anone(アノネ) 8話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 8話のあらすじ

亜乃音(田中裕子)の不審な行動を目にした万平(火野正平)は、ハリカ(広瀬すず)たちとの共同生活を始めてから様子がおかしい亜乃音の行動を観察する。

一方、ニセ千円札を自動販売機に通すことに成功したハリカ、亜乃音、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は、理市(瑛太)の主導でいよいよ一万円札作りに取り掛かる。

そんな中、四人は擬似家族のような暮らしに今までの人生で得ることのできなかった張り合いと安らぎを感じて…。

ハリカは彦星(清水尋也)のチャットゲームのアカウントを使って連絡してきた茉歩(藤井武美)に呼び出され、彦星との関係を詮索される。

彦星に思いを寄せる茉歩は、財力のある父親に掛け合って彦星の治療費を立て替えようとしているのだが…。

亜乃音を訪ねてきた玲(江口のりこ)は、自分に会いに来なくなった理市がそこにいることに驚くが、亜乃音が玲と陽人(守永伊吹)を守るためにニセ札作りに巻き込まれているとも知らず、理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に辛く当たる。

そして、完成したニセ一万円札を試す時を迎え四人は緊張に包まれる一方、亜乃音たちと出会って想像もしない幸せを味わって得をしたと言うハリカの話に、それぞれの思いを馳せる四人だった。

万平が亜乃音の落としたニセ札のホログラムの正体に気づいたとも知らず、四人は出発しようとしていた…。





⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 8話のネタバレ


万平は、ハリカたちと一緒に住むようになってから亜乃音の様子がおかしいと言う。


万平と息子の三太郎は、亜乃音の行動を遠くから観察する。


ニセ札でジュースを買った亜乃音たちは、自販機の前で喜んでいる。


中世古は、あの千円札はまだ試作段階だったと言う。





中世古たちは、自動販売機の管理者の店にニセの千円札を回収しに行く。


まず、中世古が1万円札でおつまみを1つ買う。


次に持本があたりめを買い、同じように1万円札を出す。


最後にハリカがチーズのおつまみを買い、1万円札を出す。


3人は1万円札で買い物をして、お釣りとして千円札を回収する。


万太郎は、別々に1個ずつ買い物をした中世古たちを不審に思う。


帰り際、持本はテレビ局の突撃レポーターにつかまってしまう。


持本は、テレビのインタビューに応じる。


万太郎は、中世古がかつて印刷工場で働いていたことを思い出す。


万太郎は、工場が再稼働したのではないかと推測する。





次の朝ハリカは、亜乃音とるい子と持本の3人をフライパンを鳴らして起こす。


亜乃音は、布団にしがみついて離れない。


食事の席でハリカは、食べながら寝ている。


中世古たちのニセ札づくりは、ホログラムを作成する段階に入る。





万太郎の弁護士事務所で働いている亜乃音は、仕事を終えて帰ろうとする。


亜乃音のマフラーから、ホログラムのかけらが落ちてしまう。


万太郎がそのかけらを拾う。


万太郎はかけらの正体が何なのか、まだ分かっていない。





中世古は、家族に黙って部屋を借りて作業をしている。


妻の結季は
“本当のことを言ってほしい”
という。


中世古は、娘の教育費のためスマホのアプリを開発していると嘘をつく。


結季は
“お金がないことってそんなに怖いことかな?”
と問いかける。


中世古がスマホをチェックすると、玲からメールがきている。


玲は自宅で、息子のはるとにご飯を作っている。





寝る前にハリカは、スマホで彦星とメッセージをやりとりしようとする。


“あなた誰ですか”という返信がくる。


相手は、“香澄茉歩です”と名乗る。





次の日ハリカは、茉歩とカフェで直接会う。


茉歩は、彦星とどういう関係かハリカに問う。


ハリカは幼なじみのようなものだと答える。


ハリカは、大人になってから彦星とは全然会っていないことを告げる。


茉歩は
“あなたと彦星くんが付き合っていたら、どうしようかと思ったんだよ”
と話す。


茉歩は、彦星とは高校の頃に知り合ったことを明かす。


動揺したハリカは帰り際、駐輪場に止めてある自転車を倒してしまう。





入院している彦星の病室に、家族が来ていた。


彦星は、受験に合格した弟をねぎらう。


そこへ茉歩が訪ねてくる。


彦星の両親は、よくお見舞いに来てくれる茉歩に礼を言う。


彦星の弟は
“お兄ちゃん、治るの?”
と質問する。


弟は
“病院を替わったら治る。茉歩さんのお父さんがお金を貸してくれるんだって”
と彦星に話す。


彦星は、つい話をそらす。





亜乃音たちとの食事の席で、ハリカはまた寝ている。


亜乃音やハリカたちがニセ札を作っている。


誰かがやって来て、乱暴に戸をたたく。


亜乃音たちは慌ててニセ札を隠す。


亜乃音が戸を開けると、はるとが立っていた。


玲とはるとは、中世古を訪ねてきたという。


亜乃音が台所で洗い物をしている。


玲が
“中世古さんに何か言ったでしょ?”
と亜乃音に尋ねる。


亜乃音は、妻のいる中世古と会うのは良くないと意見する。


玲は、中世古とは特別な関係ではないと弁明する。


亜乃音は、彼と一緒にいても幸せになれないと諭す。


玲は、はるとと自分には支えが必要だと主張する。


中世古がはるとのパパになってくれたら最高だ、と玲はいう。


階下では、はるとがオレンジジュースをこぼしてしまう。


亜乃音は
“中世古はあなたが思っているような人じゃない”
と玲に告げる。


玲は、自分の願望まで否定しないでほしいと声を荒らげる。


玲は、自分たちは中世古に救われたのだと明かす。


玲は自分のことを何も考えてくれていない、亜乃音をなじる。


ハリカは、亜乃音をかばう。


玲は、自分が許されない行為をしていることは承知していると吐露する。


玲は、そんな自分でも理解して欲しかったと亜乃音に打ち明ける。


玲は
“やっぱりあなたはお母さんじゃなかった”
と亜乃音に告げて部屋を出る。


亜乃音はハンカチで涙をふく。


ハリカは
“亜乃音さん。今のはすごくお母さんだったよ”
と励ます。


階下では、玲がはるとを連れて帰ろうとしていた。


はるとは、自分がジュースをこぼした為だとしょげてしまう。


るい子と持本は、否定する。


玲も、用事を思い出しただけだと諭す。


はるとは、中世古たちに“バイバイ”と挨拶する。


玲とはるとは、印刷工場を後にする。





亜乃音たちはニセ札づくりの作業を終えて、道具をしまう。


持本がみかん鍋を作っている。


るい子が中身を覗こうとするが、持本は蓋を開けさせない。


帰ろうとする中世古を、持本が引き止めて食事に誘う。


中世古は、猫舌であることを白状する。


持本が見かけによらないと指摘するが、誰も話に乗ってこない。


再び帰ろうとする中世古を、持本が引き止める。


みんなが黙ってしまったので、持本はテレビをつける。


先日の街角インタビューの模様が放送されている。


レポーターに自分の気持ちを色で例えたら、と質問された持本は“ゴールド”と答える。


彼女につけて欲しいランジェリーの色を聞かれた持本は、“若草色”と答える。


持本がニセ札で汗を拭いている映像が、テレビで流れる。


亜乃音が、逮捕されたら映像が使われるかもと冗談交じりに言う。


一同笑うが、中世古の目は笑っていない。





先に帰った中世古について、持本は“いい人だ”と評する。


るい子は、疑いを持たない人が羨ましいという。


持本は、ニセ札づくりを続けるなら中世古と仲良くすべきだと主張する。


るい子は、中世古と仲良くするのは構わないと答える。


その上でるい子は
“今のこの居場所を壊さないでよ”
と念を押す。


ニセ札づくりの作業中、持本を腹痛がおそう。


心配したるい子が持本に声をかける。


るい子は、持本を必要とする人がいると励ます。


持本は、自分には取り柄がないと卑屈になる。


るい子は、自分に自信がない人のほうが魅力的だという。


ニブい持本は、るい子が褒めてくれていることに気が付かない。


るい子と持本は、仕事がひと段落したら温泉にいこうと意気投合する。


2人の様子を、亜乃音とハリカは微笑ましそうに見守っていた。





万太郎が、小料理屋にいる。


勘定をすませようとした時、万太郎の手が止まる。


万太郎は、事務所で拾ったかけらが1万円札のホログラムである事に気づく。





工場では中世古たちが、1万円札をかざして見つめている。


中世古が両替機に1万円札を通すと、見事に千円札が10枚出てくる。


中世古は、亜乃音たちにそれぞれ写真を渡す。


写真には、街にある両替機が写っている。


中世古は、両替機でニセ札が使えるかどうか試すよう亜乃音たちに指示する。


達成感に満たされた中世古は、不敵に笑う。





亜乃音とハリカとるい子、持本が食事をしている。


るい子が不安な気持ちを吐露する。


ハリカは
“お金が手に入るなら、一生牢屋に入ってもいいと前は思っていた”
と明かす。


亜乃音たちと出会ってからいい事がたくさんあった、とハリカはいう。


亜乃音とるい子が洗い物をしている。


万が一のときは自分が自首する、と亜乃音はいう。


亜乃音はもしもの時はハリカを逃がすよう、るい子に頼む。


亜乃音が作業場の窓から外へ向けて、紙飛行機を飛ばす。


紙飛行機は、風に戻されて作業場の中に落ちる。





彦星が茉歩の元へやってくる。


治療費を出してくれるという茉歩の父の申し出を、彦星は受け入れられない。


彦星は、茉歩も茉歩の親も他人だという。


茉歩は好きな人を助けたいだけだ、と強調する。


彦星の気持ちが自分にない事は知っている、と茉歩はいう。


彦星は好きな子が別にいる、と茉歩に告げる。


ハリカには彦星を助ける力はない、と茉歩は言い切る。


彦星は
“好きな子と一緒にいられないなら、生きている意味はない”
と声を張り上げる。





亜乃音は万太郎に呼び出されて、小料理屋にやってくる。


万太郎は、結婚詐欺師の弁護をした経験を話し始める。


万太郎は、自分が“騙されたい人間”であると告白する。


万太郎は、すぐにでも工場をたたむように亜乃音に提案する。


万太郎は、自分と一緒に旅に出ないかと亜乃音に尋ねる。


万太郎はホログラムのかけらを取り出し、亜乃音に見せるように置く。





帽子を被ってマスクをした持本が、街にある両替機の前に現れる。


持本は、ニセ札が両替機を通るかどうか試すが失敗に終わる。


ゲームセンター内の両替機に前に、ハリカがやってくる。


ハリカが機械にお札を入れようとすると、彦星から電話がかかってくる。


電話越しの彦星の声は、しどろもどろである。


彦星は、茉歩からハリカの携帯の番号を聞いたことを明かす。


彦星もハリカもお互いに緊張していて、会話が続かない。


彦星の提案で、2人は深呼吸をしてみる。


彦星は説明したいことがある、と切り出す。


彦星は、茉歩はあくまでも友達だと説明する。


彦星は
“僕がこういう風に思っているのは、ハリカちゃんだけだから”
と話す。


ハリカは、“こういう風”の意味がよくわからないと告げる。


ハリカは
“よくわからないけど、私も彦星くんと同じ風に思っている”
と気持ちを明かす。


彦星は、また電話するとハリカにいう。





ハリカは、信用組合のATMを訪れる。


ハリカがニセの1万円札を機械に通すが、センサーは反応しない。





印刷工場に、るい子と持本が戻っている。


持本は、倉庫のニセ札を取り出そうとするが倒れてしまう。


るい子が持本のそばにかけ寄る。





ハリカが、再びゲームセンター内の両替機の前にやってくる。


ハリカがニセの1万円札を機械に通すと、“両替”のボタンが光る。


ハリカは急いで1万円札を戻すと、かけ出す。





持本がこたつで横になっている。


るい子は病院での検査をすすめる。





万太郎と亜乃音が、印刷工場の近くを歩いている。


機械の稼働音を聞いた万太郎は、工場内にかけ込む。


中世古がニセ札を印刷している現場を、万太郎が見てしまう。


万太郎は
“あんた何やってんだ!”
と亜乃音を罵倒する。


万太郎は、自首するように亜乃音を説得する。


中世古が、後ろから万太郎の首を絞める。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



anone(アノネ) 8話の感想


第8話の冒頭、玲がはるとと共に印刷工場を訪れます。


玲の目的は、最近連絡をくれなくなった中世古に会うためでした。


玲は、母親代わりに自分を育ててくれた亜乃音の前を素通りしてしまいます。


亜乃音を演じる田中裕子さんの寂しげな表情が、胸を打ちます。


市井の老年女性を演じさせたら、この人の右に出る女優さんはいないでしょう。





その後、二階で洗い物をしている亜乃音の前に玲がやってきます。


亜乃音は、妻がいる中世古との交際をやめさせようとします。


不倫がよくない、という理由だけではありません。


ときどき狂気じみた表情を見せる中世古の危うさを、亜乃音は気づいていたのでしょう。


しかし、玲の意見と亜乃音の考えはどこまでも平行線でした。


母一人子一人で過ごしてきた玲にとっては、中世古が唯一の心の支えだったのでしょう。


事あるごとに亜乃音に冷たく当たってきた玲に、私はいい印象を持てませんでした。


しかし第8話で赤裸々に語る彼女を見ると、玲にも玲なりの事情があったのだと思うようになりました。


“間違ったこと”をしていても、咎めるのではなく支えてほしいかったと告白するシーンに胸が熱くなりました。


亜乃音は“やっぱり母親にはなれなかった”と自分を責めます。


そんな彼女にハリカは“亜乃音さんはちゃんと母親してたよ”と優しい言葉をかけてあげます。


ドラマ上の設定では、亜乃音とハリカは40~50才は離れているのでしょうか。


血の繋がりもなく年齢も離れた2人が、愛情を与え合う姿は神々しく思えます。


広瀬すずさんのおさえた演技も素晴らしいと思います。





接点のなかった4人が疑似家族のような関係になってゆくのが、これまでの流れです。


坂元裕二ドラマは、何が目的でどこへ向かっているのか分かり難いのが大きな特徴です。


それでも、ドラマのテーマらしきものが分かってきました。


それは、“ニセモノは本物になり得るのか?”ということ。


血が繋がってなくても、これまで悲惨な経験しかしてなくても家族は築けるのか?


4人が行なうニセ札づくりは、“ニセモノは本物になり得るのか?”の一種のメタファーであると言えるでしょう。


第8話のラストで、亜乃音たちのニセ札づくりは第三者に見つかってしまいます。


亜乃音たちに大きな悲劇が待ち受けていることを予感させるような、終わり方でした。


全員つかまってしまうのか?


亜乃音がハリカだけでも救おうとするのか?


残りの2話から、目が離せそうにありません。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観る方法はコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で8話の動画を観る方法

無料で「anone(アノネ)」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「anone(アノネ)」の動画を観ることができます!


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「anone(アノネ)」を無料で観れます。


ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒U-NEXTで無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。