もみ消して冬 7話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!
※記事下に前後の話のリンクあり

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 7話のあらすじ

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。

ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。

実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。

出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。

一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。

そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。

秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 7話のネタバレ


博文は善財に適切な処置を施して助けるが、警察は博文を疑っていた。


警察によると、院長も博文を疑っているのだという。


泰蔵とチアキも博文を疑っていたが、秀作だけは博文を信じていた。


院長は病院の会議でも博文が犯人だと確定したら懲戒免職だという。


反対する人はいなかった。


しかし、善財の意識が戻ると、犯人は婚約者の女が犯人だという。


婚約者は多国籍窃盗団に所属する結婚詐欺を善財に行っていた。


そのことを秀作はニュースで知る。


秀作は里子から帰りにどこかで話をしたいという手紙を受ける。





博文はいつも通り病院を歩いていると、患者たちは博文が犯人だと噂していた。


博文は
“自分が助けて応急処置までしてあげた”
と説明するが、患者たちは信じていない。





秀作は里子に呼び出されると、里子は
“どうして連絡くれなかったんですか?”
と追及する。


秀作は事情を説明するが、里子は秀作のふがいなさに呆れて帰っていく。


秀作は行ってしまう里子を追いかけることができなかった。


秀作は家に帰り庭で横になり悶えていた。


横を見ると、博文も同じように庭に寝ころんでいたため、秀作は驚く。


秀作は室内のチアキと泰蔵に博文のことを尋ねてみる。


チアキは
“病院での人望の無さがバレた”
という。


泰蔵は
“あいつは挫折を味わったことがない”
と説明する。


チアキは秀作に博文を慰めるように命令する。


秀作はその日、里子に振られたばかりだが、チアキは
“ちょうどいい”
というと、泰蔵も
“お前の不幸話が博文を勇気づける”
という。


秀作は仕方なく庭の博文を元気づけに行く。


秀作が里子に振られたことを離すと、博文は
“マジか…”
と話を聞く。


秀作がいじけてると、博文は立ち上がり自分の毛布を秀作にかけてあげる。


秀作は博文に毛布を戻しに行くと、博文は
“コッチ来い、一緒に入ろう”
と二人で毛布をかぶり仰向けになっていた。


チアキは家の中から二人を見守っている。






博文は秀作の部屋に布団を敷いて一緒に寝ることにする。


博文は里子を秀作に押し付けたことを自白する。


博文は
“お前に協力する気はなかった、もっといい女が現われたからお前に押し付けた”
という。


秀作は話を聞いていると、その女は自分が善財に頼んだ差し金だと気づき自白する。


博文は
“気にするな、もう終わったことが…”
といってハグして慰めあっていた。





翌朝
博文は布団に籠って拗ねていた。


秀作とチアキは説得する。


チアキは
“最高のオペをしたら人望は関係ない”
というが、博文は
“その慰め方は違うだろ”
と布団に籠る。


秀作はチアキと強引に布団をはぎ取る。


秀作が説得するため、博文は
“今日一日だけだぞ”
といって出勤する。


博文はその日の手術はいつも通り成功させる。





クリーニング屋の手毛綱がやってきて、博文の院長からの評価が暴落したことを話す。


手毛綱は院長の家のお手伝いさんからイロイロ聞いているのだという。


手毛綱は
“挽回のチャンスはある”
といって帰っていく。





博文は手術を成功させた後に院長室に行く。


院長は博文の腕前を褒めていた。


博文は副院長になるのをあきらめて萎縮しきっていたため、褒められて違和感を感じていた。


部屋から出ると善財が沢山の医者を引き連れてやってくる。


善財は博文の評価が下がったのを嫌味を言っていく。


博文は悔しそうにして家に帰ると、小岩井たちから手毛綱が何か知っているのを聞かされる。


チャンスがあると知った博文は元気になっていた。


博文は秀作にはいつも通り冷たくなっていた。


手毛綱を食卓に呼んで話を聞くことになる。


手毛綱は
“大事な話なので、執事の方はちょっと…”
というので、泰蔵は小岩井に席を外すようにいう。


小岩井は悔しそうに冷蔵庫に向かって大声を出していた。


手毛綱は
“院長の査定システム”
について説明する。


泰蔵も似たような方法をしているが、院長の方が機械的に徹底しているのだという。


以前の
“ジョンが駆け寄ったほう”
というのはデマだった。


もしも、善財が結婚していたら決定的なポイントが入って勝負は決まっていたのだという。


手毛綱はポイントの入り方を詳しく説明する。


博文の強みは手術の腕だった。


博文は難しい手術を難なくこなせるため、大きくポイントを稼いでいた。


博文は希望が見えてきたのにやる気を出す。


しかし、善財の実家のカニの贈り物で大量ポイントが入ったという。


泰蔵は高価な贈り物を提案するが、手毛綱は
“贈り物には何かしらの必然性が必要”
なのだという。


手毛綱が
“博文から”
と院長にせんべいを送ったらマイナスポイントが入ってしまったのだという。


博文のテンションの一喜一憂に秀作はついていけなかった。


その晩も博文は秀作の部屋で寝ることになる。


博文に都合よく頼られているが、秀作は悪い気はしていなかった。


チアキは院長のことを調べて何かに気づく。





秀作は職場で尾関に
“全然ネゴシエーターの役割してくれない”
と不満を漏らしていたが、秀作はそれどころではなかった。


チアキは家で院長がアベマリアが好きな理由を説明する。


院長の奥さんの旧姓は阿部で名前はマリアだった。


博文は何かしらの院長の情報を思い出すが、愛人がいたということしか知らなかった。


手毛綱がやってきて、チアキたちはお酒を振舞いながら情報を聞こうとする。


手毛綱は
“院長の絵が盗まれた”
という情報を仕入れていた。


もしもその絵を取り戻せたら、大量なポイントが入っているのだという。


泰蔵と博文は警察の秀作に聞くが、その窃盗団は警察が必死に探しても見つかっていない。


しかし、秀作は特殊部隊に所属する尾関のことを思い出す。


尾関は秀作に家に呼ばれて、嬉しそうにチアキに挨拶をする。


チアキは軽くあしらう。


話を聞くと、尾関は重要な機密情報を家族に漏らした秀作を責める。


しかし、何とか説得して尾関に話を聞いてもらうことにする。


尾関たちが追っている窃盗団が盗んだ絵を、博文が取り返したことにしたいと説明すると、尾関は
“バカなこと言わないでくださいよ…”
と狼狽するが、チアキが
“やれよ、お願い、やって”
と頼むので尾関は引き受ける。


尾関はチアキに
“僕が絵を持ってきたらチアキさんに何ポイント入りますか?”
というので、チアキは
“100ポイント”
とこたえる。


尾関は
“必ず100ポイントゲットする”
といって帰っていく。





秀作が家に帰ると、博文は廊下に寝ころんでいた。


博文は完全に戦意喪失していた。


小岩井に話を聞くと、手毛綱のせいだという。


善財は明日の夜に院長の奥さんの誕生日パーティを軽井沢のレストランで行うのだという。


しかし、手毛綱は起死回生の手はあると言っていた。


手毛綱を呼び出して聞いてみることにする。


手毛綱によると、院長には軽井沢に別荘があるのだという。


その別荘に何かしらの院長の弱みがあると推測されていた。


秀作は手毛綱に別荘の鍵の調達を頼む。


契約打ち切りをチラ突かせると、手毛綱は
“とってくりゃいいんだろ”
と出かける。


秀作は博文にそのことを伝えに行くと、博文は
“適当なことを言ってんじゃねえ”
と言いつつも、軽井沢に出かけるという。





翌日
別荘の鍵が手に入り、秀作と博文は軽井沢に向かう。


そのころ、尾関は窃盗団のアジトを襲撃していた。


順調に制圧して、尾関は絵を発見する。


尾関は絵を自分で回収することはしなかった。


同僚に
“なに泣きそうな顔してんだ”
と指摘される。





秀作は院長の別荘に侵入する。


秀作は院長が愛人と映っている写真を発見する。


その写真を入手すれば博文に大量ポイントが見込まれていた。


しかし、その写真には博文も一緒に写っていた。


大量ポイントを得る代わりに、失う可能性もあった。


秀作は何も取らずに侵入した形跡を消して去ってく。


秀作は軽井沢のレストランに行くと、レストランの庭で博文がハンドベルでアベマリアを演奏していた。


レストランの中には院長夫妻と善財がいた。


博文は入っていって邪魔をするようなことをせず、さりげなく誕生日を祝っていた。


しかし、部屋の中ではアベマリアの生演奏が行われており、博文の演奏は聞こえていなかった。


それでも博文は昨晩必死に練習したアベマリアを演奏し続ける。


部屋の中で唯一、善財が博文に気づき、速やかにカーテンを閉める。


博文は演奏を続けていた。


秀作は涙ぐみながら博文の演奏を見守っていた。


演奏が終わると、博文はハンドベルをしまい秀作の元にやってきて
“寒いからさっさと帰ろう”
という。


秀作は何も言わず従っていた。


車の中で博文は
“まだ善財との勝負に負けたわけじゃない、先に院長になったほうが勝ち”
といって、副院長はあきらめたが院長の座はまだあきらめていなかった。





尾関はチアキに絵を入手できなかったことを謝罪する。


チアキは
“できないなら最初から…”
というと、尾関は
“コレは何ポイントですか?”
といってチアキに突然キスをする。


チアキは尾関を叩いて
“マイナス200ポイント”
というが、尾関はもう一度キスをしてポイントを聞く。


チアキは
“200ポイント”
というと、尾関は
“コレで100ポイント”
といって帰っていく。





博文は秀作を里子のマンションの前に連れていく。


秀作はあきらめていたが、博文は
“サプライズが成立する、玉砕覚悟で行け。一度失敗してるんだから怖いもんないだろ”
と励ます。


秀作はお礼を言って向かっていく。


秀作はインターホン越しに里子に話しかけて
“直接会って伝えたいことがある”
というと、オートロックが開く音がする。


秀作は驚きつつもマンションに入っていく。


里子の部屋の前に行くと、玄関が開いていた。


秀作は声をかけながらおそるおそる中に入っていく。


部屋の奥に行くと、里子が布団で寝ていた。


里子の顔には化粧がされていた。


秀作はその状況に驚き棒立ちになる。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬 7話の感想


博文のテンションの上下がヤバすぎる…


アレに付き合わされる秀作は大変ですね。


博文と結婚する女性は相当器が広くないと、耐えられないと思います。


一歩遠くから見ていると面白いのですが、すぐ近くにいたらかなり疲れるでしょうね。


いじけて引きこもりになりかけるのを説得したりと、秀作はかなり博文に振り回されていました。


それでも医者としての腕は確かなようで、その一点に関しては誰もが認めているようです。


どちらかというと、院長は姑息な善財よりも、医者として優秀な博文に大量ポイントを贈呈してあげてほしいと思いました。





自分勝手な博文ですが、今回で秀作が自分のために動いてくれたことに気づいたようです。


テンションの上下で秀作を振り回していましたが、ラストで本当の兄弟愛が芽生えていました。


博文の説得で秀作は一発逆転の大チャンスに遭遇できました。


しかし、秀作にとってはどんな行動に出ていいのかビックリする状況でしたね。


里子は寝たふりをしているのは間違いないです。


里子からすれば、強引にでも自分との距離を縮めに来てほしいというサインだと思いますが、超真面目な秀作はわかっていてもソレができるのでしょうか…?


秀作がどんな行動にでるのか大注目ですね。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で7話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、
扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪