海月姫 5話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 5話のあらすじ

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。

一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。

蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。

尻込みする“尼~ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。

ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。

作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼~ず”たちでは手に余る。

そこで縫製のプロを雇うことになった。

すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。

ノムさんの服作りは人形専門。

しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。

人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。

こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。

蔵之介はショーの会場探しを始める。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 5話のネタバレ!


韓国ソウルで稲荷が歩いている。若い男たちが稲荷に声をかける。


チエコが電話で母親に
「あの人が韓国にまで。だめよ。だめだめ。お母様」
と叫ぶ。


チエコは地上げ屋の女(稲荷)が、母親と契約の話しをしに韓国まで来ているらしいと住人に伝える。


マヤヤが叫び、住人が動揺している。


ジジは着々と再開発が進んでいることを話す。


稲荷はホテルでお茶をしているチエコの母親を見て、娘にそっくりだと驚く。


稲荷はピョンチャンオリンピックの男子フィギュア・スケートの最前列のプレミアム・チケットを渡しながら
「心ゆくまで、羽生君を応援してあげてください~」
といい、チエコの母親は
「なんて気が利く人なの。あなた気に入ったわ」
といい、稲荷は
「ほんのお近づきのしるしです」
とい、決めセリフをいう。





蔵之介が玄関を出ると花森がいて、蔵之介が車がピカピカな事を褒める。


花森は蔵之介に天水館の買収は100%決まる事,今度のパーティーで慶一郎が賛成派であることを表明するということを耳打ちする。


花森は慶一郎に口止めされていたが、言うなと言われると言いたくなったようだ。





蔵之介は走って、天水館の尼~ずにそのことを言いに行く。


天水館の住人は天水館がなくなったら、自分たちは山中温泉で住み込みで働くしかないと話し合っている。


月海は思わず部屋を出ようとして、玄関でぶつかった蔵之介に
「一杯作りたいんです。クラゲのドレスを一杯作って、一杯売らないと・・天水館が粉々になってしまうんです」
と訴える。


蔵之介は天水館の住人に、今度の父親のパーティーと同じ日にジェリー・フィッシュのショーをぶつけようと提案する。


マヤヤは
「ショーというのは、あのお洒落人間達が防波堤のみたいなところを練り歩くやつのことか。断る。
あのようなものは、目立ちたがりの露出狂集団のやるものだ」
という。


蔵之介はブランド名も決まって目白先生にロゴも考えてもらってドレスも11着ある、次にやることはショーだという。


ジジが
「やりましょう。もうクラゲドレスで一発逆転を狙うしか・・」
という。


ジジがマヤヤに儲けたお金で「蒼天航路」が全巻買えるかもしれないと、耳打ちする。


マヤヤは
「よ~し、やるぞ~」
といって尼~ずは一致団結する。


蔵之介は月海に
「ここが残るかどうかは、お前にかかっているから」
という。


月海は
「お母さん、こんな私に本当に出来るんでしょうか。そんな大それたことが」
と独り言をいう。





蔵之介と尼~ずはドレスをプロに作ってもらわないとと話し合いをしているが、マヤヤとバンバは遊んでいる。


チエコはプロのお友達が1人いるという。





チエコが蔵之介と月海を連れて、レトロなアパートの前で
「さっ、ここがアトリエよ」
という。
 

3人はそのアパートのチエコの友達のノムの部屋に入っていくが、部屋は人形で一杯な状態だった。


チエコは蔵之介と月海にノムを有名なドレス職人だと紹介する・・但し人形のドレス職人。


ノムは蔵之介と月海を無視する。


月海はお土産にケーキを持っていくが、ノムはここに置けと机をトントンと叩く。


チエコはノムにクラゲドレスの型紙をひいてもらえないかとお願いをする。


ノムは、クラゲドレスを見て
「どふっ。どっふ~ん。これはいいドレス」
という。


ノムは更に「どっふ~ん」と言いながらクラゲドレスの人形用の型紙を作る。





月海が人形用の型紙を何度も拡大コピーするが、足りそうにもない。


チエコはノムにドレスを縫って貰いたいとお願いする。


交換条件としてクラゲドレスの型紙を人形のドレスにも使っていいということで、ノムはクラゲドレスの制作に協力することなった。





慶一郎は花森に蔵之介が何をしているかを聞くが、花森は話さない。


レクサスの試乗に行ってきてもいいと慶一郎がいうと、即座に花森は
「連日連夜天水館に入り浸り、ドレスを作っています」
という。


慶一郎は天水地区の再開発の反対派である天水館に蔵之介の出入りすることを快く思っていない。


修が慶一郎にせめて一度天水館の住人の声に耳を傾けて欲しいと頼むが、慶一郎は相手にしない。


慶一郎は花森に蔵之介の行動を監視するようにいう。





蔵之介と月海が準備の為に買い物をしている。


蔵之介はショーをどこでやるかを考えていて、ショーの場所は倉庫とかプールもあるという話しをしている。


月海に公民館はどうかと勧められるが、蔵之介は断る。


モデルはお金がないので蔵之介1人だけでやるといい、場所は蔵之介が探すから月海たちにはドレスを作っておいてくれという。


花森は蔵之介の買い物の様子を監視している。





ノムとチエコはミシンで手早くドレスを作っていて、その音に驚いたマヤヤたちにノムは
「黙れ。虫けらども」
という。


マヤヤは針に糸を通そうとするが、出来ずにすぐに撤退して布の上に転がる。


マヤヤが転がっている布にハサミを入れている月海は、覚醒モードに入っていて1人でブツブツいっている。


尼~ずとノムは自分たちが出来る仕事を猛烈にやっている。





蔵之介はショーの場所を決めようとしているが、全部の場所が埋まっていて見つからない。


蔵之介は花森につけられていることに気付き、自分のやっていることを妨害していると慶一郎に訴える。


慶一郎は、妨害しているのはショーを慶一郎のパーティーと同じ日にやろうとしている蔵之介だという。


慶一郎が今度のパーティーで蔵之介をパーティー参加者に紹介するので参加するようにいう。


慶一郎は蔵之介に
「やりたいことがあるんなら、それ相応の力を持ってからしなさい」
というと、蔵之介は
「おやじには一生かかったってわかんないよ。俺のやりたいことなんて。」
といって、部屋から出ていく。





翌朝、ノムさんがドレスを作り上げる。


ドレスを実際に着てサイズ調整をするのに蔵之介がいないので、蔵之介に一番体系が近いマヤヤが代わりにモデルをやる。





蔵之介は自宅のパソコンで、ショーの場所を探している。


修が部屋に入ってきて蔵之介に、どうして天水館でドレスを作っているのかと聞く。


蔵之介は、修に
「どうしてって?あの場所を守るためだよ。絶対にあの場所は売らせない。で、何だよ」
という。


修は蔵之介なら出来るといい
「父さんが期待しているのは兄貴の方なんだって。政治家に向いているのは兄貴だって」
蔵之介は
「俺は興味ないよ。政治家なんて」
というが、修は
「一度、よく考えてみてよ」
という。





ノムはこのままだと間に合わないので、ノムの友達に手伝うように声をかけていた。


蔵之介は天水館に来たが、会場がまだ決まらないという。


月海は
「あの、ここじゃだめですかね。天水館が海の中の竜宮城のようなイメージで・・そこにクラゲのお姫様がいるというか」
と打診したら、蔵之介は
「月海、天才!」
といい、天水館の人々は賛成する。


ドレスを着たマヤヤを見て、蔵之介は
「マヤヤってさあ、もしかして・・・」
といって、マヤヤのスタイルの良さに気付く。





修の母親は夜中に腹筋をしていて修に
「あなたもね。好きなことをすればいいのよ。お父さんだって蔵之介だって私だって皆好きなように生きているんだから」
という。





月海は部屋でクラゲの図鑑を見てデッサンしながら、修を思い出していた。





稲荷は日本に帰ってきていて、卓球をしていた。秘書が稲荷が韓国で一筆取り付けたことを褒めると
「ふん。楽勝よ」
という。


秘書が慶一郎のパーティーのお知らせを見せて、稲荷は一瞬動揺するが
「もう大丈夫」
と独り言をいう。





ノムが
「やっぱり無理でしゅ」
という。


ノムはドレスは間に合わない、友達もボランティアだと言ったら断ったという。


天水館の住人はショーは延期にしようと言うと、蔵之介は絶対にこの日にやるという。


月海が
「縫わないで作れませんかね」
という。


糸で縫う以外に方法があるとノムがいう。


ノムは
「但しそれには1人、虫けら(人間)の犠牲が必要でしゅ」
という。


ボンドを嫌がるマヤヤの身体に直接塗り、マヤヤは騒ぐ。


更にボンドの上にドレスの布を貼るが、マヤヤは呻いて
「人を焼き魚のように扱うな~」
と逃げる。


マヤヤにもジェリー・フィッシュのショー・モデルをやって貰うことを、蔵之介は伝える。


月海はマヤヤに
「天水館を救うために、どうかボンドガールを」
と頼む。


マヤヤは断るが、蔵之介は
「昨日、思ったんだって。マヤヤはモデル体形の美しい女だって」
という。


マヤヤが騒いで倒れて、いつもの長い前髪から目が見えてマヤヤは
「見たな~。俺の目を見てしまったものは皆絶滅させてやる~」
といって、逃げてしまう。


マヤヤは月海に
「絶対、(ショーに出るのは)嫌だ」
という。


目つきが悪いという理由でついた「殺し屋」というのはマヤヤに小・中・高とついたあだ名だという。


高1の2学期から目を隠すようになったら、そこからは「竹ぼうき」と呼ばれるようになったという。


チエコが私のあだなは小・中・高と通じて「ハム」だという。


バンバは「アフロ」ジジは「幽霊」・・月海は
「ちなみに私はクラゲでした」
という。


チエコはマヤヤに向かって
「そんな私たちが肩を寄せ合って、誰にも気兼ねなく住める場所をやっと見つけたんじゃない」
といい、月海は
「私は・・ここが好きです。この場所を失いたくありません」
という。


マヤヤはそれを聞いて立ち上がり、チエコはマヤヤに
「頑張ったら皆でカンパして、三国志のガチャポンを100個買ってあげますからね」
と約束する。


蔵之介は尼~ずとノムに
「残り、一日だ」
といい、ショーはやれるという。


月海は
「いざ、参りましょうぞ!」
という。





翌朝、蔵之介はクラゲドレスを見てから寝ている月海の頭をそっとなでる。





「鯉渕敬一郎、議員生活30周年記念を祝う会」で、慶一郎が参加者に挨拶している。


蔵之介がパーティーに現れて、慶一郎は修に蔵之介の挨拶も進行表に追加しておくようにいう。





ショーの当日に天水館ではコトネがこの間のお礼に、ショーをネット配信する手伝いなどをしてくれている。


花森も蔵之介からショーを手伝うように頼まれたという。


バンバは花森に
「叙々苑で焼き肉弁当を買ってきてくれ。人数分で。あいつの金でな。」
花森は丁寧に
「かしこまりました。バンバ先輩」
という。


蔵之介はショーには現れない。





慶一郎が挨拶をしていて、稲荷はパーティーでボーっとしている。


慶一郎は天水地区の再開発の賛成を発表して、会場からは拍手が沸き起こる。





蔵之介がいないので、チエコが
「本当に蔵子はどうしちゃったの?」
という。


コトネが最終確認で司会は誰にするのか聞いたら、尼~ずたちは誰も決めていなかったことに気付く。


コトネは司会を断り、花森が着飾ったマヤヤをナンパし始めるが
「何かお困りですか?」
といって、花森が司会を引き受ける。


花森の司会は饒舌で
「ようこそ。秘密のパーティーへ。そう、ここは深い深い海の底。ジェリー・フィッシュのお姫様が暮らす深海の古城。
それはそれは美しいジェリー・フィシュ・・・デビュー・コレクションの開幕です!」
といい、会場から拍手が起こる。


尼~ずたちは、緊張しているモデルのマヤヤの背中を撫ぜて
「ガチャポン100個」
という、マヤヤは
「いざ、いかん。戦いへ」
といってショーに出る。


会場からは「綺麗~」という歓声の声が聞こえてくる。


実際にモデルのマヤヤは、とても美しかった。


マヤヤはモデルをしながら心の中で
「じっと立ってガチャポン20個」
ウォーキングをすると
「ウォーキングで更に20個」
ショーの真ん中で回ると
「くるっと回って、また20個」
踵を返しながら
「歩いて戻って、もう20個」
後ろで更にポーズを決めると
「決めポーズかまして、計100個」
と美しさとは裏腹に自分を鼓舞しながら、モデルをこなす。


観客は海の底をイメージした会場の中で、マヤヤとドレスの美しさに拍手をする。





蔵之介は慶一郎のスピーチの間に、スマホで天水館で行われているマヤヤのショーを見ている。


パーティーでは色々な人が同じようなスピーチをしていて、時間が押していて蔵之介はイライラしている。





マヤヤはモデルを1人で頑張って続けているが、疲れて呼吸が苦しそうになっている。


マヤヤは疲れて喉が渇いてジュースを飲むが倒れて、大事なハナガサクラゲのドレスにジュースがかかってしまう。


緊急事態になり花森に司会を15分つないで欲しいと頼んで、急いでドレスを洗う。


花森は
「皆様、大変申し訳ございません。姫はただ今お色直し中でございまして・・というわけで・・この辺で一旦休憩~」
と機転を利かせる。


ドレスを洗ってドライヤーで乾かすようにコトネに言われるが、天水館の住人は誰もドライヤーを持っていない。


ノムに近所に借りればいいという言葉で思い切って月海が借りにいくが、近所の人に
「誰?」
といわれるが、月海は天水館を思い出し
「あの、その・・ドライヤーを貸してください!」
という。


それは、月海にとっては勇気がいることだった。





パーティーでは蔵之介がスマホでネット配信を見ているが、「SOS」という文字を見つける。


パーティーでは修が
「慶一郎の秘書をおります鯉渕修から、僭越ながら一言だけご挨拶をさせて頂きます。
再開発に関してですが・・私は今一度反対派の意見を聞くべきだと・・」
その時に、蔵之介が出てきて
「これ以上長くすんな」
と止めに入って、蔵之介は
「僕が鯉渕家の長男、鯉渕蔵之介です」
という。





月海はドライヤーを借りて、天水館に帰ってきた。


花森は司会を頑張っているが、お客さんは徐々に帰ってしまっている。


ドレスを乾かしたとしても着られる人がいないし、ショーを終わりにしようと天水館の住人が話し合っている。


月海は
「蔵子さんがいるじゃないですか」
バンバに
「どこにだ。あいつはマヤヤに全てを押し付けて逃げただろうが」
といわれて、月海は
「違います。絶対に来ます。絶対に」
と、住人達に訴える。


月海は住人達の中止を止めて、ドレスにドライヤーをあてながら蔵之介を待っている。


蔵之介が天水館にやってきて
「ごめん、遅くなって」
と、男装の格好で現れる。


蔵之介は、尼~ずたちに
「お父様のパーティーには男装で出席するというのは、鯉渕家のしきたり」
と説明する。


もう遅いというノムに、蔵之介は
「大丈夫、客なら俺が引き連れてきたから」
といって、月海はお客さんが沢山入ってくるのを見て
「すごい。大入りです」
といい、蔵之介は
「ジジ様からSOSが出た時にはビビったよ」
という。


当日の朝に蔵之介はジジに
「おやじのパーティーに参加してくる。もし何かピンチな時はすぐ知らせて」
といっていて、ジジがSOSを出したようだ。


蔵之介は、月海が1人で近所にドライヤーを借りたことに
「でも月海も変わったな。月海だけじゃない。尼~ずのみんなも変わったよ」
という。





会場は大盛況で花森が司会をしていることに修は驚くが、花森は
「皆様、これよりジェリー・フィッシュ・デビューコレクション第二幕の開幕です!」
と堂々という。


蔵之介とマヤヤが並んでショーに出てくると、観客は
「お~」
とどよめく。


ショーでは稲荷たちはクラゲドレスのモデルをしている蔵之介が、鯉渕家の蔵之介本人だと気付いていない。


蔵之介は月海に
「月海、俺を見ろ」
という。


蔵之介は
「そうです。僕が先程父のパーティーでお目にかかりました、鯉渕蔵之介です~」
と紹介して、ドレスのプロモーションをする。


月海は
「お母さん、蔵之介さんと会ったあの夜。思えば、あの夜がすべての始まりだったのかもしれません。
お母さんがいなくなってからずっとずっと長い間・・私の中で何かが止まっていて、私はそれでいいと思っていたんです。
十分幸せだと思っていたんです。でもみんなでドレスを作り始めて私の中で何かが動き出したんです。
大切なパールがついた宝物みたいなこのドレス。
これを身にまとった蔵之介さんはこのお城を守ってくれる強くて美しいお姫様。
だからきっと大丈夫。このドレスが天水館を守ってくれるはず・・そうですよね。お母さん」
と心の中で呟いて、拍手の中でショーは終わる。





慶一郎は、蔵之介がパーティーでジェリー・フィッシュのショーの案内とショーの最後に大事な発表があると言っていたのを思い出していた。


慶一郎の妻は、慶一郎に蔵之介のことを
「あの子は本当、大胆よね。あの人にそっくり。リナさんと」
という。


蔵之介は最後にショーの挨拶をしていて、マヤヤを紹介している。


蔵之介は更にジェリーフィッシュのドレスはここ天水館で作っていることを説明して
「天水館は天水地区の再開発によって取り壊されてしまうかもしれないんです。だから私たちは再開発に反対します。」
と表明し、
「ドレスを沢山売って、ここを買い取って天水館を残したいと思っています」
というと、会場から拍手が起きる。


慶一郎は天水館のすみで、蔵之介のスピーチを聞いていた。


修は慶一郎が天水館から出ていくのに気付く。


ショーは大盛況のうちに終わった。





帰り道に、稲荷は修に
「とんでもないお兄さんがいたもんね。もしかして本当は血がつながっていないとか」
といって、修は
「失礼なこと言うな。正真正銘、僕の兄です。兄に変な真似したら、僕は許しませんよ」
と返す。





月海はジェリー・フィッシュのドレスを体育座りで見ていて、蔵之介は
「あっという間だったな。ありがとな。俺が来るって月海だけは信じて待ってくれていたって」
月海は
「いえ。本当は不安でした。信じてはいましたけど、でももしも蔵之介さんが来なかったらって・・すごく不安でした。」
先程、蔵之介さんは私たちは変わったって言いましたけど私たちは・・」
泣きながら話す月海を愛おしく思い、蔵之介は月海にキスをした。


修は二人をそっと見ていた。





イタリアミラノで10時間後、女性がパソコンでジェリー・フィッシュのショーを見ている。


慶一郎の事務所に電話がかかってきて、修がとって
「もしもし、修君。私・・蔵之介の母、リナです」
と名乗る。


その時、蔵之介はベッドで寝ていた。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 5話の感想!


今回の話はやはりショーが中心になりますが、見所はマヤヤの美しさですね。


マヤヤは実は目にコンプレックスがあって「殺し屋」とあだ名がつけられたりしたことが明らかになりましたね。


マヤヤが目を隠そうとすれば「竹ぼうき」と呼ばれたり・・。


天水館の皆それぞれコンプレックスがあるもの同士が集まって暮らしていて、お互いを尊重している関係は温かいですね。


だからこそ、天水館を壊したくないという住人と蔵之介の思いが一致したわけです。


マヤヤにコンプレックスがあるなんて、モデル姿を見たら想像が出来ませんが・・。


それでもオタクなので、モデルをやりながら「ガチャポン」のことを考えて乗り越えているのは可愛らしいですね。


モデルをやりながら、いつもやる手を前に出すポーズが思わず出てしまうところも・・。





それから忘れてはならないのが、新キャラクターのノムですね。


お人形のお洋服しか作らないというこだわりと「どっふ~ん」・・・面白いですね。


オタクと呼ばれている人たちは、自分のやろうと思ったことには本当に集中力がありますね。得意分野はそれぞれですが・・。





今回の最後は月海が蔵之介がいなくて不安だったと告白して、キスシーンがありますね。


このドラマは全体的にはコメディタッチで、最後に恋愛要素が入っているので最後まで油断できませんね。


修は兄想いでとてもいい人なので、修の気持ちを考えると辛いです。





コメディといえば、今週の地味な笑いのツボは稲荷がチエコの母に渡すピョンチャン・オリンピックのフィギュアスケートのチケットです。


実にタイムリーなので、上手いことドラマの脚本を書いていると思いました。





マヤヤや月海だけでなく天水館の住人も大きく変わっているのがわかります。


それも月海が呟いているように、蔵之介と会ったあの夜から始まっていますね。


でも蔵之介も確実にもやもやしていたものが少しずつ霧が晴れるようになってきているのかなと感じます。


月海はじめ尼~ずとお洒落人間である蔵之介との相互の作用というもので、何かが確実に動いているという感じの見応えのある5話でした。





次週は第二章が始まるという事ですが、どんな展開なんでしょうね。


月海は修よりも蔵之介に気持ちがいっているのも少しずつ見えてきているので、二人がどういう結末を迎えていくのかは注目です。


でも恋愛だけではない、何かというものをお互いに見つけられたらと思える第5話でした。


次週は蔵之介のお母様も出てくると思うので、それも楽しみですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で5話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪