オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 最終回(結末)について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 最終回(結末)のあらすじ

シングルマザーの沙羅、二児の母・理華、内気な科学者・泉、そして悲しき暗殺者・エレナ……

孤独な姉妹(クローン)たちの物語、ついにクライマックスへ!

沙羅(知英)は槙雄(山崎育三郎)を救出すべく、彼が拉致された廃屋に向かっていた。

ところが沙羅たちクローンを狙うダイアード社の人間に捕らえられてしまう。

沙羅の無鉄砲な行動に思わず怒る槙雄。

そんな槙雄に、沙羅は「貴重なサンプルに手を出すはずがない」と強がってみせる。

ところが、部下から報告を受けたダイアード社の幹部・黒崎裕香(知英)は沙羅を“削除”するよう命じていた。

その頃、科学者の泉(知英)は自らの意思で脇田(竹中直人)のもとを訪ねていた。

敵の内側に入ることで、沙羅や理華(知英)を守ろうと決意したのだった。

歓迎する脇田。

一方、監視役(モニター)だった愛子(佐津川愛美)は、泉の信頼を裏切ってしまったことに罪悪感を覚え始めていた。

本当にこれで良かったのか……葛藤し始める愛子。

主婦で二児の母・理華もまた、悩んでいた。

ダイアード社の顧問弁護士・黄(川辺優紀子)からは、ダイアードの管理下に入れば、監視役も排除し、自由を約束すると言われていた。

だが、それはかりそめの自由。

自分が実験動物であることを認めるも同然の行為だった。

そんな中、隣人で親友の綾乃(滝沢沙織)が理華の前で怪しい行動を見せる。

衝動的に綾乃を追いかける理華だったが……

意識を失った沙羅に迫るナイフ。

するとそこに、エレナ(知英)が現れる。

宇賀神(大杉漣)から沙羅を殺害するよう命じられていたエレナ。

しかしエレナは槙雄に、沙羅を連れて逃げろ、と命じる。

ところが、そんなエレナの肩を凶弾が貫き……!

沙羅たちはなぜ生まれたのか…人は生まれなのか、育ちなのか…家族とは…絆とは……

原作とは一味違うラスト!日本版「オーファン・ブラック」、堂々の最終回!!





⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 最終回(結末)のネタバレ!


沙羅は気を失ったまま岩城がとらえられている場所に連れていかれる。


黒崎は部下に沙羅を殺害するように指示する。


岩城は拘束されているため声をかけることしかできない。


突然、エレナが現れて黒崎の部下をアッサリと殺す。


しかし、不意を突かれて背後から肩を撃たれてしまう。


致命傷ではない様子で、エレナは俊敏に動き銃を持っていた男も瞬殺する。


エレナは岩城の拘束を解き沙羅を担いで逃げ出すように指示する。


黒崎の部下が次々とやってくるため、エレナは岩城と沙羅が逃げるための時間を稼ぐ。


エレナは一人で何人もの男の相手をするが、圧倒的な力で倒していく。


岩城に担がれながら、沙羅は途中で目を覚ます。


岩城は
“銀色の髪の女が助けてくれた、あれもお前の姉妹なんだな…”
という。


二人は安全な場所まで避難すると、それぞれの家族の元に戻ることにする。


沙羅は萌絵に会いに冴子の家に行くが、直前で待ち構えていた警察に捕まってしまう。


殺人と死体遺棄の容疑が沙羅にはかかっていた。





泉は愛子の紹介で、脇田の元で研究をすることを決断する。


脇田はそれを黒崎に報告する。


脇田は沙羅を殺害しようとしていたことを指摘すると、黒崎は
“出来損ないは計画のノイズになる”
といって殺害の方針はそのままにする様子だった。





沙羅は金城から取り調べを受ける。


金城は沙羅に
“お前が何を言っても信じる。お前は俺の命を救ってくれた”
と真相を引き出そうと詰め寄る。


沙羅は本当のことを話そうとすると、ダイアード社の弁護士のファンがやってくる。


ファンがやってきたことで沙羅は解放される。


金城は納得いかない様子だが上司から
“上の決定だ、従え”
と言われる。





脇田はエレナの戦う姿を監視カメラでみて
“素晴らしい”
と感心していた。


脇田はファンの仲介で沙羅と接触する。


脇田は
“ダイアード社の人間ではなく、一人の研究者として話がしたい”
といってエレナのことを尋ねる。


沙羅はエレナの名前を告げると、脇田は
“昔できの悪い助手がいた、研究所から連れ出したのがエレナだ…”
といって、計画の全貌を話し出す。


アジア各国で何組かのオリジナルをもとにクローンが作成されていた。


しかし、成功したのは沙羅たちだけだったのだという。


脇田は
“エレナを私に引き渡しなさい、そうすれば君や君の姉妹は自由にする”
と交渉する。





理華の家をアヤノがのぞき込んでいた。


理華はアヤノを怪しみ、家に乗り込み
“やっぱりアヤノがモニターだったのね”
と指摘すると、二人はもみ合いになる。


二人はもみ合った拍子に転んで、理華は頭を打って気を失ってしまう。


理華が目を覚ますと、アヤノは頭から血を流して死亡していた。


理華は慌てて家に帰り、ごみ箱をあさりダイアード社の弁護士のファンに連絡を取る。


ファンは理華が実験に協力することになったと黒崎に告げる。


黒崎はアヤノの働きを褒める。


アヤノは生きており、ダイアード社の人間だった。


旦那が帰ってくると、理華はワインを飲んでいた。


旦那はアヤノが階段から転げ落ちて亡くなったことを告げる。


表向きはアヤノは一人で事故で死亡したことになっている様子だった。


理華は旦那に
“パパ、何があっても私のことを愛してくれる?”
といって泣きつく。


旦那は理華の様子に狼狽しつつも
“わかった”
といって抱きしめ返す。





エレナは沙羅に会ったことを宇賀神に告げる。


宇賀神は
“青山沙羅に会ったのに殺さなかったのか?”
と激怒して牢屋に閉じ込める。


宇賀神は
“そこで自分の愚かさを思い知るんだな”
といってエレナのコートを調べる。


ポケットの中から萌絵が沙羅にあてた手紙を発見する。


エレナは萌絵が危険にさらされると思いわめき叫ぶ。





黒崎は部下を連れて脇田の部屋を訪れる。


黒崎は脇田が指示通りに沙羅を殺害しなかったことについて処分をする様子だった。


脇田は連れていかれながら
“クローンがクローンに嫉妬するなんて”
と失笑する。


脇田はさらに
“実に興味深い、君は私の最高傑作だ”
という。





愛子は研究室の噂話で、沙羅の娘が研究対象になることを知る。


沙羅は処分になる様子だった。





エレナは閉じ込められている檻の近くにスマホを発見する。


何とかしてスマホをとって沙羅に連絡する。


そのころ沙羅は冴子の家にいた。


沙羅と薫の話を聞いた萌絵は
“エレナおばちゃん悪くない、萌絵が勝手についていった。エレナおばちゃん寂しそうだった。”
といってエレナを庇う。


沙羅はエレナから電話を受ける。


エレナは
“今度は沙羅が助ける番。宇賀神が萌絵を殺しに行く”
といって、自分のいる場所を告げる。


エレナは
“お姉ちゃん…信じてる…”
という。






沙羅は一人でエレナの言った病院に行くと、エレナは檻に入れられていた。


沙羅はそばに落ちていた鍵で檻の鍵を開ける。


エレナは喜び沙羅に抱き着くが、沙羅の背後から宇賀神がやってくる。


宇賀神は
“沙羅だね”
というと、エレナは沙羅を突き飛ばし
“偽物だ…削除する”
といって、宇賀神に失望されたくない様子だった。


宇賀神は
“偽物も子供も天に返す。それがお前の使命だ”
といってエレナにナイフを手渡す。


エレナは
“私の使命…”
と呟きながら、沙羅に接近する。


エレナは沙羅に説得されつつも、宇賀神に
“殺せ”
と言われて、苦しそうにその場にうずくまる。


エレナは宇賀神に掴みかかり、檻に押し込み閉じ込める。


宇賀神は檻の中から
“エレナ、お前は間違っている。削除されるべきは偽物だ”
というが、エレナは沙羅といっしょに出ていく。


エレナは
“沙羅に従う…”
というので、沙羅はエレナを引き渡すため脇田に連絡を取る。


脇田の電話に出たのは黒崎だった。


黒崎は脇田は今仕事中だと告げる。


沙羅はエレナを傷つけないことと、自分たちが解放されることを確認する。


黒崎は
“安心してコチラにいらしてください”
といって電話をきりほくそ笑む。






愛子は泉に先ほど立ち聞きしたことを打ち明ける。


泉は沙羅に電話をしてそのことを告げる。


沙羅はダイアード社のビルの中のエレベーターに乗り込んだところだったが、途中で違う階で降りて逃亡する。


エレベーターの前では黒崎が部下と待ち受けていたが、エレベーターは空だった。


黒崎は顔色を変えて、建物と付近の捜索を部下たちに命じる。





愛子は泉が逃げられるように逃走ルートを確保する。


泉は礼を言って一人で逃げようとする。


泉は愛子を心配して、愛子にキスをして一緒に連れていく。





沙羅とエレナは逃亡していたが、エレナは撃たれたケガで動けないという。


沙羅は必ず戻ると言って先に行く。


沙羅は薫の住処に行くが、荒らされている様子をみて狼狽する。


薫から電話が来て出てみると、全員無事だと薫は告げる。


ダイアード社が萌絵をさらいにやってきたが、仲間たちが萌絵を守ってくれたのだという。


沙羅は萌絵の声を聞いて安心する。


薫によると、金城に連絡したら保護してくれるという。


沙羅が安心して電話を切ると、背後から宇賀神がやってきて威嚇射撃する。


沙羅は
“萌絵にだけは手は出さないで”
というが、宇賀神は
“安心しろ、すぐに会わせてやる”
といって沙羅と萌絵を殺害する決意は変わらない様子だった。


宇賀神が発砲すると、エレナが飛び出てきて沙羅を庇う。


エレナは宇賀神に
“エレナを育てた…愛…無かったか?”
と尋ねる。


宇賀神は
“お前のおかげで偽物を削除できた”
というと、エレナは宇賀神に抱き着くフリをして宇賀神の腹にナイフを突き刺す。


エレナは
“パパ…エレナがパパ止める”
とナイフに力を入れると、宇賀神はこと切れる。


エレナは死んだ宇賀神に縋り付いて泣いていた。


エレナはたくさん人を殺したことに対して、罪悪感を抱くようになっていた。


“みんな家族いたハズ…”
というエレナを沙羅は説得するが、エレナは銃を沙羅に手渡して自分を殺すように頼み込む。


エレナは
“これは愛情だ…沙羅…エレナを救って。エレナ…これでパパとずっといっしょ…”
と懇願するので、沙羅はエレナの望みを叶えるため仕方なく発砲する。






沙羅は黒崎に会いに行く。


沙羅はエレナが死んだことを告げて
“なんで私たちを狙うの?”
と真意を尋ねる。


黒崎は
“オリジナルは一人で十分、私たちはあなたとエレナから生まれた…生まれた時から偽物…その気持ちあなたにわかるかしら?だったら私がオリジナルになればいい”
と身勝手なことをいう。


沙羅は失笑して
“くだらない”
と言い放つ。


沙羅は
“オリジナルなんて関係ない、みんな同じ。私は青山沙羅…ただそれだけ”
といって去っていく。






沙羅は冴子の家に行くと、冴子は沙羅の顔を見て安心して出向かえる。






理華は泉に連絡を取ると、その後はお互いダイアード社からの連絡はないのだという。





金城は沙羅に
“お前の連絡のあった場所に行くと、宇賀神という男の死体しかなかった”
と電話で告げる。


金城はクローンなんて信じられないという。


沙羅の口調から金城は
“お前今幸せだろ”
と指摘して、安心した様子だった。


沙羅の元に岩城が訪れると、沙羅は笑顔を向ける。


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



オーファン・ブラック~7つの遺伝子~ 最終回(結末)の感想!


これで終わり…!?


すごく面白い展開が続いていたため、終わり方に肩透かしを喰らいました…


全体的な時系列としては


脇田がクローン実験の責任者として実験を始める。目的は遺伝子操作による病気の根絶。


何組も実験するが、沙羅とエレナのグループが一番出来が良かった
※オクの病気や理華と真生子の不妊を見る限り“完璧”ではない


沙羅とエレナの母は沙羅のみを逃がすことに成功するが死亡する。


倫理に違反すると脇田が離反してエレナを連れ去る。
脇田は実験を中止にするため、エレナを洗脳してクローンを殺害するという強硬策を考案する。


冴子が沙羅を探し出し、沙羅は冴子に引き取られる。


クローンたちはモニター付きでそれぞれの生活を始める。


クローンである黒崎は優秀なキャリアウーマンで、自分の正体を知るために出世しまくって脇田をトップから引きずり落とす。


エレナが宇賀神の指示でクローンの殺害を始める。

こんな感じでしょうか。





ダイアード社はもともとのトップは脇田だったと思いますが、今は黒崎がトップみたいです。


黒崎は持ち前の美貌を活かして株主たちを枕営業で味方につけたのかもしれませんね。


脇田がトップの時は
“遺伝子研究による病気の根絶”
と会社の理念がハッキりしておりそれ以上の深い意味はないと思います。


黒崎がそれを引き継いだのかは謎です。


黒崎は
“自分がオリジナルになる”
という気持ちだけで、ダイアード社のトップまで上り詰めているような気がします。


黒崎は沙羅のセリフでその考えが崩れたようでした。


ダイアード社は今後迷走するってことでしょうか…?


それとも脇田をトップにして立て直すのでしょうか…?


大人になると会社の仕組みがわかってくるので
“ヤバい組織っていっても結局は会社でしょ?どうやってお金集めてんの?スポンサーは?”
と、深読みをついしてしまいます…






ストーリーは風呂敷を広げまくって回収できないという、やや残念な感じでした。


クローンたちのキャラが魅力的だったため悔やまれます…


脇役たちのギャグパートもよかったです。


特に理華の夫の岩尾さんが出てくると場が和みました。


理華のモニターはアヤノだったため、岩尾さんは白で安心しました。


岩尾さんは結局ただのエロオヤジだったようですね。


ゴルフバッグに細工までしていやらしいDVDを隠す姿には失笑でしたけど…






沙羅は岩城と再婚でもして幸せになりそうですが、心配なのはエレナです。


エレナは宇賀神にかなり強烈な洗脳をされていました。


エレナは生きていたようですが、果たしてどんな人生が待ち受けているのでしょうか…


エレナの特技を活かせるとしたら、女子格闘家とかかもしれません。


または、エレナは意外と子供には優しかったです。


男の子や萌絵を傷つけることはしていませんでした。


子供の世話を見る仕事は以外と向いてるかもしれません。





ダイアード社が姿をひそめたことで、話は収まっていました。


序盤から中盤が面白かっただけに、結末の部分だけ腕のいいシナリオライターさんを雇って書き直してくれたらものすごい名作になっていたかもしれませんね…


⇒無料で「オーファン・ブラック」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽


無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「オーファン・ブラック~7つの遺伝子~」の動画を観るならこちら♪