海月姫 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 3話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられなかった。

しかし、蔵之介は本気。

月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、早速ドレスのデザインをスケッチする。

すると月海は全然違うと、自分が描いたハナガサクラゲのデッサンを見せた。

蔵之介は思わず、こんなドレスがあったら欲しいと言う。

そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、風呂が空いたと月海を呼びに来た。

男の格好だった蔵之介は姿を消す。

蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋に来た。

修は月海と会いたいがどうすれば良いかわからないでいた。

月海と付き合わせると言った約束がまだ有効かと蔵之介に問う修。

すると蔵之介は修に月海に声をかけると請け負う。

『天水館』に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げた。

月海は行きたくないと即答。

修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。

蔵之介は直接修に聞いてみれば良いと言うが、月海には無理。

さらに男性とデートなどしたら『天水館』にいられなくなると続ける月海に、蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。

月海と修は無事に落ち合うがギクシャクしたデートが続く。

そんな中、メガネをかけた月海を見た修は『天水館』で気色悪いと言ってしまった女性だと気づく。

一方、蔵之介は“尼~ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。

気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで儲けた金で『天水館』を救おうと言いだす。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 3話のネタバレ!


蔵之介の“クラゲのドレスを作る”という案を月海は真に受けていなかった。


しかし、蔵之介がドレスのスケッチを始めると、月海は
“全然違います”
とクラゲの特徴をまくしたてて自分が以前描いたスケッチを見せつける。


蔵之介はそれを見て
“こんなドレスがあれば買う”
と呟く。


バンバさんが風呂が空いたのを伝えに来ると、蔵之介は慌てて隠れて月海もごまかそうとする。





蔵之介は家に帰ってからもドレスについて考えていた。


蔵之介は月海のスケッチブックをかりてイメージを膨らませていた。


蔵之介の元に修がやってきて、月海について尋ねる。


修は蔵之介に月海とのデートのセッティングを依頼する。


修は以前の蔵之介の
“俺が月海とくっつけてやる”
という約束を指摘して頼み込むと、蔵之介は快諾する。





慶一郎は花森に、眼鏡を届けに来た稲荷について聞いてみる。


花森は修をかばいとぼけようとするが、慶一郎は
“レクサスのホイール買ってやってもいい”
というと、花森は淡々と話し出す。


花森は修の朝帰りを告げて、その際に眼鏡を忘れたのだと予想する。


慶一郎はその女のことを詳しく調べるように依頼するが、花森は修を裏切るようなことはできないという。


慶一郎は
“新しいレクサス買ってやる”
というと、花森はすぐに知り合いの探偵に電話して稲荷の調査を依頼する。


慶一郎は花森の扱い方を誰よりも心得ている様子だった。





蔵之介は月海に修とのデートを告げると、月海は“ムリ”と狼狽する。


月海は修に彼女(稲荷)がいることを指摘するが、蔵之介は
“そんなわけない、自分で確認しろ”
という。


月海がまだためらっているので、蔵之介はイヤなら自分で連絡するようにという。


蔵之介は抵抗する月海を強引にメイクアップしてデートの準備をさせる。


月海はおしゃれな姿をして待ち合わせ場所に行く。


蔵之介の指示で眼鏡はつけていなかった。


眼鏡をつけるとハッキリ見えてしまい、緊張してしまうためだった。


月海は緊張しすぎて30分前からいた。


修がやってきてお互いあいさつを交わす。


月海は緊張しすぎてぎこちなかった。





蔵之介はそのころ天水館でクラゲのドレスの企画を説明していた。


蔵之介はドレスを売って天水館を買い取りたいという。


他の住民たちは真に受けていないが、蔵之介は
“とりあえず作ってみることにした”
と告げる。





修は月海に休日の過ごし方について尋ねる。


月海は天水館にこもっているので、返答に困っていた。


修は
“きっとおしゃれな店に行ってるんですよね?”
というと、月海は蔵之介のアドバイスを思い出し
“そうですね”
と答える。


蔵之介は
“魔法の言葉”
といっていたため、月海は連発する。


しかし、修の
“お昼は食べましたか?”
などにも月海は
“そうですね”
と即答して会話がおかしくなる。


修は
“このあとお店を予約しているのですが、事前にお伝えしたほうがよかったですか?”
という問いにも、月海は
“そうですね”
と答える。


修は落ち込みながら
“自分の段取り悪いですよね…”
と呟くと、月海は
“そうですね”
と即答するので、修は落ち込んでしまう。


落ち込んでいる修をみて月海は慌てて
“違うんです、今のは困ったときの魔法の言葉で…まだお昼は食べてません”
と弁解する。


修は気を取り直して昼食に誘う。


お昼は上品なレストランだった。


月海は一口食べると
“美味しい”
とほほ笑むので、修は
“やっと笑ってくれましたね”
とほほ笑む。


修は蔵之介から月海がクラゲが好きということを聞いて、クラゲについて尋ねる。


月海はクラゲの話に夢中になり、テーブルから食器を落としてしまう。


月海は眼鏡をかけて床に落ちた食器を拾おうとすると、修は危険だと指摘して止めようとする。


その際に修は月海の手に触れて、眼鏡をかけている顔を見る。


修は以前に天水館に行ったときに、倒れている修に手を差し伸べてくれたた気持ちの悪い女を思い出す。


修はその女と目の前の月海が同一人物だと気づき、気まずそうな表情をして
“ごめんなさい、僕、今まで大変失礼なことを…”
といって謝る。


レストランから出ると、修と月海は無言だった。


修は天水館の前まで月海を送っていく。


修は別れ際に
“すみませんでした”
というと、月海も
“こちらこそ、すみませんでした”
という。


月海が落ち込んでいると、天水館の中からチエコの悲鳴が聞こえてくる。


月海が中に入ると、蔵之介がミシンでクラゲのドレスを作っていた。


蔵之介の作り方が下手なためチエコが注意していたのだった。


バンバさんがアフロで蔵之介を突き飛ばすと、蔵之介は気絶する。





慶一郎は花森から稲荷の調査結果を聞く。


慶一郎は、稲荷はディベロッパーの最高責任者だと認識して
“ややこしい”
というが、花森は
“彼女を利用して計画を破綻にできる可能性もある”
と指摘する。


慶一郎は
“なるほど、修もそれを狙ってたのかもしれない”
と修に感心する。





開発の反対派の意見が多くなってきていた。


稲荷はそのことを知るが、焦ってはいなかった。


稲荷は修を利用することに手ごたえを感じていた。


稲荷は部下の佐々木に自分と修の半裸のツーショット写真を見せつける。


佐々木は
“ほんとうに食っちゃったんだ…”
とドン引きするが、稲荷は
“食ってないわよこんな芋男”
と何もなかったが、修にはあったように思わせていることを告げる。





天水館では蔵之介が素材を買ってドレス作成の準備をしていた。


バンバさんとマヤヤが邪魔しに来るので、蔵之介は5000円を渡して追い払う。


蔵之介は邪魔者を追い払うと、女装を解いて布の上に横たわり
“月海、切れ。早く、誰か来たら男だってバレるぞ”
というので、月海は躊躇いながらも指示に従う。


“ハナガサクラゲ”をイメージしながら月海は切り始める。


蔵之介が修とのデートを聞くと、月海は慌ててハサミを放ってしまう。


蔵之介の顔のすぐ近くに突き刺さるため、蔵之介は青ざめる。


月海はデート中に修の様子がおかしくなったという。





修が家にいると、稲荷がやってくる。


母は稲荷を家に入れようとするが、修は慌てて外に連れていき
“どういうことですか?”
という。


稲荷はまとわりつくため、修はかわして明日ハッキリと話があると告げる。





花森は稲荷を調査した杉本という男と会っていた。


花森は杉本の仕事の速さに感謝していた。


杉本は
“サービス”
といって月海と修の写真を見せる。


花森は月海のことも調べるように依頼する。





蔵之介と月海はドレスを縫うのはチエコに依頼する。


チエコは素早く仮縫いをしてとりあえず履いてみるように指示する。


蔵之介が履いてみると、ただの短いスカートだった。


月海は
“全然ハナガサクラゲを表現できていない”
とまくしたててハサミを持ち一心不乱に蔵之介が履いているスカートへ加工を始める。


蔵之介は長時間立ちっぱなしで疲れたが、月海は聞く耳を持たずに作業に没頭していた。


月海ができたというと、蔵之介はスカートを見てみる。


可愛く仕上がっていたので、蔵之介は満足した様子でその日は帰る。


翌日
作業を続けるため、蔵之介は電話で天水館に呼ぶことにする。


蔵之介の家を作業場にしたほうが楽だったが、月海は修がいるので行くのを嫌がる。


蔵之介はジジ様に慶一郎が自分の父であることを打ち明ける。


ジジ様は慶一郎とその先祖たちの写真を見れるということに食いつく。


ジジ様はチエコと協力して月海を強引に蔵之介の家に連れていく。


チエコは
“政治家の娘だったの?”
と圧倒されていた。


チエコは蔵之介の部屋に入ると
“なんて素敵なお部屋”
と感心する。


ジジ様は写真を見たがっていたが、蔵之介は作業が終わったらという。


月海は観念した様子だったので、拘束を解かれる。


月海は蔵之介の部屋にある真珠のネックレスをみてインスピレーションを受けた様子だった。


月海は真珠のネックレスをマネキンから取り上げて引きちぎる。


月海の暴挙にみんな驚くが、月海はやる気満々だった。


月海の指示でチエコとジジ様も作業を手伝う。


蔵之介は居眠りをしていた。


3人はドレスを仕上げていく。


月海が完成を告げると、みんなで拍手して喜ぶ。


目を覚ました蔵之介は完成したドレスを見て
“可愛いじゃね~か”
と絶賛する。


チエコは真珠を
“イミテーションとして輝いている”
というと、蔵之介は
“ソレ本物、たぶんウン百万”
と告げるとみんな驚く。


月海は自分の暴挙を思い出し謝罪するが、蔵之介は
“いいよ、こんな可愛いドレスになるならあの人もきっと喜ぶ”
といって、試着することにする。


チエコとジジ様は写真のあるリビングに行ってもらう。


ジジ様は歴代の鯉淵たちの写真を見れて満足そうにしている。


すると、慶一郎が帰ってきて二人に挨拶する。


ジジ様は本物の慶一郎に遭遇して感激していた。


慶一郎は
“息子のお友達だね”
というと、チエコは“息子”という言葉にひっかかる。


慶一郎は二人にお茶を出してあげる。





修は稲荷と会って、
“好意を寄せている女性がいる、あなたと今後会うことはできない”
とハッキリと告げる。


稲荷は引き下がるフリをして
“乙女心のことならなんでも聞いてください”
と会う関係は続けようとする。


杉本はその写真を撮影してすぐに花森に転送する。


花森は確認の電話を杉本に入れるが、間違って修に電話をしてしまう。


修は電話に出ると、花森は
“杉本ちゃん?今、修さんが一緒にいるのって開発のお姉ちゃんだよね?例の修さんがデートしてた女性についてはやめに報告してくれる?”
というと、修は
“花森さん、僕は修です”
と告げる。


修は稲荷と一緒に花森の車に乗り込み事情を聴く。


花森は
“のっぴきならない事情(慶一郎にレクサスを買ってもらう)があって、慶一郎さまに朝帰りのことを話してしまいました”
と打ち明けると、修は
“花森さんて昔からそういうとこありますよね”
と呆れる。


稲荷は慶一郎に自分のことが知られているのをチャンスだと思い
“私からも慶一郎さんにちゃんと説明する”
とほくそ笑む。






ジジ様は慶一郎に入れてもらったお茶の銘柄を言い当てると、慶一郎は感心する。


慶一郎は
“蔵之介にも話が分かるお友達がいたとは…”
と嬉しそうだった。


チエコは“蔵之介”について尋ねると、慶一郎は
“我が家の長男”
といって、背後にある家族写真を指差す。


チエコとジジ様はそれを見て驚愕する。






蔵之介はドレスを着てみせると、月海は
“まるでクラゲのお姫様や~”
と感激する。


次は“オキクラゲ”のドレスを作ることになる。


蔵之介は月海を天水館に送る。


チエコとジジ様は先に帰ってしまっていた。


二人が歩いていると、花森の車がやってきて二人を発見して止まる。


修が降りてきて月海に駆け寄る。


月海は緊張して顔を伏せてしまう。


稲荷が出てきて
“修さんとホテルのバーでお酒飲んでた”
というと、月海は反応する。


修は稲荷に
“先ほど話した女性がこの方です”
というと、稲荷は月海をけん制しだす。


稲荷は
“佐々木”
というと、佐々木が自転車でやってきて写真を稲荷に手渡す。


稲荷はその写真を月海に見せる。


写真は寝ている修と稲荷が写った写真だった。


月海は驚いて写真を落としてしまう。


修はそれを拾って見ると驚いた表情をする。


稲荷は
“修さんはアナタのことずっと気持ちの悪いオタクだと思っていたんだって~”
というと、蔵之介は
“月海、信じるな。修がそんなこというわけない”
とフォローする。


しかし、月海は修の言葉を思い出して、稲荷の言葉が嘘ではないと気づいていた。


稲荷は
“化粧と髪型に騙されて、誘ったのがアンタだって気づかなかったんだって~”
と嘲る。


月海は修のほうを見ると、修は何も言わずに目をそらしてしまう。


月海は走って帰っていくので、蔵之介は慌ててヒールを脱いで追いかける。


月海は心の中で
“お母さん、知りたくないことを知ったらどうしたら頭の中から記憶を消せますか…”
と嘆いていた。


途中で転んでしまい蔵之介が心配して駆け寄るが、月海は一人で帰っていく。





修は稲荷に
“僕はあなたと心まで結んだつもりはない”
というと、稲荷は真面目すぎる修に失笑する。


稲荷は
“私が嫌だったら、最初からいちいち相手にしなければいい。アナタみたいな男は私みたいな女に振り回されたいと思っている”
と指摘する。


修は抜け殻のような状態で一人で歩いて帰っていく。


佐々木はその姿を見て
“アレ、童貞ですね…”
と呟くと、稲荷は
“マジ?”
と引いていた。





月海は目白先生に
“嫌なことを忘れて眠りたいときにはどうすればいいでしょうか?”
とアドバイスを求める。


帰ってきた返事は
“酒”
だった。


月海はありったけの小銭を持って屋台に行き酒を飲む。





蔵之介は家に帰り修に
“月海のこと気持ち悪いって言ったの嘘だよな?”
と尋ねると、修は
“そんなこというわけない”
という。


蔵之介はすぐに月海に説明に行くように指摘するが、修は
“自分が好きになったのは、きれいに着飾った月海さんなのかわからなくなっている…”
と自身の気持ちに困惑している様子だった。


蔵之介は呆れながら
“好きでもないならなんであの時抱きしめたんだ?”
という。


修はその時のことを
“どうしてだろう”
と自問自答して思い出していた。


蔵之介は
“もういい、これ以上、月海を傷つけるな”
といって出ていく。


修は杉本が撮影した月海の写真を見ながら、アノ時の自分の気持ちに気づく。





月海は酒に酔って眠りに落ちていた。


よってつぶれていた月海を天水館に送り届けたのは蔵之介だった。


翌朝
月海は自室のベッドで目を覚ます。


バンバさんとマヤヤが
“緊急事態”
と月海の部屋にやってくる。


二人は
“まさか、あのおしゃれ女子が男だったとは…”
というので、月海は蔵之介が男だとバレたのに気づく。


月海がそれを知って隠していることはバレていない様子だった。


天水館の住民は修と蔵之介が兄弟だということも判明していた。


天水館の住民の見解は
“開発を進めるため、政治家の息子の蔵之介が女のフリをしてスパイ活動をしていた”
というモノのようだった。


月海はそれが真実ではないのを知っているが、説明はできなかった。


天水館は鯉淵家とのかかわりを断絶する決定を下した様子だった。


修が訪れる声が聞こえたので、バンバさんとマヤヤは追い返そうと玄関に走っていく。


修はバンバさんとマヤヤからの攻撃を受けつつも月海に呼びかける。


修は月海に
“アナタのことを水族館で抱きしめるまで、女性に触れたことがありませんでした。それはアナタが可愛かったというだけではないんです。アナタのことを守りたいと思ったからです”
という。


月海は自室で泣きながら修の言葉を聞いていた。





ジジ様とチエコは蔵之介を喫茶店に呼び出していた。


チエコは神妙な面持ちで
“アナタ、男ですね”
と指摘する。


蔵之介はトボけようとするが、チエコは
“見た目の話をしているのではありません”
と憤慨していた。


チエコは蔵之介を天水館出禁にする。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 3話の感想!


慶一郎の花森の扱いが上手すぎる…


花森のレクサス愛を慶一郎はうまく利用していますね。


あまりにもアッサリと修を裏切る花森に失笑しました。


しかもしれを修には
“のっぴきならない事情”
と大げさに説明していました。


慶一郎の花森との契約は
“給料プラスレクサス買ってやる(レクサスの所有権は花森)”
という内容なのかもしれません。


車の所有権の無いただの雇われ運転手なら、あそこまでレクサスを大事にしないと思います。


そういう契約内容なら花森の仕事に対するモチベーションも上がり、いい契約形態かもしれませんね。






修が“気持ち悪い女”と月海を一致させたシーンは気まずさ全開でよかったです。


そのことに戸惑いつつも、ラストで月海に大声で言葉を届けるシーンは男らしく潔くてかっこいいと思いました。


修のまじめすぎる点は稲荷に利用されていましたが、それが魅力でもあるようです。


稲荷と何もなかったことを、良心の呵責に苦しんだ佐々木あたりがちゃんと修に伝えるかもしれません。


そうすれば月海との誤解が解けて修といい雰囲気になれそうでしたが、蔵之介が男バレしてしまいました…





天水館は鯉淵家との断絶を決定してしまいます。


月海が蔵之介が男だと知っていて隠していたことはバレていない様子(バレているけれど黙認?)なので月海が天水館から追い出されることは無さそうです。


この状況をなんとかするのは蔵之介しかいないと思います。


どんなふうに天水館との関係を修復するのか、その手腕に大注目ですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で3話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪