⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 5話

ドロ刑-警視庁捜査三課- 5話 のあらすじ

13係でいまだに非協力的な皇子山おうじやま(中村倫也)の態度を嘆く鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は、その心中を探るため、斑目まだらめ(中島健人)を使うことに。

同僚を調べることはエリートにしか許されない仕事だとおだてられ、すっかりその気になった斑目が早速バーで煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)に報告していると、ちょうど皇子山がやってくる。

相変わらず煙鴉の身辺を嗅ぎ回る皇子山だが、煙鴉は「色眼鏡で世の中、見てちゃ何も見えないよ」と言い残して…。

泥酔した斑目を残し、煙鴉を尾行していた皇子山は、その途中一軒家で老人が殺されているのを発見する!

翌日。

13係ではどのネタ(=事件)を扱うかを鯨岡に一人一人がプレゼン。

鯨岡の厳しい審査を通過できず皆が頭を抱える中、斑目がプレゼンした空き巣の常習犯“白昼の蝙蝠こうもり”こと東村洋介ひがしむらようすけ(三遊亭好楽)のネタがなぜかあっさりと選ばれる。

さらに鯨岡から現場の汚れ仕事よりも皇子山の事を優先するようにと言われた斑目はますます調子に乗り…。

優秀な刑事だった皇子山が捜査一課から三課に来た理由について様々な噂が飛び交う中、斑目は皇子山に直球で質問を投げる。

ある男を追っていたら突然異動になったと話す皇子山は、煙鴉は人を殺していると言い…。

そんな時、皇子山の携帯に煙鴉から電話がかかり、ある住所を告げられる。

そして、向かった先で発見したのは、なんと、また女性の死体で…。

一方、動きのない東村のアパートを張り込んでいた瑤子ようこ(江口のりこ)と美希みき(石橋杏奈)は高齢の東村を見て空き巣に入れるわけがないと判断。

斑目は張り込み部屋の撤収を命じられる。

意気消沈して部屋を片付ける斑目だが、東村が自宅で怯えながら一心不乱に祈っている姿が気にかかっていた…。

そして、ひょんなことから東村に気に入られアパートに入り浸るようになった斑目は、東村が一人になると祈る理由がどうしてもひっかかっていて…。

斑目と皇子山、二人の刑事が近づくことで事件は意外な展開を見せて行く…。


⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 5話 のネタバレと結末

皇子山は煙鴉について一人、調べていた。





鯨岡は皇子山のことを問題視しており”ドロ刑を色眼鏡で見ている”と言った。


皇子山が捜査一課に戻ることを目論んでいるのではと感じた鯨岡は”いなくなったらクズの集まりになる”と困る様子でいた。


皇子山が何を考えているのか探るために斑目を利用しようとする。





班目は煙鴉と飲みながら皇子山の調査を命じられたことを”エリートは違う”と喜んでいた。





Barに入店してきた皇子山が煙鴉に再度疑いをかける。


”何も見えてない””刑事として致命的だ”と指摘する煙鴉。


煙鴉は”ドロ刑を勉強しなおしたほうがいい”と言い、去っていった。





後を追った皇子山が向かった先で女性の悲鳴が聞こえ、家の中を見ると人が殺されていた。





13係では事件の良いネタがないかと調べることを命じられていた。





次々と鯨岡から却下が出た後、班目の持ち出したネタにOKが出る。


”やっぱすげえ、俺”と言う班目に鯨岡は”他の兵隊にやらせればいい”と皇子山を調べることを優先させ、班目は更に調子に乗る。





殺人を犯したのは煙鴉ではないかと思った皇子山は一人先走っていた。





班目は皇子山が一課から外れた理由について13係の皆に聞いた。


左門は勝手に捜査を進めていたからだという噂を話し、宝塚は脚フェチであることが理由だと言った。





皇子山と共に酒を飲んだ班目は直接理由を尋ねる。


微妙に噛み合わない会話を交わした後、皇子山は煙鴉のことを尋ねる。


”良い人だけど秘密主義”だと言う班目に”人を殺していてもか”と皇子山は問う。


班目は少し真顔になった後、笑って”あの顔は二人や三人殺してますよね”と言った。





来店した男達が斑目に愛想を振りまく。


所轄から捜査本部を立ち上げてくれという理由で接待を受けている、と皇子山はマスターに説明した。


斑目を”どうしようもない馬鹿”だと言った皇子山は煙鴉が斑目と一緒にいることに疑問を持つ。





皇子山に非通知で電話が入り、出ると煙鴉からある住所を言い渡される。





向かった先ではまたしても人が殺されていた。





班目が持ち出したネタの人物である東村を監視した宝塚と小平は東村が足を悪くしていることを知る。





所轄にいいように使われた班目は13係の皆から一斉に叱られた。





しかしふと東村が壁に向かって手を合わせていることに疑問を持つ班目。





13係では皇子山が小平のストッキングを盗んだのではという話題が持ち上がっていた。





皇子山は一課の人間に事件のことを半ば脅しながら聞きだしていた。





東村の家周辺でポイ捨てされたゴミを見つけた班目はゴミ捨て場に捨てに行く。


東村から”偉い”と声をかけられた班目は家に招かれる。





東村に茶を淹れ談笑する班目。


班目が壁を見て”仏壇とかないんですか?”と聞くと東村は”一人暮らしだからそんなものない”と言った。





班目は鯨岡から東村と打ち解けてしまったことについて叱られる。





転勤になったと嘘をついて東村の元を去ろうとする班目はカレンダーが何年も新しいものになっていないことに疑問を持つ。


”買うには高いし無いよりマシかと思って””生きてなくてもいいと言われてるようなもんだ”と東村は言った。





皇子山が家に帰ると侵入したであろう煙鴉が集めた資料を無くし班目の写真を貼っていた。





煙鴉を呼んだ班目は東村のことを相談する。


東村の現状を語った煙鴉は”他に任せろ”と言うが班目は東村が毎日壁に手を合わせていることで気になっていた。


煙鴉は”自分で見て働いた勘を信じろ”と言った。


そして現場や資料を捜査することを勧める。





班目の調査に付き添った皇子山は東村に執着する班目を”気にしすぎだ”と言い立ち去る。





煙鴉に執着する皇子山は足早に歩きながら殺人事件と煙鴉の接点について考えこむ。


皇子山は何かに気づいたようにふと足を止めた。





班目は東村が他のゴミを放って隠すようにゴミを捨てる現場を発見する。





”こんなことする人じゃないのに”と言いながらゴミを整理する班目は東村の捨てたゴミから血の付いた衣服を見つける。





皇子山は煙鴉から事件現場に誘導されていたことを知る。





殺人現場に向かった班目は家の窓ガラスが割られていることに気づく。





東村は殺人の起こった一軒家で盗みを働き被害者の遺体があったであろう場所に手を合わせる。





その後皇子山と、皇子山に呼び出された班目によって捕らえられる。





東村は犯罪現場専門の窃盗をしていたという。


東村は身寄りのいない一人暮らしの家を狙って盗みを働いていた。


そのような条件であれば規制線のテープが貼られたままになり侵入しやすい空き家になる、と。


罪悪感から壁に向けて手を合わせていたのか、と班目は言う。


皇子山は血が付いた衣服も現場に出向いた時に付いたものだろうと推測する。





東村は”捕まって良かった”と言った。


犯行を悔いていた東村は刑務所で死ぬはずだったことを語る。


刑務所から出ても、お金を使ってしまっても生きてしまっていることを嘆く東村は出来ることが盗みしかないと呟く。





東村は”そんなに無邪気に笑ってくれる人は久しぶりだった”と斑目と過ごした時間が楽しかったことを伝える。





班目は手作りのカレンダーを手渡し”また話しましょう、いっぱい”と東村が刑務所から出た後の約束をする。


東村は嬉しそうに班目に笑顔を向けた。





皇子山は殺人事件の捜査が無事進んでいることを班目に告げる。





煙鴉から皇子山に再び非通知で着信が入る。


殺人現場を荒らす東村を快く思っていなかった煙鴉が皇子山や斑目が解決する方向に誘導したであろうことを語る皇子山。


煙鴉は笑った後”これ以上近づいたら今度は殺す”と言って電話を切った。





13係では小平のストッキングを皇子山が盗んだということは濡れ衣であったと判明する。


小平は古くなったストッキングを掃除に使いそのまま捨てただけだと思い出した。





班目は東村とのことを”後味が悪い”と落ち込んでいた。


”色眼鏡に惑わされずよく頑張った”と煙鴉は言った。





皇子山は斑目に対し煙鴉に大切な人を殺されたと告げた。

⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 5話 の感想

少し切ないお話のようにも感じました。


ドロ刑に出てくるメインの泥棒さんは犯罪行為をしていても何故か魅力があるな、と再度思いました。


最後に手作りのカレンダーを渡したところが印象的でした。


絵が何だか温かい雰囲気で素敵でした。


煙鴉さんが皇子山さんに殺すと言った意図はなんだろうと思いました。


殺人を犯した過去があるというのは本当なのか、というのも気になります。


本当に殺人を犯してしまっているのは伝説の大泥棒という立ち位置としては問題な気もしますが…。


煙鴉さん自体、基本的には何だかつかみどころがない雰囲気に魅力を感じるのでできれば最後までそうであって欲しいです。


皇子山さんがシリアスになっているなかでちょくちょく脚フェチのネタが挟まれていて面白かったです。

無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観る方法

 
無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観ることができます!


「ドロ刑-警視庁捜査三課-」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!