もみ消して冬 6話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 6話のあらすじ

泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。

睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。

その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。

そこで秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べするが、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいとにらむ秀作。

ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人と違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つからない。

さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく。

秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくがー。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬 6話のネタバレ


病院で泰蔵の体から普段使っていない睡眠薬が検出される。


泰蔵が直前にチョコを口にしていた。


そのチョコは泰蔵が同窓会でもらったものだった。


泰蔵は5つチョコを貰っており、開封されていたのは1つだけだった。


大事にはしたくないため、子供たちが調べることにする。





手毛綱は泰蔵が倒れたことを聞きつけて小岩井にしつこく詰め寄ってくる。


小岩井はいつも通り手毛綱をあしらっていた。





泰蔵はすぐに体調を取り戻し、同窓会であった女性たちは見舞いにやってくる。


泰蔵は女性たちと談笑していた。


泰蔵は倒れたことを気にしている様子はなかった。





秀作は職場で里子と会話になる。


秀作は泰蔵に薬をもった犯人に怒っていた。


里子といい雰囲気になったのに、泰蔵が倒れたせいで緊急で呼び出されたからだった。


秀作はいまだに里子と連絡先の交換をできていなかった。


いつになく秀作は燃えていた。





泰蔵は無事に退院する。


夕食時にチアキは泰蔵にチョコを送った女性の中に犯人がいると指摘する。


しかし、泰蔵は女性たちを庇って
“睡眠薬は自分で飲んだ”
と言い張る。


泰蔵がムキになるため、泰蔵から犯人を割り出すのは無理な様子だった。


秀作たちは自分たちで5人の女性から犯人を割り出すことになる。


博文は女性たちの連絡先を入手していた。





翌日
泰蔵がゴルフに出かけると、秀作たちは女性5人を家に呼び出しす。


博文は
“父が倒れた件で聞きたいことがあります”
というが、女性たちは興味なさそうにケーキに夢中だった。


秀作はある女性が犯人だと確信を持つ。


コズエという女性で、一人だけ落ち着いていた。


コズエは他の4人と違い圧倒的存在感を放っていた。


博文は秀作が警察官だと紹介して、女性たちにプレッシャーをかける。


女性たちはそれよりも、お昼のビーフストロガノフを楽しみにしている様子だった。


アキエという女性が
“睡眠薬のこと?入れたの私です”
とアッサリと自供する。


博文と秀作は唖然とする。


アキエは冗談のつもりだと笑っていた。


アキエはコズエに
“眠れない”
と相談すると、コズエが渡していたのだという。


秀作は狼狽しつつも
“やはりコズエさんが首謀者”
だとコズエに執着する。


秀作は
“二人は共謀して犯行に及んだ”
と追及するが、アキエは自分一人でやったことだという。


アキエは
“いたずら心でやっちゃった…”
というと、博文は
“入れたのは薬物ですよ”
と主張する。


すると、アキエだけでなく女性全員が
“私たちは北沢さんに昔酷いことされた”
と昔話をしだす。


話を聞くと、泰蔵はコズエ以外の女性4人と付き合っていた。


さらに、泰蔵は酷いいたずらを何回もした挙句にゴミのように捨てていたのだという。


博文と秀作は衝撃を受ける。


コズエは
“私だけはお付き合いしていません。ダンスパートナーだったから、そういう関係にならないって約束していた”
という。


アキエは睡眠薬で眠った間に泰蔵にイタズラするつもりだったが、睡眠薬の効き目が遅かったのだと笑っていた。


博文と秀作はぐうの音も出なかったが、チアキは
“洒落では済まなくなりました”
といってやってくる。


チアキによると、別のチョコから降圧剤が含まれていたのだという。


睡眠薬と違い、血圧の低い泰蔵がそれを口にしていた場合、死亡していた可能性があった。


それを聞いた女性たちはさすがに狼狽していたが、アキエだけは涼しい顔でケーキを楽しんでいた。


その様子を見た秀作は
“コズエさんはやっぱり黒だ”
と確信する。






夕食時に子供たちは泰蔵に話すが、泰蔵はとぼけとおそうとしていた。


泰蔵は同じサークル内で女性4人と付き合っていたことを誇らしげに自慢していた。


秀作と博文は感心していたが、チアキは呆れて話を戻す。


チアキは追及するが、泰蔵は怒って部屋に戻ってしまう。


泰蔵から情報が聞き出すのは無理だったが、チアキが依頼した鑑定の結果が出れば明らかになるので時間の問題だった。





博文は病院で財前に嫌味を言われる。


博文は結婚式の余興の口約束をとぼけようとするが、すでに院長の耳に入っており引っ込みがつかなかった。


博文は
“俺に余興をやらせたことを後悔させてやる”
と財前に宣言する。





チアキが家に帰ると、調査機関からの贈り物が燃やされて灰になっていた。


泰蔵が強引に暖炉に投げ捨ててしまったのだという。


泰蔵は外食に行っておりチアキは
“逃げやがったあのジジイ”
と悪態をつく。


秀作たちは話し合いをする。


話を聞くと、チアキはシオネという女性が怪しいという。


秀作はコズエだと主張する。


博文もチアキと同じでシオネが怪しいという。


チアキは秀作は総務課だと指摘するた、秀作は自信満々だったためチアキと犯人当ての勝負となる。


チアキは
“私が買ったら土下座して靴舐めろ”
というと、博文は
“負けた方が俺に女を紹介しろ”
とちゃっかり付け加える。





チアキはシオネの知り合いたちに接触を図り情報を集める。


秀作はコズエの調査をしだす。


楠木はコズエは白だと主張するが、秀作は自分の直観に自信を持っていた。


秀作が調べを進めると、泰蔵のダンスのペアがいつの間にかコズエから母にかわっているのに気づく。


コズエは母の葬儀に来ていないことも判明する。


秀作は
“事件の全貌が見えてきた”
とほくそ笑む。





秀作はコズエの家を訪れて、自分が集めた資料を見せる。


秀作のストーリーは以下のようなものだった。


泰蔵とコズエは大会に出るハズだった。


しかし、泰蔵は大会直前に母をパートナーに選んでいた。


泰蔵と母は結婚までいっていた。


秀作はコズエが密かに泰蔵に想いを寄せていたと予想していた。


秀作は自信満々で推理を披露するが、コズエは
“全然違う”
といって、説明をしだす。


大会はコズエが寝坊したのだとい。


泰蔵はどうしても大会に出たかったため、会場にいた母をスカウトしたのだという。


泰蔵と母は初めて一緒に踊ったが、息がぴったりだったのだという。


コズエは
“一番可哀想だったのは、当時、泰蔵さんとお付き合いしていたシオネさんよ”
という。


秀作はチアキがシオエが犯人だと主張していたのを思い出す。


そのころ、チアキはシオネに話を聞きに行き、自供を引き出していた。


シオネは申し訳なさそうに泰蔵に謝っていたが、泰蔵もシオネにした行いを反省して謝罪する。





コズエは
“私の寝坊のせいで二人を合わせてしまった”
と責任を感じていた。


コズエは当時は寝坊で苦しんでいたが、今は不眠で苦しんでいるのだという。


秀作は
“貴重な話をありがとうございました”
といって帰ろうとするが、コズエは
“私を犯人扱いして帰れると思うの”
と、秀作がケーキにもお茶にも手を付けなかったことを主張する。


秀作は図星を突かれて気まずそうにする。


コズエは秀作の心中をすべて見抜いていて指摘する。


秀作は
“完璧な推理だ…”
と思いながらケーキを食べる。


コズエは
“これだけ傷つけられたから、誠意を見せていただかないと…”
といって、一晩デートするように要求する。


コズエは
“それで今日のことはチャラにしてあげる”
とほほ笑むので、秀作は冷や汗をかきながらも承諾する。





秀作はラーメン屋に尾関を呼び出してアドバイスを求める。


尾関はチアキにあわせてもらえると勘違いしていたため不機嫌になる。


尾関は嫌がるが、秀作はチアキと尾関の仲の協力をすると言って話を聞いてもらうことになる。


秀作は
“なるべくなら酷い負け方をしたくないときどうすればいい?”
と聞く。


尾関は勝ち目がないなら降参すべきだという。


敵のいいなりになったふりをして、身の安全を確保するのだと尾関がいうので秀作は閃く。





秀作が家に帰ると、チアキが待っていて約束通り靴を舐めるように命令する。





秀作はコズエとのデートに行き、泰蔵の話を聞く。


泰蔵はなりふり構わず母にアプローチをして、やっとの思いで結婚までいったのだという。


コズエはうまい具合に秀作の連絡先を聞き出す。


さらに、コズエは
“ダンスを踊りたい、人前で踊る自信はないの…”
といって部屋に誘導する。


コズエは
“先に行って待っててくださる。もしいなかったらわかってますよね…友人の息子さんは週刊誌の記者やってるのよ”
とほくそ笑む。


秀作は尾関のアドバイス通り、コズエの指示に従っていた。





秀作が部屋で待っていると、秀作はシャンパンで乾杯を促す。


コズエは威勢よくシャンパンを飲み干していた。


秀作は
“僕もシャワー頂いていいですか”
といって時間を稼ぐ。


秀作はシャワーの音だけさせて、服を着たままだった。


秀作はシャンパンに睡眠薬を混ぜていた。


睡眠薬はコズエのカバンに入っているのは調査済みだった。


秀作が部屋に戻ると、コズエはよく眠っていた。


秀作は速やかに部屋から出ていく。


秀作は
“僕はこの戦いに勝利した”
と安堵する。


作戦成功に気を良くした秀作は、そのまま里子のマンションの前に行く。


秀作はマンションのインターホンで里子と話をして、連絡先を聞き出す。


秀作はドアを開けてもらえるものだと思っていたが、里子はインターホン越しに連絡先を告げる。


秀作はドアを開けてもらえると思っていたため、首をかしげながら帰っていく。


“色気はインターホン越しには届かなかった…”
とうなだれる。


仕方なく聞き出したアドレスに軽い挨拶を送るが、間違っており送信できなかった。


自分がメモを間違えたのか、里子がわざと間違えたのかは不明だった。





翌朝
北沢家の朝食の席で、泰蔵が母に熱烈なアプローチをしていたのをチアキが暴露する。


チアキは
“チョコ燃やす前に、自分のラブレター燃やしたら?”
というが、泰蔵は
“母さんの遺品を燃やすバカがどこにいるんだ”
という。





博文は善財に呼び出されて協会に来ていた。


博文がチャペルに行くと、善財が血を流して倒れていた。


博文は慌てて善財に駆け寄る。


倒れている善財の近くには凶器と思われるハンドベルが落ちていた。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬 6話の感想


コズエさんのインパクトがとにかくすごかったです。


他の4人の女性が全く印象に残っていないくらい存在感がありました。


秀作が勘違いするのも仕方が無いと思います。


コズエが詰将棋のように秀作から連絡先を聞き出したり、部屋に誘導する様子は見事でした。





秀作は自分で動くと空回りしてしまうようですね。


周りに流されながらも本気を出したときは上手くいっているのですが、自分を信じると裏目に出ていました。


コズエを犯人を勘違いしてどや顔で追及した挙句間違いだったり、里子にあしらわれたりと散々でした。


チアキの
“お前は警察の総務課だろ”
というツッコミは非常に的確だったようです。





今回は伏線も張られていました。


ひたすらウザいだけの手毛綱は、今後何かしらで活躍するようです。


また、尾関はずっとチアキを気になっているようです。


尾関は説得のプロなので、もしかしたらチアキの気を上手く惹けるかもしれません。


尾関がチアキと結婚したら、秀作の義兄になるので秀作は嫌がると思いますが、それも面白そうです。





今回はあまり出番のなかった博文が、次回は酷いことになるようです。


人望がないのがバレて、ニートに転落という落ちぶれっぷりでした。


博文はエリート医師だたため本来の“ニート”の定義には入りませんけど…


博文の要所要所でのボケは面白いので、メインとなる次回が楽しみです!


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で6話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、
扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪