⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 2話

黄昏流星群 2話 のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った女性、目黒 栞(黒木 瞳)のことが忘れられずにいた。

そんな時、出向先の荻野倉庫の食堂で働く栞と偶然再会。

完治を見つけた途端に逃げ出す栞を引き止め、「会いたかったです」と思わず口にしてしまう。

既婚者である完治の言動に戸惑いを隠せない栞だったが、スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったから送りたいと言われ、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡した。

一方、真璃子(中山美穂)は完治の浮気疑惑への憤りを抑えきれずにいた。

そんな中、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)と鮮烈な出会いを果たす。

美咲と完治に会う約束で自宅を訪れた春輝に、真璃子は庭の手入れ中に怪我をした指の手当をしてもらったのだ。

娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝に惹かれてしまう自分に呆れる真璃子。

その後、完治は仕事を理由に帰宅せず、春輝はまた出直すと瀧沢家をあとにした。

美咲は仕事のことしか頭にない完治に怒り心頭、瀧沢家の中に溝が生まれ始める。

完治は正式に荻野倉庫への出向内示を受けたものの、真璃子と美咲には言えずにいた。

思いに沈みながら、私物を整理していた完治に栞から電話が入る。

傘のお礼を直接会って話したいと言われ舞い上がる完治。

嬉しそうに電話する完治を、部下の篠田薫(本仮屋ユイカ)が見ていて…。


⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 2話 のネタバレ

荻野倉庫近くの駅で再会した瀧沢完治と目黒栞。


完治は栞をお茶に誘うが、栞から完治が結婚していることを指摘される。


完治はしどろもどろになりながらも、栞が無くした傘の代わりの傘を買ったのでそれを渡したいと説明した。


送るので住所を教えてほしいという完治に対して、栞は少し迷い母が入居する介護施設の住所を伝えた。


完治は代わりに自分の名刺を手渡した。




その頃、完治の妻の真璃子は指の手当てをしてくれた青年が、娘の婚約者の日野春輝だと知る。


春輝の屈託のない笑顔に真璃子は動揺してしまう。


娘が帰宅するまでの間、真璃子と春輝はハーブの話題で盛り上がる。


春輝のハーブに関する博識ぶりに驚く真璃子。


“母が好きなので”と説明する春輝に、真璃子は自分も母として見られているだけなのだと思い知る。





銀行に戻った完治は残務処理をこなしていたが、後任の支店長も来ていて居場所のなさを感じる。


会わせたい人がいるという娘との約束も、すっかり忘れてしまっていた。





完治が戻らないのがわかり、娘の美咲はすっかり立腹していた。


いつも仕事仕事で、美咲との約束を破ってばかりの完治だったのだ。


春輝は”お母さんだけでも会えてよかった”と話す。


帰り際、春輝は熱のこもったまなざしで真璃子を見つめてきた。





翌日、母の介護施設で栞は完治からの傘を受け取った。


男の人からのプレゼントなんて久しぶり、とエーデルワイスの柄の傘を広げて喜ぶ栞。


認知症で娘を認識できなくなっていた母へ対する寂しさも少し薄れるようだった。





その頃、完治は荷物の整理に銀行に来ていた。


篠田は食事を奢りたいと言うが、完治に軽くあしらわれてしまう。


そこへ栞からの電話が入る。


直接会って傘のお礼を言いたいという栞に、完治ははしゃいで返事をする。


その様子を見ていた秘書の篠田薫は嫉妬していた。





夜、美咲から春輝のことは”普通に好き”と聞かされて驚く真璃子。


美咲は好きで好きでしょうがない状態ではないと言う。


逆に完治のことを”許してるの?諦めてるの?”と美咲に聞かれ、真璃子は返事ができなかった。





翌日、友人の水原聡美が真璃子のところに遊びに来た。


そして憧れの先輩、須藤が離婚したと聞かされた。


聡美から真璃子はパティシエとなった須藤の新店レセプションの話を聞く。


聡美が帰った後、真璃子は虚無感を感じていた。


翻訳家として活躍している聡美に対し、美咲が家を出たら自分には何が残るのか。





須藤は完治の友人でもあるので、真璃子は帰宅した完治をレセプションに誘ってみた。


完治は忙しさを理由に断り、真璃子一人でも行ってみたらどうかと言う。


完治は、夜帰ってから話したいことがあると言う。





同じころ、完治は銀行での最後の挨拶を済ませ、去ろうとしていた。


自分がいなくても何も変わらない現実を目の当たりにしていた。





自宅にいた真璃子のもとに、宅配便の荷物が届いた。


銀行から完治の荷物が送られてきたものだったが、重みで段ボール箱の底が抜けてしまう。


中から篠田からのメッセージカードと一緒にネクタイピンが出てきて、真璃子は動揺する。


最優秀店舗のお祝いにと完治がもらってきた、ネクタイのことを思い出していた。


そのネクタイを見て、美咲は”女の人が選んだね”と言っていたのだった。





銀行から去った後、完治は栞と会っていた。


マッターホルンやエーデルワイスの写真を見た後、依然完治が酔いつぶれた居酒屋に入った。


完治は今日銀行を辞め、明日から出向先の荻野倉庫で働くと栞に告げた。


栞はドイツ語を話せるというのと、結婚しているというのは実は嘘だと話し始めた。


両親の介護に明け暮れた30年で、結婚する暇もなかった栞。


母を介護施設に預け始めて一人きりになり、自由な時間はできたが母のことをばかり思ってしまう。


介護に明け暮れた自分の人生って何だったのだろうなどと考えてしまうのも、一人で家にいるからに違いない。


それで、思い切ってスイスマッターホルンに行ったと栞は完治に打ち明けた。


寂しくなった時に時々でいいから誰かにそばに居てほしくなるという栞に、完治は自分がその人になりたいと立候補する。





その夜、真璃子は一人で須藤のレセプションに来ていた。


キラキラとした世界に気後れする真璃子。


帰ろうとしているところに完治が遅れて現れる。


須藤から”銀行の支店長をしているなんてすごい”と言われるものの、完治は左遷の話ができない。


会場隅で完治は真璃子に出向の話をしようとするが、真璃子にネクタイピンのことで問い詰められる。


適当にごまかそうとする完治に、真璃子は怒って大声を出し、今日は家に帰らないと言う。





聡美の家に泊まりに来た真璃子は、聡美から大概の男は浮気していると諭される。


そして真璃子も恋人を作るべきだと勧められる。


聡美は須藤を狙ってみるのだと言う。





翌朝荻野倉庫に出社した完治だが、荻野倉庫の社員から明らかに歓迎されていないのに気づく。


なんとか職員に話しかけようとしてみるが、分かりやすく避けられてしまう。


食堂に行ってみても、栞は母の具合が悪く休みだった。


遅れて会社に現れた栞に、完治は心からほっとした表情を浮かべた。





聡美の家から帰宅した真璃子は、春輝のことを思い出していた。


ふと食卓を見ると、完治がスマートホンを忘れて仕事に行ったことに気が付いた。


中を見てしまおうかとも思う真璃子だったが、思いとどまった。


銀行に届けに行くと、そこで篠田から完治が出向になったことを告げられる。


何も知らされてない真璃子に、篠田は優越感を覚えて微笑む。


真璃子は篠田の首からかかる社員証の名前を見て、カードの差出人と篠田本人が繋がった。


真璃子は世界が崩れていくように感じ、立っているのが精いっぱいだった。

⇒無料で「黄昏流星群」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

黄昏流星群 2話 の感想

ラストの真璃子が呆然とする姿に、平井堅の主題歌「half of me」が静かに流れ始めるのがとても印象的でした。

秋らしい大人向けの曲で流行しそうですね。

完治と栞の今後も気になりますが、真璃子が娘の婚約者の春輝と近づくのか、それとも憧れの先輩の須藤と近づくのか、それも楽しみです。

荻野倉庫の職員として漫才コンビ中川家の礼二が出演しています。

今は出向してきた完治に冷たいですが、この後彼はいい人になるのでは?と期待しています。

無料で「黄昏流星群」の動画を観る方法

 
無料で「黄昏流星群」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はFODなら
無料で「黄昏流星群」の動画を観ることができます!


FODとはフジテレビの動画配信サービスです。


「黄昏流星群」はFODプレミアム対象作品なので見放題です!


さらに、1カ月で合計1200ポイント貰えてポイントが必要な作品も1200ポイント分は実質無料で観ることができます!


初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料お試し期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!