anone(アノネ) 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 4話のあらすじ

西海(川瀬陽太)にニセ札を掴ませ、亜乃音(田中裕子)の一千万円を持ち逃げしたるい子(小林聡美)は自宅アパートへと戻る。

そこでるい子は謎の女子高生と生活していて…。

一方、西海のニセ札を偶然手に入れた理市(瑛太)は再び林田印刷所を訪ね、最近印刷機を使った形跡があることを密かに確かめる。

妻子と質素な暮らしを送る理市には何かを企んでいるようなのだが…。

そして事件以来、亜乃音の元に身を寄せるハリカ(広瀬すず)は、亜乃音に大金を失わせてしまったことを申し訳なく思いつつ、先進医療を受けるお金の無い彦星(清水尋也)の体調も心配していた。

カレーショップ跡でハリカに遭遇し、るい子がお金を奪ったことを知った舵(阿部サダヲ)は、るい子の息子の電話番号を頼りにハリカと共にるい子の家へ。

しかし、たどり着いたタワーマンションでるい子の姑・百合恵(高林由紀子)から、るい子は「おかしなこと」を言うようになり半年前に出て行ったと知らされる。

さらに二人は、るい子の息子・樹(武藤潤)と百合恵の歪な依存関係を目にするのだが…。

るい子の過去に秘められた理不尽で悲しい現実が明らかになろうとしていた。

そしてその頃、娘の玲(江口のりこ)に再会した亜乃音は夜時間が無いかと聞かれて…。





⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 4話のネタバレ!


青羽は一千万を自宅の台所の壺の中に隠していた。


中身をぶちまけて金の上に寝そべって喜んでいると、誰かが訪れる。


見知らぬ男で隣の部屋と勘違いしているようだった。


青羽は強引に追い返して金を壺にしまう。


青羽には娘の幽霊が見えていた。


幽霊なのか青羽の妄想なのかは疑問だった。


娘はこの世に生まれてこない子だった。


高校の時にバンドをしていた。


青羽にその気はなかったが、ある日突然バンドを組んでいた男にベッドに押し倒される。


その時、青羽はずっとピックを握りしめており、今でも跡に残っている。


その時に娘を妊娠していた。


娘は生まれる前に亡くなる。


看護師が生まれるハズだったこは女の子だと青羽に告げる。


その時から青羽には娘が見えるようになる。


青羽は娘に“アオバ”と名付ける。


青羽の母は死んだ子に名前を付けてはいけないと注意するが、すでに遅かった。


青羽は社会人になり一生懸命働くが、出世はしなかった。


ようやく出世したかと思うと、誰もいない書類管理の部門だった。


青羽は退職して結婚する。


青羽は妊娠して男の子を生む。


アオバは
“ようやく私の役目は終わった、よかったね”
と母に別れを告げて消えたハズだった。


しかし、今またアオバは青羽の元に現れる。


アオバは
“母の願いはいつも大抵叶わない…”
と思っていた。





理市はアノネの印刷所を訪れる。


要件は適当に“忘れ物をした”ということにして、偽札の印刷機を見に来ていた。


印刷機が無事であることを確認すると帰っていく。


理市はユキという妻と娘がいる部屋に帰る。


夕べは突然夜勤がはいったと理市は帰れなかった理由を説明する。


ユキは理市の忙しさを心配していた。


理市は
“またココに帰るんだ…”
と意味ありげにつぶやく。





ハリカがアノネに助けてもらってから三週間が経過していた。


西海は死亡しており、ハリカは
“自分なら助けられたんじゃ…”
と悔いていた。


ハリカはアノネの金を取り戻すように主張するが、アノネは金はどうでもいい様子だった。


ハリカは
“じゃあ私が取り返したら貰ってもいい?”
と聞くがアノネの金を貰うことにもためらいがある様子だった。


アノネは金に興味なさそうに
“あなたお金好きね”
というと、ハリカは
“お金は自由が買えるから”
という。


ハリカは彦星とのチャトを続けていた。


彦星はハリカの寿さんの話を楽しみにしていた。


ハリカはいつも通り寿さんの話をしてあげる。


くだらない話だが、彦星は喜んでいた。






ハリカが街を歩いていると持本と遭遇する。


持本はとぼけようとするがバレバレだった。


持本は店に呼んで話をすることになる。


機材を撤去してしまっているためお茶が出せないので、持本は缶ジュースをハリカに振舞う。


持本は先日の誘拐事件は
“被疑者死亡で書類送検されたからご迷惑かけることはない”
というと、ハリカは
“ありがとう、持本さん助けてくれた…”
という。


持本は西海を庇う発言をする。


持本も西海も同じ道を歩いていて、たまたま西海が穴に落下したのだと持本は説明をする。


どちらが落ちても不思議ではなかったと持本はいう。


ハリカは不意に
“スマホで「猫 流し目」で検索してみてください”
というので、持本はやってみる。


沢山の猫の流し目画像をみて、持本は思わず失笑する。





持本はハリカの話を聞いて、青羽が一千万を持ち逃げした犯人だと推測する。


持本は青羽に電話をする。


青羽は居留守を使っていた。


持本は電話に出なかったことで青羽が一千万を持ち逃げしたと確信する。


持本は警察に行こうとするが、ハリカはアノネが嫌がるので制止する。


持本は会話中に突然崩れ落ちてしまう。


ハリカは心配して駆け寄ると、持本は倒れたところで先日の青羽がメモった息子の電話番号を発見する。





ハリカと持本は電話番号から住所を聞き出しそこに向かう。


高級マンションで、二人は入り口の音声ガイダンスにてこずって何とか入ることができる。


行った先には青羽の義母がいて二人を快く迎える。


“青羽の小学校の同窓会の誘い”
という名目だった。


義母は感じのいいひとに見えた。


義母は二人に
“るい子さん、今どこにいるかご存知ですか?”
と尋ねる。


青羽は急におかしくなり出ていったのだという。


青羽は幽霊が見えると言い出したのだという。


青羽の息子が帰ってくると、義母は言いなりで世話を焼いていた。


持本は義母に
“青羽さんのお友達っていますか?”
と聞くと、義母は
“その名前違います”
という。


持本とハリカが帰ろうとすると、青羽がちょうどやってくる。


二人は青羽の家に行って金の話をすることになる。


青羽のアパートの部屋に入る直前、3人と朝に青羽の部屋に押しかけてきた男とすれ違う。


男は1千万が入りそうなサイズの小さいバッグを持っていた。


青羽の部屋の前には、ピッキングで使ったような棒が落ちていた。


青羽は二人を部屋に迎え入れる。


ハリカは金よりも幽霊に興味津々だった。


青羽は
“今見えてる、持本さんの目の前”
という。


青羽は
“鼻みたいな感じ、普段見えないけど、一回見えちゃうとやたらと視界に入ってくる”
というと、二人は幽霊がどんなものか想像できた様子だった。


青羽は幽霊について説明すると、ハリカは真剣に聞いていたが、持本は失笑する。


青羽は持本の言いたいことを察して
“私の心の病気?義理の母も言っていた”
というが、青羽には体温も感じるのだという。


青羽の娘の幽霊は青羽を今まで支えていた。


青羽は息子が生まれてから、あの高級マンションで住むことになる。


義母は子育てに過干渉してきていた。


息子は次第に青羽よりも義母の言うことを聞くようになる。


夫は何も言わなかった。


息子はわがままな一人っ子として育っていき、次第に手が付けられなくなっていく。


息子が中学生くらいになると、青羽はストレスで体調を崩して倒れてしまう。


青羽が倒れたのを目の当たりにした息子も義母も、青羽を病院に連れていかずに放置していた。


青羽が病院のベッドで目を覚ますと、娘が目の前にいた。


娘のアオバは
“お母さん久しぶり、覚えてる?”
と優しく声をかける。


アオバは
“私が生まれていたらお母さんの人生は変わっていた、コレでよかった”
というと、青羽はアオバが生きていた場合の人生を想像して涙を流す。


青羽は家に戻り、息子に自分と一緒に家を出るように頼み込む。


息子は興味なさそうにスマホを弄りながら聞いていた。


息子は真に受けずに
“専業主婦がどうやって?無理でしょ?”
と現実的な指摘をする。


青羽は息子に
“お金を稼いで迎えに来る”
と宣言する。





青羽は持本とハリカに山分けを提案しながら
“お金が必要、無いと証明できない…”
と何とか金を貰えるように説得する。


持本は部屋の中を探し出す。


持本が台所に向かうと青羽は急に慌てだす。


持本が青羽を抑えている間に、ハリカが壺を開ける。


ハリカが
“ありません”
というと、青羽は狼狽する。


青羽は
“盗まれちゃった!?”
と言って部屋の外に出て探しに行こうとするが、階段から落ちてしまう。


持本とハリカは青羽に駆け寄る。





アノネは仕事の帰り道いガソリンスタンドの前を通る。


遠くから娘のレイを見ようとすると、レイの息子のハルトが何かを探していた。


アノネは
“何か落としたの?”
というと、ハルトは
“おじいちゃんが一億円くれたけど落とした”
というので一緒に探してあげる。


ハルトはアノネととりとめのない会話をしながら探していた。


アノネがオレンジの袋を発見して中を見るとおもちゃの一億円が入っていた。


ハルトはアノネにお礼を言って、アノネはハルトを送っていく。


家の近くに行くとレイが気づき、ハルトを呼ぶ。


レイはハルトに
“どうしたの?”
と聞くと、ハルトは
“一緒に探してくれた”
と一億円を見せる。


ハルトは嬉しそうに部屋に入っていく。


二人になってレイはアノネに
“後で時間ありますか?”
と二人で話をする約束をする。


レイは決してアノネに目を合わせようとしなかった。






ハリカ、持本、青羽たちは部屋に戻りいったん落ち着く。


青羽は持本に
“死に場所を探していたのではなく、半分向こう側にいる…”
と話し出す。


青羽は
“生きてる子供に愛されないから、死んだ子供に愛されようとしている”
と自虐する。


青羽は金を盗まれてしまったことを謝罪して、あのマンションに帰るという。


金は何とかして返すと約束する。


ハリカは青羽のケガをした手にばんそうこうを貼ってあげる。


ハリカは娘の幽霊について尋ねると、青羽は
“また消えてくれると思う”
という。


ハリカは
“生きていても死んでいても、好きな方と一緒にいればいいのに…”
と呟く。


持本は何か言おうとするが青羽は
“アナタには関係ない”
と取り合わない。


持本は引き下がらなかった。


持本はハリカに席を外してもらい
“行かないでください、アナタのことが好きなんです。帰ってほしくないし、行ってほしくないんです。まことに身勝手な話ですが…”
というのを聞いた青羽は
“まことに身勝手だね…”
という。





青羽がマンションに帰ると、夫と義母は出迎えるが離婚届けを差し出す。


青羽は
“最後に息子と一緒に晩御飯を作らせて下さい”
と懇願する。


息子は面倒くさがるが、仕方なく付き合う。


一緒にハンバーグを作っている間に、二人は楽しそうになっていた。


豪華な夕食が出来上がる。


しかし、夫と義母は外で食べると外出していた。


青羽は息子と食べようとするが、息子は
“食べる約束はしていない。サインして置いといて”
といって自室に戻っていく。


青羽は一人で夕食を食べる。


向かい側の席には娘のアオバが座っていた。


食事を終えると、青羽は指輪を置いて離婚届けにサインをする。


青羽はアオバに
“やっぱりそっちには行けないかな…アオバのことは好きだけど…”
というと、アオバは残念そうに
“そっか、いいけどさ大丈夫”
と心配する。


アオバはもうしばらく幽霊として青羽を見守るとほほ笑む。


アオバは手のひらを差し出すので、青羽はゆっくり手を合わせる。


アオバは
“ごめんね、お母さん。私いい子?”
と泣きそうな表情で尋ねる。


青羽は
“いい子だよ、お母さんアオバ大好き”
という。






青羽はハリカと持本の元へ行き
“これから警察に行き自首します”
というが、持本とハリカはアノネに謝りに行こうと提案する。


青羽は二人の提案に従うことにする。


ハリカは幽霊にまだ興味を持っていたが、青羽は
“冗談ですよ、そういったら許してもらえるかなって思って…”
とおどけて見せる。





アノネはレイと喫茶店で会っていた。


外は大雨が降っていた。


レイは他人行儀だった。


息子のハルトは家で見てくれている人がいるという。


アノネはお土産を渡したがるが、レイは拒否する。


レイは
“見つかるかなと思ってたけど、子供を利用するとは…”
と静かに怒っていた。


アノネは
“つい…”
というが、レイは憤慨する。


レイはアノネのすべてを嫌悪しているようだった。


アノネは
“一人で育ててるんでしょ、もしよかったら私も時間あるから…”
というと、レイは
“私再婚する。春には結婚する約束している”
と遮る。


レイは
“約束してくれるかな?二度と私たちに近寄らないって。他人なんだから当たり前なんだけど”
といって帰ろうとする。


アノネは
“おめでとうございます”
と結婚に対して祝いの言葉を述べて、傘を差し出す。


アノネは
“お母さんが風邪をひいたら子供に移しちゃう”
というので、レイはお礼も言わずに乱暴に受け取り帰っていく。





レイがアパートの部屋に帰ると、傘は部屋の外に置く。


レイを出迎えたのは、ハルトを抱っこした理市だった。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



anone(アノネ) 4話の感想!


青羽の人生が悲惨すぎますね…


“青羽の願いは大抵叶わない”らしいですが、若いころは野球選手やバンドマンなどそもそも叶いにくい夢を見ているようでした。


若いころの悲惨さは青羽にも責任があると思いますが、人生経験の浅い若者だから仕方ないでしょう…


年を取ってからは青羽はとにかく運が悪かったみたいですね。


会社で飛ばされたり、結婚相手ガチャで大ハズレを引いてしまったようでした。


夫は一見大当たりに見えるようですね。


高級マンションに住んでおり、家にはたくさんの賞状が飾られていることからエリートなのが伺えます。


しかし、一見いい人に見える義母が諸悪の根源だったようです。


子育てに過干渉な義母と、子育てに興味の無い夫という最悪コンボでした。


息子も子育てをちゃんとしようとする青羽より、甘やかす義母の味方のようです。


あの一家は前世で青羽に何かうらみでもあるのでしょうか?というくらい、青羽を目の敵にしているようでした。


もしくは
“こんなエリート夫がお前みたいなさえない女と結婚してやったんだぞ”
と見下しているということでしょうか?


おそらくはあの息子も夫も友人はいないタイプでしょうね…


夕飯を一緒に作ってからの
“食べる約束はしていない”
の威力はすさまじかったです。


あんなコトをされても青羽は息子に未練があるのでしょうか…?


それともさすがにあそこまでされたら吹っ切れるのでしょうか…?


ものすごく痛々しくて辛い回でした。






しかし、ラストシーンがそれ以上の衝撃でしたね!


理市がまさかの二重生活の下衆不倫をしています。


しかも、レイと再婚の約束までしているようでした。


理市は弁当屋のバイトです。


二重生活で二つの家系を支えるような稼ぎがあるとは思えません。


だからこそ、偽札の製造機を気にしていたということでしょうね…


今回で理市のクズ度が跳ね上がりました。


理市の下衆不倫を知ったら、アノネはどう思うのか楽しみです。


アノネはレイに
“二度とかかわらないで”
と釘を刺されたばかりです。


しかし、夫の元部下の理市にレイが不倫をされていると知ったら黙っていないと思います。


理市の不倫発覚で、ややこしさに拍車がかかったのでこれからの展開も楽しみです!


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「anone(アノネ)」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はU-NEXTなら
無料で「anone(アノネ)」の動画を観ることができます!

今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「anone(アノネ)」を無料で観れます。

ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!

31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒U-NEXTで無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。