もみ消して冬 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 4話のあらすじ

家族のために体を張ってきた秀作(山田涼介)だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。

その知晶が泰蔵(中村梅雀)の持ってきたお見合い話を断り、今、気になっている人がいると宣言。秀作は、ひょっとしてそれが楠木なのでは?と不安になる。

そんな矢先、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃した秀作は、楠木を問いつめる。

すると楠木は知晶にキスをされたという衝撃の事実を告白するのだった。

ショックは受けたものの、知晶の幸せのためならと、姉の恋を応援しようと思う秀作。

しかしお見合い相手の角居(駿河太郎)が北沢学園の将来に関係する重要人物のため、何としても結婚させろと泰蔵と博文(小澤征悦)に追い詰められて、ある作戦に出ることに…。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 4話のネタバレ!


チアキは議員との会食に出かける準備をしていた。


泰蔵はチアキにお見合いの話を持ってきたというが、チアキは興味を持っていなかった。


チアキは
“気になっている人はいる”
といって出かけていく。


泰蔵は秀作にチアキが気になっている男について尋ねる。


秀作はチアキが楠木と楽しそうに会話しているのを思い出すが、知らないと答える。


秀作は偶然、楠木の背中の入れ墨を目撃して驚愕する。





博文はメイド喫茶に行って、小岩井の娘がバイトを辞めたことを確認して帰ろうとする。


しかし、メイドたちに呼び止められてよっていくことにする。





チアキは議員との会食で若い候補者との結婚を提案される。


チアキは自分が“政治家の妻”に向いていないことを淡々と説明する。


チアキは自分で
“議員の夫は控えめな女性が理想的”
といって自分はありえないことをハッキリと告げる。






秀作は楠木の入れ墨を見て、楠木が反社会勢力の家系だと怪しんでいた。


そんな男にチアキが惹かれているのを心配して、秀作は楠木に探りを入れる。


秀作は楠木に
“何か隠してることがあるだろ?”
と詰め寄る。


秀作は入れ墨のことを言っていたが楠木は
“チアキさんにキスされました”
と打ち明ける。


秀作は驚愕して動揺する。


楠木によると、3日前にチェスをしているときに酔ったチアキが突然キスをしてきたのだという。


楠木は
“もしかしてそのことじゃありませんでしたか?”
というと、秀作は入れ墨のことを指摘する。


楠木は
“若気の至りで、法触れるようなことはしておりません”
といって、小岩井も泰蔵も知っているという。


楠木によると泰蔵は
“誰にでも間違いはある、入れ墨くらいで採用しないことはない”
といっていなのだという。


秀作は泰蔵がカープファンであることを告げる。


カープファンにとって鯉は幸運の象徴なのだという。


楠木は泰蔵が楠木の入れ墨を見たときほくそ笑んでいたのを思い出す。


子供達には楠木の入れ墨は知らされていなかった。


秀作はキスについて
“気が付いたらよけるよね”
というが、楠木は執事という立場からできないという。


楠木によると、チアキは口に向かってきたが直前で急に落ちて顎にキスをしたという。


チアキが帰ってきて楠木を呼ぶので、楠木はチアキの世話をしに行く。


チアキは風呂上りにチェスを誘うので、楠木は慣れた様子で快諾する。


秀作は
“どうして姉さんのキスはフォークボールのように落ちたのか?入れ墨のことを知ったらどう思うのか?”
で頭を悩ませていた。


チアキはチェスをしながら楠木を見つめており、楠木も秀作もチアキの視線に気づいているようだった。





秀作は自分の立場よりも、チアキの幸せを優先させると決断する。


秀作はチアキと楠木の仲を応援することにする。


秀作は里子に
“女性の入れ墨に対する印象”
について尋ねてみると、里子は
“もしかして係長?”
と勝手に妄想を膨らませて興奮していた。


秀作は
“このこは危ない…”
と思いつつも、里子を好きな気持ちは膨れ上がっていた。





博文は財前から患者たちの賭けについて話す。


患者たちは博文と財前がどちらが先に結婚するかをかけているのだという。


財前は博文の勝利にかけているのは2割だと告げる。


財前は
“負けた方が結婚式の余興で恥ずかしい出し物をやる”
というと、博文は
“お前にやらせるのは決まっている、ハンドベルだ”
といってあしらう。





秀作は小岩井から楠木の入れ墨について尋ねる。


楠木の両親は実家の温泉旅館を楠木に強引に継がせようとしたのだという。


楠木はそれに反発して入れ墨を入れていた。


それによりしばらく絶縁状態だったが、楠木が就職したことで関係は修復したのだという。


楠木はイギリスの帰国子女だったのを秀作は履歴書で確認する。


その日は節分だった。


恵方巻と豆を用意して一家は準備していた。


執事二人が鬼に扮してやってくるまで、秀作と博文は恵方巻を食べ始める。


泰蔵はチアキにお見合いの話を再度持ち出す。


チアキは嫌がるので博文は
“俺がいってやろうか?ウチの楠木だろ?”
と得意げに打ち明ける。


チアキはとぼけようとするが、博文は二人のキスを目撃していたという。


泰蔵はショックを受けている様子で、チアキ気まずそうにしている。


秀作は博文が余計なことを言ってハラハラしていた。


泰蔵はチアキに
“どうなんだ?なんとかいえ?”
というと、チアキは
“酔っぱらったら誰とでもキスくらいする”
という。


博文は
“俺も酔っぱらったら誰とでもする?”
というので、秀作は博文は黙っていてほしいと心の中で懇願する。


博文は
“この目で見た、口でキスしてた”
というので、秀作は
“口ではなく顎です。本人から聞きました”
というと、チアキは
“お前は恵方巻食ってろ”
と怒られる。


泰蔵は楠木の入れ墨を打ち明けるが、チアキは
“別にいいじゃない、父さんだって足にタトゥーいれてる”
といって、ジャスティンビーバーも大量のタトゥー入れてることを例に出す。


泰蔵とチアキはジャスティンビーバーに詳しすぎて秀作はあっけにとられていた。


泰蔵とチアキが言い合っているので博文は
“なんかいジャスティンビーバーっていうんだよ”
と突っ込むと、チアキは怒って席を外してしまう。


入れ替わりに楠木と小岩井が鬼に扮してやってくる。


秀作は形だけ豆まきをするが、泰蔵は楠木に全力で豆をまいていた。





泰蔵、博文、秀作は3人で小岩井が世話になったラーメン屋で話し合いをする。


店主は常連3人が親子だと知り嬉しそうだった。


泰蔵によると、お見合いは大手不動産屋の息子だという。


泰蔵には先祖からの夢があった。


結婚が成立すれば、破格の値段で土地を購入できて高等部が新設できるのだという。


しかし、チアキの性格上これ以上お見合いを強要しても無駄だと知っていた。


博文は秀作に何とかするように無茶ぶりする。


泰蔵も
“頼む秀作”
と懇願する。


秀作は仕方なく動くことにする。





手毛綱がやってきて“黒トリュフパーティ”に参加したいと懇願するが、小岩井はいつも通り追い払っていた。





秀作は尾関にアドバイスを貰おうと接近する。


秀作は
“週末家にパーティかある、ぜひ来てほしい”
といってご機嫌をとる。


尾関は秀作のたとえ話にうんざりしていたが、仕方なく聞くことにする。


秀作は
“知り合ってもいない相手と絶対に結婚しなくてはいけないケース”
を持ち出すと、尾関は海外のスパイの話をしだす。


まずはあらゆる情報を集めて、偶然を装って初対面するのだという。


初対面はアッサリと済ませて、二回目の偶然を装った遭遇で話を合わせて好感度を上げるというものだった。


秀作はさっそく情報収集をする。


小岩井からチアキの領収書を調べると、毎週必ず行くバーがあった。


小岩井からチアキの部屋に、海外の筋骨隆々のタトゥーの入ったアーティストのポスターがあったことを聞く。


秀作はジャスティンだと思って指摘するが、小岩井によると違うのだという。


秀作は小岩井がジャスティンを知っているのに驚いていた。


小岩井の娘が数年前にハマっていたのだという。





秀作はチアキの見合い相手の元を訪れて作戦を告げる。


見合い相手の住井は乗り気だった。


幸いチアキは見合いを拒絶していたため、見合い相手は住井だと知らなかった。


秀作はチアキのハンカチを住井に渡し、住井がすれ違いざまにチアキのハンカチを拾うというシナリオだった。


住井は秀作のシナリオ通りに初対面は上手くやる。


チアキの行きつけのバーに先に住井が言って待っていた。


二人は軽く挨拶を交わす。


バーのマスターに話をつけており、住井は10年通っている常連ということにしておく。


住井はチェスの本を読んでいるので、チアキは話を振る。


マスターが計画通りチェスを持ってくるので、二人は勝負をする。


秀作は住井に
“接戦に持ち込んだ末に負けてくれ”
といっていたので住井はその通りにする。


チアキは気分よさそうにして家に帰ってくるのを見て、秀作は手ごたえを感じる。


秀作は上手くいったと思い住井の元を訪れるが、住井は怒っていた。


住井はチアキにチェスの勝負中にノロケ話を聞かされてうんざりしている様子だった。


住井は秀作に
“忙しいんだ、さっさと帰ってくれ”
といって追い返す。






秀作は落ち込んで家に帰ると、博文が
“風向きが変わった”
といって泰蔵と楠木が話しているのをのぞき見していた。


楠木の実家は住井の家よりも大規模な不動産屋だったことが博文の調べて判明していた。


それを泰蔵に話したら、泰蔵は上機嫌で楠木の話を聞いていた。


秀作は
“それはよかった”
と複雑な表情だった。





博文はチアキに
“父さんはお前と楠木の仲を認めてもいいというが”
チアキは照れて強情にその気はないと主張する。


博文は
“この場で楠木にお前に気があるか聞いてみる”
というので、チアキは
“勝手にすれば”
というが気になっている様子だった。


博文はその場でスピーカーにして自宅に電話をかけると楠木が出る。


楠木はわざわざ電話で話してくることに違和感を感じつつも対応する。


博文は
“チアキのことどう思う?異性としてどう思う?”
というと、楠木は
“執事としてそのようなことを申し上げる立場にはございません”
ともっともなことを言う。


博文は
“お前たちはお似合いだと思っている”
というと、楠木は
“チアキ様が望まれるなら私の方からお断りする権利はないと思っています”
と執事としての立場をわきまえていた。


博文は
“俺が聞きたいのは、好きか嫌いかタイプかどうか、男らしくハッキリ答えろ”
という。


秀作とチアキは固唾を飲んでいた。


楠木は
“全然タイプではございません”
と正直に答えると博文は気まずそうに
“ごめんな、変なこと聞いちゃって…間違ってもチアキに言うなよ”
といって電話を切る。


気まずい空気が流れていた。


チアキは
“私だって何も思っていない。マツヤだって可哀そう”
と強がるので、博文は早とちりだったと謝る。


チアキは
“私の心配する前に自分はどうなの?”
というチアキに博文は自分は婚活を始めたと自慢する。


チアキは
“婚活くらいで何よその偉そうな顔”
というので博文は
“顔は俺のせいじゃない、遺伝のせいだ”
と二人は言い合いになる。


秀作はチアキと博文の心中がわかっていた。


チアキは先ほどの電話を忘れるかのように話し続けて、博文もそれにこたえ続けていた。





黒トリュフパーティの当日、チアキは早いペースでワインを飲んでいた。


博文は飲みすぎを注意するが、そのくらいでは家で一番の酒飲みのチアキが酔わないのは博文も秀作も知っていた。


尾関と里子がやってくるので秀作はチアキの心配をしつつも出迎える。


チアキは妙にテンションが高く挨拶をする。


チアキは楠木にも自然に接しているように見えた。


チアキは周囲の人たちによっているのをアピールするかのようだった。


秀作も博文もチアキの意図を理解していたが、表向きは飲みすぎの心配をする。


チアキは酔った状態で尾関に絡みだす。


チアキは困っている尾関の頬にキスをする。


秀作は
“酔っぱらったら誰にでもキスする女を演じているのだ”
と理解する。


チアキは楠木が見ているのを確認して尾関にキスしていた。


秀作はそれを見た楠木の“心からの安堵の表情”を確認する。


チアキは楠木のその表情を見て寂しそうにしていた。


尾関はただ茫然とキスをされ続ける。


チアキは他の男性にも絡みだしキスをする。


秀作はチアキは優秀すぎるため昔から損をしてきたと思っていた。


本命の楠木にキスをした時も、理性がブレーキをかけていたのだと理解する。


秀作は
“もしも口にキスできていれば、楠木の気持ちを変えることができていたのかもしれないのに…”
と思う。


秀作は悲しい表情でチアキを見守っていた。


秀作は泣きそうになり窓の外を見ると、博文と里子が親しそうに話しているのを見て驚愕する。


秀作は里子はもともと博文がタイプだと尾関に聞いたのを思い出す。


里子は博文の胸に寄りかかり、博文は里子の頭を撫でていた。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 4話の感想!


チアキの気持ちを想うと切なすぎる…


楠木は執事として模範解答でしたね。


ハッキリと“タイプではない”と断言する潔さもあります。


チアキくらい美人ならキスされた勢いで好きになってしまいそうですが、楠木にとってよほどチアキがタイプとかけ離れていたのかもしれません。


チアキもそれを仕方ないと割り切って、楠木を安心させるために酔ったフリをしておっさんたちにキスしまくっていました。


チアキの度量の広さが伺えて、それが切なかったです。


“女々しい”という言葉からほど遠いチアキからは、人間的な魅力を感じました。


しかしやはり“女性として”は相当従順な男じゃないとチアキに適応できないと思います。


チアキもそれを承知しているようで、議員にその旨をハッキリ言っていました。


だからこそチアキは“従順な男”である執事の楠木を気に入ったのだと思うので、残念な結果でした…


尾関がチアキにキスされて呆けていたので、もしかしたら尾関がチアキに本気になっているかもしれません。


尾関は秀作のたとえ話を嫌がっていましたが、今度は尾関が秀作に絡みだすかもですね。





秀作はチアキの失恋に悲しんでいる場合じゃなかったですね。


ちょっと目を離したすきに、手の早そうな博文と里子がかなり仲良くなってました。


秀作には完全に負け戦に見えますが、どうやって挽回するつもりでしょうか…?


チアキに続いて秀作も失恋してしまうのでしょうか…?


秀作は今まで人のために奔走してきましたが、次は自分のために行動するみたいです。


今まで見せてきた行動力でどんな手にでるのか楽しみです!


今回は違法なことはしなかったので、次回はあるかもしれませんね…


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、
扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪