もみ消して冬 9話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 9話のあらすじ

里子(恒松祐里)のあとをつけていたストーカーを捕まえた秀作(山田涼介)。

ところがその男、吉田邦夫(加藤諒)の目的は秀作だった。理由を聞く秀作に邦夫は衝撃の事実を口にする。

「ボクたち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」

信じない秀作にDNA鑑定の証拠を見せる邦夫。

3歳の時に発覚し、両家で話し合いの上、そのままになったという。

家に帰った秀作は、このことを打ち明けるが、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)は初耳にもかかわらず反応は薄く、弟につらくあたってしまう理由がわかってスッキリした様子。

泰蔵(中村梅雀)もずっと同じ思いだったと知りショックを受ける。

邦夫を知るうち、その姿と言動に北沢家のDNAを実感する秀作。

やがて、一週間だけ二人を入れ替えて生活することが両家の間で決まり…。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 9話のネタバレ


北沢家では楽しそうにダンスを踊る秀作と里子の姿があった。


その様子を塀の外から怪しげに見つめる一人の男がいた。





職場からの帰り道、秀作と里子は怪しい男の気配を感じる。


里子は、以前にも同じような事があったと秀作に話す。


秀作は、ストーカーではないかと里子の身を心配する。





秀作が帰宅すると、玄関には訪問者の靴が2足ある。


執事の松也に急かされダイニングへ行くと、お客様の前で必死に怒りを抑える父の姿があった。


どうやら大事な会食に遅刻し、父の怒りを買ってしまったようだ。


しかし秀作は会食があることを知らされていなかった。


兄の博文が伝え忘れたのだ。


父は秀作の言い分に聞く耳を持たず、バカラのグラスを投げつけた。


白を切り、父と一緒になり秀作を罵倒する博文。


姉の知昌までもが秀作のはっきりしない態度に苛立ち、冷たく当たる。





翌日、里子の家に来た秀作はマンションの外で再び怪しい男を見かける。


男は秀作に気づくと走って逃げ出した。


追いかける秀作。


男は突然立ち止まり、吉田邦夫と名乗った。


邦夫の目的は里子ではなく、秀作だったようだ。


邦夫は、“僕たちは赤ちゃんの時に取り違えられた”と言い出した。


唖然とする秀作、信じられるわけがない。


邦夫は自分の免許証を秀作に見せた。


確かに生年月日は同じだ。


それだけでは信じられない様子の秀作に、邦夫はさらなる証拠を見せた。


DNA鑑定書だ。


鑑定書の内容は、北沢泰蔵と邦夫が親子であることを
はっきりと示していた。


邦夫は鑑定に必要な泰蔵の毛髪を、クリーニング屋から入手していたのだ。


さらに信じられないのは邦夫が言うには、秀作の父がその事実を知っているということだ。


両家の間で何度も話し合いが行われ、そのまま育てることになったのだという。


里子に急用ができたと伝え、帰宅することにした秀作。





秀作は父に、吉田邦夫という人物に会ったことを話した。


博文と知昌は、どうやら吉田邦夫という人物に聞き覚えがないようだ。


突然取り違えの事実を知らされた博文と知昌だったが、妙に納得した様子だ。


衝撃の事実を告げられたとは思えない、あまりに軽すぎるリアクションだ。


博文も知昌もなぜ秀作にだけ冷たく当たってしまうのか、腑に落ちたようだ。


あまりに軽すぎるリアクションに、ショックを受ける秀作。


父は当時、赤ん坊を元に戻した方が良いと何度も主張したらしい。


しかし母が秀作を手放したくないと言った為、秀作は北沢家の子供として育てられることになったそうだ。


しかしその母はもういない。


父も兄も姉も、秀作に苛立つのは血縁関係がないからだったのかと
納得した様子である。


遺伝子が無意識に拒絶してしまい、秀作にだけきつく当たってしまうのだと妙に納得している。


家族の冷ややかな心ない言葉に、無言でその場を去る秀作。


寒空の下、芝生に寝ころび落ち込む秀作。


兄の博文が、言い過ぎたと謝罪にやってきた。


“これからどうすればいいの?”と問う秀作。

博文は“何にも変わらない。俺たちは家族だ”と答えた。





翌朝、父と姉からはとくに謝罪の言葉もないまま、寂しさを隠せない秀作。





里子のマンションで、鍋を囲む秀作と里子と尾関。


秀作は北沢家と血縁関係がないことを二人に明かした。


“尾関と姉さんが結婚しても、お前のことを兄さんと呼ばなくて済むからほっとした”
と秀作は言う。


“血のつながりはなくても先輩と知昌さんは兄弟です”
元気に振る舞う秀作を励ます尾関。


“家族は関係ない、秀作さんしか見てません”と里子が言った。


“北沢家のDNA無しにここまで来た先輩を尊敬します”と尾関が言う。


先日の怪しい男が北沢家の実の息子と知った里子は、博文に顔がそっくりだと笑う。


その時は”全然似てないよ“と思った秀作だった。





カフェで邦夫と2人、お茶をする秀作。


里子の言葉を思い出し邦夫の顔をまじまじと見て、確かに博文に似ていると思い始める秀作。


その時、邦夫から入れ替わりの提案をされる。


秀作は反対するが、邦夫は引き下がらない。


秀作は北沢家での生活が厳しく過酷であると忠告した。


しかし邦夫は、それは血のつながりがないからだと言う。


秀作が北沢家で生活するということは、川魚がハワイのビーチで泳いでるようなものだと言う。


失礼な物言いの邦夫を見て、邦夫が北沢家のDNAだと確信する秀作。


自信満々で性格が悪そうな邦夫は、図太く秀作に提案を受け入れさせた。


邦夫が父親のケーキ屋でアルバイトをしていると知った秀作は、安心して北沢家に連れていくことを決心する。


世間体を気にする北沢家の人間に、アルバイトの邦夫が受け入れられないと思ったからだ。





北沢家のダイニングに集まる一同。


以前から北沢家の大ファンであったと言い、気に入られようとする邦夫。


秀作はニヤケ顔で邦夫の職業を家族の前で尋ねた。


“宇宙飛行士を目指しています”と邦夫は言う。


予想外の答えに驚く秀作。


昨日と言っていることが違っていた。


実際には実家のケーキ屋でアルバイトをしているだけだが、ずる賢い北沢家の血を引く邦夫はうまく切り返す。


両親をサポートしながら宇宙飛行士になる努力をしていると言う邦夫に、父は感心してしまう。


泰蔵は“宇宙飛行士”というキーワードに食いつき、実際にはただのアルバイトという事実を気にも留めない。


必死に状況を説明しようとする秀作だが、泥沼にはまってしまう。

逆に“人の夢を侮辱した”と、家族から秀作が責められるはめになってしまった。


秀作にもかつて夢があった。


家族に反対され、やむ負えず諦めたのだ。


“夢を諦めたことを人のせいにするな”と、また知昌から責められてしまう。


4人対秀作、非常に肩身が狭い。


お手洗いに席を立った秀作。


ダイニングに戻ると、場に溶け込んだ邦夫と楽しそうに話す家族が目に入った。


家族と邦夫は、秀作のダメなところを話題にして笑っていた。


秀作は疎外感から、ダイニングの扉を開けられずに部屋の外に突っ立っていた。





吉田家からの提案で、邦夫と秀作を1週間交換して生活するという話があがっていた。


秀作は入れ替えを望んでいないようだ。


吉田家の強い希望だからと、入れ替えを勧める父。


吉田家には好かれていてよかったねと、嫌味を言う知昌。


産みの両親に会いたくないのか、と説得しようとする博文。


家族全員が自分を追い出そうとしているように感じてしまう秀作。


仕方がなく秀作と邦夫の入れ替えが行われることとなった。





吉田家のチャイムを鳴らす秀作。


すぐさま吉田の父と母、そして妹のミサに温かく出迎えられた。


豪邸ではないが、家族みんな仲がよさそうだ。


こたつの上には秀作の為に用意した料理が広がっていた。


最初は気を遣う秀作だったが、温かい雰囲気にすぐに居心地がよくなる。


ふと秀作の目に、一枚の写真が目に留まる。


吉田の父と邦夫がケーキを持って写っている。


吉田の父は、20歳のころから40年間ケーキ作りの仕事を続けている。


邦夫のアルバイトは、ケーキ作りではなく雑用だということがわかった。


お店は妹が継ぐ予定らしい。


“うらやましい”と漏らす秀作。


実は秀作が諦めた夢というのは、パティシェだったのだ。


その話を聞いた吉田の父は、感動した。


父と同じ甘いもの好きの血が、秀作にも流れていることが嬉しかったのだ。


こたつで寝てしまった秀作。


ふと周りを見ると、父と妹もこたつで寝ていた。


それを見て温かい気持ちになる秀作。


翌日秀作は執事に頼み、ペットのハムスターを吉田家に連れてこさせた。


秀作の気持ちの変化を感じ取った小岩井と松也は、北沢家に戻ってきてほしいという思いを告げる。





夜、風呂上がりの秀作は妹の勉強を見てやっていた。


“ありがとうお兄ちゃん”という妹の言葉に嬉しさが隠せない秀作。


たいしたことはしていないのに母からも“ありがとう”と言われ、クセになっていく秀作。


父にお醤油を手渡しただけで“ありがとう”と言われる。


食べ終わったお皿を運んだだけで“ありがとう”と言われる。


“ありがとう”という言葉がもらえることに、今まで味わったことのない嬉しさを感じる秀作。


北沢家での生活は、感謝の言葉とは無縁の生活だったのだ。



秀作は確実に吉田家での生活を心地よいと思い始めていた。





一方北沢家では、豪華な食事を満足げに食べる邦夫の姿があった。


しかし知昌のテンションは低い。


知昌は、何か言いたげな表情で邦夫を見ていた。





吉田家では、自宅で飼っているニワトリの卵が振る舞われた。


素朴だけど、自家製のこだわりの卵で食べる卵かけご飯に
秀作はこの上ない幸せを感じていた。


この自慢の卵で作るロールケーキが、お店の看板メニューなのだ。





家に帰れば“おかえり”と温かく迎えられる。


“宿題教えて”と、妹に頼りにされる。


父は秀作との晩酌を楽しみにしてくれている。


“お兄ちゃんが居てくれたら塾に行かなくてすむね”と、妹が言う。


“ばかなこと言うんじゃないよ”と両親は言うが、秀作は考え込んでしまう。





北沢家では事件が起こっていた。


父がミランダさんという女性の家に行った際、間違えて彼女の息子の靴を履いて帰ってきてしまった。


息子さんに彼女との関係が知られては困る父。


しかしミランダさんはしばらくフランス出張の為不在である。


息子さんは他人の靴が家にあることに気づいている、まさにピンチである。


そんな時、部屋に邦夫が入ってきた。


家族の目線は邦夫に注がれた。


北沢家では、厄介ごとを解決するときに手を汚すのは末っ子の仕事なのだ。





困った邦夫は秀作に助けを求めた。


取り違えられた子供たちが協力して、取り違えられた靴を元に戻すというミッションが始まった。


邦夫がミランダさんの家のチャイムを鳴らす。


邦夫は町内会の人間を装い、ゴミ出しの件で
息子さんを家から連れ出す作戦だ。


博文に似て口が上手い邦夫は、その悪知恵を使って
怪しむ息子さんを外に連れ出すことに成功した。


その隙に秀作が家に忍び込む。


なかなか父の靴が見つからず、緊張感がただよう。


ようやく靴を見つけ、秀作は今回も危ないミッションを成功させた。





邦夫は靴を持ち帰り、自分の手柄にしようとしていた。


父も博文も邦夫を褒めたたえていたが、知昌だけは気づいていた。


“靴は秀作が取り返したんでしょ?”と邦夫を責める知昌。


“1週間が過ぎたのにいつまで北沢家に居座るのか”と、冷たい態度をとる知昌。


どうやら秀作は知昌からの電話に出ないつもりらしい。





吉田家での生活が板についてきた秀作。





知昌は尾関に、秀作が北沢家に戻ってくるよう説得してほしいと頼む。





説得のため吉田家に来た尾関は、秀作の変わり様に驚いた。


もんぺを着て、こたつに寝っ転がりながら漫画を読む秀作の姿。


尾関は説得を試みるも、吉田家で幸せそうに暮らす秀作の姿を見て
もう戻らないことを悟る。





知昌に事情を説明する尾関。


最初は、説得できたら尾関の株が1ポイント上がるという話だった。


どうしても秀作を取り戻したい知昌は100ポイント、500ポイントと褒美のポイントを増やしていく。


知昌にとって500ポイントとはかなりの高ポイントであることはかんたんにわかる。


しかし尾関は首を縦には振らない。


“何ポイント頂いても先輩はもう帰ってきません”


という尾関の言葉に、ショックを受ける知昌。


秀作は本当にもう北沢家には戻ってこないのだろうか。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬 9話の感想


秀作が実は北沢家の子供ではないというショッキングなニュースから
スタートした第9話。


しかしショックを受けているのは秀作1人だけと言っていい程、家族はいつもと変わらない様子で秀作をいじり倒します。


他のドラマではシリアスに描かれそうな場面ですが、実際に25年間も一緒に暮らした家族の反応というのはこのような
ものかもしれないと思いました。


日常というのはドラマや映画よりも不思議な事やありえない出来事が
日々起こっていて、その渦中にいる人ほどその中を淡々と過ごしているのでは
ないかと思うのです。


決して口では言いませんが、北沢家の皆さんの態度に秀作への思いが少し感じられる
時がほっこりします。


家族や近い人間に素直な気持ちをぶつけることはとても気恥ずかしい
ものがあると思います。


なので今回の家族のリアクションはかえってリアルな感じがしました。


知昌は秀作が戻ってこなくてショックを受けている様子なのに、どうして入れ替えを止めなかったんでしょうか?


秀作が吉田の家を気に入るわけがないと思っていたのか、はたまた本当に秀作の為を思って産みの親に会わせてあげようと思ったのか。


どちらにせよ、わたしはこの知昌のキャラクターが大好きです。


不器用だけど、憎めないキャラですね。


でも実際に自分の家族になると大変そうですね。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で9話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪