ゼロ 一攫千金ゲームについて、1話から最終回(結末)までのあらすじとネタバレと感想、動画を無料で観る方法を紹介します!
※詳しいネタバレを放送後随時追記していきます

⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

⇒2話  ⇒3話  ⇒4話  ⇒5話

⇒6話  ⇒7話  ⇒8話  ⇒9話

⇒最終話



ゼロ 一攫千金ゲーム とは?

『ゼロ一攫千金ゲーム』 #ゼロ一攫千金ゲーム #加藤シゲアキ #加工画

HARUNA❁*·⑅さん(@s_k__dahlia)がシェアした投稿 –



放送:2018/7/15~
制作:日本テレビ
原作:漫画「賭博覇王伝 零」
脚本:小原信治
演出:丸谷俊平

以下は公式サイトの紹介文です。

これは、日本一の資産家にして政界財界裏社会に絶大なる影響力を持つ「金神」在全無量(ざいぜんむりょう)が建設中の、「ドリームキングダム」に極秘裏に集められた若者たちが賞金1000億円を賭け、知力・体力・時の運を試される特別なゲームに挑む物語である。

それは常に土俵際での心理戦であり、時に仲間をも蹴落とすことが必須とされる壮絶なサバイバルゲーム。

若者たちが「ゲームに勝てば人生一発逆転できる」という千載一遇のチャンスに溢れたテーマパークに集められる。

彼らにとって本当に大切なのは金か?友か?それとも、命か?

日本テレビ系7月期日曜ドラマが、加藤シゲアキ(NEWS)主演の「ゼロ 一獲千金ゲーム」に決定した。

数ある連続ドラマの助演、そして深夜では主演の経験もある加藤だがゴールデン・プライム帯の連続ドラマで主演を担うのは今回が初となる。

原作は、「カイジ」や「アカギ」などでおなじみの福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」(講談社週刊少年マガジン)。

コミックの発行部数は300万部を誇る人気原作。

建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」が舞台となっており、そこで挑戦者たちによる「命」をかけた壮絶なサバイバルゲームが繰り広げられる。

「ゲームに勝てば1000億円」人生の一発逆転を目指し、「命がけのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく物語である。

そんなサバイバルゲームに参加することになる主人公、宇海零(うかい・ぜろ)は、町の進学塾で小学生相手に教鞭を執る非正規教員。

しかし、その正体は、現代社会の中で苦しむ弱者たちを救う「義賊」という裏社会のヒーローであった。

うだつのあがらない風貌に身を隠しながらも、自分が勝つことより、他人が負けないことを選ぶひとりの天才勝負師を、加藤シゲアキ(NEWS)が演じる。


⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!


キャストは?


主要登場人物を演じるキャストを紹介します。

加藤シゲアキさん

* 天使×天使 しげ×赤ちゃん * * #加藤シゲアキ #シゲ #カトシゲ #パーナさんと繋がりたい

#news_yumaさん(@masu_lovesss)がシェアした投稿 –



以下は公式サイトの本人のコメントです。

ゼロを演じさせて頂くにあたり、原作を読ませていただいたのですが、ページをめくる手が止まらず、読み終わっても心臓の高鳴りが止みませんでした。

ゲームの面白さはもちろん、各キャラクターの存在感も圧倒されました。

この夢中になった世界に自分も飛び込み、ゼロを演じたい。

素直にそう思わされる素晴らしい作品でした。

ただ自分が演じる以上、原作のゼロをトレースするのではなく、自分にしかできないゼロを作り上げたいと思います。

スタッフの皆とチーム一体になり頑張りたいと思います。

そしてこのチームに、NEWSのメンバーが参加してくれる・・・とても感慨深いです。

偶然にもNEWSは今年15周年ということもあり、この高まったチームワークをドラマという形で披露できることがとても嬉しいです。

メンバーと芝居をするのは少し照れ臭さもありますが、この機会をできる限り楽しみたいです。

この夏、もっともワクワクする時間をお届けします!



佐藤龍我さん



ゼロのライバルキャラの標の役です。


間宮祥太さん



末崎セイギ の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

セイギは自分の信念を持っている男で、零と、どう絡んでいくのかも見どころになると思います。

登場人物それぞれが自分の人生を背負って命がけのゲームに参加しますが、僕もセイギという役の人生を背負って、皆さんをハラハラドキドキさせたいです。



小関裕太さん



氷川ユウキ の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

僕が演じるユウキは、クールで頭脳派というキャラクターです。

僕の大好きな漫画『アカギ』『カイジ』を手掛けられた福本伸行さん原作の作品に出られて、とてもうれしいです。

視聴者の皆さんに、ドキドキしてもらえるようなドラマにできるよう頑張ります。



加藤諒さん

ああこの3人スキ💕💕💕 #佐藤流司 #須賀健太 #加藤諒

T A D A .🥀さん(@ryuji19517)がシェアした投稿 –



真鍋チカラ の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

ゼロの義賊仲間のチカラを演じます。

この作品の見所の一つが心理戦だと思うのですが、このメンバーで人狼ゲームをやれないかと密かに企てています(笑)。

一週間の最後の楽しみになる作品となるように頑張っていきますので、ぜひご期待ください!



岡山天音さん



佐島ヒロシ の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

僕が演じるヒロシは、あることをきっかけに零に救ってもらってから零をとても尊敬し、頼りにしています。

ドラマの中にはいろんなゲームが出てきますし、個性的なキャラクターが揃っています。

濃い共演者の方々に負けないように僕も頑張りたいですし、楽しんで撮影していきたいです。



杉野遥亮さん

#杉野遥亮 #yosukesugino as Hyo #hananikedamono live action #花にけだもの #jdrama #ohmyasianboy

он му аsiаи воу !さん(@oh_my_asian_boy)がシェアした投稿 –



早乙女スナオ の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

チカラ、ヒロシと一緒に3人で零についていくスナオを演じます。

演じる上では“バカかわいい”を目指したいです(笑)。

日曜日の夜にアドレナリンが出るような面白い作品にしていきますので、たくさんの方に観て楽しんでいただきたいです。



ケンドーコバヤシさん

Calee 2017 autumn winter brand book ”Real dudes” #calee #caleebrandbook #ケンドーコバヤシ #ケンコバ

CALEE Inc.さん(@calee_official)がシェアした投稿 –



末崎さくら の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

福本先生の作品は、「人生逆転」や「一獲千金」がテーマとなっており、この役を演じることで、僕もどん底の人生を盛り返したいと思っています。

弟役を演じる間宮君は、前々から他人とは思えなかったです。

どこかで血がつながっていると思います(笑)

唯一、ちょっと一息つけるキャラクターではあるので、「癒し」の存在になれればと思います。



梅沢富美男さん



在全無量 の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

ヒーローものの「悪の総統」みたいな役を、ずっとやりたいと思っていたところに来たこの役柄、やっときたか!という感じです。

挑戦者たちを思う存分いじめ抜いて、視聴者に嫌われたら本望です。



小池栄子さん



後藤峰子 の役です。


以下は公式サイトの本人のコメントです。

私が演じる峰子は、ゲームの主宰者であり総資産100兆円を超える在全グループのトップ・在全の片腕です。

在全会長をサポートしながら、ゼロたちがゲームで右往左往する様子を高みから楽しんで眺める立場です。

こういう役をいただいて、私も男性を転がす立場になったんだなと(笑)

ものすごく興奮するドラマになると思いますし、視聴者の方には思わず声を出してしまうくらい、ヒリヒリした気持ちで楽しんでいただけたらうれしいです。



⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!


ゼロ 一攫千金ゲーム のあらすじとネタバレ

1話

1話 のあらすじ

世間では正体を名乗らず人を救う “義賊”の出現が話題になっていた。

振り込め詐欺で得た金を義賊に奪われたヤクザの末崎(ケンドーコバヤシ)は激怒。

義賊のチカラ(加藤諒)、ヒロシ(岡山天音)、スナオ(杉野遥亮)を拉致するが、首謀者は、ゼロ(加藤シゲアキ)という男らしい。

ゼロは末崎らの居場所を突き止め3人を助けにやってくるが、資産100兆を超える実業家、在全無量(梅沢富美男)と幹部の峰子(小池栄子)が現れ、在全グループの後継者を決める選抜ゲームに参加しろとゼロたちに言う。

一同は、人生の一発逆転を狙う若者が集うゲーム会場、ドリームキングダムへ―。

そこには末崎や、その弟のセイギ(間宮祥太朗)と共にのし上がろうとするユウキ(小関裕太)も参加していたが彼らを待ち受けていたのは、ランダムで振られたサイコロの目を当てるゲーム。

間違えれば巨大な鉄球が落下、即死確実という「鉄球サークル」だった。

勝てば1000億円、負ければ死という壮絶なサバイバルゲームが始まる―。


⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 の詳しいネタバレ

ゼロは仲間と振込詐欺グループから被害金を奪い取るという義賊として活動していた。


金はテレビ局を通して、被害者に戻すような仕組みにしていた。


本業は塾の講師をしており“神授業”として生徒たちから信頼されている。


ゼロのやり方は、授業についてこれない子にも丁寧に教えるというものだった。


“落ちます”と宣言しては授業を中断して、ついてこれない子のためにわかるまで教えていた。


“先生は頭がいいけどアホ”と生徒たちにからかわれても、ゼロはお構いなしだった。





ゼロに金を奪い取られたヤクザの末崎はゼロの仲間を捉えていた。


チカラ、ヒロシ、スナオの三人でチカラはゼロを呼び出すという要求に応じる。


チカラはゼロにメッセージを送るが、待ち合わせに指定したファミレスには来なかった。


末崎の弟のセイギも“義賊”の顔を見に来ていた。


奪われた金はセイギが兄の末崎に貸しただった。


ゼロは仲間の三人を使って、末崎の事務所の合いかぎを作っていた。


出前に扮して侵入して、合いかぎを作って盗聴器も仕込んでいた。


セイギは末崎のずさんな管理体制に呆れていた。


チカラは何とか助かろうと“ゼロに騙された”と主張する。


その様子に末崎も呆れていた。





チカラたち三人はもともと自動車で練炭自殺しようとした関係だった。


三人とも似たような理由で人生が詰んでいた。


それを妨害したのがゼロだった。


本当はゼロも自殺者のメンバーだったが、わざと遅れてきて車の窓を破壊する。


戸惑っている三人にゼロは
“どうせ死ぬなら義賊にならないか?”
と勧誘する。


“噛むだけでいつでも死ねる”
というガムをゼロは三人に渡していた。


三人は
“いざという時はまた死ねばいい”
という気持ちゼロに協力する。


ゼロの指示のもと、三人は振込詐欺グループから金を奪い返しては返すという行いをしていた。


セイギは三人が持っていたガムが毒ではなく、発信機であることに気づく。


末崎は三人がゼロに監視されて利用されていたことを指摘して、鉄パイプを手に取り三人い歩み寄る。


すると、事務所にフラリとゼロがやってくる。


ゼロはガムに仕込んだ発信機は監視用ではなく、自殺防止用だったと説明する。


元々三人は一人では死ねなかったため、三人集まると自殺を考えてしまうとゼロは考えていた。


末崎は手下にゼロを捉えるように指示する。


しかし、ゼロは末崎のバックにいる組織の調べがついており、生きて出られなかったらその組織が義賊に騙されたという記事がでると指摘する。


末崎はメンツを重んじる時代遅れなヤクザだと知っての仕込みだった。


末崎は仕方なくゼロたちを解放する。


すると、在全という男が部下を連れてやってきて、ゼロたちを売ってほしいという。


在全は財政界と裏社会に絶大な影響力を持つ資産家で、末崎も顔を知っていた。


後藤という部下の女は、在全が後継者を探していることを告げる。


ゼロたちだけでなく、末崎とセイギもその戦いに参加することになる。





後藤は参加者たちに“王の選抜試験”の説明をしていた。


後継者には1000億円をさずけるといって、実際に金を見せつける。


参加者たちのほとんどは浮足立って盛り上がっていた。


しかし、ゼロやセイギなど一部の参加者はその額が“はした金”であることに気づいていた。


在全の総資産を考慮すると、その額は0.1%ほどに過ぎなかった。


ゼロの仲間三人は“死ぬまで一日いくら使えるか?”で盛り上がっていた。


セイギは他の参加者のユウキという男と意気投合していた。


二人は
“金から自由になれるくらいの金を掴む”
という考えが一致しているようだった。


ゼロは在全の狙いを考えていた。


“1000億でなにをしたいのか?”
が分からずにいた。


後藤は最初のゲームのルール説明を始める。


サイコロの目が割り振られている6つの牢が表れると、参加者はそちらに視線を移す。


後藤は手元にあるサイコロを振って見せる。


モニターには後藤の手元が映し出されていた。


後藤は3回サイコロを振ると、全部“1”の目が出る。


後藤は4回目を振って蓋をしてサイコロの目が見えないようにする。


後藤はサイコロの目を当てるようにという。


あたりの目の牢に入った人は合格で次に進める。


しかし、外れた場合は上に設置してある鉄球が落ちてくる仕掛けだった。


デモンストレーションで鉄球を落として見せると、参加者たちは戦慄していた。


会場は参加者たちの怒号が飛び交っていた。


制限時間は30分で、30分経過すると牢が施錠されて出られなくなる。


ゲームがスタートするが、誰も動かなかった。


先ほどとうってかわって、会場が静まり返っていた。


先ほどの後藤の手元を映した映像では、三回連続で1が出ていた。


サイコロは1しか出ない仕様になっている可能性があり、末崎はそれを指摘する。


末崎は
“1しかでないサイコロを使った度胸試し。実際に1しかでないと分かっていてもなかなか行動できない”
と得意げに話すが、実際に末崎も動けなかった。


後藤は
“サービスしてあげる、目を当てられなくても牢に入って生きていられれば合格”
という。


それを聞いた標という少年は、“1”の牢に入る。


それを皮切りに、たくさんの参加者が1に入り末崎も入ろうとする。


あっという間に1の牢はいっぱいになり怒号が飛び交っていた。


ゼロはゲームの構造と後藤の言葉を反芻していた。


しびれを切らしたチカラは1の牢に向かって走りだす。


ゼロは
“目を当てられるかどうか”
がゲームのポイントではないことに気づく。


ゼロは2の牢に入って、鉄球と牢の様子を確かめる。


後藤は
“サイコロを振るとモニターに映像が流れる”
といって、手元のサイコロを実際にモニターに映しているとは言っていなかった。


ゼロは画像を思い出すと、後藤の手とは逆方向からサイコロが入るような映像だった。


モニターに映っていた映像は偽物だと判明する。


ゼロたちの様子を見た参加者は
“正解は1じゃない”
と察して大慌てで1の牢から出ていく。


1に残ったのは標だけだった。


標は牢の隅っこに体を寄せて座っていた。


ゼロたちは2の牢にいるが、ゼロは“落ちてみないと正解はわからない”といって2の牢に座る。


ヒロシとスナオは困惑するが、ゼロと一緒に2の牢に入り牢の隅に座る。


チカラはゼロに話を聞きに行くが、チカラは他の二人のようにゼロを信じることができなかった。


チカラは二人がゼロに騙されていると主張して喚いていた。


標はゼロに話しかけられると
“コレは落ちている金を拾うようなゲーム”
という。


標の言葉を聞いたユウキはゲームの仕組みに気づきセイギに伝える。


セイギとユウキは他の参加者にも気づかれるのを懸念してチカラを利用することにする。


セイギとユウキはチカラを連れて3の牢に入る。


チカラを“特等席”といって牢の真ん中に立たせる。


セイギはやってきた他の参加者に
“コイツを処刑するんだよ”
とほくそ笑んで見せる。


それを聞いた他の参加者たちは怖気づいて3の牢には近づかなくなる。


セイギとユウキは3が当たりだとセイギに伝えていた。


セイギはそれを信じて、他の参加者がマネしないように処刑される役を演じていた。


セイギとユウキは牢の端っこに体育座りをしている。





“サイコロの目は5が出やすい”
という情報が他の参加者の間で広まり、残りの参加者は5の牢に群がる。


素材を削るタイプのサイコロは5が出やすい仕様だというのは事実だった。


末崎は出遅れて入れなかったため、仕方なく一人で4の牢に入る。


ゼロはタイムアップ直前に隣の3の牢に滑り込む。


その場の全員の視線がゼロに注がれていた。


ゼロは3の牢の真ん中に立っていたチカラに対して、端っこに背中をつけて体育座りをするように指示をする。


チカラは言われたとおりに従い、タイムアップとなり後藤は蓋を開ける。


サイコロは“4”だった。


4以外の牢には上から鉄球が落ちてくる。


一人で4の牢にいる末崎は安心しきっていた。


鉄球が落ちるが、牢の端に体を寄せて座っていた参加者たちは無事だった。


鉄球と牢の形状の仕様上、どの牢に入っても体を隙間に入れれば鉄球には当たらないようにできていた。


それを見抜けるかどうかという観察眼を見るためのゲームだった。


末崎は自分だけが当てたことに歓喜するが、隣の5の牢の大量の死体を見て悲鳴を上げる。


5の牢に入った参加者は全員死亡したようで、黒服たちは淡々と死体を運び出していた。


後藤は牢の中にいた全員の合格を告げる。


ゼロは在全たちの提唱する王の在り方を否定して、自分が正しい王の在り方を見せつけると宣言する。





合格した参加者たちは、会場の近くのテントで一晩明かすことになる。


セイギとユウキは真っ先にゲームの本質を見抜いた標を警戒する。


翌日
テントから出て本選会場に行こうとすると、大量の他の参加者たちがやってくる。


ゲームで勝ち残った8人は、全体のほんの一部に過ぎなかった。


⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話 の感想

ケンコバさんと加藤諒さんがいいキャラすぎる!


頭脳系キャラとおバカ系キャラの対比がすごくいいです。


ケンコバさんと加藤諒さんがあまりにもウザくお調子者で、この作品の世界観には欠かせないと思います。


この二人がいなかったらもっと殺伐とした感じの殺戮ゲームになっていたと思います…


最初の鉄球のゲームですが、原作では一人も死亡者はいません。


ですが、ドラマでは大量の死亡者が出ているのは意外でした。


それを見たケンコバさんの悲鳴の上げ方もすごくよかったです。


ケンコバさんはやすっぽいチンピラのキャラがものすごく板についています。





チカラ(加藤諒)のクズっぷりも今後に期待しています。


あの感じだと、すぐにゼロを裏切ると予想されます。


原作では鉄球の不備で、ゼロが死にかけますがそれを助けて重傷を負うキャラがいます。


その役をチカラがするのかと思っていたのですが、ありませんでした。


そこで退場させるのが惜しいくらい強烈なキャラだったため、そのシーンは再現しなかったのかもしれません。


末崎(ケンコバ)とチカラ(加藤諒)の動向には今後も期待できそうです!


⇒無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

1話の動画を無料で観る方法

 
無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観る裏ワザ!
 

「見逃した話がある…」
「録画するの忘れた…」
「名シーンを観直したい…」
「一気にまとめて全話観たい…」
「お金はかけたくない…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。


そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。


実はHuluなら
無料で「ゼロ 一攫千金ゲーム」の動画を観ることができます!


「ゼロ 一攫千金ゲーム」だけでなく、扱っているすべての作品が見放題です!


2週間無料トライアル実施中で、無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。


無料トライアル期間のサービスはいつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単に登録できるので、この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!