海月姫 1話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 1話のあらすじ

ある朝、『天水館』自室のベッドで目覚めた倉下月海(芳根京子)は、隣を見てビックリ。

なんと上半身裸の男が寝ているではないか…なぜ男が?月海は昨晩のことを思い起こす。

それは10時間前、夜9時頃のこと。

クラゲオタクの月海は、久しぶりに近所の熱帯魚店にクララと名前までつけているクラゲを見に行った。

月海は、その水槽にタコクラゲ・クララと一緒に飼ってはいけないミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。

熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。

月海には大苦手の人種だ。

それでもクララのためと月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員に気味悪がられて追い出され、店の前で倒れてしまう。

そんな店員を注意するスタイル抜群の美女が月海を助けてくれた。

月海がわけを話すと、その美女はクララを買ってしまおうとお持ち帰り。

美女はクララを持つ月海とともに『天水館』まで来ると部屋まで見たいと言い出した。

美女は月海の部屋に勝手に泊まることにしてしまい…。

そして、次の朝、目覚めた月海が大声を出すことに。

美女が上半身裸の男、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に変身していたのだ。

蔵之介によると女装は趣味らしい。

月海の声を聞きつけた住人たちが集まってくる。

慌てる月海は『天水館』は男子禁制の尼寺のようなところだと蔵之介に説明。

女装姿に戻った蔵之介が月海と部屋を出ると、独特な住人たちがいて…。





⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



海月姫 1話のネタバレ!


月海が自室で目を覚ますと、隣にパンツ一枚で男が寝ていた。


月海は眼鏡をかけてよく見ると、自室に男がいることに狼狽する。


月海が驚いて大声を上げると、他の住民たちが心配してやってくる。





10時間前
月海はペットショップでクラゲを眺めていた。


お気に入りのクラゲを眺めてご機嫌だったが、同じ水槽に違う種類のクラゲがいた。


お気に入りのクラゲのクララとは一緒の水槽で飼ってはいけない種類のため、月海は店員に進言しようとする。


しかし、店員はおしゃれな男性だったため月海は話しかけるのを躊躇う。


月海はクララを助けるため思い切って店員に話しかけるが、緊張しすぎて挙動不審のため店員は気持ち悪がって月海を店から追い出す。


店から追い出されてうなだれている月海に女装した蔵之介が話しかける。


月海は蔵之介をみて
“お姫様”
という印象を受けて地味な自分と比べて圧倒される。


月海は
“クラゲを別の水槽に移さないと死んでしまう…”
というので、蔵之介はクラゲを買って月海にプレゼントする。


月海は蔵之介に感謝を述べながら一緒に帰っていく。


月海はクラゲを
“クララ”
と名付けて早口でクラゲの生態を説明する。


蔵之介は
“アンタ面白いね”
という。


天水館につくと月海は躊躇いつつも蔵之介を部屋に案内する。


クララは浴槽に入れておくことにする。


月海は
“大変申し訳ないのですが、一刻も早くここから立ち去って頂けないでしょうか”
というと、蔵之介は
“うんすぐ帰る、アンタの部屋見たらね”
といって月海の部屋に行く。


蔵之介は
“ちょっとここで寝させてもらう”
といって月海のベッドで眠りだす。





住人たちは月海のことを心配していた。


月海は何とかして住民たちを追い払う。


蔵之介は服を着て帰ろうとするが、男の恰好だったため月海は
“女装して出てってもらえませんか、ここは尼寺なのです”
という。






住民たちはHPで入居希望者のチェックをしていた。


“刺繍オタク”ということで期待するが、写真を見ると男だった。


住民たちは“目白先生”に相談に行く。


目白先生は
“男を必要としない人生”
と書いた紙を差し出すので、住民たちは恭しく首を垂れる。


その隙に月海は蔵之介を外に出そうとするが間に合わなかった。


住民たちはおしゃれな姿の蔵之介を見て凍り付く。


月海は奥に連れていかれ部外者を泊めたことを追及される。


蔵之介は
“今はやりのシェアハウス?気に入ったまた遊びに来ていい?”
というが、月海は
“嫌です”
という。


蔵之介は
“またね”
と微笑んで帰っていく。






月海は“男子禁制を破ったらどうなるか?”を目白先生に尋ねる。


目白先生は
“死”
と一言だけ書いた紙を返却する。


蔵之介の父の慶一郎は政治家だった。


弟の阿須加は父の近くで仕事のサポートをしている。


デベロッパーの稲荷は自分の仕事のために阿須加を狙っていた。






月海は蔵之介が男だと住民にバレていないため、男だということ以外のことをちゃんと説明する。


“クララの恩人”ということで、住民たちは納得した様子だった。


しかし
“うちの人達とは住む世界が違う”
ということで、注意はされる。


チャイムが鳴って宅配便だと思いみんなで注目するが、蔵之介だった。


住民たちは慌てて追い返そうとするが、蔵之介は持ってきた高級肉を差し入れする。


チエコは
“開けなさい”
といって蔵之介を夕食に招くことにする。


高級肉に住民たちはテンションが上がっていたが、月海は蔵之介が男だと知っているため心配していた。


夕食時、蔵之介の“俺”というい一人称からバレそうになるが、月海は必死で誤魔化す。


突然、みんなのオタク魂に火が付きそれぞれ熱弁をはじめる。


蔵之介が
“ディープなオタク趣味はお金かかるけど、みんな仕事なにしてるの?”
と何気なく尋ねると、空気が凍り付く。


月海は
“BL漫画家のお手伝いのバイトをしています”
というと、蔵之介は
“その年でバイトだけじゃないでしょ?”
と聞くと、さらに空気が凍り付く。


マヤヤが
“バイト以外にもれっきとした収入源がある、親からの仕送りだ!”
というと、蔵之介は首をかしげて
“要はニートでオタクの引き籠り軍団ってこと?”
というと、月海は
“私たちは尼~ズです!”
という。


気まずい空気になり月海とチエコ以外は自室に戻ってしまう。


チエコは
“ハッキリ言わせていただきますと、みんなアナタと仲良くなりたいと特に思っていない。もうここにはいらっしゃらないで下さい”
という。






蔵之介を月海は送っていく。


蔵之介は
“テンション上がって調子乗った、ごめんね”
と謝っていた。


蔵之介は大勢で鍋をやったことが無いのだという。


帰り道で雑談をすると、月海が東京に来たのは半年前でイラストレーター志望なのだという。


蔵之介の家はすぐ近くだった。


蔵之介の家は豪邸だったため、月海は驚く。


蔵之介は父が政治家だという。


月海は女装について聞こうとすると、ちょうど車に乗った弟の修が帰ってくる。


修は兄の蔵之介の姿を見て呆れて、慣れた様子で父をひきつけて置くのでその隙に部屋に入るように指示する。


二人のやり取りから、兄弟仲は悪くはない様子だった。


月海は修に一目惚れした様子で、蔵之介はそのことに気付いていた。





鯉渕家の夕食時に、肉無しのすき焼きを囲んでいた。


父の慶一郎は肉が無いことで蔵之介を咎めるが、蔵之介は風呂に行ってしまう。


蔵之介は
“待ちなさい、私の肉~”
とおどけて見せる。


食後に修は蔵之介に
“父さんはみんなですき焼きを食べたかった…”
と慶一郎の心中を説明に行くが、蔵之介は興味なさそうだった。


月海は家に帰ると記憶を頼りに修のイラストを描く。





翌日
月海はクラゲ写真展のチラシを住民にみつかり大騒ぎになっていた。


場所が渋谷のため、“自殺行為”と言われていた。


いつの間にか蔵之介がいて
“行ってくればいいじゃん”
というと、住民たちは追い返そうとする。


しかし、蔵之介が大量の高級肉を見せつけると住民たちは歓迎する。


住民たちは
“この女は認めていないが肉の質は認めざるを得ない”
という。


蔵之介は
“自分が連れていく”
といって月海を強引に連れていく。





渋谷に着くと、月海はずっと挙動不審で怯えていた。


蔵之介に着信があり、蔵之介は少し外すと行ってしまう。


蔵之介は
“なんかあったら電話して”
と軽い感じだった。


蔵之介は友人の後輩女性に会いに行き、目当てのチケットの代金を渡す。


後輩女性は蔵之介に好意があるようで、デートを申し込んでくる。


蔵之介は月海を一人にしているため
“どうしよっかな~”
と悩んでいた。


その頃
月海は何とかして水族館に辿り着こうとしていた。


挙動不審の月海をみた通行人たちは気味悪がっていた。


月海は過呼吸になってしまい断念して天水館に帰る。


住民たちは
“命が無事ならそれでいい”
と月海の労を労っていた。






月海は自室で母との写真を眺めていた。


蔵之介がやってくるので、月海は慌てて寝たふりをする。


蔵之介は部屋を見渡すと、机の上にある修のイラストに気付く。


蔵之介が
“パンツ見えちゃってるぞ”
というと、月海は驚いて飛び起きる。


蔵之介は
“おしゃれな格好して恋したいとか思わない?”
というと、月海は
“思いませんよ”
とムキになる。


蔵之介は
“ちょっと来い”
と自分の家に連れていく。





蔵之介は月海が修のイラストを描いていたことを指摘する。


蔵之介の部屋に入ると、女性らしいおしゃれな部屋で月海は圧倒される。


蔵之介は
“魔法をかけてやる”
といって、月海にメイクをしておしゃれな服を着せてあげる。


蔵之介の“お姫様になれる”という言葉は、月海の母の言葉でもあった。


裸眼状態なので月海は鏡を見てもいまいちピンと来ていなかった。


蔵之介は眼鏡をもってくると、月海は狼狽して部屋を飛び出す。


その際に蔵之介を呼びに来た修とすれ違う。


修はおしゃれな姿の月海に一目ぼれする。


月海は裸足のまま天水館に走って帰っていく。


修の様子から、蔵之介は修が月海を気に入ったと気付く。


蔵之介が
“お前ああいうのがタイプ?”
とニヤつくと、修は挙動不審になっていた。





月海は
“お母さん、あの人はお姫様ではなく悪い魔法使いでした”
と心の中で報告して、公園でメイクを落として天水館にこっそり帰る。


メイクを誤魔化すために枯れ葉を身にまとっていた。


びしょ濡れで枯れ葉を纏う月海を見た住民たちは驚いて
“貞子…”
と唖然とする。





翌日
蔵之介は修に月海の忘れていった眼鏡や服を届けるように指示する。


天水館ではみんなで大福を食べながら雑談をしていた。


ニュースを見ていると政治家の慶一郎が出ており、修も映ると月海は驚いて大福を吹き出してしまう。


外ではマヤヤが修を
“変態泥棒。月海殿の服を盗むなんて”
と箒で殴っていた。


修は
“忘れ物を届けに来ただけで…”
という。


月海の様子から、修が本当のことを言っているのが伺えた。


倒れている修に月海は手を差し伸べる。


しかし、修は月海が昨晩の女性だと気付いていない様子だった。


月海や住民の様子を見た修は
“気色悪い”
といって吐き気を催しながら帰っていく。






修は家に帰ると蔵之介に
“月海はいなかった”
という。


蔵之介は
“眼鏡でおさげの子は?”
と聞くと、修は
“いた”
という。


修は月海を認識できなかったのだと、蔵之介は理解する。


蔵之介は
“くっつけてやろうか?そのかわり母親の居場所を父から聞き出して”
というので、修は
“聞くだけなら…”
と了承する。






月海は天水館のみんなと焼き芋をしながら母のことを思い出していた。


バンバのアフロに火がついてしまうが、バンバは慌てずにバケツに頭を突っ込んで消して見せる。


みんなで楽しそうに笑っていた。





蔵之介は月海の元を訪れて水族館に誘いにくる。


月海は躊躇うが、クラゲが沢山いることを見せると月海はくらいついてくる。


また、蔵之介はチエコに頼んで月海の着物を用意してもらう。


チエコは月海が着物に興味を持ったと大喜びだった。


月海は蔵之介にメイクをしてもらい、チエコに着付けしてもらって外に出る。


修が運転手として来ており挨拶をする。


眼鏡をしていない月海は誰だかわからないが、蔵之介に修だと言われると月海は慌てだす。


慌てる月海を蔵之介は強引に車に押し込み、三人で水族館に向かう。


蔵之介が修に何か話すように言うので、修は
“この間は直接忘れ物を届けることが出来なくてすみませんでした”
という。


月海は先日の自分は気持ち悪くて触れることができなかったのだと受け取る。





天水館のある場所に高層ビルが建てられる計画が進められていた。


稲荷は
“こんな薄気味悪いアパートとっとと潰す”
と意気込んでいた。





月海たちは水族館に着くと、沢山のクラゲをみた月海は興奮していた。


クラゲに夢中になる月海に修は話しかけられずにいた。


蔵之介は席を外して二人きりにする。


修は狼狽するが、チャンスだと思い覚悟を決めて月海に話しかけようとする。


先ほどまで元気だった月海は、あるクラゲを見て急に神妙になる。


そのクラゲは母と最後に見たクラゲだった。


母は月海に
“女の子はね、みんな奇麗なお姫様になれるんだよ”
と言っていた。


月海は
“お母さんごめんなさい、私はお姫様にはなれませんでした…”
と思い涙を流す。


月海が泣いているのに気づき、修は狼狽しつつも声をかける。


月海は
“母と見た…同じクラゲがいたから…泣かないでって母が亡くなるとき約束したのに…”
という。


修は意を決して、月海を背後から優しく抱きしめて
“大丈夫、泣けばいい”
という。


遠くから蔵之介が複雑な表情で二人を見ていた。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



海月姫 1話の感想!


月海とジジはめっちゃ可愛い気がするけど…


マヤヤとバンバは殆ど顔が見えないので何とも言えませんね。


天水館はアレはアレで似たような仲間がいて楽しい気がします。


ですがそれも若いうちだけでしょう…


いずれはそれぞれ別の人生を歩むときは来ると思います。


その時までは彼女たちなりの人生の楽しい時間を謳歌しているのかもしれません。





住民たちからすると、目白先生は相当偉大な方みたいです。


住民たちの貴重な収入源なので当然かもしれません。


BL作家ということですが、住民たちは腐女子ではなくオタクみたいですね。


“オタク女子はみんな腐女子”
というワケではないみたいです。


その辺の認識はオタク女子に尋ねたらキレ気味に詳しく教えてくれるかもしれませんが、理解するのは難しいかもです。





蔵之介は黙っていれば本当に女性に見えるくらい綺麗でした。


冒頭でパンツ一枚姿になっていましたが、骨格が貧弱でかなり線が細かったので女装しても違和感がありませんでした。


女装しているのは、母親と別れた寂しさのせいかもしれません。


蔵之介の様子から、恋愛対象は女性のようです。


蔵之介は弟の修の事は気に入っているようで、腹違いだけど兄弟仲がいいのは素晴らしいことですね。


修が純粋で“こいつに幸せになって欲しい”と思っただからこそ、月海との仲を取り持ったのかもしれません。


蔵之介も月海を気になってきていたので、今後どんな感じにもつれるか楽しみです。





天水館の当面の敵は稲荷になりそうですね。


稲荷は修を狙っています。


修は女性に免疫が無さそうなので、稲荷の色気にコロっと騙されてしまうかもしれません。


天水館の運命は、修が稲荷か月海のどちらかを選ぶかで決まる展開になるのでしょうか…





月海の水族館での
“お母さんごめんなさい、私はお姫様にはなれませんでした…”
というセリフが切なかったですが、
“今のあなたの姿は充分にお姫様ですよ”
とお母さんが生きていたら言ってくれたかもしれません。


月海の母は服飾関係者だったようです。


もしかしたら蔵之介の母のリナの舞台衣装を作っていたとかの関係があるかもしれません。


または、リナと月海の母が姉妹とかだったら面白そうですね。


⇒無料で「海月姫」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で1話の動画を観る方法

無料で「海月姫」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はFODなら
無料で「海月姫」の動画を観ることができます!

FODとはフジテレビの動画配信サービスです。

「海月姫」
FODプレミアム対象作品なので見放題です!

初回1カ月無料の期間に解約した場合は月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料お試し期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒FODで無料で「海月姫」の動画を観るならこちら♪