ドラマ版「海月姫」について、キャストの魅力と無料で観る方法を紹介します!





コメディ漫画のドラマ化


ドラマが面白いと感じる肝というのは、大まかにはプロット、脚本、キャストだと思っています。


「海月姫」の場合は人気漫画をドラマ化させたものなので、事情が少し変わってきます。


ドラマを面白くさせるさせる肝には、キャスティングが大きなウェートを占めてきます。


それから同じくらい大事な肝は演出です。コメディ漫画をドラマ化させる成功の鍵を握ります。


実は…「海月姫」はドラマが始まる前にはかなり不安視された記事も出ているのです。


不安を振り切ってドラマが始まってからは、瀬戸康史演じる鯉淵蔵之介はじめ各キャストの「再現性」に、「期待以上」の声だけでなく…


「アニメも原作漫画をも超えた」という反応まであり話題になっています。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



ドラマ版の海月姫とは?


原作の東村アキコさんは、超売れっ子漫画家さんです。


2017年にドラマ化させた「東京タラレバ娘」でもかなり話題になりました。





「海月姫」は原作を読んでいる方も多いですし、またのん(能年玲奈)さんが主演を演じている映画にもなっています。


原作や映画と比べて観ている方もかなりいらっしゃると思います。


結論からいうと、第8話が終わった時点でドラマ化は成功していると思います!


成功の鍵を探っていきたいと思います。





「海月姫」はファッションをテーマに、オタク女子と女装男子が繰り広げるシュールなラブコメディです。


「東京タラレバ娘」以上に現実感が薄く、コメディ的な要素が強いのでヘタをすると学芸会になりかねないのです。


「海月姫」が成功している鍵というのは「キャスティング」「演出」「美術等のスタッフ」によるのではないかと思います。


あと現場が楽しそうな雰囲気というのは、結構ドラマにも伝わってくるのでコメディには大事ではないかと思っています。


公式のインスタグラムや蔵之介演じる瀬戸さんのTwitterなどを見ると、かなりいい雰囲気の現場です。


瀬戸さんが気になっている方は是非Twitterチェックしましょう!


面白いと思えるドラマがあると1週間待ち遠しくて、仕事や家事を頑張ったり出来ますよね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



月海役の芳根京子さん


倉下月海を演じる芳根京子さん・・「表参道高校合唱部」で主役に抜擢されました。


その後、朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」ではヒロインを演じます。


どちらも優等生というイメージの役で、コメディでは初主役ということになります。


演技では定評のあった芳根さんですが、コメディも上手いのです。特にイケてない時の演技が…(笑)


イケてない主役といっても、ほとんどのヒロインというのは「なんだ美人じゃん」って思うことが多いと思うのですが…。


彼女の場合は本当に立ち姿や挙動不審な行動などが自然なので、本当に「倉下月海」がいるような錯覚に陥るのです。


オタク女子を演じるのでオタク話ではかなり早口になりますが、滑舌もいいんですよね。


そして、なぜイケメン二人と青年実業家(イケメン)にモテまくるのかも納得できる要素があるのです。


彼女の才能を持ちながら…それが覚醒した時のエネルギーと謙虚さです。


どうせ私なんてというネガティブさもあるけど、それを含めて最終的には俺が守ってやりたいというオーラがあるんです。


部屋着でメガネ姿の彼女も可愛らしい・・。


勿論、蔵之介に変身させられた時は美しいですよ。綺麗なお顔立ちをしています。


だから挙動不審でクラゲを売っている店の店員に相手にされなかった時でも…、


蔵之介がちゃんと見抜くだけの資質があるというのは、説得力があるのです。


ネット上では鯉淵蔵之介演じる瀬戸康史君が大評判なのですが、月海とのラブシーンがもっと見たいという声も高いのです。


ドラマでモテモテで嫉妬されやすい役なのに、女性受けもいいのは芳根さんの持ち味と確かな演技力でしょう。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



蔵之介役の瀬戸康史さん


このドラマのキーワードになっているのは…なんといっても!鯉淵蔵之介を演じる瀬戸康史さんです。


このドラマで瀬戸さんの人気が沸騰しているのです。


とにかく女装の時の美しさ、男性になった時のかっこよさのギャップです!


特に女装した時などは…
ネット上でも初回から「女装が似合いすぎる(笑)」「瀬戸君に(女として)負けた…」「最初はガチで女子かと思った」という声も上がり話題になりました。


瀬戸さんはこの役を引き受けるのに、かなりダイエットしたそうです。


努力の甲斐があり女装男子になった時にシルエットが美しい…足が細くて綺麗で目の保養になるのです。


男が女装しているという感じもなく、ゲイだからそうしているという感じでもないのです。


蔵之介は女装している時でも普通の男言葉を話すので・・男だってことはわかります。


女装男子が美しいだけならここまで評価は高くありません!


瀬戸さんはドラマの中の7割くらいで女装して出演されていますが…


男性になった時の瀬戸さんのギャップ萌えに女子たちからの熱い視線が止まらないのです。


特にキスシーンのあった回(第5話)では、原作にはなかったシーンだったので女子からのテンションが上がりまくりました。


第4話の月海に「月海が本当は可愛い女の子だと思っているからだろ」と言ってしまい…気まずくなって家に帰ってしまい…


帰りながら「なんなんだ俺は。何を口走っているんだよ~」と急いで帰りながら呟いているところなど、キュンとしましたね。


恋に慣れていない修ではなく、行動力があって女の子に慣れているはずの蔵之介のこれまたギャップ萌えですね。


第8話では、最後のシャワーシーンのところはクライマックスに盛り上がったシーンだと思います。


女子からは「瀬戸君にドキドキして眠れません」「瀬戸君シャワーから出てこないかな」「瀬戸君のガチャポンないかな(笑)」という声まで上がっていました。


更に、瀬戸康史さんの色気に参ってしまった女子からは「女性ホルモンで肌まで綺麗になるんじゃないか」とか「anan特集お願いします」という声まであります。


確かに…かっこいい俳優が綺麗な女装男子を全員できるかというと、そういう訳ではないのでこの役は瀬戸さんのはまり役ですね。


お肌も羨ましいくらいに綺麗で美しく…声や行動は男性的なので、ギャップ萌えも頷けます。


また瀬戸さんというよりもキャラクターの話になりますが、月海に対する気持ちにブレがないのも大きな萌えポイントです。


最初に素のままの月海を見出したのは、蔵之介です。


蔵之介は、外見とか経歴とかのファクターを通さないで人を見る目があるのです。


ドラマ化を成功させているキーパーソンとも言えるでしょう。


番組のホームページに寄せられるメッセージでは、こんな投稿が沢山あります。
「瀬戸康史くんから目が離せない。
女装もかわいいし、何といっても不意に男になるところがかっこいいです!
ホテルでの衣装が素敵でした!毎回録画で、好きなところをリピート再生して観てます!」


瀬戸さんの元々持っていた資質に、重ねてきた努力と演技力で評価も高いのではないかと思っています。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



修役の工藤阿須加さん


「童貞エリート」というか「童貞界のエース」みたいなキャラクターを演じる鯉渕修を演じる工藤阿須加さんも細かい演技に気を配っています。


すごく真っ直ぐで一図で良い人ですが、月海がシンガポールに行ってしまう時にイタリアで婚約指輪を買っているとか…。


8話になってやっと携帯番号を手に入れていないことに気付いて、天水館に行くエピソードでは本当に不器用?!と思わせる演技をしています。


鯉渕家って政治家一家で兄弟での確執などがありそうなのに、とても兄想いで本当に良い人を工藤さんは客観的に見て演じています。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



濃すぎる尼~ずメンバー


キャラクターといえば「海月姫」の人気を支えているのが、天水館の尼~ずですよね。


詳しく知らなくても、ふふっと笑えればドラマとしては大成功ですが…少しだけ突っ込んでみましょう。


番組にはこんな声もあります。
「いやはや、セリフのないシーンにこそ、役者魂を感じずにはいられません。
ジジさま、薄ら笑いと丸まった背中、もうたまらない(笑)
その姿を観てるだけで、はらわたがちぎれそうなくらい笑えます。
また、まんばさんとまやや、プラレールに三国志のフィギュアを乗せてくれって、もう勘弁して欲しいくらい笑えます。
こういった演技にもこだわりを感じるのは、キャストの皆さんの仲がいいからでしょうね。
ドラマを観れば、製作現場の空気感が伝わって来る素晴らしい作品です。」


少しだけ低迷していた月9ですが、今回の「海月姫」でかなり息を吹き返した感じが伺えます。


工藤さんのインタビューでこんなことを話されています。
「すごいです。原作のキャラクターたちがそのまま出てきたんじゃないかと思いました(笑)。
ジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)、千絵子(富山えり子)が本当に生きているというか…。
少し引いてしまう修の感情が自然に出てきたんです。」


皆さん上手いですよね~。そして振り切ってます(笑)


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



ジジ様役の木南晴夏さん


ジジ様を演じる木南晴夏さんは枯れ専(汁っ気のない中高年男性がめちゃタイプ)で、いつも猫背で貧血気味、内股のオタク女子です。


料理やパソコンが得意で物事を客観的にとらえるのに長けていて、核心をボソッと話すのがツボです。


木南さんはとても可愛らしい女優さんですが、きちんと自分の役をこなしています。


インタビューでは尼~ずの様子をこんな感じで話しています。
「1シーン撮影するごとに、みんなでそれぞれの役を「可愛い~」と褒め合っているんです。
端から見ると少し気持ちの悪い集団みたいになっているかも?(笑)」


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



ばんばさん役の松井玲奈さん


ばんばさんを演じる松井玲奈さんなのですが、いつもアフロヘア―をして変身しても目が隠れている鉄道オタク女子です。


アイドル時代はとても可愛くて人気がありましたが、ドラマで一目で松井玲奈さんだとわかる人は少ないかもです。


いつ松井玲奈が出てくるの?ってずっと待っているのですが、第8話が終わっても全然アイドル松井玲奈が出てきません(笑)


松井さんはインタビューで
「まややが動なら、ばんば静。驚いてもそうは見えないのがばんばさんです。でも、心の中はザワザワしている…。」
という分析をして演じています。


可愛いアイドルが本当にちょっとだけ気色悪いキャラクターに見えていたら、女優としてプロですよね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



まやや役の内田理央さん


まややを演じるのが内田理央さんですね。基本的にばんばさんと親友という設定ですが、目にコンプレックスがある三国志オタクです。


彼女も美しい女優さんなのですが…全然そんな風には見えません。


演技が振り切れていて、プロ根性を感じます。


オタク女子役の全員に言えることですが、皆さん愛すべきキャラクターを楽しんで演じているんですね。


だから尼~ずは愛すべきキャラクターとして、ドラマで再現されています。


内田さんはインタビューで
「特に手の動きは騒がしくしてなるべく止まらないようにしています。」
と答えています。


第5話では、まややはファッションショーでモデルを果たします。


ジャージ姿の三国志オタクが変身して世の中の女子を黙らせるくらい綺麗でした。


ネット上でも「まやや様予想の1,000倍美人だった」「やっぱり綺麗~」と評判でした。


世の女子が蔵之介なら、密かに男子はまややの魅力にはまっているかもしれませんね。


「旦那がまややまややとうるさい」というツイートも見かけました(笑)


モデルをやったまややの時は一瞬…やっぱり内田さん流石!綺麗!と思ったのですが…
モデルをやっていても、すぐに手がまややになってしまうので…まややになりきっていて笑ってしまいました。


それから芳根さんもそうなのですが、オタク用語?を話す時に早口でも滑舌がとてもいいのが素晴らしいですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



千絵子役の富山えり子さん


千絵子を演じるのが富山えり子さんです。彼女は和物オタクですが、尼~ずの中で一番常識的というかリーダーですね。


表のリーダーが千絵子なら、裏のリーダーがジジ様という…いいバランスで尼~ずは構成されてます。


富山さんは「原作そっくり」という声にとても喜んでいるようです。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



他のメンバー


尼~ず以外でコメディ的な要素が強いキャラクターは…花森よしおを演じる要潤さんですね。


あの甘いルックスと丁寧な口調なのに、すごくおかしいことを言ったりやったりする要さんはドラマでいいアクセントになってます。





「海月姫」は瀬戸さん・工藤さん・要さんとイケメンが揃っているので、目の保養になります。


そこにカイフィッシュ演じる賀来賢人さんも参入してきたので、月曜日の9時は楽しみですね!


ドラマでは圧倒的に瀬戸さん人気が高騰していますが…どの男性俳優さんも魅力的ですね。





またコメディ担当としては稲荷翔子を演じる泉里香さんも忘れてはなりません。


童貞エリートの鯉渕修に色仕掛けで近づく「腹黒魔性女」という立ち位置ですが、泉さんはコミカルな演技で腹黒感を際立たせている役ですね。


彼女は尼~ずにとって敵役ではあるのですが、結構いいやつでもあります。


彼女の演技もかなりデフォルメされた振り切り演技も実は評価が高いのです。


ジジ様演じる木南さんは、他のキャラクターを演じるなら稲荷か花森役もいいなと話されています。





他にも大物俳優の北大路欣也さんが鯉渕敬一郎を演じています。


床嶋佳子さんが妻の容子を演じていて、お二方がとても温かい雰囲気を出しています。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



海月姫がオススメな理由


最初に人気漫画をドラマ化する成功の秘訣の1つとして、演出を上げました。


このドラマをメインで演出しているのが、ドラマのメイン演出は『リーガル・ハイ』シリーズや昨年公開された映画『ミックス』などで知られる石川淳一さんです。


コメディドラマってテンポ感が大事ですよね。ドラマにすっと入っていける何か…です。


ずっと石川さんが演出し続けているのかと思いきや…第6話は紙谷楓さんという方です。


昨年秋に放送された『世にも奇妙な物語 ’17秋の特別編』の中でひときわ異質な笑いを作り出した短編『女子力』などを演出した新進気鋭の演出家さんです。


第6話自体が作品として第二章に入るので、グッと雰囲気が変わったと感じた方はかなりの「ドラマ・オタク」ですよ!





原作のイメージ通りというか、それ以上に仕上がっているという評判は衣装さんや美術さん小道具さんなどのスタッフさんなしには語れません。


それから原作ありきですが、やはり脚本も重要ですね。





月曜日はほとんどの人にとっては「ブルーマンデー」というくらいなので、ちょっと憂鬱な日ですね。


考えてしまうような重いテーマのドラマも素敵ですが、「海月姫」は月曜日にテンションを上げるのにいいドラマだと思います!


憂鬱な1日なら、夜になったら「海月姫」を見ようというモチベーションで乗り切れますね。


尼~ずの言動にふふっと笑えたり、瀬戸さん萌え~が出来たらドラマ大成功ではないでしょうか。


このクールでは、評判がいいドラマの1つです。


無料で動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「海月姫」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪