デイアフターZ についてネタバレ(シーズン1)、感想やキャストについて紹介します!


動画を無料で観る方法も紹介するので、是非とも試してみてください。

⇒無料で「デイアフターZ」の動画を観るならコチラ♪
※「ウォーキング・デッド」も見放題です

⇒2話  ⇒3話  ⇒4話  ⇒5話

⇒6話  ⇒7話  ⇒8話  ⇒9話

⇒10話  ⇒11話  ⇒最終話

⇒シーズン2のネタバレはコチラ

⇒「ウォーキングデッド」のネタバレはコチラ♪


デイアフターZ とは?




日本公開:2018/10/5
ジャンル:ホラー
国籍  :ロシア

以下は公式サイトの紹介文です。

「デイ・アフターZ」はロシアで製作・放送されると、たちまち若者を中心に話題となり、シーズン3までの製作が異例の最速スピードで決定した。

その後アメリカでも配信され、ロシア版「ウォーキング・デッド」として大注目されるようになる。

“美女だけがゾンビになる”という斬新な設定で新機軸を打ち出し、熱狂的なファンを生み出した。

手に汗握るバトルアクションと胸を打つ人間ドラマが生む、圧倒的サバイバルをぜひ体験してみてほしい。


物語のプロローグは?

意識を失った見ず知らずの11人の若者が目覚めたのは、場所もわからないビルの地下室。

11人誰一人として拉致された記憶が無く、電波も遮断され、冷たい鋼鉄の開かずの扉に閉じ込められてしまった。

部屋には数台の監視カメラが設置され、冷蔵庫の中には数週間分の食料と水が。

「なぜ自分たちはこの場所にいるのか?」。

状況が把握できないまま、11人はこの部屋からの脱出を試みるのだが……。

外の世界では、痛みのない世界を作り、完璧な人類を誕生させるためエクスタシー社が新薬を開発していた。

しかし、研究過程で生み出された禁断のウイルスを不慮の事故で流出させてしまう。

人々は次々と倒れ、死の恐怖が街中に蔓延。

隔離政策が始まる。

しかし、感染した美女だけが漆黒の瞳を持つゾンビとして蘇り、街を徘徊しはじめた。

俊敏で戦闘能力も高い“美女”ゾンビを食い止める手はあるのか。

そして、閉じ込められた11人の若者たちは密室から脱出し、生き延びることはできるのか。


ゾンビの特徴は?

https://video.foxjapan.com/tv/dayafterz/s1/index.html#diagramより引用

人物相関は?

https://video.foxjapan.com/tv/dayafterz/s1/index.html#diagramより引用

キャストは?


主要登場人物と、対応する声優を紹介します。

イリーナ

役者:ガリーナ・ズヴャギンツェヴァ
声優:山根 舞

ナージャ

役者:エヴゲーニヤ・ローザノヴァ
声優:村松 凪

ミーチャ

役者:ドミトリー・エンダリツェフ
声優:岡井カツノリ

ヴァレーラ

役者:セルゲイ・ゴージン
声優:佐藤美一


⇒無料で「デイアフターZ」の動画を観るならコチラ♪
※「ウォーキング・デッド」も見放題です


デイアフターZ(シーズン1) 1話 監禁された11人

https://video.foxjapan.com/tv/dayafterz/s1/episode/index.htmlより引用

1話 のあらすじ

意識を失った見ず知らずの11人の若者たちが目覚めたのは、場所もわからないビルの地下室。

電波も遮断され、冷たい鋼鉄の開かずの扉に閉じ込められていました。

11人誰一人として拉致された記憶がありません。

部屋には数台の監視カメラが設置され、冷蔵庫の中には数週間分の食料と水が入っていました。

「なぜ自分たちはこの場所にいるのか?」状況が把握できないままの11人はこの部屋からの脱出を試みますが…。

一方、外の世界では、「痛みのない世界へようこそ」と謳い、完璧な人類を誕生させるために新薬を開発していたエクスタシー社が、研究過程で生み出された禁断のウイルスを不慮の事故で流出させてしまい、死の恐怖が街中に蔓延し始めていました。

人々は次々と倒れ、政府と軍隊による隔離政策が始まります。

しかし、感染した美女だけが漆黒の瞳を持つゾンビとして蘇り、街を徘徊しはじめたのです。

俊敏で戦闘能力も高い“美女”ゾンビを食い止める手はあるのか?

そして、閉じ込められた11人の若者たちは密室から脱出し、生き延びることはできるのか?


⇒無料で「デイアフターZ」の動画を観るならコチラ♪
※「ウォーキング・デッド」も見放題です

1話 のネタバレ


イリーナは目を覚ますと奇妙な病室のような場所にいた。


記憶が曖昧で、昨晩クラブにいたのは覚えている。


周りには似たような状況の人が何人かいた。


他の人たちも次々と目を覚ます。


みんな困惑しており、出口はあるが固く閉ざされていた。


スマホの電波は通じなかった。


外の世界に異常は無かったが、彼らにそれを知るすべはない。


外にいるラドムスキーという男性は、イリーナに連絡を取ろうとしているが、イリーナは閉じ込められて連絡がつかなくて焦っている。


閉じ込められた場所は電気はつくようで、病院の廃墟のようだった。


どのようにその場所に来たかは誰も覚えていない。


悲鳴が聞こえるので見に行くと、女性が錯乱状態だった。


マリーナという女性は泣き叫んでいたが、ミーチャは強引に黙らせる。


マリーナは静かになったが、気分が悪くなったようでトイレに吐きに行く。


イリーナはミーチャを見て昨晩のことを思い出す。


イリーナとミーチャは昨晩、クラブで意気投合していた。





スタースはスマホで動画をとりながら、何か動くものを発見して後ずさる。


マリーナはそれに気づかずに、苦しそうに吐いていた。


マリーナはトイレの奥に行き、悲鳴を上げる。


サーシャとナターシャはマリーナの様子を見に行く。


マリーナはジェーニャという怯えている男性と話していた。


ジェーニャは
“みんな死んでる、隣の部屋はみんな死体だった”
と怯えていた。


ジェーニャは何か知っていそうな口ぶりだったが、興奮状態のため話にならなかった。


ミーチャとパーシャは部屋を調べていると、ヴァレーラという男性が目を覚まして困惑していた。


ヴァレーラに簡潔に状況を説明する。


サーシャは機械関連を調べていた。


ジェーニャは苦しそうに咳き込んでいる。


イリーナは看護師のため心配していた。





ヴァレーラは仕切りだして、情報をみんなから集めようとする。


しかし、みんなほぼ何も覚えていない。


ジェーニャはそこは強制収容所だという。


イリーナは
“殺すために誘拐はしない”
と何か意味があるのだと予想する。


アイジャンたちは出入り口に向けて大声で叫ぶが、意味は無い様子だった。


ジェーニャは
“奴らが喜ぶだけ”
といって、天井にある監視カメラを指さす。


監視カメラは真新しく、機能している様子だった。


誰かが監視しているのは明らかだった。






ナージャは監視カメラに向けて金の交渉をしだす。


ナージャには彼女のために金を払う男が10人いるのだという。


ミーチャはみんなの話を総合すると、急にいなくなっても誰も心配しない人が集められているようだった。





ヴァレーラは強引に出入り口を突破しようとするが、頑丈で無駄だった。


茶々を入れるミーチャとヴァレーラは険悪になるので、イリーナは仲裁に入る。


マリーナは寝室らしき部屋を調べていた。


戸棚から奇妙な人形を発見してアイジャンに見せる。


壊れたおもちゃや空白のカルテのようなものもあった。


ジェーニャがやってきて奇妙なことを言い出すので、マリーナはジェーニャを追い出す。


サーシャとナターシャは機器を調べているが、ジェーニャは不安をあおるようなことを言う。





ラドムスキーは防護服を着こみ、厳重に管理された薬を運ぶ仕事に取り掛かっていた。





スタースは悪ふざけをして女性たちをからかっていた。


能天気なスタースに女性たちは嫌悪の表情を向ける。


イリーナとサーシャは手掛かりを探していろいろ調べていた。


医者たちが何かしらの実験をしているような写真が沢山あった。


写真はその場所のようで、写真によるとまだ発見できていない部屋があるようだった。




パーシャは冷凍室を探し出し、中には食料が沢山あった。


ジェーニャは毒が入っている可能性を示唆する。


パーシャは食べようとするが手を止める。


ミーチャの提案で、さりげなく他の人に食べさせてみることを提案する。


パーシャは食べ物をみんなのいる場所に運ぶ。


サーシャはラジオを起動させることに成功するが、音楽が流れるだけだった。


受信機のため、外に発信はできないのだという。


ヴァレーラは水を飲んでいると、パーシャたちは注目する。


ヴァレーラは食べものを口にするが、異変は無かった。


それを見てパーシャやミーチャたちも食べだす。


ジェーニャは面白そうに不安をあおるようなことを言うが、苦しそうに咳き込んでいた。


サーシャとイリーナは隠れていた部屋を発見する。


サーシャは隠れていた部屋を開けるためのボタンを発見して押してみると扉があく。


中は手術室のような部屋だった。


手術台には血がついており、外科手術用ののこぎりがあった。


人形もおかれており、スタースはふざけて足を切ろうとするがマリーナは怒って阻止する。


マリーナは再度気分が悪くなり、トイレに駆け込み吐きに行く。


ジェーニャは脳みそのホルマリン漬けを発見するが、イリーナによると人のものではないのだという。


サーシャとイリーナは手術室を入念に調べる。


ジェーニャはその場所に見覚えがあるというが、二人は受け流していた。


スタースは悪ふざけでジェーニャに粉を吹き付けて手術室に閉じ込める。


ジェーニャが扉の向こうで苦しそうにしているが、スタースは感染しているから隔離するとふざけている。


悪ふざけかと思ったが、扉の向こうでジェーニャはひどく咳き込んでいた。


扉を開けると、ジェーニャは吐血しながら苦しそうに出てくる。


何かしらの感染症が懸念されて、みんなで監視カメラに向けて出すように懇願する。





ラドムスキーは車の中で、体調不良を起こしたフリをする。


そのせいで事故になり、運んでいた薬品が割れてしまう。


薬品は排水溝に落ちていき、通気口を通って地下鉄の通気口から拡散される。


薬品の効果はすぐに出た様子で、電車を待っている人はその場に倒れこむ。


⇒無料で「デイアフターZ」の動画を観るならコチラ♪
※「ウォーキング・デッド」も見放題です

1話 の感想


11人が集められたのはほぼ間違いなく“新薬の実験”だと思います。


冒頭のナレーションでも、“エクスタシー社が人類を新たなステージに導く薬を開発した”みたいなことを言っていました。


防護服を着た人たちが慎重に扱っていたウイルスらしきものが新薬っぽいです。


アレをあの隔離された場所にぶちまけて経過を観察する予定だったと思うのですが、移動中に事故に遭い市街地にぶちまけてしまっていました。





登場人物の役割がハッキリしていますね。

・DQN
・キチガイ
・分析役
・驚き役
・何か知ってそうな人
に分類されています。


何か知ってそうなジェーニャが真っ先に感染してしまいました。


この辺は海外ドラマのセオリーですね。


真実を知って居そうな人はもったいぶった挙句、結局何も言わずに死亡するのはよくあることです。


閉じ込められたメンバーで一番最初にゾンビかするのは、最初から体調が悪そうにしているマリーナかもしれません。


ウイルスは人によって潜伏期間はまちまちなのかもです。


ジェーニャやラストの子連れの母親はかなり早く発症していました。


もしかしたらマリーナはウイルスに対する抗体を持っていて、そのため潜伏期間が長いのかもしれません。


マリーナが救世主になる伏線なのかもです。





キャラ的に真っ先にゾンビ化しそうなのはナージャですね。


ホラー映画のお約束で、性にだらしないキャラは真っ先に犠牲になります。


また、序盤で好感度を下げておいたキャラを犠牲にするのもセオリーです。


1話ではゾンビは出てきませんでしたが、次回以降でゾンビがどんな存在なのか観るのが楽しみです!


無料で「デイアフターZ」の動画を観る方法

 
無料で「デイアフターZ」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「デイアフターZ」の動画を観ることができます!


「デイアフターZ」だけでなく「ウォーキング・デッド」も扱っており、すべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!