海月姫 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 2話のあらすじ

『天水館』の朝。

大慌ての倉下月海(芳根京子)が広間に駆け込み、ジジ様(木南晴夏)たちに目白先生が〆切日を間違えていたことを報告。

目白先生はBL漫画家で、収入の乏しい“尼~ず”たちは時にアシスタントをしていた。

ともあれ、明日に迫った〆切に間に合わすべく、月海たちは原稿の仕上げを始める。

そんな時、男同士が抱き合うカットを見た月海の動きが止まった。

月海は鯉淵修(工藤阿須加)に水族館で抱きしめられたことを思い出したのだ。

月海を千絵子(富山えり子)たちが心配していると、蔵之介(瀬戸康史)が現れた。

月海は修に抱きしめられたことを蔵之介に確認するとますます混乱。

そんな月海をよそに蔵之介が手を洗おうと台所の蛇口をひねると排水管が破裂!

月海の部屋で体を拭いて着替えを借りる蔵之介。

その時、蔵之介は修から月海の母の話を聞いたと話す。

そして、ふと気持ちがわかると漏らす蔵之介。

月海は聞き返そうとするが、蔵之介が濡れた服を脱ぎ始めたので部屋を出た。

排水管の修理代は20万円。

だが、ほぼニート状態の月海たちに持ち合わせなどあるはずがない。

すると、蔵之介は“尼~ず”たちの蒐集品をフリーマーケットで売ろうと提案。

一応、自分たちの持ち物を出品する“尼~ず”たちだが、大事なオタクグッズを売るつもりなどはなからない様子。

だが、月海が作ったクラゲのぬいぐるみが普通に売れて評判も良い。

これに目をつけた蔵之介はネット販売を思いつく。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 2話のネタバレ!


月海はみんなに緊急事態を告げる。


目白先生が仕事の納期を勘違いしており、明日までに原稿を仕上げる必要があった。


みんなで慌てて仕事に取り掛かる。


月海は仕事中に修に抱きしめられたことを思い出し赤面していた。


蔵之介が現れて
“抱きしめられてたね”
というと、月海は
“私が急に泣き出したからですかね?”
と同情だと認識し勝手に落ち込んでいた。


蔵之介はインクで手が汚れたため水道をひねるとアッサリ壊れてしまい水浸しになる。





水道の修理代は20万円するので、みんなは通帳をみせあう。


みんな数百円しかなく、蔵之介は呆れる。


蔵之介は
“これだからオタクニート軍団は…”
というた、オタクという言葉に気づく。


蔵之介はチエコの部屋に行き、高価な人形を売ろうというが住民たちは
“チエコの大事な家族”
といって抵抗する。


蔵之介はフリーマーケットに住民たちを連れていく。


住民たちの持ち寄った品物は無茶苦茶な料金設定だったり、ガラクタ同然だったりで客は見向きもしなかった。


おしゃれな女の子たちが住民たちをみてせせら笑うので、住民たちは逃げ出す。


蔵之介は月海を捕まえて
“お前はいろ”
という。


親子連れが現れて月海が作ったクラゲのヌイグルミに興味を持つ。


蔵之介は500円で売ると、それを見た女子高生たちも買っていく。


蔵之介は月海が作ったヌイグルミは金になると思い、ネット販売を提案する。


蔵之介は
“20万稼ぐぞ!”
と気合を入れる。





天水館の住民たちは協力して月海のデザインしたヌイグルミを作る。


蔵之介は監督役として厳しくみんなを統制する。


ヌイグルミは作るたびにどんどん売れていった。


徹夜で作業した翌朝、
蔵之介は
“やったあ!第一弾完売した”
というと、先ほどまで疲れ果てていたみんなは復活して喜ぶ。


5万円かせいだため、あと15万だった。


しかし、チエコがやってきて
“その必要はない、桜子を里子に出した”
といって、人形を売って15万をつくってきたという。


住民たちは心配するがチエコは
“いいのよ、私は猛烈に感動した。みんなで頑張って働く姿を見てね”
というと、ほかの住民たちも同意する。


自分たちの力だけで金を稼いだのは初めての経験だった。


蔵之介は安心して帰っていく。


チエコは
“たまにはあの人の言うことも真に受けてみるものね”
というが、バンバとマヤヤはまだ蔵之介を警戒していた。





蔵之介が帰ると修が家にいた。


修はこれから再開発の説明会に行くのだという。


それを知った蔵之介は天水館が取り壊される可能性を知りあわてて天水館に知らせにいる。


修は月海のことが気になっている様子だった。





蔵之介が天水館の住民に再開発計画を知らせると、住民たちは軽い考えだった。


“再開発は反対派が頑張っている”
というが、チエコは
“ごめんなさい”
といって本当のことを話しだす。


チエコの母の管理人は天水館を売ることにしたのだという。


住民たちは狼狽する。


蔵之介は
“あんたたちニート軍団でしょ、ここがなくなったらどうなるの?”
というと、みんな青ざめる。


蔵之介は説明会に行って抗議することを提案すると、ジジ様は
“行きましょう、私たちの手でここを守りましょう”
という。


みんなで円陣を組んで気合を入れて説明会に乗り込む。






会場に着くが、人がいっぱいいるので全員怖気づいて挙動不審になっていた。


いつのまにかジジ様はいなくなっていた。


月海は修を発見して隣に座る。


修は月海をちゃんと認識していない様子だった。


修は
“今日は月海さんいないんですか?”
と月海にたずねる。


月海がしどろもどろしていると、説明会が始まる。


壇上に立ったのはデベロッパーの稲荷だった。


修は真剣に話を聞いていた。


住民たちがおしゃべりしていると、稲荷は壇上から注意をする。


稲荷が
“ご意見あるならお聞きしますよ”
というと、怖気づいてみんな逃げてしまう。






月海は忘れ物をとりに一人で会場に戻る。


その間に修のことを思っていた。


修は先日のデートの時とは違い、月海に一言も話しかけなかった。


月海は
“私よりも稲荷みたいなきれいな人に見とれていた”
と落ち込んでいた。


会場に着くと月海は一緒の傘で歩いている修と稲荷を発見して呆然とする。


稲荷が強引に修に言い寄っているだけだが、月海は二人が恋人同士だと勘違いする。






月海が天水館に帰ると、様子がおかしかったため蔵之介は心配する。


蔵之介は住民たちに説明会のことを聞くと、何もできなかったことを悟る。


住民たちは悔しそうにしており、蔵之介は
“泣き寝入りかよ”
と歯がゆそうにしている。


月海は部屋にこもったまま修のことを思い出して落ち込んでいた。





稲荷は強引に修をホテルのバーに誘う。


修は稲荷の強引さに仕方なくついていく。






蔵之介は月海の部屋を強引に開けようとするが、自爆して痛がっていた。


住民たちが心配して駆け寄ってくるので、月海も心配して外に出てくる。


蔵之介は
“落ち込んでる場合か?ここしかないだろアンタらの居場所は”
といって、自分が帰って準備するのでみんなには風呂に入って待っているように告げる。


蔵之介はマヤヤを強引にコーディネートする。


中では悲鳴が聞こえるが、声が収まるとみんなで恐る恐る中に入る。


マヤヤは蔵之介によってオシャレにコーディネートされていた。


本人もポーズを決めていた。


みんなもコーディネートするが、チエコだけはそのままだった。


蔵之介は
“チエコさんはそのままでいい、トータルコーディネートだから。金持ちに見える”
というと、チエコは
“わかったような、わからないような…”
という。


蔵之介は
“世の中には人を見た眼で判断する人がいる、敵もそういうやつら。だから鎧をまとえ”
といって、天水館を守るために戦うようにという。


具体的にどんな戦いになるかは蔵之介もまだわかっていなかった。






修は稲荷とバーにいたが、修は酒を全く飲まなかった。


稲荷は催眠術グッズを用意して、試しにかけてみる。


修はアッサリと眠ってしまう。


稲荷は効果に驚いていた。


稲荷は佐々木に手を借りて修をホテルの部屋に連れていく。


佐々木は
“では、あまり無茶しないでくださいね”
といって帰るので、稲荷は
“はじめましょうか…”
といって修の服を脱がす。


翌朝
修が目を覚ますと、隣には下着姿の稲荷がいた。


稲荷は
“おはよう”
といって、修にキスをする。


修は驚いて飛び起きて服と荷物を持って逃げていく。


修はホテルの部屋に眼鏡を置きっぱなしにして忘れる。


修が家に帰ると、母親は修の朝帰りを喜び蔵之介に報告していた。


母の話から、蔵之介は修が女性と付き合ったことがないのを知る。


蔵之介は運転手の花森に修について聞いてみる。


修が女性が苦手な原因を尋ねると、花森は
“蔵之介さんは聞かないほうがいい”
というが、蔵之介がレクサスを触ろうとするとすぐに話し出す。


花森が言うには、修は小さいころに父の慶一郎と蔵之介の母のリナ(修からすると父の不倫相手)の情事を見てしまったのだという。


それがトラウマになっていると花森は推測していた。





天水館には稲荷が菓子折りを持って訪れていた。


住民たちは
“女狐招来”
と大騒ぎだった。


住民たちは追い返そうとするが、菓子折りが目に入る。


高価な洋菓子だと判断し、チエコは稲荷に挨拶をする。


稲荷が菓子折りを差し出すので、バンバたちは奪い取り月海の部屋に持っていく。


間違って違う袋まで持ってきてしまったので、稲荷は取りに来る。


その袋には修の眼鏡が入っていた。


月海は眼鏡が修のものだとすぐに気づく。


稲荷は挨拶をすると帰ろうとする。


住民たちは何も言えずに見送ろうとすると、蔵之介がやってくる。


稲荷が蔵之介に
“コチラにお住まいの方ですか?”
というと、蔵之介はとっさに
“うん、そうだよ”
とこたえる。


稲荷の部下の佐々木は蔵之介を見て
“かわいいな”
と呟くと、稲荷に小突かれる。


稲荷は名刺を渡すと蔵之介は
“アンタら地上げ屋?ここの住民はココから出ていく気はないから”
とハッキリいう。


稲荷は
“売るか売らないかはここのオーナー(チエコの母)が決めることです”
という。


蔵之介は
“私がココを買う”
と宣言して稲荷達を追い出す。


ジジ様は塩を用意しており、みんなで投げつける。


稲荷たちは塩まみれになって帰っていく。


天水館のみんなはスッキチしてお茶にするが、月海は落ち込んでいた。


月海は蔵之介に
“さっきの女の人って弟さんの恋人なんですよね?”
と聞くと、蔵之介は笑いだすが
“そういやアイツ今日朝帰りして眼鏡どこかに忘れたって言ってた…”
というと、月海は泣き出す。


蔵之介は月海を抱きしめて慰める。


月海は蔵之介に抱きしめられながら
“大人の女性のニオイがします”
という。







蔵之介はその晩父に
“アパート買うからお金貸して3憶くらい”
というが、慶一郎は蔵之介が何度も大学を留年していることを指摘して
“いったお前は何になりたいんだ”
という。


蔵之介は花森から聞いた話をして父を責めると、慶一郎は
“一つだけ言っておく、アノ時はBまでしかしていない”
と堂々と宣言する。


蔵之介は呆れて部屋に戻っていく。






月海は自室でクラゲの絵を描いていた。


母の言葉を思い出し、母と約束していたウエディングドレスはきっと自分には似合わないと思い落ち込んでいた。





修は花森に恋愛相談をする。


修は
“好きな人がいる状態でほかの女性と関係を持ってしまったらどうしたらいいか?”
と聞くと、花森は自分が過去に八股していたことを話し
“ノープロブレムです”
という。


修は
“なるほど”
と納得した様子だった。





稲荷が修の家を訪れていた。


稲荷は慶一郎に
“昨夜の修さんの忘れ物”
といって眼鏡を届ける。





蔵之介はぼうっとしたまま天水館に行ったため、女装をしていないのに気づき焦る。


ちょうど住民たちが銭湯から帰ってきたところなので、蔵之介は慌てて月海の部屋に避難する。


すると、月海はウエディング姿だった。


二人は呆然と見つめあうと、月海は突然窓から身を投げようとするので蔵之介は慌てて止める。


月海は慌てて弁解を始める。


月海はイロイロまくしたてて
“母が言ってたことを思い出して…確認作業をしていた”
という。


蔵之介は
“確認て?”
と尋ねると、月海は
“母が約束してくれた、大きくなったらクラゲみたいなドレスを作ってくれるって”
という。


その言葉で蔵之介は自分の母の言葉を思い出す。


蔵之介の母は
“世界中の素敵な服を集めてクローゼットをいっぱいにするのが夢”
と言っていた。


蔵之介は
“作ろう。クラゲのドレスを俺たちで。儲けたらその金で天水館買うぞ!”
という。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 2話の感想!


天水館の生活が綱渡り過ぎて失笑でした。


水道管が故障しただけで死活問題になるとか、さすがはニート軍団ですね。


お金が入ってもそれぞれの趣味に速攻で使ってしまうようです。


天水館の住民たちはいつまでたっても貧困から抜け出せないダメ人間の集まりだと判明しました。


特殊な趣味で他人から迫害を受けた可哀そうな人たちかと思いきや、半分以上は自業自得なのかもしれませんね…





それでも、少しは
“このままだとマズい”
という気持ちはあったようです。


蔵之介の指示通りに徹夜でヌイグルミ作りをする根性は見せていました。


蔵之介のおかげで天水館の住民たちは社会復帰できるかもしれません。


そしたら蔵之介の功績は計り知れないものになるでしょう。


蔵之介はもしかしたらそういう仕事が向いているのかもしれません。


この作品はコメディだけでなく、“オタク女子たちの社会復帰ドキュメント”でもあるのかもしれませんね。





修に狙いをつけた稲荷がなりふり構わなすぎでドン退きでした。


純情な修は稲荷の毒牙にこのままかかってしまうかもしれません。


そうなると月海との関係が心配になります。


蔵之介が上手く仲裁に入ってくれれば何とかなりそうですが、蔵之介も月海に惹かれているようです。


月海も蔵之介との時間を楽しく感じるようになっています。


稲荷は天水館の住民を貶めるために引っかきまわすと思いますが、修はどちら側に着くのか大注目となりそうです。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で2話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪