anone(アノネ) 3話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 3話のあらすじ

亜乃音(田中裕子)の裏金目的で忍び込んだ印刷工場でハリカ(広瀬すず)に見つかり、どさくさに紛れてハリカを誘拐してしまったるい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)。

カレーショップへ戻ると、なんとそこには会社の上司に拳銃を発砲し逃走中の西海(川瀬陽太)が潜伏していた。

ハリカを亜乃音の娘だと思い込んでいる舵たちは“裏金を隠しもつ女”の娘だと西海に告げる。

すると西海は、ハリカを人質にとり亜乃音から身代金を取ろうと言い出し、るい子を亜乃音の元へと向かわせるのだった。

一方、荒らされた自宅を見た亜乃音は、ハリカの仕業と思いつつも少しだけ打ち解け合い弾んでいた心に寂しさを感じる。

そんな中、亜乃音の元をかつての林田印刷所の従業員だった中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。

理市が久々に工場に現れたのにはある目的があるのだが…。

一方、舵は拳銃をちらつかせる西海の隙をついてハリカを逃がそうとするが、舵の人柄を知ったハリカは舵を置いて逃げることができず…。

その頃、西海の指図で身代金の取り立てに亜乃音の元へ来たるい子は、ハリカが亜乃音の娘ではないことを知る。

しかし、亜乃音が選んだ行動はとても意外なもので…。





⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 3話のネタバレ!


理市は弁当屋の店長にサービス券について相談される。


今の作りだと簡単にコピーされてしまうからだった。


理市は軽い返事で引き受ける。


理市が一人暮らしの部屋に帰ると、印刷関連の機材で部屋は埋め尽くされていた。


妻から電話があるので、娘に軽い挨拶をしてから店長に頼まれた仕事に取り掛かる。


理市は印刷の仕事が大好きらしく、店長の軽い頼みに本気で打ち込む。


理市が行っているのは弁当屋のサービス券にかける労力や技術ではなかった。






持本は昔は工事現場の監督の仕事もしていた。


婚約者もいて結婚寸前だった。


しかし、婚約者の結婚前に子供ができるかの検査を受けるように頼まれてから連絡が取れなくなる。


持本は子供ができない体だった。


持本は仕方ないと思って、去っていった婚約者に留守電で謝罪と感謝を述べる。


そんな時に持本はフランチャイズの話に引っかかってしまう。





持本は銃を持っている西海の気をそらそうと話しかける。


西海の持っている銃は改造を施したモデルガンなのだという。


西海は既にその銃を使用しており、会社の上司を撃ったという。


西海は
“俺をバカにしてた上司を撃った。人生終わっちゃったよ…”
と自暴自棄になっていた。


西海は拘束されているハリカに目をつける。


持本は
“この子の親が裏金を隠してる”
というと、西海は食いつく。


西海は持本にテレビをつけるように指示する。


ニュースでは西海が起こした事件の報道がされており、西海が人を撃ったのが本当だと判明する。


西海はテレビを見ながら現実逃避しつつも、銃を持本に向けていた。


西海は
“俺は会社に殺される前に殺しただけだ、なんで警察に追われなけりゃいけないんだ”
と感情が不安定になっていた。


西海は持本にハリカをダシにしてアノネを脅して身代金をもらって逃げようと言い出す。


ハリカは何か言おうとするが、口をふさがれているため声にならない。


青羽は西海の考えの浅さを指摘する。


青羽は西海の誘拐の計画を
“昭和の発想”
というと、西海は怒り出す。


西海が銃をかざすので、持本は慌てて青羽に西海に従うように注意する。


西海は青羽のスマホを持本に渡し、拘束されているハリカを撮影するように指示する。


西海は青羽に
“コレもって親のところに行って”
というが、青羽は嫌がる。


青羽は西海に
“悪い人ではなく、頭が悪い人”
というと、西海が起こるので持本は慌てだす。


青羽のほうが口が達者で西海は黙って持本に銃を突きつけ
“謝れ”
という。


青羽は仕方なく謝罪をすると、西海は
“連帯責任。だれか逆らったら連帯責任で撃ち殺す”
という。





翌朝
青羽は西海の指示通りアノネの元に向かう。


西海は持本も拘束する。


持本はハリカを逃がすために西海に
“その子、トイレ行ってない”
という。


西海はネットニュースで自分の事件を調べていた。


持本はハリカに逃げるように目配せするが、ハリカは逃げなかった。


持本は西海に
“彼女に水を上げてくれないか”
とたのんで、なんとか逃がすチャンスを作ろうとする。


西海は
“俺に命令するな”
と会社の上司を思い出した様子だった。


西海は持本の婚約者の話をしだす。


西海によると、その女は結婚したのだという。


西海は
“お前の気持ちはどうなる?お前はあの家庭を壊す権利がある。貸してやるから行ってこい”
と持本に銃を渡そうとするが、持本は
“彼女に水”
と聞く耳を持たなかった。





理市は徹夜でサービス券を仕上げて店に向かっていた。


道中で理市はアノネに挨拶をする。


理市はアノネの夫の印刷所で働いており、アノネも懐かしんでいた。


理市は腕がよかったようで、アノネによると夫は理市を褒めていたという。


理市は
“もしよかったら社長にお線香を…”
というが、アノネは
“昨日空き巣入っちゃって…”
と残念そうに言う。


アノネは盗まれたものがないので警察には行っていなかった。


理市は印刷所に行くと、貨幣を印刷できる印刷機をじっと見つめる。


アノネが席を外したすきに、小さい機材をくすねる。





西海は店の奥で物音に気付き見に行く。


西海はカウンターの下からフェレットを発見して
“かわいい~”
といってテンションが上がる。


持本は和ませるために
“かわいいね”
と同調する。


フェレットの首輪には住所が記入されていた。


西海は
“ちょっとこの子返してくる。動くなよすぐ戻るから”
といってマスクをして出ていく。


持本は少し動くと割と簡単に拘束が解けた。


持本は
“やった”
といってハリカの拘束も解く。


ハリカは
“私あの人の子供じゃありません、ただのバイトです”
というと、持本は失笑する。





理市はアノネとあいさつをして店に向かう。


ちょうど入れ替わりで青羽がやってきてアノネに
“娘さんのことで話がある”
という。





持本は青羽に電話をするが、青羽は出なかった。


西海が帰ってくると、持本とハリカが拘束が解けた状態をみると持本に八つ当たりしだす。


ハリカは銃を奪い取り西海に突き付けて
“離せ”
という。


西海はゆっくりとハリカに近寄り銃を自分に向けさせ
“弾でるかな?”
という。


ハリカは撃たなかった。





アノネは青羽を印刷所に連れていきお茶を出す。


アノネは
“何か悪い話ですか、レイのことって?”
という。


青羽はハリカの名前を知らないため、ハリカがレイだと思い込む。


アノネは自分の娘のレイの話だと思っていたが、青羽はまだハリカがアノネの娘ではないと知らない。


青羽は作り話でアノネから金を引き出そうとする。


青羽の作ったシナリオは、ハリカがヤクザとトラブルを起こして金を要求されているというものだった。


青羽は
“私は中立”
とくぎを刺す。


アノネはちゃんと話を聞いていなかったようで
“ごめんなさいなんですか?気が動転して…”
というので、青羽はもう一度最初から話す。


青羽は
“娘さんがトラブルを起こした相手は話が通用する相手ではない”
と強調する。


アノネは
“あなたは?お名前は?”
というと、青羽は
“吉田です…”
と偽名を名乗る。


アノネは
“レイの子供はどこに?本当の話ですか?”
というと、青羽は狼狽して何とかごまかす。


アノネは
“娘は私の助けを呼ばないと思います”
というので、青羽は写真を見せるといってハリカの写真を見せる。


アノネは
“彼女がトラブルに?”
と相手が勘違いしているのに気づいた様子だった。


アノネは
“いくら必要なんですか?”
と交渉に応じる姿勢を見せる。


アノネは銀行に夫の生命保険が一千万あるという。


アノネは
“その子は私の娘じゃない、だけど助けてあげてください”
という。


青羽は
“娘ではない”
と聞いて動揺しつつも
“交渉成立”
を西海にメッセージで送る。


メッセージを受けた西海は
“やっぱり娘だったんじゃん”
と喜ぶ。


西海は一千万で満足している様子だが、青羽は
“一千万では足りない”
と言い出す。


アノネが足りないと途方に暮れていると、青羽は
“アノお金がある”
と指摘する。


アノネは仕方なく偽札を印刷する。


アノネの技術ではよく見るとバレるが、ぱっと見ではごまかせるできではあった。


突然、アノネの勤め先の花房が訪れるので、青羽は慌てて隠れる。


花房は釣りに行った帰りのおすそ分けにやってきていた。


花房はアノネを釣りに誘いたそうにするが、アノネは偽札と青羽をごまかすのでいっぱいいっぱいで耳に入っていなかった。


花房はあきらめて帰っていく。


青羽は西海との連絡で、二時間後に一千万円とハリカを交換することを伝える。






持本と西海はハリカを連れて交換場所に向かう。


西海は逃亡中のため、挙動不審だった。







理市は店長にサービス券を見せに行く。


理市は自信満々で見せつける。


店長はサービス券のクオリティの高さにビックリする。


理市は得意げにサービス券に施したセキュリティを説明するが、店長は
“コレ一枚いくらかかるの?”
と聞いてくる。


理市は気まずそうに
“50円”
というと、店長は
“もっとフツーの作って”
と却下する。






青羽はアノネが本物の一千万を解約しに行く間に、偽札で一千万円を用意していた。


アノネが帰ってくると、青羽とアノネは交換場所に行く準備をする。


アノネと青羽はその場に会った古いタバコで一服する。


青羽はアノネに
“通貨偽装の刑期はご存知?”
と聞くと、アノネは
“無期、または3年以上の懲役”
と知っていた。


青羽は
“じゃあ警察への通報はナシで”
と念を押す。






持本たちは先に行って待っていた。


持本は隙をみてハリカを車から逃がす。


西海はすぐに持本に銃を突きつけて戻ってくるように指示する。


持本はハリカに逃げるようにいうが、ハリカは戻ってきてしまう。


西海は持本とハリカを座らせて、その背後に立って青羽たちを待つ。


青羽とアノネがやってくると、西海は橋の上からアノネに金の入った袋を落とすように指示する。


アノネはハリカの開放を先にと要求するが、西海はそれを認めなかった。


アノネは仕方なく金を先に橋の下に落とす。


西海は袋に駆け寄り中を確認して、急いで車に向かって走っていく。


西海は既にハリカはどうでもいい様子で、ハリカはその場に残される。


持本はハリカに
“ごめんね”
といって西海についていく。


アノネは橋の下に降りてきてハリカに抱き着き安心する。


ハリカは
“なんでお金渡しちゃったの?”
と聞くと、アノネは
“なんでだろうね…”
とだけ呟く。


二人の頭上に紙が一切れ落ちてくる。






西海と持本は車で少し遠くまで行くと、車を止める。


西海はちゃんと金を確認すると、偽札だと気づいて怒り出して自暴自棄になる。


西海は
“なんだよ、いっつもこうだよ”
といって銃を自分の頭に突き付けるので、持本は慌てて制止する。


西海が感情的になり自暴自棄になるので、持本は何とか説得する。


持本は自分の人生のほうが悲惨だと説明して、西海を何とか慰める。


西海は
“もう45だ。死んでもいい…”
と嘆いてその場でうずくまる。


持本は自分が末期ガンで死が近いことを打ち明ける。


持本は
“俺は何も残せない、いてもいなくても一緒。あきらめても生きたいと思っちゃうんだ。生きるっていいなと思うんだ…”
というが、西海は信じず
“すぐバレる嘘いうな”
といって持本を殴り倒して偽札を持って海に向かって歩いていく。


持本は悶絶してその場にうずくまる。


西海が海に向かって歩いていると、偶然近くにいた警官が持本の銃に気づく。


西海は
“モデルガンですよ”
とほほ笑んで自分の頭に銃口を突きつけて発砲する。


乾いた発砲音が鳴り響き、その音は持本にも聞こえる。


西海はその場に倒れる。


警官は慌てて無線で応援を呼ぶ。


理市が偶然その場にいて一部始終を見ていた


理市は警官の隙を見て西海が落とした紙袋を拾って中身を確認する。





青羽は本物の一千万を持ってバスで帰る。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



anone(アノネ) 3話の感想!


理市が偽札作成のキーマンだった!?


3話でようやく理市の正体が判明しました。


アノネの夫の優秀な部下で、今もその腕は健在なようです。


今はその腕を活かす場所が無くなってしまったようで、弁当屋のサービス券に全力投球してしまうくらい腕を持て余しています。






理市の部屋はドン引きでしたね…


完全に印刷オタクです。


あの趣向のせいで奥さんと別居しているのかもしれません。


インクは独特の匂いがすると思うので、奥さんはその匂いに耐えられなかったのかもしれません。


電話の様子だと夫婦仲は悪くないようなので、理市と奥さんは“その一点”のみの問題の仲かもしれません。






やはり今後の展開で、理市がアノネの工場で偽札を印刷する流れなのでしょうか…?


理市は弁当屋勤務ということで、金に余裕はないはずです。


また、自分の腕を活かしたくてウズウズしている様子でした。


理市にとって偽札印刷は一石二鳥となります。


しかし、アノネは偽札印刷には気が向かない様子です。


理市はアノネの事務所を訪れた際に、何かを盗み出していました。


もしかしたら、貨幣の重要な印刷データかもしれません。


それと理市の部屋の設備が整えば偽札印刷は可能なのかもしれません。


理市がどんな動きをするのか大注目となりそうです。





青羽はヒドい女でしたね。


死に場所を探していたはずなのに、ずる賢く立ち回って一千万円をゲットして逃亡を図っています。


ラストシーンの青羽の背後の女子高生の不敵な笑みが怖すぎました。


青羽は見ていてなんか腹が立つので、あの一千万円はハリカが取り戻して彦星の手術代になってほしいです。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で3話の動画を観る方法

無料で「anone(アノネ)」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はU-NEXTなら
無料で「anone(アノネ)」の動画を観ることができます!

今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「anone(アノネ)」を無料で観れます。

ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!

31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒U-NEXTで無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。