リーガルVについて、1話から最終回(結末)までのあらすじとネタバレと感想、動画を無料で観る方法を紹介します!
※詳しいネタバレを放送後随時追記していきます

⇒無料で「リーガルV」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

⇒2話  ⇒3話  ⇒4話  ⇒5話

⇒6話  ⇒7話  ⇒8話  ⇒9話

⇒最終話


リーガルV とは?



放送:2018年10月11日~
制作:テレビ朝日
原作:なし
脚本:橋本裕志
演出:田村直己,松田秀知

以下は公式サイトの紹介文です。

ゾクゾクするような悪女から、失敗しない天才外科医まで…

日本中をとりこにするヒロインを演じてきた米倉涼子。

彼女が2018年秋、“かつてないグレーなヒロイン像”を打ち出します。

そのヒロインとは…

弁護士資格を剥奪された“元”弁護士・小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)!

とにかく自由奔放で、資格を剥奪された理由も「上司を殴ったらしい」「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」などドス黒い噂がまことしやかに囁かれている“正体不明でスキャンダラスな女”です。

翔子はもっともらしい嘘八百を並べ、“ワケありの弁護士やパラリーガル”を次々とスカウト。

悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、大手弁護士事務所を相手に“勝利を賭けた無謀な戦い”を繰り広げていくことに…!

超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか!?

そして「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」――

そう豪語する翔子の真意、弁護士資格を剥奪された理由とは一体…!?

米倉率いる弱小弁護士集団「京極法律事務所」のメンバーを演じるのは林遣都、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、勝村政信、高橋英樹。

さらに、対立する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」のエリートたちを演じるのは向井理、菜々緒、小日向文世。

米倉を中心に最強キャスト陣が一堂に会し、世に放つ次世代リーガルドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』――

思わずニヤリとする軽快な描写の中に、一筋縄ではいかない人間ドラマをはらむ《正義と涙の法廷劇》がついに開廷します!


⇒無料で「リーガルV」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

リーガルV 1話

リーガルV 1話 のあらすじ

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。

「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。

女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。

青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。

一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。

実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。

ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。

そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する!

恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。

しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が!

大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。

一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)が、若い女性・三島麻央(山谷花純)に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。

見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。

その安田が後日、送検された!しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。

弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。

ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?


⇒無料で「リーガルV」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

リーガルV 1話 のネタバレ

とある葬儀に喪服姿の小鳥遊翔子が現れる。





京極は小鳥遊に何度も電話をするが繋がらず、小鳥遊を探しにFelix&Temma法律事務所に訪れるが小鳥遊は1年前に退社していた。





葬儀ではFelix&Temmaの海崎と白鳥が喪主に挨拶をしていると、その後ろを小鳥遊が立ち去って行った。


海崎は小鳥遊は海外に逃亡しているはずだと言うが、小鳥遊は会場を後しにこの葬儀の関係者の問題をスマホにメモした。





墓地で弁護士の青島が手を合わせていると亡くなった女性のご主人が現れ、男性は青島のせいで妻が死んだと怒りをぶつけ青島のことを追い払った。


そのやり取りを小鳥遊は遠くで見ている。





崖に立つ青島に小鳥遊は久しぶりと近付くが青島は覚えていない。


青島がFelix&Temmaで面接をした時の面接官が小鳥遊だったのだが、強引な小鳥遊の行動で二人は崖っぷちで揉み合い小鳥遊は靴を落としてしまう。


青島は小鳥遊に靴を買わされ、二人は電車で帰路につく。




大学教授の京極は最後の講義を終えこれからは法律事務所の代表となるのだと弁護士の大鷹に話す。


京極の講義に参加していた小鳥遊は京極に弁護士事務所を開設することを促し、京極は小鳥遊に500万円と実印を渡していた。


しかし小鳥遊は弁護士資格を剥奪されており連絡もつかないことから、大鷹は京極が騙されたのではないかと心配していた。





都内へ戻ってきた小鳥遊と青島は小鳥遊の常連の鉄道バーにいた。


小鳥遊は青島を自分の事務所にスカウトするのだが、青島はFelix&Temmaにスカウトされたのだと勘違いをしているようだ。


小鳥遊は青島に翌日事務所に来るように言うと支払いを青島に任せ帰っていった。





朝の通勤ラッシュ、青島が西神田駅で降りると女性が痴漢をされたと騒ぎになっている。


痴漢の犯人だとされている安田は無実を主張するも連行されてしまい、青島は安田に名刺を手渡した。





京極と大鷹は小鳥遊の居場所を突き止めると小鳥遊はちゃんと京極法律事務所を作り上げていた。







青島は安田に示談をするように諭すが安田は無実なのに痴漢を認めるわけにはいかないと納得しなかった。





安田との面会を終えた青島が京極法律事務所に到着すると、小鳥遊は管理人室で呑気に鎧塚平八というテレビドラマを見ていた。


前の事務所を辞めてきていた青島は管理人室に行き小鳥遊に状況の説明を求めるが、皆で正義の事務所を作ろうと小鳥遊に上手く言いくるめられてしまう。


小鳥遊は勝手にパラリーガルの面接をするのだが、伊藤は横領で前科があり馬場はストーカーで前科があった。


大鷹は大声で反対するが結局小鳥遊の強引なやり口で伊藤と馬場はパラリーガルとしての採用が決まった。





Felix&Temmaに君島化学の常務が訪れ、社員である安田のことを上手く揉み消すように金が支払われていた。


Felix&Temmaは小鳥遊の元職場だが、海崎や天馬は小鳥遊と過去に何かあったようだ。





京極法律事務所の初仕事は安田の痴漢冤罪事件を青島が担当することになった。


しかし痴漢冤罪事件は勝機がないと皆の士気は上がらない。


なんとか安田を示談にさせようと青島は駅弁で小鳥遊を釣り、安田の元を訪れた。


小鳥遊と青島はなんとか安田に示談をさせようと説得するも、安田は絶対に無罪だと頑なに首を縦に振らない。


安田は君島化学のバイオテクノロジーの特許出願に関わる仕事をしていたが、特許出願のことが心配で同僚の富樫を面会に呼んだ。


安田の仕事が実は300億円もの利益を産み出すものだと知ると、小鳥遊ら京極法律事務所は一気にやる気になっていく。




安田の元を君島化学の乗務と海崎が訪れ、安田の存在が君島化学に悪影響を及ぼすと言い会社を辞めろと圧力をかけてきた。


海崎はその帰りに安田に面会に来た青島と小鳥遊に出くわすが、小鳥遊と海崎にはただならぬ空気が流れていた。


安田は自暴自棄になり示談で良いと言い出すが、小鳥遊がそれを止める。





京極法律事務所は皆で痴漢の目撃情報を集めたり、被害者の女性について調べだした。


小鳥遊はホストクラブで茅野と飲みながら情報収集をしたり、被害者女性が勤めるキャバクラに面接に行くなど独自の情報収集をしていた。





第一回公判が行われたが、裁判官と検察官はずぶずぶの関係であったため
圧倒的に検察側が有利な状況に青島は手も足も出せずにいた。


公判後、京極法律事務所では今後の戦い方を皆で考えていると小鳥遊はホストクラブに行ってくると言い居なくなってしまった。





向かえた第二回公判、鉄道オタクの小鳥遊ほ鉄道の専門家として法廷に立つことになる。


小鳥遊は鉄道マニアらしく被害者女性が乗った車両の位置の違和感や、安田さんを見たというガラスはポスターで顔を見ることは出来なかったことを立証した。


小鳥遊の発言から被害者女性はみるみる表情か崩れていき、ごめんなさいと泣き崩れた。





安田の無罪が確定し喜びに沸く京極法律事務所だったが、小鳥遊はまだまだ何か企んでいる。




君島化学では安田に代わり富樫が部長に就任していた。

海崎は君島化学に出向き今後の相談を受けていると安田が無罪になったと富樫に電話が入った。


同時に君島化学に、京極法律事務所から安田に対する損害賠償の通知書が届いた。





安田の自宅では痴漢の冤罪事件の首謀者が富樫であることが判明し、安田は仕事も友人も失い家族だけが残った。





安田の一件で君島化学に100億円の損害賠償を請求した京極法律事務所だったが、海崎はこんなものは支払う必要ないと小鳥遊を馬鹿にしていた。


その時、君島化学に京極が現れ君島化学に対する告発会見をすることになったことを通達に訪れた。


法の抜け穴を利用した小鳥遊の戦略で逃げ場を失った君島化学は損害賠償を支払わざるを得ない状況となり、京極法律事務所の初仕事は見事大成功となった。





京極法律事務所ではお祝いが行われていたが、ホストの茅野もパラリーガルとして働くことになっていた。


小鳥遊は行列のできる法律事務所を目指すと意気込み祝杯をあげた。


⇒無料で「リーガルV」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

リーガルV 1話 の感想

米倉涼子さんの主演のドラマらしく、自由奔放な小鳥遊翔子が暴れまわるというストーリーが魅力的でした。


鉄道オタクで元弁護士の小鳥遊がどんなキャラクターなのか最初のうちはあまりよく掴めていませんでしたが、話が進むにつれて掴めていきそうです。


小鳥遊が鉄道オタクであり、ブランド好き、ホストに行くのでどれだけ散財するのかとドラマの役柄なのに突っ込みたくなりまさした。


キャストの方々は申し分なく豪華ですし、1話のゲストにアンジャッシュの児嶋さんを迎えたりと出演する方々は本当に豪華です。


しかし、1話では痴漢被害者のふりをした女の子に対して処罰がないことや安田があまりにも不憫だとモヤモヤが残る感じがしました。


弁護士モノですので、もっとズバッと悪者をやっつけてくれる感じでないとイマイチスッキリさに欠けるのではないかと感じます。


無料で「リーガルV」の動画を観る方法

 
無料で「リーガルV」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「リーガルV」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「リーガルV」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※リーガルVは、2019年3月31日までの配信です。
※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。