ヒモメン について、1話から最終回(結末)までのあらすじとネタバレと感想、動画を無料で観る方法を紹介します!
※詳しいネタバレを放送後随時追記していきます


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!



ヒモメン とは?



放送:テレビ朝日
制作:ホリプロ
原作:鴻池 剛
脚本:森ハヤシ
演出:片山 修

以下は公式サイトの紹介文です。

2018年夏の『土曜ナイトドラマ』の主人公は、“楽して生きたい”をモットーに、働かないことに全力を尽くす、ヒモ男。

働き方改革時代のニューヒーロー=ヒモメンがこの夏、降臨します!

実家を追い出された彼氏“翔ちゃん”こと碑文谷翔と、なりゆきで同棲することになった看護師・春日ゆり子。

これから楽しい同棲生活がはじまるかと思いきや――

なんと彼は、女の金で暮らす無職の男=ヒモだったのです!

定職に就かず、ゆり子の収入に頼って生きていく道を選んだ翔ちゃんは、ダメ男以外の何者でもありません。

しかし、ゆり子を好きだという気持ちだけは揺らぐことはありません。

しかも、“彼女の人生のピンチ=ヒモ生活のピンチ”であるため、翔ちゃんは彼女の危機に徹底的に立ち向っていくのです。

つまり、“楽して生きる”ことに必死なあまり、まったく“楽をしていない”という状況に…!

そして、失うものなど何ひとつないヒモ男が、いつしか“生きるために”あらゆる奇跡を起こしていきます!

爽やかすぎるヒモメン・翔ちゃんを演じるのは、若手随一の“カメレオン俳優”・窪田正孝。

透明感あふれる美しさが魅力の女優・川口春奈が、彼を更生させたい一途なヒロイン・ゆり子を熱演します!

さらに、勝地涼、岡田結実、佐藤仁美、YOU、金田明夫ら充実のキャストが集結!

はたして、ゆり子は翔ちゃんをヒモ生活から更生させ、幸せを手に入れることができるのでしょうか…!?

仕事とは…!?愛とは…!?お金とは…!?

働き方改革が叫ばれる今、頑張ることに疲れた人々を癒す、痛快コメディが誕生します…!


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

窪田正孝さん



碑文谷 翔 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

あまりのボンクラぶりに実家を追い出され、ゆり子の部屋に転がり込んだヒモ男。

“ゆり子への愛情”と“仕事をしないことへの情熱”は誰にも負けないが、ヒモであることの罪悪感はまったくない、ヒモポテンシャルの高い男。

主夫としては全く使えない。

たまに思いついたように、「画家になる!」「プロゲーマーになる!」など無茶な夢を追いかけることもあるが、秒単位で諦める。

実は“天性の人たらし”で、ゆり子のちょっとした仕草を「かわいい」とほめ殺し、心の隙間を埋めるかのようにドキリとする言葉をかける。

ルックスと外面はムダによいため、ゆり子の友人の前ではやさしくてイケメンの彼氏を演じることもできる。

そして、ゆり子の人生に危機が訪れるとき、全力でゆり子の危機を防ごうとする。


川口春奈さん



春日ゆり子 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

病院勤務の看護師。

仕事に関しては優秀で、若手にしては重要なポジションを任されており、激務にも耐える体力もある。

上司や後輩にとってはとても頼みやすい存在である。

しっかり者だが、一方で天然な部分も多く、他人をあまり疑わない。

そのため、翔ちゃんが見る無茶な夢を応援しては、すぐに裏切られる。

小さい頃の夢は“素敵な王子様のお嫁さんになること”だったが、現実はかけ離れている。

翔ちゃんがきちんと働きだして結婚することが目標だが、はたして…!?


勝地涼さん

#広瀬アリス #勝地涼 #ジャパンプレミア #パワーレンジャー

広瀬すず・アリスさん(@hirose_suzu.arice_fan.account)がシェアした投稿 –



池目亮介 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子と同じ病院に勤務する、優秀な医師。

ゆり子に恋心を抱いている。

周囲からの信頼も厚く、看護師への気遣いも忘れず、しかも高収入…とあって、まさに翔とは真逆の存在。

イケメンで独身のため、患者や看護師たちからの人気も高いが、実は執念深く、嫉妬深い面倒な人間。

ゆり子と付き合うために、なんとか翔を蹴落とそうとしてさまざまな悪だくみを仕掛け、次第にダークサイドに落ちていく…!?


岡田結実さん

#cute #岡田結実 #かわいい #日本美女

sup.xxxさん(@jmpjpmmd)がシェアした投稿 –



浜野このみ 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子の後輩。

仕事よりもプライベートを優先し、仕事を先輩に押しつけたがる新人看護師。

愛想が良いため患者や男性職員から好感度が高い。

何事も詮索したがるタイプで、ゆり子が“何か”を隠しているのを感じ取り、あの手この手を使って秘密を暴こうと画策する。

ゆり子の彼氏・翔ちゃんがヒモであることはまだ知らないが、翔ちゃんからにじみ出る“だめんず臭”に気づき…!?


佐藤仁美さん

おはようございます . . 委託販売先へ 7/21(土)テレビ愛知開局35周年特別番組 18:30~19:54の取材にみえた . 佐藤仁美さん🌈 . 大将から カラーサンドアートのプレゼント [快くSNS掲載許可okくださいました] . 喜んでいただけて本当に嬉しい✨ . 私が作るもので 『ありがとう』や『嬉しい』を 言ってもらえて . 幸せなことだなぁって思います 皆さんに感謝😌 . ありがとうございます . . #カラーサンドアート #佐藤仁美 さん #可愛い #abloom認定校 #abloom愛知認定校 #カラーサンドアート体験 #カラーサンドアート教室 #カラーサンドアート資格 #サンドアート #グラスサンドアート #習い事名古屋 #お稽古名古屋 #可愛いがいっぱい #名古屋 #中村区 #駐車場有り #地下鉄岩塚駅近く #pastelflower

カラーサンドアート🎀お花 名古屋PastelFlowerさん(@kiko_iw)がシェアした投稿 –



田辺聡子 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子と同じ職場で働く先輩看護師。

根っからのダメ男好きで、過去に“ヒモ”と付き合って散々な目にあった経験がある。

ヒモ男についての知識が豊富で、ヒモ男更生に悩むゆり子の最大の理解者であり、師匠的な相談者である。


YOUさん



尾島和子 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子が働く病院の看護師長。

権力に弱く、長いものに巻かれるタイプで、都合の悪いことは上手に部下のせいにして自らを守る。

ヒドイ上司だが、気持ちいいぐらいに悪気がないため、どこか憎めない存在。

男性経験に関しては謎が多い…。


金田明夫さん

飯田で映画とってるとのことで 社長の奥さんが誘ってくれて 2人揃って初エキストラ参加しー行きました🤣🤣 目立たないような普通ののかっこで.. とおもてたのになぜボルドーをチョイスしたかは覚えてない🤷🏻‍♂️ そして通行人だけのはずが、 その他にも何故か演技をさせられた😨 恥ずかしすぎる😨w . 最初奥さんと2人で言われた場所でスタンバッてたら いきなり隣に現れた#金田明夫 さん! めっちゃ話しかけてきてくれて 3人で結構な時間話しました😳✨ わたし芸能人とお話したの、生まれて初めて!w 何がすごいって、お肌がツルッツルよ‼️w そして何よりも感動したのが鼻の穴‼️ 鼻の中までツルッツルよ‼️ww おけけいっぽんもなくて、つるつるだった、、 そして、やはり俳優さんだ、かっこよかった、、😂💗 #渡辺いっけい さんも快く写真撮ってくれた😳✨

Mitsuki Oukumuraさん(@_______mtkmy.s)がシェアした投稿 –



網走太一郎 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

翔行きつけの、居酒屋店主。

そのときの翔の手持ちのお金によって融通を利かせて、酒とつまみを用意してくれる。

翔の唯一の友人と呼べる存在。

翔に対して口では厳しく言うが、“ヒモという生き方”を全うしている翔に対して、男として憧れを持っていたりする。


田原可南子さん

#田原可南子 #田原俊彦 #娘 #喫茶店

▼かおる▼さん(@kao4499)がシェアした投稿 –



湯浅麻衣 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子の同僚。

ナースステーションで繰り広げされる女子トークには、興味があるときは食いついてくるが、興味を失うとスマホをいじりはじめる若手看護師。

何事も熱しやすく冷めやすい性格。


皆本麻帆さん



岩井玲奈 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

ゆり子の同僚。

仕事に対しては少し不器用なところがあり、患者を怒らせることが多々ある看護師。

素敵な男性との出会いを常に求めている。


大幡しえりさん



大庭美々 役です。

以下は公式サイトの役の紹介文です。

網走が経営する居酒屋の従業員。

元気いっぱいに接客をする看板娘的存在。

翔のようなヒモ男は最低な生き物と思っており、厳しく接客する。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

原作の漫画「ヒモメン」とは?



出版社:KADOKAWA
発売日:2015/12/22
作者 :鴻池 剛

酒好き、ギャンブル好き、の彼氏・翔ちゃんと同棲することになったゆり子。

ささやかな幸せをつかむため、ゆり子は翔ちゃんのヒモ体質改善生活を始める。


⇒無料で「ヒモメン」を読むならコチラ♪
※「ヒモメン」で検索です

ヒモメン のあらすじとネタバレ

1話

1話 のあらすじ

看護師・春日ゆり子(川口春奈)のマンションに、実家を追い出された彼氏・碑文谷翔(窪田正孝)が転がり込んできて、3週間…。

後輩看護師・浜野このみ(岡田結実)らには、イケメンの彼氏がいることをうらやましがられるが、実はゆり子には誰にも言えない秘密があった。

翔は女の金で暮らす無職の男――そう“ヒモ”だったのだ…!

できる限り楽をして生きたいヒモ男・翔はまるで働こうとしないばかりか、ゆり子から頼まれた“ゴミ出し”すら、面倒がる始末。

たまりかねたゆり子は、翔が居候をはじめてから出費が増え、貯金も底をつきかねない現状をぶつける。

それを聞いた翔は突然、部屋を飛び出していく。

ゆり子は、翔もようやく仕事を探す気になったのかと喜ぶのだが…翔は決意の行動に出る!?

そんな中、ゆり子の勤務先に、VIP患者・矢沢(宇梶剛士)が入院してきた。

病院の出資者でもある矢沢はいばり散らし、“ペット持ち込み禁止”という院内規則などおかまいなしに、愛鳥を特別個室で飼いはじめる。

ゆり子は看護師長・尾島和子(YOU)から矢沢の担当を押し付けられるが、金の無心に現れた翔のために病室を離れたところ、その隙に小鳥が消えてしまった!

責任を取らされ意気消沈するゆり子に、好意を寄せる医師・池目亮介(勝地涼)が優しく声をかけ…。

「ゆり子に捨てられたくない…でも、働きたくない」。

人生最大の選択を迫られるヒモ男・翔がとった行動とは…!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 のネタバレ

ユリコは同僚のコノミの彼氏だったダメ男の愚痴を聞いていた。


ユリコにとっては他人ごとではないため、気まずそうにしている。


ユリコが部屋に帰ると、翔はおなかが空いて倒れていた。


お金を置いていったハズだと指摘するが、翔はどぶに落としたと嘘をつく。


ユリコはパチンコですったのだと即座に指摘する。


翔はユリコの持って帰った同僚からもらったお土産の人形をネットで売ろうとしていたため、ユリコは慌てて止める。


困っているユリコを翔は後ろから抱きしめて
“大好き、1000円頂戴”
といって金を求める。





翔がユリコの部屋にやってきて三週間が経過していた。


ユリコは翔が来てから出費が増えたため、働くように促す。


すると、翔は
“メキシコの漁師”
の話をしだす。


“金と時間をたくさん得ても、今の暮らしと大差ない。俺もメキシコの漁師と一緒”
と翔はまとめると、ユリコは納得してしまう。


しかし、布団に入りふと考えると
“一緒じゃない、漁師は最低限の仕事してるし”
と正気に戻る。






ユリコは同僚の先輩の田辺に翔のことを相談すると、“ヒモ”だと指摘する。


詳しい話を聞くと、田辺は“相当ポテンシャルの高いヒモ”と警告する。


田辺の友人はヒモに貯金の500万すべてつかわれてしまったのだという。


医師の池目がやってきてゼリーを差し入れる。


池目はユリコを気に入っていた。





ユリコが部屋に帰ると、上からゴミが降ってくる。


ユリコが朝依頼していたゴミ出しを、翔は部屋から行っていた。


ユリコは通帳を見せて金銭面の危機を伝える。


すると、翔は何か思い立ったように外出する。


ユリコは困惑してついていく。


翔はハローワークに行って熱心に調べていた。


ユリコは翔が仕事を探しているを思い安心する。


翔はそのあと河川敷に行く。


翔は大量の雑草をもって帰ってくる。


それらの雑草はすべて食べることができるのだという。


また、ハローワークには部屋を失っても雨風しのべるスペースがあるという。


“ホームレスになっても一緒にいよう”
という翔に、ユリコは
“ゴメン、翔ちゃんのこと試した”
と謝る。


翔は
“そんなことで怒ったりしない”
といって二人で雑草を鍋にする。


その日の夜
ユリコは布団で正気に戻り
“ホームレスにはなりたくない、何も解決していない”
と嘆く。





翔は翌日にお腹を壊して病院に行っていた。


お金が足りないため、その病院で働いているユリコに金を貰いに行く。


ユリコは矢沢という面倒な患者の相手をすることになる。


矢沢は病院に金を出している重要人物で、病室にインコを連れ込んだりとやりたい放題だった。


みんな矢沢の担当になるのを嫌がっていたが、ユリコは矢沢の相手を押し付けられてしまう。


矢沢はインコの世話をユリコに押し付ける。


翔はユリコを探していると、池目が居場所を教えてあげる。


翔は矢沢の病室に行くと、ユリコは矢沢に責められて大変そうだった。


矢沢が検査で席を外すので、翔は病室に入りユリコに話しかける。


ユリコは翔がいることに驚き、翔はお金がないことを説明する。


ユリコが金をとりに行っている間、翔はユリコの代わりにインコの餌を作って食べさせる。


翔はおなかが痛くなり、慌ててトイレに駆け込む。


翔がトイレから戻ってくると、インコは籠から消えていた。


窓が開いているため、外に出て行ってしまったようだった。


翔が病院の廊下でインコを探していると、ユリコがお金をもってやってくる。


翔は大事なインコを逃がしてしまったことを言い出せなかった。


翔は病院から出ると
“同じやつ買えばいい”
と思い調べると最低でも3万円はするインコだった。


部屋に帰り部屋中をあさって金になりそうなものを探す。


ユリコの大事な漫画を全巻売りに行くが、1000円にしかならなかった。


翔は1000円を三万円にするためパチンコに行くが、あっという間にすってしまう。


公園で途方に暮れるが
“まあいいか、鳥くらい”
とすぐにどうでもよくなる。


公園で子供たちとサッカーで遊んだ後、行きつけの居酒屋で一杯ひっかける。


マスターは翔の心配をするが、翔はメキシコの漁師の話をしだす。


しかし、その話はマスターが翔にした話で、翔が認識しているような話ではなかった。


“いま頼りにしているものは、当たり前にあるわけではない”
という話で、マスターは翔に注意する。





矢沢の病室ではインコがいなくなって矢沢が激怒していた。


ユリコは翔が逃がしたのだと察しがついた。


ユリコは部屋に帰ってきた翔にインコのことを追及する。


翔の言い訳を聞くがユリコは
“完全にお前じゃん、私クビになるかもしれない”
と怒っていた。


翔はペットショップで買ってこようというが、ユリコは呆れていた。


お気に入りの漫画がないことに気づくと、翔はインコを買う資金にしたと言い出す。


翔は
“ちゃんと自力で取り戻す、いつか返す”
と言い出すが、ユリコは今回は誤魔化されなかった。


“もう翔ちゃんとやっていけない”
とユリコに言われて、翔はユリコに捨てられる危機に気づく。





翔は翌日、通行人に聞き込みをしてインコを探す。


すると、野鳥ウォッチャーから手掛かりを聞いて、林の中を探しに行く。


しかし、すぐに諦める。





病院で池目はユリコの心配をしていた。


池目はユリコを夕食に誘い、ユリコが失業しても自分が面倒を見ると宣言する。


ユリコはポカンとして話を聞いていた。


池目はカードを取り出してスマートに会計を終える。





ユリコは町で翔が女性に話しかけているのを見つける。


田辺に相談すると
“次の寄生先を見つけたのね”
と指摘される。


話を聞いていると、田辺の話は友人ではなく自分の話だった。


田辺は自分の経験を思い出し、ユリコに
“ヒモとの関係に未来はない、あいつらは自分のことしか考えていない”
と熱弁する。


ユリコは矢沢に呼ばれて病室に行く。


矢沢はインコが見つからなくて怒っていた。


インコが見つからなかった場合、ユリコを退職させるだけでなく、訴えると言い出す。


すると、ボロボロの姿の翔がやってくる。


翔は
“彼女から頼まれたものを届けに来ました”
といって、インコが入っている籠を持ってくる。


矢沢は
“ペーちゃん”
とインコに駆け寄って話しかけていた。


翔は人づてに調査をして探し出したとユリコに伝える。


“看護師としてのユリコが大好きだからやめてほしくない”
とユリコにいって、矢沢にユリコのクビの話を無しにしてもらうように懇願する。


さらに、インコの世話という余計な仕事をユリコにさせたことに対してお金を払うように要求する。


“やらなくていい仕事押し付けられて…あなたを訴えたら勝てるのでは?”
と翔は主張する。


矢沢は
“面白いことを言う、会社どこだ?俺にたてついて職を失った人間は何人もいる”
と言い出すが、翔は
“見くびらないでください、俺は無職です。あなたがどんな権力を持っていようと、無職の前では無力です”
と見えを切る。


矢沢は君はこんな男と付き合っているのか?と呆れていた。


ユリコは
“私もこれから無職になるからお見合い、無職になったら絶対あなたを訴える”
という。


翔もそれに乗っかって
“俺たちはホームレスになっても一緒にいようって誓った中なんです”
というと、ユリコは翔の頬をはたいて胸ぐらをつかみ
“それは誓ってない”
とこれまでの不満をぶちまける。


ユリコは翔を連れて帰ろうとすると、矢沢は
“看護師辞めなくていいから訴えないでくれ”
と頭を下げる。


ユリコは辞めなくてよくなり同僚たちから喜ばれる。


ユリコは池目に
“病院に残れることになりました、彼のおかげです”
と報告に行くと、池目は祝福しつつも面白くなさそうだった。


インコを逃がしたのは実は池目だった。


翔がおなかを壊した隙に病室に入り込み、インコを窓から逃がしていた。


池目は
“仕事がなくなれば金持ちのところに来るだろ普通”
とトイレで愚痴っていた。





ユリコは部屋に帰り翔にお礼を言う。


翔はインコを見つけた経緯を説明する。


バードウオッチングが趣味の人をツテに、似たようなインコの繁殖に成功させた人に安く譲ってもらったのだという。


安くても一万円したというので、ユリコは嫌な予感がしていた。


翔はユリコの秋と冬の服を全部売ってしまっていた。


ユリコは
“翔ちゃんが頑張ってインコ探したの仕事辞められたら困るからでしょ”
と指摘すると、翔は図星だったようで噴き出す。


翔は慌てて買い戻してきたユリコの漫画を持ってきて見せる。


ユリコは機嫌を直して翔に抱き着く。


その晩
ユリコは布団の中で正気に戻り
“漫画買い戻したのも結局私のお金じゃないか”
と気付く。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 の感想

“無職の前では無力”というパワーワードに失笑しました。


しかし、あながち見当違いな言葉でもありません。


この言葉を聞いてカイジのEカードを思い出しました。


詳しいルールは省きますが“皇帝”のカードは“市民”に勝てます。


“市民”のカードは“奴隷”に勝てます。


そして、何も持たざる者である“奴隷”は多くを持つ“皇帝”に勝てます。


翔は“奴隷”で、矢沢は“皇帝”で、ユリコは“市民”という構図でした。


ユリコは“市民”のため“皇帝”である矢沢には逆らえません。


しかし、ユリコは“奴隷”になる宣言をします。


矢沢は“皇帝”のため、何も持たざるものである“奴隷”と勝負しても、自分にデメリットしかないことにすぐに気づき、勝負を降りています。


Eカードが非常によくできたゲームなのだなと感心しました。


“奴隷”の翔は“市民”であるユリコのご機嫌を何とかとることで生きながらえています。


しかし、“奴隷”は働いていますが、翔はヒモであり働いていません。


翔は“奴隷”よりはるか下に位置する存在なは間違いないでしょう…

⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話の動画を無料で観る方法

 
無料で「ヒモメン」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「ヒモメン」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「ヒモメン」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※ヒモメンは、2019年3月31日までの配信です。


2話

2話 のあらすじ

「連れていきたい場所がある」と、同棲中のヒモ彼氏・碑文谷翔(窪田正孝)に連れ出された、春日ゆり子(川口春奈)。

到着した先は――なんと結婚式場!ゆり子はプロポーズされたものと思い込み、感動の涙を浮かべる…!

ところが、翔の目当ては、式場で開催されていた無料の食事会だったのだ…!

歓喜から一転、奈落の底に突き落とされたゆり子は、がく然とするばかり。

しかも困ったことに、その式場でウエディングプランナーである姉の桜子(片瀬那奈)とバッタリ遭遇してしまう。

男性を仕事や年収で判断するタイプの桜子に、無職の翔を会わせたら必ず別れさせられる…。

そう考えたゆり子は、とっさに翔の存在を隠す。

そんな中、“だめんず”とばかり付き合ってきた先輩看護師・田辺聡子(佐藤仁美)が、翔のヒモっぷりを見るため、ゆり子の自宅まで来てくれることになった。

しかし、なぜか後輩看護師の浜野このみ(岡田結実)や医師の池目亮介(勝地涼)まで乱入!

実は、ゆり子に好意を抱く池目は、このみが“ヒモ男”という存在を毛嫌いしていることを利用し、ゆり子たちを破局に追い込もうと企んでいたのだ。

ところがなんと、桜子までもがアポなしで突撃してきたから大混乱!

桜子は、翔が無料試食会でデタラメに記入したアンケートから、翔の職業を医師だと思いこんでいた。

桜子の手前、ゆり子は池目に翔のフリをしてもらうが、それがさらなる波乱を生み、翔は人生最大のピンチに襲われることに…!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話 のネタバレ

翔はユリコを誘って結婚式場に出かける。


ユリコは戸惑いつつも喜んでいた。


二人はアンケートにもこたえる。


翔は半年後に結婚予定だと担当者に応えていた。


試食会上に案内されると、翔はタッパーを持ち出す。


ユリコは訳が分からなかった。


翔は結婚式をするつもりは全く無く、結婚するカップルを装って無料試食会に来るのが目的だった。


ユリコは
“コレはないわ”
と激怒する。


ユリコは怒りながら帰ろうとしていると、翔は何とか取り繕うとする。


ユリコは姉の姿を見つけて、慌てて翔に飲み物を買ってくるように指示する。


ユリコの姉の桜子はユリコに気づいて話しかけてくる。


桜子は最近その職場に引き抜かれてきたのだという。


桜子はユリコが結婚するために来たのだと思うが、ユリコは適当に誤魔化して話を切り上げる。


翔はユリコに飲み物を渡す。


翔は桜子に気づきあいさつしたがるが、ユリコは桜子に翔を知られたら100%別れさせられることを伝える。





ユリコは職場で田辺に報告する。


田辺も翔に呆れていた。


アドバイスをするために、週末に翔に会いたいという。


コノミが
“ヒモってどう思います?”
と話かけてくる。


友人の彼氏がヒモだったのだという。


コノミは腹が立ったので、その彼氏の写真をSNSで晒したのだという。


池目もコノミに同意見の様子だった。





桜子からユリコに電話が入る。


桜子はユリコが書いたアンケートを見たらしく、結婚すると思い込んでいた。


翔は職業を“医者”と書いていたので、桜子は大喜びだった。


すぐに翔に会いたいというので、ユリコは慌てて電話を切る。





翔は行きつけの居酒屋で大量の5円玉を調べていた。


800円の価値がある5円玉がごくまれにあるのだという。


やっと見つけ出すが、マスターに“飲み代”として徴収される。


マスターはお返しにと福引券を渡す。





週末
ユリコは田辺を駅に迎えに行く。


翔には言っていなかった。


ギリギリで翔に電話をして、ユリコと田辺は部屋に行く。


すると、翔はちゃんとした服を着て髪もセットして待っていた。


普段のだらしない様子ではなく“ネットトレーダー”と名乗っていた。


ユリコは
“意外と外面がいい…”
と呆れていた。


田辺は翔が無職だと知っているが、様子を見たいためあえて黙っていることにする。


田辺は呆れきっていたが適当に話を合わせることにする。


翔は田辺の恋愛遍歴を聞いて、アドバイスをしだす。


ユリコはそれを聞いて呆れていた。


しかし、田辺が“ダメ男が好き”と聞くと、翔はカッコつける必要がなくなったと思いいつも通りの姿になる。


田辺はその様子を見て“ダメ男好き”な性分が反応して気に入った様子だった。


客が来るので、翔が対応する。


客はコノミと池目だった。


突然の来賓にユリコは驚いていた。


池目が巧妙にこの状況をセッティングしていた。


コノミがSNSに翔の写真を投稿して、ヒモだと晒せば自分の手を汚さずに二人を別れさせることができると思っていた。


コノミは早速みんなの集合写真をSNSにアップする。


翔は“ネットトレーダー”というので、池目はボロが出るように質問をする。


ボロが出ているが、コノミは難しい話についていけず退屈そうだった。


コノミはイベントの予定があり帰るという。


ユリコは翔と一緒にコノミをタクシーをとれる場所まで送る。


翔は競輪に行きたいため
“2千円頂戴”
というので、ユリコは
“今日は気を使わせちゃったし…”
といって金を渡す。


ユリコが部屋に戻ると、池目と田辺も帰るという。


チャイムが鳴るので誰が来たかと確認すると、桜子が部屋の前にいた。


桜子は居留守を使おうとするが、桜子は部屋にいることに気づき強引に乗り込んでくる。


ユリコは田辺と池目に相談をする。


すると、池目は自分が翔のフリをすると提案して、それで乗り切ることにする。


桜子は部屋に入り池目と挨拶をする。


桜子は池目を一目見て気に入ったようだった。


池目は恋人のフリをしてそのままユリコが自分のことを好きになる作戦を考える。


桜子は池目に質問をするが、池目は完璧な返しをする。


しかし、翔が帰ってきて“競輪で勝った”といってお土産を渡す。


田辺がとっさに
“私の彼氏の山田翔くんです”
といって誤魔化そうとする。


ユリコは翔にも話を合わせるように伝える。


適当に話を合わせていたが、すぐにボロが出る。


コノミが充電器を忘れたといって帰ってくる。


コノミは事情を知らないため、翔とユリコのツーショット写真を撮りたいといって完全にバレる。


翔は改めて桜子に自己紹介する。





池目たちは帰り、桜子と翔とユリコの三人になる。


桜子は
“仕事をしないヒモに大事な妹は託せません”
というが、翔は
“俺ってヒモなんですか?”
とヒモである自覚すらなく、ユリコも桜子も呆れていた。


桜子のもっともすぎる指摘に、翔は物おじせず
“本当にユリコを幸せにしようと思っています”
という。


桜子はユリコの結婚式場でのアンケートを持ち出し、見積もりを作っていた。


ユリコが希望する式を挙げるには128万円必要だった。


それができなければユリコと別れてもらうという桜子に、翔は“必ず何とかする”とこたえる。





翔は競輪で2万円勝ったので気が大きくなっていた。


ユリコは桜子の本気度を改めて説明する。


翔はマズいと思い動き出す。


ダンスレッスン中の居酒屋のマスターに金を借りに行くが、マスターは金額を聞いて呆れて翔を突き放す。


翔は競輪で勝った二万をさらに増やそうとするが、アッサリ負けてしまう。


3日後
翔はやってきた桜子に5万円だけわたす。


翔は桜子が持ってきた明細を持ち出し説明をしだす。


明細を一つずつ指摘して、自分のコネを使って節約できていくのを説明する。


余興をその場で見せるといって
“イッツショータイム”
と合図するが、まだ準備ができていないため始まらなかった。


さらに、ウエディング系の専門学校は本番研修のため、頼むと5000円ほどで全部してくれるのだという。


桜子は
“しきるのが学生じゃ…”
というので、翔は桜子が無償で仕切ればいいと主張する。


披露宴は居酒屋でするというので、合計15000円ほどでユリコを幸せにできる結婚式は行えるという。


桜子は呆れていたが、ユリコは翔が一生懸命考えたのだと思い見直していた。


桜子は何とかしてユリコの目を覚まさせたいため
“婚約指輪は?”
というと、翔はその辺から赤い針金を持ち出す。


翔は
“婚約指輪は給料3か月分だが、俺は0だからコレで…”
といって、ユリコの左手の薬指に巻き付ける。


桜子は呆れかえっていたが、ユリコは号泣して喜んでいた。


ユリコは桜子に
“私の幸せは私に決めさせて、翔ちゃんと別れたくない…。一緒にいたい”
と懇願する。


すると、居酒屋のマスターたちが踊りながら入ってくる。


翔は
“今じゃないから”
と注意する。


桜子が
“やめなさい”
というので、静かになる。


桜子はもう少し見極める時間をあげるといって帰っていく。


マスターは
“よかったじゃないか”
といって、翔も誘って踊りだす。





桜子はその晩、翔にどのようにしてアイディアを出したか聞いてみる。


競輪のレースは外したが、舞っている外れ券を見て“結婚式のライスシャワーみたい”と思ったのだという。


他のもので代役はできると思い、福引の現金つかみ取りで得た金を元手をしていた。


ユリコは感激していると、翔は
“だって結婚式ってお金になる。この方法なら1回で250万ほどが自分たちの総取りになる。毎年結婚式をすれば働かなくていい”
と嬉々として得意気に説明する。


ユリコはそんな理由で結婚をしようと言い出した翔に激怒して殴りつける。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話 の感想

今回ばかりは桜子が正論すぎますね…


子供時代の様子を見ると、桜子はユリコに対して過干渉すぎる気がします。


年が8歳も離れているため、桜子にとってユリコは娘のような心境なのかもしれません。


“子(妹)離れできない毒親(毒姉)”という印象を受けました。


ですが、桜子は何でもかんでもダメなわけではなく、池目を見たときはすぐに気に入っていました。


この様子から、桜子は本当にユリコの幸せを望んでいるのは伺えます。





桜子は翔のダメダメっぷりをまだ甘く見ているのかもしれません。


“ユリコの幸せを考えて、金がないなりに考えたのか…”
と思いきや、翔は
“結婚式は金が儲かるから元で無しですればめっちゃ儲かる!”
という非常に短絡的な考えでした。


この翔の真意を桜子は知ったら、“もう少し様子見”という生ぬるい決断ではなく、速攻であの部屋から追い出していたと思います。





もしかしたら今後、桜子は池目と組んで翔をユリコから引き離す作戦をとるかもしれません。


そうなったらどんな作戦が飛び出すのか面白そうです。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話の動画を無料で観る方法

 
無料で「ヒモメン」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「ヒモメン」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「ヒモメン」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※ヒモメンは、2019年3月31日までの配信です。


3話

3話 のあらすじ

春日ゆり子(川口春奈)はヒモ彼氏・碑文谷翔(窪田正孝)に毎日、お小遣いの500円を鍵付きの手提げ金庫に入れて渡すことにした。

「仕事を探すか、家事をするか、そのどちらかに取り組んだら暗証番号を教える」という取り決めにしたのだが、そこにはゆり子の乙女心が隠されていた。

実は、暗証番号として設定した4桁の数字は、ゆり子の誕生日。

ゆり子は間近に迫った自分の誕生日のことを、翔に考えてもらいたかったのだ。

だが、そんな乙女心など知るよしもない翔は、なにかヒントはないか家中を捜索!帰宅したゆり子は、自分の誕生日を忘れている翔にがく然とする。

怒ったゆり子から小遣いナシを宣告された翔は、部屋をあさっているときに見つけた3枚の食事券を持って、行きつけの居酒屋へ。

そこで、“成功したら賞金1万円”というカレー大食いにチャレンジする。

だが、その食事券は、絶対に使ってはいけないモノだった…!?
食べ過ぎで病院に運び込まれてきた翔が、大切な食事券のうち1枚を使ったと聞いて、ゆり子はがく然。

そんな中、公費の不正使用疑惑で追及を受けている国会議員・森山圭子(西尾まり)が緊急入院してきた。

その矢先、お食事券の残り2枚がなくなっていることに気づいた翔。

たまたま圭子と秘書・長谷部恵(小沢真珠)の会話で“お食事券”という言葉が飛び交う。

長谷部が食事券を盗んだものと思った翔は、それさえ取り戻せばゆり子も帰ってくると信じ込む。

しかし、議員たちの会話は巨額“汚職事件”についてだった!? “人生最大の勘違い”をした翔が、圭子たちを追い詰めるべく取った行動とは…!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話 のネタバレ

ユリコは500円をせびる翔に金庫を見せつける。


暗証番号は4桁で、家事をしたら教えてあげるといって仕事に出かける。


ユリコはそのことを田辺に話すが、田辺は無駄だという。


しかし、ユリコの狙いは翔が4桁の暗証番号を自力で探し当てることだった。


暗証番号はユリコの誕生日だった。


少し考えれば容易に予想がつくモノだった。


ユリコは福引であてた食事券で、誕生日に翔とファミレスに行くのを楽しみにしていた。


ユリコが家に帰ると、翔は金づちで金庫を叩いて強行突破しようとしていた。


その姿をみたユリコは悲鳴を上げてあきれ果てる。


翔は暗証番号の見当がつかない様子だった。


ユリコが自分の誕生日だと告げて
“開けていいよ”
といってから、バッグをその場において隣の部屋に行く。


翔はユリコの誕生日を忘れたことをとぼけ通そうとしていた。


翔はユリコがいない隙にバッグを漁り、免許証でユリコの誕生日を確認して金庫を開ける。


500円を握りしめて大喜びの翔を、ユリコはカーテンの隙間からしっかりと見ていた。


ユリコは弁解しようとする翔を殴ってふて寝する。





ユリコは翔を無視したまま仕事に出かける。


翔はお小遣い無しを愚痴っていた。


部屋を漁ると3000円分の食事券を発見して行きつけの居酒屋に行く。


マスターが大食いチャレンジを始めたというので、賞金一万円のため翔はチャレンジをする。


ユリコは病院で田辺に翔のことを報告すると、“ヒモの風上にも置けない”といわれる。


急患が運び込まれてユリコが対応すると、運び込まれたのは翔だった。


池目が翔の腹を触って様子を見ると、胃痙攣だった。


池目は強めに翔の腹を押して翔を痛がらせる。


池目は翔を入院させることにする。


大食いで運び込まれたことを知りユリコは呆れていた。


マスターが翔はユリコにネックレスとプレゼントしたくて頑張ったと説明する。


翔は握りしめた一万円をユリコに渡すと、ユリコは大喜びする。


翔はネックレスを買うために二回挑戦したことを告げる。


二回目で失敗したので、そのための費用を差し引かれる。


焼き鳥の盛り合わせは、食事券で払ったことを告げてマスターは帰っていく。


ユリコは自分がとっておいた食事券を勝手に使った翔に激怒する。


様子を見に来た池目と腕を組み
“好きな人ができた、池目先生と付き合うことにした。これ以上一緒にいられない”
というと、翔は絶叫して驚く。





池目がユリコに提案した
“ショック療法”
だった。


しかし、池目の狙いは本当にそのままユリコと付き合うことだった。


ユリコは池目の親切心だと信じ込んでいた。


看護師たちで森山という国会議員が入院してくるのが話題になる。


翔を個室から追い出して森山を入れることになり、ユリコが担当となる。


森山は公費の使い込み疑惑で追及中の身で、偽装入院だった。


翔はユリコが起こっている原因が食事券だと田辺に知らされて、残りの食事券を探しに個室に戻る。


個室は既にユリコが整理していたため、何もなかった。


翔は腹が痛くなりトイレに籠っていると、ユリコが森山と秘書を連れてきてしまう。


翔はトイレで息を潜めていた。


森山と秘書は
“汚職事件で騒がれたらたまらない”

“2000もの額”

“会食”
というフレーズで話していた。


翔は二人が自分の“お食事券”を奪ったと勘違いして“おしょくじけん”について追及する。


翔に追及された二人は“汚職事件”の全容を掴まれたと勘違いして仲間割れを始める。


ユリコがやってきて、慌てて翔を連れていく。


森山と秘書は口論になっていた。





翔は自分の病室に戻ると、記者が接触を図りに来る。


記者は森山たちを追っており、森山の個室に入っていた翔から情報を引き出そうとしていた。


翔は記者に何か言われたらしく、動き出す。


翔はユリコに森山たちにお食事券を盗まれたことを改めて告げるが、ユリコは相手にしていない。


呆れたユリコは翔の前で池目と腕を組んで見せる。


ユリコが
“もし働くのなら考え直すかも…”
というと、翔は悩んでいる。


池目は去り際に
“君も一緒に住んでみる?”
と軽口を叩く。






翔はお食事券を見つければユリコは戻ってくると思い、そのお食事券は議員が盗んだと勘違いをしていた。


翔は森山の病室のベッドの下に潜り込み、スマホで録音をする。





夕方になると、森山のことがネットニュースになっていた。


森山の写真がとられており、豪華な弁当を食べていた。


担当のユリコが情報を流したと、ユリコが疑われてしまう。


病院の院長もやってきて激怒していた。





森山の病室では、秘書が証拠は残っていないと楽観視していた。


森山は秘書を追及すると、その情報を漏らしたのは秘書だった。


先ほどとっさに翔に対して、森山は“秘書がやった”といったことに対しての報復だという。


秘書は記者会見も用意しているため、自分のシナリオ通り動くように森山に指示を出す。


森山は病室のベッドに座っていると、翔のいびきに気づく。


森山は翔と話をすると、翔がマスコミでないことが明らかになる。


翔は秘書がお食事券を盗んだのだと思っており
“お食事券について話すように説得してほしい”
という。


森山は自分が全容を話すことで、たくさんの人を落胆させてしまうことを心配していた。


翔は
“楽に生きましょう。やなことはやらない。自分の気持ちに正直に生きる”
といって、無職だと明かす。


森山は呆れて苦笑いするが、元気づけられた様子だった。


秘書が病室にやってきて、翔は“お食事券”について追及する。


秘書は田辺を呼んで、翔を退室させる。


翔は帰る準備をしていたが、翔はスマホの録音に気づく。





森山の会見が行われて、リアルタイムでユリコたちも見ていた。


森山に対して記者たちは追及をするが、森山は“記憶にない”ととぼけ通す。


翔が会見に乱入して
“お食事券の証拠をつかんだ”
といってスマホの録音を再生する。


ユリコたちは驚いてテレビに食い入る。


翔が再生した録音は
“汚職事件”
の決定的な証言だった。


翔は秘書に詰め寄り
“これでもまだとぼけるんですか?”
と詰め寄る。


しかし、翔の言動はややおかしかった。


“お食事券を使う”

“あなたは私から2000円も奪った”

と主張する。


秘書は何のことだかわからなかった。


テレビを見ていたユリコだけが、翔の言葉に気づいていた。


記者が秘書に詰め寄ると、森山が
“秘書に弱みを握られて、秘書がすべてやった”
と白状しだす。


翔は
“汚職”
という言葉を聞いて
“お食事券”
ではなく
“汚職事件”
だと気付く。


森山が秘書に握られた弱みとは、秘書の旦那と肉体関係を持ったことだった。


森山は洗いざらい話し出し、記者たちは席を立ち一斉に駆け寄る。


森山はすべて話してスッキリした表情をしていた。


翔はどさくさに紛れて会見場から去っていく。


翔はふとポケットをまさぐると、残りの二枚のお食事券を発見する。





ユリコは池目に
“ショック療法効いたみたいです”
とお礼を言う。


池目は
“よかった”
といいつつも悔しそうだった。





翔は家でユリコにお食事券を返す。


ユリコは池目と付き合うという嘘をついていたことを謝罪する。


すると、翔はネックレスをユリコにプレゼントする。


ユリコは大喜びするが、金の出所を聞いてみる。


翔は記者に頼まれた写真を撮影したのだという。


その写真は偽装入院の証拠写真で、そのせいでユリコはクビのピンチになっていた。


ユリコは翔のせいでクビになりかけたことを認識して
“あの写真のせいでクビになりそうだった。もう無理”
といって、ネックレスを翔に投げつけて部屋から追い出す。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話 の感想

翔はフードファイターとして才能を開花させればいいのでは!?


ちょっと昔ならフードファイターが金になっていた時代があったので、翔は遅すぎたヒーローだったのかもしれません。


細身な体は意外と大食いに向いているらしいですし…






翔は今回はさすがにまずかったですね。


田辺も言っていた通り“彼女の誕生日”を忘れているのはヒモとしては致命的だと思います。


“だったらどこで点数稼ぎするんだよ…”
とツッコミたくなりました。


おそらくはヒモを囲う女性の心理は
“私のことを誰よりも想ってほしい(その代わり養ってあげる…できれば働いてほしいけど…)”
というものだと思います。


“ソコ”を押さえているからこそヒモという関係は成り立つと思うので、田辺の言う通り“ソコ”をおろそかにしてしまった翔はもうだめなのかもしれませんね。


毎回毎回、学習能力のないユリコですが、今回はさすがに無理だと思ったようで翔を追い出していました。


翔はそれでも働かないと思いますが、働かずしてどのように挽回するのか注目になりそうです。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話の動画を無料で観る方法

 
無料で「ヒモメン」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「ヒモメン」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「ヒモメン」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※ヒモメンは、2019年3月31日までの配信です。


4話

4話 のあらすじ

「ちゃんと就職しなければ付き合えない」――同棲相手の春日ゆり子(川口春奈)にそう宣告され、家を追い出されたヒモメン・碑文谷翔(窪田正孝)は、ゆり子が勤める病院の医師・池目亮介(勝地涼)のマンションにちゃっかり転がり込む。

ゆり子のことが好きな池目は、翔を助けるふりをして、受かるはずもない大手電機メーカーの人事担当者との面接をセッティング。

面接に撃沈して、翔とゆり子を永遠に別れさせようと目論む。

そんなこととは知らない翔は、「サラリーマンはどんなことをしても領収書を切れば、会社から経費として金が戻って来る」と池目から説明され、がぜん就職する気になる…!

しかし、面接に向かったところ、翔はAIロボット開発のために招かれた中国・上海のエリート技術者“リン・シャオチャン”と間違われ、開発室長の手柴(長谷川朝晴)に別室へと連れていかれてしまう。

プロジェクト存亡の危機に立たされている手柴らは翔のことをシャオチャンだと信じて疑わず、翔はよくわからないながらも開発メンバーの一員に。

さっそく翔はゆり子に就職したことを連絡するが、池目から翔が面接をすっぽかしたと聞かされていたゆり子はまったく信じようとしない。

そんな中、ライバル社がAIロボットの開発に成功し、発表会を行うという情報が入った。

手柴たちが開発中のAIロボはまだ完成前だったが、急きょ対抗して発表イベントを開くことに。

残された時間はわずか1日…プロジェクトの命運が翔に託されてしまう!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話 のネタバレ

翔はユリコに追い出されて、池目の家に転がり込む。


池目は狼狽するが、翔は以前の池目の発言をめざとく指摘して居座る。


池目は慌てて部屋の中のユリコの写真などを片付ける。


池目は翔の分も晩御飯を用意してあげて、ユリコと何があったか話を聞く。


翔は
“まだ本気出してないだけ”
という思考を池目は把握する。


池目は仕事を翔に紹介するという。


そうすればユリコと復縁できることを指摘して、面接は自分が上手く手を回すことをいうと翔は乗り気になっていた。


さらに、池目はサラリーマンは領収書でいろいろ帰ることを指摘する。


翔はサラリーマンに魅力を感じて、池目の紹介で会社を面接に行くことを決める。


翌日の10時に面接が決まる。


池目は
“受かるわけない”
と確信していた。





翔が面接をする会社では、ある部門が危機に瀕していた。


AIの開発部門で、一発逆転を図って中国の開発者を招待する準備ができていた。


翔は池目にスーツを用意してもらい、綺麗な身なりをして面接に行く。


池目は病院でユリコに翔の現状を報告する。


ユリコは翔が池目のところにいるのを申し訳なさそうにしていた。





翔が会社に行くと、中国人を待っていた社員たちは翔がその中国人だと勘違いする。


その中国人は“シャオ・チャン”という名前だった。


“シャオ・チャン”と呼ぶと、翔は“翔ちゃん”と呼ばれたと勘違いして返事をする。


本物のシャオチャンは日本に来てすらいなかった。


企画書を見て“泥船に乗るところだった”と企画書を投げ捨てていた。


翔は挨拶のやり取りを面接だと勘違いして合格を確信していた。


翔はいい気になり無茶な要求をしまくるが、社員たちは追い詰められていたため全面的に要求を呑む。


翔は早速開発室に案内される。


AIロボの試作品を見せられて、翔は落としてしまう。


すると、簡単に壊れてしまうが、“耐久テスト”だと勘違いされるので、翔はそれに乗っかる。


翔は
“仕事決まった”
とユリコにメッセージを送る。


しかし、池目はそれは嘘だと指摘する。


翔が面接をすっぽかしたという連絡は池目にも来ていた。


ユリコは
“嘘つき”
と返事を送ると、翔はどうにかして信じてもらおうと考える。





開発部ではAI開発の中止の連絡がきて騒然となっていた。


社員たちは社長を説得に行く。


翔もついていって、よくわからないが土下座で懇願する。


翔は
“サラリーマンっぽい”
と満足そうで、その動画を撮影していた。


翔はそのまま病院に行く。


働いている証拠として、土下座の動画を見せようとする。


すると、社員がやってきて、翔の熱意が伝わってAI開発が中止にならなくなったことを告げる。


ユリコや池目たちは何が何だかわからなかった。


翔はあさってイベントがあるので見に来るように誘う。





池目は家に帰り、翔に話を聞くと翔は
“池目先生のおかげ”
と感謝していた。


“まさか本当に更生させてしまったのか?”
と池目は狼狽する。


しかし、洗濯をするように言うと、翔は洗濯物をまとめてファブリーズしただけだった。


池目は悔しがっていると“社外秘”と書かれている翔が持っていた資料を発見する。





翌日
翔は出勤すると、社外秘の資料がなくなっていることに気づくが気にしなかった。


池目はその資料をライバル会社に翔の名義で送っていた。


池目は
“コレでアイツもクビだ”
とほくそ笑む。





会社では試作機が完成していた。


あとはプログラムの改良だけとなり、翔は期待されていた。


ユリコは翔の話を嘘だと思っていたが、田辺にイベントに行って確かめるように勧められる。


翔は仕事についての本格的な話を持ち掛けられて、徐々に違和感に気づく。


開発責任者がやってきて
“リン・シャオチャン”
と間違われていることに本格的に気づく。


翔は
“ヤバイ”
と思うが、AIは明日には完成すると大見えを切る。


その後、社員の手島を連れて行きつけの食堂に行きすべてを話す。


手島は頭を抱えて驚愕する。


翔は
“何とか明日まで誤魔化してください”
と懇願するが、手島は
“いまさらニセモノなんて言えない”
という。


翔は安心するが、手島は今までの辛かったことを話し出す。


開発責任者はAIの開発には興味が無く、ズルいことをして昇進のことしか考えていなかった。


それを聞いた翔は
“手島さんは好きなことを仕事にしてるように見えたけど、違うんですね”
と軽口を叩く。


手島は開発部の同僚にも翔のことを話す。


手島は
“明日、みんなで会社を騙さないか”
とある提案をする。





AIロボのイベントには沢山のお客さんが訪れていた。


“ウシボ”というAIで、運ばれてきたロボの下には人が一人入れるスペースがあった。


ユリコと田辺と一緒に池目も来ていた。


司会者とウシボのやり取りは問題なく進む。


小さい子供の返事にもウシボは冗談交じりで返していた。


手島は開発部長に挨拶に行くと、開発部長は
“よく間に合わせた”
と満足そうだった。


ユリコが翔に電話してみると、ウシボの下から着信音がしてくる。


翔はウシボの声をしていることを忘れて、ユリコと会話をする。


ユリコや池目や田辺はウシボの仕組みを察する。


開発責任者の黒川は得意げに
“もっと難しい質問をしたい方は?”
というと、池目が手を挙げて前に出る。


池目は隙を見てウシボの下のテーブルかけを引き抜くが、箱状になっていたため中は見えない仕組みだった。


会場は騒然として池目は壇上に下ろされる。


黒川は箱から翔の足が出ていることに気づき驚愕する。


手島たちはメンテナンスといって慌てて中断する。


黒川は手島に
“責任取れ”
というが、翔は
“ご自分で責任者だってさっき言ってた”
と指摘する。


黒川は喚き散らすが、手島はついにキレて
“責任を取るのはアンタだ。アンタのために仕事してるわけじゃない”
といって、退職を宣言する。


他のメンバーも退職するといって出ていく。


後処理は黒川がすることになるが、翔は
“僕は辞めませんよ、僕の話を聞いてください”
といって、ウシボのスイッチを入れる。


翔は黒川が経費を着服していることを指摘して
“僕も経費でユリコと旅行に行くまでは辞めることができない”
というと、黒川は激怒して翔の首を言い放つ。


黒川は会場に戻り事情を説明しようとすると、記者たちから経費の流用について質問攻めされる。





手島たちは正直な気持ちになれたことについて翔にお礼を言う。


すると、ライバル会社の偉い人がやってきて、手島たちをスカウトする。


その人は池目が翔の名義で送った社外秘の資料を見て感銘を受けた様子だった。


“あなたたちの好きなように開発をしていい”
というので、手島たちは大喜びでその話を受ける。


翔が送った資料のおかげだったため、手島たちは翔に感謝をする。


翔は何のことだかわからなかった。


それを見ていた田辺はユリコに
“ユリコとの約束を守ったのかもね”
という。


翔はユリコに気づき、クビになったことを謝る。


しかし、ユリコは
“仕事お疲れ様、帰ろう”
といって、翔と手を繋いで帰る。


池目は
“全部裏目に出た”
と悔しがりながら家に帰る。





翔はユリコと家に帰り
“仕事するなら好きなことがいい、ずっとユリコといるのを仕事にしたい”
というと、ユリコは呆れるが嬉しそうに
“いていいよ”
という。





池目が家に帰ると、見知らぬ外国人が二人いた。


“おじゃましてます。民泊です!”
と挨拶される。


池目は翔が勝手に民泊を登録したのだと理解する。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話 の感想

池目が実はいい人なのではないかと思ってきました。


“全部裏目に出た”といっていますが、池目は翔がやってきた時点で追い出していれば良かったハズです。


翔のすさまじい図々しさに流されてしまったようです。


池目本人が言う通り、本当に“捨て犬をほっとけない性分”なのかもしれません。





翔は相変わらずのガチクズでしたね。


大きな恩があるはずの池目の家を勝手に民泊にして大迷惑をかけています。


“恩をあだで返す”どころではないトンデモない仕打ちでした。


本気で池目を応援したくなるレベルです…


ユリコは目を覚ます日が来るのが、池目が思っているのと同じくらい待ち遠しいです…


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話の動画を無料で観る方法

 
無料で「ヒモメン」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「ヒモメン」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「ヒモメン」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※ヒモメンは、2019年3月31日までの配信です。


5話

5話 のあらすじ

碑文谷翔(窪田正孝)と春日ゆり子(川口春奈)がレストランで食事をしていると、突然、目つきの鋭い男が2人の前に立ちはだかった。

借金の取り立てだというその男、豊川稔(音尾琢真)はゆり子が翔を養うために借金を重ねたことを明かし、なんとその額が1000万円にまでのぼったと宣告。

借金のかたに、ゆり子を連れ去ろうとする。

ゆり子を連れていかれたら暮らしていくことができない翔は、大慌てで「僕は彼女なしでは生きていけない!」と訴える。

すると、豊川は代わりに翔を働かせることに決め、翔はいきなり倉庫での重労働に駆り出されてしまう――!

実は、豊川はゆり子の先輩看護師・田辺聡子(佐藤仁美)の恋人。

元々どうしようもないヒモだったのだが、自身が立ち直ったプロセスを生かし、“ヒモ更生プログラム”を編み出して起業した人物だった。

あまりに働かない翔に業を煮やしたゆり子が聡子に頼んで”脱ヒモ作戦”を発動したのだが、そんなこととは知らない翔は“ゆり子を助けたいが、働きたくもない”という葛藤に苛まれ、またしても人生最大の岐路に立たされてしまう――!

しかも、ゆり子に片思いする医師・池目亮介(勝地涼)は翔の“脱ヒモ”を阻止するべく罠を仕掛けてきて…!?

はたして、恐怖のヒモ更生プログラムの全貌とは…!?

そして、労働の尊さを知った翔はヒモから脱却することができるのか…ついに、ヒモを卒業する!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

5話のネタバレ


翔はユリコを連れておしゃれなレストランに来ていた。


ユリコは翔のおごりだと思っていたが、事情を確認すると翔は金を持っていなかった。


ユリコは仕方なく払おうとすると、いきなり借金取りの男がやってくる。


男によると、ユリコは1000万円の借金があるというので、翔は驚愕する。


男はユリコを連れていこうとするので、翔は
“ユリコに手を出すな。彼女無しでは僕は生きていけない”
と見得を切る。


翔はユリコの代わりに男に連れていかれる。





翔は強制労働施設のような場所に連れていかれる。


借金取りの男が仕切っている更生施設のような場所だった。


翔は
“ヤバいやつだ…”
と呟きながらも、仕方なく従って労働を行う。


翔はすぐに音を上げるが、借金取りの男にユリコの身の危険を示唆される。


翔はユリコのことを想い立ち上がる。


借金取りの男はミノルという名前で、は田辺の彼氏で
“ヒモ更生プログラム”
のプロだった。


今回は翔を更生させるために、強引にプログラムに参加させていた。


ユリコに借金があるというのも嘘だった。


ミノルは田辺の元ヒモだったが、自分の成功体験を活かして何人ものヒモを更生させていた。


ユリコはミノルの力に期待していた。


その日の終わりには給料をもらえる。


しかし、給料袋は空だった。


ユリコの借金返済まで、最低でも5年は働く必要があるのだという。


翔はビールやおつまみを変えずその場で膝をつく。


しかし、ミノルが差し出すただの水道水を飲むと美味かった。


ミノルは
“それが労働の価値だ”
と、働くことの大切さを教えようとする。


翔が家に帰ると、ユリコに汲んできた工場の水道水を見せつける。


“タダだから、これを売れば儲けられる”
と楽をして稼ぐ思考は変わっていなかった。


その水を飲んでみるがあまりおいしくはなかった。





ミノルは田辺にプロポーズをする。


田辺はユリコが悩んでいることを指摘するので、ミノルは翔を脱ヒモさせたら結婚しようという。





ユリコは姉の桜子と食事の約束をしていた。


その時に、翔がお金を稼いでごちそうをするということになる。


それができなかったら桜子は別れさせるという。


翔は翌日、ユリコが何とか説得して仕事に行く。


田辺も自分の結婚がかかっているため、翔の様子を心配していた。


翔は出勤途中に池目の車に拾われる。


池目は翔がパチンコに行くようにうまく誘導する。


翔のポケットには500円のみ入っていた。


翔はユリコのことを思い葛藤していた。


パチンコで勝って、それで万馬券をあてれば1000万はかえせると楽観していた。


何とか妄想を振り払うが、池目が用意した特製のクロスワードを解いていて“パチンコ”という単語が頭の中であふれる。


翔は池目の車を飛び出してパチンコ店に入ろうとするが、事故に遭ってしまう。





翔は怪我をして病院に運び込まれる。


ユリコと田辺は心配して様子を見に行く。


翔は自転車をよけて足を軽く怪我したのだという。


翔は
“出勤途中の怪我には労災がでる”
と嬉々としていた。


すると、ミノルがやってくる。


翔は労災を要求すると、ミノルは財布から金を出す。


渡すふりをして、すぐ近くに金を落として見せると、翔はすぐに拾いに行く。


翔の足は正常なのがバレてしまう。


そのやり取りで、病院のみんなにユリコの彼氏の翔がヒモだとバレてしまう。


ミノルは
“今日だけは見逃してやる”
と帰っていく。





その晩、翔は悪びれる様子もなく、ユリコのスマホでソシャゲをしていた。


ユリコは田辺の彼氏が食洗器を買ってもらってうらやましいという話をするが、翔には伝わっていなかった。


翌日
ユリコが目を覚ますと、翔はいなかった。


“やっぱむり”
という書置きだけが机にあって、翔は逃げ出そうとしていた。


しかし、それを予想していたミノルが翔を捕獲して強引に連れていく。


工場ではなく、セミナー会場だった。


翔は自分が講義をする側だと聞かされて驚く。


ミノルは観衆に
“ヒモのカリスマ”
と翔を紹介すると拍手が起こる。


観客たちはみんなヒモ男だった。


観客たちは質疑応答すると、翔の答えにみんな感心していた。


ヒモ男たちが感心するほど、翔の思考はヒモの鏡だった。


その様子はリアルタイムで田辺とユリコに中継されている。


しかし、観客の一人から
“そろそろ彼女を乗り換えたいけどどうしたらいい?”
という質問をすると、翔は顔色を変える。


翔は
“お前ら、彼女のことを何だと思ってるんだ。彼女のことを愛していないのか?恥を知れ”
と偉そうに説教しだす。


ユリコはそれを聞いて感激していた。


翔は観客に
“俺はお前らとは違う、一緒にするなクズどもが”
と罵る。





ミノルはセミナーが終わると、ヒモ更生プログラムについて説明する。


翔はユリコに借金がないのを知り安心する。


ミノルはその日の報酬だといって3万円を渡す。


翔は金を貰い涙を流す。


ミノルは
“お前はもうヒモじゃない。ようこそこちら側の世界へ”
という。


翔は電車賃を節約して帰っていく。


居酒屋のマスターはお祝いとしてその日は奢るという。


マスターは
“その金は大切な人のために使え”
というので、翔はお礼を言って帰っていく。





ユリコはミノルと田辺にお礼を言うが、ミノルによるとまだ大きな壁があるのだという。


ミノルはマスターから連絡を受けて、あとで謝礼を出すことを約束する。


ミノルはいろいろ手を回していた。


最期の段階として
“自分で稼いだ金を誰かのために使うこと”
なのだという。





桜子は翔が働き始めたと聞き、安心していた。


食事会は順調に進んでいた。


帰り際に、伝票を3人で眺める。


桜子もユリコも翔が取り上げるのを待っていた。


翔が伝票を取り会計に行くので、ユリコと桜子は歓喜し、田辺とミノルも安心していた。


ミノルは田辺との結婚を確信していた。


翔が会計の前にトイレに行くと、池目がやってきてスピードくじのチラシを見せる。


翔が欲しかったゲームが景品で出ていた。


池目は
“3万円くらいつかえばあたるんじゃないの”
とほくそ笑んで帰っていく。


翔は会計しようと戻る。


会計はちょうど3万円だった。


翔は3万円をとりだす。


なかなか店員に金を渡さないため、みんな不安になる。


翔も自分自身と戦っていた。


何とか店員に渡そうとするが、寸前で店員から金を奪い取る。


“お姉さん今日はごちそうさまでした”
といって帰ろうとするが、ミノルは翔を捕まえて説得する。


ミノルは先ほどのチラシを奪い取って
“こんなことのために努力を無駄にするのか?”
という。


翔は
“俺の一番の望みはユリコとずっと一緒にいること、二番目は楽して生きていくこと。今の暮らしに何の不満もない”
という。


ミノルは
“ヒモはゴミ同然だ”
と正論を吐く。


翔を
“クズ”
と罵ると、ユリコは
“翔ちゃんはクズじゃない”
とミノルを殴りつける。


ユリコはついでに翔も殴る。


ユリコはミノルが元は田辺のヒモだと指摘する。


ミノルは反論しようとすると、ミノルのカバンからは大量のパチンコ屋のチラシが出てくる。


翔は反論のチャンスだと思い、ミノルがパチンコに行っていた証拠を探し出し提示する。


ミノルのズボンにはパチンコ玉が引っかかっていた。


翔は勝ち誇り
“これでもまだとぼけるつもりか?”
というと、ミノルは
“一回だけだ…”
と嘆く。


ミノルは
“昔の俺じゃないんだ…”
と田辺に縋り付く。


しかし、田辺はミノルが翔に仕込んだギミックを暴露する。


ミノルは自分の非を認めて
“悪かった、まじめに働く”
というが、田辺は違っていた。


田辺は
“人を見下すあなたより、見下されてるアナタが好き。ほんとは私ヒモが大好きなの”
と絶叫する。


ユリコたちは驚愕していた。


田辺は開き直っており、ミノルを連れていき
“ヒモに乾杯しよう”
といってレストランの中に入っていく。


桜子はその場の支払いをし
“ヒモは死ななきゃならない…”
とユリコにいって帰っていく。





病院ではユリコと田辺の彼氏がヒモだと知れ渡っていた。


田辺は
“翔ちゃんがミノルを元に戻してくれた”
と感謝していた。


ユリコは3万円分スピードくじを引いて、全部外れていた。


チラシをよく見ると、翔の目当ては一等のゲームではなく、ユリコが欲しいといっていた食洗器だったと判明する。


コノミは憧れていたユリコがヒモ男と付き合っていると知り残念がっていた。


すると、翔とミノルがやってくる。


翔はユリコに、ミノルは田辺に
“1000円ちょうだい”
とおこずかいをせびる。


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

5話の感想


翔が働いていた工場が完全にカイジの世界ですね。


強制的に拉致られていない分ましですが、いい世界観でした。


翔も大概ですが、ユリコも割と救いようがないです。


翔を“クズ”呼ばわりされて怒っていましたが、どこをどう見ても翔はクズです。


完全に共依存関係で、これはこれで幸せなのかもしれません。



ミノルがかなり強力なキャラでいい味が出ていました。


初登場は完全にヤクザですが、ラストのヒモらしさも板についていました。


田辺の“ヒモ男大好き”という暴露も唖然としました。


桜子がドン引きするのも当然だと思います。


ユリコを更生させるのは、まず仲間である田辺からも引き離さないと厳しいかもしれません…


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

6話

6話 のあらすじ

ヒモ男・翔(窪田正孝)は行きつけの居酒屋でインテリア雑貨会社の女性社長・加賀美香(高岡早紀)から突然、「明日、仕事しない?」と声をかけられる。

美香によると、エリート弁護士のフリをして1日、自分に同行してくれれば3万円払うという。

報酬につられ、美香と契約を結んだ翔は高級店で洋服を整えられてパリッと大変身!

美香に連れられ、彼女の父・浩一郎(六平直政)らとの会食に向かうが…その会食の席で美香は突如、翔と婚約していると一同に宣言!

実は、美香は父の勧める見合い相手・大沢(近藤公園)との縁談を断るために、翔を連れてきたのだ。

翔は動揺するものの、この契約を口外したり、途中で放棄したりした場合、違約金が発生すると脅されてしまい、ひたすら話を合わせるしかない。

ところが、そんな翔と美香の姿を、ゆり子(川口春奈)の後輩看護師・浜野このみ(岡田結実)が目撃していたのだ…!

翔が浮気したものと思い込んだこのみは、ゆり子に別れるよう忠告。

しかも、翔のことが気に入った美香は「お金はほしいだけあげるから契約を延長しよう」と言い出す。

翔は美香と共に一生働かなくていい人生、つまり“永遠のヒモ”の道を進むのか、それとも大好きなゆり子との愛に生きるのか…!?

ヒモメン・翔は、“人生最大の岐路”に立たされ…!?


⇒無料で「ヒモメン」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

6話 のネタバレ

★放送後追記★

6話 の感想

★放送後追記★


7話

7話 のあらすじ

☆公式サイトから引用☆

7話 のネタバレ

★放送後追記★

7話 の感想

★放送後追記★


8話

8話 のあらすじ

☆公式サイトから引用☆

8話 のネタバレ

★放送後追記★

8話 の感想

★放送後追記★


9話

9話 のあらすじ

☆公式サイトから引用☆

9話 のネタバレ

★放送後追記★

9話 の感想

★放送後追記★


最終回

最終回 のあらすじ

☆公式サイトから引用☆

最終回 のネタバレと結末

★放送後追記★

最終回 の感想

★放送後追記★