GIVER 復讐の贈与者について、1話から最終回(結末)までのあらすじとネタバレと感想、動画を無料で観る方法を紹介します!
※詳しいネタバレを放送後随時追記していきます

⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!




GIVER 復讐の贈与者 のあらすじとネタバレ

1話

1話 のあらすじ

生まれつき人間としての感情が欠落している主人公の義波(吉沢亮)。

淡々と他人の復讐を請け負い、完ぺきにこなす。

依頼者は同級生を殺された女子高校生、結婚詐欺にあった女性、連続殺人被害の家族…など様々。

義波は依頼者の要望に応じて、ターゲットの心をえぐるような最適で残酷な方法で追い詰めていく。

仲間は数人、統率するのはTAKER(テイカー)と呼ばれる謎の少女。

なぜ彼らは復讐代行業を始めたのか?

第1話は家族連れで賑わう休日の展望台が舞台。

そこに銃を持った一人の若者が現れ立てこもる。

見境なく居合わせた人々に危害を加えようとする青年の真意とは?

そして、今回はどんな復讐劇が待ち受けているのか!?

驚き連続のリベンジミステリーが幕を開ける!


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 のネタバレ

バッグを持った伏見廉也が、エスカレーターに乗って上を目指している。


高層ビルの最上階にある展覧室に、伏見がやってくる。


伏見は椅子に腰を下ろし、バッグも椅子の上に置く。


メガネをかけた青年が伏見の側に座り、伏見のバッグをつかむ。


伏見は
“何ですか?”
と質問する。


メガネをかけた青年は
“考え直してください”
と告げてその場を立ち去る。





伏見はデジカメを構えながら、2人組の女の子に近づく。


伏見はテレビの撮影を装いながら
“あなたの夢は何ですか?”
と問いかける。


次に伏見は、車椅子の老人にも同じ質問を投げかける。


伏見は展覧室にいる人々にインタビューをして、その様子をデジカメに録画してゆく。





伏見は展覧室にいる人々に
“皆さん、一足先に僕は夢を叶えさせていただくぜ”
と告げる。


伏見がスマホのボタンを押すと、ビルの最上階の一部が爆発する。


伏見はショットガンを取り出すと、建物に向けて連射する。


展覧室にいた人々は、悲鳴をあげながら逃げ惑う。


若い女性が携帯で警察に助けを求める。


伏見は若い女性を撃とうとするが、弾切れになってしまう。


ライオンの着ぐるみを着た男が、伏見に立ち向かう。


伏見は、着ぐるみを着た男にショットガンで殴りつける。


着ぐるみを着た男が
“弾切れだ、今のうちコイツを押さえろ”
と人々に呼びかける。


伏見は
“爆弾はあと5つある、ナメた真似をするな”
とおどす。


展覧室に残された十数人の人々は、恐怖ですくんでしまう。


一人の男性が
“何が目的なんだ?”
と伏見に尋ねる。


伏見は
“高校の同級生だった岡本、出てこいよ”
と呼びかける。


メガネをかけた青年が、前に進み出てくる。


冒頭で伏見に話しかけた青年だ。


伏見は
“お前さっきの、岡本?”
と聞く。


伏見はメガネの青年の胸ぐらをつかむと、フロア中央のソファの座らせる。





伏見は、メガネの青年に賭けをしようと提案する。


伏見は
“トイレを爆破して、もし中に誰かいたらオレの勝ち”
とスマホを掲げる。


サラリーマン風の男性が
“やめてくれ、中には私の同僚がいるんだ”
と懇願する。


伏見は聞く耳を持たず、スマホのボタンを押す。


トイレに仕掛けられた爆弾が爆発する。


メガネの青年は
“ボクだけ残して、ここの人たちは助けてやってくれ”
と伏見に頼む。


伏見は
“懐かしいね、その偽善者っぷり”
と鼻で笑う。





伏見は高校生時代のことを語り出す。


伏見は10年前、修学旅行でこの展覧室に来ていた。


同級生たちが土産物を買う中、お金のない伏見はスティックパンをかじっていたという。


伏見を見かねた岡本は、高価なマリンサンドを伏見にあげようとしたという。


伏見は岡本の施しが自分をみじめにさせた、と明かす。


伏見は、高校中退や就職の失敗はすべてこの時の岡本の行動のせいだと主張する。


伏見は鬱々とした日々を過ごしていたとき、偶然岡本のインスタグラムを見つけたという。


岡本のインスタには、高級レストランや観光地の写真が載せられていたという。


伏見はそれ以来、岡本に脅迫のメッセージを送り続けたことを吐露する。


メガネの青年は
“伏見くん君はいつもそうだ、自分にとっての悪者を探して永遠とつつく”
とどなる。


伏見はにやけながら、話を聞いている。


メガネの青年は
“だからボクは君に復讐をしようと、彼に依頼した”
とスマホのメッセージを読み上げる。


言葉の意味がわからない伏見は
“お前、何言ってるんだ?”
と青年に問う。


メガネの青年は
“岡本さんからのメッセージです”
と答える。


メガネの青年は岡本からショットガンを奪い取ると、建物に向かって撃ち弾を使い切る。


伏見は床に転がってしまう。


着ぐるみを着ていた男が、人々に逃げるように促す。


伏見はスマホの起爆スイッチを押す。


高層ビルの数か所が爆発する。





ある一室で、椅子に座った少女と複数の男女がモニターを見ている。


モニターには、ビルが爆発している様子が映し出されている。





高層ビルの展覧室には、メガネの青年と伏見が取り残されている。


伏見は
“お前、誰なんだ?”
と青年に尋ねる。


青年はメガネを外しながら
“復讐相手の顔もろくに覚えていない、あなたの恨みなんてその程度”
と語る。


青年は
“ボク義波って言います、正義の義に波と書いて義波”
と続ける。


伏見は
“義波って何だよ?”
と聞く。


義波は、復讐代行業者で働いていることを明かす。。


義波の胸ポケットにしまわれたメガネのフレームが、点滅する。


フレームに小型カメラが仕掛けられいて、伏見の姿が映る。





ある一室のモニターに、伏見の姿が映し出されている。


少女と複数の男女が、モニターを見ている。





義波は岡本に依頼されて、復讐のために伏見の前に現れたという。


伏見は
“岡本が俺に復讐?”
と尋ねる。


義波は、岡本が脳梗塞で倒れて寝たきりの生活であることを明かす。


岡本がインスタに載せた写真は、“行った場所”ではなく“行ってみたい場所”であるという。


義波は岡本の頼みで、最初は伏見を止めようとしたことを伝える。


車椅子の老人が
“あのう、手伝ってもらえませんかね”
と話に割り込む。


車椅子の老人はガレキが邪魔で、動けないようだ。


伏見がスキを見せた義波に襲いかかり、義波の護身用のナイフを奪い取る。


伏見は、車椅子の老人の喉元にナイフを突きつける。


義波は目にも止まらぬ速さでナイフを奪い返し、逆に伏見の喉元にナイフを突きつける。





ある一室で、少女がモニターを見ている。


少女がしゃべり出す。





少女の言葉とシンクロするように、義波も語り出す。


義波は伏見の頭をつかみながら
“お前の嫉妬と岡本の怒り、怒りによって復讐執行”
と語る。


義波は、伏見を床に叩きつける。


車椅子の老人が、義波に近づく。


車椅子の老人は
“驚いたね復讐代行業だなんて、その会社は殺しも頼めるのかね?”
と尋ねる。


義波は
“あなたのその思いが本物なら、ボクが殺してあげる”
と答える。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 の感想

高校時代に孤立していた伏見は、復讐のために岡本を呼びつけます。


岡本に優しくされたことが自分の人生を狂わせた、と逆恨みによるものでした。


ところが伏見が岡本だと思い込んでいた青年は、義波という別の男だとわかります。


義波は、ずっと岡本のフリをしていたのです。


さらに本物の岡本は、病院で寝たきりの状態でした。


“高価なものを食べて観光三昧”
と伏見は岡本のことを勝手に思い込んでいただけだったのです。


第1話では、このように二重の仕掛けが施されていました。


視聴者も、思わずだまされてしまったのではないでしょうか。





復讐のために無関係の人々を巻きこんだ伏見のキャラも、強烈でした。


伏見は人質に対してへりくだったかと思えば、狂気じみたセリフも吐きます。


すれた人生を送っている割には妙にハイテンションで、おかしなキャラクターでした。


伏見を演じた吉村界人さんの独演会か、と錯覚するほどのインパクトでした。





ビルの爆破やショットガンの乱射という、派手なシーンが多かったのも印象的です。


ゴールデンタイムでしたら、このようなドラマは作れないでしょう。


深夜帯ならではのアクション過多、悪ノリは刺激が欲しい人にはピッタリのドラマかもしれません。


復讐代行業とはどんな仕事なのか、モニターで様子を見ていた少女は誰なのか気になります。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


2話

2話 のあらすじ

青山和典(板尾創路)は、娘の佑香(駒井蓮)に見送られながら再就職の面接へ向かうが、社員に扮した義波(吉沢亮)に案内された面接会場は、露出度の高い女性ダンサーが踊るショーパブと異様な雰囲気…

店内には離婚裁判の相談に来た男と、不眠症改善セミナーに来た女が。

だまされことを悟った3人に、義波は5年前の少年少女誘拐殺人事件の犯人からの復讐依頼で、返して欲しい物があると被害者遺族の3人を集めたこと告げる…。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話 のネタバレ

5年前のある夜のこと、倉庫に青山夕也が逃げ込んでくる。


夕也は肩のあたりを押さえている。


顔の下半分を仮面で隠した男が、夕也を追いかけてくる。


男は両手に持った刃物を振りかざしながら、夕也に近づく。


夕也は
“ごめんなさい、ごめんなさい”
と連呼する。


しかし、男は無情にも夕也に襲いかかる。





スーツに身を包んだ青山和典が家から出てくる。


娘の佑香が制服姿で現れ、再就職の面接に向かう和典を励ます。


佑香は
“きっとお兄ちゃんも天国で喜んでいるよ”
と話す。


佑香は和典に抱きつき
“私も頑張っているからね、お兄ちゃんのために”
と告げる。





面接会場の廊下で、和典に義波が話しかけてくる。


義波は
“はじめまして、首塚商事の義波と申します”
と自己紹介する。


義波は、和典から携帯電話を預かる。


和典はある部屋に通される。





室内は下着姿の女性たちがポールダンスを踊る、ショーパブのような雰囲気である。


和典が案内されたテーブル席には、すでに男と女が1人ずつ座っている。


和典は、テーブルに置いてあった紅茶を飲む。


和典は
“こんな所で面接なんて、画期的ですね”
と男女に話かける。


すると男は離婚裁判の相談、女は不眠症改善のセミナーのため集まったと明かす。


男は騙されて連れてこられた、と確信しているようだ。


和典は立ち上がり
“誰か大人のかた、いませんか?”
と呼びかける。


すると、義波がかけよってくる。


和典は、義波を問い詰める。


義波は
“はい、騙しました”
と答え、テーブルの上に新聞や週刊誌の切り抜きを置く。


記事は5年前に少年少女が襲われ、両腕を切断された事件に関するものである。


和典たち3人は、5年前の少年少女誘拐殺人事件の被害者遺族であると判明する。


義波はその事件の犯人から依頼を受けて、和典たち3人を集めたという。


男は
“ウチの娘を殺した犯人を、お前は知ってるのか?”
と義波に詰め寄る。


義波は銃で花びんを撃ち、男を威嚇する。


義波は
“作りかけた芸術作品を完成させるため、遺族からある物を返してもらいたいと頼まれました”
と、犯人からの依頼内容を告げる。


ある物が何かは、義波にもわからないという。


男がいきり立つ。


義波は
“あまり興奮されると、毒が早く回ります”
となだめる。


義波は3人が飲んだ紅茶に、サソリの毒を混ぜたことを明かす。


後ろで踊っていたダンサーの女性たちが倒れる。


義波はある物が何なのか、3人で話して答えを出すように求める。


義波は答えがわかったら解毒剤を渡すと告げ、いったん引き下がる。





毒が回ったのか、和典は激しいめまいに襲われる。


和典には、犯人が子供たちから奪った両腕で作ったオブジェの幻覚が見える。





和典は、ハッと我に返る。


男は3人で協力して義波を襲って解毒剤を奪おう、と提案する。


男が呼びかけると、義波は突然男に向かって銃を撃つ。


男は、その場に倒れこむ。


義波は盗聴器を見せ
“ちゃんと話し合ってくれれば、撃たずに済んだのに”
と話す。


銃を構える義波に、和典がタックルする。


義波の撃った弾丸が、女の腹に命中する。


女も倒れこむ。


和典が義波の銃を奪い、義波を撃とうとする。


しかし和典が撃った弾丸は、男の背中に命中してしまう。


和典は力が抜けたように膝をつく。


和典は
“ある物なら、私が持っている”
と白状する。


和典は、義波を外へ連れ出す。





和典は自分の車のトランクを開け、クーラーボックスを見せる。


義波が中をのぞくと、干からびた子供の両腕が入っている。


義波は
“犠牲者の両腕、なぜあなたが保管しているんですか?”
と尋ねる。


和典は、殺された夕也が再婚した妻の連れ子であったと話す。


和典は、夕也が警察に何度も補導されるような不良であったことを明かす。


和典は
“そのころ連続殺人事件が世間を騒がせていた、私の家も犯人の行動範囲に入っていた”
と語る。


和典は、一連の事件に見せかけて夕也を殺そうと思い立ったことを白状する。





和典が、バイクに乗って大きなエンジン音を出す夕也を注意している。


夕也は言う事を聞かず、なおもエンジン音を出し続ける。


和典が後ろから刃物を振り下ろし、夕也の背中が割ける。


和典は
“夕也、こういう殺人鬼を知っているかい?”
と顔の下半分を仮面で隠し、両手で刃物を振りかざす。


夕也はバイクを走らせ、和典はその後を執拗に追いかける。


夕也は肩を押さえながら、倉庫に逃げ込む。


和典が刃物を振り回しながら、倉庫に入ってくる。


夕也は
“助けて下さい”
と懇願する。


和典は刃物を振り下ろす。





和典は一連の事件に似せるため、夕也の両腕を切断したことを白状する。


和典は両腕をクーラーボックスに隠し、怯えた日々を過ごしていたと明かす。


和典は
“すべて話した、解毒剤をくれ”
と、義波につかみかかる。


すると、弾丸に倒れたはずの男と女が現われる。


義波は
“ウチの会社のスタッフです、町田と安田”
と紹介する。


安田は
“この事件の依頼主が連続殺人犯というのは、嘘です”
と語る。


和典は
“じゃあ、誰が?”
と尋ねる。


義波は
“青山佑香、あなたの娘さんです”
と答える。


佑香は義理の兄を殺した犯人を同じ目に遭わせてほしい、と依頼してきたという。


和典が
“佑香は私を殺すのか?”
と問うと、義波は
“いいえ、ボクが殺すんです”
と刃物を手に取る。


義波は
“青山和典、青山佑香の兄への思いによって復讐執行”
と刃物を構える。





ある部屋で、町田が紅茶を飲んでいる。


町田は、義波の派手な追いつめ方をたしなめる。


安田も
“しかも、本物の殺人犯は野放しのまま”
と皮肉を言う。


義波は
“依頼内容と関係ないです”
と語る。


アンティークの椅子に座った少女が
“依頼主の子、驚いてた”
と話す。


少女は
“ねえ義波くん、人は大事な誰かを失うと苦しむものなの?”
と質問する。


義波は答えない。


少女は
“知らないよね、だから復讐の仕事が務まる”
と話す。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話 の感想

第1話でもそうでしたが、この作品は巻き戻してみる楽しみがあるドラマだと思いました。


というのも、序盤の何気ない会話が伏線であったりするからです。


遺族からある物を取り戻すため殺人事件の犯人の依頼で関係者を集めた、という体で今回の物語は始まります。


事件で義理の息子の夕也を失った青山和典も、この騒動に巻き込まれてしまいます。


しかし驚くべきことに、夕也を殺したのは和典だったことが判明します。


義理の息子とウマが合わない和典が、一連の事件に見せかけて夕也を手にかけたのです。


さらに夕也の事件の真相を知るべく依頼したのは、和典の娘の佑香でした。


視聴者を驚かせるようなワナが、二重にも三重にも仕掛けられているのです。


こういった真相を裏付けるように会話や行動にヒントが隠されていて、2度観る楽しみがあります。





各話ごとのゲストが振り切った演技を見せてくれるのも、見どころです。


第2話で熱演を見せてくれたのが、和典役の板尾創路さんです。


義理の息子に刃物で襲いかかる場面は、鳥肌ものでした。


板尾さんが人のいい父親役のまま終わる筈ないと思ったら、やっぱりでした。


暴力表現も、最近の地上波ドラマではかなり攻めている印象です。





義波が所属する復讐代行業者については、詳しいことはわからずじまいでした。


第1話にも登場したキーパーソンの少女の正体は、今回も謎のままでした。


ただ、少女と義波の会話から少しわかったことがあります。


それは義波が他人の悲しみを理解できない、感情の欠落した人間らしいことです。


このさき義波が他人に心を開くのかどうかも、このドラマの注目点でしょう。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

2話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


3話

3話 のあらすじ

朝美(小野ゆり子)と和樹(渡部秀)は、ある目的で河田(仁科貴)を殺害。

義波(吉沢亮)のターゲットでもあったが先を越され義波は車で逃亡できないよう細工し、2人を妨害する。

一方、報告を受けたテイカー(森川葵)は、安田(ぼくもとさきこ)に2人を探るよう指示。

安田は協力者の女の子と母娘を装い、 大きなスーツケースを引いて雨の 夜道を歩く2人に車で接触を試みる。

「乗ってく?」と声の主が女性で油断したのか朝美と和樹は安田の車に乗り込み…。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話 のネタバレ

朝美と和樹は車が故障したため、大雨の中の夜道を荷物を引きずって歩いていた。


荷物の中には死体が入っている。


朝美が殺すはずだったが、仕方なく和樹が殺していた。


責めてもと、大きいスーツケースは朝美が引きずっている。


殺したのは河田という男で、朝美の裸の画像を撮影して朝美を脅していた。


和樹は朝美の相談を受けて、河田を殺害に協力する。


朝美が殺しきれなかったため、和樹がトドメをさしていた。


義波は無線でターゲットである河田が“先を越された”ことをテイカーに報告する。


朝美は河田の被害者の一人だったが、男の素性はわからなかった。


テイカーは安田を派遣することにする。





安田は偶然を装い、車に乗って朝美と和樹に声をかける。


隣には女性が座っている。


安田はどこにでもいるおばちゃんのため、朝美と和樹は警戒せずにただの親切心だと思い車に乗り込む。


安田は後部座席に乗り込んだ二人に世間話をする。


安田の見た目から、おしゃべりあなおばちゃんであることが伺えた。


安田の隣の女性はヨウコだという。


ヨウコは静かだった。


和樹は安田に適当に話を合わせる。





ハクビシンが道路に出たといって、安田は急にハンドルを切る。


その拍子で、トランクに入れたスーツケースが少し開いてしまう。


安田は
“なんで女の子に荷物持たせてたの?”
と探りを入れる。


和樹が何とか誤魔化していた。


朝美に話を振るが、和樹がとっさに伝えた偽名で呼ばれたため反応が遅かった。


朝美は乗り物酔いしやすいと誤魔化す。


安田はトイレに行きたいといって、公衆トイレで車を止める。


ヨウコもトイレに行く。


朝美と和樹は二人きりになり、どうするかを話し合う。


車中での会話は転送されているため、テイカーや安田やヨウコも聞いている。


朝美と和樹は安田たちを殺すつもりはなかった。


顔をみられてはいるが、本名を告げていなかった。


二人はトランクを確認する。


その際に、お互いを本名で呼び合っていた。


それをヨウコがすぐ近くで聞いていた。


和樹と朝美は
“友人の名前です”
と苦しい誤魔化しをいう。


安田がトランクから荷物を取り出す際に、スーツケースから河田の手が見えていた。


安田は気づかないふりをして荷物を取り出す。


ヨウコと安田は車の中に戻って、テイカーと通信をする。


テイカーは和樹の素性も調べ終えていた。


和樹は過去に人を殺した経験があった。


安田とヨウコは
“殺されるのを待つ”
ことにする。





車の外では朝美がナイフを手に取り、安田とヨウコを殺す決意をする。


和樹は自分が二人を抑えるうちに、朝美が刺すと打ち合わせをする。


朝美と和樹は何食わぬ顔で後部座席に戻る。


和樹は隙を見てヨウコを抑える。


朝美も安田を後ろからナイフで脅す。


安田とヨウコは脅されているフリをして、車を道路横に急停車させる。


全員が車から飛び出て、和樹が朝美に二人を刺殺するように促す。


朝美は
“やってやる”
と絶叫するが、安田とヨウコは平然としている。


ヨウコはかつらとサングラスを取り外す。


声がみるみる男性のものに変わっていき、ヨウコは義波が変装した姿だと明らかになる。


朝美と和樹は驚くが、朝美は義波にナイフで襲い掛かる。


しかし、義波はアッサリと朝美を確保する。


安田も素早く和樹の首に注射器をさして
“動くと死ぬ”
と警告する。


義波は自分たちの復讐代行の仕事を説明して、朝美と和樹が先を越したことを説明する。


朝美と和樹のことも調べがついていることを指摘する。


朝美と和樹はバイト先の同僚だった。


安田は朝美が和樹を利用したことを指摘する。


しかし、和樹は
“おれが自分の意志でやった”
というが、朝美は和樹を利用した罪悪感に耐えられなくなり、本当の気持ちを白状する。


朝美は和樹に謝るが、安田は和樹の欺瞞も指摘する。


安田は
“彼女を想うなら自分で殺せばいいのに”
という。


和樹は朝美に人を殺させることで、自分と同じ場所まで堕ちてきてずっと一緒にいられると思ったと白状する。


テイカーは二人の本心を知りほくそ笑んでいた。


義波は二人の行動原理を全く理解できなかった。


テイカーの指示で、和樹と朝美に復讐代行業者のルールを告げる。


目撃者は殺さなくてはいけない。


しかし、和樹と朝美が仲間になれば“復讐代行業者”が仕事を遂行できたということになる。


また、朝美と和樹はお互いを裏切らなかった。


特に“それができること”は“人を殺せる人間”にとっては珍しいのだという。


“断れば殺すことになる”
という義波に対して、和樹と朝美に選択肢はなかった。


新しい仲間が二人、復讐代行業者に加わることになる。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話 の感想

安田のおばちゃんオーラが全開で役に立っていました。


“普通に見えること”が意外とものすごい武器になる職業のようですね。


たしかに安田の姿をみて警戒する人はまずいないでしょう…


義波は無表情で妙な雰囲気をしているため、素の状態じゃかなり目立ちますね。





今回も義波の無機質な雰囲気の表現が見事でした。


最初の雨に打たれるシーンですが、雨にズブ濡れになっていることを義波は全く意に介していません。


普通の人間なら傘をさしたり何かしらの雨除けをするはずです。


そういった細やかな表現がよくできていました。





最後の二択がひどすぎて失笑しました。


“実質一択じゃないか!”
という理不尽さですが、和樹と朝美は既に人を一人殺していて、さらに安田と義波も殺そうとしたのでおあいこかもしれません。


戸惑いながら仲間になった和樹と朝美ですが、二人が本当に復讐代行業者で仕事をこなせるのか注目となりそうです。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

3話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


4話

4話 のあらすじ

高校の同級生・結衣子(川島海荷)から呼び出された美咲(冨手麻妙)は、見ず知らずの義波(吉沢亮)を突然紹介される。

美咲は事態が飲み込めないでいると…2年前に遺体で発見された 2人の親友・菅野希(春花)の復讐を頼んだという。

当時、希は事故死とされたが結衣子は他殺とにらんでいた。

復讐に向けどんどん話が進む状況についていけない美咲が困惑する。

しかも義波が手配した車には既に犯人と思しき男が拘束されていて…


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話 のネタバレ

美咲は高校時代の同級生の結衣子に喫茶店に呼び出される。


結衣子は義波を連れてきて、義波は復讐代行業者だという。


美咲は何が何だかわからなかった。


そんな美咲を察して、義波は美咲に結衣子に対して説明を促す。


美咲は
“希の復讐をお願いしたの”
という。


希というのは、美咲と結衣子の高校時代の親友だった。


希は学校のプールで亡くなっていたが、当時は事故として処理されていた。


結衣子は希のことを殺した男をどうしても許せないのだという。


美咲は
“警察が事故だって言っていた…”
と狼狽する。





希は学校でも別格の美人だった。


結衣子は
“教室という水槽に紛れ込んだ人魚”
と表現する。


美咲も同じ印象を持っていた。


ある日、美咲と結衣子は不良の女子生徒に絡まれる。


二人は希に対する伝言を命令されて、それをきっかけに希と話すようになる。


希は不愛想なため、いつも一人で友人がいなかった。


二人に話しかけられたのがうれしかったらしく、それ以来3人は仲良くなる。


ほどなくして、希はプールで溺死体として発見される。





義波は自分たちの仕事の詳細を説明する。


義波たちは“ターゲット”をすでに捕獲しているのだという。


義波は希が出会い系チャットで、ある男と不倫関係にあったことを調べていた。


その男が希を殺したのだという。


希は死亡時に制服を着ていた。


それも犯人の嗜好なのだと、結衣子は憤慨していた。


義波は
“割引プラン”
についても説明をする。


義波が
“車が来た”
というので、結衣子と美咲は促されるままに車に乗り込む。


後ろの席には男が黒い袋に詰め込まれて苦しそうにしていた。


美咲が狼狽しているうちに、車は発進する。


義波はテイカーに無線で報告をする。


割引の条件としては、二人が殺害の現場に立ち会うことだった。


結衣子は腹が決まっているようだった。


さらに条件として、美咲が祖母から受け継いだ土地に死体を埋めることを伝える。


美咲は
“結衣子、あなた私をハメたの…?”
と驚愕する。


車は人気のない山奥に行きつく。


結衣子は
“希との出来事にきちんと杭を打たないといけない”
と主張する。


義波は拷問方法を淡々と説明する。


“初心者へのおすすめは指先の拷問”
といって、実際にやって見せる。


袋の中の男は苦しそうにうめいている。


美咲は
“人違いだったら…間違いだとわかったら”
と躊躇っている。


義波は淡々と拷問を進める。


美咲は耐えきれずに
“その人じゃない…”
と告白を始める。





美咲は希が出会い系サイトを見ているのをしって、ログイン情報を盗み見たのだという。


希のフリをして男を呼び出したら、普通の冴えないサラリーマンだった。


男は
“遊びだったんだ、誰にも言わないでくれ”
と自分の保身しか考えていなかった。


美咲はそれで解決したと思っていたが、希はその男に本気だった。


事件当日の夜、美咲は希と学校のプールで会っていた。


希は家での準備をしてした。


希は男と一緒に暮らすことを夢見て、美咲に金を貸してくれるように懇願する。


希は
“売れれば金になる”
と思い、制服や下着を持ってきていた。


そんな希に絶望した美咲は
“そんなの希じゃない。希はもっと純粋でかっこよくて…”
と希ともみ合いになり、二人はプールに落ちる。


美咲は
“もうそんな希なんていらない。私の希じゃない”
と絶叫して希を溺死させていた。





事件の全容を知った結衣子は
“やっぱりアナタだったのね…”
と呟く。


袋の中の男は町田で
“いい演技だったでしょ”
とおどけながら出てくる。


全ては美咲に告白をさせるための芝居だった。


義波は
“人間は秘密を吐き出したい生き物なんだそうです”
と淡々という。


結衣子は激怒して美咲につかみ掛かる。


二人はもみくちゃになり、美咲は
“もっと殴ってよ”
と泣きながら叫んでいる。


結衣子に殴られ続けて美咲の顔はどんどん真っ赤になり腫れていく。





テイカーたちは部屋でその様子を見ていた。


朝美は
“この復讐で何か解決する!?”
と困惑する。


テイカーは
“友情…”
と呟く。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話 の感想

原作小説でも印象的な話でした。


表現として面白かったのは、時折出てくる人魚の尻尾です。


美咲の視点で出てくる人魚の尻尾ですが、ビチビチと動きグロテスクですが、美しくもあります。


そのような“異物感”を感じるほど、美咲にとって希は神格化された存在だったのだと思います。


その希が冴えないサラリーマンに弄ばれたと知った時の美咲の気持ちは理解できないことはないです。


“希もその辺のバカ女と変わらないじゃないか…その程度の存在だったのか!?”
という裏切られたような行き場所のない感情が、突発的に噴出して殺してしまったのだと思います。





ラストも気になる終わり方でした。


義波はナイフを取り出して刃を出しています。


“美咲の告白で復讐は完了した”
という合図なのか、それとも
“これから美咲を殺して復讐は完了”
なのか、どちらともとれる行動です。


義波はテイカーの指示で動くため、テイカーがどのような指示を義波に出していたのか是非とも知りたいです。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

4話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


5話

5話 のあらすじ

「正義の執行」…北尾英司(野間口徹)は、負傷した足を引きずりながら、仲間を裏切った自分にそう言い聞かせていた。

そんな中、妻と息子の元に帰るため立ち寄った金券ショップで、偶然にも妻との思い出の映画のチケットに目が止まる。

その足で映画館を訪れるが、なぜか隣には義波(吉沢亮)の姿が…。

しかもスクリーンに映し出されたのは、隠していた本当の姿だった!

夜の映画館で上映される“失意の復讐劇”の意外な結末とは!!


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

5話 のネタバレ

北尾は足を引きずりながら夜行バスのチケットを買いに行く。


時間があるため、さびれた映画館で時間を潰すことにする。


映画館に入るとほとんど客はいなかった。


真ん中の当たりの席に座って、バッグの中の金を確かめる。


その映画は妻との思い出の映画だった。


義波は飄々とやってきて北尾の隣に座る。


北尾は空いているのに隣に座って気安く話しかけてくる義波に戸惑っていた。


義波が名乗るので“斎藤”と偽名で名乗っていた。


映画が始まるのでそのまま見ることにする。


義波は
“仕事の帰りですか?”

“旅行の帰り?”
など、空気を読まずに話しかけてくる。


北尾は
“これから実家に帰る”
とだけ言って映画を見たいと注意する。


義波はお構いなしで話し続ける。


北尾が立ち上がるので、義波はとっさに捕まえるて、空気が読めないのを謝る。


北尾はトイレに行くというので、義波は手を放す。





北尾はトイレで足のけがの様子を確かめる。


トイレから出ると、義波が待ち受けていた。


義波は鎮痛剤を持ってるといって差し出す。


義波は自販機で水を買ってあげて渡すと、北尾は礼を言って薬を飲む。


北尾はそのまま帰るというと、外からパトカーの音が聞こえてくる。


北尾は先ほど殺した男のことを思い出す。


義波が
“映画はここから面白くなる”
というので、北尾は館内に戻る。





北尾は薬が効いてきた様子だった。


義波は会話の中でさりげなく北尾の本名を言って見せる。


突然、映像が切り替わり、北尾が仲間と詐欺を働いている様子が映し出される。


義波はニヤニヤしながら見ている。


義波は
“役者はイマイチだけど、あなたが書いたシナリオがいい”
という。


義波は復讐代行業者であることを打ち明けて、ターゲットのうち2人を北尾が始末していたことに礼を言う。


“劇場型詐欺”
のシナリオを書くのが北尾の行った犯罪だった。


北尾は
“自分が行ったのは正義の執行だ”
と話し出す。





ある日、仲間の二人が居酒屋で強盗の計画を立てているのを偶然聞いたのだという。


“それじゃうまくいかない”
と話しかけてから、三人の関係が始まる。


北尾は地元で事業が失敗して、家族を残して上京していた。


北尾は詐欺を“ビジネス”といっていた。


・誰も傷つけない
・50万円位内にする
というルールを順守したのだという。


“田舎の不良をプロボクサーにしたようなもの”

“被害者たちにもいい教訓になる、感謝してほしいくらい”
という。


北尾は義波に依頼をした人の見当もついているという。


ドライブレコーダーが映し出される。


三人が乗った車は少年を撥ねていた。


北尾は病院に連れていく提案をしたが、少年は即死だった。


二人は
“誰も見ていないから大丈夫”
という。


北尾は自分は助けようとしたことを主張する。


だから北尾は二人を始末したのだという。


二人を仲間割れに導き、生き残ったもう一人を北尾が直接手を下していた。


足の傷はその時に負ったものだった。


“自分はあの子の復讐をした、正義の執行だったんだ。それを依頼人に伝えてくれ”
と懇願するが、北尾は冷や汗をかいて震えだす。


義波は
“ようやく効いてきたかな”
といって、先ほどの水に筋弛緩剤を仕込んだことを告げる。


そのままだと確実に死亡することを知り、北尾は焦りだす。


北尾は自分の行動すべてを計算されていたことに驚愕する。


他の客に助けを求めるが、映画館にいる人間全員が義波の仲間だと気付く。


先ほどの詐欺の映像で流れていた中年女性も義波の仲間だった。


北尾の自宅のポストに金券ショップのチラシを入れたところからすべて計算だった。


北尾の薬が効いてくる。


北尾は
“本当にあの子の復讐をしようとしたんだ”
といって、実の息子と妻の写真を見せて泣き落としをしようとする。


義波は
“懺悔は僕たちではなく依頼主にしてください”
というと、誰かがやってくる。


北尾はやってきた誰かに対して弁解を始める。


北尾は男の子の両親だと思っている様子だった。


しかし、そうではないと義波は伝える。


依頼人の映像が映し出される。


北尾が詐欺を行った被害者の一人の老婆だった。


その鈴村という老婆から、北尾たちは20万円ほどだましとっていた。


鈴村の夫は、葬儀会社に成りすました北尾たちに金をだまし取られていた。


詐欺にあったショックで、死ぬ寸前の夫に笑顔を見せることができなかったのだという。


夫は鈴村の笑顔が大好きだったのだという。


町田と安田は北尾の欺瞞を指摘する。


北尾は
“違う…見逃してくれ。私にも悲しむ妻がいる”
というので、義波は
“本題に入る”
という。


鈴村の付けた条件で
“ターゲットの死で本当に悲しむ人がいるなら見逃してほしい”
というものがあった。


先ほどやってきた人は、北尾の妻だった。


解毒剤は妻が持っていた。


北尾は妻なら理解してくれると思い、這いながら妻に近づく。


すると、北尾が仲間を石で殴り殺す映像が映し出される。


殴り殺した後に北尾は
“話されたら私が困る、捕まるわけにはいかない”
と本音を漏らしていた。


妻は這いよる北尾を泣きながら見つめて、解毒剤の入った瓶を落として割ってしまう。


妻は
“ごめんなさい”
と呟いて去っていく。


テイカーは一部始終を見ていた。


“歪んだ正義と妻の失望によって復讐執行”
というと、義波はそれを復唱して北尾に告げる。


安田によるとあと20分ほどだという。


町田は北尾を座らせてあげて
“始まりますよ、最後の走馬燈が”
という。


スクリーンには北尾が妻と息子と遊んでいる映像が映し出されていた。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

5話 の感想

義波の空気読めなさが全開でよかったです!


最初の空気読めなさは完全にアスペでした。


人との距離感を理解できずにガンガン踏み込んでくる図々しさと、無機質なイケメンがかなり不気味で良かったです。





今回は会社の社員全員が登場したかなり大がかりな仕事でした。


劇場型詐欺犯には、同じく劇場型の復讐代行ということかもしれません。


北尾は最後まで自分の正義を主張しますが、詰将棋のようにその欺瞞を指摘して追い詰める様子は見どころありました。


妻はギリギリで揺れていたようですが、すごくいいタイミングで北尾が仲間を殺害する映像が流れましたね。


アレで完全に妻にも見放されたようです。


最後はすぐに殺すのではなく、薬の効きを待つという粋なやり方でした。


北尾の死に様は、死んだ男の子の遺族にも見せてあげたかったです。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

5話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


6話

6話 のあらすじ

義波(吉沢亮)とテイカー(森川葵)は、不可解な点が多い案件を、野上朝美(小野ゆり子)と小野田和樹(渡部秀)に託す。

突然の初仕事に戸惑いつつ、まずは依頼人の三島真緒(桜井ユキ)、長谷田時子(霧島れいか)に会いに行く。

真緒と時子はセレブが集まる超高級タワーマンションに住んでいたが、実は人に言えぬ秘密を抱える異質な友情で繋がっていて…。

ひた隠しにする2人の関係とは!一夜を境に“欲望の復讐劇”の幕が開ける…。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

6話 のネタバレ

朝美と和樹はある案件を義波抜きで託される。


その案件には不可解な点があった。


三島と長谷田という主婦二人組が依頼主で、ホストに弱みを握られて脅されているという内容だった。


支払いは三島の全額負担だった。


二人の主婦は高級タワーマンションに住んでいる。


三島は最近そこに引っ越してきたばかりだった。


長谷田はそこの最上階に住んでおり、階層ごとに階級が厳しく区切られていた。


三島は下の方の階層だった。


定期的に行われる親睦会では、そのたびに“格付けチェック”が行われていた。


全てを仕切るのは長谷田だった。


三島はみんなから目をつけられるのを避けるため、ワザと不正解を選んでいた。


しかし、長谷田は三島となんとなく雑談をした際に、三島のことを気に入っていた。


長谷田は三島を
“ハイクラス”
に認定する。


長谷田はホストクラブに興味があるようで、三島は同行することになる。


ホストクラブで、長谷田は緊張していた。


長谷田には目当てのホストがいてスバサという男だった。


ツバサはテレビの企画で格闘家と戦って勝利しており“戦うホスト”として評判だった。


長谷田はツバサの接客を受けてすぐに気に入り、肉体関係を持っていた。





それ以降、三島はタワーマンションで他のメンバーから接待を受けていた。


三島はその地位に安心する。


しかし、長谷田はツバサに動画を撮影されており、金銭を要求される。


ツバサはボロアパートに住んでいた。


ツバサとその彼女はタワーマンションに住みたいのだという。


“月額で金よこせ”
といわれるので、長谷田は
“リベンジポルノ法違反”
を主張するが、動画をばらまくといわれると従うしかなかった。


帰り道に、長谷田は三島に自分が使える金はほとんどないことを打ち明ける。


三島は“復讐代行業者”を思い出し、長谷田と会いに行く。


三島は自分の地位を守るため、その額は自分が払うという。


三島は自分が脅されているということにして、依頼を説明する。


話を聞いたのは朝美と和樹で、すぐに二人の関係を見抜いていた。


本当にホストに脅されているのは長谷田なのは明らかだった。


二人が帰ったあと、朝美と和樹は“義波さんならどうするんだろう”と考える。


朝美と和樹は三島を不憫に思っていた。





次に二人がやってきた際は、義波が対応する。


義波は既定の料金に足りない分は主婦二人にやってもらうことを説明する。


睡眠薬が入った注射器を二人に一本ずつ渡し、二本打つと死亡してしまうことを説明する。


ツバサが道を歩いているとき、義波がツバサの注意を引いてその隙に三島がツバサに注射を打つ。


ツバサは倒れて、義波はツバサを長谷田が待機しているところに連れていく。


義波は倒れているツバサを残し、三島と長谷田もそこに残して席を外す。


長谷田は三島に感謝を述べつつ
“もう一本打って”
という。


三島は二本打てば死んでしまうため躊躇うが、長谷田は三島の手を掴み強引にツバサに注射を打つ。


ツバサは苦しがって動きを止める。


長谷田はツバサが死亡したと安心して歓喜していた。


義波がやってきて
“勝手なことをしては困る”
というと、長谷田は三島が勝手にやったと言い出す。


義波は
“そうなんですかツバサさん”
というと、ツバサは起きて長谷田を罵る。


義波はツバサに金を渡して、ナイフを見せて帰るように促す。


注射はただの食塩水だった。


本来、ルール違反した依頼者には思いペナルティを課す。


しかし、今回は特別にペナルティ話だとテイカーは無線で支持する。


“プレゼント”
として、三島にツバサが撮影した長谷田との行為の動画を渡す。


それは朝美と和樹のテイカーに対する要求でもあった。


朝美と和樹は三島を不憫に思っており、何とかして自力でその状況から抜け出してほしかった。


義波は席を外す。


長谷田は
“その動画けしてくれる?”
というが、三島はほくそ笑む。


三島はタワーマンションの住人たちが大嫌いだと打ち明ける。


しかし、力がある人自体は悪ではなくという。


“あいつらの全部を潰したい、今日のことはキッカケ。復讐はこれからするの、私とあなたで”
といって、長谷田を抱きしめる。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

6話の動画を無料で観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。


7話

7話 のあらすじ

一軒家カフェで働く渡瀬翔子は、店長の吉野たまきに恩があった。

命を絶とうとしていた時に救ってくれたのだ。

その日以来、何から何までたまきの世話になっている。

同じカフェで働く飯野里美も同じ境遇だった。

そんな中、カフェに見知らぬ男――義波(吉沢亮)が来店。

客かと思いきや謎の一言を放つ。

「スプリング・ブレイクをお願いします」…その言葉を聞いたたまきは、なぜか固まってしまう。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

7話のネタバレ


吉野たまきは喫茶店を経営している。


従業員は他に女性二人だった。


客がひと段落したため、二人は休憩に入る。


吉野は命を絶とうとしていた翔子と里美を思いとどまらせて自分の店で働かせていた。


翔子と里美は吉野に恩を感じている。


客がやってくるので、吉野が対応をする。


客は義波だった。


義波は吉野に
“スプリング・ブレイク”
を注文する。


吉野は知らないふりをするが、義波は
“スプリング・ブレイクをお願いします”
とほくそ笑む。


義波は無造作にテーブルに300万円を置き、女の子を買いたいという。


吉野は義波がすべて知っていると認識し、義波に話を合わせる。


義波は
“当時は僕は未成年だった”
と吉野の前の客を装ってカマをかける。


義波はすべて調査済みだと告げる。


吉野は以前、行き場のない女性を拾っては娼婦に仕立てて売っていた。


その丁寧な仕事ぶりは、客の満足度も高かったのだという。


里美と翔子はキッチンの奥から二人のやり取りを心配そうに眺めていた。


義波は客のフリをして話を進める。


吉野は
“女の子は決まっているの?”
と話を合わせる。


義波は
“味見をしたい”
と舌なめずりをして見せる。


義波は奥の二人に気づき近寄る。


義波は里美を見て気に入ったという。


吉野は義波に怪しまれないように、演技をする。


吉野は義波に金が足りないといって時間を稼ぐ。


義波が“味見”といって里美を連れていこうとすると、吉野はフライパンで義波の頭部を殴りつける。


義波が倒れているうちに、吉野は過去のことを説明する。


しかし、二人を売るつもりはないといって二人を逃がす。


吉野はどこかに電話をして、義波の遺体を処理してほしいと依頼する。


アッサリ断られて狼狽していると、義波は起き上がる。


義波は復讐代行業者であることを明かす。


依頼主は吉野に売春婦にされて自殺した少女の父親だという。


吉野は
“いつかこういう日が来ると思っていた”
と観念して見せるが、義波は殺さないという。


義波は吉野が“本物の吉野たまきではない”ことを指摘する。


義波たちは3回も指紋を検査したのだという。


いずれも本物の吉野と一致しなかった。


さらに、義波は会話の中にトラップを仕込んでいた。


吉野たまきは“味見”はさせなかったのだという。


偽物だと確信したため、もう目の前の吉野には興味が無いのだという。


吉野たまきの戸籍をうったと思われる“バンク”について尋ねる。


偽吉野は暴れだして義波ともみ合いになる。


偽吉野はバンクについては詳しく知らないのだという。


バンクから接触してきて、戸籍を用意してくれたのだという。


偽吉野は
“とんだ不良品つかまされた”
という。


バンクによると、本当の吉野たまきは死亡しているのだという。


偽吉野は自分が吉野たまきとして復讐を受けるという。


偽吉野は自分の首にナイフを突き立てようとするので、義波は阻止する。





翔子は里美を逃がした後に店に戻っていた。


翔子は義波と吉野のやり取りを盗み見ている。


吉野は自分の腹に包丁を突き立てる。


義波は
“あなたの正体何なんですか?”
とぶっきらぼうに尋ねる。


無線で見ていたテイカーは
“ターゲットの替え玉はNG”
を告げる。


それを聞いた偽吉野は
“私は吉野たまきとして死ぬ”
とさらに腹に包丁を突き立てる。


偽吉野が今まで生きてきたのは、実の娘(翔子)に偶然再会したからだった。


無関係な聡美を保護したのはカモフラージュだった。


偽吉野は息を引き取る。


一部始終を見ていた翔子は
“この女最後まで私のこと娘だと思っていた”
と誰かに電話で報告していた。


翔子は、今回の出来事はすべてある人物のシナリオだと義波に伝える。


翔子は義波にスマホを渡すとその人物は楽しそうに話していた。


今回の目的は“義波の再会の演出”だという。


翔子は隠していた顔を義波に見せる。


翔子は
“久しぶりね、冬哉”
と義波の本名を呼ぶ。


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

8話

8話 のあらすじ

展望室で義波(吉沢亮)が伏見廉也(吉村界人)に復讐を執行し終わったかに思えたが、ターゲット捕獲もなぜか爆発が止まらず、テイカー(森川葵)は共犯者の存在を疑う。

展望室にいるのは義波、伏見、志尾とバイト中だった松永(高橋努)。

伏見の共犯者は志尾なのか?松永なのか?さらに脱出中にアリサ(小倉優香)らと遭遇。

しかもアリサは銃を所持していて…謎の組織『バンク』の存在、さらに義波をめぐる人格破壊バトルが勃発!


⇒無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

8話 のネタバレ

★放送後追記★

8話 の感想

★放送後追記★


9話

9話 のあらすじ

☆サイトから引用☆

9話 のネタバレ

★放送後追記★

9話 の感想

★放送後追記★


最終回

最終回 のあらすじ

☆サイトから引用☆

最終回 のネタバレと結末

★放送後追記★

最終回 の感想

★放送後追記★

無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る方法

 
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はU-NEXTなら
無料で「GIVER 復讐の贈与者」の動画を観ることができます!


今なら特典で600円分のポイントが貰えるため、それを使って「GIVER 復讐の贈与者」を実質無料で観れます。


U-NEXTにはポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


600円分のポイントプレゼントと無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!





※GIVER 復讐の贈与者は、2019年6月30日までの配信です。