もみ消して冬 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 3話のあらすじ

20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自殺しようとしていたところを保護された。

驚く秀作(山田涼介)だが、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、その姿を博文(小澤征悦)に目撃されていた。

北沢家の名誉を傷つけるのは契約違反だと辞めさせようとする泰蔵(中村梅雀)たち。

退職願いを差し出す小岩井を引きとめる秀作。

しかし「アナタの子守りをするのはもうウンザリ」と言われ何も言えなくなってしまう。

楠木(千葉雄大)が来て以来、次々と事件が起こると気づいた秀作は、すっかり知晶(波瑠)に気に入られている楠木に不審な目をむける。

そんな中、知晶が小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることを突き止めた。

娘の話から小岩井の知られざる一面を知った秀作だが、一方、小岩井はすでに新しい職場で働き始めていて―。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 3話のネタバレ!


小岩井は警察に保護されて、その連絡が北沢家にも電話がくる。


小岩井は自殺をしようとしていたのだという。


博文は
“心当たりがある、小岩井はメイド喫茶にはまっていた”
と昨晩のことを話し出す。


小岩井はメイド喫茶から出てくることを博文は目撃していた。


執事の小岩井がメイド喫茶にはまっているというのがマスコミに知れると、北沢家にイメージダウンになるのだという。


秀作が思っているよりも他の家族たちはそのことを重く受け止めていた。


チアキは博文に目撃されたために自分から退職を選んだのだと推測する。


博文と泰蔵も
“北沢家の名誉のために退職してもらうしかない”
という意見だった。


秀作は何とかして小岩井に戻ってきてもらおうと警察に迎えに行く。






秀作が小岩井を迎えに行くと、小岩井は騒がせたことを申し訳なさそうにしていた。


小岩井が言うにはたまたま海を眺めていたところが自殺の名所だったのだという。


秀作はメイド喫茶について尋ねると、小岩井は
“本当です。もうしわけありません”
といって退職届を差し出す。


秀作は
“俺にはお前が必要”
と必死に説得するが小岩井は
“あなたの面倒を見るのはもううんざりなんですよ”
といって、秀作に退職届を握らせて頭を下げて去っていく。






秀作は家に帰り自室で小岩井の退職届を眺めていた。


ペットのハムスターのプラトンに話を聞いてもらおうとするが、プラトンがいないのに気づき慌てて部屋を探す。


部屋の窓が開いていたため、秀作は慌てて庭を探し出す。


外は雨が降っていた。


秀作は
“こんな時、小岩井がいたら助けてくれるのに…”
と一人で嘆いていた。






翌朝
いつもは小岩井だが、楠木が秀作を起こしに来る。


楠木はそつなく家事をこなしている様子だった。


泰蔵は秀作に小岩井のことを尋ねると、秀作は小岩井の退職届を取り出す。


チアキは
“あの真面目な小岩井を狂わせるなんてどんな店なのかしら…”
と呟く。


秀作は
“小岩井にはがっかりした、家で働くことに何の未練もなさそうだった…”
と家族に報告する。


秀作は楠木に話を聞くと、楠木は一通りの仕事の引継ぎはしていたという。


秀作はプラトンのことを話すと、楠木は捜索を協力するという。


クリーニング屋の手毛綱がやってきて仕事の愚痴を言う。


手毛綱は自分の制服を着た若い男がいるという。


目撃情報によるとその男は高校生くらいだったという。


秀作はそれは自分だと確信するが、高校生に見える童顔だということに落ち込む。


手毛綱は小岩井がいないことを指摘して楠木に
“お前来てからこの家変じゃないか?”
という。


秀作はそれを聞いて
“小岩井がいなくなって一番得をするのは楠木だ…”
と楠木を怪しみだす。


楠木は家で一番発言権のあるチアキに気に入られてもいる。


秀作は仕事中に心配をしていると、里子から書類の判子を求められる。


よく見ると、プライベートの食事の誘いだった。


秀作は
“大胆な手口。間違いない、彼女は僕の体から放たれる犯罪の色気に惹きつけられている”
と威勢よく判子を押す。





博文は出世争いのライバルに“お詫び”といって合コンに誘われる。


博文はその話に飛びつく。


しかし、その合コンは二人とも空振りだった。


二人はお互いの非を責めあいながらも
“あの病院ギャグがわからない女はこっちから願い下げだ”
といって、もう一軒行くことにする。


博文たちは小岩井が通っていたメイド喫茶で遊んでいた。





秀作が夜にプラトンの捜索をしていると、楠木はチアキとチェスで遊んでいた。


二人は楽しそうだった。


秀作は
“まずい、このままでは家が乗っ取られてしまう…”
と思う。





翌朝
博文は朝食の席で小岩井の後釜としてメイドを提案する。


チアキは無視して
“父さんは知ってたの?小岩井に娘がいたの?小岩井が行ったメイド喫茶で働いているの”
というと、博文は驚いてコーヒーを吐き出す。


チアキが市役所から持ってきた書類には、確かに小岩井に娘がいることになっていた。





チアキはメイド喫茶に行って小岩井の娘に直接話を聞く。


小岩井は娘がメイド喫茶で働いていることに反対していた。


娘は
“父は私を心配しているのではなく、北沢家に迷惑かかるから…”
と寂しそうに親子関係を話し出す。


小岩井は昔から北沢家が一番の優先事項だったのだという。


娘には興味がない様子だったが、娘は
“まさか私のせいで仕事辞めちゃうなんて、お父さんを復帰させていただけないでしょうか?”
とチアキに頭を下げる。





小岩井はそのころラーメン屋の面接を受けていた。


店主は
“ウチの仕事はきつい”
といいつつも小岩井を雇うことにする。





尾関は秀作に里子との食事会について
“二人が盛り上がったらうまいこと席を外します”
というが、秀作は小岩井が心配でそれどころではなかった。





その晩、秀作の部屋で博文とチアキも集まって小岩井の話をする。


チアキは博文がメイド喫茶に行った話をすると、博文は悪びれずに写真を見せる。


秀作は呆れていた。


チアキは
“大事になったのは秀作のせい”
だという。


チアキは秀作が小岩井の退職願を渡したのは秀作だと指摘する。


チアキは
“あれだけ世話になった小岩井の手を振りほどいた”
というと、秀作は
“僕の子守をするのはうんざりだって言われた”
と主張する。


チアキは呆れて小岩井の娘から聞いた話をする。


秀作が東大に合格した時と警察に入ったときに、小岩井は
“本当に良かった”
と一人で泣きながら晩酌していたのだという。


小岩井は娘のために涙を流したことは無かった。


小岩井の娘は特に秀作に対して嫉妬心を抱いていたとチアキは説明する。


その娘が小岩井の復帰を懇願してきたのだという。


秀作はその話を聞いて泰蔵に小岩井の退職届を無かったことにしてくれるように頼みに行く。


暖炉を見ると小岩井の退職届が燃えていた。


泰蔵は秀作に
“早く小岩井に伝えてくれ、マッチを補充しないとパイプが吸えないと…”
という。


秀作は翌日、小岩井に会いに行くことにする。





秀作は小岩井に会いに行くと、小岩井はラーメン屋に就職が決まったと嬉しそうにしていた。


秀作は
“戻ってきてほしい、娘さんの願いでもある”
というが、小岩井は自分を雇ってくれた店長を裏切れないと頭を下げる。


小岩井は
“ずっとラーメン屋に憧れていた。楠木に引き継ぎもしてある。最後にぼっちゃんと話せてよかった”
と頭を下げて仕事に戻る。





家では泰蔵が楠木の仕事を責めていた。


楠木は頭を下げながらも小岩井からの仕事内容の手紙を見せる。


楠木は手紙通りの仕事をしたはずだった。


手紙には
“私は北沢家に戻ることは無い”
と書いてあった。





秀作は小岩井の働いているラーメン屋に行ってみる。


小岩井は熱心に働いていた。


秀作が家出した時に小岩井が迎えに来ていた。


その帰宅時に食べたビーフカレーは秀作の人生で一番うまいカレーだった。


秀作は
“小岩井が執事という職でなかったら、カレー屋をやるべきだ”
と勝手に思っていた。


秀作は食事会に遅れていくと、尾関は遅いと責める。


秀作は力強く
“悪いけど二人きりにしてくれないか?”
というので尾関と女性一人は席をはずそうとするが、秀作は尾関と話をしたいという。


尾関は狼狽するが秀作は
“女なんてどうだっていい、俺はお前とたとえ話をしたい”
と尾関にアドバイスを求める。


“たとえ話なんだけど”と前置きして小岩井の状況を説明する。


“戻ってきてもらうにはどうしたらいい?”
という問いに対して、尾関はいくつか案を出す。


秀作は
“仕事に適性がなければ店から首を切られる”
という案を採用する。


秀作は3万円を机に置いて里子に
“悪い、先帰る”
といって帰っていく。


里子は何かに必至な様子の秀作に惹かれている様子だった。






小岩井はそのころ店主から仕込みの大事な仕事を任されていた。


覚えのいい小岩井に店主は感心していた。





翌朝
秀作は作戦を家族に伝えて
“必ず小岩井を連れ戻して見せる”
と啖呵を切る。


小岩井がその晩仕事を終えて家に帰ると、娘は秀作の指示通り店の鍵を盗み出す。


秀作は娘から店の鍵を受け取る。


秀作はマスクをかぶって店に侵入する。


秀作の作戦は小岩井が作ったちゃんとしたスープを捨てて、自分が作った不味いスープに差し替えるというものだった。


秀作は罪悪感を感じつつも絶妙なまずさのスープつくりを勧める。


すると、マスクをかぶった男が入ってくるので秀作は身構える。


男はマスクを取って素顔を見せると泰蔵だった。


泰蔵は
“これからいう食材をスーパーで買ってきてくれ”
と秀作に指示を出す。


秀作は
“ラーメンの食材とはかけ離れている…”
と思いつつも買い物をして帰ってくる。


泰蔵は手際よく料理をすすめる。


秀作は泰蔵の指示通り手伝う。


秀作は懐かしいニオイに気づく。


泰蔵は小皿で秀作にスープの味見をさせる。


秀作は自分の勘違いに気づく。


20年前に食べたカレーを作ったのは小岩井ではなく泰蔵だった。


泰蔵は自信満々で
“どうだ?”
というと、秀作は涙を流しながら
“美味しいです”
と答える。


二人は仕事を終えると帰っていく。






翌朝
小岩井が店に行くと店主が静かに怒っていた。


小岩井が寸動を見るとカレーが入っていた。


小岩井は
“私じゃありません”
というが、店主は
“お前以外誰がこんなカレー作るんだ?”
と激怒する。


小岩井はカレーを舐めてみると泰蔵が作ったものだと確信する。


小岩井は店主に頭を下げて
“私がやりました…”
というので、店長は首を告げる。


しかし店長は
“カレー屋やれよ、そういうレベルのカレーだ”
というので、小岩井は深く頭を下げる。


秀作は店へのお詫びとして、博文に頼んでラーメン屋にたくさんの部下を連れていってもらう。


秀作は今後もそのラーメン屋をひいきにすると神様に誓う。


秀作は小岩井を迎えに行く。


小岩井は
“本当に戻っても…?”
というと、秀作は
“みんな温かくは迎えてくれないと思うけど、心の中では喜んでいると思う”
と正直な感想を言う。


秀作が小岩井を家に連れていくと、家族たちは何事も無かったかのように小岩井を迎える。


秀作がその様子を見て安心していると、楠木が庭からプラトンを見つけてくる。


楠木は泥だらけだったため、小岩井はすぐにシャワーを浴びるように注意する。


楠木は注意されながらも小岩井の帰還に安心していた。


小岩井は泰蔵に
“ありがとうございました。20年前と変わらぬ美味しさで…”
というが、泰蔵は
“なんのことだか…”
ととぼけていた。





楠木は小岩井の指示通りシャワーを浴びていた。


楠木の背中には二匹の鯉が描かれた立派な入れ墨が入っている。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 3話の感想!


今回はめっちゃいい話でした。


泰蔵はひどい父親のように描かれていましたが、20年前にカレーを作ったのは泰蔵だと判明しましたね。


また、小岩井を家に連れ戻すために秀作と一緒にリスクを犯して犯罪に手を染めています。


照れくさいのか、自分では言わないようですがちゃんと父としての愛情を秀作に持っているようです。


泰蔵は恐らくは秀作のために活躍したのだと思います。


小岩井は秀作の面倒をずっと見てきて、秀作は実の親のように小岩井を慕っていました。


それを当然、泰蔵も知っていたと思います。


泰蔵は厳格な父でありたいという思いから、自分は秀作に厳しく接していたようです。


“このまま小岩井をクビにしたら秀作が悲しんでしまう…”
と思い、自分も作戦に加わったのかもしれません。


ラストシーンで小岩井の感謝に対してとぼける様子はかっこよかったです。





ラーメン屋の店主も男前でしたね。


60過ぎの小岩井を雇ってちゃんと指導していました。


翌朝のカレーに怒りつつも、カレーの味を褒めていました。


いい意味での体育会系な感じで、ああいう上司ならバイトも気持ちよく働けると思います。






博文とライバルの財前の関係も面白かったです。


出世争いをしつつも、プライベートでは意外と仲がいいみたいですね。


合コンでの失敗でお互い罵りあいながらも、最終的には“女性側が悪い”と意見を一致させていました。


“自分のライバルはコイツだ…”
とお互い認め合っており、通じるものがあるのかもしれません。


ものすごい有力な医者が後から出てきたら、お互い手を組んでその人を陥れたりするかもしれませんね…






前回まではリスクを犯して頑張った秀作があまり報われない可哀そうなオチでした。


今回はリスクを犯したのが秀作だけでなかったため、見ていて気持ちよかったです。


秀作は里子の好感度も上げることができて何も問題ないようでした。


しかし、ラストシーンでの楠木の背中の入れ墨はヤバかったですね…


かなり立派なモノで、その筋の人の家系なのは間違いないと思います。


泰蔵はファッションでワンポイントタトゥーを入れていましたが、楠木の入れ墨はそういうレベルではありませんでした。


楠木の狙いはチアキと結婚して北沢家の乗っ取りでしょうか…?


楠木の動向に大注目になりそうです!


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で3話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、
扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪