリカは、茉歩の話をうなずきながら聞いている。


ハリカは
“そっかあ。良かった”
と涙ながらに話す。


ハリカは何度もよかったとつぶやき、茉歩に頭を下げる。


茉歩は、彦星には治療費の件は断られたことを明かす。


茉歩は、押しつけがましいやり方だったと後悔の念を述べる。


ハリカは
“お金があったら彦星くん助かるんでしょ?”
と尋ねる。


茉歩は、ハリカと彦星の間に割り込んだことを詫びる。


茉歩はお金をテーブルに置き、店を出てゆく。


ハリカは、茉歩を追いかけてお金を返す。





彦星が病室でスマホをいじっている。


ハリカが病室に入ってくる。


彦星がカーテンを開けて、ハリカの姿を見ようとする。


ハリカはカーテンを開けないように頼む。


ハリカと彦星はそばにいながら、お互いが見えない状態で会話を始める。


彦星は
“なんか直接話すの不思議な気がする”
と語る。


彦星は、ハリカの声も顔も想像するだけだったと明かす。


ハリカは
“顔とか想像しなくていいよ”
と照れながらいう。


彦星とハリカは、お互いの身長の話をする。


2人は、彦星の着ているパジャマの話で盛り上がる。


彦星は、ハリカが今何を着ているのか尋ねる。


ハリカは亜乃音からもらった赤いカーディガンを着ている。


ハリカはまず下に着ているワンピース、次にカーディガンの話をする。


ハリカは、いつもの格好であることを伝える。


彦星は、ハリカが昔から赤い服を好んでいたと話す。


彦星は、ウサギ小屋や小川でのハリカとの思い出を語る。


ハリカは目に涙をためて
“全部忘れちゃった”
と答える。


ハリカはもう帰る時間だと告げる。


ハリカは、待ち合わせている相手がいると嘘をつく。


ハリカは、彦星に勘違いさせているかもしれないと告げる。


ハリカは
“変な知り合いを作るのが好きで彦星くんもそのひとり”
と泣きそうな顔で語る。


ハリカは
“そこまで真剣になられるとは思わなかった”
という。


ハリカは目に涙をためながらも、彦星を突き放すような言い方をする。


彦星は、自分でも自分が面倒くさいと語る。


ハリカは否定するように首を横に振るが、その姿は彦星からは見えない。


ハリカは、もう連絡するのもやめると言い出す。


ハリカが連絡先を削除するよう頼むと、彦星も承諾する。


ハリカが最後にぶどうパンを渡そうとする。


彦星は
“早く帰って”
という。


ハリカはおじぎしてから、病室のドアを閉める。


彦星は頭を抱えて泣く。


ハリカは病室の入り口前でへたり込み、泣く。


彦星の弟が病室の前へ歩いてくる。


ハリカは逃げるように走り去る。





はるとが学校から帰ろうとすると、先生から呼び止められる。


はるとは、先生から封筒を受け取る。


サイレンの音が聞こえてくる。





亜乃音の住む旧印刷所に、警察がやってくる。


2階から降りてきたるい子は、玄関前の様子を見て2階へ戻る。


警察は、ニセ札の件で近隣の印刷所を聞き回っていると話す。


亜乃音は、警察官を家に招き入れる。


亜乃音はるい子に目配せして、ゴミ袋を処分するよう促す。


るい子が裏口から外に出ると、持本の運転する車がやってくる。


るい子は車に乗り込むと、持本に車を出すよう指示する。


警察は、亜乃音に印刷工場で働いていた従業員のことを尋ねる。





玲の職場へ、中世古が現れる。


玲は、息子のはるとの様子がおかしいと告げる。


はるとは奇妙な絵を描いている。


中世古は、はるとに絵の意味を尋ねる。


はるとは
“ボクが先生の手紙を燃やしたから、火事で近所のおじさんが死んだの”
と告白する。





空き地に持本の車が止まっている。


るい子は、持本たちが印刷機を完全に処分しなかったことを責める。


持本は、もったいないと答える。


持本は、お金を持って中世古と逃げると言い出す。


るい子は
“私のこと置いてくわけ?”
と問いかける。


持本は
“そうですね。邪魔なんで!”
と答える。


るい子は
“あなたとずっといたいと思ってたんですけど!”
と強い口調でいう。


持本は、るい子を冷たく突き放す。


るい子は走りよって、持本を抱きしめる。


るい子は
“病気わるいの? どうなの?”
と詰問する。


持本は、自分がもう長くないことを吐露する。


るい子は、再び持本を抱きしめる。


るい子は
“私が看取るから”
という。





警察が、亜乃音に帰りの挨拶をしている。


警察は、亜乃音から中世古の電話番号を聞き出そうとしている。


亜乃音が連絡先を確認しようと室内へ向かおうとして、つまづく。


警察は、床に落ちている紙切れに気づく。


それは、ニセの1万円札が印刷された紙の切れ端だった。


警察は、亜乃音に署までの同行を願い出る。


ハリカがとぼとぼと歩いてくる。


ハリカは、亜乃音がパトカーに乗せられる姿を見てしまう。


ハリカはパトカーにかけよる。


警察が
“お知り合いですか?”
と亜乃音に聞く。


亜乃音は
“知らない子です”
と答える。


亜乃音を乗せたパトカーが走り去る。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



anone(アノネ) 9話の感想


冒頭、中世古が万太郎を絞め殺そうとします。


しかし、るい子たちが必死に中世古を止めます。


人を殺めるところまでいかなくて、ホッとしました。


ニセ札づくりも犯罪ですが、人まで殺してしまったら取り返しがつかなくなってしまいますから。


この緊迫した場面のあとに、皆でお茶をすするシーンがあります。


ここでのやり取りが、笑っていいのか笑っちゃいけないのか微妙な空気。


コメディとシリアスが混在している、坂本作品の特徴ですよね。





第9話の最大の見せ場は、ハリカと彦星の病室でのやり取りでしょう。


亜乃音からプレゼントされた赤いカーディガンを着て、恋こがれる彦星に会いに行ったハリカ。


ところが途中で茉歩と出会ってしまったことで、状況は一変します。


ハリカは茉歩の親が出してくれるお金で治療すれば、彦星の病気が治ることを知ってしまうのです。


ハリカは、あえて彦星に冷たくあたって身を引くこうとします。


自分のことを諦めてもらえば、茉歩からの援助も抵抗なく受け入れられると考えたからですね。


ハリカと彦星はようやく直接会えたのに、カーテン越しで話すことに。


ハリカは目に涙をためながら、彦星を突き放すような言葉をはき続けます。


相手を思うがゆえに、辛辣な言葉の数々。


ハリカは赤いカーディガンを見せることなく、ぶどうパンを渡すこともなく部屋を後にします。


病室の外で泣き崩れるハリカが、あまりに痛々しすぎます。





一方、亜乃音たちにもいよいよ警察の手が迫っていました。


やはりどんな理由があっても犯罪に手を染めた以上、彼女たちは幸せになれないのでしょうか?


最終回は悲しい結末が待っていそうで、見るのがせつなくなりそうです。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で9話の動画を観る方法

無料で「anone(アノネ)」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「anone(アノネ)」の動画を観ることができます!


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「anone(アノネ)」を無料で観れます。


ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒U-NEXTで無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。