anone(アノネ) 2話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 2話のあらすじ

かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。

そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。

探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子…。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。





⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



anone(アノネ) 2話のネタバレ!


持本と青羽は持本の店に戻ってきていた。


持本の身の上話から、持本が騙されて店を乗っ取られつつあるのが伺える。


青羽はお好み焼きをリクエストする。


持本は
“カレー屋なんだけど…”
と狼狽しつつも食材を漁ると作ることができた。


二人は持本の作ったお好み焼きを食べる。


青羽は
“この世には裏メニューがある、裏メニューのが美味しい”
というと、持本も頷く。





ハリカは紙野とのチャットを続けていた。


二人とも何気ないやり取りを今まで通り楽しんでいた。


ハリカはチャットがひと段落すると、アノネのいる印刷所に行くことにする。





アノネは法律事務所の事務として働いていた。


花房という男とその息子で経営している事務所だった。


息子はアノネを
“辛気臭い”
というた、花房は
“あの人には秘めた悲しみがある”
といって、アノネの娘が失踪したことを伝える。


娘はニュースにたまたま映り込んだため生きてはいるという。


15年間、アノネは娘に会えていない。





ハリカは帰宅中のアノネに話しかける。


ハリカは周りに人がいないことを確認してから1万円札2枚を差し出す。


ハリカは
“なんでこれ二枚とも同じ番号なんですか?”
と尋ねる。


アノネはハリカを印刷所に連れていく。


印刷所は埃っぽかった。


アノネとハリカは向かい合って座り、アノネは改まって
“何の御用でしょう?”
と尋ねる。


ハリカは
“取引をしたい。私をここで働かせてください”
というが、アノネは
“ここはもう営業して無い。ここはただの印刷所で…”
というが、ハリカは偽札を作っていることを指摘する。


ハリカは偽札のクオリティの高さを賞賛しつつも、触った感触がやや違うことを指摘する。


ハリカは大きな印刷機を指摘するが、アノネは
“私はあなたと同じ、見つけちゃっただけ、床下から出てきた。多分夫の仕業”
というと、ハリカは夫に会いたがる。


アノネは夫は既に死亡していることを告げる。


しかし、ハリカは印刷機を動かすことができれば偽札作成は可能であるという。


アノネは
“通貨偽造は重い罪になる、刑務所に入ることになる”
というが、ハリカは
“使ったあとなら刑務所に入ってもいい”
と意思を告げる。


アノネは呆れて
“帰って”
というので、ハリカは帰り支度をする。


ハリカは立ち上がり辺りを見渡すと、金が入っていたらしき穴を発見する。


その中からデジカメを発見してアノネに手渡す。


写真を確認すると、アノネの夫の京介と若い女が写っていた。


アノネは
“なんで…”
と動揺する。


ハリカは
“この女の人がお金の事とか知ってるかもしれない”
というと、アノネはその女が自分の娘だと打ち明ける。


アノネは写真を見続けると、写真の娘は優しそうな表情をしており安心する。


写真はラーメン屋らしき場所だった。


ハリカは
“わかるかも…”
といってラーメン屋を特定する。






青羽は持本の店を訪れると、西海という持本の友人が訪れていた。


持本は西海の言いなりで契約書にサインをしている。


持本は西海を友人だというが、二人の様子から持本を騙したのは西海であるのが伺える。


二人の様子から、青羽は察する。


青羽は契約書をよく読むように持本を注意する。


西海は次第に苛立ってきて、持本の父の印刷された皿を叩き割り印鑑を押すように迫る。


ヘラヘラしている持本に青羽はいてもたってもいられなくなり、契約書を取り上げて破りながら店の外に出る。


西海は慌てているので、持本は青羽を追い駆ける。


青羽は持本を説得する。


アノネが海で燃やしていた金を思い出させて、青羽は
“死ぬ前にする事がある”
と熱弁する。


持本は
“なるほど…”
と頷いて、二人は車に乗り込む。





ハリカはアノネをラーメン屋に案内する。


写真を見ながらラーメンをオーダーする。


店主にアノネの娘のレイの写真を見せると、店主はレイのことを知っていた。


店主は
“お知合いですか?”
というので、アノネは
“いや…私は…この子が…”
と自分とレイの関係を伏せる。


店主と常連客はレイの近況を話し出す。


レイはシングルマザーで付近のガソリンスタンドで働いているのだという。


母親とそりが合わないが、父とは仲がいいのだという。


そのため、レイの子供と父親の3人でよく遊んでいたのだという。


店主と常連客は
“そういえばあのオヤジさん最近見ない…”
と言っていた。


ハリカとアノネは食べ終えるとそれぞれ帰ろうとする。


アノネはハリカがネットカフェ難民だと知ると、泊っていくように勧める。






アノネはハリカに着替えを用意して風呂をすすめる。


ハリカは熱すぎてのぼせた様子だった。


アノネは慌てて水を飲ませてあげる。


ハリカは今のソファで寝ることになる。


久々のちゃんとした寝床に、ハリカは嬉しそうだった。


アノネは自室でデジカメの映像を見ていた。


ハリカが起きてきて一緒に写真を見る。


アノネは
“私、おばあちゃんだった…”
と感慨深そうにつぶやく。


レイの息子はレイの小さいころにそっくりだという。


アノネは元気そうな姿に安心していた。


京介とこっそりと会っていたのはショックだった様子だった。


ハリカはレイに会いに行くように提案すると、アノネはレイが19歳の時にいなくなった時のことを話しだす。


アノネはレイの実の母親ではないのだという。


レイの実の母ははしばらく失踪していた。


アノネはレイが赤ちゃんの頃からずっとレイを可愛がって関係は良好だった。


しかし、ある日レイの実の母親が現れてレイに
“私が本当の母親、メールアドレス交換しよう”
といったのだという。


アノネが10年以上かけてレイと築いた関係は一瞬で簡単に壊れてしまった。


アノネは
“お母さんをただのおばさんに変えてしまう、紙に書かれたアドレスがお母さんになってしまう”
と呟く。


ハリカは自分の仕事での出来事を話す。


ハリカは親の承諾書を求められたのだという。


その際に担当者から
“親から愛されたことが無い人は、人を愛することができないんだろう”
と言われたのだという。


ハリカは写真に写っているレイの表情を指摘する。


レイの優しそうな表情は、アノネがレイを愛したからだという。


ハリカは
“アノネさんの愛情がちゃんとレイちゃんに届いた”
という。


アノネは礼を言うが
“落ち込んでたわけじゃない、元気に生きてたから踊りたいくらい”
といって失笑する。


アノネは何気なくパソコンのアイコンをクリックすると、偽札の印刷データを発見する。


アノネは
“あそこに判があるんでしょ、ちょっと開けてみよっか”
といって、二人でかび臭い印刷機を起動する。


二人は協力しながら印刷をしてみる。


紙に印刷された大量の1万円札が出てくる。


約1500万円があっというまにでてくるが、床下から出てきたものとは比較にならない位低いクオリティだった。


アノネは
“これが限界なの”
といってハリカに諦めるように示唆する。


二人は証拠が残らないように、印刷した1万円を全て処分する。


一通り作業が終わるとハリカは
“今度こそ寝ましょうか”
といって、二人はそれぞれの部屋に戻る。


ハリカは寝る前にチャットで紙野に
“今日布団で寝てます”
と報告する。


ハリカと紙野はくだらないやり取りを楽しんでいた。





ハリカは布団の感触が名残惜しい様子で、なかなか起きようとしなかった。


アノネは
“バイト探さなきゃ、1年掃除してないから…”
と呟くと、ハリカは察してすかさず
“掃除得意です”
という。


アノネはさっそく仕事を頼み、御使いのための金を渡す。


アノネが出かけていくと、外で待機していた持本と青羽は印刷所に侵入する。


二人は金があると思い込んでおり、印刷所の中を漁りだす。


持本と青羽はアノネが一人だと思っていたため、ハリカと遭遇して慌てる。


持本と青羽は
“ちょっといま掃除中なんで…”
といって強引に誤魔化して帰ろうとするが、ハリカは
“泥棒ですよね”
と問い詰める。


持本と青羽は慌ててハリカを拘束して、車で持本の店に連れていく。





アノネはラーメン屋で聞いたガソリンスタンドに行ってみる。


レイが働いており、息子がやってきて談笑していた。


レイは遠くから見ているアノネに気付くが、何事もなかったかのように仕事を再開する。


アノネは俯いて帰っていく。





持本はハリカに
“僕らは何もとっていません、アナタに危害を加える気もありません”
といって警戒を解こうとする。


青羽はハリカに
“何でも知ってるのよ、あの工場には裏金があって…”
と話だすと、トイレから物音が聞こえる。


トイレから出てきたのは西海だった。


西海は小銃を持っていた。


西海は
“何で勝手に電気着けてんだ、消せよ”
というので、持本は慌てて店の電気を消す。


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



anone(アノネ) 2話の感想!


どんな方向に進んでいくのか全く見当がつきませんね…





アノネとレイの関係はやるせなかったです。


レイの本当の母親がかなりのクズなのは伺えました。


そんなクズにコツコツ築き上げたレイとの関係をぶち壊されたアノネが気の毒すぎです…


レイもその母親の血をひいているからこそ、アノネとの関係が壊れてしまったのかもしれません。


レイがシングルマザーということで、その辺はお察しですね。






持本が情けなさ過ぎるのには苛立ちました。


ロクでもなさそうな人間の言いなりになり、店がつぶれたのは半分以上は自業自得な気がします。


青羽が苛立って契約書を破り捨てるのも頷けました。


持本の感じだと、友人と呼べる人物は西海しかいないのかもしれません。


その西海も客観的には“友人”と呼べるような関係ではありませんが…





青羽も大概酷いヤツですね。


持本を言いくるめて、アノネを脅して金を奪い取ろうとしています。


青羽が仕事で昇進できなかったのは本人は“女だから”と分析していましたが、本当はロクでもない人間性のためだと思います。


青羽の顔立ちは何となく人を苛立たせるので、そういった部分も出世できなかった原因だと思います。





瑛太さんの演じる理市が今のところ謎です。


妥当なところだと、レイの元夫でしょうか…


年齢からいって、紙野のようなハリカの関係者ではないと思います。





ラストシーンでは拳銃が出てきて、どんな方向に物語が進んでいくのか全く見当がつきませんでした。


登場人物全員で協力して偽札を作るのでしょうか…?


そしてラストでは仲良く獄中生活なんてことも…


全く予想ができないので、次の展開が楽しみです!


⇒無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で2話の動画を観る方法

無料で「anone(アノネ)」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はU-NEXTなら
無料で「anone(アノネ)」の動画を観ることができます!

今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「anone(アノネ)」を無料で観れます。

ポイント消費0の完全無料で見放題の映画、ドラマ、アニメが豊富に揃っています!

31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒U-NEXTで無料で「anone(アノネ)」の動画を観るならこちら♪

※本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。