海月姫 7話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 7話のあらすじ

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は大混乱。

“尼~ず”に相談出来ない月海は、蔵之介(瀬戸康史)に電話した。

話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。

すると修は交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。

いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌める。

ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく。

そんな時、『天水館』の月海宛てに一通の手紙が届いた。

差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、封を切ったまやや(内田理央)が固まる。

蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。

内容はまさに月海へのプロポーズだった。

ばんばさん(松井玲奈)や千絵子(富山えり子)も動転する中、蔵之介は修のフライングに歯噛みする。

そんな混乱の最中に、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに早く出て行けと迫る。

千絵子は母にここで服を作っていると説明。

蔵之介も服を売って『天水館』を買いたいと話した。

しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。

しかし、千絵子は母に内緒で『天水館』の権利証を隠していた。

契約までの時間を引き延ばした月海たちは、ジジ様の提案でファッション界のバイヤーやスタイリストなどが集まるプロモーションスペースに出店することにする。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 7話のネタバレ


チエコの母チヨコが帰国する頃、チエコは夜中に天水館の庭に出て何かを隠そうとしている。


その頃、月海は蔵之介に電話をして告白されたことを「暗殺」だと脳内変換してパニックになりながら話している。


蔵之介がわかるように説明するようにいうと、月海が
「ですから、弟さんが私に好きですって言ったんですよ!こんなことを話せるのは蔵之介さんしかいない…」
蔵之介は、一瞬表情が固まってしまい
「ごめん。後でかけ直す」
と電話を切ってしまう。





リビングにいる修に蔵之介が
「月海に告ったってほんと?」
と聞くと修は
「確かに好きですといった」
というと蔵之介は
「どういうつもりでいった?」
と聞くと修は
「月海さんにプロポーズをしようと思っている」
と告白すると蔵之介は
「は?は?」
とため息をついて、蔵之介は
「早まるなよ。あいつは告白されたことさえ半信半疑なんだから、いきなりプロポーズをされたらキャパオーバーになるだけだって」
と釘を指すと、修は
「なんかこの気持ち抑えられなくって…」
という。


蔵之介は廊下でため息をつき、月海は天水館でクララを眺めている。





翌日、天水館では尼~ずたちが黙々と作業をこなしている。


ジジは尼~ずに指示出しをしていて、蔵之介が
「すっかり様になってきたね。ジジ様の生産管理」
という。


月海は、購入してくださったお客様にお礼状を書いたらどうかと提案する。


提案した月海は私たちのドレスを買ってもらうなんて、むしろ謝罪したい気持ちが強いとネガティブなことをいう。





その時にドアのベルが鳴り、バンバが出て手紙を受け取る。


手紙は月海宛てのもので差出人が書いていないので、尼~ずは闇組織の人間からなのではないかと疑う。


マヤヤが
「俺様が見てやる」
といって、手紙を見ると叫び声をあげる。


蔵之介が手紙を取り上げ、手紙を読み上げる。


蔵之介が読む手紙には
「私と結婚を前提にお付き合いして頂けないでしょうか。お返事お待ちしております。敬具。鯉渕修?!」
と綴られていてる。


月海は驚きのあまりに倒れてしまい、蔵之介は
「あいつ早まんなっていったのに」
と怒ったようにいう。





その時、チヨコが天水館に帰宅して
「丁度よかった。あなたたちいつまでもここで遊んでいないで、さっさと仕事を見つけて出て行ってちょうだい~」
と叫ぶ。


チヨコとチエコはそっくりなので、尼~ずは混乱するがチエコはチヨコを母親だと紹介する。


チヨコが散らかった部屋の状態を嘆くと、チエコはここで洋服を作って販売していると説明する。


蔵之介が、この服を作っているプロデューサーの「鯉渕蔵子」だと自己紹介する。


蔵之介が服を売って天水館を買い取りたいと話すと、チヨコは
「買い取るって、ここ3億はするわよ」
というと、月海は驚くが蔵之介は
「皆一丸となって、自分たちの居場所を守ろうと頑張っているんです」
というとチヨコは
「自分たちの居場所…」
といっていい雰囲気になるが、チヨコは
「さ!契約行ってきます~」
といって、出て行ってしまう。


月海がどうしようというと、チエコは
「大丈夫よ。まあ見てなさい」
という。





稲荷は、チヨコからの電話で家の権利書が見つからないと聞いている。


稲荷と秘書は権利書がないと手続きで2週間ほどかかるので、チヨコを引き留めようとホテルのスウィートルームの予約をする。





チエコは、権利書を絶対に見つからない場所に隠したと尼~ずと蔵之介に話す。


蔵之介は
「よし。この時間を使ってなんとしても説得しよう」
というと、尼~ずから考えがあるのかと聞かれると
「ない」
という。


ジジがパソコンで
「あの・・これはどうでしょう?」
とプロモーションスペースを見つけて提案する。


蔵之介はこの提案に賛成して、クラゲのワンピースも作ろうといい月海に
「月海、今は恋をしている暇なんてないからな」
というと月海は
「は~い。作りましょう!今すぐ」
と敬礼して、尼~ずは一致団結する。


月海は
「お母さん、天水館の運命をかけた戦いが今…始まろうとしています」
と心の中で呟く。





尼~ずと蔵之介は真剣にワンピースを作っている。


その時、電話が鳴りチエコがとり
「月海、鯉渕ジュニアから」
といって月海が代わる。


月海が電話で話している様子を蔵之介は微妙な表情で見ている。





修は月海に
「ついにオーナーが契約を。僕のほうでも少し動いてみます。言いましたよね。僕は月海さんの力になりたいって」
と歩きながら話している。


月海は修に頼まれていたドレスを渡すと、修は
「わ~素敵だ。きっとあの人も喜ぶ。本当にありがとうございました」
といって月海は
「では私は、ここで」
というと修が
「あの月海さん…」
といいかける。





天水館では尼~ずが、目白先生の部屋の前でご託宣を待つ。


ドア越しの紙でやり取りするその内容は「月海が鯉渕修と交際を発表した」というもので、目白先生は驚いている。


目白先生からの紙には「使えるぞ そのメガネ 政治家の息子だろ」と書いてある。


目白先生から次々と返事が返ってきて「月海 生贄にして再開発止めてもらえ」、更に「政略結婚」と書いてある。


尼~ずはそれに従うことにする。





蔵之介は天水館のリビングで浮かない顔をして、クラゲのデッサンを見ている。





修は月海に
「手紙届きましたよね。例の件、お返事頂けませんか?」
というと月海は固まってしまったので、修は
「じゃあ…こうしましょう。『はい』だったら首を縦に振ってください。『いいえ』だったら横に」
というと修は改めて
「月海さん、僕と結婚を前提にお付き合いしてください」
というと月海は首をわずかに縦に振る。


修は月海に
「ん?今、頷きましたよね?やった。やった!」
というと館内から大きな拍手が沸く。





鯉渕家では、紅茶を飲みながら花森が慶一郎と妻の容子に修が婚約指輪を準備していると話す。


慶一郎は
「よりによってこのタイミングで天水館の女性とくっつくのは」
と嘆いていると、テレビでは先日のデモの様子が映っている。


容子はテレビのデモにいる月光仮面を見たことがない?と話している。


月光仮面だった花森は、1人でこっそり指で口を当てて秘密だという。





天水館ではワンピースを作っているが、月海はクララを見ていて心ここにあらずだった。


ジジが
「月海さん、完成したらこれを着てデ・デートに行ってはいかがでしょう」
というと、バンバが
「名前を書いてやったぞ」
と名前を書いた婚姻届を月海に渡す。


保証人の名前まで書いてあって、月海は困惑する。


蔵之介が
「ちょっとみんな、どうしたの?尼~ず、男だめなんでしょ?」
というとジジは
「いいんです。月海さんは」
といって尼~ずは次々と月海に結婚を勧める。





修が稲荷を訪ねて、仮に契約が完了しても住人が退去するのは6か月後だというと稲荷は
「どうしてそんなことを?あなたには関係のないことでしょ?」
というと修は
「あります。僕のフィアンセが天水館に居住中ですので」
というと稲荷は
「ひ、ひ~」
と叫ぶ。





蔵之介が月海の部屋に入って、蔵之介は
「修から何言われたんだよ」
と聞くと月海は
「それは・・手紙の返事をしてほしいと」
というと蔵之介は
「で?」
というと月海は
「首を縦に」
という。


月海は蔵之介に
「不思議なんです。この感覚。心の蔵が激しく脈を打ち心筋がひきつるような痛みを伴い、なのになぜか不思議と辛くないんです。
むしろこの痛みが心地いいんです。このまま死んじゃってもいいくらいに」
というと蔵之介は
「よかったじゃん。月海、最初から修のこと好きだったもんな。おめでと。でもクラゲ服の方も頑張ってもらうからな」
といって頭を撫でて、蔵之介は部屋を出ていく。





慶一郎と妻の容子は修の結婚相手のことについて話し合っている。


妻の容子は
「でも大変よね。政治家の嫁って。何かあったらすぐに叩かれるし。選挙に落ちたらただのプーだし。
自分だけ外で美味しいもん食べてきて、あげくに隠れて愛人まで作るし」
というと慶一郎は
「容子、もう勘弁してくれよ」
というと容子は
「私、何か悪いこと言った?でも私は楽しいし幸せだわ。立派な子供が二人もいてくれるしね」
という。





蔵之介はせつない顔で駅沿いを1人で歩いている。





修が家に帰ると、リビングで慶一郎が本を読んでいる。


修が慶一郎に
「お父さん、実は天水館に住んでいる月海さんという女性と結婚を前提にお付き合いすることになって。
ごめんなさい。お父さんが望む相手と…」
というと慶一郎は
「指輪のサイズは調査済みなのか」
と聞くと、修はまだだという。


慶一郎は相手の指にバンドエイドを貼っていいタイミングで抜いて、ジュエリーショップに行くといいとアドバイスをする。


修は慶一郎に
「お父さん、ありがとう」
というと慶一郎は、本に目をやったまま
「うん」
と頷く。





翌日、天水館ではニーシャが新しく出来たワンピースを見ている。


ニーシャは
「めっちゃださいやん」
とはっきりいう。


ニーシャが
「絶対売れへんって」
というと蔵之介は
「大丈夫だって」
というがニーシャに反論できない。


ニーシャはファストファッションの時代だといって、この業界はとっくに終わっているという。





天水館では尼~ずは元気はなく、月海は蔵之介に
「これ、蔵之介さんは着たいと思いますか?」
というと蔵之介は
「俺はなんでも着こなすからな」
というと月海は
「思わないんですね…やっぱりこれ…ださいんですね」
という。


その時、電話が鳴ってチエコが出てると鯉渕ジュニアからだという。


修は月海に今夜食事をしようと誘うが、月海は服が行き詰っているので断ろうとするがバンバが
「おい、メガネ男。月海は行かせる。花森に迎えに来るように言っておけ!」
という。


ジジは月海に
「月海さん、みんなの為にも自分自身の為にも楽しんできてください」
という。





修と月海は高層のお洒落なレストランで食事をしていて、修が
「今日は、付き合ってから初めてのデートですからね」
というと、月海は水を吹き出してしまう。


蔵之介は同じレストランにいて
「なにいちゃついてるんだよ」
と1人呟いていると、花森に見つかってしまう。


花森が大きな声で話していると蔵之介が
「だから黙ってって!」
と大声でいうと、月海に蔵之介たちがいることがバレてしまう。





天水館では、尼~ずが月海のデートについて話していている。


バンバは1回だけデートをしたことがあるという、ジジが恋をしているという。





結局、月海・修・蔵之介・花森の4人で座ってワンピースの出来がイマイチだったことを話している。


修は、月海の指にバンドエイドを貼ろうとするが上手くいっていない。


花森が葉巻を持っていて、蔵之介が葉巻を吸っているところを写メを撮ってインスタに載せようとする。


花森が月海が「蔵之介は私にとってのお姫様」というのを聞いて
「お姫様」
といいながら写メをしていると、修は
「クラゲのお姫様というより、なんとなく毒クラゲだけどな」
というと月海は
「毒…」
と呟く。


月海は
「そうですよね、お母さん。綺麗なクラゲにだって毒がある」
と心の中で呟き、何かを思いついたように
「は!」
という。





天水館に月海が戻ると竹刀を持って、月海が毒クラゲの話をしていて覚醒モードに入っている。


蔵之介が月海の代わりに通訳をして
「月見先生は、デザインの大幅な変更をすると仰っています」
というと尼~ずは今までの苦労が無駄になると動揺すると、月海は
「全部毒クラゲにします!」
という。


その時、ニーシャが染め粉を持ってくる。





月海はワンピースの染物をしていて、ぐちゃぐちゃでいいのだといいのだという。


月海は
「海はそういうところです。
イソギンチャクとかヒトデとかウニとかがうようよしていて・・もっと深い海の底は暗くて怖くて危険な生き物たちが沢山暮らしていて・・美しいクラゲにだって毒があるんです。
その毒をクラゲの服に入れてみたいんです」
という。





修がリナに電話をして直接話したいことがあるので、ミラノまでドレスを届けに行くという。


花森が聞いていて、修は
「お願いします。兄貴には絶対に言わないでください」
と念を押すが、花森はたぶん大丈夫だという。





月海が走っていると人にぶつかってしまい、風呂敷に入れた服を落としてしまう。


男は
「大丈夫ですか?」
といって風呂敷を仮店舗まで持ってくれるという。


尼~ずと蔵之介は仮店舗で準備をしていて、月海を待っている。


先程の男が月海を店まで送ってくれて、マヤヤがハンガーラックをその男にぶつけてしまう。


バンバがその男に向かって
「なんだ只の暇人か。だったら手伝え」
と命令する。


男は服をハンガーに掛けて、準備の手伝いをしている。


ワンピースも月海が染めて上げて、無事に完成したという。


マネキンにワンピースを飾ると尼~ずは喜び、男が
「これ、あなたがデザインしたんですか?」
と聞くと月海は
「はい」
というと男は
「他のドレスも?」
というと月海は
「はい」
というと男は
「あなたお名前は?」
と聞くと月海は
「倉下月海です」
と答える。





修はミラノの郊外にリノを訪ねにいっている。


リナが紅茶を出すと、修がドレスを渡す。


リナは喜び15年ぶりに舞台に立つことになって、その時にこのドレスを着たいと思っているという。


修はリナに
「兄貴はずっと知りたがっています。リナさんがどこにいるのか」
というとリナは
「修君、本当にごめんなさい」
という。


修は正直リナが嫌いだったと告白して、幼少期にリナと慶一郎の情事を見たトラウマで女性が苦手になってしまったという。


でも修は今ならリナの少し気持ちがわかるという。


修はもう僕に謝らないでください、悪いと思わないで下さいということを直接リナに言いたかったという。


もう1つお願いがあるといって、月海に贈る指輪の店をリナに教えてもらう。


その店はヴェネツィアにある。


リナは修に
「ねえ。蔵之介には今、恋人がいるの?」
と聞くと、修は蔵之介が月海にキスをしていたことを思い出しながら
「大切に想っている女性はいると思います」
というとリナは
「もし蔵之介がその子と上手くいくようなことがあったら、その子に伝えて。沢山蔵之介を愛してあげてって。私の分まで」
という。





ジェリーフィッシュの店舗の準備が出来ていて、チエコは洋服を着て尼~ずも綺麗な格好をしている。


バンバが呼び込みはさっきの暇人にやらせるかというと、月海は男は帰ったという。





稲荷はビルの屋上で
「バカヤロー」
と叫んでいて秘書に
「そんなに好きなの。鯉渕ジュニアのこと」
というが結局否定出来ず、稲には修に惚れていることを自覚してしまう。


秘書は、稲荷に権利書がないのは天水館の住人がどっかに隠したという可能性があるという。





チヨコが稲荷たちを家に呼んで、稲荷たちは隠された権利書を探している。


稲荷が庭に出るとヒールが土にひっかかり、その場所を掘ると鳩サブレ―の缶が出てくる。


その缶には権利書が出てきて稲荷は
「権利書ゲットだぜ~!さ!一気にぶっつぶすわよ!」
とはりきる。





ジェリーフィッシュでは慣れない接客に、尼~ずは悪戦苦闘している。


マヤヤは慣れない格好に耐えられず倒れてしまう。


月海は蔵之介に
「あのう・・大丈夫ですよね。このまま1枚も売れなかったら・・」
というが、蔵之介は言葉がなかった。


その時、先程の男が店に帰ってきて
「大丈夫ですか?」
というとバンバは
「丁度いい。おまえここで呼び込みやれ」
というと男は
「いいえ。私は買いに来たんです。このドレスとワンピースを」
というとジジが
「サイズはいかが致しましょう?」
と聞くと男は
「サイズは関係ありません。全部買います」
というと蔵之介は
「え?全部?!」
というと男は
「ええ。全部。これはビジネスの話です」
といって秘書がやってきて、男は
「申し遅れました。R・Z・P・VのCEO、カイ・フィッシュです」
と名乗る。


秘書はジェリーフィッシュの代表とデザイナーは一緒に来てほしいという。


蔵之介は月海に
「月海、やったぞ・・。これで一発逆転だ。行こう」
といって蔵之介は月海の手をつかんで走っていく。





尼~ずはインターネットでカイ・フィッシュの「アパレル界の異端児」という記事を見て、凄い社長だとわかる。


バンバは
「誰だ。暇人だといった輩は」
というとジジに
「バンバさんです」
と突っ込まれる。


カイ・フィッシュは最近はジャパン・ブランドに力を入れているという。





オフィスに向かうエレベーターで月海が緊張していると、蔵之介が月海の手を握って月海を見て頷く。


高層のオフィスではカイ・フィッシュと蔵之介が話をしている。


カイ・フィッシュは
「何日経っても売れませんよ。だってあそこは負け組の集まりですから」
という。


本題に入ってカイ・フィッシュは
「3億でどうでしょうか?」
というと月海が
「3億!」
とびっくりしていると、カイ・フィッシュは真面目な顔で
「あのドレスとワンピースのデザイン、私に売ってください。デザイナーのミス月海、あなたと一緒に」
というと月海は
「えっ」
と驚く。


蔵之介も真剣な顔になる。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 7話の感想


今回は途中まではコメディの要素が多くて、尼~ずのオタク全開の話などにふふっと笑ってしまいました。


笑わせようという意図がある笑いではなく、思わず笑ってしまうという感じの笑いで月曜日にはぴったりです。


天水館では男子禁制だったのが、一転して鯉渕ジュニアと結婚させようと両者と証人の名前入りの婚姻届けを渡すシーンは面白かったですね。


ドラマでは婚姻届はよく出てきますが、仲間が書いた名前入りの婚姻届を差し出すシーンというのは初めて見ました。


尼~ずの中でどのキャラクターが好きなのかを話すのも、同じドラマを見ている人同士で盛り上がりそうですね。


個人的には地味ながらいい仕事をする、ジジ様が好きです。





カイ・フィッシュの突然の出現には驚きましたね。


いくらピンときたといっても、偶然ぶつかってお店で手伝っただけでいきなり3億の取り引きをするというのはドラマだな思います。


カイ・フィッシュには月海に恋心はないにしても、デザイナーとしての月海の才能を認めたようで蔵之介の心は休まりませんね。


ニーシャが出てきた時には強力な助っ人が増えたという感じでしたが、カイ・フィッシュの出現によってドラマの展開も大きく動きそうです。


二人とも日本人が演じているので、外国人設定なのがわかりづらいですが…。





月海と修は今の段階では、かなり上手くいっている様子ですね。


月海と修はお互いに一目惚れだったので、そういう展開なのも頷けますが最終的にしっくりくる感じはしませんね。


修は綺麗に着飾った月海に一目惚れで、蔵之介はありのままの月海を見て好きになったのでその差は大きいです。





それにしても慶一郎さんや容子さんはエリート政治一族という肩書にしては、子供たちに寛容で素敵なご夫婦だと思います。


特に容子さんは修に先週は「好きに生きなさい」とさり気ないアドバイスをしました。


今週は実子でない子供なのに「二人も立派な子供がいて幸せ」と言葉には嘘がなくて、容子さんとは血が繋がってなくても蔵之介は愛情深く育てられたと思いました。


慶一郎さんも修に対して稲荷を押していたのに、すぐに月海とのことを受け入れる度量の深さは見ていて温かい気持ちになります。


そうやって育てられたから修も好青年で、蔵之介も基本的には素直で寛容な性格なのかなと思います。





最後の方のリナが修にいう
「沢山蔵之介を愛してあげて」
と相手の子と付き合うことがあったら伝えて欲しいというのもグッときました。


月曜日のドラマは基本的に良い人ばかりのドラマというのは、現実感はなくてもいいものです。





それにしても蔵之介と月海のラブシーンがほぼなくて物足りないと思っているのは私だけでしょうか。


蔵之介の女装も美しいけど、男になった時の蔵之介のギャップとかっこよさも見たいので来週はその辺りを期待します。


そして月海がデザイナーとして、世界に羽ばたいていくのかも注目ですね。


月海の覚醒モードは毎週のお楽しみですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で7話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪