ドロ刑-警視庁捜査三課-について、1話から最終回(結末)までのあらすじとネタバレと感想、動画を無料で観る方法を紹介します!
※詳しいネタバレを放送後随時追記していきます

⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

⇒2話  ⇒3話  ⇒4話  ⇒5話

⇒6話  ⇒7話  ⇒8話  ⇒9話

⇒最終話


ドロ刑-警視庁捜査三課- とは?

View this post on Instagram

《刑事と泥棒がタッグを組む⁉️新感覚刑事ドラマ》10月期日テレ系土曜ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の公式インスタグラム、本日よりスタートです🐥✨みなさま、どうぞ温かく見守ってください☺️ #ドロ刑 #ドロケインスタ #日テレ #土ドラ #中島健人 #SexyZone #斑目くん #遠藤憲一 #煙鴉 #タグ多めで行く気ですが #いいですか #楽しいこと大好きなんで #たくさんの人に見てもらえると #どんどんやる気出すタイプです #なにとぞ #まだキャラ不安定 #たくさんのツッコミお待ちしてます

【土曜ドラマ公式】ドロ刑-警視庁捜査三課-さん(@dorokeinsta_ntv)がシェアした投稿 –



放送:2018年10月13日~
制作:日本テレビ
原作:漫画「ドロ刑」
脚本:林宏司
演出:大谷太郎

以下は公式サイトの紹介文です。

新米刑事が泥棒を相棒に難事件に挑む!

子供から大人まで誰もが楽しめる、新感覚刑事ドラマ!

主人公は最も身近な犯罪、窃盗の捜査をする警視庁捜査三課の新米刑事 斑目勉(まだらめつとむ)。

警察組織の論理や現実を前にすっかりやる気を失くしていた。

そんな斑目が出会ったのが、過去の目撃者ゼロ、痕跡ゼロで誰も姿を見たことのない幻の大泥棒・煙鴉(けむりがらす)。

煙鴉は、なぜかことあるごとに斑目にちょっかいを出し、捜査協力までしてくれるようになる。

やる気を失っていた新米刑事が、伝説の大泥棒の豊富な知識と、巧みなアドバイスを受け、時に力を合わせ、時に反目しながら事件を解決し、一癖も二癖もある犯人、先輩刑事たちに揉まれながら刑事として、人間として大きく成長していく。

やがて成長した刑事斑目は、大泥棒煙鴉を捕まえるのか?

斑目に力を貸す煙鴉の真の狙いは、いったい何なのか?


⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 1話

ドロ刑-警視庁捜査三課- 1話 のあらすじ

夜明け前の閑静な住宅街の邸宅に忍び寄る怪しい人影。

厳重なセキュリティーをすり抜け、いとも簡単に金庫を破った男は、優雅に煙草をくゆらせていた…。

翌朝、現場でその華麗な手口を目にした捜査三課の刑事・皇子山隆俊おうじやまたかとし(中村倫也)はある人物の犯行と確信する。

その男こそ、煙草の香りの他はどんな証拠も残さず、誰もその姿を見たことがないという伝説の大泥棒・通称:煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)である。

その頃、非番の若手警察官・斑目勉まだらめつとむ(中島健人)は、電車内で泥棒騒ぎに遭遇。

せっかくのオフを台無しにしたくないと見て見ぬ振りを決め込むものの、すられていたのはなんと自分の財布で…。

「公務員は安定している」という理由で警察官になった斑目はあらゆる課でお荷物扱い。

本人も自分が警察官に向いていないことは自覚しているのだが、その噂を聞きつけた警視庁の鯨岡千里くじらおかちさと(稲森いずみ)からなぜか華の刑事部へ引き抜きの声がかかり…!?

刑事部へ異動したものの、花形の捜査一課ではなく、窃盗事件を専門にする地味な三課の泥棒刑事であることをたまたまバーで隣り合わせた男に愚痴る斑目。

そのダメっぷりに呆れる男だが、帰り際に斑目にかけられた一言に愕然とする。

「煙鴉さん」…と。

翌日、三課の面々は10年に一度の大物空き巣“キツツキのマサ”こと瀬戸正次郎せとまさじろう(高橋克実)の現場を押さえようと捜査を進めていた。

宝塚瑤子たからづかようこ(江口のりこ)と共に張り込む斑目だが、一人になった途端瀬戸に尾行がばれ、上司から大目玉を食らう。

度重なる失敗でうなだれる斑目の前に再び現れた煙鴉は「お前に捕まえさせてやる」と言うと、ある場所に連れて行く。

その先に現れたのは、なんとあの“キツツキのマサ”で…!

勢い余って犯行前に瀬戸を捕まえてしまった斑目。

しかし、警察に勾留できる48時間のうちに自供がなければ瀬戸は釈放されてしまう…。

刻々と迫る制限時間の中、余裕の笑みを浮かべる瀬戸を相手に焦る三課の刑事たち。

斑目は煙鴉の助けを借りるが…。

二転三転する展開に主導権を握っているのは誰なのか!?先の読めない心理戦が繰り広げられる!


⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 1話 のネタバレ

思い出のように子供達がケイドロで遊ぶ様子が映る中、”僕はここだよ”と言いながら男が現れる。





男は手際よく盗みを働き、煙草をふかした。





上半身裸で鏡を見ながら身なりを整える男、斑目は”転職すっかなー”と軽い調子で言った。





盗みの被害に遭った家の女性は鍵も壊れておらず金庫の金も残されていたことから”わけがわからない”と言った。


刑事の皇子山は部屋の中で嗅いだこともない良い香りがしたことや手際の良さから”こんなことができるのは煙鴉しかいない”と言う。


残り香だけを残し素性は誰も知らない伝説の大泥棒だ、と皇子山は語る。





煙鴉は刑事のふりをして堂々と現場をうろついていた。


”簡単だよな。盗みってやつは”とつかみどころがない様子で言い、去っていった。





斑目が電車に乗っている際、スリが現れる。


スリは簡単に盗れる場所に財布を入れている乗客から次々と盗んでいく。


乗客の一人が気づき”泥棒!”と叫び逃げるスリの足を煙鴉が引っ掛け転ばせる。


泥棒に気づいた女性は取り押さえながら警察を呼ぶよう言うと斑目は”俺が警官、かも?”とおどけた調子で言った。





スリは刑事の左門と斑目の態度について呆れた様子で会話をする。





一方斑目は同じく刑事の勝手田にスリに対しての処置について叱られていた。


斑目は気にする様子もなく映画を見に行きたいという理由で釈放を望んだ。





班目の様子を見ていた人物は”公務員で安定しているから”という斑目の志望動機なども含め”馬鹿だ”と何度も言う。





一人の泥棒男は周りの環境や建物の構造の良さを確認し、空き部屋の窓ガラスに小さく綺麗な円形状の穴を手際よく開け侵入し盗みを働く。





煙鴉がBarで酒を飲む中、斑目が入店し隣に座る。


溜息をつく斑目に煙鴉は声を掛ける。


斑目は刑事に抜擢されたこと、場所が所謂”泥棒刑事”であることに愚痴をこぼす。





煙鴉が店を出る際、正体に気づき”煙鴉さん”と名前を呼ぶ斑目に驚く。


斑目は現場に行った際に嗅いだ匂いと同じ匂いがしたことによって気づいたということを軽い調子で言った。





煙鴉は目の前にいるにも関わらず何も動きを見せない斑目に疑問を投げる。


しかし班目は”正義感とかあんまりない”と言う理由で煙鴉に対し特に興味を示さない。





泥棒の手口は人によって特徴があることから泥棒担当の三課はデータを割り出し、瀬戸という人物だと予測した。





瀬戸の住居を特定し張り込みをする宝塚と班目。


共に張り込みをしていた宝塚が出て行き斑目が一人で瀬戸を監視する中瀬戸は外出し、斑目は後を追う。


しかしすぐに気づいた瀬戸に”お前みたいなガキが俺を尾行なんて100年早い”と言われてしまう。





Barに落ち込みながら入店した斑目は煙鴉と同席する。





尾行がバレて任務から外されたという斑目に”捕まえたくないのか”と煙鴉は言い、斑目は捕まえる意思はあるような態度を取る。


煙鴉は斑目に”俺が捕まえさせてやる”と言い、連れ出す。





煙鴉が連れて行った先には瀬戸の姿があった。


斑目は”泥棒!”と大声を出してしまい瀬戸は急いで逃げる。


途中で走り疲れた班目は追うのを止めてしまう。


しかし瀬戸の行く先には煙鴉の姿があり、食い止められる。


瀬戸が家の壁を登り、疲れ落ちた場所には偶然斑目がいた。


斑目は一気にやる気を見せ、瀬戸を逮捕する。





調子に乗る斑目に勝手田は証拠を掴んでいないということで瀬戸の逮捕を怒る。


鯨岡は常習犯を捕まえる時は余罪を何件吐かせるかが勝負だ、と斑目に言う。


ふてぶてしく笑う瀬戸に頭を悩ませる三課一同。





斑目は煙鴉に”どうしてくれるんですか”と愚痴をこぼす。





子供のころから何をしても中途半端なことをいいながら自分を小石に例え”取り柄ってやっぱ顔だけなのかな”と班目は言う。


煙鴉は斑目が小石だと認めていることで”刑事に向いている”と言った。


そして”俺がお前を最強のドロ刑にしてやる”と言った。





斑目に瀬戸の追い詰め方を教えた煙鴉は”泥棒は孤独で家族も友達もいない””だがどこかで自分を理解してもらいたいと思っている”と言った。


プライドだけは高いというところを突け、と言い”お前ならできる”と斑目の背中を押す煙鴉。





三課の皆が諦めかける中、斑目が駆け込み瀬戸の取り調べをすることになる。





反対の意思を見せる勝手田に鯨岡は斑目の経歴などからも”トカゲのしっぽ切りにうってつけ”ということで同意したという。





瀬戸は斑目を見てあざ笑うが班目は余裕のある様子で始める。


綺麗な円形状の穴を開けることができるのは瀬戸だけだと言うが瀬戸は”それだけ?”と笑う。


更に斑目は目撃証言を述べるが本当に顔がよく見えていたかは定かではないということで瀬戸に言い負かされる。


瀬戸は”才能がない”と斑目に言い自分の泥棒の才能を”超一流だ”と誇らしげに言った。





斑目は瀬戸に煙鴉の話題を持ち掛ける。


全ての行いが超一流で警察が喉から手が出る程捕まえたい大泥棒であることを語り、瀬戸を挑発する斑目。





瀬戸と班目のやり取りを聞いていた煙鴉は斑目に合図を送る。





班目は瀬戸を三課が捜査を始める前から既に追っていたようなことを言う。


更に尾行した様子の写真と資料を見せ、瀬戸の動揺を誘う。





黙り込む瀬戸に綺麗な穴の開け方がわからないことを尋ねる班目。


褒め称える班目に瀬戸は勝ち誇った様子で班目の述べた証拠に対し”状況証拠だ”と言い放つ。


瀬戸は”詰めが甘い”と言い班目は別の人間の犯行なのか、と問うと”理屈上はそうなるだろう”とふてぶてしく言う。





斑目は宝塚に合図を送ると煙鴉が逮捕される。


斑目はBarで再開した時からずっと会話を録音していたということを煙鴉に言う。


落ち込んでいたのも”信用させるための演技だ”と斑目は言った。


そして煙鴉を切り捨てるように電話を切ると瀬戸に煙鴉が連行される様子の動画を見せる。





瀬戸の犯行も一部始終を知っていたことで煙鴉がしたことにして穴の開け方も適当に理由づける、と班目は言う。





のらりくらりと言う班目に怒った瀬戸は自分のこだわりの穴の開け方を披露してしまう。


”俺にしかできない俺の技だ”と言いペラペラと自白してしまう瀬戸。





にやりと笑った班目は煙鴉を逮捕したことは演技で瀬戸の自白も映像に撮っていたことを明かす。





”芝居じゃない気がした”と言う煙鴉に皇子山は”一瞬本気になっちゃったかも”と言い意味ありげに煙鴉を見た。





煙鴉は自称犯罪専門ジャーナリストということで協力をしていたという。





無事瀬戸を取り押さえた班目を”良かったな”と言う煙鴉に班目は新しく設立された”オールスターを集めた係”に所属することを伝えた。


握手を交わし斑目は”何で危険を冒して協力してくれたのか”と問うと煙鴉は”お前が俺を見つけた”と言った。





後日斑目が捜査三課13係のドアを開くと個性的な人物が居り、班目は唖然とした。

⇒無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

ドロ刑-警視庁捜査三課- 1話 の感想

テンポも良く、とても楽しく見られました。


1話では班目さんと煙鴉さん中心に感じましたが、三課の人が面白そうな方が多そうだと感じたのでこれから皆さんがどのような活躍をしていくのか楽しみです。


何ともいえない主人公さんだな、と感じたのですが何故かクスッと笑ってしまうことが多くて肩の力を抜いて見ることができました。


最終的に煙鴉さんが逮捕されたところはびっくりして騙されてしまいました。


泥棒というものは犯罪であるにも関わらず今回の瀬戸さん含め、魅力を感じてしまうところも不思議でした。


これからどのような展開になっていくのか、とても楽しみです。

無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観る方法

 
無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ドロ刑-警視庁捜査三課-」の動画を観ることができます!


「ドロ刑-警視庁捜査三課-」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!