海月姫 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 4話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)に想いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い帰される。

ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰って来た。

こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。

千絵子は蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。

政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。

ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。

蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。

月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと『天水館』を後にした。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。

そこはオシャレなクラブ。

月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。

蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた“尼~ず”は帰ってしまった。

ばんばさんとまややは二度と蔵之介とは関わらないと宣言。

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。

琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。

蔵之介は月海たちに話をするのだが…。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 4話のネタバレ!


蔵之介はチエコとジジ様に
“本当のことを話す”
といって女だと主張する。


二人は当然信じようとしない。


蔵之介は
“蔵之介という名前は家の中で使われている源氏名。私は蔵子よ”
という。





天水館にチエコとジジ様が帰ってくる。


二人は蔵之介に言いくるめられていた。


ジジ様は住民たちに
“政治家の家に生まれたというだけで、女性なのに男性として育てられていた…”
と説明する。


チエコとジジ様は蔵之介の境遇にに同情して涙を流していた。


チエコは
“蔵子を尼~ずの一員として正式採用する”
と宣言する。


ばんばさんとまややはチエコたちからいいニオイがするのに気づく。


二人は蔵之介に北京ダックをごちそうになったというので、ばんばさんとマヤヤもおごってもらうために月海に蔵之介の電話番号を聞き出す。


ばんばさんとマヤヤは月海を引っ張って蔵之介の元に向かう。


蔵之介は
“バタフライ”
というクラブにいると告げたため
“蝶々オタク”
だと勘違いされていた。





蔵之介は女性の後輩たちに月海と作ったドレスを見せていた。


後輩たちは素敵だとドレスを褒める。


衣装の参考にしたいというので、蔵之介はドレスの写真を転送してあげる。


月海たちがやってくると、明らかに浮いていた。


蔵之介たちは月海たちに気づく。


蔵之介はみんなに声をかけると、バンバさんたちは北京ダックを食べたいという。


蔵之介の後輩たちがやってきて、バンバさんたちの見た目を笑っていた。


バンバさんとマヤヤと月海は凍り付いていたため、蔵之介は外に連れ出す。


後輩たちは
“その人たちは?”
と尋ねるので、蔵之介は
“友達”
といってみんなを連れていく。


蔵之介は店の外でみんなに後輩の非礼を詫びる。


蔵之介は北京ダックを食べに行こうという。


しかし、バンバさんとマヤヤは強がって見せて帰ってしまう。





月海は自室で蔵之介の
“友達”
発言について考えていた。


月海は
“私たちとは住む世界が違う。あの人たちはアッチ側の人間なんだから…”
と母親に報告していた。





天水館は鍋の準備をしていた。


ジジ様がキムチ鍋にしようとすると、マヤヤは
“我々に刺激などいらぬ”
と狼狽する。


蔵之介は後輩から先日のドレスを仕事で使いたいと頼まれる。


蔵之介は追加の依頼が来たと天水館のみんなに伝えに行く。


蔵之介は
“仕事が入った。拡大すれば天水館を救える”
と意気込んでいたが、バンバさんとマヤヤは蔵之介を追い出そうとする。


蔵之介は
“仕方ないな~”
と言いながら別室で作業する。





修は父の慶一郎に開発について、賛成か反対かどちらかを尋ねていた。


慶一郎は稲荷とのパイプを強力にするように修に指示する。


修は嫌がるが、慶一郎は
“肉体関係から始まる恋も悪くない”
といって聞く耳を持たなかった。


慶一郎は花森から報告を受けて、稲荷の方と修を接近させるように指示する。


花森は
“手は打ってあります”
と自信満々だった。


花森は
“童貞を殺すセーター”
を稲荷に匿名で送っていた。


宅急便のため、段ボールにはしっかりと名前が書いてあった。


稲荷は
“ただのバカでしょ”
といって佐々木に捨てておくように命じる。





月海はドレスの衣装を考えていたが、アイデアが出てこないで頭を机に打ち付けていた。


みんな月海を心配していると、バンバさんとマヤヤは夕食がまだだと催促する。


ジジ様が担当だが、仕事で忘れていた。


バンバさんとマヤヤは蔵之介に
“お前が来たせいで平穏だった天水館の生活が壊れた”
という。


二人は月海が蔵之介を連れてきたことについても追及する。


チエコとジジ様は何も言えなかった。


蔵之介は
“月海は悪くない。みんなごめんね。”
と謝罪して、友人には仕事は断るといって帰っていく。


月海は責任を感じて蔵之介に頭を下げて自室に籠る。


蔵之介に修から連絡が入るので、蔵之介は月海に伝えに行く。


蔵之介は修が天水館に来た時のことを聞いたという。


蔵之介は
“なぜ出ていってあげなかったの?”
と聞くと、月海は昔から辛いことがあると心を無理やり閉ざすようにしてきたのだという。


“小さな箱に詰めてガムテープでぐるぐる巻きにする”
という月海に蔵之介は
“その箱の中には楽しかった思い出もあるんじゃないの?”
といって、その晩の9時に修が駅前で待っていると告げる。


月海は尼~ズに知られるのを恐れるが、蔵之介は上手くいっとくという。





修は月海を待っていた。


約束の時間の10分前で、月海はまだ自室にいた。


月海は修の言葉を思い出し、修の元に行くことを決意する。


月海は息を切らせながら走っていた。


修に稲荷から電話が来る。


花森は修に気づかれないように監視しているつもりだった。


稲荷は
“私とはただの火遊びだった…”
と泣きマネをして自殺する演技をして電話を切る。


修は慌てて花森の車に乗り込み、稲荷のいる場所へ行くように指示する。


花森は
“かしこまりました”
と慣れた様子で指示に従う。


月海が駅前にやってくるが、修はいなかった。


修は稲荷が電話に出ないことを心配していた。





天水館ではジジ様の料理で夕食になっていた。


4人で晩御飯は久しぶりだった。


バンバさんとマヤヤは蔵之介がいないため
“これで前と変わらずぬるま湯につかれる”
というが、ジジ様は
“このまま何もしなければ天水館は無くなってしまう”
と指摘する。


みんなそのことをわかっていて現実逃避していたため、何も言えなかった。




修が稲荷の部屋に到着すると、睡眠薬が部屋に散らばっていたため修は心配する。


稲荷は修を見ると
“なんちゃって…”
とおどけて目を覚ます。


稲荷は勝ち誇った笑みで
“どうでもいい人に対してそんな風に…”
と言いかけると、修は稲荷の頬を叩く。


稲荷は
“何よ、女に手を挙げるなんて…”
というが、修は
“馬鹿野郎”
と怒って去っていく。


稲荷は男に怒られなれていない様子で呆然としていた。





駅前で一人でいる月海に、蔵之介がやってきて修がこれなくなったことを告げる。


蔵之介は
“修はすごく謝っていた…”
というが、月海は
“もういいんです…”
といって天水館に向かって歩き出す。


蔵之介は心配しながらついていく。


月海はジジ様の料理は上手だと話す。


蔵之介は余計なことは言わずに話を聞いていた。





翌日
月海が目を覚ますと、バンバさんが一心不乱にドレスのデザインをスケッチしていた。


電車をイメージしたドレスで、バンバさんは
“蔵子を呼べ”
という。





修は稲荷が司会進行をする開発のプレゼンに参加する。


稲荷は修を見ると我を忘れてしまうので、佐々木がフォローして発表を引き継ぐ。


プレゼンが終了後、稲荷は修に
“昨日あなたに叩かれたとこまだ痛むんだけど”
と気をひこうとすると、修は深く頭を下げて帰ろうとする。


しかし、花森は稲荷を車に乗り込ませる。





蔵之介は天水館に行くと、バンバさんが人を見て電車をイメージしたことを告げる。


蔵之介はそのアイディアを採用する。


蔵之介は
“いきなりデザインを作ろうとしてもイメージわかないのは当然だった”
といって、月海にモデルの写真を見せてイメージでくるクラゲを尋ねる。


月海は
“ムラサキクラゲ…”
といってスケッチをして描いて見せる。


蔵之介は
“いいじゃん、可愛くなりそう”
というが、納期がギリギリであることを心配する。


バンバさんは
“できるだろ…”
というため、みんなで協力してドレス作成を始める。


蔵之介は花森に材料の調達を頼もうと思うが、花森は仕事中だという。


蔵之介はレクサスのことで脅そうとするが、花森は慶一郎の命令だという。


慶一郎は稲荷と修をくっつけたい様子で、花森も協力していた。





月海はぶつぶつ言いながらいきず待っているが、チエコが持ってきた材料をみてインスピレーションを受ける。


月海の鬼気迫る様子にみんなは大人しく指示に従う。


月海は疲れを忘れた様子でドレスを仕上げていく。


他のみんなは疲れて眠っていたが、蔵之介はモデル役として立ったままだった。


全部作り終わると、月海は倒れこみ眠りだす。


月海が目を覚ますと、蔵之介は
“完璧な出来だ”
と満足していた。


月海は
“なんでドレスなんですか?”
と聞いてみる。


蔵之介は
“母親が舞台女優だった”
と話し出す。


蔵之介はきれいなドレスを着ている母が好きだったのだという。


蔵之介は自分が愛人の子供で、修とは腹違いだと打ち明ける。


慶一郎は
“政治の家系には何人でも男が欲しい”
ということで蔵之介を引き取る。


蔵之介は母親と一緒にいたかったのだという。


蔵之介は母と離れてから、母からもらったアクセサリーなどで着飾るようになったのだという。


その後、母親とは音信不通になっている。


蔵之介はみんなに
“お疲れ会。高級焼き肉店に行く”
とだましてオシャレな格好をしてもらう。


本当は、作ったドレスのお披露目会だった。


先日、バンバさんとマヤヤに失礼な発言をした女性がやってきて
“デザイナーの方たちですか?”
と丁寧に挨拶して深く頭を下げて感謝を述べる。


その女性はクラブで会ったバンバさんとマヤヤだと気づいていない様子だった。


天水館の住民たちはオシャレな女性に話しかけられて挙動不審になっていたが、女性は気にしていない様子だった。


ドレスを着た女性たちがやってきて、これから踊るのだという。


天水館の住民たちは怖気づいているが、蔵之介は
“オシャレは武器だといったでしょ、今のみんなは武器を手にしているから大丈夫”
という。


ステージが始まるので、天水館の住民たちは見入っていた。


自分たちの作ったドレスは女性たちをの美しさを際立たせていた。


みんなそれが嬉しかった。


みんなが笑顔になっている様子を見て、蔵之介も嬉しそうだった。


その後はみんなで焼きに肉に行く。


蔵之介は
“このままがっぽり稼げば天水館を買える”
といって
“ブランド名を考えよう”
と月海にクラゲの英語名を聞く。


月海が
“ジェリーフィッシュ”
というので、蔵之介はそれを採用する。





修は慶一郎と一緒に開発の会合に行く。


行った先に待っていたのは稲荷だった。


慶一郎は再開発には最初から賛成派だったのを告げる。


慶一郎は稲荷と修をくっつけたいと告げて
“政治に個人的な感情を持ち込まれては困る”
といと、稲荷は
“おっしゃる通りだと思います”
と同意する。





天水館の住民たちを引き連れて、蔵之介は目白先生に
“ブランド名、ジェリーフィッシュのロゴデザインを考えていただきたく…”
と依頼する。


返事は
“考える時間ちょうだい”
と来るので、待つことにする。


蔵之介は月海の部屋で女装を解く。


月海は
“それじゃ直視できない”
と狼狽していた。


蔵之介は
“直視できるようにならかきゃ、だって友達でしょ”
というので、月海は
“私みたいなのといて恥ずかしくないのですか?”
と自虐しだす。


蔵之介は
“オシャレさせるのは恥ずかしいからじゃない、月海が本当は可愛い女の子だと思っているからだろ”
というと、気まずい感じになる。


蔵之介は帰ろうとするが、女装を解いたままではマズいため
“めんどくせぇ”
と他の住民にバレないように窓から出ていく。


月海は
“可愛い女の子…”
と言われてそのまま倒れて眠りにつく。





翌朝
大きな物音で月海は目を覚ます。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 4話の感想!


バンバさんとマヤヤの株が大暴落!?


最初からこの二人は特にヤバめでしたが、今回は特にひどかったですね。


この二人を嫌いになった人も多いのではないかと思います。


必死に頑張ろうとしている月海、ジジ様、チエコの足を引っ張るような行為をしていました。


たしかに取り残されている疎外感から焦る気持ちはわかります。


しかし、ジジ様の言う通り、何もしなかったら天水館は無くなってしまいます。


それを救う案を出した蔵之介を排除しようとして、天水館を救おうとする月海まで追求するとかドン引きでした。


最終的には二人もドレス作成に加入してプラマイゼロみたいな感じになっていましたけど…





修も真面目過ぎてイラつきました。


稲荷は明らかに悪ふざけしているのに、自分で呼び出した月海より稲荷を優先させています。


コレはかなりマズいやつですね。


仮に事情を説明したとしたら、“私よりオシャレな女性と会うのを優先させたんだ…”とさらに月海は傷つくでしょう。


修は大人しく慶一郎の指示通り稲荷にしといて、月海は蔵之介に任せた方がいいかもしれません。


月海は蔵之介のように強引で図々しい男の方が会っていると思います。


修ももしかしたら稲荷のような女の方が向いているのかもしれません。


月海と修がデートをしても、蔵之介が相当テコ入れしないと一生平行線になりそうな気がします。




花森さんのやり取りはテンポよく今回も面白かったです。


花森さんの中の鯉淵家カーストとして、ちゃんと慶一郎がトップにいるようでした。


レクサスよりも慶一郎の命令を最優先にするあたりは、さすがは専属運転手だと思いました。


もしかしたら、慶一郎から
“修と稲荷が上手くいったら一番グレードのいいレクサス買ってやる”
と言われているのかもしれませんけど…


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪