⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 9話

黄昏流星群 9話 のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の前から目黒栞(黒木瞳)が姿を消した。

家を引き払い、食堂の仕事も辞め、行方が分からない。

そんななか完治は若葉銀行から復職を打診される。

倉庫の仕事にやりがいを感じ始めていた完治はすぐに答えを出せずにいた。

また、真璃子(中山美穂)も大きな決断をしようとしていた。

完治は真璃子に銀行からの話をする。

そんな完治に、真璃子は家を出て行こうと思うと切り出した。

驚く完治に、真璃子は栞の存在を知っていることを打ち明けた。

栞と一緒にいる完治が、今まで見たことのないぐらい幸せそうな顔をしているのを見て、私も別の生き方を考えてみたくなったと語る真璃子。

完治は何も答えられなかった。

真璃子は水原聡美(八木亜希子)のマンションへ。

だが、聡美から須藤武史(岡田浩暉)と結婚すると告白を受け、真璃子は自分の存在が聡美の邪魔になると気を遣い、家を出る。

とは言うものの行き場所のない真璃子は、街をさまよい自分の無力感を痛感する…そんな真璃子は、ある場所で偶然日野春輝(藤井流星)を見かける。

冴(麻生祐未)の介護で疲れ果てた様子を見かねた真璃子は日野家を訪ね…。


⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 9話 のネタバレ

夜遅く帰宅した完治は、真璃子が家にいないのを不思議に思っていた。


と、そこに真璃子が帰ってきた。


忘れ物を届けに春輝のところへ行っていたら、母の冴が倒れたので一緒に病院に行っていたと真璃子は説明した。


完治は特に不審にも思わなかった。


だがその少し前、車の中で真璃子は春輝にキスされていた。


春輝は続けようとするのを、真璃子は断って帰ってきたのだった。


春輝は真璃子の心が晴れて元気になるまで待つと言って別れた。





翌日、荻野倉庫で働く完治のところへ銀行から電話がかかってきた。


経営企画室長への大抜擢を伝えるものだった。


だが、完治は少し考えてほしいと返事した。


社員食堂に向かってみたが、栞は既に辞めたと告げられてしまう。





夜、完治は真璃子に銀行に戻れるかもしれないという話をした。


真璃子はそれを聞いて安心した、と言う。


これで安心して家を出られる、と。


理由を聞く完治に対し、真璃子は完治の不倫を挙げた。


真璃子は栞の名前も、会社の人だということも知っていた。


残業の時に二人でいるのを見かけたが、その時の完治の顔が満ち足りたものだった、と続ける真璃子。


気付かないふりを続けることもできたけど、他の生き方にもあると真璃子は思ったと言う。


“あなたもどうすればいいか考えてみて”と真璃子に言われ、完治は返事もできなかった。





翌日、真璃子は聡美の家に来ていた。


聡美は大学の先輩の須藤と結婚するかもしれないと話した。


今になって結婚するのは大変だけど、お互いを思いやる気持ちは変わらないと思ったから決めたと言う。


結婚とは好きとか嫌いとかの向こう側にあると思うから、真璃子にも諦めないでほしいと聡美は続けた。





夜、完治が帰宅すると真璃子の姿はなかった。


食事の用意もないのでカップラーメンを食べ、月を見上げた。


栞と見た月を思い出して写真を撮る完治。


栞に写真を送信しても、返信はなかった。





栞は海辺の町に来ていた。


ここで仕事を見つけ、生きていくつもりだった。


栞が病院で糖尿病と告げられた時、糖尿病網膜症も発症していると言われたのだった。


このまま放置すれば、やがて失明する可能性があると医師から説明されていた。





完治は行きつけの居酒屋で、銀行同期の井上と飲んでいた。


完治は銀行に誘われたということも井上に話した。


守口元専務の口調から、銀行には複雑な事情があるらしいと完治は思っていた。


井上は知らないと答えたが、目が泳いでいた。


そして完治は、真璃子が家を出たこと、栞と出会ったこと、娘の美咲が駆け落ちしたことも話した。


井上は完治が変わったと言った。


そして、恋をしている完治をうらやましいとも言った。





真璃子は聡美の家にいたが、須藤が訪ねてくることもあり、居場所がなかった。


あてもなく外を歩いていると、春輝が公園のベンチに座っていた。


ためらいつつ真璃子は声をかけた。


春輝は冴の看病のために仕事を休んでいるという。


このままでは看病で仕事を辞めなければいけない、という春輝に、真璃子は自分に手伝わせてほしいと申し出た。





春輝の家に行ってみると、片付けがされておらず散らかっていた。


疲れた様子の春輝には休むように言って、真璃子は片付けを始めた。


2階にいる冴には気づかれないようにするから、と春輝を説得した。





その頃、テレビニュースでは若葉銀行の不正融資ニュースが取り沙汰されていた。


画面には井上らしき人物も写っていて、完治は井上に連絡を取ろうとする。


しかし、井上は電話に出ることはなかった。





ソファーで眠っていた春輝が目を覚ますと、真璃子はまだそこにいた。


朝になっていて、テーブルの上には朝食が用意されていた。


真璃子は家のことは自分に任せて、春輝は仕事に行くよう促した。


冴には罪滅ぼしだと説明するつもりだと言った。


春輝が家を出た後、真璃子が掃除しているところに冴が起きてきた。


話をしましょう、と冴は真璃子を誘った。


冴の部屋に真璃子が入ると、冴は遺影にする写真を探していたという。


アルバムの中には春輝の小さい頃の写真もあった。


春輝は私の宝物、と冴は言う。


今は春輝のために自分は何もできなくなってしまった、と冴は続けた。


自分のために春輝がだめになってほしくない、だからもしもの時まで真璃子に家のことをやってほしいと言った。





完治は井上に電話し続けていたが、井上が出ることはなかった。


ニュースを見て浮かない顔をしている完治を見て、荻野倉庫の平山課長が声をかけてきた。


銀行から戻ってくるように言われているんでしょう?と平山は聞いた。


完治はそれには答えず、仕事の面白さは肩書きとか給料じゃないとわかったと話した。


だが平山からは完治にしかできない仕事が銀行にはあるんじゃないか、と言われてしまう。





その日春輝が帰宅すると、真璃子と冴が談笑しながら夕食をとっていた。


冴は来月にホスピスに入ると告げた。


春輝は家で看病したいと言ったが、冴は美しくないところを見せたくないから、と断った。





栞は海辺のまちで働き始めていた。


魚市場で体を使う仕事で、変わらずめまいを起こしていた。


そして、栞の視野は確実に狭くなっていた。





完治は結局銀行に戻ることにした。


そして、不正調査委員会のトップに抜擢されることになった。


銀行の面々は不正は井上一人の判断だと結論つけたがったが、完治はすべては調査してみなければわからないと言った。




夕方、春輝が家に帰ってくると真璃子がアイロンがけをしていた。


このまま時間が止まったらいいのに、と春輝はつぶやくように言った。


自分がしたことで人に喜んでもらえるのは嬉しい、少し元気になったという真璃子に、春輝はキスをした。


それを冴は少しさびしそうに見ていた。





完治の聞き取り調査になかなか現れない井上は、非常階段から飛び降りていた。


頭から地を流して倒れる井上を見て、完治は思わず叫んだ。

⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 9話 の感想

このままでは失明すると言われた栞が、完治のために身を引いて姿を消したのだとしたら、悲しすぎると思いました。


誰も頼る人がいない中で失明するかもしれないという恐怖は相当なものでしょう。


真璃子はもうやりがいを見つけているようなので、完治にはもう少し栞のことを考えてあげてほしいと思いました。


完治は今は仕事と井上のことでいっぱいいっぱいかもしれませんが、栞は勇気をもって完治にSOSしてほしいです。


次回が最終回なので、どういう展開になるのか楽しみです。

無料で「黄昏流星群」の動画を観る方法

 
無料で「黄昏流星群」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「黄昏流星群」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「黄昏流星群」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


さらに、1カ月で合計1200ポイント貰えてポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!