海月姫 8話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 8話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)たちはプロモーションスペースに『ジェリーフィッシュ』を出店。

客つきは全く良くなかったが、アジアでセレクトショップを展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められた。

カイは月海と鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に、ドレスとデザインを買い取りたいと申し出る。

それどころか、月海をシンガポールに連れて行き新ブランドを展開したいと言う。

そして、月海の才能を埋もれさせたくないと部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令した。

蔵之介は月海やドレスのことを理解していないとカイの提案を断る。

蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えた。

プロモーションスペースに月海たちが帰ると“尼~ず”たちがいない。

2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)。

稲荷は『天水館』の売買契約が成立したと月海と蔵之介に教える。

すぐに『天水館』に戻る月海たちだが、さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。

修(工藤阿須加)に困った時には連絡するよう言われていた月海は電話するのだが出てもらえない。

勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在だった。

そんな月海は慶一郎(北大路欣也)と容子(床嶋佳子)から家に迎え入れられる。

月海は『天水館』が売却されてしまったことを慶一郎に相談するが、自分にはどうすることも出来ないと言われてしまった。

頼る術がなくなった月海は、カイにもらった名刺に目を落とし…。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 8話のネタバレ


カイフィッシュは、クラゲドレスとワンピースのデザインとデザイナーの月海と一緒に3億で取引したいという。


カイフィッシュは月海をシンガポールに連れていき、そこで勉強してから月海がデザインしたブランドを新しく作りたいという。


蔵之介が
「話、飛び過ぎ」
というとカイフィッシュは
「日本のファッション業界はもう死んでいます」
という。


カイフィッシュは、0から1に生み出すことができる月海の才能が必要だと言う。


蔵之介はカイフィッシュに英語で話し始め
「月海をシンガポールに連れて行くのは無理だ」
というとカイフィッシュは
「なぜですか?」
と答えると蔵之介は
「あなたは何もわかっていない。あの服のことも。月海のことも」
といって月海を連れて帰る。


蔵之介はカイフィッシュに、月海はパスポートを持ってないことをいう。


カイフィッシュは月海は
「困ったことがあったらいつでも連絡ください」
といって名刺を渡す。


カイフィッシュの秘書ファヨンが早急すぎるというと、カイフィッシュは月海には良質な環境が必要だ主張し
「そのためには、あの女の格好をした彼は邪魔だ」
という。





蔵之介と月海が店舗に戻ると、尼~ずはいなかった。


稲荷が服の後ろに隠れていて、尼~ずは今頃引っ越しの準備をしているんじゃないかという。


稲荷は本日付けで天水館はグローバルシティクリエイトのものになったといい、今月中に退去するなら1人につき50万円を払うという。





尼~ずの4人は目白先生の部屋の前で訴える。


目白先生は仕事で行き詰っているという。


チエコが目白先生に母親が天水館を売却したことを告げると、パンとしゃもじの絵をドア越しに送りマヤヤは
「目白先生が壊れた~」
と叫ぶ。





その時物音がして、蔵之介と月海が天水館に帰ってきた。


蔵之介が落ち込んでいて
「今回は流石にやばい。ぶっちゃけ次の策が浮かばない」
というとバンバが
「いっそ50万貰って出てくか」
という。


尼~ずは、ニートにとって50万は大金だという。


チエコは
「お金はともかく、契約が済んでしまった以上これでもう天水館は終了よ」
という。


蔵之介は
「ちょっと頭冷やしてくるわ」
といって部屋を出ていく。


月海は
「お母さん、天水館がついに…なくなろうとしています」
と心の中で呟く。





月海は修に「何かあったら相談してください」という言葉を思い出し、修に電話をする。





修はイタリア・ヴェネツィアにいてガラスで月海の婚約指輪を作ろうとしていたが、携帯をなくしたことに気付く。





月海は、鯉渕家に行って思い切ってドアベルを押す。


慶一郎と容子は、月海を迎え入れてお茶を出す。


容子は月海に
「ごめんなさいね。あの子今休みをとってどっか行っちゃってるのよ」
といって慶一郎が
「フィアンセにも連絡しないで」
という。


ケーキを勧められて食べている月海の手が震えている様子を見て、容子は
「安心した。あなたとっても真面目でいい子そうね」
という。


容子は更に蔵之介も天水館にいつも行っていて、兄弟揃ってお世話になっているという。


慶一郎が蔵之介が天水館でふらふらしていることを嘆くと、月海は蔵之介はふらふらなどしていないという。


月海は蔵之介の落ち込んだ姿を見るのは初めてだといいながら、なぜかと容子に聞かれると月海は
「天水館が売られてしまったんです」
という。


月海が慶一郎に
「なんとかなりませんかね」
と訴えるが、慶一郎は
「残念だけどね…私にもどうすることもできないよ」
という。





蔵之介は、1人外で落ち込んでいる。





修はヴェネツィアのお店でガラスの工芸を見て、興奮している。


店の女性が日本語が出来るというと、修はほっとして
「あの実は婚約指輪を探していまして…クラゲの形をした指輪って」
というと店の女性は、店にはないけどすぐに夫が作れるという。





天水館では、月海が帰ると尼~ずはお酒を飲みながらお別れ会をしている。


マヤヤが「マヤヤロード・第一章」のスピーチをしていて、今までの自分の話をしている。


宴会は3時間していて、ジジがまだマヤヤで1人目だと月海に説明し
「みんな名残り惜しいんです。この時間が。ここでしか生きられない人の集まりでしたから」
という。





それを聞いた月海は何か決心をして外に出て、公衆電話から誰かに電話をする。





翌朝、稲荷が尼~ずを起こし強引に引っ越しを進めようとしている。


稲荷は、引っ越し業者を呼んでいる。


尼~ずは引っ越し業者を止めようとするが、倒れてしまう。


稲荷は笑いながら狂ったように、札束を巻いている。





その時、蔵之介が天水館に入ってきて
「どうゆうこと!すぐ出ていくって」
というと稲荷は
「あら~鯉渕家の長男が今さら何のご用?」
というと蔵之介が
「また強引なまねをしたのか」
というと稲荷は
「こっちは50万払ってやって、引っ越しの準備まで手伝ってやってあげてんのよ。『ありがとうございます』は?」
というと尼~ずは
「ありがとうございます」
という。


秘書の佐々木から電話がかかってきていた。


蔵之介は月海はどこにいるかと聞くと、ジジが
「部屋にいると思います」
と答える。


稲荷は佐々木からの電話で
「は?中止?!」
といって動揺する。


佐々木は、社内がバタバタしているといって電話を切ってしまう。





その時カイフィッシュの秘書ファヨンが天水館に月海を迎えに来て、月海は天水館を出ていこうとしている。


蔵之介が月海に
「どこに行くんだよ」
というとファヨンが
「シンガポールです」
と答える。


月海が蔵之介や尼~ずに
「天水館をあの社長さんが買ってくれるそうなんです。
その代わりに私がシンガポールで下働きをするということになり…。
私さえ向こうに行けば皆さんがここに残ることができ、立ち退かなくて良くなりますんで」
というと尼~ずは混乱して、蔵之介が
「月海があの社長に誘われたんだ。海外で新しいブランドを立ち上げるから、デザイナーとして来て欲しいって」
と説明すると、ジジが
「デザイナーとして…ですか」
というと蔵之介は
「もちろん俺は断ったよ。みんなだってそうでしょ。月海がいなくなるなんて嫌でしょ」
というと、尼~ずは月海を止めずにあっさりと行かせてしまう。


蔵之介が尼~ずに
「嘘だろ。お前たち」
というと月海は
「行ってきます!」
といって、玄関を出てしまう。


蔵之介は一緒に付いていくというと、ファヨンが社長からの命令で断るという。


蔵之介は月海に
「修はこのことなんて言ってんだよ。まさかなんにも言ってないのか」
というと月海は
「言おうと思ったんです。でも全然電話に出てくれず…嫌気がさして逃亡してしまったのかと」
という。


ファヨンに早く車に乗るように促されると、月海は蔵之介に
「1つだけお願い…。クララのこと宜しくお願いします。では」
といって車に1人で乗って去ってしまう。


蔵之介はなすすべもなく、車が去っていくのを見ているだけだった。





稲荷は会社に戻って、佐々木の首を絞めながら
「中止ってどういうよ」
と怒鳴りながら聞くと、佐々木は天水館はシンガポールの会社に売り凄いお金が動いたという。


更に佐々木と稲荷は、外されたのでどこかに移動させられてしまうという。


稲荷は、更に佐々木の更に首を締め上げて
「この私が、黙って引き下がるわけないでしょ」
という。





蔵之介はカイフィッシュのオフィスに来ていて、受付でカイフィッシュに会いたいと交渉している。


そこに稲荷が来て、自分もカイフィッシュに話があるという。





ファヨンが月海を途中の漁港で車から下ろし、カイフィッシュが月海と一緒にランチをしたいという。





カイフィッシュは月海と釣りをしていて、月海は
「お昼を食べるのでは?」
と聞く。


カイフィッシュは、魚が釣れたら食べるという。


月海は、カイフィッシュは名前からも魚が好きだと誤解するとカイフィッシュは
「君、面白いね」
と笑う。


カイフィッシュは月海に
「昔からね自分で釣って食べてたんだよ。施設でね。親に捨てられたんだ。その味が今でも忘れられないんだ」
といった時に、月海は何かの魚が釣れる。


カイフィッシュたちは漁港の人たちと一緒になって、釣れた魚を焼き魚にする。


月海はカイフィッシュに促されて魚を食べて、美味しいという。


海を見ながら、カイフィッシュは月海に
「ミス月海。君の作るドレスを沢山の女の子に着せよう。君が世界を変えるんだ」
という。


ファヨンは遠くから二人を見守っている。





カイフィッシュが駐車場に着くと、蔵之介と稲荷が待ち伏せしている。


蔵之介が月海はどこにいるかと聞くと、カイフィッシュは
「私は月海さんを一流のデザイナーにする。あなたにそれが出来ますか?」
というと、蔵之介は返す言葉がない。





自宅で蔵之介は、花森に月海の居場所を知りたいという。


蔵之介は花森に
「月海がいなきゃ、ここまでやってこれなかった。なのにあいつだけ犠牲にするなんて俺には出来ない。
花森さんお願い。力を貸して。お願いします。」
と頭を下げる。


花森は、杉本に電話で「急ぎで探してほしいお姉ちゃん」がいると伝える。





ファヨンが月海をある場所に連れてきていて、そこにはモデルやデザイナーなどがいる。


ファヨンは月海にここはクリエーターたちが集まる秘密のサロンで、個人が持つ感性を高めることを目的としていると説明する。


月海はにゃんこスターを見つけるが、ファヨンは構わずパスポートが出来るまで月海はここで基礎的なことを学ぶという。


ファヨンは月海を皆に
「デザイナーの倉下月海さんです」
と紹介して、皆は拍手で迎い入れる。





天水館では、尼~ずたちが月海と引き換えに天水館を奪還したとお祝いをしている。


その時に、誰かが天水館にピンポンが鳴る。


修が立っているが、尼~ずは
「もう貴様に用はない。帰れ」
と追い出す。





修は公衆電話から蔵之介に電話するが、蔵之介は
「遅っせ~よ」
といって修は
「婚約指輪を探しに…」
というと蔵之介は
「お前がのんびり指輪探している間に、あいつは手の届かない所に行っちゃったよ。なんでちゃんと捕まえとかなかったんだよ」
というが、修は状況の理解が出来ていない。


蔵之介は修に
「俺は諦めない。どこにいようと、どんな遠くに行こうと俺はあいつを捕まえる」
という。





修は自宅に帰って、花森から月海がシンガポールに行くことを知る。


修の月海への婚約指輪を見て、花森は
「超絶ダサい」
という。


修は花森に月海がいるホテルの場所を聞くと、花森は
「その必要はありませんよ」
という。





カイフィッシュは会社役員たちと会議をしている。


カイフィッシュは銀座の2号店を閉めようと提案すると、役員が動揺する。


役員は、このタイミングでなぜ素人同然のデザイナーを雇ったのかというとカイフィッシュは
「私が必要と判断したからです。何か問題でも?」
という。





月海が1人でホテルの部屋にいると、部屋のブザーが鳴る。


相手は蔵之介で、ホテルの部屋でルームサービスを沢山頼んでいる。


月海はルームサービスの値段に驚いている。





ファヨンは、電話でカイフィッシュに蔵之介がホテルに来ていることを報告する。


カイフィッシュはファヨンに
「好きにさせてやれ。今夜は彼らの最後のパーティーだ」
という。





蔵之介と月海は二人で沢山のルームサービスのご馳走を前に、乾杯している。


月海は蔵之介に謝ると、蔵之介は
「出た出た。そのネガティブね。いい加減それやめろって」
という。


修が電話に出なくて逃亡したという月海の発想に、蔵之介は
「あんなに真っ直ぐ好きになってくれるやつ他にいないからな。天然記念物みたいなもんだよ。あいつは」
という。





修は婚約指輪を見ながら、蔵之介のキスを思い浮かべたり蔵之介の言葉を思い出している。





蔵之介は、お酒を飲みながら月海に自信を持てという。


そして蔵之介は、尼~ずを薄情だという。


月海は自分が役立てるなら本望だというが、蔵之介は
「じゃあ、ちっとも寂しくないんだな」
というと月海は
「ありませんよ」
というと蔵之介は
「嘘つくなよ」
というと月海は間をおいて
「嘘ではありません」
という。


酔っぱらったという蔵之介は、月海にお開きにしようといわれると
「いいの。今日はここに泊まるの。風呂入る」
といってシャワールームに行ってしまう。





蔵之介は、シャワーを浴びながらカイフィッシュの「一流のデザイナーにする」という言葉を思い出し
「ふざけんなよ。何もわかってねえくせに」
と独り言をいう。


月海は蔵之介と二人で泊まりということにパニックになり、蔵之介を女だと思い込もうとする。





その時シャワールームからガタンと音がして、月海は心配になってシャワールームに行く。


月海は声を掛けるが、返事がない。


蔵之介がシャワールームに、裸のまま座り込んでいる。


その姿を見た月海は、鼻血を出す。


月海は見えなければいいと、慌ててメガネを外す。


月海は蔵之介を助け出そうとして、救急車を呼ぼうかというと蔵之介は
「大丈夫。ただ、酔っぱらっただけだから」
という。


蔵之介は月海に
「肩、貸して」
といって月海は肩を貸して立とうとするが、二人は倒れてしまう。


蔵之介は、月海を真剣な眼差しで見る。


月海が
「蔵之介さん…」
というと、蔵之介は月海を抱きしめて
「行くな月海。行くな。行くなよ。どこにも行くなよ。月海」
という。


月海の涙がこぼれ、シャワーの音だけが響いている。





翌朝、蔵之介がホテルのベッドで起きると隣にいるはずの月海がいない。





月海はカイフィッシュと車に乗っていて、カイフィッシュは
「昨夜は楽しかった?ホテルは替えさせて貰うからね」
というと月海が
「はい」
というとカイフィッシュは
「これから君は独りで戦っていくんだ」
というと月海は
「独り?」
というとカイフィッシュは
「仲間なんてこの世界じゃなんの意味もない。早く切り捨てた方がいい。あのアパートの住人たちが君を切り捨てたようにね」
という。





天水館では、尼~ずが暇をしていてドレスを見て片付けようとしている。


その時に、蔵之介が天水館に現れて
「本当、薄情だな。お前ら」
というとチエコは蔵之介に
「蔵子、二人を責めないであげて。辛いのよ。ドレスが目のつく所にあるとね」
という。


チエコはジジは月海がいなくなってから、テレビ番組「たけ散歩」ばっかり見ているという。


チエコが蔵之介に
「ドレスを見ると月海の事を思い出して…」
といいかけると蔵之介は
「じゃ…なんであの時、月海を止めなかったんだよ。なんで平気な顔をして月海を行かせたりしたんだよ」
と怒鳴る。


尼~ずは月海の才能が認められたから、月海がシンガポールに行くのを止めなかったと説明する。


チエコが
「皆全然平気なんかじゃないわよ。寂しいに決まってるじゃない。悲しいに決まってるじゃない」
といって尼~ずは泣く。


蔵之介は尼~ずに
「だったらさ、俺たちの気持ちだけでも月海に届けようよ」
という。


マヤヤが伝えようがないというと、ジジが何かを思いついたようだった。





稲荷は修に
「あんたのフィアンセのことよ。このままシンガポールに行かせる気?」
というと修が
「兄が止めにいっているんですよ」
というと稲荷が
「兄がって。あんたは何やってんのよ」
というと修は
「正直…前々から兄と月海さんとの間に固い絆のようなものを感じていて。僕が入り込んじゃいけなんじゃないかって」
というと稲荷が
「んなもん簡単でしょ。好きか嫌いか…はい、どっち?」
というと修は
「好きです。大好きです!」
というと稲荷が
「だったら、そのだっさい指輪で止めてきなさいよ」
というと修は
「でも月海さんがどこにいるのか・・」
というと佐々木が
「あの子…携帯持ってないの?」
というと、修はやっと携帯電話の存在に気付き走っていく。


佐々木は稲荷が修の恋を応援したけど、いいのかと聞く。





修は月海の携帯番号を聞きに天水館に行くと、蔵之介がいて月海は携帯を持っていないという。


蔵之介は修に
「っていうか、お前も来る?」
という。





月海は1人サロンで
「お母さん、弟さんと離れて…みんなと離れて、私はこれから独りで生きていけますかね。独りで。独りぼっちで」
と心の中で呟く。


月海はジジが毎日「たけ散歩」を見ていることを思い出して、テレビを付ける。


「たけ散歩」ではたけさんにぶつかった月光仮面が現れて、月光仮面が走っていく。


月光仮面が走っていった場所には蔵之介や修・尼~ず・月光仮面の花森がいて、「月海戻ってきて」と段ボールのプラカードを掲げている。


そして皆それぞれ
「月海~」
と懸命に訴えている。


月海はそれを見て、号泣する。


カイフィッシュはそれをサロンの上から見ていている。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 8話の感想


思ったよりも展開が意外な方向に進みましたね。


ジェリーフィッシュを大きく展開して成功させて、恋の結末は?となるのかと思っていたのですが・・。


思ったよりも早くに天水館の売却が進みました。


月海が、こんなに早い段階でシンガポールに行くことになるとは思いませんでした。


月海は、みんなの為に思い切った決断を出来てしまう子なんですね。





それにしても鯉渕家の力があっても、どうにかならなかったものでしょうか?


月海は一応修のフィアンセということになっている訳ですよね。


尼~ずの最初の送り出しはちょっと薄情な感じもしました。コメディとしては面白かったのですけど。


後から尼~ずなりに「月海が才能を認められた」という考えで送り出したということがわかってホッとしました。





蔵之介と修はお互いを思いやりすぎてますね。


父親の血だけが繋がった兄弟ですけど、本当に仲がいいなと思います。


恋には疎い修だって、蔵之介が月海にキスするところは見ていたので蔵之介の気持ちには気付いてますよね。


二人には固い絆で結ばれていること前々から気付いていたということも、稲荷たちに話していますね。


蔵之介は月海に修のことを「天然記念物」といってますが、それって最大限の褒め言葉で二人を応援してますよね。


思いやりというと稲荷も、彼女なりのやり方で修を応援していましたね。





ホテルでの夜はちょっとドキドキしましたね。


女装の蔵之介も美しいのですが、男性になった時のギャップに視聴者もドキッとしますよね。


月海もメガネを外していたとはいえ、蔵之介にドキドキしますよね。


切なく抱きしめられて「月海行くな」って何度も言われたら、心がキュンとなりますよね。


そして、月海が流した涙もとても美しかったです。





カイフィッシュも女性としてかどうかはわかりませんが、月海にかなり惚れ込んでますね。


ランチといって釣りをして、いきなり自分の生い立ちまで話してしまうというのは心を開いている証拠ですよね。


一見冴えないクラゲ好き女子の月海が、蔵之介に月海の良さや可愛さや才能を見出されて・・・。


その後も二人のイケメン男子からモテモテで、更に海外展開をしている敏腕実業家に一目で才能も認められて・・。


眩しいほどの…現代の王道シンデレラ・ストーリーだなと思います。





最後のまさかの「たけ散歩」を使って月海に尼~ずや蔵之介たちからのラブコールするというアイディアに、笑ってしまいました。


たけさん良い人で良かったです。花森さんの月光仮面も効いていましたね。


尼~ずや蔵之介など仲間との絆というものに、ほろりと泣けた方も多かったのではないでしょうか。





来週からもカイフィッシュが介入してきて、どんな展開になるのか楽しみですね。


カイフィッシュの「独りで戦っていくんだ」という言葉には寂しさを感じますね。


今までずっと独りで闘って成功してきた人なんでしょうね。


仲間の大切さをカイフィッシュも月海を通じて感じられるといいなと思います。





海月姫はコメディ要素が満載ながら、恋の要素と仲間との絆の要素も入っていて楽しめるドラマではないかと思います。


月曜日は、蔵之介にドキドキしている女子も多そうですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で8話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!


「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「海月姫」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!


⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪