もみ消して冬 1話について
無料で動画を観る方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!

⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 1話のあらすじ

エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、難関私立中の学園長である父、泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、ちょっとしんどい人生を送ってきた。

そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。

泰蔵が好きになった女性に裸の写真を撮られ、金を要求されたのだ。

厳格な父のまさかの告白にショックをうける秀作。

これが世に出れば北沢家は終わる。

博文と知晶は医者と弁護士の職業倫理に反してでも何とかしようと奔走し、秀作にも協力させようとする。

そして“平成の華麗なる一族”の北沢家で執事見習いを始めたばかりの楠木(千葉雄大)は、この一家の一大事を口外すればクビだとベテラン執事の小岩井(浅野和之)から釘をさされる。

そんな中「家族を守りたいが法律は犯せない」と葛藤し追い詰められた秀作は、女性を説得しようと、警察の中でも説得のスペシャリストであるSITのホープ、尾関(小瀧望)に相談するが…。





⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽無料で動画を観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 1話のネタバレ!


秀作の家は平成の華麗なる一族と呼ばれていた。


3姉弟全員が東大出身で、それをメディアに取り上げられて父の経営している市立中学が大繁盛していた。


秀作も優秀だったが、兄と姉と比較すると見劣りするため父からは軽んじられていた。


秀作もそれを認めていたが、卑屈になったりはしていなかった。


兄の博文は医者で院長候補で、姉は弁護士だった。


秀作はエリート警察官で、未来の警視総監を夢見ていた。


その日は父の誕生日だった。


バースデーケーキは新人執事の楠木が作ると気合が入っている。


楠木は泰蔵を送り出すときに泰蔵は
“あいつを自分の子だと思ったことは一度もない”
というと、秀作を慕っている楠木は凍り付く。


泰蔵は
“冗談だよ”
といって仕事に出かけていく。





秀作は後輩のネゴシエーターの尾関の仕事ぶりに感心していた。


尾関のことを褒めながら、秀作は父の誕生日プレゼントを尾関に相談していた。


尾関は泰蔵がゴルフをする際の服をプレゼントするようにアドバイスする。


秀作と尾関は仲が良い様子だが、尾関は
“家に招待してくれって何度も言ってるじゃないですか”
というが、秀作は気が進まない様子だった。






秀作は帰り道にゴルフウェアを購入する。


夕飯の席で兄弟3人が揃って父を待っていた。


兄と姉は仕事の裏話で盛り上がっていた。


父が帰ってきたが、神妙な面持ちで執事に席を外すように指示する。


博文が乾杯の音頭を取るが、泰蔵は
“裸の写真をとられた”
と言い出す。


子供達は信じなかったが、泰蔵はスマホの写真を見せつける。


写真には寝ている泰蔵と、見知らぬ女性が写っていた。


女性は生徒の母親だという。


秀作は厳格な父の不貞に驚愕していた。


さらに、写真をよく見ると足首にハートの刺青があった。


父はその女に金銭を要求されていると告げる。


金を払わない場合はマスコミにリークすると言われているのだという。


父は
“お互い独り身なので不倫ではない、本気で好きになってしまったんだ。少なくとも俺は真剣だった、すまん”
と開き直って謝る。


泰蔵は
“秀作、お前の力でなんとかならんのか”
というが、秀作は意味を理解できなかった。


泰蔵は警察の力でもみ消せないかを尋ねるが、秀作は
“できる事なら助けたいけど無理に決まってる”
という。


チアキもヒートアップしており、これまで泰蔵が誕生日に秀作に貰ってきたプレゼントのことをバラす。


泰蔵は秀作に貰ったプレゼントはそのままバザーに出していたのだという。


必ず売れ残り、そのことを泰蔵は涙を流して笑っていたと兄の博文も便乗する。


秀作はいたたまれなくなり、雨の中外に飛び出して泣いていた。


家族はそれぞれ自室にいって頭を抱えていた。


執事の二人は庭で横たわっている秀作を心配そうに見守っていた。





秀作は家に入ると、風呂で体を温めて自室に行く。


秀作は小さい頃から泰蔵と兄弟に馬鹿にされていたが、家出しても迎えに来たのは執事の小岩井だった。


秀作は
“この家で生活する限り甘えは通用しない。変わるべきは自分だ”
と真面目に努力を続けるようになる。


秀作は
“バザーで売れ残るということは、送った品物のセンスがない”
と思い、どんなプレゼントが喜ばれるのか真剣に考察をはじめる。





翌朝
泰蔵は
“昨日の事は心配ない、お前たちには迷惑をかけない”
といって、女と話し合うという。


博文とチアキは心配していたが、秀作は父の言葉を真に受けていた。


博文とチアキは、相手の女の素性を自分たちで徹底的に洗うのだという。


秀作は
“もう少しだけ様子を見ても…”
とお人好しな思考回路だった。


博文とチアキは能天気な秀作に呆れていた。


博文とチアキの強硬な様子で、秀作も女のことを調べることにする。






チアキは正義感の塊だった。


女の汚い手口に父が苦しんでいるのを許せない様子だった。


チアキは仕事のコネを利用して女の個人情報を入手する。





博文は父の事では無く自分のために父を心配していた。


博文は病院での白い巨塔の真っ最中だった。


博文は女の名前から女の入院履歴などを調べる。





秀作が警察官になったのは兄とチアキの指示だったら。


泰蔵も
“チアキがいいならそれでいい”
といっていた。


秀作は家族に抵抗することの無意味さにい気付いていたが、家族の決断も間違ってはいなかった。


秀作は警察のデータベースに不正アクセスして、島畑富士子について調べる。





兄弟たちは夜に秀作の家に集まって作戦会議をする。


島畑は追加の金を要求してきていた。


チアキの調べによると、島畑は過去に金銭トラブルを起こしていた。


さらに、スポーツジムに彼氏がいた。


秀作は
“コレって恐喝未遂、被害届出した方がいい”
というが、博文は表ざたになるため却下する。


仮に恐喝未遂が成立しても、自分たちの方が圧倒的に損をすると博文とチアキは予見できていた。


博文はドヤ顔で島畑のエコーの検査写真を持ち出す。


博文は
“目には目を裸には裸を”
というが、秀作は
“さすがにまずいんじゃ…”
という。


チアキは秀作に
“いちいちうるさい、法律守ることがそんなに大事か”
と言い放つ。


チアキは
“黙って従うか、別の解決策を提示しろ”
というので、秀作は
“相手の女性を説得します”
といって、後輩のネゴシエーターにアドバイスを聞いてくるという。


後輩の尾関の実績を説明すると、博文とチアキはとりあえず任せてみることにする。





秀作は高級レストランに尾関を誘う。


秀作は泰蔵の事だと悟られないように
“コレはたとえ話なんだけど…”
と状況の説明をする。


尾関は真面目に話を聞く。


しかし、尾関が真面目過ぎて中々話が進まなかった。


尾関は
“取り返したいのは彼女の愛情ですね”
と勘違いする。


尾関は
“男女間に安全なんてありません”
と熱弁し出す。


尾関は秀作の知らない所で同僚の里子に秀作の印象を聞いていたという。


尾関は里子が
“男としての魅力を感じないと言っていた、どちらかというと兄の博文がタイプ”
と言ったのだという。


秀作は苦い表情で家に帰ってくる。


チアキは
“本当にあなたってつかえない”
というが、博文は
“挽回のチャンスをやる”
といって病院の清掃員の制服を持ってくる。


明日は島畑が定期検診に来るのだという。


その隙にスマホのロックを突破して、写真を削除するように指示する。


秀作は
“画像のバックアップがあったら?”
など狼狽する。


秀作は一晩考えるが、博文の作戦を実行すると決断する。





翌朝
秀作は
“男の色気”
を勘違いして
“冒険しみる”
とチアキに言うと、チアキは
“馬鹿じゃないの”
というが
“信念があるなら行動すべき”
というので秀作は背中を押される形になる。





秀作は博文が用意した制服に着替えて気合を入れる。


秀作は病院に忍び込み、島畑が来るハズの病室のベッドの下に潜む。


実際に島畑がやってくると、秀作の心拍数は跳ね上がっていた。


島畑は秀作のいるベッドの上で服を脱ぎ出すと、秀作は刑務所行になる可能性が頭をよぎる。


島畑は秀作には気付かずに、検診に向かう。


秀作はベッドの上の島畑のバッグからスマホを取り出す。


ベッドの下でスマホを見つめながら、チアキが用意したパスワード候補を入れていく。


一番嫌だった“島畑の彼氏のジムノインストラクターの誕生日”がパスワードだった。


ロックを突破して父が写っている写真をすべて削除することに成功する。


しかし、島畑とデート中の父の泰蔵の幸せそうな顔を見ると心が痛んでいた。


島畑が戻ってきてしまい、秀作はスマホを元に戻すタイミングを逸してしまう。


秀作はどうすることもできずにベッドの下で息を潜めていた。


秀作は隙を見て病院から抜け出す。


秀作は気が付くと海に来ていた。


島畑のスマホには着信が何度も来ていた。


秀作は島畑のスマホを海に投げ捨ててその場に膝から崩れ落ち
“バカヤロー”
と海に向かって叫ぶ。


秀作は帰り道に神社に行き、家族の平和と島畑が心を入れ替えるように祈る。





その後、
島畑からの脅しはなくなり、島畑の息子は別の学校へ転校する。


チアキは珍しく上機嫌で、秀作におかずをわけてあげる。


食卓にやってきた泰蔵は、秀作のプレゼントしたウエアを着ていた。


ワインをつぎに来た小岩井は一言
“お似合いです”
という。


兄の博文はまだ家に帰っていなかった。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 1話の感想!


秀作が真面目すぎて不憫ですね。


兄と姉と比べた際のスペックの足りなさを真面目さによる努力で補ってきた結果、今のようなクソ真面目になってしまったのかもしれません。


コメディな雰囲気なので、秀作に悲壮感が無いので楽しめて観れました。


秀作はドラマの世界観によっては虐待と取られてもおかしくないような可哀そうな境遇ですね。


ですがどちらかというと、真面目過ぎる秀作の方がズレており博文やチアキの方がまともに見えたのも面白いポイントでした。





泰蔵はかなり酷い父親のようですが、妻に先立たれて寂しかったのかもしれません。


それを差し引いても、若い父兄と不貞があり足首にタトゥーは恥ずかしいですね。


恋愛で心を弄ばれたのはまだ可哀そうで同情できますが、あの年齢でタトゥーは恥ずかしすぎます。


刺青彫師も失笑だったかもしれません。


ですが、彼女と思っていた島畑とウキウキしながらどんなタトゥーを入れるか相談する姿を思い浮かべるとやはり不憫かもです。






泰蔵は自分に甘く息子である秀作には厳しい人のようでした。


それを許して父を庇うために大きな危険を犯した秀作は人が良すぎですね。


あの純粋さが秀作の魅力なのかもしれません。


“男の魅力”は無くても、“純粋さ”に惹かれる女性はいると思います。


里子には“男の魅力”アピールではなく、そちらを押し出していく方が可能性があるかもしれませんね。


⇒無料で「もみ消して冬」の動画を観るならコチラ♪
※見逃した方に最適です!

▽▼▽動画を無料で観る▽▼▽



無料で1話の動画を観る方法

無料で「もみ消して冬」の動画を観る裏ワザ!

「忙しくてテレビ観れなかった…」
「見逃した話がある…」
「違法アップロードサイトは怖い…」
と悩みを抱えている方は非常に多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめの裏ワザをご紹介します。

実はHuluなら
無料で「もみ消して冬」の動画を観ることができます!

「もみ消して冬」
だけでなく、
扱っているすべての作品が見放題です!

2週間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は
月額料金はかかりません。

PC、スマホ、タブレットなど好きな媒体を選べます。

無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。

スマホから簡単に登録できるので
この機会に無料でお試ししてみるのをお勧めします!

⇒Huluで無料で「もみ消して冬」の動画を観るならこちら♪