トドメの接吻(キス) 4話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 4話のあらすじ

並樹家の養子である尊氏たかうじ(新田真剣佑)は、血の繋がりに関係なく本当の家族だと思っていた父・尊たかし(山田明郷)が、会社の跡継ぎを妹の美尊みこと(新木優子)に決めていることに長年複雑な思いを抱いていた。

一方、そんな尊氏に、叔父で社長秘書の郡次ぐんじ(小市慢太郎)は、養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、会社の後継者となるようプレッシャーをかける。

副社長の椅子を狙う郡次が尊氏の前にちらつかせるビデオテープには12年前の沈没事故のある秘密が残されているのだが…。

並樹家の金と権力を手に入れるために宰子さいこ(門脇麦)のキスによるタイムリープを利用したい旺太郎おうたろう(山﨑賢人)は、自分が望む時にキスすればその度に願いを一つ叶えるという“キスの契約”を結ぼうと持ちかけるが、旺太郎のクズぶりを嫌う宰子に逃げられてしまう。

尊氏が美尊にプロポーズし婚約話が進もうとする中、旺太郎が宰子にキスされるために考えたのは自分の命をかけたとんでもない作戦だった!

無事に尊氏がプロポーズする前の過去に戻った旺太郎は、尊氏に先手を打ち美尊にプロポーズをする。

さらに、尊氏が美尊に近づこうとするチャンスを潰しながら、少しずつ美尊の心に取り入っていき…。

そんな中、美尊は旺太郎が落としたある結婚式の招待状を拾う。

それは旺太郎の幼なじみの結婚式のもの。

幼少期にいい思い出が無いので出席したくないと白状する旺太郎に、美尊は自分も一緒に行ってあげるので出席したほうがいいと提案する。

そして結婚式の日、旺太郎の幼なじみの新婦から、旺太郎が不幸な境遇の中で一人生きてきた苦労人だと聞いた美尊は、ただのチャラいホストだと思っていた旺太郎の孤独な一面を知り、強く惹かれるのだが…。

その頃、宰子は育ての親である祖母が介護施設で亡くなったという連絡を受ける。

美尊との関係が軌道に乗り浮かれる旺太郎の前に現れた宰子は、路上で突然キスを奪う!!倒れる二人に周囲が驚く中、その様子を見ていた春海はるみ(菅田将暉)だけはなぜか冷静で…。

想定外のタイムリープに宰子を責めつつも、祖母の死を受け入れられない宰子の力になる旺太郎。

この機に乗じて宰子の信頼を得ようと軌道修正しようとするものの、一方でなぜか並樹家のことは前回のようにうまくは進まず…。





⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 4話のネタバレ!


尊氏は子供のころからミコトのことが好きだった。


しかし、父の尊に陰ながら支えると約束させられたため、その気持ちを抑えていた。






サイコは旺太郎に契約を迫られるが、サイコは拒否して帰ろうとする。


旺太郎は慌てて
“お前のキスは神の力だ”
と説得するが、サイコは帰ってしまう。


サイコを追おうとする旺太郎に、ミコトの友人から電話がくる。





父の病室の前でミコトと尊氏は二人で話していた。


ミコトはこのタイミングでの結婚の申し込みに困惑しているという。


旺太郎がやってきて
“お兄さんにプロポーズされてんだって?”
と話題を振る。


旺太郎はミコトに
“お兄さんとキスできんの?ヤれんの?だって気持ち悪くない?”
というと、ミコトは怒って旺太郎をたたいて行ってしまう。


旺太郎は尊氏にプロポーズの理由についてカマをかける。


旺太郎は会社を継ぐことを指摘するが、尊氏は適当にはぐらかして去っていく。


旺太郎は焦っていなかった。


旺太郎は
“神の力で挽回していやる”
とほくそ笑む。






乗馬クラグでも尊氏とミコトの話は噂になっていた。


ヒロユキと布袋がモメていた。


ナオが仲裁に行き
“ヒロユキじゃ尊氏さんに歯が立たないもんね”
とヒロユキの心中を察する発言をすると、ヒロユキは
“ハッキリ言うなよ”
と狼狽する。


旺太郎がやってくるとナオは喜んで迎える。


布袋は旺太郎に
“ミコトをあきらめてナオに乗り換えたのか?”
と聞くと、旺太郎はナオに失礼だといいつつも否定しなかった。


旺太郎は布袋からミコトと尊氏の結婚の話が進んでいることを伝えられる。


“ホストの力じゃ無理”
と指摘されるが、旺太郎は
“ホストの力じゃなくて神の力だよ”
と思って余裕だった。


旺太郎はナオに乗馬を教えてもらう。





旺太郎は7日前に戻る計算をして、尊氏がミコトにプロポーズする少し前の時間を狙っていた。


旺太郎は架空の会社にデリバリーサービスを依頼してサイコを呼び出す。


サイコが食べ物を届けに行くと、ビルの屋上にテーブルが置いてあるだけだった。


旺太郎が出てくるとサイコは
“しつこい”
と呟く。


旺太郎は幸せになるべきだと主張するが、サイコは自分は幸せになってはいけないという。


旺太郎はサイコに興味を持たずに
“だったら俺を幸せにしてくれよ”
という。


自分のことしか考えていない旺太郎にサイコは呆れていた。


旺太郎はそれを認めつつも、幸せを追求することを主張する。


そして、サイコの能力が自分には必要だという。


旺太郎はビルのフェンスを乗り越える。


旺太郎は
“死ぬ前にキスしてくれ、俺はお前を信じてる”
といってビルから飛び降りる。


サイコは慌てて下に降りると、旺太郎は大量に血を流して瀕死状態だった。


サイコは
“狂ってる…”
と呟く。





旺太郎が気づくと、ミコトを和馬から救った直前だった。


しかし、ビルから飛び降りた衝撃を思い出して膝をつく。


ミコトの母と尊氏は旺太郎に感謝を述べる。


旺太郎はミコトの家族がいる前でミコトに
“僕と結婚してください”
とプロポーズする。


ミコトは
“付き合ってもないでしょ”
と狼狽する。


旺太郎はすぐにという話ではないがと付け加える。


旺太郎の狙いは尊氏より先にプロポーズすることで尊氏をけん制することだった。


旺太郎はミコトとの仲を順調に縮めていく。


乗馬クラブでも二人は仲よさそうにしていた。





ミコトの父の容体が急変した日がやってくる。


新井は前回と同じように尊氏にミコトへのプロポーズをするように指示する。


前回とは違い、車の中ではプロポーズはしなかった。


尊氏はタイミングを窺っていたが、父の病室の外にいるミコトを旺太郎が慰めていた。


旺太郎は尊氏に
“ここはいいですから…”
といって尊氏をミコトから引き離そうとする。


旺太郎は結婚式の招待状を偶然を装いミコトの前に落とす。


旺太郎が隠そうとするので、ミコトは見たがる。


旺太郎の友人が旺太郎を招待したもので
“旺太郎”
という名前をミコトは知る。


旺太郎は
“子供のころはいい思い出がない、それに一人で行っても…”
というので、ミコトは
“一緒に行ってあげようか”
と申し出る。





二人は一緒に結婚式に行く。


ミコトは花嫁から旺太郎の過去の話を聞く。


花嫁が言うには、旺太郎は小さいころに強盗に襲われて両親を亡くしているのだという。


花嫁は
“彼のことよろしくお願いします”
とミコトに頼み込む。


ミコトは花嫁に聞いた話をすると、旺太郎は気分を害したフリをする。


旺太郎は事件以来、親戚の家で厄介者扱いされたのだという。


旺太郎は
“なんで水商売なんかやってると思う?一日も早くあそこから逃げ出したかった…自分の力で生きていくしかなかった…どこまで行っても一人だった…”
と寂しそうに帰ろうとすると、背後からミコトが旺太郎を抱きしめる。


ミコトは
“もっと教えて、旺太郎のこと”
というので旺太郎は計画通りに行ってほくそ笑む。


ミコトに尊氏から電話が来るので、ミコトは出る。


会話の内容から、その日はミコトが父の病院に行くのが伺えた。


旺太郎は
“今から病院に行くの?”
と聞くと、ミコトは
“ご飯行こう”
といって、旺太郎の手を取って引っ張っていく。






サイコは慌てて病院の一室に行く。


ベッドの上には段ボールが1箱置いてあるだけで、サイコは膝から崩れ落ちる。





旺太郎は先日の花嫁と一緒にホテルにいた。


旺太郎はお礼を言って金を払う。


すべてはミコトをだますための仕込みだった。


旺太郎にミコトから電話があり、父の容体が急変したが尊氏がそばにいて大丈夫だったという。


旺太郎は
“よかった。お父さんが良くなったら紹介してね”
といって電話を切る。


隣にいる花嫁は
“クズだよね”
と呆れる。





サイコはカレンダーを眺めていた。


旺太郎は花束を持って歩いていると春海と遭遇する。


二人は雑談を交わしていると、サイコが現われて旺太郎にキスをする。


二人とも死亡して、ホームレスたちが心配して集まってくる。


春海は
“戻ったか…”
と呟く。


旺太郎が気が付くと、ミコトに背後から抱きしめられた場面だった。


尊氏から電話が来るので、旺太郎ばミコトに病院に行くように勧める。


ミコトは食事に行きたがるが、旺太郎は
“急用思い出した、お父さんが良くなったらあわせてね”
といってサイコに会いに行く。


ミコトは残念そうにしていた。





ミコトは家に帰ると尊氏と雑談を交わす。


ミコトが
“旺太郎”
と呼んでいるので、尊氏は
“アイツは財産目当てだ”
と指摘する。


ミコトは反発して
“今までお兄ちゃんに守られてきた、初めて守りたいと思った”
という。






旺太郎はサイコに会いに行き、強引にキスしたことを追求する。


しかし、サイコが泣いているので理由を尋ねる。


サイコの祖母が亡くなったのだという。


旺太郎はせっかく時間を戻したのだから会いに行くように指摘する。


サイコは
“会っても会わなくても死ぬ”
というので、旺太郎は
“最後を看取るのが怖いのか?俺に言わせれば贅沢だ…会えないほうがよっぽどつらい”
といって弟のことを思い出していた。


旺太郎は
“何もしないなら時間を戻すな、キスの無駄遣いだ…”
というので、サイコは意を決して祖母に会いに行くことにする。





旺太郎はサイコに付き添う。


サイコの祖母は苦しそうにしていたが、サイコの顔を見ると笑顔を見せて喜ぶ。


旺太郎は外のベンチで待っていた。


サイコがやってきて
“まだいたんだ”
と悪態をつく。


旺太郎はサイコのためではなく自分のためだという。


また間に合わなかったら、サイコはまた勝手にキスをするだろと旺太郎は指摘する。


前回だと既に祖母は死亡している時間だが、まだ生きているのだという。


旺太郎は
“サイコに会えたから?タイムリープしたおかげだよ”
とキスの能力を称える。


旺太郎は
“サイコには幸せになる資格がある”
というと、サイコは昔遭った事故の話をする。


昔サイコを助けた男の子たちがいたが、彼らは死んでしまったのだという。


サイコは
“一人だけ助かったからバチがあたった”
というと、旺太郎は
“自分も似たようなことがあった、でも俺は弟の分まで幸せになると決めた”
と前向きだった。


旺太郎はサイコに
“俺たちは幸せになれるんだ。キスしてほしくなったら言えよ”
といって帰っていく。


サイコは祖母の病室に行くと、祖母は旺太郎のことを尋ねる。


サイコは
“知り合い…”
とだけ答えると、祖母は
“サイコ、幸せになってね”
とサイコの手を握る。


サイコは静かにうなずいて祖母を抱きしめる。


旺太郎はその様子を廊下から見て
“契約成立”
とほくそ笑む。





ミコトの父が目を覚まし、尊氏が傍にいることに気づく。


父は
“私が死んだらミコトを支えてやってくれ”
と12年前の約束を再度確認する。


尊氏は
“12年前の約束ですよね…覚えています…”
とその約束に至るまでのことを思い出す。


尊氏はその日まで家族愛を感じており幸せだった。


しかし、船の事故の日に父と母がモメているのを見ていた。


父は尊氏ではなくミコトとその伴侶を後継者にするという。


父は
“ミコトが生まれるとわかっていたら尊氏を引き取ったりはしなかった”
と言っていた。


尊氏は絶望して一人で管制室に行き泣いていた。


腹いせに持っていたトロフィーを投げつけると、その拍子で船をコントロールする大事な部分が壊れて事故の原因となる。


事故では並樹家は全員無事だった。


尊氏の行動は設置されていた監視カメラに写っていた。


父は尊氏を呼び出し
“このことは黙っている代わりに、一生不自由のない生活をさせてやる。陰からミコトを支えると約束しなさい”
と約束させていた。


尊氏は病床の父に新井から
“ミコトと結婚しろ”
と脅されていることを告げると、父は
“バカなことを…”
と言って苦しみだす。


尊氏は新井から脅されてよかったと父に告げる。


尊氏が
“籍を抜いてミコトと結婚するつもりです。陰で支える人生なんてウンザリだ。これからは好きにさせてもらう”
というと、父の容体は急変してアラームが鳴る。


父はナースコールを押そうとするが、息絶えてしまう。


尊氏は父を見殺しにする。


しばらくして、ミコトたちが訪れるので尊氏は
“僕が来た時にはもう息を引き取ってました”
と嘘をつく。


尊氏は悲しむミコトを慰めながら
“養子を解消する。ミコトの幸せを考えてそれば一番だと思った。結婚してくれ”
とプロポーズする。


ミコトは狼狽していると、尊氏は自分だけがミコトを支えることができると淡々と説明する。


ミコトが躊躇っているので尊氏は
“堂嶋旺太郎に騙されるな。アイツの父親は12年前船を沈めた船長の息子だ”
と旺太郎の正体を暴露する。


並樹グループの株主たちにも、旺太郎がミコトにプロポーズしたことが発表される。


株主たちは
“尊氏君なら大歓迎”
と尊氏が後継者になることに賛成してた。


尊氏は
“もう後戻りできない…”
とほくそ笑む。






旺太郎は何も知らずに病院を訪れると、ミコトの父が死んだと聞いて呆然とする。


旺太郎はミコトの父の死は尊氏の仕業だと確信して怒りに震えていた。





サイコは祖母を看取ってから荷物を引き取って家に帰るところだった。


段ボールの底が抜けてしまい、荷物をぶちまけてしまう。


慌てて拾っていると、“光大”とかかれた旺太郎の弟の靴があった。


春海が
“手伝おうか?”
と話しかけてくる。


サイコは断って荷物を拾っていると、春海は
“前にもココで会ったことある?”
と質問する。


春海はタイムリープ前の記憶を引き継いでいる様子だった。


⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



トドメの接吻(キス) 4話の感想!


旺太郎の言ったことは本当だった!?


旺太郎は尊氏のことを
“見た目真っ白だけど腹の中は真っ黒”
とサイコに言っていました。


単なる悪口ではなく、本当のことだったと判明しましたね。


旺太郎もクズですが、旺太郎は自分がホストクラブで接待した対価として女性から金を貰っています。


旺太郎はクズというより下衆という表現のほうが適切かもしれません。


旺太郎に金を貢いでいる女は自業自得と言えます。


旺太郎はミカを脅していましたが、アレは結果としてミカのためにもなっており必要以上に執拗にミカを脅していませんでした。


それに対して尊氏は、たくさんの人が亡くなったと思われる海難事故の真犯人でした。


故意ではないとはいえ、自分の罪によって旺太郎の父の船長が罪をかぶったことは認識していたはずです。


尊氏の軽率な行動はたくさんの人の人生を狂わせました。


それにもかかわらず、潔白なフリをして裕福な暮らしをしています。


純粋な子供なら、良心の呵責に耐えきれずに引きこもりになっていても不思議ではありません。


さらに、尊氏はミコトの父を見殺しにしていました。


こうやってみると、尊氏はサイコパスの特徴をいくつか持っていますね。


サイコパスの特徴として、見た目は魅力的という項目があります。


尊氏は乗馬クラグの女性たちから人気があったようです。


嘘をついたり、良心が欠如しているのもサイコパスの特徴です。


自分の過ちを認めなかったり(海難事故の原因を旺太郎の父のせいにしている)、寄生的な生活(金持ちの家で不自由なく生活)というのも当てはまります。


自分の力で金を稼ぎ出している旺太郎とは正反対です。





これまでは、尊氏が正義で旺太郎が悪のような感じで話が進んでいました。


ミコトも尊氏が好きで、旺太郎を嫌悪していました。


その印象が反転してきていますね。


“旺太郎がどのようにしてミコトを尊氏から救い出すか?”が見どころになってきそうです。


その過程で、旺太郎が本当にミコトのことを好きになるかもしれません。


そしてサイコも旺太郎を本気で好きになって…となったら話がこじれまくって面白そうです。





完全に闇堕ちした尊氏が、ミコトに対してどんな強硬策に出るのか楽しみです!


⇒無料で「トドメの接吻」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



無料で4話の動画を観る方法

無料で「トドメの接吻」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「トドメの接吻」の動画を観ることができます!

「トドメの接吻」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!

本編とは違うバッドエンディングのオリジナルストーリー
「トドメのパラレル」が見れるのはHuluだけです!

「トドメのパラレル」では旺太郎の死後の物語が繰り広げられて、残された登場人物たちの背筋が凍る人間模様を見ることができます。

Hulu2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「トドメの接吻」の動画を観るならこちら♪